5代血統表 シルクスイーティー

牝 2005/04/27 栗 (新冠町)
厩舎:藤原英昭(栗東)→大和田稔(美浦)→鈴木勝美(美浦)、生産:山岡ファーム
*カリズマティック

 1996年 栗毛 (米)
Summer Squall

 1987年 (米)
Storm Bird

 1978年 (加)
Northern Dancer
 1961年
Nearctic
Natalma
South Ocean
 1967年
New Providence
Shining Sun
Weekend Surprise

 1980年
Secretariat
 1970年
Bold Ruler
Somethingroyal
Lassie Dear
 1974年
Buckpasser
Gay Missile
Bali Babe

 1980年
Drone

 1966年
Sir Gaylord
 1959年
Turn-to
Somethingroyal
Cap and Bells
 1958年
Tom Fool
Ghazni
Polynesian Charm

 1972年
What a Pleasure
 1965年
Bold Ruler
Grey Flight
Grass Shack
 1951年
Polynesian
Good Example
*シルキーグランス

 1995年 栗毛 (米)
Kingmambo

 1990年 (米)
Mr. Prospector

 1970年 (米)
Raise a Native
 1961年
Native Dancer
Raise You
Gold Digger
 1962年
Nashua
Sequence
Miesque

 1984年
Nureyev
 1977年
Northern Dancer
Special
Pasadoble
 1979年
Prove Out
Santa Quilla
Northern Glance

 1987年
Nijinsky

 1967年 (加)
Northern Dancer
 1961年
Nearctic
Natalma
Flaming Page
 1959年
Bull Page
Flaring Top
Pass a Glance

 1971年
Buckpasser
 1963年
Tom Fool
Busanda
Come Hither Look
 1962年
Turn-to
Mumtaz
[Northern Dancer]   15.63% 4 x 4+5
[Buckpasser]   9.38% 5 x 4
[Nearctic]   6.25% 5 x 5
[Natalma]   6.25% 5 x 5
[Bold Ruler]   6.25% 5+5 (父方)
[Somethingroyal]   6.25% 5+5 (父方)
[Turn-to]   6.25% 5 x 5
[Tom Fool]   6.25% 5 x 5
血統ポイント&育成場のコメント(募集馬パンフレットより)
半兄マーブルワンダーが今年3月の未勝利戦を勝ち上がり、これで母シルキーグランスの産駒は、3勝を挙げたシルクデスペラードを筆頭に、中央でデビューした5頭すべて勝ち鞍を挙げたことになります。その高い繁殖能力は既に証明されているだけに、本馬にかかる期待も当然大きいはずです。わが国での初産駒が今年デビューを迎える父カリズマティックは99年の米年度代表馬。2歳時は7戦1勝と平凡な成績で無名の存在でしたが、3歳春になると一気に本格化を迎え、ケンタッキーダービー、プリークネスSの二冠を制しました。本馬の兄姉も使い込んで良化を示す傾向があるだけに、この父はまさにうってつけとみていいでしょう。本馬はしっかりした骨格で、バランスの良い馬体をしています。丸みを帯びた造りも好感が持て、繁殖牝馬としての母の評価をさらに高めてくれそうです。

【予想適性】芝・ダート問わず、マイル〜中距離