シルクウィル(○父)
牡馬、鹿毛、98/02/23生
父:マイシンザン、母:アイリッシュハニー、母の父:ラストタイクーン
厩舎:島崎宏(栗東)、生産:カタオカステーブル
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
01/06/30(会報)
6月1週目を除外された後、10日の中京で出走する事に。厩務員は「元気で飼い葉の食いもいいから、なかなか思う様に絞れてこないが、それでもだいぶスッキリしてきている。距離が短くなる分、今度は頑張れると思う」と話してレースを迎えました。まずまずのスタートを切ると中団に付けました。外を通って仕掛けて早めに先団に並び掛けようとしましたが、なかなか差を詰められず直線では後方に下がって13着でした。レース後は変わり無くCWでキャンターの調整を始めたところ、右後脚の球節付近が腫れぼったくなって歩様もぎこちない感じとなり、獣医の診察を受けました。骨には異常ありませんでしたが、骨膜炎を発症している事が判明。馬房で休ませて経過を見ましたが、しばらく放牧に出して回復を待たなければならない状況で今後の予定について獣医の意見も踏まえ調教師と協議を行った結果、誠に残念ながら引退させる事が決まり、22日に登録抹消の手続きが取られました。
01/06/25
馬房で休ませ経過を見ましたが、しばらく放牧に出して回復を待たなければならない状況で、獣医の意見も踏まえ調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、22日に抹消の手続きが取られています。出資会員の皆様には近日中に書面でご報告致します。
01/06/18
レース後も変わり無く、CWコースでキャンターの調整を始めていたところ、右後脚の球節付近が腫れぼったくなって歩様もぎこちない感じとなり、獣医の診察を受けました。骨には異常ありませんでしたが、骨膜炎の症状が出てきている事が分かり、馬房で休ませています。このままもう少し休養させ、経過をみる予定です。
01/06/11
先週13着でした。まずまずのスタートを切ると中団に付けました。外を通って仕掛けていき、早めに先団に並び掛け様としましたが、なかなか差を詰められず、直線では伸び脚を欠いてしまい、後方に下がっています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
01/06/11≪先週のレース結果≫
中京3R 3歳未勝利(芝1,200m)
      シルクウィル     13着
01/06/09≪6/10(日)の出走情報≫
中京3R 3歳未勝利 混合(芝1,200m)
      18頭7枠14番 52s 高田
      発走10:55
先週は除外されましたが、今週も終い気合いを付けられてしっかり追われており、デキは少しずつ良くなっています。厩務員は、元気で飼い葉の食いもいい馬だから、なかなか思う様に絞れてこないが、それでもだいぶスッキリしてきている。距離が短くなる分、今度は頑張れると思う、と話しています。
01/06/07≪今週の出走馬≫
日曜日・中京3R (芝1,200m) 52s 高田
01/06/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7CW不  85.8-69.8-54.4-39.9-12.8 (9)一杯
01/06/06≪今週の出走予定馬 6/6現在≫
日曜日の中京、D1,000m
01/06/05≪今週の出走予定馬 6/5現在≫
中京競馬(番組は未定)
01/06/04
31日にBコースで追い切られ、先週の出走を予定しましたが、除外されました。普段は汗取りを着用し、DWコースで乗り込んでおり、厩務員は、まだ余裕があるのでもう少し絞れてきて欲しいが、調教では機敏に反応する様になってきている、と話しています。引き続き今週の中京で出走を予定しています。
01/05/31(会報)
当初福島予定でしたが番組や乗り役などを考慮し、4日の京都で出走する事に。調教助手は「仕上がり途上で経験馬相手だし今回は期待出来ないが、使いながら上向かせていきたい」と話してレースを迎えました。出遅れて後方からの競馬となりました。直線で最内を突いて追われると目立つ程では無いものの、最後までジリジリと伸びて12着。レース後は順調で、厩務員は「競馬を一度使ってから気合い乗りが良くなっている。もっと絞れてくれば勝ち負け出来る様になると思う」とコメント。19日の中京で出走する事に。厩務員は「筋肉が絞まってトモの踏み込みも力強くなるなど順調に良化している」と話してレースを迎えました。ダッシュ良く上がっていくと逃げ馬に並び掛ける勢いでしたが、手応えに余裕が無くなり徐々に後退。3角では外にはじかれる不利を受けて一気に下がり16着。レース後は順調で疲れも無く、馬体がスッキリして中1週予定でしたが6月1週目は除外されました。
01/05/31≪今週の出走馬≫
出走を予定していました、シルクアドバンス、シルクエンペラー、シルク ウィルは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
01/05/31≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27DW稍  58.3-13.9 (8)一杯
31B稍   83.7-66.0-51.7-38.7-12.2 (7)馬也
01/05/30≪今週の出走予定馬 5/30現在≫
土曜日の中京、芝1,800mの父内国産馬限定戦
01/05/29≪今週の出走予定馬 5/29現在≫
中京競馬(番組は未定)
01/05/28
レース後も順調で、DWコースでキャンターの調整です。厩務員は、前走は不利を受けて走る気を無くした事もあるが、まだ太めでテンに行き過ぎたからバテてしまった。ただ、馬体は使った分、スッキリしてきたし、疲れも見られないから、中1週で使っていきたい、と話しています。今週の中京で出走予定です。
01/05/21
先週16着でした。ダッシュ良く上がっていくと逃げ馬に外から並び掛ける勢いでしたが、手応えに余裕が無くなり、徐々に後退していきました。そして3コーナーでは外にはじかれる不利を受け一気に下がってしまい、そのまま挽回出来ず、大きく遅れて入線しています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。なお、勝ち馬から5秒以上離されていますが、不利を被った為、タイムオーバーの対象にはなっていません。
01/05/21≪先週のレース結果≫
中京2R 3歳未勝利(D1,700m)
      シルクウィル     16着
01/05/18≪5/19(土)の出走情報≫
中京2R 3歳未勝利 (父)(D1,700m)
      16頭6枠11番 55kg 小牧
      発走10:30
相手関係や乗り役などを検討した結果、当初の予定を変更し、この番組にまわっていますが、動きには素軽さも出てきて調子は上向きだそうです。厩務員は、筋肉が絞まってトモの踏み込みも力強くなるなど、1度叩いて順調に良化してきている。ダートで追った今週の動きもなかなか良かったから今回は楽しみだ、と話しています。
01/05/17≪今週の出走馬≫
土曜日・中京2R (D1,700m) 55s 小牧
01/05/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13DW良  82.5-68.2-54.0-40.6-13.4 (7)馬也
17B良   80.5-64.9-50.1-37.4-12.5 (7)強め
01/05/16≪今週の出走予定馬 5/16現在≫
土曜日の中京、芝1,800m
01/05/15≪今週の出走予定馬 5/15現在≫
土曜日の中京、芝1,800m
01/05/14
レース後も順調で、DWコースでキャンターの調整です。厩務員は、競馬を1度使ってから、調教の気合い乗りが良くなってきている。レース振りも悪くなかったし、もっと馬体が絞れてくれば、その内勝ち負け出来る様になってくれると思う、と話しています。次走については今週土曜日の中京、芝1,800mを予定しています。
01/05/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7DW良  75.0-58.7-42.8-14.1 (8)馬也
01/05/07
先週12着でした。スタートで出遅れ、行き脚ももう一つで後方からの競馬となり、そのまま内ラチ沿いを追走していきました。しかし、直線で最内を突いて追い出されると、目立つ程の脚ではありませんでしたが、最後までジリジリと伸びて前との差を詰めています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ来週の中京を予定しています。
01/05/07≪先週のレース結果≫
京都4R 3歳未勝利(芝1,400m)
      シルクウィル     12着
01/05/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29DW良  61.1-44.3-14.8 (8)馬也
2B良   79.4-64.5-51.1-38.6-13.4 (2)一杯
01/05/03≪5/4(金)の出走情報≫
京都4R 3歳未勝利(芝1,400m)
      18頭1枠2番 55kg 石橋
      発走11:25
当初福島を予定していましたが、番組や乗り役などを考慮し、京都での出走が決まっています。元気があり状態としては良いそうですが、馬体はまだ太めで、追い切りでは汗取りを着用してしっかりと追われています。調教助手は、仕上がり途上で経験馬相手だし、今回は期待出来ないが、これから競馬を使いながら色々覚えさせ上向かせていきたい、と話しています。
01/05/02≪今週の出走馬≫
金曜日・京都4R(芝1,400m)55s 石橋
01/05/02≪今週の出走予定馬 5/2現在≫
金曜日の京都、芝1,400m
01/05/01≪今週の出走予定馬 5/1現在≫
福島競馬(番組は未定)
01/04/30(会報)
12日にゲート試験を受けたところ、少し入るのを嫌がってしまい不合格でした。調教助手は「試験には落ちたが、練習ではだいぶ良くなってきている」と話し、18日には再び試験を受けましたが、また入るのを嫌がり不合格でした。しかし20日に受け直すと今度は入りもスムーズで合格。厩務員は「動きなどに問題無ければ福島に入れていこうと思う」と話しており、5月1週目のデビュー予定となっています。
01/04/30
26日にBコースで時計を出しました。厩務員は、ゲートも無事受かったし、デキも徐々に良くなってきているから、動きなどに問題無ければ福島に入れていこうと思っている、と話しています。今週から登録をおこなう予定です。
01/04/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20E良   (ゲート)14.2で馬也
22CW良  69.2-55.0-41.1-14.3 (4)馬也
26B良   82.4-67.2-52.3-38.4-12.2 (7)一杯併入
01/04/23
DWコースでキャンターの調整で、ゲート練習も問題無くこなしていた為、18日に試験を受けたところ、また不合格でした。厩務員は、練習では上手くこなしていたのに試験の時に限ってゲート入りを嫌がってしまう、と話していましたが、20日に再度試験を受けると、今度はゲート入りもスムーズで合格しています。まだ具体的な目標は決まっていませんが、馬体はある程度出来ているそうで、早い内に出走の予定が立ちそうです。
01/04/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18E良   (ゲート)14.6 馬也
19DW良  61.2-45.6-14.4 (7)馬也
01/04/16
Eコースでキャンターの調整とゲート練習をおこない、12日にゲート試験を受けましたが、少し入るのを嫌がってしまい、不合格でした。調教助手は、試験には落ちたが、練習でもだいぶ良くなってきている、と話しており、また今週試験を受けてみる事になっています。
01/04/09
引き続きCWコースでキャンターの調整とゲート練習をおこなっています。調教助手は、普段は大人しいし、一旦ゲートの中に入りさえすればあとは問題無いのだが、まだ時々入る手前で横を向いたりして嫌がる事があり、当てに出来ない、と話しています。もう少しこのままゲートを練習を続ける予定です。
01/04/05≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1DW稍  45.5-13.2 (8)馬也
01/04/02
CWコースでキャンターの調整とゲート練習を続けています。ゲートはだいぶ慣れてきて躊躇せずに中へ入る様になってきており、早く試験の目処が立つよう、このまま進めていく事になっています。
01/03/31(会報)
厩舎の馬房の都合がついた為、16日に栗東に帰厩しました。帰厩後、厩務員は「以前より体力も付いている感じで息づかいも悪く無いし、コースの乗り込みは順調なのだが、ゲートに連れていくと前で立ち止まってなかなか中へ入ろうとしない」とコメント。しかしその後、徐々に慣れてきた様で、月末頃には躊躇せずゲートの中へ入る様になっています。早く試験の目処が立つよう、このまま練習を進めていく予定です。
01/03/26
CWコースに出てキャンターの調整を始めています。厩務員は、以前より体力も付いている感じで息づかいも悪く無いし、コースの調教は順調だが、ゲートに連れていくと、ゲートの前で立ち止まってなかなか中へ入ろうとしない。ただ一旦入ってしまえば中では大人しくしている、と話しており、徐々にゲートを慣らしています。
01/03/19
天栄ホースパークで調整を続けていましたが、厩舎の馬房の都合がついた為、16日に栗東へ帰厩しています。到着後の状態も良く、翌日から角馬場で乗り始めており、これから出走に向け調整を進めていきます。
01/03/12
天栄ホースパークでダク4,000mとキャンター2,400mの調整で、坂路で87秒8の時計を出しています。軽めの運動量をかなり増やして馬体面の良化を図りながら、帰厩に備えています。
01/03/05
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、坂路で66秒1の時計を出しています。馬体にはまだ余裕がある為、しっかり絞りながら乗り込みを続けていますが、動きや状態は共に良いそうです。
01/02/28(会報)
天栄ホースパークで調整中です。体つきにはまだ余裕がありますが、状態良く順調にペースアップして乗られ、中旬からはコンスタントに15-15位の時計も出しています。調教師は「まだ具体的な予定は立っていないが牧場からも仕上がりが進んでいると報告を受けているし、馬房の都合がつけばそろそろ厩舎に戻そうと思う」と話しています。
15.9 13.9 14.4 15.6 (天栄HPのトラックコースでマークした、2月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:552kg
01/02/26
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、坂路で60秒5の時計を出しています。順調に仕上げを進めながら厩舎からの連絡を待っており、変わりありません。
01/02/19
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、坂路で59秒8の時計を出しています。調教師は、まだ具体的な予定は立っていないが、牧場からも仕上がりが進んでいると報告を受けているし、馬房の都合がつけばそろそろ厩舎に戻そうと思う、と話しています。
01/02/12
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、坂路で71秒1の時計を出しており順調です。
01/02/05
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、坂路で95秒2の時計を出しています。先週はややペースを落として乗られていますが、状態などに変わりは無く順調です。
01/01/31(会報)
天栄ホースパークで調整を続けています。上旬からしばらくの間、雪の影響で調教のペースを緩めましたが、この馬の状態には何も問題無く、牧場長は「少し落ち着きが足りない様なところはあるが、デキとしてはなかなか良い」とコメント。下旬からは馬場の回復した坂路で連日丁度20秒位のラップで乗り込んで仕上げを進めています。
20.8 15.0 14.8 16.1 (天栄HPのトラックコースでマークした、1月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:554kg
01/01/29
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整で、坂路で84秒4の時計を出しています。連日坂路で丁度20秒位のラップで乗り込んでおり、順調に仕上げを進めています。
01/01/22
天栄ホースパークでダク3,000mと坂路で82秒7の時計を出しています。牧場長は、少し落ち着きが足りない様なところはあるが、デキとしてはなかなか良い、と話しており、このまましっかり仕上げを進めていく事になっています。
01/01/15
天栄ホースパークで、ウォーキング3,400mとダク1,800mの調整です。
01/01/08
天栄ホースパークで、66.7(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)で、ダク1,800mとキャンター2,400mの調整です。順調に乗り込みを進め、状態も良く、帰厩に向けしっかり仕上げていきます。
00/12/25(会報)
引き続き天栄ホースパークで調整中です。状態に変わり無く、なかなか良いペースで乗り込みを続けており、まずまずの仕上がりとなってきているそうです。牧場長は「太めだが、このところ調子が良い様で思った以上に上昇を見せており、デキはなかなか良くなっている。調教師と打ち合わせて仕上げにかかりたい」と話しています。
15.8 14.4 13.9 13.9 (天栄HPのトラックコースでマークした、12月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:548kg
00/12/25
天栄ホースパークで、58.0(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/12/18
天栄ホースパークで、94.1(同上)
00/12/11
天栄ホースパークで、81.2(同上)
00/12/04
天栄ホースパークで、61.5(同上)
00/11/30(会報)
天栄ホースパークのパドックに放牧され、口の部分の外傷が治まるのを待っていましたが、中旬には回復してきた為、乗り運動を再開。外傷を負った部分以外には問題無く、ゆっくり休ませていた分、状態面も上向き、以後はなかなか良いペースで乗り込みを進めています。牧場長は、良いデキになるのはまだ先になるだろうが、雰囲気はガラッと良くなってきているし、これからしっかり乗り込んでいきたい、とコメント。
馬体重:536kg
00/11/27
天栄ホースパークで、75.0(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/11/20
天栄ホースパークで、ダク2,400mと軽めのキャンター2,400mの調整
00/11/13
口の部分の外傷が治まり、天栄ホースパークで軽めの乗り運動を再開しています。
00/11/06
天栄ホースパークのパドックで放牧休養中です。
00/10/31(会報)
引き続き天栄の馬房で休ませ回復を図っていましたが、引き運動で確認をおこなったところ、脚元の状態は落ち着いており、獣医から運動の許可も出た為、中旬からダクの調整を始めました。その後、脚元の状態に変わりはありませんでしたが、月末に洗い場で暴れて口の右側を少し切ってしまい、ハミを掛けられない状態となった為、一息入れています。外傷が治まり次第、調整を再開する予定です。
馬体重:530kg
00/10/30
天栄ホースパークで、軽めの調整を続けていましたが、洗い場で暴れた際に口の右側を少し切ってしまいました。ハミを掛けられない為、怪我が治まるまでの間、少し放牧させる予定です。
00/10/23
天栄ホースパークで、ダク2,000mの調整
00/10/16
天栄ホースパークで、ダク1,800mの調整を始めました。脚元の状態は落ち着いていますが、焦らずじっくり進めていく事になっています。
00/10/09
天栄ホースパークで、週末から引き運動の調整を始めました。少しこのまま調整を続け、脚元の回復具合を確認する事になっています。
00/10/02
天栄ホースパークの馬房で休養を続けています。
00/09/30(会報)
予定通り1日に天栄へ移動し、馬房でゆっくり休ませています。骨膜炎の症状は徐々に良化していますが、完治までにはもう少し時間がかかる模様で、牧場長は、まだ3歳だし、焦らず治まるのをじっくり待ってから乗り始める様にしたい、とコメント。
00/09/25
天栄ホースパークの馬房で休養中です。
00/09/18
天栄ホースパークの馬房で休養中です。
00/09/11
天栄ホースパークの馬房で休養中です。
00/09/04
レントゲン検査をおこない、骨膜の部分の確認をおこないましたが、獣医より、回復には少し時間がかかると思う、と話しがあった為、1日に天栄ホースパークへ放牧されました。しばらくはゆっくり馬房で休ませる事になっています。
00/08/31(会報)
コースで時計も出し、また順調に乗り込みを進めていましたが、ソエ気味となりペースダウン。そして下旬には左肩に骨膜炎の症状がある事も分かり、獣医より、回復には少し時間がかかると思う、と話しがあった為、9月1日に天栄へ放牧される事に。
00/08/28
脚元を気にする素振りを見せた為、獣医に診てもらったところ、左肩に少し骨膜の症状が出ている事が分かりました。少し休ませ様子を見る事になっていますが、調教師は、一旦放牧に出して良化を図った方が良いかもしれない、と話しています。
00/08/21
Bコースでキャンターの調整です。ソエの具合は落ち着いていますが、もうしばらくは無理せず、軽めの調教内容で様子を見る事になっています。厩務員は、なかなか良いスピードも持っていそうだから、焦らず進めていく、と話しています。
00/08/14
CWコースでキャンターの調整で、少し両前脚を気にしている様なので、調教のペースを落としています。調教助手は、ソエが出てきた様だが大した事は無いと思う。デビューは少し遅れると思うが、じっくりと進めていきたい、と話しています。
00/08/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6CW良   13.8 馬也
00/08/07
3日にCWコースで時計を出しました。乗り込みは順調ですが、ゲートは入る時にまだ少し手こずつているそうです。試験に受かれば、すぐにデビューの目処も立ちそうな状態となっていますが、焦らず練習を進めています。
00/08/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW良  76.3-59.3-44.3-15.0 (2)馬也
30CW良  67.7-54.2-41.1-13.5 (7)一杯併入
3CW良  87.3-71.0-55.9-41.0-12.5 (8)馬也併入
00/07/31(会報)
5日にゲート試験を受けましたが、気性的に少し煩い面を出してしまい、不合格となりました。その後、入厩してから丁度、疲れのピークとなっていた為、ペースを緩めて様子を見ましたが、下旬には状態が回復。月末から元のペースに戻しています。
00/07/31
CWコースでキャンターの調整とゲート練習を再開しています。調教助手は、ゲートは一旦試験を受けるところまでやっているから、順調にいけば時間は掛からないと思う、と話しています。
00/07/24
CWコースでキャンターの調整です。徐々に疲は取れてきたそうで、調教助手は、順調に体調は回復している。これなら近々、ゲート練習も再開できるだろう、と話しています。
00/07/17
CWコースでキャンターの調整ですが、少し疲れが出てきた為、ペースを緩めて様子を見る事になりました。ゲート練習も、しばらく見合わせる予定ですが、状態が戻り次第、再開する事になっています。調教助手は、入厩してから時期的に丁度、疲れのピークにきている。ゲートも最初は問題無く出入りしていたし、疲れていたから入るのを嫌がったのだろう、と話しています。
00/07/10
CWコースでキャンターの調整です。ゲート練習を順調にこなしていた為、5日に試験を受けましたが、気性的に少し煩い面を出して、なかなかゲートに入らず不合格となりました。調教助手は、状態を落ち着かせる為、しばらく軽めの調教内容で様子を見て、また試験を受けたい、と話しています。
00/07/03
29日に芝コースで時計を出しました。調教助手は、初めて強めに追った割には、動きはまずまず良かった方だと思う。調教後も、脚元に不安は見られないし、ゲートも順調にこなしている、と話しています。近々、ゲート試験を受ける予定となっています。
00/06/30(会報)
蹄鉄を替えたところ、脚元にかかる負担が減りだいぶ調教しやすくなったそうで、7月の小倉を目標に仕上げていく事になりました。月末には芝コースで初めて一杯に追われ、まずまずの動きを見せていたそうで、近々ゲート試験も受ける予定です。
00/06/29≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23E不  (ゲート)13.1-13.9 馬也
25CW不 (ゲート)45.3-13.9 (8)馬也
29芝不  83.0-66.2-51.5-37.3-12.8 (3)一杯先着
00/06/26
22日にEコースでゲートから時計を出しました。調教助手は、まだ動き自体はそれ程、目立たないが、今のところ順調にきている。予定通り、小倉開催を目標に仕上げていきたい、と話しています。
00/06/22≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18CW不  60.4-43.5-14.5 (7)馬也
22E良  (ゲート)14.2-15.0 馬也
00/06/19
15日にCWコースで時計を出しました。調教助手は、ゲートも段々上手くこなすようになっているし、走りもこれから上向いてくると思う、と話しています。
00/06/15≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11CW不  60.6-45.3-14.6 (8)馬也
15CW稍  76.0-59.8-44.5-15.9 (5)一杯遅れ
00/06/12
Bコースでキャンターの調整をおこないながらゲート練習を始めています。ゲートは、今のところ問題無くこなしているそうで、調教助手は小倉を目標に仕上げを進めていきたい、と話しています。
00/06/05
CWコースでキャンターの調整です。蹄鉄を替えてみたところ、脚元にかかる負担が減ってだいぶ調教しやすくなったそうです。厩務員は、まだ油断は出来ないが、これで調教を進めていけると思う。なかなかいいスピードを持っているから順調にいけば楽しみだ、と話しています。
00/05/31(会報)
厩舎で調整を進めていく事となり、20日に栗東に入厩しました。翌週にはコースで乗り込みを始めており、厩務員は、まだ前脚にしっかりしていない面があるから気をつけながら乗っているが、気性が素直で調教を進め易そうなタイプだ、とコメント。
00/05/29
馬名が シルクウィル に決まりました。CWコースでキャンターの調整を始めています。厩務員は、まだ前脚にしっかりしていない面があるから、気をつけながら乗っているが、気性が素直で調教を進めやすそうなタイプだ、と話しています。
00/05/22
天栄ホースパークで、調整を進めていましたが、20日に栗東の島崎厩舎に入厩しました。
00/05/15
天栄ホースパークで、ダク2,400m、キャンター2,400mの調整
00/05/08
天栄ホースパークで、91.0(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/05/01
天栄ホースパークで、98.8(同上)
00/04/30(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター2,400mで調整中。転倒した事の影響は無いが、まだ両前脚がしっかり固まっていない為、球節部分に負担がかかり、熱をもつ事がある。脚元が固まるまでは、無理せず進めていく。
26.7 23.8 23.8 24.5 (天栄HPのトラックコースでマークした、4月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
馬体重:485kg
00/04/24
天栄ホースパークで110.4(キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の、先週一番速かった800mのタイム)
00/03/31(会報)
天栄でダク2,400mとキャンター1,600mで調整中。転倒した為、一息入れたが、月末には元のペースで乗り込んでおり心配ない。
00/02/29(会報)
2日に天栄ホースパークへ。ダク2,000mとキャンター2,000mで調整中。馬体がしっかりしてきており、順調に進めていけそう。
00/01/31(会報)
ダク2,400mで調整中。まだ中身が伴っておらず、動きが重い。馬体自体には不安無く、しっかり乗り込んでいきたい。
馬体重:516kg
99/12/26(会報)
屋内コースでダク1,800mの調整中。不安も無く順調で、もう少し乗れる様になったら天栄へ移して欲しい、と調教師。
馬体重:505kg
99/11/30(会報)
10月17日、新冠支場入厩。直線コースでダク2,400mの調整中。馬格があり丈夫そうな体つきで、パワーがありそう。
馬体重:485kg
99/10/31(会報)
10月17日に新冠支場に入厩しました。しっかりとした体つきに成長してきており、丈夫で馬力もかなりありそうなタイプです。
99/08/31(会報)
とても元気が良く、発育も順調。なかなか立派な馬体となってきている。
99/07/31(会報)
馬体重:443kg (7月中旬計量)
99/06/30(会報)
不安無く順調な成長を見せ、逞しさも出てきた。秋からの育成が楽しみ。
99/04/30(会報)
大きくがっしりした体つきに成長し、動きからはかなりパワーがありそう。
99/03/31(会報)
体高:150.0cm 胸囲:170.0cm 管囲:19.0cm
99/02/28(会報)
順調に成長し、不慣れな人でも引く事ができる位、素直で大人しい子に。
98/12/31(会報)
バランスの良い馬体で成長は進んでいるが、気性はまだまだ甘えん坊。