シルクサンフラワー
牝馬、鹿毛、97/03/21生
父:サンシャインフォーエヴァー、母:ピンククイン、母の父:アスワン
厩舎:中尾銑治(美浦)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
00/06/30(会報)
中旬からコースに出て軽めのキャンターをおこないましたが、調教後にまた歩様が悪くなった為、獣医の診察を受けました。骨に異常はありませんが、右肩が肉離れの様な状態となっている事が分かり、再度診察を受けたところ、当分回復を待つ必要がある、という獣医の診断があった為、調教師と協議した結果、残念ながらこのまま引退させり事が決まり、22日に抹消の手続が取られています。
00/06/26
再度診察を受けたところ、当分ゆっくりさせて回復を待つ必要がある、という獣医の診断がありました。それを受けて調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、22日に抹消の手続が取られています。出資会員の皆様には先週末に書面をお送り致しておりますので、どうぞご確認下さい。
00/06/19
水曜日に南Aコースで軽めのキャンターをおこなったところ、調教後にまた歩様が悪くなった為、獣医の診察を受けました。レントゲン検査の結果、骨に異常はありませんでしたが、右肩の部分が肉離れの様な状態となっている事が分かり、馬房で休ませています。今週、もう一度獣医の診察を受けてから、調教師と今後の事について協議をおこなう事になりました。
00/06/12
角馬場でキャンターの調整を始めました。脚元の状態は落ち着いており、診察した獣医も、徐々に進めていっても問題無いだろう、と話しています。様子を見てコースに出して調教を始める予定です。
00/06/05
予定通り、先週水曜日から角馬場でダクの調整を始めています。乗り運動を始めた後も脚元の状態に変わりは見られず、調教助手は、今のところ大丈夫だ。このままいってくれると良いが、まだ軽い内容だから、これから進めてみてどうなるかだろう、と話しています。様子を見て軽いキャンターを始める予定です。
00/05/31(会報)
獣医の診察を受けたところ、右後脚の飛節部分に軟腫という、小さな瘤の様なものができている事が分かりました。レーザー治療をおこないながら、馬房で休ませて回復を図り、中旬頃には状態が良化してきた為、厩舎周りの引き運動の調整を開始。その後、歩様なども普通に戻ってきたので、月末から角馬場で軽めの運動を始めています。治療はもうしばらく継続しておこなう事になっています。
00/05/29
厩舎周りの引き運動の調整です。脚元の治療を続け、状態は良化してきているそうで、調教師は、今週から角馬場でダク程度の運動から始めていきたい、と話しています。
00/05/22
引き続き厩舎周りの引き運動の調整です。歩様などはもう普通に戻ってきたそうで、調教師は、このまま問題無さそうなら、来週あたりから角馬場で軽めの調整を始めてみたい、と話しています。なお、先週の調教時計の情報では、15日に坂路で時計を出したという内容で、誤ってお伝えしてしまい、申し訳ございませんでした。
00/05/18≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15坂   38.6-25.3-12.9 強め先着
00/05/15
脚元の状態が良化してきた為、厩舎周りの引き運動の調整を始めています。もうしばらくは無理せずレーザー治療を続けながら、引き運動だけで様子を見る事になっています。
00/05/08
獣医の診察を受けたところ、右後脚の飛節部分に軟腫という、小さな瘤の様なものができている事が分かりました。馬房で休ませ、レーザー治療をおこなっています。調教師は、姉のスマイルと同じ症状だ。少し休ませて、治療をしながら様子を見てみる、と話しています。
00/05/01
先週の出走を目指していましたが、疲れの為か、右後脚の運びが少しぎこちなくなってきた為、出走を取り止めました。調教は南Aコースで軽めに乗られており、しばらくは無理せず、様子を見る事になっています。
00/04/30(会報)
長めの距離をじっくり乗り込みながら順調に仕上げを進め、調教助手は、まだ手前は上手く変えられないが、段々気合いを表に出すようになってきた、とコメント。馬体も出来てきて福島の2週目を目標にしていましたが、下旬に疲れの為か、右後脚の歩様がぎこちなくなったので出走は取り止めました。運動は軽めに続けていますが、しばらくは無理せず、様子を見る事になっています。
00/04/26≪今週の出走予定馬 4/26現在≫
シルクサンフラワーは今週も調教は続けていますが、疲れが出てきた為か、右後脚の運びが少し良くない為、大事を取り、今週の出走は取り止める事になりました。
00/04/25≪今週の出走予定馬 4/25現在≫
福島競馬(番組は未定)
00/04/24
19日に南Dコースで時計を出しました。調教助手は、追ってからの反応がまだもう一つだが、馬体は順調に仕上がってきている、と話し、今週の福島で出走を予定していましたが、今週の動きが少し良くない為、出走は取り止める事になりました。詳しくは出走予定の情報でご確認下さい。
00/04/20≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19D良 69.5-53.5-38.9-12.1 (3)馬也遅れ
00/04/17
13日に南Dコースで時計を出しました。時計的にはもう少し動いて欲しかったそうですが馬体は順調に仕上がってきているそうです。調教師は、福島の2週目を目標にしっかり仕上げたい、と話しています。
00/04/13≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂  41.1-27.1-13.7 馬也
13D良 54.5-39.8-12.4 (3)馬也
00/04/10
南Dコースでキャンターの調整です。長めの距離をじっくり乗り込んでおり、調教助手は、まだ手前は上手く変えられないが、段々気合いを表に出す様になってきたし、息も出来てきている、と話しています。福島を目標に仕上げを進めています。
00/04/03
南Aコースでキャンターの調整です。先週は雨で馬場があまり良くなかった事もあり、無理せず、じっくり乗られています。調教助手は、この馬はなかなか手前を変えず、片方の脚に負担がかかる様な走り方をする。何とか調教で上手く変えるように覚えさせられると良いのだが、と話しています。
00/03/31(会報)
なかなか順調にゲート練習をこなしていた為、練習代わりに2日にゲート試験を受けたところ、無難にこなし合格しました。その後はコンスタントにコースで時計を出しながら、4月下旬の福島開催を目標に仕上げを進めています。動きも段々上向いてきていますが、調教助手は、この馬はなかなか手前を変えず、片方の脚に負担がかかる様な走り方をする。何とか調教で上手く変える様に覚えさせられると良いのだが、と話しています。
00/03/27
23日に南Dコースで時計を出しました。終いだけ少し強めに追われましたが、なかなか良い伸びを見せています。調教師は、今のところ順調にきている。動きにも良さが出てきており楽しみだ、と話しています。
00/03/23≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23D良 74.8-58.9-43.4-12.0 (6)強め併入
00/03/20
15日に坂路コースで時計を出しました。調教助手は、まだ力がしっかり付いてきていないが、時計を出し始めて間も無い割には、良く動いている、と話しています。福島開催を目標にこのまま仕上げを進めていきます。
00/03/16≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15坂  38.6-25.3-12.9 強め先着
00/03/13
9日にWコースで時計を出しました。まだ調教中に物見をするなど、少し集中力に欠ける面があるそうですが、乗り込みは順調です。今のところ、4月の後半から始まる福島開催を目標に仕上げを進めていく事になっています。
00/03/09≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9坂  45.4-28.7-13.7 馬也
00/03/06
南Aでキャンターの調整です。なかなか順調にゲート練習をこなしていた為、練習代わりに2日にゲート試験を受けたところ、無難にこなして合格しました。今後はコースでの調整を徐々に強めて、仕上げていく事になっています。
00/02/29(会報)
16日に美浦に入厩しました。状態に不安は無く、翌日から順調に乗り込みを始め、調教助手は、ピンククインの仔にしては、意外と大人しい、と話しています。下旬からはゲート練習も開始し、ゲートは大人しく素直にこなしているそうです。調教師は、この分ならゲートは問題無いだろう、と話しています。
00/02/28
馬名が シルクサンフラワー に決まりました。南Aコースでキャンターの調整と、ゲート練習も始めています。ゲート練習は大人しく素直にこなしているそうで、調教師は、この分ならゲートは問題無いだろう、と話しています。
00/02/21
16日に美浦の中尾銑治厩舎に入厩しました。状態に変わりは無く、翌日から角馬場でキャンターの調整を始めています。調教助手は、ピンククインの子にしては、意外と大人しい、と話しており、様子を見てコースで乗り込みを始めていく事になっています。
00/02/14
天栄ホースパークでダク4,000mとキャンター2,400mの調整です。調教量を増やして順調に乗り込みを進めており、状態もなかなか良いそうです。今週中に美浦に入厩する予定となりました。
00/02/07
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。順調に乗り込める様になっており、徐々にペースを上げて仕上げを進めています。
00/01/31(会報)
天栄ホースパークで馬体の成長を促しながら、調整を進めています。まだ強めずにじっくり乗り込んでいますが、体調などは良く順調だそうで、下旬に牧場長は、馬体もだいぶしっかりとしてきた。この分なら徐々に仕上げていけるだろう、と話しています。
00/01/31
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。順調に乗り込んでおり、徐々に馬体面もしっかりとしてきているそうです。
00/01/24
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無く、しっかり乗り込みを続けています。
00/01/17
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。じっくり乗り込みを続けながら、馬体の成長を待っています。
00/01/10
天栄ホースパークでダク2,400mとキャンター2,400mの調整です。牧場長は、まだ馬体に弱いところがあるから、じっくり乗り込みたい、と話しています。
99/12/26(会報)
天栄ホースパークで調整中です。調教は休まず続けていますが、まだ馬体面がしっかりとしてこないそうで、じっくり乗り込んでいます。牧場長は、まだ馬体が弱く、仕上げていく段階には無い。焦らず、ペースを上げずに成長を待ちたい、と話しています。
99/12/20
天栄ホースパークでダク1,800m、キャンター2,400mの調整。
99/12/13
天栄ホースパークでダク2,000m、キャンター2,400mの調整。
99/12/06
天栄ホースパークでダク2,200m、キャンター2,400mの調整。
99/11/30(会報)
焦らず、馬体の成長を待ちながら、じっくり乗り込みを続けています。26日には福島県の天栄ホースパークに移動していますが、牧場長は、少しずつ成長は窺えるが、まだ馬体にひ弱さがあるから、もうしばらくは無理せず、乗り込んでいきたい、と話しています。
99/11/29
26日に天栄ホースパークに移動し、ダク3,000mと軽めのキャンター2,000mの調整を始めています。様子を見ながら調整を進めていく予定です。
99/11/22
93.9(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/11/15
100.6(同上)
99/11/08
93.9(同上)
99/11/01
97.8(同上)
99/10/31(会報)
まだ馬体がしっかりしてこない為、直線コースで無理の無いペースで乗り込みを続けています。仕上げはまだ先になりそうです。牧場長は、馬体は徐々に良化してきているが、まだ仕上げていける状態では無い。焦らず、もう少し馬体の成長を待つ、と話しています。
23.2 24.1 22.4 22.0 (早田牧場の直線坂路コースでマークした、10月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
495kg
99/10/25
96.5(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/10/18
91.7(同上)
99/10/11
100.7(同上)
99/10/04
106.7(同上)
99/09/30(会報)
まだ馬体に弱い面が見られ、強められない。焦らず、じっくりと乗り込んで馬体を作り、しっかりしてくれば仕上げていく予定です。
23.0 23.7 22.1 21.9 (早田牧場の直線坂路コースでマークした、9月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
475kg
99/09/27
後脚に疲れが出てきた為、無理せず一息入れましたが、週末から直線コースでダク1,800mの調整を再開しています。
99/09/20
93.0(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/09/13
92.5(同上)
99/09/06
90.7(同上)
99/08/31(会報)
体調が一息だった為、軽めの運動で様子を見ていたが、下旬より普通のメニューの調整を再開。じっくり進め、仕上げはまだ先になる。
23.9 23.5 21.4 19.3 (早田牧場の直線坂路コースでマークした、8月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
466kg
99/08/30
88.1(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/08/23
89.4(同上)
99/08/16
屋内コースでダク2,000mの調整。
99/08/09
屋内コースでダク1,800mの調整。
99/08/02
風邪気味の為、ウォーキングマシンの調整で様子を見ています。
99/07/31(会報)
まだそれ程強めずじっくり乗り込んでいる。月末に風邪気味となるが、休む程の事は無い。
21.6 19.9 20.0 22.0 (早田牧場の直線坂路コースでマークした、7月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
477kg
99/07/26
99.9(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/07/19
86.8(同上)
99/07/12
83.5(同上)
99/07/05
90.3(同上)
99/06/30(会報)
まだ強めずじっくり乗り込む予定だが、徐々にしっかりしてきた。秋には良くなりそう。
23.1 24.1 21.6 20.7 (早田牧場の直線坂路コースでマークした、6月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
490kg
99/06/28
89.5(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/06/21
ダク2,400mとキャンター2,400mの調整。
99/06/14
91.9(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/06/07
93.8(同上)
99/05/31(会報)
不安は無く順調に乗っているが、秋頃まではまだ強めず、じっくり進めて成長を待ちたい。
25.5 24.5 21.0 20.6 (早田牧場の直線坂路コースでマークした、5月の1ヶ月間で1番速かったタイム)
493kg
99/05/31
94.6(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/05/24
91.6(同上)
99/05/17
95.3(同上)
99/05/10
95.4(同上)
99/05/03
99.0(同上)
99/04/30(会報)
体高:157.0cm 管囲:19.5cm 胸囲:181.0cm 体重:478kg
もう問題無く、乗り込んでおり、馬体もしっかり成長を見せ、順調に進めて行けそう。
99/04/26
92.9(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/04/19
直線コースでダク1,000mの調整。
99/03/31(会報)
体高:155.0cm 管囲:19.5cm 胸囲:181.0cm 体重:484kg
蹄の形を整える為に削蹄を行い、様子を見ている。焦らずじっくり進めていきたい。
99/02/28(会報)
まだ脚元がしっかりせず、休みを入れながらじっくり。
馬体重:471kg
99/01/31(会報)
前脚がしっかりしていない面があり、当面はじっくり。
馬体重:482kg
98/12/31(会報)
馴致中。体つきも良く、しっかり乗り込んでいけそう。
馬体重:474kg
98/11/30(会報)
えりもに放牧中で近々入厩予定。姉同様に勝った気性。
98/07/31(会報)
馬体重:410kg (7月中旬計量)