シルクアルファ
牡馬、鹿毛、97/04/25生
父:ドクターデヴィアス、母:ウインクルビー、母の父:イルドブルボン
厩舎:池上昌弘(美浦)、生産:ムラカミファーム
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
01/07/31(会報)
前走後は久々を使われた反動からか、やや疲れ気味で調子がもう一つの為、軽めに乗りながら様子を見ていたところ、左前脚がむくんできてしまいました。検査で屈腱炎を再発している事が判明し、獣医から「現状では回復の見通しが立たず年齢的な事を考えても再起は難しいだろう」と話があった為、調教師と協議の結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、8日に抹消の手続きが取られました。
01/07/11
疲れ気味で調子がもう一つの為、軽めに乗りながら様子を見ていたところ、左前脚がむくんできたので獣医の診察を受けました。検査の結果、屈腱炎を再発している事が判明し、獣医から、年齢的な事を考えても再起は難しいだろう、と話があった為、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、8日に抹消の手続きが取られています。出資会員の皆様には近日中に書面でご報告致します。
01/07/04
坂路コースでキャンターの調整です。調教は休まず続けていますが、久々を使われた為か、やや疲れ気味だそうです。次走についてはもう少し様子を見てから考える事になっており、今のところ未定です。
01/06/30(会報)
6日に坂路で時計を出し、調教師は「息遣いがもう一つだが脚元はスッキリして不安無いし、馬体のデキも良くなっている」と話し、13日の調教後には「だいぶ動ける様になってきたし、息遣いも先週に比べ良くなっている」と話して、27日の船橋で交流競走、ファンタスティックビット特別に出走する事になりました。まずまずの仕上がりとなり、調教師は一度叩いてからだとは思うが、追う毎に息の入りが良くなって体も絞まってきており、力を出せるデキにある」とコメント。中団の後ろに付けてレースを進め、向正面では内から徐々に差を詰めて行こうとしましたが、前が狭くなってやや後退してしまいました。それでも直線では盛り返し、伸び脚も見せて6着。調教師は「休み明けとしては悪くない走りだったし、スタート後と勝負処で二度、前が狭くなる不利があったから、あれがなければもう少し差は詰まっていたと思う」とコメント。レース後は少し疲れた様で、次走は未定です。
01/06/28≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24坂   43.1-29.9-15.0 馬也
24坂   39.8-27.6-14.8 馬也
01/06/27
27日に船橋で出走し6着でした。まずまずのスタートから中団の後ろに付けてレースを進め、向正面では内から徐々に差を詰めて行こうとしましたが、前が狭くなってやや後退してしまいました。それでも直線では盛り返し、伸び脚も見せています。調教師は、休み明けとしては悪くない走りだったと思うし、スタート後と勝負どころで2度、前が狭くなる不利があったから、あれがなければ、もう少し差は詰まっていたと思う、と話しています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
01/06/26≪6/27(水)の出走情報≫
船橋11R ファンタスティックビット特別(D1,700m)
       11頭6枠7番 56kg 後藤
       発走16:10
久々となりますが坂路中心に順調に乗り込み、まずまずの仕上がりとなっています。調教師は、休み明けだし、やはり1度叩いてからだとは思うが、追う毎に息の入りが良くなって、体も絞まってきており、力を出せるデキにはある、と話しています。
01/06/26≪今週の出走予定馬 6/26現在≫
27日の船橋、ファンタスティックビット特別
出走情報は26日の17時からお伝えする予定です。
01/06/21≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17坂   43.4-28.9-14.4 馬也
20坂   39.7-25.9-12.9 馬也
20坂   38.7-25.6- -- 強め
01/06/20
20日に坂路コースで時計を出しました。登録をおこなった27日の船橋、ファンタスティックビット特別に選ばれた為、予定通り船橋での出走を目指す事が決まっています。週末にも強めに追って出走に備える予定です。
01/06/19≪今週の出走予定馬 6/19現在≫
シルクアルファは27日の船橋、ファンタスティックビット特別に選ばれた為、来週の船橋で出走を目指す事になっています。
01/06/14≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13坂   38.6-26.1-13.2 馬也
13坂   37.2-24.6-12.5 一杯
01/06/13
13日に坂路コースで時計を出しました。調教師は、だいぶ動ける様になってきたし、息づかいも先週に比べ良くなっている、と話しており、再来週に船橋でおこなわれる交流戦に登録してみる事になりました。選ばれなければ来週の福島を目指す予定です。
01/06/07≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3坂   43.3-29.4-14.3 馬也
6坂   39.9-26.8-13.5 馬也
6坂   38.3-25.9-13.4 馬也
01/06/06
6日に坂路コースで時計を出しました。調教師は、息づかいがまだもう一つだが、脚元はスッキリしていて不安無いし、馬体のデキもなかなか良くなってきている、と話しており、早ければ来週の福島から登録していく事になりました。
01/05/31(会報)
予定通り2日に美浦へ帰厩し、翌日から坂路で乗り始めたところ、調教師は「スジなどは問題無いのだが普段より少し脚元が熱っぽい感じだ。無理せず落ち着くのを待って進めていく事にしたい」と話し、軽めに乗りながら様子を見ました。その後、熱も引いて問題無い状態となり下旬には時計も出し始め、月末に調教師は「早ければあと2、3週で使える様になりそうだ。交流戦を使う事も検討してみたい」と話しています。
01/05/31≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30坂   40.1-27.4-14.3 馬也
30坂   40.2-26.5-12.8 馬也
01/05/30
30日に坂路コースで時計を出しました。火曜日の調教で落鉄しましたが、その影響は無く、順調に乗り込んでいます。調教師は、早ければあと2、3週で使える様になりそうだ。交流戦を使う事も検討してみたい、と話しています。
01/05/24≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23坂   40.3-27.6-14.0 馬也
01/05/23
坂路コースでキャンターの調整で、23日には軽めに時計も出しています。追い切り後、状態を確認した調教師は、脚元もスッキリとしているし、これなら仕上げを進めていけそうだ、と話しています。ただ出走の予定についてはまだ決まっていません。
01/05/17≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17坂   43.5-29.1-14.9 馬也
01/05/16
坂路コースでキャンターの調整です。もう脚元の熱は引いてきたそうで、15−15程度の乗り込みも始めていますが、仕上げは焦らず進めていく事になっており、まだ復帰の時期は未定となっています。
01/05/09
坂路コースでキャンターの調整です。予定通りコースへ出て調教をおこなっていますが、やや脚元が気になるそうで、まだペースは上げずに様子を見ています。調教師は、スジなどは問題無いのだが普段よりも少し脚元が熱っぽい感じだ。無理せず落ち着くのを待って進めていく事にしたい、と話しています。
01/05/02
天栄ホースパークで調整を続けていましたが、厩舎の馬房の都合がつき、2日に美浦へ帰厩しました。到着後、調教師は、調子も良さそうだから明日から坂路に入れて乗り込みを進めていきたい、と話しています。
01/04/30(会報)
天栄ホースパークへ移動後は少しゆっくりさせ様子を見ましたが、右前脚の状態はもう落ち着いていた為、上旬には軽めのキャンターを開始。その後は調教量を増やしながら順調に乗り込みを進めており、下旬に確認した調教師は「もう状態に問題は無い様だしこのままどんどん乗り込んでいって欲しい。早い内に馬房の都合をつけ厩舎に戻すつもりだ」とコメント。そして5月2日に美浦へ帰厩する事が決まっています。
馬体重:502kg
01/04/25
天栄ホースパークでダク4,000mとキャンター3,000mの調整です。確認した調教師は、もう状態に問題は無いようだから、このままどんどんペースを上げて乗り込んでいって欲しい。早い内にまた馬房の都合をつけて厩舎に戻すつもりだ、と話しています。
01/04/18
天栄ホースパークでダク4,000mと軽めのキャンター3,000mの調整です。調教量も増やしながら順調に乗り込みを進めており、近々調教師が状態の確認に訪れる事になっています。
01/04/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで4,000mの調整です。運動開始後も脚元の状態は落ち着いており心配無いそうで、週末には軽めのキャンターも乗り始めています。帰厩に向けこのまま乗り込みを進めていく予定です。
01/04/04
調教師の指示で一旦放牧して立て直す事が決まり、29日に天栄ホースパークへ移動しています。移動後は少しゆっくりさせ様子を見ていましたが、右前脚の状態はもう落ち着いてきているそうで、今週から軽めに乗り始めてみる事になっています。
01/03/31(会報)
馬房の空きが出た為、10日に美浦へ帰厩しました。調教師は「まだ乗り込みが足りない感じだから時間をかけて仕上げていくつもりだが、腰の状態は針をした効果もあり凄く良くなっている」とコメント。しかし21日の朝、馬房で暴れたのか右前脚を落鉄し、外れた釘を踏んでいました。傷口が熱っぽくなっていた為、暫く休ませ様子を見ましたが、再度放牧して立て直す事が決まり、29日に天栄ホースパークへ戻っています。
01/03/26
コースで乗り込みを続けていましたが、21日の朝、確認したところ、馬房で暴れたのか右前脚を落鉄していました。そして外れた釘を踏んでいた為、右前脚が熱っぽく、その後は馬房で休ませ様子を見ています。怪我自体は時間が経てば治まるもので心配は無いそうですが、調教師は、まだ乗り込みも足りないし、回復に手間取りそうなら再度放牧に出すかもしれない、と話しています。
01/03/19
南Dコースでキャンターの調整です。状態面に変わり無く、軽めのペースでじっくり時間をかけて乗り込んでいます。
01/03/12
天栄ホースパークで調整をおこなっていましたが、調教師の指示で10日に帰厩しています。調教師は、馬房の空きが出たので少し早いが戻す事にした。まだ乗り込みが足りない感じだから時間をかけて仕上げていく予定だが、腰の状態は放牧先で針をした効果もあり凄く良くなっている、と話しています。
01/03/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整を続けています。牧場長は、もう少し軽めに乗り込んでから進めていくつもりだが、状態は良くなっており心配な面は無い、と話しています。
01/02/28(会報)
引き続き天栄ホースパークでゆっくり休ませていましたが、漸く疲れも取れ状態が上向いてきた為、中旬頃から軽めの乗り運動を始めています。運動開始後も変わりは無く徐々に良化も窺えるそうですが、調整は焦らずじっくり進めており、月末にはウォーキングとダクで5,000mのメニューをこなしています。
馬体重:504kg
01/02/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。焦らずもう少しこのままのペースで調教を続けていく予定です。
01/02/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。軽めのメニューでじっくり乗り込んでいますが、状態面の良化が窺え、問題無いそうです。
01/02/12
疲れも取れて状態が上向いてきた為、週末から天栄ホースパークで軽めの調整を始めています。まだウォーキングとダク程度のメニューですが、運動開始後も変わりは無く、このまま少しずつ進めていく事になっています。
01/02/05
天栄ホースパークの馬房で休養中です。もうしばらくはこのまま休ませる予定です。
01/01/31(会報)
坂路で順調に乗り込まれ、年明け中山の連続開催で出走予定でしたが、調教師より「中1週のペースで使ってきたから少し間隔を開ける事にしたい」と話しがあり、出走を自重。その後も坂路で調整を続け脚元の状態に変わりありませんでしたが、「腰に疲れが出てきているようだ」という調教師の判断があり、13日に天栄ホースパークへ放牧。放牧後は調教師の指示でササ針を行い、ゆっくりと状態の回復を図っています。
01/01/29
予定通り週末に天栄ホースパークでササ針をおこない、馬房で休ませています。しばらくこのままゆっくりさせ、疲れが取れるのを待つ事になっています。
01/01/22
天栄ホースパークの馬房で休養中です。ゆっくり休ませて回復を図っており、ササ針は今週末辺りにおこなう予定となっています。
01/01/15
坂路コースでキャンターの調整を続け、脚元の状態に変わりはありませんが、調教師は、腰に疲れが出てきているようだ、と話し、13日に天栄ホースパークへ放牧されました。調教師はササ針をするよう指示しており、しばらくゆっくりさせて状態の回復を図る予定です。
01/01/11≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂   41.9-28.5-14.5 馬也
01/01/08
坂路コースでキャンターの調整です。当初年明けの中山の連続開催で使う事になっていましたが、出走は自重しており、調教師は、中1週のペースで使ってきたから、少し間隔を開ける事にしたい、と話しています。なお、来週浦和でおこなわれる交流戦に登録しましたが、除外されており、次走については今のところ未定となっています。
01/01/05≪7日、8日の出走馬≫
シルクアルファはもう少しレース間隔をあけたい、という調教師の意向で今週の出走は見送る事になりました。
00/12/28≪1月5日から8日までの出走予定馬 12/28現在≫
中山競馬、D1,200mの番組
00/12/25(会報)
中間の状態面に変わりは無く調教師は「馬体はもう少し絞れて欲しいが、好調をキープしている」と話して3日の中山で出走。押して前へ行き好位の内でレースを進めました。直線でそのまま最内を突くと一旦は2番手に上がる勢いで、最後まで伸び脚を見せて4着。調教師は「もっと上がりのかかる競馬になれば良かったが、最後までしっかり伸びていたしあのレース振りならチャンスも回ってくるだろう」と話し、中1週で17日に出走。調教師は「追い切りは38秒を切れなかったが終いは12秒台で走っているし1本目も41秒位だから問題無い。前走のデキをキープしている」と話してレースを迎えました。スタートが一息で後方からの競馬となり、すぐに気合いをつけて中団辺りまで押し上げていきましたが、包まれて逆に後ろに下がってしまいました。直線は追走に脚を使って時計も速かった為か、前との差を詰める事が出来ずに12着。レース後は順調で年明けの中山開催を目標にしています。
00/12/25
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、前走はスタートが悪くてそのあと包まれ、それで終わってしまったが、使った後も調子に変わり無いし、脚元の状態にも全く問題は見られない、と話しています。次走は年明けの中山を目標にしています。
00/12/18
先週12着でした。スタートが一息で後方からの競馬となりました。すぐに気合いをつけて中団辺りまで押し上げていきましたが、包まれてスムーズにレースを運べず、逆に後ろに下がってしまい、直線は追走で脚を使い、時計も速かった為か、前との差を詰める事が出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
00/12/18
中山6R 500万下(D1,200m)
      シルクアルファ   12着
00/12/16≪12/17(日)の出走情報≫
中山6R 500万下(D1,200m)
      16頭3枠6番 55s ハリソン
      発走12:40
レース間隔が詰まっていますが、中間も坂路で順調に乗り込まれており、デキに変わりは無いそうです。調教師は、今週の追い切りは38秒を切れなかったが、終いは12秒台で走っているし、1本目も41秒位のをやっているから問題無い。前走のデキをキープしているから、あとはもっと上がりのかかる展開になれば、この馬にも十分チャンスが出てくると思う、と話しています。
00/12/14≪今週の出走馬≫
日曜日・中山6R (D1,200m) 55s ハリソン
00/12/14≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂   43.9-29.9-15.3 馬也
13坂   41.2-28.5-14.6 馬也
13坂   38.1-25.3-12.9 強め
00/12/13≪今週の出走予定馬 12/13現在≫
日曜日の中山、D1,200m
00/12/11
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、前走はもっと上がりのかかる競馬になってくれたら良かったが、最後までしっかり伸びていたし、あのレース振りならそのうちチャンスも回ってくるだろう。それにもう少し馬体が絞れてくればもっと良くなると思う、と話しています。脚元の状態にも変わりは無いそうで、今週の状態を見て次走の予定を立てる事になっています。
00/12/04
先週4着でした。押して前へ行き、好位の内につけてレースを進めていきました。直線ではそのまま最内を突いて追い出されると、一旦は2番手に上がる勢いで、最後まで伸び脚を見せ、勝馬ともそれほど差の無い競馬を演じています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
00/12/04≪先週のレース結果≫
中山8R 500万下(D1,200m)
      シルクアルファ   4着
00/12/02≪12/3(日)の出走情報≫
中山8R 500万下(D1,200m)
      13頭3枠3番 55s ハリソン
      発走13:35
平地での調教はまだ自重していますが、状態面に変わりは見られず、引き続き坂路でしっかりと乗り込まれており、良いデキだそうです。調教師は、馬体はもう少し絞れてきて欲しいが、前回に続いてこの馬としては時計も出ているし、好調をキープしている、と話しています。
00/11/30(会報)
前走後も順調に調整され連闘で4日の福島で出走する事に。調教師は「前走は力を出せなかったが使った後も脚元に問題無いし疲れも無い。デキも上向いている」とコメント。中団の内でレースを進めました。直線を向いた所で上手く外目に持ち出すと良い伸び脚を見せゴール前できっちり前を捕らえて優勝しました。その後も順調で19日の東京で出走。調教師は「いい体つきになってきた。昇級戦だがその分状態は前走以上だからどの位やれるか楽しみだ」と話していました。好スタートからハナを窺う位の出脚を見せましたが内や外から来られた為、競り合わずに中団でレースを進めました。直線を向いて追い出されると上位の馬には少し離されましたがジリジリと差を詰め5着。調教師は「クラス慣れしてくれば十分通用すると思う。ただ、間隔が開くと絞れないタイプだし平地で調教するのにも不安がある。その辺が課題だ」とコメント。状態に変わりは無く12月3日の中山で出走する事に。
00/11/30≪今週の出走馬≫
日曜日・中山8R (D1,200m)  55s ハリソン
00/11/30≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29坂   40.6-27.6-14.4 馬也
29坂   37.9-25.9-13.5 馬也
00/11/29≪今週の出走予定馬 11/29現在≫
中山競馬、土曜日か日曜日のD1,200mの番組
00/11/27
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、前走のレース振りは悪くなく、クラス慣れしてくれば十分通用すると思う。ただ、間隔が開くとなかなか絞れてこないタイプだし、まだ平地で調教するのにも不安がある。その辺がこの馬の課題だ、と話しています。今週の動きや状態を見て、出走の予定を立てる事になっています。
00/11/20
先週5着でした。好スタートを切り、ハナを窺う位の出脚を見せましたが、内や外から来られた為、無理に押して競り合う事はせず、中団でレースを進めました。直線を向いて追い出されると、上位の馬には少し離されていますが、ジリジリと伸びて差を詰めています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
00/11/20≪先週のレース結果≫
東京4R 500万下(D1,200m)
      シルクアルファ   5着
00/11/18≪11/19(日)の出走情報≫
東京4R 500万下(D1,200m)
      10頭4枠4番 55s 田中勝春
      発走11:15
前走後も変わり無く、追い切りもしっかりとこなしており、良いデキを維持しているそうです。調教師は、思い切った調教が出来ないだけに、まだ馬体には少し余裕が残るが、それでも中1週でしっかりと追えたし、だいぶいい体つきになってきている。クラスは上がるが、その分、状態は前走以上だから、どの位やれるか楽しみだ、と話しています。
00/11/16≪今週の出走馬≫
日曜日・東京4R(D1,200m)55s 田中 勝春
00/11/16≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15坂   41.6-28.3-14.6 馬也
15坂   37.8-25.5-13.0 強め
00/11/15≪今週の出走予定馬 11/15現在≫
日曜日の東京、D1,200m
00/11/14≪今週の出走予定馬 11/14現在≫
東京競馬(番組は未定)
00/11/13
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。飼い葉食いも落ちず、脚元の状態にも変わりは見られません。調教師は、無理するつもりは無いが、まだ馬体に余裕があるから、特に問題が無ければ中1週で使い、この馬のデキをもっと上向かせる様にしたい、と話しています。今週の東京で出走予定です。
00/11/06
先週優勝しました。まずまずのスタートから中団の内でレースを進めていきました。直線を向いたところで、上手く外目に持ち出して追い出されると、ゴール前できっちり前を捕らえ、抜け出しています。レース後、特に不安は無い様で、次走は未定ですが、調教師は、状態に変わり無いし、まだ馬体が太い位だから、あまり間隔を開けずに使っていきたい、と話しています。
00/11/06≪先週のレース結果≫
福島1R 4歳未勝利(D1,000m)
      シルクアルファ   1着
      単勝 1番 820円 ワイド1−12 320円
      複勝 1番 140円     1−8 350円
      枠連1−8 750円
      馬連1−12 910円
00/11/03≪11/4(土)の出走情報≫
福島1R 4歳未勝利(D1,000m)
      12頭1枠1番 55kg 沢
      発走9:50
連闘となりますが、今週も坂路コースに出て乗られており、調子に変わりはありません。調教師は、前走では脚を滑らせてダッシュがつかず、力を出し切れなかったが、使った後も脚元に問題無いし、疲れなども見られない。久々を使ってデキも上向いていると思う、と話しています。
00/11/02≪今週の出走馬≫
土曜日・福島1R(D1,000m)55s 沢
00/11/01≪今週の出走予定馬 11/1現在≫
福島競馬(番組は未定)
00/10/31(会報)
4日の交流競走は大事を取って回避。調教師は「獣医は使っても問題無いと話していたが、気になる状態で使ってもしもの事があったら悔いが残るから取り止める事にした」とコメント。楽をさせたのは実質1日だけで緩めず調教を続け、脚元の状態は落ち着いて気合いも乗ってきました。慎重に様子を見ていた調教師も出走を決断し、19日追い切りましたがレースは除外。交流競走も除外され、漸く28日の福島で出走する事に。調教師は「本当はもっとしっかり追い切りたいが脚元に不安を抱えているし、いつ出走できるか分からないから目一杯にはやっていない。だから馬体には余裕があるかもしれないがデキは良い」と話してレースを迎えました。スタートして2完歩目で脚元を滑らせた為、無理をしなかったそうで中団の外目を追走。直線は大外に持ち出して追い出されましたが、前との差を詰める事が出来ずに8着でした。レース後は順調で交流競走を除外された為、連闘する予定です。
00/10/30
先週8着でした。スタートして2完歩目で脚元を滑らせ、ガクッときた為、あまり無理をしなかったそうで、中団の外目を追走していきました。直線は大外に持ち出して追い出されましたが、前との差を詰める事が出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様で、今週の状態次第では連闘で登録していくそうです。なお、新潟の交流競走にも登録をおこなっていましたが、選ばれませんでした。
00/10/30≪先週のレース結果≫
福島4R 4歳未勝利(D1,000m)
      シルクアルファ   8着
00/10/27≪10/28(土)の出走情報≫
福島4R 4歳未勝利 混合(D1,000m)
      12頭8枠11番 55kg 沢
      発走11:05
少し不安が出て間隔が開いてしまいましたが、調子は変わらず良いそうです。調教師は、本当はもっとしっかり追い切ってレースに備えたいのだが、脚元に不安を抱えている馬だし、いつ入るか分からないから、目一杯にはやっていない。だから馬体にはちょっと余裕があるかもしれないが、デキは良いから何とか良い結果を出して欲しい、と話しています。
00/10/26≪今週の出走馬≫
土曜日・福島4R(D1,000m) 55kg 沢
00/10/26≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25坂   40.1-27.0-13.1 強め
00/10/25≪今週の出走予定馬 10/25現在≫
福島競馬(番組は未定)
00/10/24≪今週の出走予定馬 10/24現在≫
福島競馬(番組は未定)
00/10/23
19日に坂路コースで追い切られ、先週の出走を予定しましたが、除外されました。調教師は、状態もいいし、福島に入らなければ交流戦にも登録してみたい、と話し、週末には交流の番組にも登録をおこないましたが、かなり希望頭数が多く、補欠にも選ばれませんでした。引き続き今週の福島で出走を予定しています。
00/10/19≪今週の出走馬≫
出走を予定していた、シルクアルファ、シルクコンバット、シルクバレット、シルクフォレスター、シルクハイネスは除外の為、来週の出走予定となりました。
00/10/19≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15坂   42.5-28.0-14.2 馬也
19坂   39.2-26.4-13.1 馬也
00/10/18≪今週の出走予定馬 10/18現在≫
福島競馬(番組は未定)
00/10/17≪今週の出走予定馬 10/17現在≫
福島競馬(番組は未定)
00/10/16
11日に坂路コースで時計を出しました。追い切り後、厩務員は、脚元も落ち着いているし、気合いも乗っていい感じだから、こういう時に使えればいいのだが、と話していますが、調教師は、一息入ってまだ時計になるところを1本だけだから、来週またやって問題無ければ、登録していこうと思う、と話しています。状態に変わりが無ければ今週の福島で出走を予定しています。
00/10/12≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11坂   42.8-27.9-14.4 馬也
00/10/09
坂路コースでキャンターの調整です。脚元の状態は落ち着いており、先週水曜日からは坂路で2本乗られています。調教師は、楽をさせたのは実質1日だけで、緩めず調教を続けている。油断は出来ないが、2走目で良い変わり身を見せてくれたし、何とかものにしたいと思っている、と話しています。次走についてはまだ未定です。
00/10/03≪今週の出走予定馬 10/3現在≫
4日の川崎で出走を予定していたシルクアルファは、30日の調教後、少し脚元を気にする素振りを見せた為、大事を取って出走は回避しています。ただ、その後も運動は休まず続けており、大した事では無いそうです。
00/10/02
4日の川崎での出走を目指し、30日に坂路コースで調教をおこないましたが、調教後に少し脚元を気にする素振りを見せた為、大事を取って出走は回避する事になりました。調教師は、獣医に診せたら使っても問題無いだろうという話だったが、気になる状態で使ってもしもの事があったら、悔いが残るから、取り止める事にした。大した事は無いから、また今週から坂路で乗って福島を目指そうと思う、と話しています。次走についてはまだ未定です。
00/09/30(会報)
前走後は中1週での出走を目指しましたが、歩様にぎこちない面が見られた為、大事を取って出走は見送りました。調教は続けましたが中山2週目は除外。中間は調教のペースを落として楽をさせた分、絞れてきていた馬体が戻ってしまい、調教師は「本当ならWコースなどで、どんどん調教を進めたいのだが、まだ無理しない方が良いだろう」と話していました。脚元に不安は無くようやく23日の中山で出走する事になり、追い切り後調教師は「テンに掛かって終いはお釣りがなかったが除外で1本多く併せ馬が出来た分、先週よりデキは上向いている」とコメント。スタート良く飛び出すと、気合いを入れて4番手に付けてレースを進めました。前2頭には及びませんでしたが、直線でも良い脚で最後までしっかり伸びて3着でした。レース後は10月4日の川崎で交流競走、川崎フラワー賞に出走予定でしたが30日の調教後、右前脚を気にする素振りを見せた為、大事をとって出走は見送る事に。
00/09/25
先週3着でした。スタート良く飛び出すと、気合いを入れて4番手に付け、レースを進めていきました。前2頭には及びませんでしたが、直線でも良い脚で、最後までしっかり伸びています。レース後、特に不安は無い様で、次走については登録していた交流競走に選ばれた為、10月4日の川崎で、川崎フラワー賞に出走予定となりました。
00/09/25≪先週のレース結果≫
中山2R 4歳未勝利(D1,000m)
      シルクアルファ   3着
      複勝4番 690円 ワイド4−9 1,390円
                    3−4 1,980円
00/09/22≪9/23(土)の出走情報≫
中山2R 4歳未勝利(D1,000m)
      14頭3枠4番 55kg 後藤
      発走10:25
まだ動きはそれほど変わってきていませんが、脚元の状態に不安は見られず、追い切りでもしっかりと追われています。調教師は、テンに掛かって終いはお釣りがなかったが除外で1本多く併せ馬が出来た分、先週よりデキは上向いているし、追い切り後も状態に変わりは無い、と話しています。
00/09/21≪今週の出走馬≫
土曜日・中山2R(D1,000m) 55kg 後藤
00/09/21≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20坂   42.6-28.4-14.4 馬也併入
20坂   39.5-26.8-14.2 一杯併入
00/09/20≪今週の出走予定馬 9/20現在≫
中山競馬(番組は未定)
00/09/19≪今週の出走予定馬 9/19現在≫
中山競馬(番組は未定)
00/09/18
13日に坂路コースで追い切られ、先週の出走を予定しましたが、除外されました。もう脚元の状態に問題は見られませんが、調教のペースを落として楽をさせた分、絞れてきていた馬体が少し元に戻ってしまったそうです。調教師は、本当ならウッドなどにも入れて、どんどん攻め馬を積ませたいのだが、まだ無理しない方が良いだろう、と話しています。今週の中山で出走予定です。
00/09/14≪今週の出走馬≫
出走を予定していましたシルクアルファ、シルキーパステル、シルクフリージアは除外の為、来週以降に出走予定となりました。
00/09/14≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8坂    42.7-28.5-14.2 馬也併入
13坂    39.8-26.1-12.9 馬也
00/09/13≪今週の出走予定馬 9/13現在≫
中山競馬(番組は未定)
00/09/11
坂路コースでキャンターの調整です。先週の出走を目指していましたが、少し歩様にぎこちない面が見られた為、大事を取って出走は見送りました。ただ、大したものでは無く、調教自体はコースで休まず続けており、今週の動きや状態を見て、予定を立てる事になっています。
00/09/06≪今週の出走予定馬 9/6現在≫
・シルクアルファは休まず坂路で乗り込みを続けていますが、少し歩様にぎこちない面が見られた為、大事を取って今週の出走は見送る事になりました。
00/09/05≪今週の出走予定馬 9/5現在≫
中山競馬(番組は未定)
00/09/04
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。厩務員は、太めだった分、最後は一杯になったが、レースの後も脚元に変わり無いし、一度使って今度はもっとやれると思う、と話しています。なお、今週の中山を予定していましたが、出走は自重する事になっています。詳しくは、出走予定の情報でご確認下さい。
00/08/31(会報)
坂路で乗り込み、脚元は落ち着いていましたが暑さで若干バテ気味になり、調教師は「そろそろ進めていこうかと思っていたが、状態が上向くのをもう少し待ちたい」と話し、様子を見ながら進めました。体調は徐々に上向き、16日にはゲート試験に合格。調教師は「脚元も落ち着いているし、ある程度息が出来てくれば出走の予定を立てたい」とコメント。23日の追い切りでは途中で少し引っ掛かり、上がりの時計がもう一つでしたが、まずまず息も出来てきた為、26日の中山で出走する事になりました。調教師は「まだ追い不足だし良化途上の印象だが馬体はある程度出来てきたので、レースを使いながら上向かせたい」とコメント。スタートダッシュがなかなか良く、中団につけてレースを進めましたが、直線は伸びきれずに13着でした。レース後は順調で調教師は「状態に変わりは無い様だから中1週で使っていけると思う」と話しており、今のところ次走は9月2週目の中山を予定しています。
00/08/28
先週13着でした。スタートダッシュもなかなか良く、中団につけてレースを進めましたが、直線は伸びきれませんでした。調教師は、状態に変わりは無い様だから中1週で使っていけると思う、と話しており、今のところ次走は来週の中山を予定しています。
00/08/28≪先週のレース結果≫
中山3R 4歳未勝利(D1,200m)
      シルクアルファ   13着
00/08/25≪8/26(土)の出走情報≫
中山3R 4歳未勝利 混合(D1,200m)
      16頭3枠6番 55kg 後藤
      発走10:50
今週の追いきりでは途中で少し引っ掛かり、上がりの時計ももう一つでしたが、状態面は変わり無く、まずまず息も出来てきた為、今週の出走が決まっています。調教師は、まだ追い不足の面はあるし、良化途上の印象だが、馬体はある程度出来てきたので、あとはレースを使いながら、上向かせていく様にしたい、と話しています。
00/08/24≪今週の出走馬≫
土曜日・中山3R(D1,200m)55s 後藤
00/08/24≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19坂    41.2-27.2-13.7 馬也
23坂    39.7-27.1-14.4 馬也
00/08/21
坂路コースでキャンターの調整です。予定通り16日にはゲート試験を受けて問題無くこなし、合格しています。調教師は、脚元も落ち着いているし、ある程度息が出来てくれば出走の予定を立てたい、と話しています。
00/08/14
9日に坂路コースで時計を出しました。馬也の内容でしたが調教後も脚元に不安は無く、体調も徐々に上向いてきているそうです。今週中にゲート試験を受けてみることになり、合格してから仕上げていく予定です。
00/08/10≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9坂    41.6-27.9-14.5 馬也
00/08/07
坂路コースでキャンターの調整を続けています。脚元に変わりはありませんが、最近、暑さで若干バテ気味になってきているそうです。調教師は、そろそろ進めていこうかと思っていたが、状態が上向くのをもう少し待ちたい、と話しています。
00/07/31(会報)
天栄に移動後も順調に乗り込みを続けていましたが、馬房の都合がついた為、厩舎で仕上げを進める事になり、13日に美浦に帰厩。調教は前脚にかかる負担が少ない坂路で進め、今のところ脚元の状態にも変わりは見られませんが、調教の後には必ずマイクロレーザーを当てて、脚元のケアをおこなっています。調教師は、ゲートは受かっているが、合格してからかなり時間が経つから、ゲートも少し練習させて確認したい、とコメント。
00/07/31
坂路コースでキャンターの調整です。今のところ調教は17秒位の無理のないラップで、じっくり乗り込んでおり、脚元の状態にも変わりは見られませんが、調教の後には必ずマイクロレーザーを当てて、脚元のケアをおこなっています。
00/07/24
坂路コースでキャンターの調整です。慎重に調教を進め、調教後には脚元の状態をチェックしていますが、今のところ、変わりは無いそうです。調教師は、ゲートには受かっているが、合格してからかなり時間が経つから、ゲートも少し練習させて確認したい、と話しています。
00/07/17
予定通り、13日に美浦に帰厩しました。翌日から角馬場で調整を始めていますが、状態面に変わりは無く、今週からは坂路コースで乗り込みを進めていく事になっています。
00/07/10
天栄ホースパークでダク2,000mと軽めのキャンターの調整です。調教師より、馬房の都合がつきそうなので厩舎で仕上げを進めていこうと思う、と話があり、今週中には美浦に帰厩する事になりました。
00/07/03
29日に天栄ホースパークへ移動しました。移動後も状態に変わりは無く、今週から乗り込みを進めていく事になっています。
00/06/30(会報)
初旬に少し疲れ気味となりましたが、無理せず調教量を減らして様子を見ると徐々に回復。中旬に確認した調教師は、脚元は落ち着いている様だから、注意を払いながら仕上げを進めて欲しい。15−15程度の調教をコンスタントにこなせる様になり、脚元にも変わり無ければ、すぐに入厩を考えたい、とコメント。29日には調教師の指示で天栄ホースパークに移動し、しっかり仕上げを進めていく事になっています。
00/06/26
早田牧場の直線コースで、ダク3,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無く順調に乗り込みを続けており、調教師の指示で近々天栄ホースパークへ移動し、仕上げを進めていく事になりました。
00/06/19
早田牧場の直線コースで、ダク3,000mとキャンター2,000mの調整です。確認した調教師は、脚元は落ち着いている様だから、注意を払いながら仕上げを進めて欲しい。15−15程度の調教をコンスタントにこなせる様になり、脚元も変わらずスッキリしている様だったらすぐに入厩を考えたい、と話しています。
00/06/12
早田牧場の直線コースで、ダク2,000mとキャンター1,000mの調整です。まだ無理せず、調教量は戻していませんが、ペース的には22秒前後のラップでしっかりと乗り込みを続けており、心配無いそうです。
00/06/05
早田牧場の直線コースで、ダク2,000mとキャンター1,000mの調整です。脚元の状態に変わりはありませんが、少し疲れ気味の様なので、無理せず調教量を減らして乗られています。
00/05/31(会報)
早田牧場の直線コースで、順調に乗り込みを続けています。中旬には23秒程度のラップで乗られており、脚元の状態にも変わりはありませんが、月末に確認した獣医は、6月一杯はこのままじっくり乗り込んでいき、それで問題が出なければ、7月からペースを上げて仕上げるようにしたいと思う、と話しています。
馬体重:505kg
00/05/29
早田牧場の直線コースで、ダク3,000mとキャンター2,000mの調整です。獣医は、6月一杯このままじっくり乗り込んで問題が無ければ、7月からペースを上げて仕上げるようにしたい、と話しています。
00/05/22
早田牧場の直線コースで、ダク3,000mとキャンター2,000mの調整です。速い調教をおこなうのはもう少し先になりそうですが、脚元に不安は見られず、毎日しっかりと調教をこなしており順調です。
00/05/15
早田牧場の直線コースで、ダク3,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も少しペースを上げ、23秒程度のラップで乗られており、順調に調整を続けています。
00/05/08
早田牧場の直線コースで、ダク3,000mとキャンター2,000mの調整です。徐々にペースを上げ、先週は25秒前後のラップで乗り込まれています。
00/05/01
週末から早田牧場の直線コースで、ダク3,000mとキャンター2,000mに調教量を増やして乗られています。脚元の状態も落ち着いており、これから少しずつペースも上げながら、仕上げを進めてみる事になっています。
00/04/30(会報)
獣医の許可も出て、上旬から屋内コースで軽めのキャンターを始め、中旬には使用出来る様になった直線コースに出て調整を進めています。確認に訪れた調教師は、あまりゆっくりと構えてもいられないのだが、せっかくここまで脚元に不安無くきているから、再発しないよう、慎重に仕上げを進めて欲しい、と指示しています。
馬体重:498kg
00/04/24
早田牧場の直線コースで、ダク1,200mとキャンター1,200mの調整です。確認に訪れた調教師は、あまりゆっくりと構えてもいられないのだが、せっかくここまで脚元に不安無くきているから、再発しないよう慎重に仕上げを進めて欲しい、と指示しています。
00/04/17
週末から早田牧場の直線コースに出て、ダク3,200mと軽めのキャンター1,200mの調整を始めました。脚元も落ち着いており、このまま乗り込みを進めていく事になっています。
00/04/10
早田牧場の屋内コースでダク3,600mの調整で、軽めに600m程度のキャンターも始めています。しばらくは無理せず様子を見る事になっていますが、脚元の状態に変わりは無いので、少しずつ調教量を増やしていけそうです。
00/04/03
早田牧場の屋内コースで、ダク3,600mの調整です。直線コースの使用が来週まで延びる事になりましたが、獣医は、状態面に問題は無いから、今週から屋内コースでキャンターを始めさせようと思う、と話しています。
00/03/31(会報)
早田牧場の屋内コースで予定通り調教量を増やしながら、乗り込みを進めています。脚元の状態も落ち着いており、変わりは見られず、獣医は、近い内にキャンターを始めさせたい、とコメント。現在、馬場の改修をおこなっている直線コースが、近々使用出来る様になる為、それに合わせてキャンターの調整を始める予定となっています。
馬体重:487kg
00/03/27
早田牧場の屋内コースで、ダク3,000mの調整です。状態に変わり無く、順調に運動を続けています。現在、馬場の改修をおこなっている直線コースが、近々使える様になる為、それに合わせてキャンターを始める予定となりました。
00/03/20
早田牧場の屋内コースで、ダク3,000mの調整です。脚元の状態は落ち着いており、早ければ今週あたりから、軽めのキャンターを始めてみる事になっています。
00/03/13
早田牧場の屋内コースで、ダク3,000mの調整です。距離を延ばして順調に乗り込みを続けており、脚元の状態に変わりありません。獣医は、このまま問題無く進めば、近い内にキャンターを始めさせたいと思う、と話しています。
00/03/06
早田牧場の屋内コースで、ダク2,400mの調整です。焦らず乗り込みを進めていますが、脚元は落ち着いており順調です。
00/02/29(会報)
予定通り上旬より早田牧場の屋内コースで、ダクの調整を開始しました。慎重に進めていますが、脚元の状態に不安は見られず、中旬頃からは、距離を1,200mから1,800mに延ばして乗り込んでいます。3月からは、距離を2,400mに延ばす事になっています。
馬体重:499kg
00/02/28
早田牧場の屋内コースで、ダク1,800mの調整です。不安も見られず、順調に乗り込みを続けており、今週からは距離を2,400mに延ばす予定です。
00/02/21
早田牧場の屋内コースで、ダク1,200mの調整です。変わり無く、毎日乗り込みを続けており、今週からは距離を1,800mに延ばす事になっています。
00/02/14
早田牧場の屋内コースで、ダク1,200mの調整です。脚元に不安も見られず、このまま少しずつ調教量を増やしていきます。
00/02/07
早田牧場の屋内コースで軽めの調整を始めました。しばらくは様子を見ながらじっくり乗り込んでいく予定です。
00/01/31(会報)
早田牧場でウォーキングマシンの調整を続けていましたが、年明けに少し肩の出が悪くなった為、無理せず一息入れました。馬房にいる時、体を左右に揺する癖があり、そのせいではないかという獣医の話しで、中旬には運動を再開しています。脚元の方には不安は見られず、2月に入ったら屋内コースで軽めの調整を始める事になりました。
馬体重:500kg
00/01/31
早田牧場でウォーキングマシンの調整です。状態に変わりは無く、今週中には屋内コースで軽めの調整を始める事になっています。
00/01/24
早田牧場でウォーキングマシンの調整です。検査をおこない、脚元の状態を確認したところ、経過は良好で、順調に回復してきている事が分かりました。獣医は、来月になったら軽い乗り運動を始めさせたい、と話しています。
00/01/17
早田牧場でウォーキングマシンの調整を再開しています。もう肩の出は回復してきたそうで、獣医は、馬房にいる時に体を左右に揺する癖があるから、少し負担がかかったのかもしれない。もう心配無い、と話しています。
00/01/10
早田牧場でウォーキングマシンの調整を続けていましたが、少し肩の出が悪くなった為、無理せず一息入れています。脚元の方には不安は無く、今週には運動を再開する予定となっています。
99/12/26(会報)
早田牧場でウォーキングマシンの調整を続けています。脚元の状態に変わりは無く、少しずつ運動の時間を延ばしており、下旬には毎日25分の運動をこなしています。焦らず、まだしばらくはこのままのメニューで、調整を続けていく事になっています。
99/12/20
早田牧場でウォーキングマシンの調整を続けています。状態に変わりは無く、25分の運動をこなしています。
99/12/13
早田牧場でウォーキングマシンの調整です。脚元は落ち着いており、変わりありません。
99/12/06
早田牧場でウォーキングマシンの調整です。脚元の状態に変わりは無く、毎日20分まで時間を延ばして運動を続けています。
99/11/30(会報)
早田牧場の馬房で休養を続けていましたが、検査をおこなったところ、脚元の状態がかなり良化してきていた為、中旬よりウォーキングマシンの調整を始めました。獣医は、2ヶ月位はこのままウォーキングマシンの調整を続けていく予定だ、と話しています。なお、厩舎の預託限度数の都合で、未入厩の状態に戻す事になり、5日に一旦登録抹消の手続きが取られています。
99/11/29
早田牧場でウォーキングマシンの調整です。脚元も落ち着いており、変わり無く、運動を続けています。
99/11/22
早田牧場でウォーキングマシンの調整です。今のところ毎日10分の運動で様子を見ており、少しずつ時間を延ばしていく事になっています。
99/11/15
検査をおこない脚元の状態を確認したところ、かなり良化が窺われる為、ウォーキングマシンの調整を始めました。獣医は、今のところ2ヵ月くらいはこのままウォーキングマシンの調整を続けていく予定だ、と話しています。
99/11/08
早田牧場の馬房で休養中です。状態に変わりは無く、来週までには検査をおこなう事になっています。なお、厩舎の預託限度数の都合で、一旦、未入厩の状態に戻す事になり、5日に登録が抹消されています。調教師は、状態が回復して入厩出来る状態になってくれば、また入厩の手続きを取りたい、と話しています。
99/11/01
早田牧場の馬房で休養中です。近日中にはエコー検査をおこない、脚元の状態を確認する事になっています。体調などに変わりはありません。
99/10/31(会報)
屈腱炎の為、早田牧場の馬房で休養を続けています。月初にエコー検査で脚元の状態を確認したところ、以前と比べ、だいぶ患部の症状が良化してきているそうですが、まだしばらくは無理せず、動かさない方が良い、と獣医はコメント。体調などは変わり無いそうで、来月上旬には再度検査をおこない、良化の具合を見る事になっています。
99/10/25
早田牧場の馬房で休養中です。検査で状態を確認するまで、このままゆっくり休ませます。
99/10/18
早田牧場の馬房で休養中です。今月末か来月上旬に、再度検査を行い、脚元の状態を確認するそうです。
99/10/11
早田牧場の馬房で休養を続けています。ゆっくり休ませ、脚元の回復を待ちます。
99/10/04
早田牧場の馬房で休養中です。検査で脚元の状態を確認したところ、以前と比べ、だいぶ良化してきているそうですが、まだしばらくは無理せず、このまま休ませる事になっています。
99/09/30(会報)
左前脚の屈腱炎の為、早田牧場の馬房で休養を続けています。治療の効果が出て、腫れや熱は引いてきているそうですが、まだ当分はこのまま治療を続けながら、休ませる予定。
99/09/27
早田牧場の馬房で休養中です。脚元の治療を続けながら回復を図っており、近い内にまた検査をおこなって、状態を確認する事になっています。
99/09/20
早田牧場の馬房で休養中です。脚元は回復の方向に向かっているそうですが、まだしばらくは治療を続けていく予定です。
99/09/13
早田牧場の馬房で休養中です。治療の効果が出て、脚元の熱や腫れはだいぶ引いてきたそうで、このまま治療を続けていきます。
99/09/06
早田牧場の馬房で休養中です。まだ脚元に熱や腫れが残っており、治療を続けています。
99/08/31(会報)
新潟に向け仕上げにかかるも、左前脚がむくんでスッキリせず、22日に早田牧場に移動。到着後の検査で、左前脚に屈腱炎を発症している事が判明。状態が落ち着くのを待つ予定。
99/08/30
早田牧場の馬房で休養中です。エコー検査で脚元の状態を確認したところ、左前脚に屈腱炎を発症している事が判明しました。腫れや熱も出てきている為、湿布などで脚元の治療を行っています。しばらくこのまま治療を続け、状態が落ち着くのを待ちます。
99/08/23
左前脚の状態を見ていましたが、なかなかスッキリしてこない為、一旦放牧した方が良いだろうという調教師の判断があり、22日に早田牧場に移りました。獣医の診察を受けてから、今後の予定を立てる事になっています。
99/08/16
先週の出走を予定し、11日に南Dコースで追い切られましたが、追い切り後、左前脚が少しむくんできた為、獣医の診察を受けました。疲れから腫れぼったくなってきたのだろう、という獣医の診断で、休ませるほどの事では無く、翌日から引き運動を始めています。状態を見て出走の予定を立てる事になっています。
99/08/13≪8/14(土)の出走情報≫
シルクアルファは11日の追い切りのあと、少し疲れが出てきた為、今週の出走は取りやめる事になりました。大した事は無いそうで、翌日から引き運動を始めています。
99/08/12≪今週の出走馬≫
シルクアルファは11日の追い切りの後、少し疲れが出てきた為、今週の出走は取りやめる事になりました。大した事は無いそうで、翌日から引き運動を始めています。
99/08/12≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11D重 66.6-52.4-39.5-13.0 (4)一杯併入
99/08/11≪今週の出走予定馬 8/11現在≫
日曜日の新潟、芝1,200m
99/08/10≪今週の出走予定馬 8/10現在≫
日曜日の新潟、芝1,200m
99/08/09
南Dでキャンターの調整です。時計にはなりませんでしたが、先週はゲートから追って、なかなか良い動きを見せています。今週の動きや状態に問題無ければ、今週日曜日の新潟、芝1,200mに出走予定です。
99/08/02
28日にWコースで時計を出しました。前回併せて遅れた相手を、先週はアオる動きを見せ、仕上がりは順調です。調教師は、このまま行けば開幕週に使えるだろう、と話しており、まだ具体的な番組は未定ですが、来週の新潟を目標に仕上げに入っています。
99/07/31(会報)
コンスタントに時計を出して仕上げに入っており、動きもなかなか良く順調で、このままいけば3回新潟の開幕週に使えそう、と師。
99/07/29≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28W良 66.8-51.5-38.9-13.1 (2)一杯併入
99/07/26
22日に芝コースで時計を出しました。いつも併せてあおっている相手に、初めて遅れましたが、調教師は、真面目に走らなかった様で、まあ、こういう日もある。状態に関しては何も問題無いので、予定通り仕上げていきたい、と話しており、次の新潟開催を目標に進めています。
99/07/22≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22芝重 65.3-50.7-38.0-13.6 (3)一杯遅れ
99/07/19
15日に南Dで時計を出しました。順調に乗り込みを進めており、状態も引き続き良く、調教師は、このまま行けば次の開催でデビューできるだろう、と話しています。
99/07/15≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15D重 71.2-55.8-41.4-12.7 (6)強め併入
99/07/12
7日に芝コースで時計を出し順調です。まだ軽めの内容ですが、状態や気配は良く、特に問題も無いそうで、予定通り8月の新潟開催でのデビューを目指して、徐々に調整を強めていく予定です。
99/07/08≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7芝良 73.4-58.2-43.4-14.9 (3)馬也併入
99/07/05
1日に芝コースで時計を出しました。15−15程度の内容ですが、3頭併せで追われ、走りっぷりもなかなか良く、調整は順調に進んでいます。
99/06/30(会報)
乗り運動、ゲート練習ともに順調で、25日にゲート試験に合格。8月中旬からの新潟開催を目標に、しっかり仕上げていきたい、と師。
99/07/01≪調教時計情報≫※左より;日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1芝稍 57.4-42.4-15.0 (2)馬也併入
99/06/28
南Dでキャンターの調整で、23日にゲート試験を受けましたが、スタート後のダッシュが一息で不合格でした。しかし25日に再度受けた試験では問題無くこなし、合格しています。調教師は、8月中旬からの新潟開催を目標にしっかり仕上げていきたいと話しています。
99/06/21
南DとWコースでキャンターの調整で順調です。ゲート練習は上手くこなしており、今週か来週には試験を受ける予定になりました。合格すれば、徐々に強めて仕上げていくそうです。
99/06/14
南DとWコースでキャンターの調整で順調です。ゲートはスタートの練習に進めていますが、出もスムーズで、今月中には試験の目処も立ちそうです。飼い葉もしっかりと食べて体調も良い様です。
99/06/07
南Aでキャンターの調整で順調です。ゲート練習では扉を閉めても大人しく問題無いそうで、調教師は、素直で大人しいからどんどん進めて行けそうだ、と話しています。
99/05/31(会報)
12日に美浦に入厩。徐々に環境にも慣れ落ち着きが出てきており、乗り込みも順調に進めています。ゲートも大人しくこなし問題無し。
99/05/31
南Dでキャンターの調整です。ゲート練習はまだ通すだけですが、大人しくこなしており、特に問題は無いそうです。
99/05/24
馬名が シルクアルファ に決まりました。徐々に落ち着きが出てきて、南Aでキャンターの調整を始めており順調です。様子を見て坂路でも乗り始める予定です。
99/05/17
12日に美浦の池上厩舎に入厩しました。まだ環境に慣れず、落ち着きが無いそうですが、14日から角馬場で軽めの調整を始めており順調です。
99/05/10
84.3(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)で、今週中に美浦の池上厩舎に入厩予定となりました。
99/05/03
91.4(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
99/04/30(会報)
体高:161.0cm 管囲:19.5cm 胸囲:183.0cm 体重:472kg
馬体はしっかり成長し、もう少し幅が出れば申し分ない。仕上がりも早そうなタイプ。
99/04/26(ダク2,000mとキャンター1,000mの調教をした馬の、先週一番速かった800mのタイム)
91.2
99/04/19
99.3(同上)
99/03/31(会報)
体高:160.0cm 管囲:19.0cm 胸囲:177.0cm 体重:464kg
動きや馬体が良い方に大きく変わり身を見せている。後は腰や後脚に力が付けば良い。
99/02/28(会報)
変わらず順調で、動きも良くなってきており問題無し。
馬体重:454kg
99/01/31(会報)
調教では柔らかそうな良い動きを見せており、順調。
馬体重:454kg
98/12/31(会報)
まだ線が細いも、兄姉よりも能力がありそうで期待。
馬体重:443kg
98/11/30(会報)
乗り運動中。品のある馬体。動きも柔軟そうで、楽しみ。
馬体重:453kg
98/07/31(会報)
馬体重:401kg (7月中旬計量)