5代血統表 シルクレイズ

牡 2007/04/03 黒鹿 (日高町)
厩舎:柴田政人(美浦)、生産:中前義隆
ジャングルポケット

 1998年 鹿毛 (早来町)
*トニービン

 1983年 鹿毛 (愛)
Kampala

 1976年
Kalamoun
 1970年
Zeddaan
Khairunissa
State Pension
 1967年
Only For Life
Lorelei
Severn Bridge

 1965年
Hornbeam
 1953年
Hyperion
Thicket
Priddy Fair
 1956年
Preciptic
Campanette
*ダンスチャーマー

 1990年 黒鹿 (米)
Nureyev

 1977年 (米)
Northern Dancer
 1961年
Nearctic
Natalma
Special
 1969年
Forli
Thong
Skillful Joy

 1979年
Nodouble
 1965年
Noholme
Abla-Jay
Skillful Miss
 1974年
Daryl's Joy
Poliniss
セレスフェアリー

 2002年 鹿毛 (門別町)
アドマイヤベガ

 1996年 鹿毛 (早来町)
*サンデーサイレンス

 1986年 青鹿 (米)
Halo
 1969年
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
 1975年
Understanding
Mountain Flower
ベガ

 1990年 鹿毛 (早来町)
*トニービン
 1983年 鹿毛
Kampala
Severn Bridge
*アンテイツクヴアリユー
 1979年 鹿毛
Northern Dancer
Moonscape
*ユーキャンフライ

 1992年 栗毛 (米)
Afleet

 1984年
Mr. Prospector
 1970年
Raise a Native
Gold Digger
Polite Lady
 1977年
Venetian Jester
Friendly Ways
She Can

 1987年
Cannonade
 1971年
Bold Bidder
Queen Sucree
High Strung
 1974年
High Echelon
Featheredge
[トニービン]   31.25% 2 x 4
[Kampala]   15.63% 3 x 5
[Severn Bridge]   15.63% 3 x 5
[Northern Dancer]   9.38% 4 x 5
POINT血統
 父は2001年のダービーとジャパンカップを制して年度代表馬に輝いた。種牡馬としても初年度産駒にフサイチホウオー、トーセンキャプテンらを出し、2年目産駒からはトールポピー(JRA最優秀2歳牝馬)、ルルパンブルーを輩出。トニービンの後継種牡馬として、順調にキャリアアップを重ねている。母は7戦して2着1回。2歳夏の札幌競馬でダンツキッチョウ(のちの青葉賞勝馬)の2着したときはすぐにでも順番がまわってくると思われたが、その後は勝ち運に見離されたような競馬を続けてしまった。ジャングルポケットにとって相性のよいサンデーサイレンス系牝馬というだけでなく、日本ダービー馬同士の配合という点にも夢が広がる。
POINT馬体
 本馬は皮膚の良さが目を引き、一見して柔らか味のある垢抜けた馬体の持ち主です。スラッとして伸びがあり、無駄肉の少ないバランスの取れた馬体は、とても好感が持てます。端正な顔立ちで輝きのある目をしており、品のある雰囲気から、将来を大いに期待したい1頭です。キビキビとした動きの中にも、柔らかさを兼ね備えており、スピードと瞬発力を持ち合わせた、万能タイプに成長していくことと思われます。性格的には気の強いタイプで、闘争心もかなりあるようですので、勝負強さを武器に活躍してくれるでしょう。