シルクアンビシャス
牡馬、栗毛、99/04/18生
父:ラムタラ、母:アンビグア、母の父:Alydar
厩舎:松元茂樹(栗東)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
03/02/24
馬房で安静を続けていましたが、20日に再検査を行い確認したところ、骨折箇所の状態が悪く、獣医から、最低でも回復には1年以上の時間が掛かるだろうし、治っても今までの様な走りは望めないと思う、と話しがあり、能力喪失の診断が下されました。その為、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、20日に抹消の手続きが取られました。出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
03/02/21≪最新情報≫
再検査をおこない確認したところ、骨折箇所の状態が悪く、獣医から、最低でも回復には1年以上の時間が掛かるだろうし、治っても今までの様な走りは望めないと思う、と話しがあり、能力喪失の診断が下されました。その為、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、20日に抹消の手続きが取られました。出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
03/02/17
先週7着でした。アオり気味のスタートで出遅れた為、後方からの競馬となり、道中はやや縦長となった展開の後方2番手を追走しましたが、勝負どころでペースが上がると、付いていけずに置かれてしまい、前とは依然差のある後方2番手のまま直線を迎えました。しかし直線で追い出されてからはなかなかいい脚を使って前との差を詰め、あともう一歩で掲示板というところまで追い上げています。なおレース直後は特に問題は見られませんでしたが、栗東へ戻ると大きく脚を引きずるようになった為、検査で確認したところ、右前脚の繋ぎ部分を骨折している事が判明しました。骨折箇所に腫れがあって診断が下せない状況の為、近々再検査する事になっています。
03/02/17≪先週のレース結果≫
京 都7R 500万下(D1,800m)
       シルクアンビシャス  7着
03/02/14≪2/15(土)の出走情報≫
京都7R 500万下(D1,800m)
      16頭4枠7番 56kg 金折
      発走13:25
中間も変わり無く順調で、坂路で意欲的に乗り込まれると、追い切りでは終いの粘りも増してきています。調教助手は、休み明けを使いつつ、調子は上がってきている感じで、今週の動きもなかなか良く、特に不安材料は無い。ここ2戦の内容がもう一つだから、勝ち負けという程の自信はないが、千八ならもっと楽に競馬が出来るだろうし、状態からももっとやれていい筈だ、と話しています。
03/02/13≪今週の出走馬≫
土曜日・京都7R (D1,800m・16頭) 56kg 金折
03/02/13≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9坂重  62.8-45.5-30.5-15.5 馬也
12坂良  53.7-38.4-25.1-12.5 強め
03/02/12≪今週の出走予定馬 2/12現在≫
土曜日の京都、D1,800m
03/02/10
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。早くも5日に15−15程度の時計を出すなど、前走の疲れや反動は全く見られない為、除外の権利を取る為にも先週から登録していくと除外されています。その後も順調で9日にまた軽く時計を出しており、今週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
03/02/06≪今週の出走馬≫
出走を予定していた、シルクサニーロード、シルクモーメント、シルキーホーク、シルクエミネント、シルキーブリーズは除外の為、来週以降の出走予定となっています。また、シルクアンビシャスも登録をおこない除外されています。
03/02/06≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5坂良  61.0-44.4-29.4-15.2 馬也
03/02/03
先週6着でした。やや出負け気味にスタートを切ると、その後挟まれる不利を被って行き脚がつかず、最後方からの競馬を強いられましたが、すぐに集団の後ろへ取り付き、後方の内でレースを進めました。ペースの上がった勝負どころではスッと反応出来ず、1頭置かれ掛けたものの、4コーナーで開いた内を突くと5番手に並んで直線を向き、そのまま最内から追い上げに掛かりました。しかしちぐはぐな競馬となった為か、最後は失速して後続にも差されてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/02/03≪先週のレース結果≫
小倉7R 500万下(D2,400m)
      シルクアンビシャス  6着
03/01/31(会報)
帰厩後、年末に馬房でトモをぶつけ外傷を負いましたが程度は軽く、2日程楽をさせただけで問題無くなり、年明けから普通に乗り出しました。9日に坂路で時計を出し、調教師は「オープン馬と互角に動いたから入ったとしてもやれるデキにはある」と話して、権利を取る為に京都2週目から登録し予定通り除外。19日の小倉で出走する事に。調教師は「馬場が悪かったからビッシリとはやらなかったがいい感じの動きをしていた。体つきも以前に比べると良くなり、筋肉が付いて幅が出てきた」とコメント。出脚良く好位に付け、5番手で1周目のスタンド前を通過。そのままレースを進めましたが勝負処で置かれました。離れた7番手で4角を回ると、手応えが怪しくなりながらも渋太く粘って5着。レース後も順調で厩務員は「まだ馬体も太かったから最後は息が保たなかったが使いながら上向いてくるタイプだし、絞れれば次は面白いと思う」とコメント。2月1日の小倉で出走予定です。
03/01/31≪2/1(土)の出走情報≫
小倉7R 500万下 混合(D2,400m)
      10頭4枠4番 56kg 秋山
      発走13:15
久々を使われた反動無く、叩いた上積みが窺われ、調教師は、併せて遅れたのは3歳馬だが、攻め馬駆けするので気にする必要は無く、この馬としてはいい追い切りが出来たと思う。前走では太めで伸びを欠いてしまったが、1度叩いて今回は変わってくると思うし状態も良く期待している。これでもしいい勝負にならなければ距離が長いという事だろう、と話しています。
03/01/30≪今週の出走馬≫
土曜日・小倉7R(D2,400m・10頭) 56kg 秋山
03/01/30≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29坂良 52.7 38.1 25.6 13.3 一杯遅れ
03/01/29≪今週の出走予定馬 1/29現在≫
土曜日の小倉、D2,400m
03/01/28≪今週の出走予定馬 1/28現在≫
小倉競馬(番組は未定)
03/01/27
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。厩務員は、久々でまだ馬体も太かったから、最後は息が保たなかったが、使いながら上向いてくるタイプの馬だし、馬体が絞れれば次は面白いと思う、と話しています。今週の小倉で出走を予定しています。
03/01/20
先週5着でした。五分のスタートから出脚良く好位に付け、5番手で1周目のスタンド前を通過すると、そのままレースを進めましたが、ペースの上がった勝負どころでは前の馬の仕掛けに付いていけなくなり、置かれてしまいました。そして離された7番手で4コーナーを回ると、巻き返す余力無く上位とは大きく差を付けられる結果に終わったものの、手応えが怪しくなりながらも最後まで渋太く粘って後続を抑え、掲示板を確保しています。レース後、特に不安は無い様で、次走は中1週か2週でまた小倉での出走を目指す事になっています。
03/01/20≪先週のレース結果≫
小倉7R 500万下(D2,400m)
      シルクアンビシャス  5着
03/01/18≪1/19(日)の出走情報≫
小倉7R 500万下 混合(D2,400m)
      12頭7枠10番 56kg 秋山
      発走13:15
怪我で順調さを欠いて約3ヵ月振りの出走となりますが、年明けからはビシビシ追われ、まずまずの仕上がりです。調教師は、長いところを試してみたかったのでここを使う事にした。今週は馬場が悪かったから、そんなにビッシリとはやらなかったが、いい感じの動きをしていたと思うし、体つきも以前に比べると良くなり、筋肉が付いて幅が出てきている、と話しています。
03/01/16≪今週の出走馬≫
日曜日・小倉7R(D2,400m・12頭)56kg 秋山
03/01/16≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12坂良  59.6-43.7-29.2-14.7 馬也
15DW不  53.6-39.8-12.4 (9)一杯遅れ
03/01/14≪今週の出走予定馬 1/14現在≫
日曜日の小倉、D2,400m
03/01/13
9日に坂路コースで併せて時計を出すと、調教師は、オープンのスエヒロコマンダーと互角に動いたから、もし入ったとしてもやれるデキにはある、と話し、除外の権利を取る為に先週の京都から登録をおこなって予定通り除外を受けています。その後、12日にも時計を出すなど順調で、今週日曜日の小倉、ダート2,400mに出走を予定しています。
03/01/09≪今週の出走馬≫
シルクアンビシャスは除外の権利を取る為、今週から登録をおこなうと、予定通り除外となっており、来週の小倉で出走を予定しています。
03/01/09≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6坂稍  59.3-41.2-25.9-12.7 一杯
9坂良  53.2-39.3-26.3-13.2 強め
03/01/06
予定通り25日に栗東へ帰厩すると、すぐに坂路コースで調教を始めましたが、年末に馬房でトモをぶつけ外傷を負ってしまいました。ただ程度は軽く、大事を取り2日ほど楽をさせただけで問題無くなり、年明けから普通通り乗り出すと、6日には坂路で終い重点に時計を出しています。調教助手は、戻ってきて少し順調さを欠いたが、もう問題無く仕上げに掛かる様にしている、と話しており、来週日曜日の小倉、ダート2,400mで復帰を目指しています。
02/12/25(会報)
小松温泉牧場では暫く軽めに乗って様子を見たものの脚元に変わり無い為、帰厩に向け徐々にペースアップしながら仕上げを進めると、中旬には15−15の調教を開始。まだ馬体には少し余裕があるものの、状態はすっかり良くなって動きもまずまずの為、調教師の指示で25日に栗東へ帰厩し、1月後半辺りの復帰を目指す事になっています。
02/12/23
小松温泉牧場でダクとキャンターの調整です。先週も速いところを出すなど、変わらず順調に乗り込まれており、調教師の指示で25日に栗東へ帰厩する事が決まっています。
02/12/16
小松温泉牧場でダクとキャンターの調整です。引き続きペースを上げながら乗り込まれ、先週末には15−15近い調教も付ける様になっており順調です。
02/12/09
小松温泉牧場でダクとキャンターの調整です。状態に変わり無く、徐々にペースアップしており、先週は20秒前半位のラップで乗られています。
02/12/02
小松温泉牧場でダクとキャンターの調整です。まだ軽めのペースですが、予定通りキャンターを乗り出すと、以後も変わりは見られず、このまま徐々に進めていきます。
02/11/30(会報)
中1週で出走を目指したものの除外されましたが、変わらず順調で、翌週の出走に向けて調整を行っていたところ、12日の調教で他の馬に蹴られ、右後脚に外傷を負ってしまいました。ただ幸い怪我の程度は軽く、休まず翌日には角馬場で乗り出しましたが、調教師の指示で15日に石川県の小松温泉牧場へ放牧されています。調教師は「無理させたくないので短期で立て直す事にする。順調なら1ヵ月位で戻すつもりだ」とコメント。
02/11/25
小松温泉牧場でダクの調整です。移動後は調教師の指示により軽めに乗りながら様子を見ていますが、特に問題は無く、近い内にはキャンターを乗り出す予定です。
02/11/18
先週の出走を目指していましたが、12日の調教で他の馬に蹴られ、右後脚に外傷を負ってしまった為、登録は自重しました。ただ怪我の程度は軽く、休まず13日には角馬場で乗り出していましたが、調教師の指示で15日に石川県の小松温泉牧場へ放牧されています。調教師は、無理させたくないので短期で立て直す事にする。順調なら1ヵ月位で戻すつもりだ、と話しています。
02/11/13≪今週の出走予定馬 11/13現在≫
シルクサニーロードは疝痛の為、シルクアンビシャスは右後脚の外傷の為、共に今週の登録は見送る事になりました。
02/11/12≪今週の出走予定馬 11/12現在≫
日曜日の京都、芝2,400m
02/11/11
6日に坂路コースで追い切られ、先週の出走を予定しましたが、除外されました。除外確定後、調教師は、もし駄目なら元に戻せばいいし、来週は芝の長いところに登録してみようと思う、と話し、今週日曜日の京都、芝2,400mに出走を予定していましたが、12日の調教で他の馬に蹴られ、右後脚に外傷を負った為、今週の登録は自重する方向となっています。ただ怪我の程度は軽いもので、休まず13日には角馬場に出て乗られています。
02/11/07≪今週の出走馬≫
出走を予定していたシルキーステージ、シルクサニーロード、シルクミステリア、シルクバレンタイン、シルクアンビシャス、シルクステイタス、シルキーブリーズは除外の為、来週以降に出走予定となっています。
02/11/07≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3坂良  61.1-44.5-14.8 馬也
6坂良  54.6-39.6-13.0 馬也遅れ
02/11/06≪今週の出走予定馬 11/6現在≫
日曜日の京都、芝1,400m
02/11/05≪今週の出走予定馬 11/5現在≫
京都競馬か福島競馬
02/11/04
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。3日には時計も出すなど、前走の反動も見られず順調で、調教助手は、久々と体に余裕があったせいもあり7着だったが、内容としては悪くなかった。使った後も元気だし、次は期待出来ると思う、と話しています。今週の京都か福島で出走を予定しています。
02/10/31(会報)
予定通りに2日に帰厩。調教助手は「いい状態で戻ってきたのでこれならすぐに使える目処も立ちそうだ」と話して、坂路で調整を進めました。10日に時計を出し、厩務員は「現状では追い足りない気はするが元気一杯で体調も良く順調だ」とコメント。16日の調教後、調教師は「無理せずもう1週待って入れていくつもりだが、動き自体はなかなかしっかりしている。これなら久々でもそれなりの競馬はしてくれそうだ」と話して26日の京都で出走する事に。調教師は「追い切りの動きもなかなか良かった。久々の今回はあまり強気な事は云えないが距離はこなせるだろうし、ここを使った次は楽しみになると思う」とコメント。スタートから控えて中団の一番後ろ辺りを追走すると、勝負処で先に仕掛けた先行集団に引き離されましたが、直線は内から差し脚を伸ばしました。直線半ばで前が塞がったものの、怯まずに最後まで差を詰め7着。レース後は順調で、中1週の京都を目標にしています。
02/10/28
先週7着でした。まずまずのスタートから控え、中団の一番後ろ辺りを追走すると、勝負どころでは先に仕掛けた先行集団に引き離されてしまいましたが、直線は内から差し脚を伸ばし、一瞬上位に食い込むかと思わせる勢いで迫りました。ところが直線半ばで前が塞がって及ばなかったものの、それでもそこで怯まず、最後まで渋太く差を詰めています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、中1週で来週の京都を予定しています。
02/10/28≪先週のレース結果≫
京都7R 500万下(D1,400m)
      シルクアンビシャス  7着
02/10/25≪10/26(土)の出走情報≫
京都7R 500万下(D1,400m)
      16頭1枠1番 53kg 服部
      発走13:25
休み明けとなりまだ好調時のデキにはないものの、状態良く追い切りも順調に消化し、まずまずの仕上がりです。調教師は、今週やってピリッとしたところが出てきて、追い切りの動きもなかなか良かった。久々の今回はあまり強気な事は云えないが、距離はこなせるだろうし、ここを使った次は楽しみになると思う、と話しています。
02/10/24≪今週の出走馬≫
土曜日・京都7R (D1,400m・16頭) 53kg 服部
02/10/24≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20坂稍  55.7-40.7-12.7 強め
24坂良  56.4-39.4-13.0 強め
02/10/23≪今週の出走予定馬 10/23現在≫
土曜日の京都、D1,400m
02/10/22≪今週の出走予定馬 10/22現在≫
京都競馬か福島競馬
02/10/21
坂路コースでキャンターの調整で、16日に時計を出すと、調教師は、まだ追い不足で太めだし、無理せずもう1週待って入れていくつもりだが、動き自体はなかなかしっかりしている。これなら久々でもそれなりの競馬はしてくれそうだ、と話しています。その後、20日にも坂路で強めに追われており、今週の京都か福島で出走を予定しています。
02/10/17≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16坂良  55.2-38.2-12.8 一杯遅れ
16E重  (ゲート)15.1 馬也
02/10/16≪今週の出走予定馬 10/16現在≫
シルクアンビシャス、シルクロゼットは共に来週の京都で出走を目指す事になりました。
02/10/15≪今週の出走予定馬 10/15現在≫
シルキーティアラ、シルクメモリアル、シルクアンビシャス、シルクランデブー、シルクコジーン、シルクロゼットも今週の動きや状態次第では使う可能性があります。
02/10/14
坂路コースでキャンターの調整で、10日に時計を出走しています。厩務員は、まだ速いところをやっていないし、現状では追い足りない気はするが、元気一杯で体調も良く順調だ、と話しており、今週の追い切りの動きを見てから復帰戦の予定を立てる事になっています。
02/10/10≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5坂良  63.1-45.7-14.8 馬也
7坂良  59.1-44.0-15.3 馬也
10坂良  55.7-40.8-13.8 馬也
02/10/07
予定通り2日に帰厩すると、到着後は順調で翌日から坂路コースで乗り始め、5日には15−15程度の時計も出しています。調教助手は、いい状態で戻ってきたので、これならすぐに使える目処も立ちそうだ、と話しており、まだ具体的な事は決まっていないものの、早ければ来週の京都で使えるかもしれないそうです。
02/09/30(会報)
引き続き天栄ホースパークで調整中。中旬に帰厩を予定していたところ、背中に鞍傷が出来た為、調教師から「傷が治ってからにしたい」と話しがあり、帰厩は延期となりました。ただ傷自体は大したものでは無く、少しペースを緩めた程度でその後も休まず調教を続けると、下旬には傷が回復。そして坂路でまた速いところを乗るようになり、調教師の指示で10月2日に栗東へ帰厩する事が決まっています。
馬体重:508kg
02/09/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き速いラップの調教もきっちりとこなすなど、順調に乗り込まれており、調教師の指示で2日に栗東へ帰厩する事が決まっています。
02/09/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター2,400mの調整です。背中の傷が治まってきて、先週坂路では14秒平均のラップで調教をおこなっています。
02/09/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター2,400mの調整です。まだ背中の傷は若干残っているものの、もう調教に支障は無い程度で、先週末には坂路で15−15の調教を付けられる様になっています。
02/09/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。今週の帰厩を予定していましたが、背中に鞍傷が出来た為、調教師と話し合ったところ、調教師から、傷が治ってからにしたい、と話しがあり、帰厩は延期となりました。ただ傷自体は大したものでは無く、少しペースを緩めた程度で休まず調教を続けており、傷が治まれば帰厩について再度打ち合わせる予定です。
02/09/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。帰厩に備え、坂路で15−15程度の乗り込みをおこなう様になるなど、変わり無く順調です。
02/08/31(会報)
天栄ホースパークで調整中。変わらず順調で、調子を維持しながら乗り込みを続けると、下旬に調教師から「9月10日頃に戻そうと思うのでその辺りを目標に仕上げる様にして欲しい」と指示が出た為、以後ピッチを上げています。月末には坂路で15−15程度の乗り込みをおこなうようになっており、このまましっかり調教を付けて帰厩に備えます。
馬体重:493kg
02/08/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。調教師から、9月10日頃に戻そうと思うので、その辺りを目標に仕上げる様にして欲しい、と指示が出ており、調教のピッチを上げています。
02/08/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。徐々にピッチを上げながら乗り込んでおり変わりありません。
02/08/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。変わり無く乗り込みを続け、少しずつ速いところも出す様になっており順調です。
02/08/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。引き続き調子を維持しながらきっちり調教を積んでおり、変わりありません。
02/07/31(会報)
天栄ホースパークで調整中。目標はまだ先の為、20秒前半位のペースでじっくりと乗り込みを続けていますが、元気も良く順調で、下旬から週に1度、18秒位のラップを出す様になっています。月末に牧場長は「指示があればいつでも仕上げに掛かれる位の状態を維持しながら乗り込んでおり、馬体はふっくらとして夏バテの兆候も全く見られない」とコメント。
馬体重:484kg
02/07/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。調教師は、指示があればいつでも仕上げに掛かれる位の状態を維持しながら乗り込んでおり、馬体はふっくらとして夏バテの兆候も全く見られない、と話しています。
02/07/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。変わらず順調に調教を付けられており、先週は1度、18秒位のラップも出しています。
02/07/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。まだ目標は先の為、引き続きじっくりと乗り込まれていますが、元気も良く順調です。
02/07/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。20秒から25秒程度のラップで毎日調教を付けられており、変わりありません。
02/07/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。調教師からは秋を目標に乗り込むようにして欲しいと指示があり、牧場長は、しばらくは20秒前半位のペースで調教を付けていき、夏を上手く越すようにしたい、と話しています。
02/06/30(会報)
天栄ホースパークで調整中。状態などに問題は見られない為、放牧されるとすぐに乗り出したものの、しばらくはダク程度のメニューで今まで使ってきた疲れを取り、中旬からキャンターを乗り出しています。その後、調教師からは「秋を目標に乗り込むようにして欲しい」と指示があり、牧場長は「当面20秒位のペースで調教を付けていき、夏を上手く越すようにしたい」とコメント。
馬体重:473kg
02/06/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mとキャンター3,000mの調整です。運動量を増やしながら毎日順調に乗り込まれ、先週は25秒前後のペースで調教を付けられています。
02/06/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター2,400mの調整です。まだ軽め中心のメニューですが、少しずつ調整を進めており、キャンターは20秒後半位のペースで乗られています。
02/06/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンターの調整です。状態などに問題は見られませんが、まだペースは上げず、今まで使ってきた疲れを取るようにしています。
02/06/03
予定通り29日に天栄ホースパークへ放牧されると、問題無く翌日から調整を開始しています。調教師は、少し揉まれ弱いところがあるが、それでも前走は終いジリジリときていたし、クラスが上がってもやれそうだ。使った後も特に悪いところは無いが、一旦放牧してリフレッシュさせる事にする、と話しています。
02/05/31(会報)
前走後、厩務員は「他の馬がくるとやめてしまう様なところがあり、もっとすんなり先手が取れれば渋太いと思う。それに現状ではダートの方がいいかもしれない」とコメント。坂路で調整を進め19日の中京で出走する事に。調教師は「ダートなら我慢が利くと思う。あとは乗り役の腕で何とかいい結果を出して欲しい」とコメント。スタートから上がっていくと先団に付け、向正面からは4番手の内を追走。勝負処では外から被されて閉じこめられる形となり直線は前が壁となって仕掛けが遅れたものの、直線半ばで外に持ち出すと良い脚を使って追い上げ、最後は楽に差し切り優勝。レース後の疲れも無く連闘で26日のなでしこ賞に出走。無理に先行せず控えると道中は中団後ろの内々を追走。勝負処で置かれ、4角では集団の一番後ろ辺りまで下がったものの直線では盛り返す脚を見せ、前との差を詰め8着。レース後の不安は無いものの一息入れる事になり29日に天栄HPへ移動しています。
02/05/27
先週8着でした。内で五分のスタートを切りましたが、無理に先行せず控えると、道中は中団後ろの内々を追走しました。しかし、勝負どころで置かれ、4コーナーでは集団の一番後ろ辺りまで下がってしまったものの、直線追い出されてからはまた盛り返す脚を見せ、前との差を詰めています。レース後、特に不安は無い様ですが、調教師の指示でここで一旦放牧に出す事になり、29日に天栄ホースパークへ移動予定となっています。
02/05/27≪先週のレース結果≫
中 京9R なでしこ賞(D1,700m)
       シルクアンビシャス 8着
02/05/25≪5/26(日)の出走情報≫
中京9R なでしこ賞 混合(D1,700m)
      16頭1枠2番 55kg 金折
      発走14:15
連闘の為、今週は軽めの調整ですが、疲れも見られず前走時のデキを維持しています。調教師は、前走4角で被された時は届かないかと思ったが、あそこからよく差し切った。騎手も上手く乗ってくれたがこの馬としても強い内容だった。元気で変わり無く距離も同じ千七だから連闘してみるが、それほど抜けた相手もいないと思うし、昇級戦でも悪い競馬にはならない筈、と話しています。
02/05/22≪今週の出走予定馬 5/22現在≫
日曜日の中京、なでしこ賞
02/05/21≪今週の出走予定馬 5/21現在≫
シルクロマンスとシルクアンビシャスも今週の状態次第で使う可能性があります。
02/05/20
先週優勝しました。五分のスタートを切り上がっていくと先団に取り付き、向正面からは4番手の内を追走しましたが、勝負どころでは外から被されて閉じこめられる形となりました。直線は前が壁となって仕掛けが遅れてしまったものの、直線半ば辺りで外に持ち出すと良い脚を使って追い上げ、最後は楽に差し切っています。レース後、特に不安は無い様で、今週日曜日の中京、なでしこ賞に特別登録をおこなっており、状態を見て連闘での出走も検討する事になっています。
02/05/20≪先週のレース結果≫
中京4R 3歳未勝利(D1,700m)
      シルクアンビシャス  1着
      単勝 11番 280円 ワイド3−11 410円
      複勝 11番 150円    11−12 440円
      枠連2−6 750円
      馬連3−11 960円
02/05/18≪5/19(日)の出走情報≫
中京4R 3歳未勝利(D1,700m)
      16頭6枠11番 55kg 安藤勝己
      発走11:15
今週も坂路の追い切りで軽快な動きを見せるなど良いデキとなっており、厩務員は、前走の時は中間に腹痛もあったりして順調さを欠いたが、今回はここまで問題無く来た。追い切りでもいい動きを見せ、ダート替わりもプラスだろうし楽しみだ、と話しています。調教師は、ダートなら前に行っても我慢が利くと思う。あとは乗り役の腕で何とかいい結果を出して欲しい、と話しています。
02/05/16≪今週の出走馬≫
日曜日・中京4R (D1,700m・16頭)  55kg 安藤 勝己
02/05/16≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12坂良  57.9-42.9-14.5 馬也
15坂良  55.2-37.9-12.4 強め
02/05/15≪今週の出走予定馬 5/15現在≫
日曜日の中京、D1,700m
02/05/14≪今週の出走予定馬 5/14現在≫
日曜日の中京、D1,700m
02/05/13
坂路コースでキャンターの調整で8日、12日と時計を出しています。8日の追い切りでは古馬のスエヒロコマンダーと併せて先着し、調教師は、オープン馬をアオる位の動きを見せたし、調子としてはいい。今度は安藤勝己騎手に頼んでダートで勝負しようと思う、と話しており、今週日曜日の中京、D1,700mに出走を予定しています。
02/05/09≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5坂稍  61.5-44.7-15.0 馬也
8坂稍  56.6-39.6-12.5 強め先着
02/05/06
レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。厩務員は、前走は多少距離も長かったかもしれないが、この馬は他の馬がくるとやめてしまう様なところがあり、もっとすんなり先手が取れれば渋太いと思う。それに現状では芝よりもダートの方がいいのかもしれない、と話しています。次走については今のところ、来週日曜日の中京、ダート1,700mを予定しています。
02/04/30(会報)
7日の阪神で出走する事になり、調教助手は「ダートでもやれそうだし、レースで走る気になっていない感じだから馬の気分を変える意味でもダートを試してみる」とコメント。ダッシュ良く上がっていくとハナに立ち、逃げる展開に持ち込みました。4角では早めに並び掛けられたものの先頭を譲らず直線を向き、最後まで粘り強い走りで4着。調教助手は「まだフワフワ走っているところもあったが行って正解だったし、内容としても悪くなかった」と話し中1週予定でしたが軽い疝痛で出走を自重。症状はすぐに治まって食いも戻り27日の京都で出走する事に。金折騎手は「攻め馬の動きは良かったし、また積極的な競馬をして頑張りたい」とコメント。スタート良く飛び出すと2番手に付けました。しかし4角辺りで手応えが怪しくなると、直線を向いたところでは早くも追い上げてきた後続に捕まってしまい、そのまま後方に下がって9着。レース後の不安は無い様ですが次走は未定です。
02/04/30≪先週のレース結果≫
京都3R 3歳未勝利(芝2,200m)
      シルクアンビシャス  9着
02/04/29
先週9着でした。なかなかスタート良く飛び出すと2番手に付け、先行する競馬を見せました。しかし、4コーナー辺りで手応えが怪しくなると、直線を向いたところでは早くも追い上げてきた後続に捕まってしまい、直線はそのまま粘りを欠いて後方に下がっています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
02/04/26≪4/27(土)の出走情報≫
京都3R 3歳未勝利(芝2,200m)
      15頭4枠7番 55kg 金折
      発走10:55
もう状態に不安無く、今週は坂路でしっかり追い切られています。調教を付けた金折騎手は、腹痛で食いが落ちたがもう問題無い。ただその影響によるものか、馬場に出すといつもはチャカチャカ煩いのに、今週は妙に大人しかった。そういう意味で今回はちょっと半信半疑な面はあるが、攻め馬の動き自体は良かったしレースではまた前々で積極的な競馬をして頑張りたい、と話しています。
02/04/25≪今週の出走馬≫
土曜日・京都3R(芝2,200m・15頭) 55kg 金折
02/04/25≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21坂良  61.9−45.6−15.3 馬也
24坂良  53.9−39.5−12.8 一杯
02/04/24≪今週の出走予定馬 4/24現在≫
土曜日の京都、芝2,200m
02/04/23≪今週の出走予定馬 4/23現在≫
京都競馬(番組は未定)
02/04/22
飼い葉の食いが落ちた為、先週は出走を自重し、その後、獣医の診察を受けたところ、軽い疝痛を起こしてその影響によるものだった事が分かりました。しかし、症状はすぐに治まって食いも戻り、21日には坂路コースで時計も出しています。今週の京都で出走予定です。
02/04/18≪今週の出走馬≫
シルクロマンスはまた若干フケ気味となってきた為、シルクアンビシャスは飼い葉食いが少し落ちた為、ともに無理せず今週の登録は自重しています。
02/04/18≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17坂重  65.8-46.1-14.5 馬也
02/04/17≪今週の出走予定馬 4/17現在≫
日曜日の京都、D1,800m
02/04/16≪今週の出走予定馬 4/16現在≫
京都競馬(番組は未定)
02/04/15
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は、レースではまだフワフワ走っているところもあったが、行って正解だったし、内容としても悪くなかった。ダートもいい様なので、番組やメンバーを見て、また中1週で使っていきたい、と話しています。今週の京都で出走予定です。
02/04/08
先週4着でした。五分のスタートからダッシュ良く上がっていくとハナに立ち、道中は逃げる展開に持ち込みました。4コーナーでは早めに並び掛けられたものの、そのまま先頭を譲らず直線を向き、直線でも最後まで粘り強い走りを見せ、踏ん張っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
02/04/08≪先週のレース結果≫
阪神4R 3歳未勝利(D1,800m)
      シルクアンビシャス  4着
02/04/06≪4/7(日)の出走情報≫
阪神4R 3歳未勝利(D1,800m)
      16頭4枠8番 55kg 金折
      発走11:05
休み明けを2度叩かれて良いデキとなっており、追い切りでも追走して楽に突き放す動きを見せています。調教助手は、走りを見るとこの馬はダートでもやれそうだし、レースで走る気になっていない感じだから、馬の気分を変える意味でも今回はダートを試してみる。体はもう出来ているし、攻め馬の動きも良かったから、これがいい方に出て欲しい、と話しています。
02/04/04≪今週の出走馬≫
日曜日・阪神4R(D1,800m・16頭)55kg 金折
02/04/04≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3坂良  52.2-39.1-13.3 一杯先着
02/04/03≪今週の出走予定馬 4/3現在≫
日曜日の阪神、D1,800m
02/04/02≪今週の出走予定馬 4/2現在≫
日曜日の阪神、芝1,600m
02/04/01
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。厩務員は、調教では動くのに、どうもレースに行くと走る気を見せず、気を抜いて走っている感じだ。ただどこも悪いところは無いし元気もいい、と話しています。今週日曜日の阪神、芝1,600mに出走予定です。
02/03/31(会報)
順調に坂路で時計を出し、厩務員は「久々でも良く乗れているし息もしっかり出来ておりこれなら楽しみだ」とコメント。除外を考慮して早めに登録した10日の中京で出走する事に。調教師は「予想外で入ってしまったが、馬体はほぼ仕上がっており久々でもやれると思う」とコメント。やや出遅れましたがすぐに馬群の後ろに取り付くと道中は中団の一番後ろを追走。しかし4角で外を回り直線で追い上げに掛かったものの終いの伸びが無く10着。中1週で23日に出走する事に。調教を付けた金折騎手は「叩いて馬がピリッとした感じで乗り味が良くなった。トモが力強くバネの利いた走りで、これなら楽しみだ」とコメント。中団でレースを進め、終始内々を追走して直線を迎えました。直線は前に迫る勢いは無かったもののジリジリと伸びて、上位とそれ程差の無い7着。レース後も順調で、厩務員は「調教は動くのにレースでは気を抜いて走っている感じだ」と話し、再度中1週で出走予定。
02/03/25
先週7着でした。内で五分のスタートを切ると中団に付け、道中は終始中団の内々を追走し、そのまま直線を迎えました。直線では前に迫る程の勢いは無かったものの、追い出されてからもこの馬なりにジリジリと伸びており、上位の馬ともそれほど差の無い競馬を見せています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
02/03/25
中京4R 3歳未勝利(芝2,000m)
      シルクアンビシャス  7着
02/03/22≪3/23(土)の出走情報≫
中京4R 3歳未勝利(芝2,000m)
      18頭1枠2番 55kg 青木
      発走11:15
久々を使われた反動無く、中1週となるものの追い切りでもしっかりと追われており、調教を付けた金折騎手は、一度叩いて馬がピリッとしてきた感じで、乗り味が良くなっている。トモが力強くバネの利いた走りをしており、これなら楽しみだと思う、と話しています。厩務員は、上積みも感じられるし、距離が延びての変わり身にも期待したい、と話しています。
02/03/21≪今週の出走馬≫
土曜日・中京4R (芝2,000m・18頭) 55kg 青木
02/03/21≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19坂良  58.9-44.5-14.7 馬也
20坂良  54.1-39.3-12.5 一杯
02/03/20≪今週の出走予定馬 3/20現在≫
日曜日の中京、芝1,800m
02/03/19≪今週の出走予定馬 3/19現在≫
土曜日の中京、芝1,200m
02/03/18
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。厩務員は、あんなに登録数が多かったのに予想外に入ってしまったが、使った後は問題無いし、次は変わってきてくれると思う、と話しています。今週土曜日の中京、芝1,200mに出走を予定しています。
02/03/11
先週10着でした。スタートでやや出遅れましたが、すぐに馬群の後ろに取り付くと、道中は中団の一番後ろを追走していきました。しかし4コーナーで外を回り、そのまま直線外から追い上げに掛かったものの、終いの伸びが見られず、最後まで前との差を詰める事が出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
02/03/11≪先週のレース結果≫
中京4R 3歳未勝利(芝1,200m)
      シルクアンビシャス  10着
02/03/09≪3/10(日)の出走情報≫
中京4R 3歳未勝利(芝1,200m)
      16頭6枠11番 55kg 宝来
      発走11:15
かなり頭数が多い為、除外を考慮して今週から登録をおこなうと出走が決まり、調教助手は、来週もう一度追ってバッチリだと思うが、乗り味が凄く良かったしもう馬体も絞まってきている、と話しています。調教師は、予想外で入ってしまったが、今週は馬場が悪かった割にいい時計が出て、馬体もほぼ仕上がっており、これなら久々でもやれると思う、と話しています。
02/03/07≪今週の出走馬≫
日曜日・中京4R(芝1,200m)55kg 宝来
02/03/07≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1坂稍 58.9-43.7-14.9 馬也
3坂良 57.0-41.1-12.9 馬也併入
6坂重 53.9-39.5-13.3 一杯
02/03/06≪今週の出走予定馬 3/6現在≫
日曜日の中京、芝1,200m
02/03/04
坂路コースでキャンターの調整で、軽めのところも含めると26日、27日、1日、3日と時計を出しており順調です。動きもなかなか良く、3日はオープン馬と併せて併入しており、厩務員は、久々でも良く乗れているし、息もしっかり出来ており、これなら楽しみだ、と話しています。今のところ復帰戦については来週か再来週の中京を予定しています。
02/02/28(会報)
13日に帰厩すると、翌日から坂路で乗り出して15日には早くも時計を出し始めるなど順調で、厩務員は「牧場で結構乗っていてくれたみたいで体が出来ているから仕上がりは早そうだ。毛艶が良く馬体には張りがあってなかなかいい」とコメント。調教助手も「軽く追っただけでも反応が良く、動きも伸び伸びしていていい感じだ」と話しており、今のところ復帰戦については3月中京開催の後半辺りを予定しています。
02/02/28≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24坂良  58.3-41.3-12.9 馬也併入
26坂良  63.5-45.8-15.4 馬也
27坂良  62.6-42.7-12.6 強め併入
02/02/25
坂路コースでキャンターの調整で、20日、24日と時計を出しています。調教助手は、軽く追っただけでも反応が良く、動きも伸び伸びしていていい感じだ。まだ具体的な予定は立てていないが、もう使えそうな仕上がりにはあるし、もう1度追ってみてどうするかを決めたい、と話しています。
02/02/21≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15坂良  61.8-45.5-15.5 馬也
17坂良  60.1-44.5-14.6 馬也遅れ
20坂良  57.9-41.5-13.9 馬也
02/02/18
予定通り13日に栗東へ帰厩しました。翌日から坂路コースに出て調教を開始すると、15日、17日と早くも軽く時計になるところをおこなっており順調です。厩務員は、牧場で結構乗っていてくれたみたいで体が出来ているから、仕上がりは早そうだ。状態面にも気になるところは見られず、毛艶が良く馬体には張りがあってなかなかいい、と話しています。
02/02/11
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。調教師が確認して厩舎へ戻す事が決まり、13日に栗東へ帰厩予定となっています。
02/02/04
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。週末には坂路で16秒位のラップを出しており、牧場長は、もう状態も良く不安無いから、これからは速いところをしっかりやって馬体を仕上げていく、と話しています。
02/01/31(会報)
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整を続けていましたが、年明けから乗り運動に切り替えています。最初は少しダクのメニューで様子を見たものの、中旬からは坂路に出してどんどん調教のピッチを上げており、牧場長は「もう状態も良く不安無いから、これからは速いところをしっかりやって馬体を仕上げていく」とコメント。
17.4 16.9 17.1 16.8 (天栄HPなどの育成場でマークした1月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:501kg
02/01/28
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。先週は丁度20秒程度のラップで調教を付けられています。
02/01/21
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。徐々に調教量やピッチを上げ、キャンターは20秒前半のラップで乗られる様になっています。
02/01/14
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター1,600mの調整です。乗り始めた後も変わり無く調教をこなしている為、坂路でキャンターもおこなう様になっており順調です。
02/01/07
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整を続けていましたが、状態に問題無い為、年明けには乗り運動に切り替えています。今のところダクのメニューで徐々に距離を延ばしながら調教を付けられています。
01/12/24(会報)
天栄でダク程度の軽めの調整をおこないながら馬体の良化を図り、歩様などに問題は見られ無くなり、徐々に調教量やペースを上げていく事になっていましたが、まだ若干腰に疲れが残って状態がもう一つだった為、12日にササ針をおこない馬房で休ませる。月末には放牧しながらウォーキングマシンの調整を始めており、しばらくこのままマシンを続け、年明けから様子を見て乗り運動を再会していく予定となっています。
馬体重:496kg
01/12/24
ササ針をおこなった為、天栄ホースパークの馬房で休ませていましたが、週末からウォーキングマシンの調整を始めています。しばらくマシンの調整を続けてから乗り始める予定です。
01/12/17
天栄ホースパークで乗り込みを進めてみたところ、腰に疲れがある様で動きがもう一つだった為、12日にササ針をおこなっています。しばらく馬房で休ませる予定です。
01/12/10
天栄ホースパークでダク2,000mの調整です。引き続き軽めのメニューで様子を見ていますが、その後歩様などに問題は見られない為、今週からキャンターも乗り始める事になっています。
01/12/03
天栄ホースパークで順調に乗り込んでいましたが、先週右腰を突っ張るような仕草を見せました。同じ様な仕草はその後見せず、心配は無さそうですが、少しウォーキングとダクのメニューに切り替え様子を見る事になりました。
01/11/30(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mの調整を進め、調子を落とす事無く順調にペースを上げて週に2本、坂路で4Fを15−15位の調教をつけられ帰厩に備えました。しかし、月末頃になって右の腰辺りがツル様な感じがある為、治療をおこないながら様子を見ていますが、休まずウォーキングとダク程度の運動を続けており、状態次第で近々、軽めのキャンターを開始。
15.4 14.8 14.4 15.7 (天栄HPなどの育成場でマークした11月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:484kg
01/11/26
天栄ホースパークでダク2,800mとキャンター2,400mの調整です。引き続き坂路コース中心に乗り込みを進めており、先週も2度4ハロンを15−15程度の調教をこなし、順調に仕上げが進んでいます。
01/11/19
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター2,400mの調整です。状態などに変わり無く、先週はトラックコースでじっくり乗り込みを進め、坂路では2度4ハロンを15−15程度の調教をこなしています。
01/11/12
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、到着後は少し一息入れていましたが、先週からしっかりペースを上げて乗られており、坂路では4ハロンを15−15程度の調教をこなしています。
01/11/05
グリーンウッドトレーニングで順調に乗り込みを進めていましたが、調教師の指示で、31日に天栄ホースパークへ移動し、仕上げを進めていく事となっています。到着後も特に状態などには変わり無く、脚元も落ち着いている為、今週からしっかり乗り込んでいきます。
01/10/31(会報)
グリーンウッドトレーニングで徐々にペースを上げて乗り込みを続け、脚元も安定して落ち着いてきた為、中旬頃には週に2本しっかり15−15程度で乗られるなど、帰厩に向けて意欲的に調教をこなしていました。なお、31日には調教師の指示で天栄へ移動してしっかり仕上げを進めていく事となり、牧場長は「特に状態などに悪いところも無いし、ソエの方も問題無さそうなので、しっかり乗って厩舎に戻していきたい」とコメント。
01/10/29
グリーンウッドトレーニングでダク1,600mとキャンター1,600mの調整です。状態などに変わり無く、引き続き週に2本、15−15程度で乗られており、順調に帰厩に向けて意欲的に乗り込みをこなしています。
01/10/22
グリーンウッドトレーニングでダク1,600mとキャンター1,600mの調整で、順調に状態面などは上向いてきており、先週から週に2本、15−15程度の調教をこなしています。このまましっかり帰厩に向け乗り込みを進めていく事となっています。
01/10/15
グリーンウッド・トレーニングで、ダクとキャンター1,600mの調整で、予定通り先週は一度15−15程度の調教をこなし、運動後も脚元に不安はありません。
01/10/08
グリーンウッドトレーニングで、ダクを時間を掛けてじっくり乗られたあとに、キャンター1,600mの調整を続けています。順調にペースを上げて乗り込んでおり、今週から15−15程度の調教をおこなう予定です。
01/10/01
グリーンウッド・トレーニングで、移動後も状態に変わり無く、ウォーキングとダクをじっくり時間を掛けて乗られた後にキャンター1,600mの調整を始めています。調教師は、1ヶ月後を目処に厩舎に戻したいので、このまましっかりペースを上げていって欲しい、と話しています。
01/09/30(会報)
イクタトレーニングファームで調整を再開していましたが20日にグリーンウッドトレーニングへ移動。確認した調教師は、脚元の状態は大分良くなってきているので、そろそろペースを上げていって1ヶ月後を目処に厩舎に戻したい、と話しています。
01/09/24
イクタトレーニングファームで、ダクとキャンターの調整をこなし、状態を確認した調教師より、脚元の具合はだいぶ良くなってきているので、そろそろペースを上げて帰厩の目処を立てていきたい、と話しがあり、20日に栗東トレセン近くのグリーンウッド・トレーニングへ移動しています。
01/09/17
イクタトレーニングファームで、ダクと軽めのキャンターの調整を進めています。調教後の状態に変わりは無く徐々にペースを上げていく事となっています。
01/09/10
イクタトレーニングファームで、予定通り運動を再開しており、徐々に軽めのキャンターの調整を進めていく事になっています。
01/09/03
イクタトレーニングファームで調整を進めていましたが、先週末に軽い熱発を起こしてしまい無理せず休ませて様子を見ました。熱はすぐに治まっており、今週中には乗り運動を再開する予定となっています。
01/08/31(会報)
イクタトレーニングファームに移動後は調教師の指示で少しゆっくりさせましたが、状態を確認しながら軽めの乗り運動を始める。徐々にペースを上げて進めるが月末になって軽い熱発を起こしてしまった為、様子を見てから運動を再開する予定です。
01/08/27
イクタトレーニングファームで状態に変わり無く引き続き軽めのキャンターの調整で様子を見ています。
01/08/20
イクタトレーニングファームで、予定通り軽めのキャンターの調整を始めています。
01/08/13
イクタトレーニングファームで、先週末からダクの調整を始めて様子を見ています。ソエは、おさえるとまだ少し痛がるそうですが調教は進めていける状態で、今週中に軽めのキャンターを始める予定です。
01/08/06
イクタトレーニングファームで調教師の指示により、ゆっくり休ませています。来週辺りから軽めの運動を始める予定となっています。
01/07/31(会報)
1日、4日と8日に坂路で時計を出し、14日の小倉でデビューする事に。11日の追い切り後、河内騎手は「息づかいはもう一つだが動きは素軽かった」とコメント。スタートから少し控える形で中団の内につけてレースを進めました。3角中間辺りから差を詰めていき、直線を向いた所では先頭に並び掛け一旦ハナに立ちましたが最後は外から交わされて2着。レース後はそのまま小倉に滞在して連闘で22日に出走する事に。調教師は「今度は叩いた変わり身も期待できるし自信を持ってレースに臨みたい」とコメント。スタートダッシュがつかず後方からの競馬に。徐々に前との差を詰めて道中は中団より少し後ろを追走し、4角手前から追われると直線はまずまずの伸び脚でしたが7着。レース後、右前脚にソエが出た為、回復するまで放牧に出す事となり26日に愛知県のイクタトレーニングファームに移動。症状的には大したもので無く、1週間程治療してから様子を見て運動を再開する予定。
01/07/30
レース後、栗東に帰厩していますが、右前脚にソエの症状が出て軽いハ行気味となった為、回復するまで一旦放牧に出す事となり、26日に愛知県のイクタトレーニングファームに移動しています。症状的にはそれほど大したもので無いそうで1週間ほど治療を続け、ゆっくり休ませてから様子を見ながら軽めの運動を再開する予定となっています。
01/07/23
先週7着でした。五分のスタートを切りましたが、ダッシュがつかず後方からの競馬となりました。徐々に前との差を詰めていき、道中は中団より少し後ろを追走し、4コーナー手前から中をついて追い出されると直線はまずまずの伸び脚で最後までしっかり走っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
01/07/23≪先週のレース結果≫
小倉5R 2歳新馬 (芝1,200m)
      シルクアンビシャス  7着
01/07/21≪7/22(日)の出走情報≫
小倉5R 2歳新馬 混合(芝1,200m)
      18頭1枠1番 53kg 河内
      発走11:55
連闘の為、時計は出していませんが、前走後はそのまま小倉に滞在して調整されおり順調です。調教師は、使った後も変わり無いから連闘する事にした。前走はスタートを上手く出て、そのまま流れに乗れたのが良かったと思う。今度は叩いた変わり身も期待できるし、自信を持ってレースに臨みたい、と話しています。
01/07/19≪今週の出走馬≫
日曜日・小倉5R (芝1,200m) 53kg 河内
01/07/18≪今週の出走予定馬 7/18現在≫
日曜日の小倉、芝1,200m
01/07/16
先週2着でした。まずまずのスタートを切りましたが少し控える形で中団の内につけレースを進めました。3コーナー中間辺りからジワジワと前との差を詰めていき、直線を向いたところでは先頭に並び掛け一旦ハナに立ちましたが、最後は勝った馬に外から交わされています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
01/07/16≪先週のレース結果≫
小倉7R 2歳新馬 (芝1,200m)
      シルクアンビシャス  2着
      複勝 4番  230円 ワイド1−4  430円
      枠連1−4  560円     3−4 2,040円
      馬連1−4  740円
01/07/13≪7/14(土)の出走情報≫
小倉7R 2歳新馬(芝1,200m)
      13頭4枠4番 53kg 河内
      発走13:25
時計は速くはありませんが、3頭併せで追い切られると、ゴール前で抜け出して先着しており、調教をつけた河内騎手は、息づかいはもう一つだが動きは素軽かった、と話しています。調教師は、使い出しがやや早いかもしれないが、デキとしてはまずまずだ。ただ使いながら段々良くなってくるタイプだと思う、と話しています。
01/07/12≪今週の出走馬≫
土曜日・小倉7R(芝1,200m)53s 河内
01/07/12≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8坂     59.1-41.2-12.9 一杯
11CW良  85.0-68.2-53.4-40.1-13.9 (8)一杯先着
01/07/11≪今週の出走予定馬 7/11現在≫
土曜日の小倉、芝1,200m
01/07/09
4日に坂路コースで時計を出しました。厩務員は、引き続き状態面に問題無く、追い切りをこなし動き自体も良いので、近いうちに出走の目処も立ってきそうだ、と話しており、動き次第では今週から始まる小倉開催の内にデビュー出来そうです。
01/07/05≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1坂   59.2-42.4-13.1 馬也
4坂   55.6-40.6-13.9 一杯遅れ
01/07/02
27日に坂路コースで時計を出しました。ゲート試験に受かってからは徐々にペースを上げて進めており、厩務員は、まだ速いところはやり始めたばかりなので動き自体は重いが、毛艶は良く飼い葉も食べて体調面は良い様だ、このまましっかり乗り込んで馬体を絞っていきたい、と話しています。
01/06/30(会報)
22日にゲート試験に合格し、27日からは坂路コースで時計を出しています。まだ速いところをやり始めて間もない為、動き自体は重く感じるが毛艶は良く飼い葉もしっかり食べている様なのでこのまましっかり馬体を絞りながら乗り込んでいきます。
01/06/28≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22E重  (ゲート)13.6 馬也
24坂   64.0-46.0-14.8 馬也
26坂   58.9-42.9-14.8 馬也
27坂   55.5-40.8-14.3 一杯遅れ
01/06/25
坂路コースでキャンターの調整を続け、ゲート練習も無難にこなしていた為、22日に試験を受けたところ問題無く合格しています。調教助手は、とにかく素直で物覚えがいい馬だ、歩様もしっかりしていてこれからの調教が楽しみだ、と話しています。
01/06/18
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習を続けています。順調に調教メニューをこなしており、厩務員は、少し周りの音に敏感なところがあり恐がりな一面も見られるが乗り込みには支障は無いし、ゲートも素直に入っていい動きをしている、と話しています。
01/06/11
馬名が シルクアンビシャス に決まっています。坂路コースでキャンターの調整とゲート練習を始めています。ゲートはまだ通すだけのメニューですが躊躇せず無難にこなしており、調教助手は、しっかりした走りをしているが、まだ気ばかりが先行している感じだ。賢すぎる面があるので、ズルイ所を出してこない様に焦らずじっくり乗り込みを進めていきたい、と話しています。
01/06/04
予定通り、30日に栗東の松元茂樹厩舎に入厩しています。到着後も状態に変わり無く、坂路コースでキャンターの調整を始めており、厩務員は、まだ何もかも初めてなので硬い動きだが飼い葉は良く食べているし手入れなども大人しく堂々とした大物の風格があり楽しみだ、と話しています。
01/05/31(会報)
月初めに熱発しましたが直ぐに治まり順調に調教をこなし、30日には栗東に入厩。翌日からは坂路コースでキャンターの調整を始めており、厩務員は、まだ始めたばかりなので動きは硬いがとても落ち着きがあって堂々とした風格だ、とコメント。
01/05/28
60秒2(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)で、30日に栗東の松元茂樹厩舎に入厩予定となっています。
01/05/21
93秒9(同上)で、調教師より連絡があり、来週中に栗東の松元茂樹厩舎に入厩予定となっています。
01/05/14
84秒3(同上)
01/05/07
熱発した為、大事を取り馬房で休ませましたが、すぐに熱は下がってもう状態面に不安は無いそうです。今週から通常通りのメニューで乗り込んでいく事になっています。
01/04/30(会報)
ダク2,400mとキャンター2,400mの調整中。バランスの取れた馬っぷりの良い馬体に成長し順調に仕上げを進めています。動きにもスピードが増し、グイグイと自分からハミを取る姿勢には好感が持て今後楽しみ。
15.6 15.6 16.0 16.2 (天栄HPなどの育成場でマークした4月の1ヶ月間で一番速かったタイム)
馬体重:479kg
01/04/30
63.4(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)
01/04/23
64.5(同上)
01/03/31(会報)
7日に天栄へ移動しダク3,000mとキャンター2,400mの調整を進め坂路では1F27秒平均のラップで乗られ状態などは順調に上向きまずまずの仕上がり見せる。
体高:155cm 胸囲:180cm 管囲:20.0cm 馬体重:478kg
01/02/28(会報)
屋内コースでダク2,400mと軽めのキャンター1,800mの調整中。馬体は順調な仕上がりを見せており、動きにも気合いが乗って全面に走る気が感じられます。今後の変わり身に期待。
馬体重:468kg
01/01/31(会報)
屋内コースでダク1,800mと軽めのキャンター1,200mの調整も始めています。太めですが馬体は出来ている方で、このまま順調に進め状態を上向かせていきたい。
体高:152cm 胸囲:177cm 管囲:19.0cm 馬体重:466kg
00/12/25(会報)
屋内コースでダク2,400mの調整中です。乗り込みを進めていくにつれて馬体はしっかりしてきており、全体的にとても大人びていますが、まだ飛び抜けて目立つ程ではありません。
馬体重:461kg
00/11/30(会報)
6月5日に新冠支場入厩。直線コースでダク1,400mの調整中。トモに力が付き、気性的にも大人になってきています。まだ、これから馬体の成長が見込める。
体高:150.0cm 胸囲:174.0cm 管囲:19.0cm 馬体重:460kg
00/10/31(会報)
既に新冠支場へ入厩してブレーキングも終了し、直線コースでダク2,400mの調整をおこなっています。不安無く調教を進めていますが、まだ全般的に目立ってこず、これからの成長に期待。
00/08/31(会報)
もう新冠支場に移っており、9月早々にも馴致を開始する事になっています。なかなかバランスの良い馬体に成長し、気性的にも子供っぽいところが無いので、順調に進められそうです。
00/06/30(会報)
馬体の大きさなどはまだそれ程目立ちませんが、皮膚が薄くて、弾力性がある筋肉を持っており、成長してくればとても楽しみな1頭です。気性的には分別あるお兄ちゃんとなっています。
00/04/30(会報)
まだ横幅が少し物足りない様な感じですが、背丈は順調に伸びてきています。以前は他の馬達とケンカばかりしていましたが、最近大人になったのか、みんなと仲良く遊ぶ様になりました。
00/03/下(会報)
体高:141.0cm 胸囲:156.0cm 管囲:17.5cm
00/02/29(会報)
順調な成長振りで、特に筋肉の発達が目に付きます。気が強いのですぐに喧嘩をしますが、いつも負けてばかりいるそうです。