シルクアクトレス
牝馬、栗毛、98/04/14生
父:Theatrical、母:アンビグア、母の父:Alydar
厩舎:昆貢(栗東)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
01/05/31(会報)
予定通り2日に帰厩すると、神経質な面が見られるのでじっくり落ち着かせながら調整を進めていきました。しかし24日にゲート練習を行おうとしてその順番待ちの為、ゲートのすぐ後ろで輪乗りをしながら待機していたところ、心臓発作を起こし、突然その場に倒れ込んでしまいました。すぐに診療所へ運ばれましたが、誠に残念ながら、到着した時には既に息を引き取っていました。
01/05/28
24日にゲート練習を行おうとしてその順番待ちの為、ゲートのすぐ後ろで輪乗りをしながら待機していたところ、心臓発作を起こし、突然その場に倒れ込んでしまいました。すぐに診療所へ運ばれましたが、誠に残念ながら、到着した時には既に息を引き取っていました。出資会員の皆様には既に書面をお送り致しておりますのでご確認下さい。
01/05/21
CWコースでキャンターの調整とゲート練習を続けています。調教師は、神経質な馬だからゆっくりやっていく、と話しており、ゲート練習は少しずつ慣らす様に進めています。
01/05/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13CW良  13.8 馬也
01/05/14
CWコースでキャンターの調整です。先週水曜日の調教後、ややすくんでしまいましたが、状態はすぐに回復して問題無くなり、週末からはゲート練習も始めています。調教師は、気がきつく、周りを気にし過ぎる様なところがあり、そういう事も影響したのだと思う。もう少しリラックスしてくれると良いのだが、と話しています。
01/05/07
予定通り2日に帰厩すると、翌日からCWコースに出てキャンターの調整を始めています。調教師は、今のところ気性的にも落ち着いており問題無いが、何日か経つと段々イライラしてきてイレ込んでくる事があるし、そうすると状態面にも悪い影響が出るから、1週間位は軽いペースで乗るようにしたい、と話しています。
01/04/30(会報)
天栄ホースパークで調整中。上旬からキャンターも乗り始めましたが状態面に変わりは見られず、以後は順調に調整を続けています。そして徐々にペースも上げながら良化を図っていたところ、月末に調教師から「厩舎に戻して調整を進めていく事にしたい」と連絡があり、5月2日に栗東への帰厩が決まっています。
21.8 19.8 19.6 20.0 (天栄HPのトラックコースでマークした、4月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:504kg
01/04/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mと、キャンター4,000mの調整で、坂路で81秒2の時計を出しています。調教師から、厩舎に戻して調整を進めていく事にしたい、と話があり、2日に栗東へ帰厩予定となりました。
01/04/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mと、キャンター2,400mの調整で、坂路で98秒3の時計を出しています。まだそれ程ペースは上げていませんが、毎日じっくり乗り込みながら良化を図っており、変わりありません。
01/04/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mと、キャンター2,400mの調整で、坂路で103秒0の時計を出しています。キャンターで乗り始めた後も状態に変わり無い為、このままペースを上げながら乗り込んでいく事になりました。
01/04/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。調教のメニューを増やしながら進めており、週末には軽めのキャンターも乗り始めています。
01/04/02
天栄ホースパークで、ウォーキング3,000mとダク1,800mの調整です。状態に変わり無い為、少しずつ運動量を増やしながら乗り込んでいます。
01/03/31(会報)
天栄ホースパークで調整中。上旬に確認した調教師は「現状では問題無いが体質的に弱いところがあるのかコズミやすい馬だから、もうしばらくこのままゆっくりさせ成長を促したい」と話し、引き続きマシンの調整だけで様子を見ました。しかし下旬に調教師からそろそろ軽めに乗り始めてみるよう、指示が出て乗り運動を始めています。その後も変わりは見られずこのまま少しずつ調教量を増やしていく事になっています。
馬体重:522kg
01/03/26
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整を続けていましたが、調教師から、そろそろ軽めに乗り始めてみるよう、指示があった為、ウォーキングで3,000mの調整を始めています。少しこのまま軽めの調整で様子を見て問題が無ければ、乗り込みを進めていく事になっています。
01/03/19
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整と、パドック放牧を続けています。調教師の指示でもうしばらくこのままのメニューで様子を見る事になっています。
01/03/12
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整と、パドック放牧を続けています。確認した調教師は、現状では問題無いがまだ体質的に弱いところがあるのか、コズミやすい馬だから、もうしばらくこのままゆっくりさせ成長を促したい、と話しています。乗り運動はもう少し様子を見てから始める予定です。
01/03/05
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整と、パドック放牧を続けています。近々調教師が確認し、指示を受ける事になっています。
01/02/28(会報)
引き続き天栄ホースパークで毎日1時間のウォーキングマシンの運動と放牧をおこないながら、状態の良化を促しています。特に馬体面に異常がある部分は無いそうですが、調教師からは「体質的に弱そうなところがある馬だから、もう少し暖かくなるまではこのままゆっくりさせ、状態が上向いてくるのを待ちたい」と指示が出ています。
馬体重:504kg
01/02/26
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整を続けており、変わりありません。
01/02/19
引き続き天栄ホースパークで1日1時間のウォーキングマシンの調整をおこなっています。今月末か来月上旬には調教師が確認する予定となっています。
01/02/12
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整を続けており、変わりありません。
01/02/05
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。1日1時間程度の運動をおこない、あとはパドック放牧や馬房に戻してゆっくりさせています。
01/01/31(会報)
天栄ホースパークで乗り込みを続け、特に変わりはありませんでしたが、良化が遅い感じで動きもあまりパッとしない為、6日にササ針を行いました。牧場長は「少し長めに放牧を行い状態がガラッと良くなるのを待ちたい」と話していましたが、確認した調教師の指示で下旬からウォーキングマシンの調整を始めています。しばらくこのまま1日1時間程度の運動を続けながら、状態が上向いてくるのを待つ事になりました。
馬体重:512kg
01/01/29
天栄ホースパークで放牧をおこなっていましたが、調教師の指示でウォーキングマシンの調整を始めました。しばらくマシンの調整だけで、状態が上向いてくるのを待つ事になりました。
01/01/22
天栄ホースパークのパドックに出され、放牧を始めています。牧場長は、少し長めに放牧をおこない、状態がガラッと良くなってくるのを待ちたい、と話しています。
01/01/15
天栄ホースパークの馬房で引き続き休養中です。
01/01/08
天栄ホースパークでダク1,800mとキャンター1,800mの調整を続けていましたが、6日にササ針をおこない馬房で休ませています。
00/12/25(会報)
馬房で休ませ様子を見ていましたが、「現状では仕上げにかかれそうもないから、一旦放牧してもう少し馬体の成長を待ちたい」という調教師の判断があり、6日に天栄ホースパークへ放牧されました。移動後、牧場長は「特別悪いところがある訳では無いから、軽めに乗りながら様子を見ていきたい」と話し、一息入れて調整開始。そしてその後も状態に変わりは見られない為、徐々に調教を進めていく事になっています。
馬体重:490kg
00/12/25
天栄ホースパークで、101.5(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/12/18
天栄ホースパークでダク2,400mと軽めのキャンターの調整を始めています。今のところ状態面にも変わりないそうで、少しずつ調整を進めていく事になっています。
00/12/11
6日に天栄ホースパークに放牧されました。牧場長は、特別悪いところがある訳ではないし、軽めに乗りながら様子を見ていきたい、と話しています。
00/12/04
DWコースでキャンターの調整とゲート練習を続けていましたが、調教後に少しスクんでしまいました。調教師は、まだ全体的に弱いところがある様だから、一旦放牧に出して、もっと馬体の成長を待った方が良いかもしれない、と話しています。
00/11/30(会報)
調教師から指示があり10日に栗東へ入厩しました。気性的に落ち着きが出てこず、入厩後、しばらくは角馬場で調整を続けていましたが、下旬からコースで乗り込みを開始。しかしまだ気性的に幼いのか、少し怖がりな面を見せ、馬体にもまだ良化途上で弱い面が見られ、月末の調教後には馬体がスクんでしまいました。調教師は、一旦放牧に出してもっと成長を待った方が良いかもしれない、と話しています。
00/11/27
DWコースでキャンターの調整とゲート練習を始めています。調教師は、コースに出して乗り始めたところ、気性的にまだ幼いのか、少し怖がりな面を見せているが、直ぐに慣れてくるだろう。ただ、馬体がまだしっかり出来てはいない様なので、しばらくはじっくり乗り込みを進めていく、と話しています。
00/11/20
馬名が シルクアクトレス に決まりました。状態に問題ありませんが、先週一杯は気性面を落ち着かせる為、角馬場で調整をおこなっています。今週からコースに出して、進めていく予定です。
00/11/13
調教師より指示があり、10日に栗東の昆厩舎に入厩しています。到着後の状態に変わり無く、今週からしっかり仕上げを進めていく事になっています。
00/11/06
天栄ホースパークで、103.4(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/10/31(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中です。やや疲れ気味の様なので、下旬から調教のペースを緩めていますが、大したものでは無いそうです。牧場長は、仕上げにかかっていた反動が出た様だが、少し様子を見れば元に戻るだろう。全体的にはいい方向に進んできているから、状態が上向くのを待って強めていく、と話しています。
21.8 19.8 21.6 23.0 (天栄HPのトラックコースでマークした、10月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:510kg
00/10/30
天栄ホースパークで、103.4(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/10/23
天栄ホースパークで、99.6(同上)
00/10/16
天栄ホースパークで、86.2(同上)
00/10/09
天栄ホースパークで、89.0(同上)
00/10/02
天栄ホースパークで、66.9(同上)
00/09/30(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。順調に調教を積みながら動きも良化してきているが、月末に訪れた調教師は、13秒程度のラップを楽に出せる位のデキになれば、入厩を考えたい、とコメント。
17.2 16.7 16.9 16.1 (天栄HPのトラックコースでマークした、9月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:498kg
00/09/25
天栄ホースパークで、87.8(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/09/18
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/09/11
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/09/04
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/08/31(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。他の進んでいる馬と比べるとまだまだだが、この馬なりに良くはなってきている。だいぶ体つきもパンとしてきて、しっかり乗り込めそうなので、そろそろ速いところもやり始めてみたい。
馬体重:487kg
00/08/28
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/08/21
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/08/14
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/08/07
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/07/31(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。まだ良化途上で暑い時期でもあり、無理せず進めているが、体つきは徐々に良化が窺える。調教師からも、時間をかけてじっくりやっていくよう指示が出ている。
27.0 26.7 25.0 22.5 (天栄HPのトラックコースでマークした、7月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:485kg
00/07/31
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/07/24
天栄ホースパークのトラックコースで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/07/17
天栄ホースパークで、110.6(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/07/10
天栄ホースパークで、101.9(同上)
00/07/03
天栄ホースパークで、101.2(同上)
00/06/30(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。少しずつ良化も窺えるが、入厩の目処が立つ状態となるまでには、結構時間がかかりそうだ。夏場は無理せず、じっくり力を付けさせる様に調教を積ませたい。
24.8 21.1 19.5 19.8 (天栄HPのトラックコースでマークした、6月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:472kg
00/06/26
天栄ホースパークで、100.6(同上)
00/06/19
天栄ホースパークで、99.0(同上)
00/06/12
天栄ホースパークで、85.2(同上)
00/06/05
天栄ホースパークで、95.3(同上)
00/05/31(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。時々速いところもおこなっており状態面に不安は無いが、まだあまり馬体が変わってこない。確認した調教師も、焦らず時間をかけて良化を図っていく様に指示。
24.4 18.1 14.5 14.4 (天栄HPのトラックコースでマークした、5月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:463kg
00/05/29
天栄ホースパークで、105.0(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/05/22
天栄ホースパークで、104.2(同上)
00/05/15
天栄ホースパークで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/05/08
天栄ホースパークで、72.4(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/05/01
天栄ホースパークで、95.0(同上)
00/04/30(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。順調に乗り込んで馬体にも幅が出てきたが、確認した調教師は、まだ仕上げていくには早そうだ、と話し、もうしばらくはじっくり馬体を作っていくように指示。
28.3 25.4 21.7 19.6 (天栄HPのトラックコースでマークした、4月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:454kg
00/04/24
天栄ホースパークで105.3(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/03/31(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。順調な良化を見せており、師は、夏頃には使える様に進めて欲しい、と指示。
00/02/29(会報)
天栄でダク2,400mをキャンター2,400mで調整中。飼い葉食いがなかなか良く、馬体に幅が出てきた。動きにも良化が窺える。
00/01/31(会報)
22日に天栄ホースパークに移動し、ダク3,000mで調整中。まだ軽めの内容だが、ビッシリ乗り込みながら馬体を作っている。
99/12/26(会報)
屋内コースでダク2,400mの調整中。もう少ししっかり乗れる様になれば、調教師の要望により天栄に移動させる予定。
馬体重:444kg
99/11/30(会報)
8月31日、新冠支場入厩。直線コースでダク2,400mの調整中。まだ若いが、筋肉が付いてくると良くなってきそう。
馬体重:440kg
99/10/31(会報)
8月31日に新冠支場に入厩しました。既に軽めの乗り込みを始めています。馬体にもう少し丸みが出てくると良さそうです。
99/08/31(会報)
馬体のバランスも良く、理想的な成長振り。気性面の成長も伺われる。
99/07/31(会報)
馬体重:379kg (7月中旬計量)
99/06/30(会報)
気品が感じられる馬体で能力が高そう。気の強さが出てくれば更に良い。
99/04/30(会報)
牝馬の群の中でも目を引く、なかなかの好馬体。気性もしっかり成長。
99/03/31(会報)
体高:145.5cm 胸囲:160.0cm 管囲:18.0cm
99/02/28(会報)
垢抜けた見栄えのする馬体でバランス良し。素直になって手もかからず。
98/12/31(会報)
手こずらす事がまだまだ多い。気の強いやんちゃ娘で、順調に成長中。