シルクデスペラード(○父)
牡馬、栗毛、99/04/21生
父:マーベラスサンデー、母:シルキーグランス、母の父:Kingmambo
厩舎:田所秀孝(栗東)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
06/02/08
前走で右前脚の蹄骨部分を骨折し、獣医より能力喪失の診断が下された為、誠に残念ながら、このまま引退させる事が決まり、2日に抹消の手続きが取られました。出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
06/02/03≪最新情報≫
2日に抹消の手続きが取られています。
06/02/01
先週13着でした。まずまずのスタートからいつもより出脚良く、中団の一角に取り付いて1コーナー通過し、外目の6番手辺りを進みましたが、3コーナーでは手応えが鈍って押っつけながらの追走となり、やや後退して4コーナーを回りました。直線に入って懸命に追われたものの、既に余力無く早々に一杯となってしまうと、そのままズルズル下がって後方に敗れています。レース後、跛行していた為、競馬場で検査を行ったところ、右前脚の蹄骨部分を骨折している事が判明しました。その後栗東へ戻り、1日にトレセンの診療所で再検査を受けましたが、回復にはかなり時間を要し、元通り力を発揮する事は難しいという獣医の見解で、能力喪失の診断が下されました。その為、誠に残念ながらこのまま引退する事が決まり、2日に抹消の手続きが取られる予定です。出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
06/01/30≪最新情報≫
レース後、跛行した為、検査したところ、右前脚の蹄骨部分を骨折している事が判明しました。ただ、具体的な診断は、まだ出ておらず、今週栗東の診療所で再検査を受ける事になっています。
06/01/30≪レース結果≫1月29日出走
小倉12R 早鞆特別 (D1,700m) 13着
06/01/28≪出走情報≫1月29日出走
小倉12R 早鞆特別(混)H(D1,700m)
15頭8枠14番 53kg 北村浩平    発走16:10
中間も変わらず順調に乗り込まれ、ここ一連のデキをキープしており、調教師は、今回はハンデもあるし、ブリンカーも外すので、それで走る気さえ出せばもっとやれる筈だが、もう一つアテに出来ない。追い切りの動きなんかも相変わらず良く、いつ変わってもおかしくないと思うし、あとはレースに行ってのやる気次第。使った後は短期で放牧して立て直すつもりだ、と話しています。
06/01/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22B良   59.2-43.3-14.0 (9)馬也
25B良   84.3-67.9-52.5-39.1-12.5 (8)馬也
06/01/26≪出走情報≫1月29日出走
小倉12R (早鞆特別・15頭) 53s 北村浩平
06/01/25
Bコースでキャンターの調整で、19日、22日にも時計を出すと、出走に向けて25日に追い切られています。この中間も調子落ちなど見られず、ブリンカーを外してしっかり乗り込まれており順調です。予定通り今週日曜日の小倉、早鞆特別を使う事になっています。
06/01/24≪出走予定≫
日曜日の小倉、早鞆特別
06/01/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19B重    -- -52.6-37.5-11.5 (8)強め
06/01/18
Bコースでキャンターの調整で、今週は19日に時計を出す事になっています。調教師は、小倉2週目のハンデ戦を目標に、今週からブリンカーを外して乗っているが、変わらず状態はいい。ただ競馬に行くとどうしても走る気を出してくれず困った。レースから上がってきても息は荒れていないし、全く走っていない。どうにかしようと工夫しているが、なかなか上手くいかない、と話しています。来週日曜日の小倉、早鞆特別に出走を予定しています。
06/01/11
5日に出走し、8着でした。まずまずのスタートからいつも通り後ろから行く構えを見せると、後方2番手でレースを進めましたが、勝負どころではズブい面を出し、押っつけながら4コーナーを回りました。直線は外に出して追われましたが、前に迫る様な伸び脚は見られず、最後はバテた馬を交わした程度でゴールしています。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整す。調教師は、ブリンカーを着けて2走目だったが、前走同様、全く走る気を出してくれなかった。レース後は息の入りも早くて競馬をしていない。だから今週からはブリンカーを外し、次走まで気合いを出す意味で、ビシビシやっていく。走る気さえ出せば、このクラスでも十分やれると思うし、何とか変わってきて欲しい、と話しており、次走については今のところ、29日の小倉、早鞆特別を予定しています。
06/01/10≪レース結果≫1月5日出走
京都6R 1000万下 (D1,800m) 8着
06/01/04≪出走情報≫1月5日出走
京都6R 1000万下(D1,800m)
10頭7枠8番 55kg 北村浩平    発走12:50
上積みはありませんが、調子落ちなど見られずこの馬なりに順調で、調教師は、追い切りもしっかりやれているし、ずっといい状態をキープ出来ており、今回もう一度ブリンカーを試してみる。普段調教で着けている分には、集中して乗れているらしいので、レースでも変わってくれれば。ズブいのは仕方ないから、あとは流れに上手く乗れるかどうかだろう、と話しています。ブリンカー着用で出走します。
06/01/03≪出走予定≫
5日の京都・6R(D1,800m・10頭)55kg 北村浩平
06/01/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31B良  56.8-41.8-12.5 (9)馬也
3B良  85.0-68.5-53.0-39.0-11.6 (7)一杯
05/12/27≪出走予定≫
京都競馬、D1,800mの番組
05/12/26
CWコースでキャンターの調整です。結構使われてきているものの、疲れ無く元気一杯で、休まず乗り込まれており変わりありません。まだ具体的にどこを使うかは決まっていませんが、年明け1、2週目の京都にあるダート1,800mのいずれかに出走を予定しています。
05/12/21
先週11着でした。大外から横一線のスタートを切り、後方2番手で1コーナーを回りましたが、3コーナー過ぎにはムチを入れて追い上げ態勢に入り、10番手まで順位を上げて4コーナーを回りました。しかし直線で大外に持ち出していざ追われても伸びきれず、最後は前と同じ脚色になってしまい、差を詰める事が出来ませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走はファロン騎手の助言でブリンカーを着けてレースに臨んだが、芹沢騎手は逆効果なんじゃないかと言っていた。スタートして最初のコーナーまで全く自分からハミを取っていかず、見せムチなどをして気合いをつけても全然気合いを出さなかったらしい。あれではいくら追っても駄目だろう。レース後はすぐに息が入った位で、全く疲れは見られないから、1月の京都でまた使ってみようと思う、と話しています。
05/12/19≪レース結果≫12月18日出走
阪神9R 高砂特別  (D1,800m) 11着
05/12/17≪出走情報≫12月18日出走
阪神9R 高砂特別(混)(D1,800m)
15頭8枠15番 57kg 芹沢      発走14:30
使い詰めできているものの、良い状態を保っており、調教師は、追い切りは終い重点でやったが、最後までしっかり走っていたし、引き続き具合はいいと思う。今回はブリンカーを着けて、どう変わるかを見てみる。集中していないみたいで、ズブさもあるから、乗り役にはしっかり追って貰う。アテに出来ない面はあるが、位置取り次第では十分勝ち負け出来る力はあると思うので、スムーズなレースをして欲しい、と話しています。ブリンカー着用で出走します。
05/12/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14CW良   85.5-69.2-53.9-40.1-12.3 (9)一杯
05/12/15≪出走情報≫12月18日出走
阪神9R  (高砂特別・15頭)  57s 芹沢
05/12/14
CWコースでキャンターの調整で、14日に追い切られています.間隔が詰まっているものの、中間も元気一杯で、追い切りもきっちりとこなしており、調子落ちは見られません。今週日曜日の阪神、高砂特別に出走を予定しています。
05/12/13≪出走予定≫
日曜日の阪神、高砂特別
05/12/07
先週8着でした。最内からやや窮屈な10番手で1コーナーを回ると、道中はズブさを見せ、中団馬群の後ろを気合いを付けながら進み、3コーナー辺りでも仕掛け気味に後方4番手を追走しましたが、4コーナーで漸くエンジンが掛かったのか、インコースを通って徐々に進出していきました。直線は激しい追い比べとなる中、バテずにジワジワと伸びているものの、前残りの競馬で、最後は脚色も前と同じになってしまい、上位争いには加われませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、上手く流れに乗ってくれれば、チャンスはあると思っていたが、内に包まれっぱなしで、力を出し切れなかった感じ。集中していないみたいでブリンカーを着けた方がいいと、乗り役が言っていたから、本当はここで出すつもりだったけど、もう一度試してみようかと考えている、と話しています。今のところ来週日曜日の阪神、高砂特別に出走を予定しています。
05/12/05≪レース結果≫12月3日出走
阪神9R ゴールデンスパーT(D1,800m) 8着
05/12/02≪出走情報≫12月3日出走
阪神9R ゴールデンスパーT(混)(D1,800m)
14頭1枠1番 58kg ファロン    発走14:30
使い詰めできているものの調子落ちは見られず、調教助手は、追い切りの動きはいつも通りだし、状態も変わり無く、好調をキープしている。前走でメンコを外した方がいいと言われたので、今回は返し馬の時に外そうと思う。なかなかいい騎手に乗って貰えるし、ズブさをカバー出来れば、勝ち負け出来る力は持っていると思うので、無理に外に出さず、インから捲るレースをして欲しい、と話しています。
05/12/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30CW良  82.9-66.9-51.9-38.0-11.9 (9)一杯
05/12/01≪出走情報≫12月3日出走
土曜日・阪神9R(ゴールデンST・14頭)58s ファロン
05/11/30
CWコースでキャンターの調整で、30日に追い切られています。予定通り今週土曜日の阪神、ゴールデンスパートロフィーに登録すると、水曜日に行われた抽選の結果、ファロン騎手騎乗で選ばれています。前走は案外の結果だったものの、調子落ちは見られず、いいデキを保っています。
05/11/29≪出走予定≫
土曜日の阪神、ゴールデンスパーT
05/11/23
先週7着でした。14番枠から先行争いを避けるように後方集団外目の11番手で1コーナーを通過し、勝ち馬をマークする様な格好でレースを進めると、3コーナー過ぎに外々を徐々に進出し、ムチを入れながら4コーナーを回りました。そして迎えた直線でそのまま馬場の外目をしっかり追われ、ジワジワと伸びてきているものの、上位争いに加わるほどの勢いはありませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走は外枠もあって、流れに乗れなかったのが痛かった。斬れる脚の無い馬だから、上手く立ち回れないと今回みたいになってしまう。ただ使った後は変わり無いので、予定通り来週のゴールデンスパーを使い、そのあと宮崎へ放牧に出そう、と話しています。来週土曜日の阪神、ゴールデンスパートロフィーに出走を予定しています。
05/11/21≪レース結果≫11月20日出走
京都8R 1000万下(D1,800m) 7着
05/11/19≪出走情報≫11月20日出走
京都8R 1000万下(混)(D1,800m)
16頭7枠14番 57kg 岩田      発走13:50
上積みは無いものの、いい意味で変わりは見られず、前走時のデキをキープしており、調教助手は、使った後も変わり無く順調で、状態はいい。相変わらずズブさはあるけど、しっかり追ってくれれば力は出してくれるので期待したい。前走でも前が塞がらなければもう少し際どい競馬になっていたと思うし、今回もあれ位は走って欲しい、と話しています。
05/11/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16CW良  84.4-67.0-53.2-39.0-12.6 (9)強め
05/11/17≪出走情報≫11月20日出走
京都8R(D1,800m・16頭)57kg 岩田
05/11/16
CWコースでキャンターの調整で、16日に追い切られています。変わらず順調に乗り込まれ、攻め馬でもまずまずの動きを見せており、前走時のデキを維持しています。今週日曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
05/11/15≪出走予定≫
日曜日の京都、D1,800m
05/11/10≪出走情報≫
シルクデスペラードは検討の結果、来週日曜日の京都、ダート1,800mを目指す事になりました。
05/11/09
先週4着でした。外で五分のスタートを切って8番手辺りで1コーナーを通過すると、道中は前2頭が飛び出して後続を大きく引き離す展開となる中、中団の内に入れてレースを進めました。3コーナー辺りから内ラチ沿いを押し上げ、2番手集団の内まで進出して4コーナーを回ると、直線はそのまま最内を突いて前を捕らえに掛かったものの伸びきれず、上位2頭には突き放されてしまいましたが、それでも最後まで渋太く踏ん張って走っています。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。今週京都の特別にも登録し、連闘で使う事も考えましたが、検討の結果、見送る事が決まっており、調教師は、今週は登録だけにとどめ、来週の平場にまわろうと思う。そのあとは阪神のゴールデンスパー目標で、そこを使ったら宮崎へ放牧し一息入れようと考えている。前走は直線で前がつかえて、その分スムーズさを欠き、あれがなければもっと際どかっただろう。使った後も変わりないし、何とか勝って放牧に出せれば、と話しています。来週日曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
05/11/09≪出走予定≫
シルクデスペラードは連闘での登録を検討していますが、まだ結論は出ていません。
05/11/08≪出走予定≫
シルクデスペラードは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/11/08≪レース結果≫11月6日出走
京都8R 1000万下(D1,800m)  4着
05/11/05≪出走情報≫11月6日出走
京都8R 1000万下(D1,800m)
13頭7枠10番 57kg 岩田      発走14:00
中1週となりますが、追い切りもきっちりとこなすなど、調子落ち無く順調です。調教師は、前走で馬体が減ってはいたけど、ギリギリ大丈夫という範囲内だったし、あれから馬体も戻ってきて、今回は前走より走れる態勢にある。本田騎手も言っていたが、少しズブくなってきたせいか、流れに乗りきれないみたいで、もう少し自分から行く気になって欲しい、と話しています。
05/11/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2CW良   82.5-67.5-52.2-39.0-13.3 (8)一杯
05/11/03≪出走情報≫11月6日出走
京都8R (D1,800m・13頭) 57kg 岩田
05/11/02
CWコースでキャンターの調整で、2日に追い切られています。当初次走は来週の京都を予定していましたが、前走後も順調にきている為、1週早めて今週から入れていく事になり、今週日曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
05/10/26
先週7着でした。スタートはほぼ横一線だったものの、行きっぷりがもう一つで控える形となり、7番手で1コーナーを通過すると、道中は前の集団から2馬身位離れた位置に落ち着き、そのまま内ラチ沿いを追走しました。4コーナー辺りから気合いを付けられて押し上げに掛かりましたが、直線は伸びずバテずといった感じで、前とは同じ様な脚色となり、最後まで差が詰まりませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、体が減っていたけど、イレ込んでいた訳でもなく、気にする程じゃない。ただあともう1回使ったら一旦放牧に出すつもりで、次の京都の2週目辺りを考えている。少しズブくなったみたいで、前に行けなくなっているが、終いは伸びているし、展開がはまればもう少しはやれる筈、と話しています。
05/10/24≪レース結果≫10月23日出走
京都12R 愛宕特別 (D1,800m)  7着
05/10/22≪出走情報≫10月23日出走
京都12R 愛宕特別(混)H(D1,800m)
10頭2枠2番 54kg 本田      発走16:20
中間も変わり無く乗り込まれ、今週の追い切りでも最後までしっかり動いており、札幌で使われていた頃のデキを保っています。調教師は、北海道から戻ってきてからも順調に乗り込めているし、いい状態をキープしている。使おうと思えば先週でも使えたけど、少しでも有利なハンデ戦の方にしたかったので1週待った。京都は得意なコースだし、いいレースを期待している、と話しています。
05/10/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16CW不   57.4-40.7-12.4 (7)馬也併入
19CW良   81.5-65.5-51.5-38.6-12.9 (9)一杯
05/10/20≪出走情報≫10月23日出走
京都12R(愛宕特別・10頭)54kg 本田
05/10/19
CWコースでキャンターの調整で、13日、16日にも時計を出すと、出走に向け19日に追い切られています。今週目標に順調に乗り込まれ、追い切りでも最後まで手応え良く動いており、予定通り今週日曜日の京都、愛宕特別を使う事になっています。
05/10/18≪出走予定≫
日曜日の京都、愛宕特別
05/10/13≪出走情報≫
シルクデスペラードは検討の結果、今週の登録は見送り、来週日曜日の京都、
愛宕特別を目指す事になりました。
05/10/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13CW良  82.1-66.8-52.4-39.3-12.8 (9)馬也
05/10/12
予定通り6日に栗東へ戻ると、到着後も変わり無く、CWコースでキャンターの調整を開始し、今週は13日に時計を出す事になっています。今週京都の特別に登録があり、出走を検討していたものの、検討の結果、来週日曜日の京都、愛宕特別を目指す事が決まっており、調教師は、今週は登録だけにして、来週のハンデにまわろうと思う。戻ってからも変わり無く、具合が良さそうだし、少しでも有利なハンデを使った方がいいだろう。得意の京都でどれだけやってくれるかだ、と話しています。
05/10/12≪出走予定≫
シルクデスペラードは日曜日の京都、御陵特別に登録があり、出走を検討していますが、頭数や相手関係などによっては来週の愛宕特別にまわるかもしれないそうです。
05/10/11≪出走予定≫
日曜日の京都、御陵特別
05/10/05
札幌のダートコースで調整されると、予定通り先週連闘で登録したものの除外され、今週栗東へ帰厩する事になっています。調教師は、6日に栗東へ戻るので、着いた後の状態を見てから、このまま使っていくか、一旦放牧に出すかを決めようと思う、と話しています。
05/09/29≪出走情報≫
シルクデスペラードは、除外の為、来週以降の出走予定となっています。
05/09/28
先週4着でした。ゲートの出は速い方だったものの、そのあとの行き脚がもう一つでテンに置かれ、8番手辺りで1コーナーを通過すると、前とは2、3馬身離れた後方の外で終始レースを進めました。しかし4コーナーで漸く馬群の後ろに取り付くと、直線で大外を追われてからもジリジリと伸びて前との差を良く詰めているものの、先に抜け出した上位3頭には届きませんでした。レース後は順調で、札幌のダートコースでキャンターの調整です。使われた疲れやダメージは残っておらず、調教でも元気の良いところを見せているので、今週最後となる札幌に連闘で入れていく事になりました。今週土曜日の札幌、道新スポーツ賞に出走を予定しています。
05/09/28≪出走予定≫
土曜日の札幌、道新スポーツ賞
05/09/28≪レース結果≫
札幌12R アカシヤ特別(D1,700m)4着
05/09/24≪出走情報≫9月25日出走
札幌12R アカシヤ特別(混)(D1,700m)
10頭6枠6番 57kg 松永      発走16:10
動き、状態共に良く、ここ目標にきっちり態勢は整っており、調教助手は、ここ2戦は夏負け気味で、中身が本物じゃなかったみたいだけど、今週獣医に診て貰ったら心臓の音も良くなったと言ってくれた。元々暑さに弱いから、気温が低くなってきた事で、元気を取り戻したのだろう。短期放牧明けでも動きは良かったし、改めて期待したい、と話しています。
05/09/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18札ダ重 54.7-40.6-12.8 (9)馬也
22札ダ良 67.9-52.8-39.3-13.2 (7)馬也
05/09/22≪出走情報≫
札幌12R(アカシヤ特別・10頭)57kg 松永
05/09/21
予定通り15日に札幌競馬場へ戻ると、到着後も変わらず順調で、すぐにダートコースで乗り始め、18日に時計を出しています。そして今週は22日に追い切りを行い、日曜日の札幌、アカシヤ特別に備える事になっています。
05/09/20≪出走予定≫
日曜日の札幌、アカシヤ特別
05/09/16≪最新情報≫
15日に札幌競馬場へ移動しています。
05/09/14
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。移動後も緩める事なく順調に乗り込まれ、変わりはありません。調教師の指示で15日には札幌競馬場へ戻り、予定通り来週日曜日の札幌、アカシヤ特別を目指す事になっています。
05/09/07
先週5着でした。外で五分のスタートを切り、押っつけ気味に上がっていくと、先団5頭とは2馬身位離れた6、7番手で1コーナーを通過し、道中はそのまま中団のやや前寄りを追走しました。そして勝負どころで内を突いて仕掛けていくと、先行2頭から3馬身差の5番手位で直線を迎え、最内を追われましたが、終いは思ったほど伸びきれませんでした。レース後も変わりはありませんが、馬房の都合でまた短期で入れ替える事になり、6日に加藤ステーブルへ移動しています。調教師は、体が戻ってデキも持ち直していたけど、4角で前が壁になった。こうなると駄目な馬で、不利さえなければもう少し上の着順に来られたと思う。3週目目標に1週間位で戻す、と話しており、次走については25日の札幌、アカシヤ特別を予定しています。
05/09/05≪レース結果≫
9月4日 札幌11R 層雲峡特別(D1,700m)  5着
05/09/03≪出走情報≫9月4日出走
札幌11R 層雲峡特別(混)(D1,700m)
13頭7枠11番 57kg 本田      発走16:35
前走の反動無く順調に乗り込まれ、早めの移動で出走に備えており、調教助手は、札幌へ来てからも元気一杯で、追い切りでもいい動きをしていた。この馬は暑さに弱く、前走はちょっと夏バテ気味だったし、輸送で体を減らした事も応えた。ひと頃に比べたら暑さもマシで、それで元気を取り戻しているのだと思う。今回はプラス体重で出走出来るだろうし、巻き返しに期待したい、と話しています。
05/09/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31札ダ良  53.3-39.4-12.2 (7)強め
05/09/01≪出走情報≫9月4日出走
日曜日・札幌11R(層雲峡特別・13頭)57s 本田
05/08/31
札幌のダートコースでキャンターの調整で、31日に追い切られています。先週は除外されてしまったものの、25日に札幌競馬場へ移動すると、その後も除外や輸送の影響は見られず、順調に乗り込まれています。引き続き今週日曜日の札幌、層雲峡特別に出走を予定しています。
05/08/30≪出走予定≫
日曜日の札幌、層雲峡特別
05/08/26≪出走情報≫8月27日出走
シルクデスペラードは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
05/08/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24函W良  69.2-53.5-38.8-12.5 (7)強め
05/08/24
函館のWコースでキャンターの調整で、24日に追い切られています。前走の反動も見られず、状態を維持出来ている為、中1週で今週日曜日の札幌、オーロラ特別に出走予定となっています。馬体減りを考慮して今回は早めに札幌へ連れてくる予定です。
05/08/24≪出走情報≫
日曜日の札幌、オーロラ特別
05/08/23≪出走情報≫
シルクデスペラードは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/08/17
先週12着でした。横一線のスタートから7番手辺りで1コーナーを通過すると、道中はそのまま中団の馬込みを追走しましたが、勝負どころでは置かれ気味となって前との差が開いていき、後方集団に吸収される格好で4コーナーを回りました。そして直線を向いて追われても前走の様な伸び脚は見られず、馬群の一番後ろまで下がっています。レース後は変わり無く、その日の内に函館競馬場へ戻ると、角馬場でキャンターの調整を始めています。騎乗した北村騎手は、道中はいい感じだったけど、3コーナー付近から急に手応えがなくなった。二走ボケでもないだろうし、原因がよく分からない、と話しています。調教師は、期待していただけにこの結果は凄くショックで、申し訳ない。馬体が10キロ減っていたが、4、5時間の輸送くらい耐えてくれないと。馬房の都合で一旦函館へ戻し、中1で登録だけはしておくつもりだが、頭数が多くて除外されそうだし、馬体減りもしていたので、最終週を目標に考えている、と話しています。次走については今のところ9月4日の札幌、層雲峡特別を予定しています。
05/08/15≪レース結果≫
8月13日 札幌10R 羊蹄山特別(D1,700m) 12着
05/08/12≪出走情報≫8月13日出走
札幌10R 羊蹄山特別(混)(D1,700m)
13頭6枠9番 57kg 北村浩平    発走16:00
長期休養明けで好走した前走後はまた短期で出されたものの、緩めず乗り込まれ、一叩きされて良化してきており、調教師は、先週でも仕上がっていたけど、除外で余分に追えた分、更に上向きだし、状態面もとてもいいので、前走以上を期待している。本当なら先週使えて、来週のハンデというのが理想だったが、ここでも差はないと思うし、力は十分通用する筈、と話しています。
05/08/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10函W良  65.9-51.7-38.0-12.6 (8)一杯
05/08/11≪出走情報≫
土曜日・札幌10R(羊蹄山特別・13頭)57kg 北村浩平
05/08/11
函館のWコースでキャンターの調整で、10日に追い切られています。先週は除外されてしまいましたが、その影響は見られず、むしろ1週延びて動きは更に上向いてきており、引き続き今週土曜日の札幌、羊蹄山特別に出走を予定しています。
05/08/09≪出走情報≫
土曜日の札幌、羊蹄山特別
05/08/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31函W稍  54.3-39.0-13.8 (8)馬也
3函W稍  53.6-39.0-12.3 (7)一杯
05/08/04≪出走情報≫
シルクデスペラードは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
05/08/04
予定通り28日に函館競馬場へ戻ると、到着後も変わり無く、翌日からWコースでキャンターの調整を開始しています。そして31日にも時計を出すと、出走に向け3日に追い切られ、態勢はきっちり整っており、今週日曜日の函館、噴火湾特別に出走を予定しています。
05/08/02≪今週の出走予定馬 8/2現在≫
日曜日の函館、噴火湾特別
05/07/29≪最新情報≫
28日に函館競馬場へ入厩しています。
05/07/27
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。変わらず順調に乗り込まれると、来週日曜日の函館、噴火湾特別を目標に、28日に函館競馬場へ移動する事になっており、牧場長は、3ハロン40秒位のところをやっているし、前回よりは間違いなく動ける状態にある、と話しています。
05/07/20
先週3着でした。好スタートからハナに立つ勢いでしたが、逃げたい馬を先に行かせて先行集団の一角で1コーナーを通過すると、道中は2番手の内に落ち着き、そのまま前々でレースを進めました。勝負どころでやや置かれ気味になったものの、内を回って盛り返し、3番手で直線を迎えると、前2頭にはそのまま押し切られて敵いませんでしたが、内と外から迫ってきた後続の追い上げを最後まで凌ぎきっています。レース後は変わりありませんが、厩舎の馬房の都合により入れ替えて使っていく事になっており、19日に再び加藤ステーブルへ放牧されています。調教師は、長期休養明けだったのに良く走ったと思うし、大したもの。このあとが楽しみになってきた。馬房の都合で一旦出すが、最終週目標に戻すつもりだ、と話しており、次走は8月7日の函館、噴火湾特別を予定しています。
05/07/19≪先週のレース結果≫
函館11R 駒場特別 (D1,700m)
      シルクデスペラード  3着
      複勝 9番 2,600円 ワイド9−11 10,420円
                 9−10 9,300円
              3連複9−10−11 77,210円
              3連単11−10−9 385,460円
05/07/15≪7/16(土)の出走情報≫
函館11R 駒場特別(混)(D1,700m)
13頭6枠9番 57kg 北村浩平   発走16:35
爪に不安が出て約1年振りとなりますが、放牧先でもかなり乗り込まれ、悪くない仕上がりとなっており、調教師は、先週除外になって余分に追い切りが出来た分、仕上がりが更に進んだと思うし、追い切りの動き自体もなかなか良かった。久々のハンデがあり、あまり大きな事は言えないけど、まともなら力は十分通用する筈で、どれだけやれるか密かに期待している、と話しています。
05/07/14≪今週の出走馬≫
土曜日・函館11R (駒場特別・13頭) 57kg 北村浩平
05/07/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10函W良  54.7-40.3-13.7 (7)馬也
13函W稍  65.7-50.6-37.4-12.7 (7)強め
05/07/13
函館のWコースでキャンターの調整で、10日にも時計を出すと、出走に向けて13日に追い切られています。先週除外された影響も無く順調で、むしろ余分に追えた分、デキは上向いてきており、引き続き今週土曜日の函館、駒場特別に出走を予定しています。
05/07/12≪今週の出走予定馬 7/12現在≫
土曜日の函館、駒場特別
05/07/07≪今週の出走馬≫
出走を予定していたシルクデスペラード、シルクパフォーマーは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
05/07/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3函W良 70.5-54.9-39.6-12.8 (8)馬也
6函W重 72.8-56.4-40.3-12.7 (8)強め
05/07/06
30日に函館競馬場へ入厩すると、到着後も変わり無く、すぐにWコースで調整を開始し、3日に時計を出しています。そして6日に出走に向けて追い切られ、態勢はきっちりと整ってきており、予定通り今週日曜日の函館、竜飛崎特別で復帰する事になっています。
05/07/05≪今週の出走予定馬 7/5現在≫
日曜日の函館、竜飛崎特別
05/06/29
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。調教師の指示で30日に函館競馬場へ入厩する事が決まっており、牧場長は、週2ペースで速いところを出し、追い切りを6、7本こなしてきた。気合いが乗って馬が唸っているし、申し分ない仕上がりで送り出せると思う。あとは1年振りの実戦がどうかだろう、と話しています。来週日曜日の函館、竜飛崎特別で復帰を予定しています。
05/06/22
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。函館最終週を目標に仕上げを進めるようにしており、牧場長は、坂路で13−13位のところを上々の手応えで動いた。爪の状態も変わらず良好だし、この分ならいい仕上がりで函館へ送り出せそうだ、と話しています。
05/06/15
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。変わり無く順調に乗り込まれ、坂路でやる15−15の調教も週2本に増やしており、このまま調教を積んで復帰に備え、調教師の指示を待ちます。
05/06/08
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。順調にピッチを上げていくと、もう坂路で15−15の調教もしっかりこなす様になっており、今のところ、7月10日の函館、竜飛崎特別を復帰目標にしています。
05/06/01
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。状態などに変わりは見られず、徐々に調教のピッチを上げるようにしており、調教師は、向こうに移ってからもしっかり乗り込めているみたいだし、2回函館辺りで使い出せるように進めて貰う、と話しています。
05/05/25
宮崎保養センターで調整を続けていましたが、調教師の指示で20日に北海道の加藤ステーブルへ移動しています。輸送の影響無く、到着翌日からウォーキングマシンの調整をやらせると、今週には乗り運動も始めており、牧場長は、宮崎の方でも乗り込んでいたみたいだし、現状で左前の爪は問題無さそう。函館か札幌でと言われているので、このまま様子を見ながら進めていく、と話しています。
05/05/18
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。変わり無く砂浜でしっかりと乗り込まれており順調です。速いところは北海道に移動してからやり始める事になっています。
05/05/11
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。変わり無く乗り込みを続けており、調教師は、順調に乗れているので、もう少ししたら北海道の加藤ステーブルへ移し、函館か札幌で復帰させようと考えている、と話しています。
05/05/04
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。爪の状態も安定して変わり無く乗り込みを続けており、夏のローカル辺りでの復帰を目標に進めていく事になっています。
05/04/27
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。変わり無く乗り込みを続けており、打ち合わせた調教師は、徐々に良くなってきているみたいだし、このままいけば夏までには戻せそう。暖かくなって爪もしっかりしてきたみたいで、もう少しの辛抱だろう、と話しています。
05/04/20
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。砂浜での乗り込みを休まず続けると、爪の状態も安定しており、また近い内に調教師とも打ち合わせる事になっています。
05/04/13
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。速いところをやり出す具体的な目処はまだ立っていませんが、休む事なく砂浜で乗り込みを続けており、変わりはありません。
05/04/06
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。砂浜での乗り込みを続けており、爪以外には不安な面も見られず順調で、変わりはありません。
05/03/30
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。引き続き時間を掛けて砂浜調教を行いながら爪が伸びるのを待つ様にしており、変わりはありません。
05/03/23
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。牧場長は、先月に比べると確実に爪は伸びてきているけど、普通の鉄を打つにはまだ早い状況なので、もう少し我慢して砂浜調教をやっていきたい。もっと暖かくなれば伸びも早まるだろうし、爪さえしっかりすればすぐにでも帰厩出来る状態にもっていけると思う、と話しています。
05/03/16
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。引き続き20秒半ばのラップで時間を掛けて乗り込まれており、変わりはありません。もう少し爪が伸びてしっかり調教を積める様になるのを待ちます。
05/03/09
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。変わり無く乗り込みを続け、爪の具合も安定してだいぶ伸びてきており順調です。ただ調教師の指示が出るまでは無理せずこのまま乗り込んでいきます。
05/03/02
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。20秒半ば位のペースで毎日じっくりと調教を付けられており、変わりはありません。もう少し爪が伸びてしっかり乗り込める様になるまではこのままやっていきます。
05/02/23
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。調教師からの指示もあり、引き続き砂浜で時間を掛けて乗り込む様にしており、速いところをやり出していくのはもう少し爪が伸びてくるまで待つ事になっています。
05/02/16
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。変わり無く乗り込みを続けていますが、打ち合わせた調教師は、徐々に蟻洞部分が下がってきているので、もう少しの辛抱。乗れてはいてもまだ鉄を打つとすぐに落鉄してしまうみたいだし、もう少し暖かくなれば爪の伸びも良くなるので、それから考えたい、と話しています。
05/02/09
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。爪にも変わりは見られず、引き続き砂浜で25秒前後のペースで乗り込まれており順調です。もう少し強いところが出来る様になれば、調教師とも打ち合わせて予定を立てる事になっています。
05/02/02
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。20秒半ば位のペースですが、徐々に距離を延ばしながら丹念に乗り込みを続けており、爪の状態にも変わりは見られず順調です。
05/01/26
宮崎保養センターでダクとキャンターの調整です。徐々にピッチを上げるようになっており、牧場長は、蹄の具合も良くなってきているので、砂浜でダクとキャンターも乗り出した。このまま順調にいってくれれば2月一杯位で目処が立つと思う、と話しています。
05/01/19
宮崎保養センターでウォーキングとダクの調整です。引き続き軽めに乗り込みながら爪が伸びてくるのを待つ様にしており、変わりは見られません。
05/01/12
宮崎保養センターでウォーキングとダクの調整です。徐々に運動時間を延ばしながら軽めの乗り込みを続けていますが、歩様が乱れる事も無く、変わりありません。まだ暫くはこのまま爪が成長してくるのを待ちます。
04/12/27
宮崎保養センターでウォーキングとダクの調整です。調教師と打ち合わせた結果、少し調教のピッチを上げており、牧場長は、元々蟻洞なので、爪の成長をじっくり待つしかないけど、様子を見ながらダクもやるようにした。このまま我慢強くやっていきたい、と話しています。
04/12/22
宮崎保養センターで軽めの調整です。引き続き脚元を治療しながら軽く乗る様にしており、変わりはありません。年内一杯はこのまま様子を見ていきます。
04/12/15
宮崎保養センターで軽めの調整です。脚元を海水に漬ける様にしながらウォーキング程度のメニューをやらせており、少しこのまま様子を見ていきます。
04/12/08
イクタトレーニングファームで調整を続けていましたが、装蹄師も交えて調教師と打ち合わせた結果、育成先を移す事になり、8日に宮崎県の宮崎保養センターへ移動しています。調教師は、まだ爪が本物ではなく、もっと温暖なところへ移した方が伸びもいいので、移動先で様子を見ながらやって貰う、と話しています。
04/12/01
イクタトレーニングファームでダクと軽めのキャンターの調整です。軽いキャンター程度なら乗っても特に反動は無く、引き続きじっくり調教を付けられています。近々装蹄師とも打ち合わせる事になっています。
04/11/24
イクタトレーニングファームでダクと軽めのキャンターの調整です。乗り込みは休まず続けていますが、検査で確認したところ、牧場長は、レントゲンを撮ったら右前の蹄骨が1cmぐらい沈下していた。痛みなどはないが、ちょっと熱を保っているので、装蹄師とも相談して今後どうするか決めたい、と話しています。
04/11/17
イクタトレーニングファームでダクと軽めのキャンターの調整です。近々検査で確認予定で、引き続き30秒近いペースでじっくり乗り込む様にしています。
04/11/10
予定通り8日に愛知県のイクタトレーニングファームへ移動すると、到着後も特に変わり無く、ダクと軽めのキャンターの調整を始めています。牧場長は、向こうではキャンターをやっていたみたいだけど、ちょっと歩様が気になるので、1度レントゲンを撮り、確認してからどう進めていくかを決めたい。それまでは軽めのキャンターで様子を見ていく、と話しています。
04/11/05≪最新情報≫
8日にイクタトレーニングファームへ移動する予定です。
04/11/03
加藤ステーブルでダクと軽めのキャンターの調整です。獣医の許可が出た為、キャンターも乗り出すと、徐々に距離を延ばしながら調教を付けられています。爪の状態も落ち着いており、近々坂路コースにも入れる予定ですが、調教師と打ち合わせた結果、8日には愛知県のイクタトレーニングファームへ移す事になりました。
04/10/27
加藤ステーブルで軽めの乗り運動をやらせています。調教師は、まだ時間は掛かるだろうけど、このまま少しずつ進めて貰って、雪が降ったりして外で乗りづらくなる前には育成場を移す事にしたい、と話しています。
04/10/20
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整を続けていましたが、チェックして貰っている獣医や装蹄師から許可が出た為、乗り運動へ切り替えています。少し軽めの内容で様子を見ても問題無ければ、調教師とも打ち合わせて調整を進めていきます。
04/10/13
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整です。引き続き毎日マシンの運動をやらせながら爪が伸びてくるのを待つ様にしており、特に変わりありません。
04/10/06
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整です。特に変わりは見られず、引き続き毎日1時間程度の運動をやらせて体調を整えながら、爪が伸びてくるのを辛抱強く待つようにしています。
04/09/29
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整です。爪のケアを行いながら毎日マシンに入れて運動させる様にしており、変わりはありません。
04/09/22
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整を続けています。調教師は、爪が伸びるのを待つしかないので、それを考えると6ヵ月ぐらい掛かると思うが、腕利きの装蹄師に頼んで、こまめに状態を見て貰っている、と話しています。
04/09/15
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整です。爪の状態に変化は見られず、毎日マシンに入れており、今のところ1日1時間の運動をやらせています。
04/09/08
加藤ステーブルでパドック放牧を続けていましたが、確認した調教師の指示でウォーキングマシンの調整を開始しています。調教師は、爪は良くなってきて、もう軽い運動なら大丈夫だろう。ただ乗り出すのは装蹄師にもよく見て貰い、相談してから決めたい、と話しています。
04/09/01
加藤ステーブルで放牧休養中です。引き続き毎日爪のケアをしながらパドックへ出しており、爪以外には特に問題となるところはありません。
04/08/25
加藤ステーブルで放牧休養中です。爪のケアをしながらゆっくりとさせており、変わりはありません。
04/08/18
加藤ステーブルで放牧休養中です。ゆっくりさせて爪が伸びるのを待つ様にしており、今のところ1ヵ月程度、このまま調教を休ませる事になっています。
04/08/11
加藤ステーブルの馬房で休ませていましたが、装蹄師と相談してパドック放牧へ切り替えています。ただ当面はこのまま蟻洞の治療をしながら右前の爪が伸びてくるのを待ちます。
04/08/04
加藤ステーブルへ移動後は札幌開催目標に緩めず乗り込みを続けていましたが、右前脚の歩様がややぎこちなく、確認したところ、蟻洞の症状が見られる為、以後は馬房での休養に切り替えています。調教師の確認を受けて打ち合わせた結果、暫く装蹄師にも見て貰いながら爪の治療を優先する事になりました。
04/07/28
先週3着でした。五分のスタートから3番手の外まで上がって1コーナーを通過すると、道中はそのまま好位の外に付けて淡々とレースを進めました。ペースの上がった4コーナーでやや置かれ気味となり、直線を向いたところでは一旦5番手に後退してしまいましたが、追い出されるとまた渋太く伸びて巻き返し、ゴールでは3頭横一線の3着争いをハナ差制しています。レース後も特に変わりありませんが、調教師の指示で27日に北海道門別の加藤ステーブルへ放牧されています。調教師は、やはりダートの方がいいみたいで、展開もきつかった割に辛抱していたし、あれならその内勝ち負けしてくれると思う。使った後、少し歩様がゴトゴトしていたので、一旦放牧に出すが、良くなれば札幌へ戻して使いたい、と話しています。
04/07/27≪先週のレース結果≫
函館11R 渡島特別(D1,700m)
       シルクデスペラード  3着
       複勝 7番 210円 3連複2−4−7 870円
04/07/24≪7/25(日)の出走情報≫
函館11R 渡島特別(混)(D1,700m)
8頭7枠7番 57kg 北村浩平   発走16:40
前走後は一旦札幌へ移ったものの、変わり無く順調に乗り込まれ、前走のデキをキープしています。調教師は、もう1度芝を使ってみる方向で考えていたけど、相手関係も見てダートへまわる事にした。芝だとワンパンチ足りない印象だが、実績を残しているダートへ戻れば、変わる余地はあると思う。頭数も少ないし、展開が向けばそれほど差は無い筈、と話しています。
04/07/22≪今週の出走馬≫
日曜日・函館11R(渡島特別・9頭)57kg 北村浩平
04/07/22≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18札ダ良  57.4-42.2-13.8 (8)馬也
21函W良  68.0-53.4-39.6-13.1 (8)一杯
04/07/21
18日に札幌のダートコースで時計を出すと、20日には函館競馬場へ戻り、21日にWコースで追い切られています。食欲もあって移動の影響は見られず、調教でも元気良く動いており、検討の結果、日曜日の函館、渡島特別の方を使ってみる事になっています。
04/07/20≪今週の出走予定馬 7/20現在≫
函館競馬、土曜日の駒ヶ岳特別か、日曜日の渡島特別
04/07/14
先週7着でした。スタート良く飛び出し、前から一塊りとなった5番手で1コーナーを通過すると、道中はやや縦長の展開となって馬群がばらける中、そのまま好位の一角を進みました。そして勝負どころで間を割って差を詰め、先行2頭の直後に上がると、直線を向いて追い出されてからもこの馬なりに踏ん張り、5着辺りとは差の無い競馬を見せていますが、やや決め手に欠ける感じで伸びきれませんでした。レース後は馬房の都合で13日に札幌競馬場へ移動していますが、来週には函館へ戻し、土曜日の駒ヶ岳特別か、日曜日の渡島特別のどちらかを使う予定です。厩務員は、いい流れでいけたと思ったけど、まだ芝に慣れていないのか、ややモタつく印象。ダートの方がこの馬らしい、キレが出るのかもしれないが、悪いレース振りではなかったし、まだ両方考えていきたい、と話しています。
04/07/13≪先週のレース結果≫
函館11R STV杯 (芝1,800m)
       シルクデスペラード  7着
04/07/09≪7/10(土)の出走情報≫
函館11R STV杯(混)(芝1,800m)
12頭2枠2番 57kg 小林徹弥   発走15:30
中間も順調で、函館へ移ってからも、しっかり追い切りを消化しており、調教師は、輸送後も変わり無く、状態はいい。ダートにも登録し、使えばそちらの方が人気になったかもしれないけど、これから先の事も考え、また芝を使ってみる。追い切りでは馬場のコンディションが悪く、終い時計が掛かっていたが、動きは悪くなかったし、心配いらない、と話しています。
04/07/08≪今週の出走馬≫
土曜日・函館11R(STV杯・12頭)57kg 小林徹弥
04/07/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4函W良  58.2-42.9-14.2 (7)馬也
7函W良  67.9-53.1-39.2-12.8 (9)強め
04/07/07
函館のWコースでキャンターの調整で、4日にも時計を出すと、出走に向けて7日に追い切られています。追い切りの時計は目立つものではありませんが、動き良く順調で、力を出せる状態に仕上がっており、検討の結果、今週土曜日の函館、STV杯に出走を予定しています。
04/07/07≪今週の出走予定馬 7/7現在≫
土曜日の函館、STV杯
04/07/06≪今週の出走予定馬 7/6現在≫
函館競馬、土曜日のSTV杯か、日曜日の竜飛崎特別
04/06/30
Bコースでキャンターの調整を続けていましたが、次は函館で出走を目指す事になり、29日に函館競馬場へ移動しています。調教助手は、順調なら来週の函館で使い、そのあとは札幌へ移して調整する予定でいる、と話しています。
04/06/23
先週6着でした。五分のスタートから4番手に付けて1コーナーを通過すると、道中はやや縦長にばらける展開となる中、そのまま中団の前の方を進みました。そして差がグッと縮まった3コーナー過ぎには仕掛けて単独3番手に上がりましたが、直線入り口辺りでやや置かれ気味になると、直線を向いてからもバテてはいないものの切れる脚が使えず、後続に交わされてしまいました。レース後は順調で、Bコースでキャンターの調整です。調教師は、馬場が少し応え、ノメって走っていたみたいだし、流れも向かなかったけど、それでもそう離されてはいないし、初めての芝だった事を考えれば良く頑張っている。このあともう1度こちらで走らせたら、札幌へ連れて行こうと思っている、と話しています。
04/06/21≪先週のレース結果≫
阪神9R ウイルデイールM(芝2,000m)
      シルクデスペラード  6着
04/06/19≪6/20(日)の出走情報≫
阪神9R ウイルデイールM(混)H(芝2,000m)
8頭4枠4番 54kg 北村浩平   発走14:35
中間も疲れや反動は見られず元気一杯で、引き続き好調を維持しており、調教師は、追い切りでは良く動き、追い出してからも最後までしっかり走っていた。初芝になるけど、先週の本馬場でもいい走りをしていたのでこなしてくれると思う。降級馬とかもいてメンバーは揃うが、ハンデ戦で頭数も少ないし、密かに期待している、と話しています。
04/06/17≪今週の出走馬≫
日曜日・阪神9R(ウイルデイールM・8頭)54kg 北村浩平
04/06/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16B良   82.4-66.5-51.6-38.3-11.7 (9)強め
04/06/16
予定通り10日に芝コースで時計を出すと、調教助手は、感触は悪くなく、芝も合いそうで、試してみる価値はあると思う、と話しています。以後今週日曜日の阪神、ウイルデイールメモリアルを目標に順調に乗り込まれ、16日には出走に向けBコースで追い切られ、軽快な動きを見せています。
04/06/15≪今週の出走予定馬 6/15現在≫
日曜日の阪神、ウイルデイールM
04/06/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10芝稍  74.6-60.3-47.6-35.3-12.0 (2)馬也
04/06/09
Bコースでキャンターの調整です。当初今週の特別を予定していたものの、その後検討の結果、1週延ばして来週日曜日の阪神、ウイルデイールメモリアルを目指す事になり、今週は10日に芝コースで追われ、感触を確かめてみる予定となっています。
04/06/09≪今週の出走予定馬 6/9現在≫
シルクデスペラードとシルクサバイバーは検討の結果、来週の阪神を目指す事になりました。
04/06/08≪今週の出走予定馬 6/8現在≫
土曜日の中京、D1,700m
04/06/02
先週9着でした。五分のスタートから8番手辺りに付けて1コーナーを通過すると、道中はそのまま中団の外目でレースを進めましたが、ペースの上がった3コーナーではスッと反応出来ずやや置かれる格好となり、前との差が開いてしまいました。それでも後方で一団となって4コーナーを回ると、直線は外を追われて巻き返しを図りましたが、前走の様な脚は使えず、そのまま流れ込む様にゴールしています。レース後は順調で、Bコースでキャンターの調整です。調教助手は、使った後も変わらず順調で、元気もいいけど、レース振りがもう一つはまってこないので、気分転換の意味でも、芝を試してみたい。ダートで成績を残しているが、走りから芝でも面白いと思う、と話しており、来週日曜日の中京、ミホノブルボンメモリアルを予定しています。
04/05/31≪先週のレース結果≫
中京12R 1000万下(D1,700m)
       シルクデスペラード  9着
04/05/28≪5/29(土)の出走情報≫
中京12R 1000万下(D1,700m)
16頭7枠13番 54kg 北村浩平   発走16:20
使い詰めできていますが、疲れや反動は見られず順調で、追い切りもしっかりとこなしており、前走時のデキをキープしています。調教助手は、やっとペースを掴んで、この馬の競馬が出来る様になってきたから、今回も頑張って貰いたい。追い切りの動きも相変わらず良かったし、勝ち負けしてもおかしくない位の気配にあるので、楽しみにしている、と話しています。
04/05/27≪今週の出走馬≫
土曜日・中京12R (D1,700m、16頭) 54s 北村浩平
04/05/27≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26B良   -- -66.4-51.7-38.7-12.2 (9)一杯
04/05/26
Bコースでキャンターの調整で、26日に追い切られています。間隔が詰まっていますが、疲れや反動無く順調で、前走のデキを維持しており、予定通り今週土曜日の中京で、ダート1,700mの番組のどちらかを使う事になっています。
04/05/25≪今週の出走予定馬 5/25現在≫
土曜日の中京、御嶽特別か、D1,700m
04/05/19
先週3着でした。内から五分に飛び出したものの、そのあとの行きっぷりがもう一つで、馬群最後尾の後方4、5番手を進みましたが、勝負どころで外へ持ち出し仕掛けていくと、中団8番手辺りまでポジションを上げて直線を向きました。そして大外を追われた直線では1頭目立つ脚色で鋭く伸びると、ゴール前で先に抜け出していた上位2頭に猛然と迫り、差し切る勢いでしたが、惜しくもあと一歩及びませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走では今までと違った面を見せてくれた。外に出せば伸びると思っていたけど上出来の内容。これでクラスの目処も立ったと思うし、次も走れば本物だろう、と話しており、次走については中1週で、来週土曜日の中京、御嶽特別か、平場のダート1,700mのどちらかを使う予定となっています。
04/05/17≪先週のレース結果≫
京都12R 1000万下(D1,800m)
       シルクデスペラード  3着
       複勝 3番 220円 ワイド3−15 830円
                       3−13 710円
                   3連複3−13−15 3,800円
04/05/15≪5/16(日)の出走情報≫
京都12R 1000万下(混)(D1,800m)
16頭2枠3番 54kg 岩崎     発走16:20
なかなか勝ち負けするところまではいかないものの、調子落ちは見られず順調で、調教師は、追い切りで最後までしっかり動いていたし、デキ自体は上向いている。ただちょっとずつ慣れてはきているけど、まだ1000万の流れに戸惑っている感じで、自分の競馬が出来ておらず、もう少し前に行けないと駄目だと思う。今回は減量を起用し、変わり身に期待してみる、と話しています。
04/05/13≪今週の出走馬≫
日曜日・京都12R (D1,800m・16頭) 54s 岩崎
04/05/13≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12B重  80.7-65.4-51.1-38.4-11.8 (9)一杯
04/05/12
Bコースでキャンターの調整で、12日に追い切られています。今週はダートで追われましたが、動きも最後までしっかりして良化傾向にあるそうで順調です。今週日曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
04/05/11≪今週の出走予定馬 5/11現在≫
日曜日の京都、D1,800m
04/05/05
先週7着でした。外から押して上がっていき、6、7番手で1コーナーを通過すると、前で飛ばす先団4頭からは少し離れた中団の前寄りを進みましたが、3コーナー過ぎには前との差もなくなり、一団となって4コーナーを回りました。ところが直線で内を突こうとしたところ、前が狭くなる不利を被りましたが、立て直して追い出されてからはまたジリジリ伸びて差を詰めています。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走ではもう一つ、スムーズな競馬をさせて貰えなかったのが痛かったけど、徐々に走りっぷりも良くなってきているので、まともに走ればもっとやれると思う。次は減量を乗せて平場を使ってみる、と話しています。来週日曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
04/05/04≪先週のレース結果≫
京都12R 桃山特別(D1,800m)
       シルクデスペラード  7着
04/05/01≪5/2(日)の出走情報≫
京都12R 桃山特別(混)(D1,800m)
16頭8枠15番 57kg 本田     発走16:20
まだ絶好調とはいきませんが、休み明けを叩かれつつ調子は上向きで、追い切りでも大外をしっかりと追われています。調教助手は、まずまずいいデキになってきたし、このクラスでも通用すると思っている馬なので、上手く流れに乗る事が出来れば前進は可能な筈。このあとクラス替えで若馬と一緒になれば経験も生きてくるだろうし、使いやすくなると思う、と話しています。
04/04/29≪今週の出走馬≫
日曜日・京都12R(桃山特別・16頭)57kg 本田
04/04/29≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25CW良  13.1 馬也
28CW重  83.6-67.7-53.4-40.2-13.4 (9)一杯
04/04/28
CWコースでキャンターの調整で、25日にも軽く時計を出すと、出走に向けて28日に追い切られています。中間もきっちり攻め馬を積んで、いい意味で変わり無く順調にきており、今週日曜日の京都、桃山特別に出走を予定しています。
04/04/27≪今週の出走予定馬 4/27現在≫
日曜日の京都、桃山特別
04/04/21
CWコースでキャンターの調整です。調教助手は、今週までじっくりやって、週末から時計を出していく。疲れは無く、徐々に動きが良くなってきているので、もう少し体が絞れてくれば力を出してくれると思う、と話しており、来週日曜日の京都、桃山特別を目標にしています。ただ来週土曜日の新潟、中ノ岳特別にも一応登録はしておくそうです。
04/04/14
先週7着でした。外でまずまずのスタートを切ったものの、行きっぷりがもう一つで、後方3番手で1コーナーを通過すると、道中も終始後方を進む格好となり、馬群の後ろに付けたまま直線を迎えました。直線で外を追われるとジリジリと差を詰め、5着辺りとは差が無いところまで追い上げ、一塊りとなってゴールしていますが、上位の馬には及びませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教助手は、まだ本来の良かった頃に比べると、動きがもっさりしていたみたいだけど、徐々に良くはなってきているし、その内何とかなると思う。それに前走は少し後ろから行きすぎで、もう少し前で競馬をしないとこの馬の形にはならない、と話しています。次走については今のところ、5月2日の京都、桃山特別を予定しています。
04/04/12≪先週のレース結果≫
阪神10R 姫路特別 (D1,800m)
       シルクデスペラード  7着
04/04/09≪4/10(土)の出走情報≫
阪神10R 姫路特別(混)(D1,800m)
15頭8枠14番 57kg 本田     発走15:10
間隔が詰まっているものの、変わり無く順調で、攻め馬も意欲的に追われており、調教助手は、追い切りでは馬場が悪かったけど、最後までしっかり走り、動きは悪くなかった。徐々に力強さが出てきているし、クラスに慣れてくればやれると思う。欲を言えばもう少し体が絞れ、背肉が取れるといい。今回は手慣れた本田騎手だし、前走以上を期待したい、と話しています。
04/04/08≪今週の出走馬≫
土曜日・阪神10R (姫路特別・15頭) 57kg 本田
04/04/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4CW重  43.2-12.6 (9) 強め
7CW稍  82.1-65.5-52.2-39.4-13.2 (9) 一杯
04/04/07
CWコースでキャンターの調整で、4日にも時計を出すと、7日に追い切られています。間隔が詰まっていますが、中間も疲れや調子落ちは見られず順調で、予定通り今週土曜日の阪神、姫路特別への出走を目指しています。
04/04/06≪今週の出走予定馬 4/6現在≫
土曜日の阪神、姫路特別
04/03/31
先週6着でした。大外から五分に飛び出し、5番手で1コーナーを通過すると、道中はそのまま中団の前々でレースを進めました。そして勝負どころから外を回って差を詰めていき、前から一塊りとなった4、5番手で直線を迎えると、終い追われてからもバテずに渋太い走りを見せているものの、前で粘る上位の馬に迫る勢いはありませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、使った後も変わりないので、また来週の阪神を予定している。使う毎に1000万のペースにも慣れてきていると思うし、その内、十分通用する様になるだろう。今は落ち着きも出て、気性が大人になってきており、以前と違って走る方に集中してきている、と話しています。来週土曜日の阪神、姫路特別に出走を予定しています。
04/03/29≪先週のレース結果≫
阪神10R 四国新聞杯(D1,800m)
       シルクデスペラード  6着
04/03/27≪3/28(日)の出走情報≫
阪神10R 四国新聞杯(混)(D1,800m)
12頭8枠12番 57kg 熊沢     発走14:50
久々を使われた反動無く順調に乗り込まれ、デキも良化傾向にあり、調教師は、追い切りはいつも通りといった感じで動きは良かった。1度使った分、上昇してきており、上積みは期待出来るだろう。前走も久々の割には内容のあるレースだったし、1000万のペースに慣れてくれば、その内に走ってくれると思う。頭数も少なそうだし、頑張って欲しい、と話しています。
04/03/25≪今週の出走馬≫
日曜日・阪神10R(四国新聞杯・12頭)57s 熊沢
04/03/25≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24CW重  82.8-67.2-53.4-40.1-13.0 (9)一杯
04/03/24
CWコースでキャンターの調整で、24日に追い切られています。頭数なども考慮して検討した結果、今週日曜日の阪神、四国新聞杯の方を使う事が決まっており、久々を叩かれた分、デキも上向いてきています。
04/03/24≪今週の出走予定馬 3/24現在≫
日曜日の阪神、四国新聞杯
04/03/23≪今週の出走予定馬 3/23現在≫
日曜日の阪神、四国新聞杯か、日曜日の中京、伊勢特別
04/03/17
先週9着でした。ほぼ横一線のスタートから中団の馬込みで1コーナーを通過すると、道中も終始馬群中程の8番手辺りを追走し、そのまま前から一塊りとなって直線を迎えました。そして直線で外目に持ち出し追われてからも、この馬なりに頑張って食い下がっていますが、前残りの展開で差が詰まらず、最後は同じ様な脚色となってゴールへ流れ込んでいます。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走の結果は久々と、少し太めと、クラスも上がっていたので、仕方がない。ただ思っていたよりは頑張って、今後が楽しみな内容だったと思う、と話しており、次走については今のところ、中1週で、来週日曜日の阪神、四国新聞杯か、来週日曜日の中京、伊勢特別のどちらかを予定しています。
04/03/15≪先週のレース結果≫
阪神12R 吹田特別 (D1,800m)
       シルクデスペラード  9着
04/03/12≪3/13(土)の出走情報≫
阪神12R 吹田特別(混)H(D1,800m)
15頭3枠5番 55kg 北村浩平   発走16:20
休み明けとなるものの、上々の仕上がりを見せており、調教助手は、追い切りは除外の事もあるので終い重点にやったが、いい動きをしていた。馬体にも太め感は無く、いい具合に仕上がっていると思うし、これなら久々でも十分力は出せるだろう。熊沢騎手に頼んでいたけど都合がつかず、今回も北村騎手に乗って貰うが、この馬の癖をよく知っており、上手く乗ってくれる筈、と話しています。
04/03/11≪今週の出走馬≫
土曜日・阪神12R (吹田特別・16頭) 55kg 北村浩平
04/03/11≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7CW重  59.1-44.3-14.2 (9) 馬也
10CW稍  81.5-65.7-51.6-38.9-13.2 (9) 一杯
04/03/10
CWコースでキャンターの調整で、7日にも時計を出すと、復帰に向け10日に追い切られています。除外される事も考慮し目一杯には追われていないものの、ほぼいい感じの仕上がりとなってきており、入れば力を出せるデキにあるそうです。今週土曜日の阪神、吹田特別に出走を予定しています。
04/03/09≪今週の出走予定馬 3/9現在≫
土曜日の阪神、吹田特別
04/03/04≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW重  45.2-13.7 (7) 馬也
3CW重  83.5-67.6-53.3-39.8-12.8 (9) 一杯
04/03/03
CWコースでキャンターの調整で、26日、29日、3日と時計を出しています。調教師は、来週目標に仕上げに掛かっているが、追う毎に動きも素軽くなってきているし、いい具合に進んできている、と話しており、来週土曜日の阪神、吹田特別に出走を予定しています。
04/02/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26CW稍  84.2-68.6-54.2-40.8-13.3 (9) 馬也
04/02/25
CWコースでキャンターの調整で、先週19日から時計を出し始めると、今週は26日に追われる予定です。調教師は、この馬に合う番組が3週目までないので、それに合わせて仕上げる事にするが、今は落ち着きも戻り、いい感じに乗れている、と話しています。3月13日の阪神、吹田特別で復帰を目指しています。
04/02/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19CW良  42.3-14.0 (8) 馬也
04/02/18
山下牧場で調整を続けていましたが、当初予定した通り入れ替える事が決まり、14日に栗東へ帰厩すると、到着後も変わり無くCWコースでキャンターの調整を始めています。調教師は、戻ったばかりで少し気の悪い面を見せているが、牧場でもしっかりと乗り込んで貰っていたので、これならもう1、2週内には使える目処が立つと思う。クラスが上がってメンバーも強くなるが、この馬もまだまだ良くなってくると思う、と話しています。
04/02/13≪最新情報≫
14日に栗東へ帰厩する予定です。
04/02/11
山下牧場でダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。帰厩に備え順調に乗り込みを進めており、変わりありません。ただ帰厩に関しては厩舎で出すつもりの馬が予定通り使えなかった事もあり、もう1、2週先になる見込みです。
04/02/04
山下牧場でダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。状態などに変わり無く、予定通りピッチも上げて仕上げを進める様にしており順調です。調教師からは、小倉が終わったら出そうと思う馬がいて、それと入れ替えに戻そうかと考えている、と話しがあり、帰厩が早まりそうな方向です。
04/01/28
山下牧場でダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。調教師の指示で3月の帰厩を目標に乗り込みを進めていますが、爪の状態にも変わりは無く順調です。来月に入ったらもっと強めていく事になっています。
04/01/21
山下牧場でダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。調教師は、1月中には戻すつもりで考えていたが、爪はまだ完璧とまではいかず乗り込みも足りないので、戻すのは3月頃にしようと思う。その頃にはもう爪も大丈夫だろうし、乗り込みも十分にこなしている筈、と話しています。
04/01/14
山下牧場でダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。調教師の確認に備えて順調に乗り込みを進めており、変わりありません。爪の方も順調に伸びてきています。
04/01/07
山下牧場でダク2,200mとキャンター3,000mの調整です。爪の回復は順調で帰厩に向けてしっかりと乗り込みを続けており、変わりありません。下旬辺りにはまた調教師が確認する事になっています。
03/12/24
山下牧場でダク2,200mとキャンター3,000mの調整です。変わり無く乗り込みを続けており、調教師は、馬を見てきたが、あと1cm位伸びれば爪は元に戻る感じで、それ以外馬体に問題無く、状態も良さそうだった。向こうは暖かいから爪が伸びるのが本当に早く、この調子なら1月中には戻せると思う。それに砂浜の調教だと負担が掛からず痛みも無いみたいだから、これからどんどん乗り込んでいって貰う、と話しています。
03/12/17
山下牧場でダク2,200mとキャンター3,000mの調整です。爪の具合も落ち着いて変わり無く乗り込みを続けており順調です。近い内に調教師が確認に訪れ、帰厩時期などを打ち合わせる事になっています。
03/12/10
山下牧場でダク2,200mとキャンター3,000mの調整です。ペースとしてはまだ無理せず25秒から30秒の間位ですが、距離を延ばして毎日乗り込む様にしており、爪にも変わりは見られず順調です。
03/12/03
山下牧場でダク2,200mと軽めのキャンターの調整です。爪がだいぶ伸びてきた為、調教師とも話し合って調整を進める様になっており、牧場長は、あともう少し伸びれば爪は完璧だが、こちらは暖かいのでそう時間は掛からないと思う。状態自体は良く、爪以外に問題となるところはない、と話しています。
03/11/26
山下牧場でウォーキングの調整です。引き続き軽め中心のメニューで馬体調整しながら爪が延びるのを待つ様にしており、変わりはありません。
03/11/19
山下牧場でウォーキングの調整です。爪の回復を優先していますが、毎日20分前後、軽く動かして馬体や体調の維持を図る様にしており、変わりありません。
03/11/12
予定通り6日に鹿児島県の山下牧場へ放牧されると、到着後はパドックに出しゆっくりさせていましたが、今週から軽めの運動をやらせる様になっています。調教師は、爪が伸びるのに時間が掛かったとしてもせいぜい3ヵ月位だと思うので、年が明けたら様子を見て戻し、2回京都辺りから使っていこうと考えている、と話しています。
03/11/07≪最新情報≫
6日に鹿児島県の山下牧場へ放牧されています。
03/11/05
先週優勝しました。外で五分のスタートを切り、先団5頭を見る格好で1コーナーを回りましたが、道中は終始余裕のある手応えで追走し、向正面辺りから徐々に前との差を詰めに掛かると、単独3番手まで上がって4コーナーを回りました。そして満を持して追い出された直線では、先行した2頭の間を割って楽に差し切り、断然の人気に応えています。レース後、大きな変わりは無いものの、右前脚の爪を痛めてしまっている為、調教師の指示で6日に鹿児島県の山下牧場へ放牧される事になりました。調教師は、前日に何かを踏んだみたいで、右前の爪の裏が傷ついて痛んでいたから、特殊な丸い鉄を履かせてレースに臨んだのだが、レース中に落鉄してしまった。それでも強い勝ちっぷりだったし、使った後も反動は見られないが、万全に爪を治してから1000万を使っていきたいので、一旦放牧して爪が伸びるのを待つ事にしたい、と話しています。
03/11/04≪先週のレース結果≫
京都6R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  1着
      単勝 11番 150円 ワイド11−12 2,280円
      複勝 11番 110円    7−11 320円
      枠連8−8 8,290円 3連複7−11−12 20,540円
      馬連11−12 7,860円
      馬単11−12 10,480円
03/11/01≪11/2(日)の出走情報≫
京都6R 500万下(父)(D1,800m)
12頭8枠11番 55kg 北村浩平   発走12:45
中1週となりますが追い切りもしっかり消化し、前走時のデキを維持しています。調教助手は、前走後も反動無く順調で、いいデキにある。今度は1キロ重くなるが、前走では気の悪い面を出して酷く内にモタれていたので、終いしっかりしてくれればもっと走れる筈。メンバーも前走とあまり変わらないみたいだし、連勝を期待している、と話しています。
03/10/30≪今週の出走馬≫
日曜日・京都6R (D1,800m・12頭) 55s 北村浩平
03/10/30≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW良  82.6-66.7-52.7-39.3-12.8 (8) 一杯
03/10/29
CWコースでキャンターの調整で、29日に追い切られています。レース間隔が詰まっているものの、疲れなど見られず元気一杯で、動きもキビキビしており、今週日曜日の京都、ダート1,800mの父内国産馬限定戦に出走を予定しています。
03/10/29≪今週の出走予定馬 10/29現在≫
日曜日の京都、D1,800m(父)
03/10/22
先週優勝しました。好スタートから4、5頭横並びとなった2番手の一角で1コーナーを回り、好位4番手辺りでレースを進めましたが、積極的に動き早くも3コーナーで先頭の外に並び掛けると、4コーナー手前では単独先頭に躍り出ました。そしてそのまま早めのスパートで2番手以下を2、3馬身引き離す格好で直線を向き、逃げ込みを図ると、最後は勢い良く追い込んできた後続に際どく詰め寄られたものの、何とかハナ差凌いでいます。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。騎乗した北村騎手は、手応えも良かったし何とかなると思って早めに仕掛けたが、追い出してからは内にササりっぱなしで、札幌で使った時よりも酷かった。ただ使った後は変わり無いから、中1でまた(父)を使う事になると思う、と話しており、来週日曜日の京都、ダート1,800mの父内国産馬限定戦を予定しています。
03/10/20≪先週のレース結果≫
京都7R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  1着
      単勝 10番 340円 ワイド10−16 210円
      複勝 10番 120円    2−10 620円
      枠連5−8 530円 3連複2−10−16 2,690円
      馬連10−16 530円
      馬単10−16 980円
03/10/17≪10/18(土)の出走情報≫
京都7R 500万下(混)(D1,800m)
16頭5枠10番 54kg 北村浩平   発走13:25
中間も変わり無く、中2週開けて順調に乗り込まれ、好調を維持しており、調教師は、馬場が悪かったせいで追い切りでは時計が掛かってしまったが、動きとしては悪くないものだったし、レースにいけばこの馬の力は出せる。前走では久々の輸送で少し気負い過ぎていたが、1度使った事で慣れてくるだろうし、今度は何とかなると思う、と話しています。
03/10/16≪今週の出走馬≫
土曜日・京都7R (D1,800m・16頭) 54s 北村浩平
03/10/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15CW重  85.4-69.4-55.0-41.3-13.6 (8) 一杯
03/10/15
CWコースでキャンターの調整で、15日に追い切られています。馬場が渋った影響で、追い切りの時計は平凡なものとなっていますが、デキ自体に問題無く順調で、今週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/10/14≪今週の出走予定馬 10/14現在≫
京都競馬、D1,800mの番組
03/10/08≪今週の出走馬≫
シルキーステージとシルクデスペラードは、共に状態などに変わり無いものの、今週の登録は見送り、今週の出走を目指す事になっています。
03/10/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9CW良  84.6-68.9-53.4-39.3-12.4 (8)馬也
03/10/08
CWコースでキャンターの調整です。調教助手は、今度はもう少し落ち着いてくるだろうし、前走みたいな事は無いと思う。並ぶと渋太いのに、一気に離されるとフワッとして駄目になり、その辺りが課題だが、近い内に勝機はあると思う、と話しています。ただ9日に追い切られ、動きに問題は無かったものの、検討の結果、今週の登録は見送り、来週の京都を目指す事になっています。
03/10/08≪今週の出走予定馬 10/8現在≫
シルクデスペラードは9日に追い切る予定で、その動きや追った後の状態を見てから、今週登録するかどうかを決める事になりました。
03/10/07≪今週の出走予定馬 10/7現在≫
シルクデスペラードは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
03/10/01
先週3着でした。大外から五分のスタートを切って3番手の外に付け、そのまま好位の外目でレースを進めると、道中の手応えも余裕十分で、前2頭をぴったりマークしたまま4コーナーを回りました。そして直線早々には1頭交わして2番手に上がり前を追いましたが、先に抜け出していた勝馬の脚色が衰えず、差を詰めるのに手こずると、逆にゴール寸前で後続に差されてしまいました。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教助手は、これまでと環境が変わった為か、前走はパドック前からイレ込んでしまい、落ち着きが無かった分、スタミナがもたなかった感じだ。元々終いの甘いところはあっても、まともならあそこまで離されないと思う、と話しています。次走については状態を見て中1週か2週でまた使っていく事になっています。
03/09/29≪先週のレース結果≫
阪神7R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  3着
      複勝 9番  110円 3連複2−7−9 1,000円
      ワイド7−9 230円 2−9 180円
03/09/26≪9/27(土)の出走情報≫
阪神7R 500万下(父)(D1,800m)
9頭8枠9番 57kg 熊沢     発走13:25
上旬に帰厩した後はここを目標に乗り込まれ、十分力を出せるデキとなっており、調教助手は、休み明けの格好になるが移動する為の放牧だったし、緩めずしっかりと乗り込んできているので心配無い。それに今週追い切った動きも良く、これなら勝ち負けになると思う。(父)限定で頭数も手頃だし、自信を持ってレースに臨みたい、と話しています。
03/09/25≪今週の出走馬≫
土曜日・阪神7R (D1,800m・9頭) 57s 熊沢
03/09/25≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21CW重  58.4-41.6-13.2 (7) 馬也
24CW稍  85.6-70.0-55.5-40.1-12.4 (8) 一杯
03/09/24
CWコースでキャンターの調整で、21日にも時計を出すと、出走に向け24日に追い切られています。動きもなかなか良く力を出せるデキとなっており、予定通り今週土曜日の阪神、ダート1,800mの父内国産馬限定戦への出走を目指しています。
03/09/24≪今週の出走予定馬 9/24現在≫
土曜日の阪神、D1,800m(父)
03/09/18≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17CW良  85.4-68.8-54.3-40.2-13.7 (8)強め
03/09/17
CWコースでキャンターの調整で、17日に時計を出しています。今週除外狙いの登録はせず、来週土曜日の阪神、ダート1,800mの父内国産馬限定戦への出走を目指しています。調教助手は、問題無く順調で、来週やれば十分仕上がると思う。レースは熊沢騎手に頼んでいる、と話しています。
03/09/10
予定通り4日に栗東へ帰厩すると、到着後も変わり無く順調で、CWコースでキャンターの調整を行っています。調教師は、戻ってすぐに乗り出して動きもしっかりしており、今週末から時計も出していくつもりだ。今のところ3週目の(父)を考えているが、頭数次第では来週から入れていくかもしれない、と話しています。
03/09/05≪最新情報≫
4日に栗東へ帰厩しています。
03/09/03
加藤ステーブルで調整を続けていましたが馬房の都合がついた為、2日に栗東へ向けて出発しており、4日に帰厩予定です。到着後は阪神での出走を目指し、仕上げていきます。
03/08/27
先週2着でした。最内からスタート良く飛び出し、2番手で1コーナーを回りましたが、向正面で後続が早めに仕掛けてきて前に出られ、一旦4、5番手に下がると、勝負どころでは前が邪魔になって動けず、前との差が開いてしまいました。外に持ち出して直線入り口で3番手まで巻き返し、先に抜け出した勝ち馬を追うと、直線は良い伸びを見せて詰め寄りましたが、あと一歩及びませんでした。レース後は順調で変わりは見られないものの、馬房の都合で26日に加藤ステーブルへ放牧されており、調教師は、早ければ来週にでも栗東へ戻し、今度は阪神で使っていきたい、と話しています。
03/08/25≪先週のレース結果≫
札幌6R 500万下(D1,700m)
      シルクデスペラード  2着
      複勝 1番 110円 ワイド1−2 300円
      枠連1−2 580円    1−6 530円
      馬連1−2 600円 3連複1−2−6 1,810円
      馬単2−1 1,580円
03/08/22≪8/23(土)の出走情報≫
札幌6R 500万下(父)(D1,700m)
13頭1枠1番 54kg 北村浩平   発走12:45
使われた反動無く調子は上向いてきており、調教師は、前走は内にモタれながら走っていたし、内でずっと我慢していた分、ゴチャついて抜け出すのに手間取ってしまった。馬体増には太めもあったが成長分もあり、前よりも体は良くなっている。丁度(父)もあるので連闘させるが、1度叩いた今回はやってくれる筈、と話しています。
03/08/21≪今週の出走馬≫
土曜日・札幌6R(D1,700m・13頭)54kg 北村浩平
03/08/20
先週4着でした。ポンとスタート良く飛び出して2、3番手の内に付けると、道中は前から一塊りとなった先団4、5頭の一角でレースを進めました。ところが4コーナーですぐ前にいた逃げ馬がバテて邪魔となり仕掛けが遅れ、追い比べとなった直線も久々の分、競り負けてしまいましたが、それでもジリジリと伸びて詰め寄ると、それ程差の無いレースを見せています。レース後は順調で、札幌のダートコースでキャンターの調整です。休み明けを使われた反動は全く見られない為、連闘で入れていく事が決まり、今週土曜日の札幌、ダート1,700mの父内国産馬限定戦に出走を予定しています。
03/08/20≪今週の出走予定馬 8/20現在≫
土曜日の札幌、D1,700m(父)
03/08/19≪今週の出走予定馬 8/19現在≫
シルクコンプリート、シルクデスペラード、シルキーパンチ、シルクトライ、シルキージュノー、シルクブイメンも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
03/08/18≪先週のレース結果≫
札幌7R 500万下(D1,700m)
      シルクデスペラード  4着
03/08/15≪8/16(土)の出走情報≫
札幌7R 500万下(D1,700m)
13頭4枠5番 54kg 北村浩平   発走13:15
休み明けでびっしり追われたのは実質今週の1本だけとなりますが、かなり速い 時計になるなど、上々の動きを見せており、調教師は、放牧明けになるが、牧場 でもしっかり乗り込んで貰っていたし、今週の追い切りの動きも良く、これなら きっちり力は出せると思う。それに500万クラスなら力上位にあり、勝ち負け を期待している、と話しています。
03/08/14≪今週の出走馬≫
土曜日・札幌7R (D1,700m・13頭) 54kg 北村浩平
03/08/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10札ダ不 57.7-43.8-14.0 (8)馬也
13札ダ稍 63.9-50.4-38.3-13.2 (8)一杯先着
03/08/13
札幌のダートコースでキャンターの調整で、10日にも軽く時計を出すと、13日に追い切られています。追い切りは併せ馬でしっかり追われて先着し、時計も速く、もう使える態勢にあり、今週土曜日の札幌、ダート1,700mに出走を予定しています。
03/08/13≪今週の出走予定馬 8/13現在≫
土曜日の札幌、D1,700m
03/08/12≪今週の出走予定馬 8/12現在≫
札幌競馬(番組は未定)
03/08/06
加藤ステーブルで調整を続けていましたが、調教師の指示で6日に札幌競馬場へ入厩しています。調教師は、牧場でも結構乗って貰っていたし順調なら開幕週から入れていきたい、と話しており、来週の札幌を目標に仕上げる事になっています。
03/07/30
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。今週も3ハロンから15−15の調教をきっちりこなすなど、札幌での出走を目標に順調に乗り込まれており、変わりはありません。
03/07/23
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。札幌での復帰を目標に順調に乗り込みを進めており、15−15の調教も付けられる様になっています。
03/07/16
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。心配するところも無く順調にピッチを上げて乗り込みを進めると、飼い葉は良く食べていて体調の良さが窺えます。
03/07/09
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。元気良く状態も安定し、徐々にピッチを上げながら乗り込みを進めており順調です。
03/07/02
加藤ステーブルでダクと軽めのキャンターの調整です。ダク中心のメニューで段々距離を延ばしていくと、今週からキャンターも乗り出しており、このまま調整を進めていきます。
03/06/25
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整を続けていましたが、確認した調教師の指示で先週末から乗り運動へ切り替えています。今後は札幌の頭から使える様に徐々にピッチを上げて乗り込んでいく予定です。
03/06/18
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整です。毎日マシンの運動だけをやらせながら良化を促す様にしており、変わりはありません。近々調教師が確認に訪れ、指示を出す事になっています。
03/06/11
加藤ステーブルでパドックに出してゆっくりさせていましたが、調教師の指示で軽くササ針を行いました。以後は馬房で少し休ませていたものの、今週からウォーキングマシンの調整を始めており、このまま暫くマシンの調整を続ける予定です。
03/06/04
予定通り30日に北海道の加藤ステーブルへ移動すると、到着後はパドック放牧を行っています。暫くはこのままゆっくりさせて状態の回復を図り、問題無くなれば調整を進めていく予定です。
03/05/30≪最新情報≫
30日に北海道の加藤ステーブルへ移動しています。
03/05/28
CWコースでキャンターの調整を続け、大きな変わりは無いものの、動きがもう一つの為、予定を変更して一旦放牧する事が決まり、30日に北海道の加藤ステーブルへ移動を予定しています。調教師は、以前腹帯の傷が出来ていたせいか、前脚の出が良くない。おそらくかばって軽い筋肉痛になったのだと思う。それでもこのまま使おうと思えば使える位にあるが、ここは無理せず早めに北海道で一息入れさせ、良くなれば函館へ連れてくる事にしたい、と話しています。
03/05/21
CWコースでキャンターの調整です。調教師は、函館が始まる2週前位に移動させ、仕上げは向こうでやるつもりだ。それまではじっくりとやっていくが、競馬を使ってきた馬だし、問題無く仕上がるだろう、と話しています。
03/05/14
引き運動の調整を続けていましたが、擦れた部分が治まって乗れる様になり、今週からCWコースで普通に調教を付けられています。調教師は、休ませてはいないから状態に変わりは無いが、次は函館まで待って使っていこうと思う。丁度1ヵ月位開いていいリフレッシュになるだろうし、輸送の馬体減りを心配する必要もない。それに函館の最初の方はメンバーもあまり揃わない筈、と話しています。
03/05/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4CW良  59.6-44.0-14.2 (7)馬也
03/05/07
4日にもCWコースで時計を出すなど、今週の京都を目標に乗り込みを進めていましたが、腹帯を締めるところが擦れて皮膚が荒れ、馬が気にしている為、出走は見送る事になりました。以後は引き運動に切り替えており、調教師は、結構レースを使ってきたので、ここで一息入れてもいいが、今とても調子が良く、勝利も目の前だから、少し様子を見てどうするかを決めたい、と話しています。
03/05/07≪今週の出走予定馬 5/7現在≫
シルクデスペラードは腹帯を締めるところが擦れて気にしている為、今週の出走は見送る事になりました。
03/05/06≪今週の出走予定馬 5/6現在≫
日曜日の京都、D1,800m
03/05/01≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30CW重 84.6-68.6-54.2-40.6-13.1 (8)馬也
03/04/30
CWコースでキャンターの調整で、30日に時計を出しています。調教師は、来週予定なので今週は馬なりでやったが、引き続きいい状態で、何とか次辺りで決めて欲しい、と話しています。来週日曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/04/23
先週2着でした。最内から出鞭も入れて先手を奪いにいくと、1コーナーで単独2番手に上がってそのまま先行しましたが、3コーナー過ぎには内から逃げ馬を交わして先頭に立ち、前2頭で後続との差を4、5馬身に広げて直線を向きました。しかし直線では一旦2番手に下がった馬にまた外から並ばれ、差し返されてしまったものの、後続の追い上げはきっちり抑えています。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、この馬なりに時計も詰めて内容も良かったが、また相手が悪かった。ただ崩れる事もないしもう順番待ちだろう、と話しています。次走については今のところ、5月11日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/04/21≪先週のレース結果≫
阪神8R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  2着
      複勝 1番 130円 ワイド1−13 190円
      枠連1−8 430円    1−3 270円
      馬連1−13 450円 3連複1−3−13 680円
      馬単13−1 920円
03/04/19≪4/20(日)の出走情報≫
阪神8R 500万下(D1,800m)
      14頭1枠1番 57kg 本田
      発走13:45
中間も変わり無く好調をキープし、追い切りは水曜日にCWコースで行っています。調教助手は、霧で見えなかったかもしれないが、とてもいい走りっぷりで、動きは前走時の追い切りよりも更に良くなっていた。全く疲れも見せず使う毎にデキが上向いてきている感じだし、今回はメンバーを見ても抜けた馬はいなさそうだから、馬のデキからいって今度こそはという気持ちだ、と話しています。
03/04/17≪今週の出走馬≫
日曜日・阪神8R(D1,800m・14頭)57kg 本田
03/04/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16CW良 霧の為、計測不能
03/04/16
CWコースでキャンターの調整で、16日に追い切られています。霧の為、追い切りの時計が計測出来なかったものの、動きは前走使う前よりも良かったそうで、引き続き好調を維持しています。今週日曜日の阪神ダート1,800mに出走を予定しています。
03/04/15≪今週の出走予定馬 4/15現在≫
日曜日の阪神、D1,800m
03/04/09
先週2着でした。外枠からなかなかスタート良く飛び出し、丁度中ほどの7、8番手の外に馬体を併せてレースを進めると、勝負どころでそのまま外を通って差を詰めていき、4コーナーでは先団に取り付きました。そして直線を向いたところで4、5頭が横並びの追い比べになると、勝馬には先に抜け出されて敵わなかったものの、最後までしっかりした伸び脚を見せて単独2番手に上がり、そのまま後続の追い上げを抑えています。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、普通なら勝っておかしくないレースだったが、勝った相手が抜けていたので仕方ない。使った後は変わらず順調だし、また中1週で入れていくつもりだ。同じメンバーなら勝ち負けだろう、と話しています。来週日曜日の阪神、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/04/07≪先週のレース結果≫
阪神12R 500万下(D1,800m)
       シルクデスペラード  2着
       複勝 13番 160円 ワイド3−13 370円
       枠連2−7 430円     4−13 300円
       馬連3−13 890円 3連複3−4−13 1,100円
       馬単3−13 1,450円
03/04/04≪4/5(土)の出走情報≫
阪神12R 500万下(D1,800m)
       16頭7枠13番 57kg 本田
       発走16:20
前走では人気を裏切ったものの、中間も変わらず順調で、追い切りでもシャープな動きを見せ、好調を維持しています。調教助手は、追い出すとスッと反応して先週よりもいい動きだったし、動きからいっても良い状態にあると思う。前走は予想外の結果だったが、今回は乗り慣れた本田騎手に戻るし、調子も決して落ちていないので、巻き返しに期待している、と話しています。
03/04/03≪今週の出走馬≫
土曜日・阪神12R  (D1,800m・16頭)  57kg 本田
03/04/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2CW良  85.6-69.8-54.8-40.3-12.1 (9)一杯
03/04/02
CWコースでキャンターの調整で、2日に追い切られています。先週除外の影響無く、動きとしてはむしろ上向いてきているそうで、引き続き好調をキープしています。今週土曜日の阪神、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/04/02≪今週の出走予定馬 4/2現在≫
土曜日の阪神、D1,800m
03/04/01≪今週の出走予定馬 4/1現在≫
阪神競馬か福島競馬(番組は未定)
03/03/27≪今週の出走馬≫
シルクデスペラード、シルクモーメント、シルクギャラクシー、シルクエミネント、シルクピュアハートは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
03/03/27≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23CW良 60.9-43.4-13.9 (5)馬也
26CW不 83.4-67.8-53.4-40.2-12.9 (7)一杯
03/03/26
CWコースでキャンターの調整で、23日にも軽めの時計を出すと、26日に追い切られています。調子落ちは見られず、変わらず良いデキを維持しているそうで、予定通り今週土曜日の中京、ダート1,700mの父内国産馬限定戦を使う事になっています。
03/03/25≪今週の出走予定馬 3/25現在≫
土曜日の中京、D1,700mの父内国産馬限定戦
03/03/19
先週6着でした。最内からスタートダッシュ良く4番手に付けると、道中はそのまま好位の内でレースを進め、勝負どころでは他の馬の仕掛けに合わせて上がっていこうとしました。ところが反応が悪く、前との差をなかなか詰められないまま4コーナーを回ると、最内を追われた直線でも別馬の様に全く伸びを欠いて追い上げる事が出来ず、振るいませんでした。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。厩務員は、予想外の結果だったが、使った後も疲れや調子落ちは全く見られない、と話しており、次走については今のところ、来週土曜日の中京、ダート1,700mの父内国産馬限定戦を予定しています。
03/03/17≪先週のレース結果≫
中京9R 500万下(D1,700m)
      シルクデスペラード  6着
03/03/15≪3/16(日)の出走情報≫
中京9R 500万下(D1,700m)
      15頭1枠1番 54kg 北村浩平
      発走14:20
前走後は中京を目標に少し間隔を開けたものの、変わり無く順調に乗り込まれ、前走時のデキをキープしています。調教師は、先週除外された時点で体はもう十分に出来ていたので、今週は終いだけ気合いを付ける程度に追い切った。だから遅れは気にしなくていいし、動きも良く、好調を維持していると思う。気合いを表に出して体調面も申し分ないので、今回は減量の効果もあるだろうし、勝ち負けを期待している、と話しています。
03/03/13≪今週の出走馬≫
日曜日・中京9R (D1,700m・16頭) 54kg 北村浩平
03/03/13≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12CW重  83.0-67.0-52.5-39.2-12.6 (7)一杯遅れ
03/03/12
CWコースでキャンターの調整で、12日に追い切られています。予定していた先週の中京は除外されましたが、除外の影響は見られず以後も順調で、今週は併せ馬でしっかり追われ、良いデキを維持しています。引き続き今週日曜日の中京、ダート1,700mに出走を予定しています。
03/03/12≪今週の出走予定馬 3/12現在≫
日曜日の中京、D1,700m
03/03/11≪今週の出走予定馬 3/11現在≫
中京競馬、D1,700mの番組
03/03/06≪今週の出走馬≫
出走を予定していたシルキーティアラ、シルキーステージ、シルクデスペラード、シルクアンジェリカ、シルクファビュラス、シルクピュアハートは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
03/03/06≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2CW不  46.1-14.4 (9)馬也
5CW不  84.5-68.6-54.3-40.7-12.4 (8)一杯
03/03/04≪今週の出走予定馬 3/4現在≫
土曜日の中京、D1,700mの父内国産馬限定戦
03/03/03
CWコースでキャンターの調整です。調教師は、問題無く乗り込んで引き続き好調をキープしている。週末に15−15程度をやって来週ビシッと追えば、いい状態で使えるだろう、と話すと、2日には予定通り軽く時計となる調教を付けられており順調です。今週土曜日の中京、ダート1,700mの父内国産馬限定戦に出走を予定しています。
03/02/24
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。当初連闘での登録を予定していたものの、調教師から、走りに影響するものでは無いが、多少ソエ気味になってきているので、無理せず中京まで待つ事にする、と話しがあり、先週の登録は自重しています。次走は来週土曜日の中京、ダート1,700mの父内国産馬限定戦を予定しています。
03/02/19≪今週の出走予定馬 2/19現在≫
シルクデスペラードは連闘での登録を予定していましたが、今週は自重して中京開幕週を目指す事になりました。
03/02/18≪今週の出走予定馬 2/18現在≫
土曜日の京都、D1,800m
03/02/17
先週2着でした。スタートでやや後手を踏み、道中は中団やや後ろの10番手辺りでレースを進めたものの、勝負どころで仕掛けると外を捲ってグングン差を詰め、4コーナーでは5番手まで上がって1番人気の馬の外へ馬体を併せました。そして直線は2頭で抜け出し叩き合いとなりましたが、相手が渋太く粘って譲らず、最後まで前に出る事は出来なかったものの、ゴール前で外から一気に迫った後続の追い上げはハナ差凌いでいます。レース後、特に不安は無い様で、連闘で今週土曜日の京都、ダート1,800mに登録予定となっています。
03/02/17≪先週のレース結果≫
京 都7R 500万下(D1,800m)
       シルクデスペラード  2着
       複勝 3番 110円 ワイド3−8 130円
       枠連2−4 220円    3−4 1,240円
       馬連3−8 240円 3連複3−4−8 2,420円
       馬単8−3 400円
03/02/14≪2/15(土)の出走情報≫
京都7R 500万下(D1,800m)
      16頭2枠3番 56kg 河内
      発走13:25
小倉に遠征した疲れも全く見られず順調で、気合いを付けてしっかり追い切られており、引き続き好調を維持しています。調教師は、時計自体はそんなに出ていないが、動きは良かった。小倉では馬体重を気にして結果が出せなかったが、また少し絞れていい具合になっている。仕上がりとしては申し分なく、ここでは力も上だと思うので、是非河内騎手に花を持たせたい、と話しています。
03/02/13≪今週の出走馬≫
土曜日・京都7R (D1,800m・16頭) 56kg 河内
03/02/13≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9CW重  44.0-13.8 (9)馬也
12CW不  84.1-67.7-52.5-39.1-12.6 (8)一杯
03/02/12≪今週の出走予定馬 2/12現在≫
土曜日の京都、D1,800m
03/02/10
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走は輸送を考慮し、余裕を残して馬体を作っていたが、絞りきれずに太めが残ってしまった。ただ使った後は変わらず調子もいい、と話しており、9日には軽く時計も出しています。今週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/02/03
先週3着でした。五分のスタートから前の方に付けようとしたものの行きっぷりがもう一つで、向正面では10頭位が一塊りとなった集団の一番後ろを押っつけながら追走していましたが、3コーナー辺りで追い上げに掛かると、しっかり反応して内から差を詰めていき、5番手まで上がって4コーナーを回りました。そして直線は馬群の間を割って良く伸び、前に迫っていますが、先に抜け出した前2頭を捕らえ切れませんでした。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、来週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/02/03≪先週のレース結果≫
小倉5R 500万下(D1,700m)
      シルクデスペラード  3着
      複勝 8番 120円 ワイド4−8 410円
                      8−11 600円
                  3連複4−8−11 4,160円
03/01/31(会報)
5日の京都で出走する事になり、調教師は「良かった頃の調子が戻ってきているから楽しみだ」とコメント。出脚は良かったものの無理に前の争いに加わらず控えて、中団の外目でレースを進めました。4角で大外を回り8番手辺りから追われると、直線は目立つ脚を使って3着。調教師は「まだモタれたり砂を被ると嫌がったりして、集中していないところがあるが、それでもあれだけやれるのだから、調子はいい頃に戻ってきていると思う」とコメント。中1週で18日の京都で出走。好スタートから行きたい馬を先に行かせて3、4番手に付けると、道中は楽な手応えでそのままラチ沿いを追走。直線入口で先行2頭の外へ持ち出すと、反応良く伸びて2番手に上がったものの、もう1頭に押し切られて2着。調教師は「いいレースをしたが相手が一枚上だった。次は中2週で京都の千八を目標にしたい」と話していましたが、相手関係等を考慮して急遽2月1日の小倉で出走予定となりました。
03/01/31≪2/1(土)の出走情報≫
小倉5R 500万下 (父)(D1,700m)
      15頭5枠8番 56kg 大西
      発走11:45
中間も変わり無く好調を維持しており、調教師は、来週の京都のつもりだったが、今週番組が無い分メンバーも揃いそうなので、小倉で使う事にした。小倉なら相手関係も楽だろうし、(父)ならまず勝てると思う。追い切りは気合いを付ける程度だったが、動き良く本来の姿に戻ってきているし、以前の様に集中力を欠く事も無くなってきて成長が窺える、と話しています。
03/01/30≪今週の出走馬≫
土曜日・小倉5R(D1,700m・15頭) 56kg 大西
03/01/30≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW重 86.6 69.5 54.3 40.0 12.5 (9)一杯
03/01/29≪今週の出走予定馬 1/29現在≫
土曜日の小倉、D1,700mの父内国産馬限定戦
03/01/27
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走はいいレースをしたが、相手が一枚上だった。変わらず具合はいいが適鞍が無いので、次は中2週でまた京都の千八を目標にしたい、と話しています。しかし相手関係などを考慮した結果、急遽予定を変更して今週の小倉で出走を目指す事が決まっており、今週土曜日の小倉、ダート1,700mの父内国産馬限定戦に出走予定です。
03/01/20
先週2着でした。内で好スタートを見せたものの、行きたい馬を先に行かせて3、4番手に付けると、道中は楽な手応えでそのまま好位の内ラチ沿いを追走しました。そして直線を向いたところで先行2頭の外へ持ち出して前を追うと、反応良く伸びて1頭交わし2番手に上がったものの、もう1頭の方は最後まで脚色が衰えず押し切られてしまい、断然の人気に応える事が出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様で、次走については中2週で2月9日の京都、ダート1,800mを予定しています。
03/01/20≪先週のレース結果≫
京都7R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  2着
      複勝 2番 110円 ワイド2−13 370円
      枠連1−7 610円     2−9 150円
      馬連2−13 1,060円 3連複2−9−13 1,030円
      馬単13−2 3,090円
03/01/17≪1/18(土)の出走情報≫
京都7R 500万下 混合(D1,800m)
      16頭1枠2番 56kg 河内
      発走13:25
ここのところ状態面もしっかりして間隔を詰めて使える様になり、中1週となりますが、ビッシリ追われて最後まで力強い動きを見せ、好調を維持しています。調教助手は、追い切りの動きからいっても、前走同様にいい状態にあると思う。それにレースでも安定して力を出せる様になってきているから、上手くはまれば勝ち負けになる筈で期待している、と話しています。
03/01/16≪今週の出走馬≫
土曜日・京都7R(D1,800m・16頭)56kg 河内
03/01/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16CW稍  85.2-68.0-52.6-38.9-12.2 (8)一杯
03/01/14≪今週の出走予定馬 1/14現在≫
土曜日の京都、D1,800m
03/01/13
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、まだモタれたり、砂を被ると嫌がったりして、レースに集中していないところがあるが、それでもあれだけやれるのだから、調子はいい頃に戻ってきていると思う、と話しています。今週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/01/07≪先週のレース結果≫
京都8R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  3着
      複勝 14番 330円 ワイド5−14 900円
                       7−14 5,990円
                    3連複5−7−14 35,940円
03/01/06
5日に出走し3着でした。外で五分のスタートを切り、出脚もなかなか良かったものの、無理に前の争いに加わらず控えると、中団の外目で終始レースを進めました。そして4コーナーで大外を回り、8番手辺りから追い出しにかかると、直線は目立つ脚を使って前に迫りましたが、惜しくも人気の勝馬を捕らえきれず、最後は後続の強襲も受けて僅かに交わされてしまいました。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、中1週で来週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/01/04≪1/5(日)の出走情報≫
京都8R 500万下 混合(D1,800m)
      16頭7枠14番 56kg 本田
      発走14:00
先月末に調教師は、ここに来て気合いが前に出る様になってきているし、体調面もとても良い、と話し、29日にも時計を出して予定通り3日に追い切られました。追い切り後、調教師は、時計の出にくい馬場だったのに思ったよりいい時計が出て、良化が窺える。良かった頃の調子が戻ってきているから楽しみだ、と話しています。
03/01/03≪今週の出走馬≫
5日・京都8R(D1,800m・16頭)56kg 本田
03/01/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW稍  53.2-38.8-12.5 (9)強め
3CW良   83.9-67.5-52.6-38.9-12.5 (8)一杯
02/12/26≪年明けの出走予定馬 12/26現在≫
5日の京都、D1,800m
02/12/25(会報)
前走後も疲れや反動など見られず順調で、中2週で最終週の出走を目指して調整を進めると、調子が更に上昇。そして18日の追い切り後、調教師は「併せてやったが動きも良く、勝った頃と同じ位のデキにはあると思う」と話し、予定通り登録を行いましたが除外されてしまいました。その為、次走については1月5日の京都、D1,800mを目指す予定です。
02/12/23
18日にCWコースで追い切られると、調教師は、併せてやったが動きも良く、勝った頃と同じ位のデキにはあると思う、と話していましたが、先週は除外されています。次走については1月5日の京都、ダート1,800mに出走予定です。
02/12/19≪今週の出走馬≫
シルクデスペラードは除外の為、年明けの出走予定となっています。
02/12/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15CW良 13.6 (8)馬也
18CW不 82.5-66.1-51.6-38.5-12.8 (6)一杯併入
02/12/17≪今週の出走予定馬 12/17現在≫
土曜日の中京、D1,700m
02/12/16
CWコースでキャンターの調整で、12日に終い重点に時計を出すと、なかなか反応の良い動きを見せています。そしてその後も15日に時計を出すなど、出走に向け順調に乗り込まれており、今週土曜日の中京でダート1,700mの番組を使う予定です。
02/12/12≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12CW良  54.2-39.5-11.9 (7)強め
02/12/11≪今週の出走予定馬 12/11現在≫
シルクデスペラードは来週の阪神か中京で出走を目指す事になりました。
02/12/10≪今週の出走予定馬 12/10現在≫
シルキーステージ、シルクデスペラード、シルキーラグーン、シルキーグルーヴ、シルクアピールも、動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
02/12/09
レース後も順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教助手は、使った後も反動や疲れは見られず、普通通り乗れているので、中1週か2週で入れていこうと思う、と話しており、今週の動きや状態を見てから、出走の予定を立てる事になっています。
02/12/02
先週4着でした。五分のスタートから序盤は中団の7、8番手に付けていたものの、向正面の中程を過ぎると外を通って早めに仕掛けていき、3コーナーで3番手の外に並び掛けました。そして3頭横並びとなった先頭の真ん中で直線を向くと、そのまま抜け出しに掛かりましたが、早めに動いた為か、終いの脚が甘くなって競り負けてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
02/12/02≪先週のレース結果≫
中京10R 沓掛特別 (D1,700m)
       シルクデスペラード  4着
02/11/30(会報)
予定通り10日の京都で出走する事になり、調教師は「馬体も回復し前走よりは走れると思う。ただ気持ちの方がまだあまり前向きではなく半信半疑だ」とコメント。行き脚が一息で前半はムチを入れて気合いを付けながら中団後ろを追走。勝負処で外から差を詰めて、丁度真ん中位の位置取りで4角を回り、ジリジリと伸びて5着。中2週で30日の中京で沓掛特別に出走する事に。厩務員は「気配が上昇して調教でも自分から行く気になっているから楽しみだ」と話し、本田騎手は「前走でも見所があったので今回はメンバー次第で面白いと思う」とコメント。序盤は中団の7、8番手に付けていたものの、向正面の中程を過ぎると外を通って早めに仕掛け、3角で3番手の外に並び掛けました。そして3頭横並びとなった先頭の真ん中で直線を向くと、そのまま抜け出しに掛かりましたが、早めに動いた為か終いの脚が甘くなって競り負け4着。レース後の特に不安は無い様ですが次走は未定です。
02/11/29≪11/30(土)の出走情報≫
中京10R 沓掛特別 混合(D1,700m)
       16頭4枠7番 55kg 本田
       発走15:00
使われながら良かった頃のデキに戻りつつあり、厩務員は、ここにきて気配が上昇し、普段の調教でも自分から行く気になっているから楽しみだ、と話しています。本田騎手は、前走でも見所があったので今回辺りはメンバー次第で面白いと思う。追い切りでの気合い乗りが増して追い出してからの反応も良かった、と話しています。
02/11/28≪今週の出走馬≫
土曜日・中京10R  (沓掛特別・16頭)  55kg 本田
02/11/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24CW良  60.8-42.3-13.9 (7)馬也併入
27DW稍  85.7-69.7-54.9-40.3-12.5 (9)一杯
02/11/26≪今週の出走予定馬 11/26現在≫
土曜日の中京、沓掛特別
02/11/25
CWコースでキャンターの調整で21日、24日と、時計を出しています。出走に向けてピッチを上げていますが、それに連れて動き、調子共に上向いてきており、今週土曜日の中京、沓掛特別に出走を予定しています。
02/11/21≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21CW良  85.5-67.9-54.2-41.0-13.1 (8)馬也
02/11/18
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、徐々にレース振りや動きが良くなってきているから、次辺りは楽しみだと思う、と話しており、次走については今のところ、来週の中京を予定しています。
02/11/11
先週5着でした。スタートはまずまずだったものの、行きっぷりがもう一つで、前半はムチを入れて気合いを付けながら、中団後ろを追走する展開となりましたが、勝負どころでは外から徐々に差を詰めていき、丁度真ん中位の位置取りで4コーナーを回りました。そして直線は先に抜け出した上位の馬に迫る勢いは無かったものの、ジリジリと伸び脚を見せて最後まで渋太く走っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
02/11/11≪先週のレース結果≫
京都6R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  5着
02/11/09≪11/10(日)の出走情報≫
京都6R 500万下 (父)(D1,800m)
      11頭7枠9番 55kg 本田
      発走12:40
間隔を開けてじっくり調整され、状態としては良化傾向で、本田騎手は、素直に動く様になっており、走り自体は悪くない。あとはひと叩きした事で、どこまでレース感が戻ってきているかだろう、と話しています。調教師は、馬体も回復し、休み明けだった前走よりは走れると思う。ただ前走時と同様、気持ちの方がまだあまり前向きではなく、その点が半信半疑だ、と話しています。
02/11/07≪今週の出走馬≫
日曜日・京都6R  (D1,800m・11頭)  55kg 本田
02/11/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6DW良  89.4-71.1-55.5-40.7-12.2 (9)一杯
02/11/05≪今週の出走予定馬 11/5現在≫
日曜日の京都、D1,800mの父内国産馬限定戦
02/11/04
CWコースでキャンターの調整で、31日に時計を出しています。追い切り後、調教師は、間隔を開けて馬体も戻ってきているし、馬なりで追ってみたが、反応良くいい動きをしていた、と話しており、予定通り今週日曜日の京都、ダート1,800mの父内国産馬限定戦を使う事になっています。
02/10/31(会報)
2日、6日と順調に時計を出して10日に追い切り、13日の京都で出走する事に。調教師は「きっちり仕上がって走れる状態にはあるから、あとは久々を克服出来るかどうかだ」と話し、本田騎手は「成長して落ち着きが出てきたのかもしれないが、以前に比べると気合い乗りがもう一つで何か物足りない気がする。ただ動き自体はなかなか良かった」とコメント。先団に付ける位の出脚を見せたものの無理せず控えると、道中は中団の後ろ辺りに付けて進めました。3角過ぎに外目に出し、4角でそのまま大外を追われましたが休み明けのせいか直線は伸びきれず9着。レース後は順調で、調教助手は「体が思ったよりも減っていたから今度は2、3週間開けるつもりだ。元気もあるしどこが悪いという訳ではないので立て直して巻き返したい」とコメント。CWで毎日長めから乗られ、調教師は「急に太るタイプではないが次は変わってきてくれると思う」と話して11月2週目の京都で出走予定です。
02/10/31≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31CW良  86.9-68.7-54.3-40.4-13.6 (6)馬也
02/10/28
CWコースでキャンターの調整です。時計になる様なところはおこなっていないものの、毎日長めからきっちり乗られており、調教師は、急には太るタイプではないし、京都2週目を目標に考えているが、次は変わってきてくれると思う、と話しています。来週日曜日の京都、D1,800mの父内国産馬限定戦に出走予定です。
02/10/21
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。次走の具体的な予定はまだ立っていないものの、調教助手は、久々だったが、体が思ったよりも減っていたから、今度は2、3週開けて使うつもりだ。元気もあるし、どこが悪いという訳ではないので、きっちり立て直して巻き返したい、と話しています。
02/10/15≪先週のレース結果≫
京都6R 500万下(D1,800m)
      シルクデスペラード  9着
02/10/14
先週9着でした。五分のスタートから先団に付ける位の出脚を見せたものの、無理せず控えると、道中は中団の後ろ辺りに付けてじっくりレースを進めました。そして3コーナー過ぎに外目に持ち出して仕掛けていき、4コーナーではそのまま大外を回って追い出されましたが、休み明けのせいか、直線は思ったほど伸びきれず、前との差を詰める事が出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、馬体減りしていた為、次走については今のところ、中2週程度開けて使う予定となっています。
02/10/12≪10/13(日)の出走情報≫
京都6R 500万下 混合(D1,800m)
      16頭5枠10番 55kg 本田
      発走12:30
放牧明けとなりますが順調に乗り込まれ、調教師は、きっちり仕上がって走れる状態にはあるから、あとは久々のハンデを克服出来るかどうかだ、と話しています。本田騎手は、気性が成長し落ち着きが出てきたのかもしれないが、以前に比べると気合い乗りがもう一つで、何か物足りない気がする。ただ動き自体は追い出すとスッと反応して先着したし、なかなか良かった、と話しています。
02/10/10≪今週の出走馬≫
日曜日・京都6R  (D1,800m・16頭)  55kg 本田
02/10/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6CW良  57.1-41.0-13.1 (9)馬也
10CW良  82.0-66.8-52.5-39.4-12.7 (9)馬也先着
02/10/08≪今週の出走予定馬 10/8現在≫
日曜日の京都、D1,800m
02/10/07
CWコースでキャンターの調整で、2日、6日と時計を出しており順調です。調教助手は、動きも馬なりでいい感じだったし、あとは直前に追えば十分仕上がると思う、と話しており、今週日曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
02/10/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2CW重  84.0-68.5-54.6-40.5-13.1 (7)馬也併入
02/09/30(会報)
加藤ステーブルで調整を続けていましたが、調教師の指示で栗東へ戻して復帰を目指す事になり、13日に帰厩。そして以後は10月の京都を目標に仕上げに掛かると、放牧前と比べ気性の成長が窺えるそうで、26日には時計も出し始めており、月末に調教助手は「動きもなかなか良く、順調にきている。ふらふらしながらでも勝ち上がった馬だし、これでまともに走るようになればかなり楽しみだ」とコメント。京都2週目に復帰を予定。
02/09/30
CWコースでキャンターの調整で、26日に時計を出しています。来週の京都を目標に仕上げを進めており、調教助手は、動きもなかなか良く、変わらず順調にきている。ふらふらしながらでも勝ち上がった馬だし、これでまともに走るようになればかなり楽しみだ、と話しています。
02/09/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26CW良 74.1-57.3-42.0-12.6 (7)馬也
02/09/23
Bコースでキャンターの調整です。調教助手は、これから速いところを出し始めてどうかだが、今のところ順調で、放牧前より気性も成長し大人になった感じだ、と話しています。復帰戦については京都の2週目辺りを目標にしています。
02/09/16
加藤ステーブルで調整を続けていましたが、予定通り13日には栗東へ帰厩しました。到着後は変わり無く、Bコースで乗り出しており、今後は10月の京都を目標に仕上げを進めていく事になっています。
02/09/09
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。予定通りペースを上げ、速いところを出し始めるなど順調で、調教師の指示で今週中に栗東へ帰厩し、復帰を目指す事になりました。
02/09/02
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。確認した調教師から、状態には問題無いから仕上げに掛かるようにして欲しい、と指示が出た為、今週から速いところをおこなっていく事になりました。
02/08/31(会報)
加藤ステーブルで調整中。じっくりと乗り込みながら良化を促すと、下旬に牧場長は「体には張りが出てきて、毛艶もいいから、もう状態面に問題は無い。ただ元気がいい日があるかと思えば、ボーとして元気のない日もあるから、もう少し様子を見る事にしたい」とコメント。しかし月末には調教師が確認し仕上げに掛かるよう指示しており、これからペースを上げ速いところを出していく事になりました。
02/08/26
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。牧場長は、体には張りが出てきて、毛艶もいいから、もう状態面に問題は無い。ただ元気がいい日があるかと思えば、ボーとして元気のない日もあるから、もう少しじっくり乗って様子を見ていく事にしたい、と話しています。
02/08/19
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。毎日20秒前半位ペースで乗り込みを続けながら良化を促しており、変わりはありません。
02/08/12
加藤ステーブルでダクとキャンターの調整です。特に変わりは無く、先週は25秒前後のラップで調教を付けられています。
02/08/05
加藤ステーブルでダクと軽めのキャンターの調整です。変わり無くじっくりと乗りながら馬体の回復を促しています。
02/07/31(会報)
加藤ステーブルでパドック放牧を続けていましたが、獣医の許可が出た為、上旬からウォーキングマシンの調整を始めると中旬には軽めに乗り出し、以後少しずつ調整を進めています。月末に確認した調教師は「だいぶ状態は元に戻ってきたが、夏バテだった影響で背中の筋肉が落ちてしまっている。もう暫くじっくりと乗り込んで馬体に幅が出てきてから、仕上げに掛かる様にさせたい」とコメント。
02/07/29
加藤ステーブルでダクの調整も続けていましたが、確認した調教師の指示でキャンターも乗り出しています。調教師は、だいぶ状態は元に戻ってきたが、夏バテだった影響で、背中の筋肉が落ちてしまっている。もうしばらくじっくりと乗り込んで、馬体に幅が出てきてから、仕上げに掛かる様にしたい、と話しています。
02/07/22
加藤ステーブルでダクの調整です。乗り出した後も変わりは無く、距離を延ばしながら毎日じっくり調教を付けられています。
02/07/15
加藤ステーブルでウォーキングマシンの調整をおこなっていましたが、運動を始めた後も変わりは見られない為、予定通り軽めの乗り運動へ切り替えています。ただすぐには進めていかず、しばらくは軽め中心のメニューで様子を見る事になっています。
02/07/08
加藤ステーブルでパドック放牧を続けていましたが、獣医の許可が出た為、ウォーキングマシンの調整を始めています。このまま少しマシンの運動を続けてみても問題無い様なら、軽めの乗り運動へ切り替える予定です。
02/07/01
加藤ステーブルで放牧休養中です。毎日ゆっくりさせて良化を促していますが、獣医の許可が出ればウォーキングマシン程度の運動を始めさせる事になっています。
02/06/30(会報)
2日に時計を出し、調教助手は「中2週開くしソエも悪くなっておらず、予定通り仕上げてレースを迎えられると思う」と話して、9日の中京で出走する事に。調教を付けた本田騎手は「今回はいつもより真面目に走りいい動きだった。能力はあるのでレースで真面目に走れば楽しみだ」とコメント。外から上がっていって向正面で好位に付け、3角では2番手まで上がりました。そのまま逃げ馬をマークして4角を回りましたが、仕掛けが早かった為か直線は思った程伸びず4着。レース後は特に問題ありませんでしたが14日に加藤Sへ放牧。調教師は「少し夏バテ気味の様だから涼しい所で一息入れよう。状態が上向いたら札幌を目標に進めたい」とコメント。獣医が状態をチェックしたところ、疲れが抜けておらず、夏バテの影響からかやや不整脈にもなっているから、まだ運動は始めず様子を見た方がいい、と話しがあった為、しばらくはパドック放牧を続けて良化を促す予定となりました。
02/06/24
加藤ステーブルで放牧休養中です。獣医に状態のチェックをして貰ったところ、使ってきた疲れが抜けておらず、夏バテの影響からやや不整脈にもなっているから、まだ運動は始めず様子を見た方がいい、と話しがありました。その為、しばらくはこのままパドック放牧を続け、良化を促す事になりました。
02/06/17
レース後も特に馬体などに問題はありませんでしたが、調教師の指示で14日に北海道の加藤ステーブルへ放牧されました。調教師は、使ったあと、少し夏バテ気味になっている感じだから、無理せず涼しいところで一息入れさせようと思う。状態が上向いてきたら札幌を目標に乗り込みを進めさせたい、と話しています。
02/06/10
先週4着でした。外から上がっていって向正面に入ると好位に取り付き、3コーナーでは2番手まで上がりました。そしてそのまま逃げ馬をマークする形で4コーナーを回りましたが、やや仕掛けが早かった為か、直線は思ったほど伸びきれず、後続に外から交わされてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
02/06/10≪先週のレース結果≫
中京7R 3歳500万下(D1,700m)
      シルクデスペラード   4着
02/06/08≪6/9(日)の出走情報≫
中京7R 3歳500万下 混合(D1,700m)
      16頭8枠15番 55kg 本田
      発走13:25
引き続き好調を維持しており、調教を付けた本田騎手は、少し物見をしたりするところはあったが、それでも今回はいつもより真面目に走り、いい動きだった。能力はあるのでレースでも真面目に走りさえすれば楽しみだ、と話しています。厩務員は、ちゃんと走ってくれるかどうかが不安だが、2週開けて状態もいいし、ここでも通用する筈だから期待している、と話しています。
02/06/06≪今週の出走馬≫
日曜日・中京7R(D1,700m・16頭)55kg 本田
02/06/06≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2CW良  73.5-56.3-40.9-12.8 (8)馬也
5CW良  81.2-66.6-51.7-38.2-12.3 (8)一杯
02/06/04≪今週の出走予定馬 6/4現在≫
日曜日の中京、D1,700m
02/06/03
CWコースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。調教助手は、中2週開くしソエも悪くなっておらず、予定通り仕上げてレースを迎えられると思う、と話しており、今週日曜日の中京、ダート1,700mに出走を予定しています。
02/05/31(会報)
9日にEコースで調教再審査を受けて合格し、本田騎手は「審査では前を行く馬を直線追い上げ、交わして前に出たところで走りが一瞬フワッとしたが、ムチを入れるとまたまっすぐ伸びた。少し気を抜く癖があるのかもしれないが、この分ならレースでも大丈夫だと思う」とコメント。18日の中京で出走する事に。調教師は「まだ多少ソエ気味だがレースに支障ない程度だし乗り役には今回ハナ差ぐらいで勝つよう云っておいた」とコメント。内から出脚良く上がって先団に付け、向正面では2番手の外に併せていたものの3角では早くも先頭に並び掛けました。そのまま直線も持ったままで追い出しを遅らせていましたが、直線半ばで気合いを付けると楽に抜け出し優勝。本田騎手は「調教と全く同じ感じで、まだ6、7割位しか本気を出して走っていない。ただ上のクラスにいけばこの馬にペースが合う様になり、もっときっちり走れると思う」とコメント。次走は中京最終週を予定しています。
02/05/27
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。本田騎手は、前走は調教と全く同じ感じで、まだ6、7割位しか本気を出して走っていない。ただ次から上のクラスにいけば、この馬にペースが合う様になり、もっときっちり走れるんじゃないかと思う、と話しています。次走については来週日曜日の中京、ダート1,700mを予定しています。
02/05/20
先週優勝しました。内から出脚良く上がっていくと先団に付け、向正面で2番手の外に併せていたものの、3コーナーでは早くも先頭に並び掛けました。そのまま直線を向いてからも持ったままで、追い出しを遅らせていましたが、直線半ば辺りで気合いを付けると楽に抜け出し、ゴール前ではまた抑える余裕を見せています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、中京最終日のD1,700mを目標にしています。
02/05/20≪先週のレース結果≫
中京2R 3歳未勝利(D1,700m)
      シルクデスペラード  1着
      単勝 3番 120円 ワイド1−3 560円
      複勝 3番 100円     3−6 290円
      枠連1−2 760円
      馬連1−3 1,220円
02/05/17≪5/18(土)の出走情報≫
中京2R 3歳未勝利 (父)(D1,700m)
      16頭2枠3番 55kg 本田
      発走10:30
やや間隔が開いたものの調子落ち無く順調で、調教を付けた本田騎手は、道中自分から行こうとせずフワフワ走っていたが、いざ追い出すと反応良くいい動きを見せた。ソエの方も乗っている分には気にならない、と話しています。調教師は、まだ多少ソエ気味だがレースに支障ない程度だし、乗り役には今回ハナ差ぐらいで勝つよう云っておいた、と話しています。ブリンカーを着用して出走します。
02/05/16≪今週の出走馬≫
土曜日・中京2R (D1,700m・16頭)  55kg 本田
02/05/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15CW良  83.1-67.7-52.8-38.6-12.2 (8)一杯
02/05/15≪今週の出走予定馬 5/15現在≫
土曜日の中京、D1,700mの父内国産馬限定戦
02/05/14≪今週の出走予定馬 5/14現在≫
土曜日の中京、D1,700mの父内国産馬限定戦
02/05/13
CWコースでキャンターの調整で、9日にEコースで調教再審査を受けると、合格しています。本田騎手は、審査では前を行く馬を直線追い上げ、交わして前に出たところで走りが一瞬フワッとしたが、そこからムチを入れるとまたまっすぐ伸びた。少し気を抜く癖があるのかもしれないが、この分ならレースでも大丈夫だと思う、と話しています。今週土曜日の中京、ダート1,700mの父内国産馬限定戦に出走予定です。
02/05/09≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2CW重  54.3-39.1-12.0 (7)馬也先着
9E良   84.6-68.2-53.2-39.2-13.4 (6)一杯先着
      調教再審査合格
02/05/06
CWコースでキャンターの調整で、2日に併せ馬で時計を出しています。調教を付けた本田騎手は、乗ってもソエは気にならなかったし、動きも悪くなかった。ただ今度の再審査はEコースで受ける事になるが、雨が降ったりしたら下が固くなるところだから、脚元の事を考えると、雨は降って欲しくない、と話しています。次走については今のところ、来週土曜日の中京、ダート1,700mの父内国産馬限定戦に出走を予定しています。
02/04/30(会報)
7日に阪神で出走する事になり、本田騎手は「先週の追い切りでは多少フワッとしたりして集中していない面があったが、それに比べると今週は文句ない動きだった。それに一度使った上積みも感じられるし、気を抜かずに走れば勝ち負けだ」とコメント。大外から行きっぷり良く上がっていき3番手に付けると、道中は楽に先団の外目を追走。そのまま直線を向き、馬なりのまま先頭に立ったものの追われてからはまた内にササってしまい、惜しくもゴール寸前で交わされ2着。また直線で斜行した為調教再審査となり、調教師は「相手に併せながら追い出しはギリギリまで遅らせる予定だったのに、この馬の能力が高くて持ったままで抜け出してしまったのが誤算だった」とコメント。京都の2週目を目標に調整を進めましたが、ソエを気にする様になった為、間隔を開けて京都最終週を目標にする事になりました。ソエを考慮してじっくり乗り込んでおり出走前に調教再審査を受ける予定です。
02/04/29
CWコースでキャンターの調整です。ソエを考慮しじっくりと乗り込みを続けており、現時点ではまだ具体的な目標は立てていないものの、今週中には1度、時計になるところをやってみる予定です。そして追った後も問題無い様なら来週調教再審査を受け、合格すれば出走の予定を立てる事になっています。
02/04/22
CWコースでキャンターの調整です。今週の出走を目標に調整を進めていましたが、ここにきてややソエを気にする様になった為、調教師は、まともならすぐ勝てる馬だし、無理せず少し間隔を開け、ソエが落ち着くのを待ちたい、と話しています。今のところ次走については、京都の最終週辺りを予定しています。
02/04/15
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走では相手に併せながら追い出しはギリギリまで遅らせる予定だったのに、この馬の能力が高くて、持ったままで抜け出してしまったのが誤算だった。再審査に受かれば京都の2週目には使えるから、その間、ブリンカーなど色々と試して次走に備える事にしたい、と話しています。来週の京都を目標にしています。
02/04/08
先週2着でした。大外から行きっぷり良く上がっていき3番手に付けると、道中は楽に先団の外目を追走していきました。そのまま直線を向き、馬なりのまま先頭に立ったものの、そこから追い出されてからはまた内にササってしまい、惜しくもゴール寸前で交わされています。レース後、特に不安は無い様ですが、また直線で斜行した為、調教再審査となっており、次走については今のところ未定です。
02/04/08≪先週のレース結果≫
阪神4R 3歳未勝利(D1,800m)
      シルクデスペラード  2着
      複勝 16番 190円 ワイド15−16 840円
      枠連8−8 1,800円    2−16 1,010円
      馬連15−16 2,080円
02/04/06≪4/7(日)の出走情報≫
阪神4R 3歳未勝利(D1,800m)
      16頭8枠16番 55kg 本田
      発走11:05
前走後はここを目標に順調に乗り込まれ、今週の追い切りでは3頭併せの真ん中に入れても気の悪い面を見せずにしっかりと走っています。調教を付けた本田騎手は、先週の追い切りでは多少フワッとしたりして集中していない面があったが、それに比べると今週は文句ない動きだった。それに1度使った上積みも感じられるし、気を抜かずに走れば勝ち負けだ、と話しています。
02/04/04≪今週の出走馬≫
日曜日・阪神4R(D1,800m・16頭)55kg 本田
02/04/04≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31CW良  58.4-42.4-14.3 (7)馬也
3CW良   80.5-65.0-50.8-37.5-12.2 (6)一杯先着
02/04/02≪今週の出走予定馬 4/2現在≫
日曜日の阪神、D1,800m
02/04/01
CWコースでキャンターの調整で、27日、31日と時計を出しました。27日の追い切りでは予定通り本田騎手に調教を付けて貰っており、本田騎手は、動きも良かったし、間違いなく好勝負になる、と話しています。今週日曜日の阪神、ダート1,800mに出走予定です。
02/03/31(会報)
阪神の芝戦を除外され、再投票で9日のダート戦でデビューする事に。速い追い切りは少ないものの力を出せる仕上がりで、調教師は「ここにきて調子もかなり上向いて初戦から結構期待出来そうだ。芝の方が良さそうな走りをしているが、ダートもこなせると思う」とコメント。スタートで出鞭を入れたものの行き脚が一息で中団からの競馬となりましたが、徐々に差を詰めて3角過ぎには先行馬のすぐ後ろに付けました。そして2番手で4角を回ると直線は逃げ馬との叩き合いに競り勝ち先頭に立ちましたが、直後に急に内側に斜行して進路を妨害。その為、先頭で入線したものの3着に降着となりました。レース後は順調で、調教師は「連闘も考えたが、違う騎手でまた悪い面を出したら今後は確実に再審査になるから、本田騎手が乗れるまで待つ」と話し、次走は阪神3週目を目標にする事に。27日の追い切りに乗った本田騎手は「動きも良かったし間違いなく好勝負になる」と話しています。
02/03/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24CW良 59.9-43.8-13.9 (7)馬也
27CW重 82.5-67.2-52.8-39.1-13.1 (8)強め先着
02/03/25
CWコースでキャンターの調整で、24日に時計を出しています。来週の阪神を目標に調整を進めており、調教師は、馬体自体に変わりは無いし、攻め馬でも気の悪いところは見せておらず、今のところ順調だ。次は本田騎手に調教を付けて貰おうと思う、と話しています。
02/03/18
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、状態に問題無いし連闘も考えたが、違う騎手に乗り替わってまた悪い面を出したら、今度は確実に再審査をくらってしまうから、本田騎手が乗れる様になるまで待つ事にする、と話しており、今のところ次走については阪神3週目のD1,800mの番組を予定しています。
02/03/13≪今週の出走予定馬 3/13現在≫
シルクデスペラード、シルクバウンサーは状態に問題ありませんが、今週の登録は自重する事になりました。
02/03/12≪今週の出走予定馬 3/12現在≫
シルクマジェスティ、シルクデスペラード、シルクバウンサーも今週の動きや状態次第で、出走の可能性があります。
02/03/11
先週3着でした。スタートで出鞭を入れ追われたものの、行き脚がもう一つで中団からの競馬となりましたが、徐々に前との差を詰めに掛かると、3コーナーを過ぎたところでは先行馬のすぐ後ろに取り付きました。そして2番手で4コーナーを回り追い出されると、直線は逃げ馬と馬体を併せての叩き合いから競り負かし先頭に立ちましたが、その直後に内にササって急に斜行し、進路を妨害してしまいました。その為、先頭でゴールしたものの、降着の裁定が下り、3着に着順変更となっています。レース後、特に不安は無い様で、まだはっきりした事は決まっていませんが、今週の状態次第では連闘する可能性もあります。
02/03/11≪先週のレース結果≫
阪神3R 3歳新馬 (D1,800m)
      シルクデスペラード  3着
      複勝 2番 710円 ワイド2−8 3,670円
                      2−4 1,650円
02/03/08≪3/9(土)の出走情報≫
阪神3R 3歳新馬 混合(D1,800m)
      12頭2枠2番 55kg 本田
      発走10:55
阪神の芝のレースを除外され、再投票でここへの出走が決まり、速い追い切りはまだ少ないものの、力を出せる仕上がりです。調教師は、ここにきて調子もかなり上向いて追い切りでの終いの伸びも良く、これなら初戦から結構期待出来そうだ。芝の方が良さそうな走りをしているので芝を使ってみたかったが、ダートもこなせると思う、と話しています。
02/03/07≪今週の出走馬≫
土曜日・阪神3R(D1,800m)55kg 本田
02/03/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3CW良 46.3-14.4 (6)馬也
6CW不 84.2-67.8-53.5-39.8-12.7 (6)一杯併入
02/03/06≪今週の出走予定馬 3/6現在≫
土曜日の阪神、芝1,600mか、日曜日の中京、芝1,200m
02/03/05≪今週の出走予定馬 3/5現在≫
今週の動きや状態次第では、シルクレガード、シルクルシファー、シルクマーヴェル、シルクマジェスティ、シルクデスペラードが出走する可能性があります。
02/03/04
CWコースでキャンターの調整で、27日、3日と時計を出しています。調教師は、終い重点で追ってみたが、自分からやる気を出していい感じで伸びていた。悪いところもなく順調にきているし、目標を決めず仕上がった時点でレースを使う事にしたい、と話しています。今週の動き次第では出走の可能性もあります。
02/02/28(会報)
ゲートにはかなり手こずってしまいましたがスタートも上手く切れる様になってきた為、15日にゲート試験を受けると問題無くこなし合格しました。以後コンスタントに時計を出しながら仕上げに掛かっており、27日の追い切り後、調教師は「終い重点で追ってみたが自分からやる気を出していい感じで伸びていた。悪いところもなく順調にきているし、目標を決めず仕上がった時点でレースを使う事にしたい」とコメント。
02/02/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24CW良  44.2-13.4 (7)馬也
27CW良  70.8-54.5-39.5-12.5 (7)馬也併入
02/02/25
CWコースでキャンターの調整で、20日、24日と時計を出しています。調教助手は、調教では自分からハミを取って走ろうとするし、順調にきており、あと1、2本追えば出走の予定が立つと思う、と話しています。
02/02/21≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15E良  (ゲート)12.2-12.5-14.7 強め
20CW良 76.8-59.5-44.6-14.2 (7)馬也
02/02/18
CWコースでキャンターとゲート練習のメニューで調整を続け、練習でなかなかスタートも上手く切れる様になってきた為、15日にゲート試験を受けたところ、問題無くこなし合格しています。これから速いところをやる事になっていますが、馬体は今まで十分に乗り込んできて、ほぼ仕上がり掛かっているので、近い内に出走の予定が立ちそうです。
02/02/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14E良  (ゲート)14.2 馬也
02/02/11
CWコースでキャンターとゲート練習のメニューで調整を続けています。素直にゲートに入る様になった為、先週からはスタートを切る練習に移っていますが、試験の予定が立つまでにはもう少し掛かりそうです。
02/02/04
CWコースでキャンターとゲート練習のメニューで調整を続けています。先週はゲートの中で馬体を縛り20分間ほどそのままにすると、その後は大人しくゲートに出入りする様になっており、調教助手は、馬ももう懲りて悪さはしないと思う。このまま進めて、早く試験が受けられる様にしたい、と話しています。
02/01/31(会報)
中旬頃から急にゲート入りを嫌がる様になってしまい、その後は調教場所を変え気分転換を図ったり、乗り役も替えるなど、色々試したものの悪くなる一方で、ゲートの中では暴れる寸前という状況になりました。しかし、月末にゲートの中で馬体を縛り20分間程そのままにすると、以後は大人しくゲートに出入りする様になっています。調教助手は「馬ももう懲りて悪さはしないと思う。早く試験が受けられる様にしたい」とコメント。
02/01/28
CWコースでキャンターとゲート練習のメニューで調整を続けています。まだゲートにはかなり手こずっており、調教師は、乗り役も替えながらやっているのだが、ゲートで扉を閉めると、脚を上げたりして暴れる寸前だ。あまり長く手こずっていると癖になってしまうから、早くなんとかしたい、と話しています。
02/01/21
CWコースでキャンターとゲート練習のメニューで調整されています。調教師は、ゲートにまだ手こずっているから、馬の気分を変える為に、ウッドでじっくり乗る様にしたが、仕上がりかけてる位の状態にはある。試験にさえ受かればすぐにでも目処が立つだろう、と話しています。
02/01/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14CW良  58.1-41.7-13.7 (5)一杯遅れ
02/01/14
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習を続けており、14日にはCWコースで軽めに時計も出しています。調教師は、乗り込むに連れ馬体、状態共に良くなってきているが、最近ゲートで手こずる様になり、以前はスッと入っていたのに、ここのところ入るのを嫌がる。順調なら次の開催で使う事も考えていたが、これでは無理だから阪神辺りを目標にやっていく。ただ動きはとても良くなっているし、期待できる馬だと思う、と話しています。
02/01/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂良  57.4-41.5-14.4 馬也先着
02/01/07
ゲート練習中心に調教を積みながら、坂路コースでキャンターの調整も続けています。状態良く30日、7日と併せ馬で時計を出し、そろそろ試験を受ける目処も立ってきており順調です。
02/01/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30坂良  55.7-41.4-14.2 強め併入
01/12/27≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23坂   59.7-44.1-14.3 馬也併入
01/12/24(会報)
天栄でしっかり乗り込んで、7日に調教師の指示で栗東へ入厩しています。到着後も状態に変わり無く、翌日から角馬場で乗り出し、順調に坂路にも出してキャンターの調整とゲート練習を進める。23日には軽く時計も出しており、調教師は「今のところとても順調で、ゲートも指示通り素直に出入りしているし、全く問題無い」とコメント。下旬頃にはゲート中心の調教に切り替え、早く試験の目処を立てていく事になっています。
01/12/24
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習を続けており、23日には軽く時計も出しています。調教師は、今のところとても順調で、ゲートも指示通り素直に出入りしているし、全く問題無い、と話しています。今週からはゲート中心の調教に切り替え、早く試験の目処を立てる事になっています。
01/12/17
馬名が シルクデスペラード に決まりました。坂路コースでキャンターの調整とゲート練習も始めています。調教師は、牧場でも良く乗り込んでいた様で、坂路を真っ直ぐに駆け上がり、集中力もある。ゲートも問題無さそうだ、と話しています。
01/12/10
天栄ホースパークで順調に乗り込まれ、7日には予定通り栗東の田所秀孝厩舎に入厩しました。到着後も状態に変わり無く、翌日から角馬場で乗り出しておりこのままデビューに向け調整を進めていきます。
01/12/03
天栄ホースパークでダク2,600mとキャンター2,400mの調整です。先週も2度坂路コースで4ハロンを15−15程度の調教をこなすなど変わり無く順調で、今週栗東へ入厩予定となりました。
01/11/30(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mの調整中です。順調に状態面が上向きトラックコースでは長めからじっくり乗り、坂路でも4Fを15−15程度のペースで調教をつけられるなど、気合いをつけて終い2Fを13秒台のラップも出す。牧場長は「坂路で併せてビシッと追うととても力強い走りをしているから、このまま乗り込んで更に馬体をしっかりさせたい」とコメント。
14.6 15.7 14.2 13.4 (天栄HPなどの育成場でマークした11月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:466kg
01/11/26
天栄ホースパークでダク2,600mとキャンター2,400mの調整です。順調に乗り込みを進めており、先週は2度坂路コースで4ハロンを15−15程度の調教をこなすなど、終いをしっかり気合いをつけて乗られています。
01/11/19
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター2,800mの調整です。先週は1度坂路コースで4ハロンを56秒9の時計で乗られ、終い2ハロンを13秒台のラップも出すなど、しっかり調教をつけられています。
01/11/12
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター3,000mの調整で、引き続きトラックコースで長めから20秒前半で乗り、坂路では4ハロンを15−15程度の調教をこなすなど、気合いを入れて終い14秒前後のラップも出しています。
01/11/05
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター3,600mの調整です。先週からしっかりペースを上げてトラックコースでは長めから乗られ、3ハロンを15−15程度の調教をこなすなど、順調に状態面は上向いてきています。
01/10/31(会報)
天栄で放馬の際に外傷を負った箇所の腫れがなかなか引かない為、獣医の診察を受けたところ、血管が切れて血が溜まっている事が分かり血を抜いて回復を図る。ただ状態面などには不安も無く元気一杯で、中旬頃から軽めの乗り運動を再開し、月末には24秒程度のラップで乗られる。牧場長は「大分状態も上向いてきているから、しっかり進めていきたい」とコメント。
25.7 24.9 21.6 22.7 (天栄HPなどの育成場でマークした10月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:476kg
01/10/29
天栄ホースパークでダク4,000mとキャンター3,600mの調整です。まだ24〜25秒程度の軽めの調教メニューですが、長めからじっくり乗られており、運動後も状態などに変わりありません。
01/10/22
天栄ホースパークの馬房で脚元の外傷部分の回復を図っていましたが、順調に良化が窺えてきた為、今週から軽めの乗り運動を始めています。様子を見て近い内に軽めのキャンターの調整も進めていく予定です。
01/10/15
天栄ホースパークの馬房で引き続き右後脚の外傷部分の回復を待っていますが、状態面に不安は無く元気一杯です。
01/10/08
天栄ホースパークで様子を見て乗り始める予定でしたが、外傷部分の腫れが引かない為、獣医に診てもらったところ、血管が切れて多少血が溜まっている事が分かり血を抜いて回復を図っています。しばらくは馬房でゆっくりさせていく事となっています。
01/10/01
無理せず引き運動の調整で様子を見ていますが、今週から軽く乗り始める予定となっています。
01/09/30(会報)
順調に調整を進めていましたが中旬頃に熱発して少し楽をさせた影響か、馬が煩くなり運動の際に放馬し馬体に外傷を負う。ケガの程度は大したもので無かったが、右後脚の膝の部分に腫れが残っている為、大事を取って引き運動で様子見る。
馬体重:474kg
01/09/24
軽めの乗り運動を始める予定でしたが、放馬の際、外傷を負った右後脚の膝の部分の腫れがまだ残っている為、大事を取って引き運動の調整で様子を見ています。
01/09/17
先週の初め頃に熱発を起こし少し楽をさせたせいか、馬が煩くなってしまい、週末の運動の際に放馬してしまい馬体に外傷を負ってしまいました。ケガの程度は大したものでないそうで、歩様にも問題無い為、今週中には軽めの乗り運動を再開する予定となっています。
01/09/10
63秒4(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)
01/09/03
66秒0(同上)
01/08/31(会報)
ダク2,400mとキャンター2,400mの調整中。状態に変わり無く15−15程度の調教をこなしており、一度だけ終いを13秒台で乗られる。牧場長は、反応はとても鋭く併せた馬は付いていくのに精一杯だ、とコメント。
17.8 17.6 16.4 13.6 (天栄HPなどの育成場でマークした8月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:455kg
01/08/27
65秒4(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)で、週に2本坂路コースで15−15程度の調教をこなし順調です。
01/08/20
66秒5(同上)
01/08/13
65秒5(同上)
01/08/06
ダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、引き続き15−15程度で乗られており先週は終いを13秒台で乗られています。
01/07/31(会報)
ダク2,400mとキャンター2,400mの調整中。急に立ち上がったり少し煩い面を見せていましたが問題無く解消され、状態に変わり無く月末には15−15程度の調教をつけられ順調。このまましっかり仕上げを進める。
19.1 19.1 19.1 19.6 (天栄HPなどの育成場でマークした7月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:455kg
01/07/30
ダク2,400mとキャンター2,400mの調整で坂路で15−15程度で乗り込まれ、トラックでも17〜18秒程度のラップで調教をつけられており順調です。
01/07/23
76秒9(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)
01/07/16
78秒2(同上)
01/07/09
82秒6(同上)
01/07/02
65秒3(同上)
01/06/30(会報)
ダク2,400mとキャンター3,000mの調整中。引き続き坂路コース中心に乗り込みを続けており、順調に状態面は上向き仕上がりが進んでいます。下旬には15秒を切る程度のラップで調教をつけられしっかり進める。
18.1 16.1 14.5 16.3 (天栄HPなどの育成場でマークした6月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:449kg
01/06/25
65秒0(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)
01/06/18
75秒5(同上)
01/06/11
69秒0(同上)
01/06/04
76秒2(同上)
01/05/31(会報)
ダク1,800mとキャンター3,000mの調整中。疲れは取れ状態は上向いてきており、徐々に調教量を増やしながらペースを上げています。しばらくは坂路中心に乗り込む事となり、1F20秒位のラップで乗られ順調。
20.3 20.2 19.1 19.0 (天栄HPなどの育成場でマークした5月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:441kg
01/05/28
78秒6(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)
01/05/21
87秒7(同上)で、このまま状態を見ながら進めていく事になっています。
01/05/14
ダク1,200mとキャンター1,800mの調整で、運動後も状態に変わり無い為、徐々にペースを上げながら進めていく予定となっています。
01/05/07
状態が良化してきた為、軽めの調整を始めています。
01/04/30(会報)
先月末からの疲れが取れ無い為、大事を取って無理せず運動を控えて放牧を続けながら馬体の回復を図っています。好調時には順調に乗り込みを進めていましたので、仕上げには手間取らない状態にあり、焦らず上向いてくるのを待ちます。
馬体重:436kg
01/04/30
引き続き、放牧休養中です。
01/04/23
疲れが出てきた為、無理せず放牧しながら馬体の立て直しを図っています。
01/03/31(会報)
ダク4,000mとキャンター2,400mの調整で中旬頃には坂路で1F17〜18秒のラップで乗られ順調な仕上がりを見せていましたが疲れが出たため少しペース落とす。
体高:154cm 胸囲:178cm 管囲:20.5cm 馬体重:436kg
01/02/28(会報)
天栄の坂路コースで1ハロン22〜23秒程度のキャンターをこなし、自らハミを取って気合い乗り十分。馬体は少し小柄だが状態面に問題は見られず、早めの仕上がりが期待できそう。
馬体重:433kg
01/01/31(会報)
屋内コースでダク1,800mと軽めのキャンター1,200mの調整で、1月24日に天栄に移動しています。到着後も変わり無く順調に運動を始めてまずまずの動きです。
体高:152cm 胸囲:175cm 管囲:19.5cm 馬体重:437kg
00/12/25(会報)
屋内コースでダク1,800mと軽めのキャンター1,200mの調整も始めています。まだ馬体は寂しいですが無難に乗り込みをこなしており、少しずつ気性も大人になってきています。
馬体重:435kg
00/11/30(会報)
9月27日に新冠支場入厩。直線コースでダク1,800mの調整中。なかなか体高が伸びず、気性もまだ幼い感じです。乗り込みを進めながらじっくり成長を待つ。
体高:151.0cm 胸囲:173.0cm 管囲:19.5cm 馬体重:432kg
00/10/31(会報)
新冠支場へ入厩して月末にはブレーキングを終了していますが、少し疲れ気味為、10日程度ゆっくりさせて回復を待ってから調整を始める予定です。まだ成長途上なのでじっくり進めます。
00/08/31(会報)
他の馬よりまだ一回りくらい小柄ですが、実際より馬体を大きく見せ、状態面がとても良いので毛艶の良さも目立っています。また、なかなかいい根性をしているそうで、今後が楽しみです。
00/06/30(会報)
父親似でとても気が強く、牧場スタッフも手を焼いています。昼夜放牧の効果が凄く出てきている馬で、馬体がしっかりしてきて特にトモ、腰には力強さも感じられる様になってきました。
00/04/30(会報)
馬体は少しずつ成長してきていますが、他の馬達と比べるとまだまだ小柄で華奢な印象で、今後、更なる成長が望まれます。ただ、トモや腰の部分はなかなかしっかりとしてきています。
00/03/下(会報)
体高:143.0cm 胸囲:158.0cm 管囲:17.5cm
00/02/29(会報)
初仔の為か少し小柄ですが、脚腰はとてもしっかりとしていて、バランスのとれた好馬体です。闘争心、根性はピカイチです。