アイズオブラヴァー
牝馬、鹿毛、10/01/15生
父:ネオユニヴァース、母:ドリームモーメント、母の父:Machiavellian
厩舎:牧田和弥(栗東)、生産:ノーザンファーム
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
13/09/20<最新情報>
20日(金)に抹消の手続きが取られています。なお今後は岩手県競馬で競走を続ける予定です。
13/09/17<出走情報>
9/15(日)阪神3R 3歳未勝利 [D1,800m・16頭]14着[15人気]

スタートを決めて先行勢の直後に付け、道中は7番手あたりを追走、3コーナー過ぎから追い出しに掛かりましたが、徐々に先団から離されてしまうと、直線でも巻き返すことは出来ず、後方に敗れています。なおタイムオーバーの為、1ヶ月の出走停止となっています。

川須栄彦騎手「内枠だったことで、経済コースを走らせてロスのない競馬が出来ました。勝負所手前まではいい感じに追走が出来ましたが、流れが速くなるところで少しついて行くのに精一杯になってしまい、直線に入ってからは、もう脚が余っていませんでした。まだ時間があれば、もうひとポジション下げて着を狙う競馬が出来るのですが、今日は勝ちにいかないと意味がないレースでしたので、勝ちに行く競馬をさせましたが、さすがに厳しかったですね」

牧田和弥調教師「ひと叩きしたことで、追走が楽になって流れにも乗れていましたが、さすがに勝負所では脚が上がってしまいましたね。もう少し時間があれば、もっと変わり身を出せていたと思いますが、こればかりは仕方ありませんね。会員様にはここまで時間が掛かってしまい、結果も出せずに申し訳ありませんでした」

レース後、これまでのレース内容や未勝利戦の出走資格がなくなったことも考慮して、今後について検討した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られる予定です。
13/09/13<出走情報>
9/15(日)阪神3R 3歳未勝利 [D1,800m・16頭]54 川須栄彦 発走10:55

牧田和弥調教師「メンバーを考慮して、少しでもチャンスのありそうなところを使うことにしました。前走は初戦であの様な悪条件で競馬をすることになってしまい、レース後はかなり疲れが残ってしまいましたが、何とか状態も持ち直してくれましたし、しっかり力を出し切れる仕上がりだと思います。ひと叩きした上積みは見込めるし、前走よりは間違いなくいい競馬をしてくれるはずなので、悔いのない競馬をしてもらいたいですね」
13/09/12<出走情報>
9/15(日)阪神3R 3歳未勝利 [D1,800m・16頭]54 川須栄彦 発走10:55
13/09/11<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 11日に坂路で追い切り
次走予定:阪神9月16日 牝馬限定1800mダート[川須栄彦]

牧田師「牧場でしっかり疲れを取ってケアして貰った甲斐あって、フレッシュな状態になって戻って来ています。ひと叩きして競馬慣れも見込めると思うし、今回はいい馬場で競馬も出来そうなので、上積みに期待したいですね。」
13/09/11<調教タイム>
助 手 11栗坂良 55.2- 40.3- 26.8- 13.4 一杯に追う
     ヤマカツヤタガラス(新馬)バテるを0.4秒追走1.2秒先着
13/09/11<出走予定>
月曜日の阪神・D1,800m(牝)[54 川須栄彦]
13/09/09<調教タイム>
助 手 8栗坂稍 56.7- 42.6- 28.8- 14.6 一杯に追う
13/09/09<出走予定>
今週出馬投票する可能性があります。
13/09/06<調教タイム>
助 手 6栗坂稍 62.4- 46.1- 30.6- 14.9 馬なり余力
13/09/04<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道で運動、坂路でキャンター
次走予定:阪神スーパー未勝利

牧田師「あまりゆっくりもしてられないので、今日の検疫で帰厩させました。本線は3週目の予定を考えていますが、今週と来週の想定を見て頭数が多ければ、来週の競馬も視野に入れておいた方がいいと思うので、使える態勢には持って行こうと思います。前走があのような厳しい条件だったので、最後はいい馬場で走らせてあげたいですね。」
13/09/04<最新情報>
4日(水)に美浦トレセンへ帰厩しています。
13/08/30<所有馬情報>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:阪神スーパー未勝利

厩舎長「やはりかなり疲れがあったのか、こちらに戻ってきた時は、かなりヘバッていましたね。さすがに初戦があの馬場でしたし、本当に可哀そうなレースでしたね。あのまま厩舎で進めるよりは、こちらでしっかり疲れを取ってあげる方がいいと思うので、今回の放牧は良かったと思います。おそらく来週か再来週には戻ることになると思うので、それまではしっかり疲れを取って上げて、気持ちの面でもリフレッシュ出来る様に努めたいと思います。馬体重は472sです」
13/08/28<最新情報>
28日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
13/08/28<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン 28日にノーザンファームしがらきに放牧
調教内容:
次走予定:阪神スーパー未勝利

牧田師「レース後も特に大きなダメージもなく、疲れもそれほどなさそうですが、一旦気持ちをリセットさせるために、28日にノーザンファームしがらきに放牧に出します。すぐ戻すことになるので、向こうではしっかり疲れを取って貰おうと思います。」
13/08/26<レース結果>
8/25(日)小倉2R 3歳未勝利(牝) [D1,700m・16頭]14着[13人気]

スタートで出遅れたこともあり、道中は離れた最後方を追走、残り800m付近から差を詰めに掛かり、4コーナーで馬群に取り付きましたが、直線でバテた馬を交わした程度で、後方で流れ込んでいます。

高倉稜騎手「ゲートで座り込む癖があるので気を付ける様に言われていましたが、他の馬が入るのを待っている時でも、大人しくしてくれていましたし、今日の感じなら大丈夫だと思います。今日はそれよりも、初めての競馬でこれだけ悪い条件が揃ってしまうと、さすがに可哀そうなデビュー戦になってしまいましたね。ゲートを出てすぐに他馬の砂を被ってしまい、外に逃げようとしていたぐらいで、走るのを止めようとしていたし、硬い馬場もかなり気にして走っていたので、まともに走ったのは最後だけでしたね。ひと叩きした上積みはあると思うので、次走はいい馬場で走らせてあげたいですね」

牧田和弥調教師「初めての競馬で今日の様な馬場だと、さすがに厳しいですね。ゲートは全く問題なかったので、次走はいい条件で競馬をさせてあげたいですね」
13/08/23<出走情報>
8/25(日)小倉2R 3歳未勝利(牝) [D1,700m]
              16頭 54s 高倉稜 発走10:30

調教助手「先週と今週しっかり追い切りをこなしましたが、なんとか持ちこたえてくれましたね。無事出走できてホッとしています。21日の追い切りでも最後までしっかり交わされずに走ってくれましたし、勝負根性は良い物を持っていると思いますよ。体は470s台で、輸送でどれだけ減るかはわかりませんが、さほど苦にしないタイプだと思うので、おそらく競馬も470s台で行けると思います。さすがに初出走なので、使っている馬と差はあるのは確かですが、十分通用する力を持っていると思うので、良い競馬をしてもらいたいですね」
13/08/22<出走情報>
8/25(日)小倉2R 3歳未勝利(牝) [D1,700m・16頭]54 高倉稜
13/08/21<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道で運動、角馬場でハッキング、坂路でキャンター 
21日にCWで追い切り
次走予定:小倉8月25日 牝馬限定1700mダート[高倉稜]

牧田師「今日の追い切りもしっかりこなし、出走態勢が整いました。ゲート難でここまで予定が伸びてしまいましたが、もう心配はないと思うので、後は初めて使う馬なので、周りの雰囲気に惑わされなければ、しっかり走ってくれると思います。」
13/08/21<調教タイム>
助手 21CW良 68.4- 52.6- 38.5- 13.0 馬なり余力
    アバンダンティア(新馬)馬なりの外アタマ先着
13/08/21<出走予定>
日曜日の小倉・D1,700m(牝)[54 高倉稜]
13/08/19<調教タイム>
助手 18栗坂良 54.6- 39.9- 26.6- 13.3 末強目追う
    アバンダンティア(新馬)馬なりを0.6秒先行同入
13/08/19<出走予定>
日曜日の小倉・D1,700m(牝)
13/08/16<調教タイム>
助手 16栗坂良 63.2- 45.0- 29.0- 14.5 馬なり余力
13/08/14<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から坂路でキャンター 14日にCWコースで追い切り
次走予定:小倉8月25日 牝馬1700mダート[高倉稜]

牧田師「先週11日に坂路で強めをした時は、少し動きが重く感じましたが、今日の馬場での追い切りでは、動きが大分と良くなりましたね。これで週末と来週の追い切りで出走態勢が整うと思うので、来週の小倉牝馬1700mダートを高倉騎手で予定しようと思います。初出走なので、使っている馬よりは反応が遅いと思うので、しっかり最後まで乗ってくれる若い騎手を探しました。」
13/08/14<調教タイム>
助手 13栗坂良 66.2- 46.9- 29.8- 14.8 馬なり余力
         /助手 14CW良 71.0- 54.7- 39.5- 12.7 追って一杯
    ビットアリエス(新馬)一杯の内0.2秒遅れ
13/08/08<所有馬情報>
在厩場所:8日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:小倉8月25日 牝馬1700mダート

牧田和弥調教師「検疫が回ってきたので、今日帰厩させました。状態を見てからになりますが、週末から速い所をやり出して、順調なら小倉25日の牝馬1700mダートを目標に進めて行こうと思います」
13/08/02<所有馬情報>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレットミル、周回コースと坂路で乗り込み
次走予定:小倉後半

厩舎スタッフ「さすがにトレセンで鍛えて戻ってきただけあって、以前とは見違える位いい体になって戻ってきましたね。特に疲れも見られないし、先週のベーステストでも、他の馬よりも数値が低くて、内面がかなりしっかりしているのが良くわかります。来週帰厩することが決まっていますが、いい状態で厩舎に戻せると思います。馬体重は486Kです。」
13/07/26<所有馬情報>
在厩場所:25日にノーザンファームしがらきに移動。
調教内容:周回コースと坂路で乗り込み
次走予定:小倉開催

厩舎長「ゲート練習でかなり時間をかけたことなので、一旦こちらに戻ってきましたが、今日の調教の感じだと、前にいた時とあまり状態は変わりありませんね。出だしの歩様は少し硬い所がありますが、ほぐれて行くと全く気にならないので、この馬なりには辛抱してくれていると思います。どちらにしても万全の状態で使うのであれば、小倉一本に絞って仕上げて行く方が力も出し切れると思うので、小倉後半の開催を目標にしっかりやって行きたいと思います。馬体重は475Kです。」
13/07/25<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道で運動後に坂路でキャンター、ゲート練習
     25日ゲート試験・合格
次走予定:小倉開催

助手「普段は本当に大人しくて、とても扱いやすい馬なのですが、少し臆病な所があって、それでゲートの中で座り込んでしまっていたので、練習でも上手く眺めながら慣れさせてきましたが、漸く中でも大人しくしてくれるようになりました。先週の試験では、周りの音にびっくりしたせいで、2回目の時に座り込んでしまいましたが、1回目の時は出の反応も良かったので、タイミング次第だと思っていましたが、今日の試験では2回共しっかり出てくれました。漸く試験もクリアし、これから仕上げに入って行くことになりますが、時間もないことだし、週末から時計を出して行くことになると思います。」
13/07/25<調教タイム>
助手 25栗E重 13.2- 12.9 ゲート一杯
13/07/22<調教タイム>
助手 21栗坂良 58.7- 42.9- 28.5- 13.9 馬なり余力
13/07/19<調教タイム>
助手 19栗坂良 59.7- 43.8- 28.8- 14.3 馬なり余力
13/07/17<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路で運動、ゲート練習
次走予定:未定

牧田和弥調教師「引き続きゲート練習を行っていますが、ゲート試験で課される駐立時間は我慢できるようになっています。先週縛った効果もありそうです。今のところ脚元にくることはないですし、全休日明けでもスクんだりもしません。早ければ明日にでもゲート試験を受けようかと思っています」
13/07/11<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道で運動、坂路コースでキャンター、ゲート練習
次走予定:小倉開催

牧田和弥調教師「だいぶ大人しくなって、我慢する様になってきたので、12日にもう一度縛っておいて、来週後半に試験を受ける予定で進めて行こうと思います。入る時も大人しくスッと入る様になっているし、かなりの時間我慢出来るのだから、試験の時間ぐらいはこなしてくれる筈なので、来週試験に合格して、デビューに向かって進めて行ければと思っています」
13/07/04<所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道で運動、坂路コースでキャンター、ゲート練習
次走予定:小倉開催

牧田和弥調教師「逍遥馬道で運動した後に、坂路とゲート練習を行っていますが、少しゲートの中でバタバタ暴れる所があったので、早めに観念させる為に、4日からゲートで縛ることにしました。初めはかなり煩い所を見せて、その場で座ったりしていましたが、最後の方は観念したみたいで、逆に疲れて座るぐらいでした。明日は普通に練習をして、大人しくこなしてくれる様であれば、どんどん進めて行こうと思います。2週間ぐらいで試験を受けられるように進めて、小倉で使える様にしたいと考えています」
13/06/28(6月28日付)
在厩場所:28日に栗東・牧田和弥厩舎へ入厩 
調教内容: 
次走予定: 

厩舎長「なんとか状態が上がって来ている所での入厩となりました。ここまでかなり時間は掛かってしまいましたが、坂路で乗り出してからは順調に調教メニューもこなしてくれていたので、このままデビューまで無事に行ってもらいたいですね」
13/06/21(6月21日付)
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 
調教内容:周回コースと坂路コースでキャンター 
次走予定:近日中に入厩予定 

担当者「週に2回15−15をしっかりこなし、週に1回のベーステストの数値もようやく落ち着いてきたので、今の状態ならいつでも入厩できると思います。先生にもその旨伝えているので、あとは馬房の都合が付き次第で入厩になると思います。体にメリハリが出て、気持ちも走る方に向いてくれているので、とても良い方向に向いてきたと思いますよ。馬体重は507sです」
13/06/14(6月14日付)
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 
調教内容:ウォーキングマシン、坂路コースでキャンター、週1回トレッドミルでベーステスト 
次走予定:6月中の入厩を目標 

厩舎長「内容に関しては先週とほぼ同じ感じで進めていますが、順調に乗り込めているのは、この馬にとって大きいことですし、入厩に向かって頑張ってくれていると思います。今までは体が増えなかったので、少し飼葉を落としていましたが、しっかり乗り込めるようになってからは、飼葉も戻しています。このところしっかり乗り込めている分、徐々に体はスッキリして引き締まってきましたね。スピードに対応出来る様になってきているので、あとは休んでいた分の運動量をしっかり取り戻してあげれば、自然と体力も付いてくると思います。馬体重は507sです」
13/06/07(6月7日付)
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 
調教内容:ウォーキングマシン、坂路コースでキャンター、週1回トレッドミルでベーステスト 
次走予定:6月中の入厩を目標 

厩舎長「先週と同じ様に坂路で18−18ぐらいの所を乗り込んでいますが、状態を確認するために、週1回はトレッドミルを使ってベーステストを行い、乳酸値の数値を確認しています。まだ少し数値は高いものの、少しずつ良くなって来ているのは確かなので、もう暫くは今の感じで続けて行こうと思います。ここ2週間順調に乗り込みもこなしてくれているし、週に2回は終いをしっかり伸ばしているので、なんとか6月中には入厩出来る様に、このまま無事に行ってくれると良いですね。馬体重は514sです」
13/05/31(5月31日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。坂路コースでキャンターの調教を行っています。厩舎長は「今週初めから、坂路調教に切り替えています。トレッドミル調教より坂路調教の方が数値も低いので、今の状態なら坂路で進めて行く方が良さそうですね。ここまで脚元の不安も全く見られないので、このまましっかり乗り込みを強化して、6月中の入厩を目指して行きたいと思っています。馬体重は517sです」と話しています。
13/05/24(5月24日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。トレッドミルでキャンターの調教を行っています。厩舎長は「21日に再度ベーステストを行いましたが、数値はまだ高いものの、以前と比べると少しずつ数値が低くなって来ていますね。25日にも再度ベーステストをしてチェックする予定です。徐々にではありますが、進歩しているのがわかるので、このまま無事に行ってほしいですね。馬体重は523sです」と話しています。
13/05/17(5月17日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。トレッドミルでキャンターの調教を行っています。厩舎長は「先週末に、再度ベーステストを行いましたが、その検査でも少し数値が高くなったので、調教内容を少しだけ落としています。せっかくここまで積み上げてきたのに、急にペースを落としてしまうと、今までの苦労が水の泡になってしまうので、馬にはきついと思いますが、何とかここを乗り越えてもらいたいですね。馬体重は523sです」と話しています。
13/05/10(5月10日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。トレッドミルでキャンターの調教を行っています。牧場長は「先週末まで順調にトレッドミル調教をこなしてくれていたので、週初めにトレッドミルでベーステストを行いましたが、さすがに負荷が掛かったために、乳酸値の基準値が高くなってしまいました。競馬を使っている馬とは違う部分があるし、舎飼の期間が長かったことで、他の馬よりは負担も掛かるので、それを考えれば良く頑張ってくれていると思います。次の日からは先週のペースに戻していますが、今週末に再度ベーステストを行って、どれだけ変動があるか見たいと思います。そこでも乳酸値が上がる様であれば、もう少し時間を掛けて進めて行く方が良いと思いますが、何とかこの試練を乗り越えて、入厩に向けて頑張ってもらいたいですね。馬体重は516sです」と話しています。
13/05/03(5月3日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。ウォーキングマシンとトレッドミルでキャンターの調教を行っています。厩舎長は「メニュー的には先週と同じぐらいの所ですが、来週あたりからもう少し強めて行こうと考えています。少し負荷を掛けたことで、今が一番きつい時期だと思いますが、ここを乗り越えてもらわないと、これから先は更にきつくなって行きますからね。何とかここを乗り越えて、次のステップに向かってもらいたいと思います。このまま順調に行けば、5月下旬から6月初めには入厩させたいと考えているので、速い所をやるまではトレッドミル中心のメニューで進めて行こうと思います。馬体重は516sです」と話しています。
13/04/26(4月26日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。ウォーキングマシンとトレッドミルでキャンターの調教を行っています。厩舎長は「トレッドミルの調教も問題なくこなしてくれるようになったので、今では2日に1回負荷を掛けて、内容を濃くしています。さすがにやり始めたばかりなので、今がしんどい時期だと思いますが、これを乗り越えてくれればドンドン進めて行ける様になると思うので、もう少し頑張ってほしいですね。脚元の状態も変わりなく来ているし、このまま入厩出来る様に進めて行きたいですね。馬体重は516sです」と話しています。
13/04/19(4月19日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。ウォーキングマシンとトレッドミルの運動を行っています。厩舎長は「トレッドミルをメインに調教を行っていますが、24qの速さのキャンターをこなし、2,3回に1回は32qまでペースを上げています。さすがに32qだと息遣いがもう一つなので、もう暫くは今の感じで進めて、息遣いが良くなれば、坂路で速い所を取り入れてみようと思います。獣医と今後の調整メニューを相談しましたが、順調に行けば5月下旬あたりの入厩を目標に進めたいと思っています。馬体重は516sです」と話しています。
13/04/12(4月12日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらき在厩。ウォーキングマシンとトレッドミルの運動を行っています。厩舎長は「今週からトレッドミルを使って、2日に1回は速歩で強弱を付け、徐々に体を動かせています。運動後も歩様は変わりなく来ているので、もう心配はないと思います。ここまで楽をさせていたことだし、急に進めて行くのではなく、じっくり内面を強化させていかないといけないので、暫くはトレッドミルを使ったメニューで進めて行こうと思います。馬体重は516kgです」と話しています。
13/04/05(4月5日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動を行っています。厩舎長は「歩様も良くなってきたので、5日に普通の装蹄に戻し、明日の様子を見てこれからのメニューを決めて行こうと思っています。念のため今週一杯はマシンのみの調整でしたが、特に気になる所は見られないので、このまま順調なら、来週からまたトレッドミルを使った調教内容に変えて行こうと思います。馬体重は516kgです」と話しています。
13/03/29(3月29日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。トレッドミルでダクの運動を行っています。厩舎長は「ほぼ歩様にも見せなくなったので、徐々に体を動かして行こうと思います。時間との闘いでもあるので、なんとか少しでも早く入厩出来る様に持って行ければと思っています。馬体重は517kgです」と話しています。
13/03/22(3月22日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。トレッドミルでダクの運動を行っています。牧場担当者は「漸く動かせる段階まで回復し、装蹄師と相談して先週から厩舎の周りで曳き運動を15分程度始め、今週からトレッドミルを使って体を動かしています。まだ始めたばかりなので、ダク中心で進めていますが、少し傾斜を付けての運動ですし、これから徐々に内容を濃くしていこうと思います。調教後には、蟻洞の削った場所に薬を塗って、再発を防ぐ様にしています。時間は掛かりましたが、なんとか少しでも早い時期に入厩出来る様に頑張りたいと思います。馬体重は518kgです」と話しています。
13/03/12(3月12日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで休養中です。調教主任は「特に状況に変わりありません。引き続きツメの治療で、運動を控えていますから、飼い葉の量はセーブしています」と話しています。
13/03/05(3月5日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで休養中です。調教主任は「ケアは欠かしていませんが、ツメが悪くなった以上、ここで無理して進める訳にはいきません。装蹄師に詳しく見て貰ったところ、少し蟻洞気味ということで、その辺りにも注意しながらやっていきます」と話しています。
13/02/26(2月26日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで休養中です。調教主任は「ここまで良い感じできていたのですが、19日の調教後に左前のツメが気になったため、楽をさせて様子を見ています。蹄付近から膿が出ている状態で、完治するまで少し時間が掛かるかもしれません。場所が場所だけに、慌ててやっても良くないので、ここはしっかり治療に専念したいと思います」と話しています。
13/02/19(2月19日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップをした後、周回コースでキャンター1,500mと坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教主任は「15−15の調教にも耐えられるようになっているし、体力は付いていると思いますので、このまま入厩へ向けて進めて行きます。日程的に新馬戦でのデビューは難しいと思いますが、馬の状態を最優先に進めることがベストだと思うので、このまましっかり乗り込んで行きます」と話しています。
13/02/12(2月12日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップをした後、周回コースでキャンター1,500mと坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教主任は「坂路で週2回15−15をこなして、速い時は13−13も出しているので、調教に関しては順調です。動きを見ると、全体的にもう少し体力が付いて欲しい感じはありますが、以前と比べて、スクみの症状は持ちこたえてくれているので、そのあたりは強くなって来ていると思います」と話しています。
13/02/05(2月5日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップをした後、周回コースでキャンター1,500mと坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教主任は「順調に乗り込みをこなしてくれていますが、若干両前ヒザウラに張りが見られるので、そのあたりには気を付けながらの調教です。それでも、週に2回は15−15から終い3ハロンを13秒で上がってきているし、休まずに乗り込みは出来ているので、当初の予定通りに今月中旬の入厩予定で進めています」と話しています。
13/01/29(1月29日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップをした後、周回コースでキャンター1,500mと坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教主任は「先週は坂路で、17秒位で入って、終い3ハロンを15−15で上がってきました。状態もグッと上がってきたし、乗った後のスクミが出なくなったので、だいぶ内面が強化されてきたのだと思います。強いて言えば、もう少し自分から気を出して走る様になってくれれば、言うことないと思います」と話しています。
13/01/22(1月22日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップをした後、周回コースでキャンター1,500mと坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教主任は「だいぶ元気が戻ってきたのか、気持ちが前向きになり、体の張りも出てきました。あとは、このまましっかり乗り込んで、入厩に向けた調教をしていくことになります。先週に牧田先生が状態を確認して、今後の進め方について打ち合わせを行った結果、2月上旬位に入厩させて、阪神の新馬戦に間に合うように進めて行こうということになりました。この後は、速い調教も始めて行きます」と話しています。
13/01/15(1月15日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップをした後、周回コースでキャンター1,500mと坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教主任は「ようやく体調も整ってきて、最近は普通に乗っても反動が見られなくなりました。現時点では周回コース中心のメニューですが、坂路に入れで進めても大丈夫な状態まで上がってきています」と話しています。
13/01/08(1月8日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップをした後、周回コースでキャンター1,500mと坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教主任は「輸送の疲れも回復して来て、徐々に調教内容を上げています。まだ馬体の割には、引き締まっていない感じですね。しっかり長めに乗り込んで、体を鍛えて行こうと思っています」と話しています。
12/12/25(12月25日付)
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、角馬場で軽めの調教を付けられています。調教主任は「さすがに輸送の疲れが残っていたみたいなので、先週まではゆっくりさせて、今週から乗り出しています。まだ何とも言えませんが、少し緩いところが残っているようにも思います」と話しています。
12/12/18(12月18日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整を続けると、15日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しました。到着後も特に問題は無い様で、今週から調教を再開する予定です。
12/12/17≪最新情報≫
15日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しました。
12/12/14≪最新情報≫
15日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。
12/12/11(12月11日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「しがらきの馬房の都合が付いた為、15日着で移動する予定です。少々時間が掛かってしまいましたが、このままスンナリと最終調整をこなして欲しいですね」と話しています。
12/12/04(12月4日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「この中間も15−15をきっちり消化していますが、直接栗東へ入厩させるのはまだ早いかもしれませんね。しがらきへ移動の打診を行っていますので、年内には移動になると思います」と話しています。
12/11/27(11月27日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「先週も3ハロン45秒半の時計で1本登坂させました。ただ、馬体重が500kgを割ってこないんですよ。北海道での調教にすっかり慣れてしまった様ですし、天栄かしがらきへ移動させて、環境を変える事も検討しています」と話しています。
12/11/20(11月20日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「週1回は坂路で3ハロン45秒、残りの2日は47秒と着実にペースを上げています。反動も見られませんし、このまま乗り込んで行けば、もう少し時計を詰める事は可能だと思います」と話しています。
12/11/13(11月13日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「だいぶ寒くなってきましたが、冬毛はほとんど目立ちません。まだ移動の予定は聞こえてきませんが、坂路で15−16の調教を継続出来ていますし、そろそろ移動を意識しても良いかもしれません」と話しています。
12/11/06(11月6日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「週1回は15−16のキャンターを2本ビシッと乗っています。ここに来て気合い乗りが良くなり、前進気勢が出始めています」と話しています。
12/10/30(10月30日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター1?2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「15−16のペースにだいぶ慣れて来た様で、徐々に状態が上向いて来ました。引き続き乗り込み量を増やし、更に鍛えて行きます」と話しています。
12/10/23(10月23日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週3回は坂路コースでキャンター1?2本の調教をつけられています。牧場スタッフは「この中間から坂路調教のピッチを上げ、週3回15−16のペースで登坂させています。体が徐々に引き締まり、着実に状態は上向いていますよ」と話しています。
12/10/16(10月16日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週2回は坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場スタッフは「坂路はハロン16秒のペースで登坂させています。馬体重も480kg台まで絞れて来ましたし、漸く小休止する前の状態に戻りましたね」と話しています。
12/10/09(10月9日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週2回は坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場スタッフは「坂路のメニューは変わりありませんが、週2回元気に登坂しています。これから登坂回数とペースを上げて行く訳ですが、このまま順調に行って欲しいですね」と話しています。
12/10/02(10月2日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。屋内周回コースでキャンター2,400mを基本メニューとして、週2回は坂路コースでキャンター1本の調教をつけられています。牧場スタッフは「この中間から坂路調教を再開しました。ハロン16?17秒のペースでサッと登坂させていますが、だいぶ動ける態勢になって来ました」と話しています。
12/09/25(9月25日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。週3日はトレッドミル、週3日は屋内周回コースでキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「先週末から騎乗運動を再開しました。左前の出も問題ありませんし、トレッドミルを併用しながら乗り込んで行きます」と話しています。
12/09/18(9月18日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル運動を行っています。牧場スタッフは「ご心配をお掛けしましたが、左前の歩様は回復して来ました。X線検査でも異常は認められませんし、近々騎乗運動を再開出来ると思います」と話しています。
12/09/11(9月11日付)
北海道・ノーザンファーム早来の馬房で休養中です。牧場スタッフは「今週月曜日の朝、馬房から出したところ、左前の歩様に違和感がありました。寝違いの可能性もあるため、運動を休止して様子を見ています」と話しています。
12/09/04(9月4日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「週2回坂路でハロン17秒のメニューを継続出来ています。調教を強化したことで、以前とは馬体の雰囲気そのものが変わって来ましたよ」と話しています。
12/08/30(8月30日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「引き続き週2回坂路でハロン17秒の調教を消化しています。ただ、このペースでも疲れを見せる事がありますので、体調を考慮しながらジックリ仕上げて行きます」と話しています。
12/08/21(8月21日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「この中間から坂路をハロン17秒と、もう一段階ピッチを上げました。ここに来て良化の兆しが見られますね」と話しています。
12/08/14(8月14日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「引き続き週1本は坂路を18−19のペースで登坂しています。この馬なりにペースを上げても体重が増加傾向にありますし、調子が上向いている証拠でしょうね」と話しています。
12/08/07(8月7日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「まだ加減せずに進められる状態ではありませんが、この馬なりに一歩、一歩前進しています。引き続き調教のバリエーションを変えながら、良化を促して行きます」と話しています。
12/07/31(7月31日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「週1回の坂路調教のペースを18−19に上げました。馬体を絞る目的で、トレッドミル運動を週2回追加して、運動量を増やしています」と話しています。
12/07/24(7月24日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「引き続き週1本は坂路をハロン19秒のペースで登坂させています。来月にはハロン18秒を目標に進めて行きたいですね」と話しています。
12/07/17(7月17日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「この中間も順調ですから、時計をひとつ詰めて、坂路のペースをハロン19秒まで上げようと思います」と話しています。
12/07/10(7月10日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「まだ、可もなく不可もなくと言った所ですね。これから坂路入りの回数を増やして行ける様に、しっかり乗り込んで行きます」と話しています。
12/07/03(7月3日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「週3日が周回コース、週2日がトレッドミル、週1日は坂路とバリエーションを変えながら鍛えています。まだバリバリ攻める訳には行きませんが、時間を掛けながら進めて行きます」と話しています。
12/06/26(6月26日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター1,800m?2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「週1本の坂路調教を継続しながら、徐々に緩さが解消されて来ました。ペースは3ハロン57?58秒程度にセーブしていますが、もう少し体力を向上させてから、ペースアップして行こうと思います」と話しています。
12/06/19(6月19日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。角馬場・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター1,800m?2,400mの調教をつけられています。牧田調教師は「牧場で見て来ました。馬体は成長して良くなっていましたよ。目標は秋になるでしょうか」と話しています。
12/06/12(6月11日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。角馬場・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター1,800m?2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「今のところ、週1回の坂路調教は継続出来ています。ここ半月で馬体重が10kg増えましたが、調教量は落していませんので、これは成長分と解釈して良いでしょうね」と話しています。
12/06/05(6月4日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。角馬場・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター1,800m?2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「週1回のペースで坂路に入れ、ハロン20秒のキャンターを1本乗るスタイルを継続しています。まだ手探りの段階ですが、少しずつ良化を促して行きます」と話しています。
12/05/29(5月28日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。角馬場・屋内周回コース・屋内坂路コースを併用し、キャンター1,800m?2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「この中間は、坂路でハロン20秒のキャンターを1本乗りました。やり過ぎず、緩め過ぎず、匙加減を上手く調整しながら進めて行きます」と話しています。
12/05/22(5月21日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。角馬場と屋内周回コースを併用して、キャンター1,800m?2,400mの調教をつけられています。牧場スタッフは「坂路へ入れてみましたが、歩様にやや硬さが見られるため、まだ無理をさせない方が良いかもしれません。坂路調教は毎週ではなく、隔週で進めてみます」と話しています。
12/05/15(5月14日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。角馬場・屋内周回コース・屋内 坂路コース併用を併用し、キャンター1,800m?2,400mの調教をつけられていま す。牧場スタッフは「この中間から坂路に入れ始めました。まだ週1回程度と 無理をさせていませんが、調教のバリエーションを変えながら、肉体面の向上 に努めます」と話しています。
12/05/08(5月7日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル運動と屋内周回コースでキャンター1,800mの調教をつけられています。牧場スタッフは「現行のメニューを継続しても体が増えていますから、少しずつ負荷を高めて行っても良いかもしれません」と話しています。
12/05/01(4月30日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル運動と屋内周回コースで、キャンター1,800mの調教をつけられています。牧場スタッフは「まだ体型が幼いですから、成長の妨げにならないよう、焦らずゆっくり進めて行きます」と話しています。
12/04/24(4月24日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル運動と屋内周回コースで、キャンター1,800mの調教をつけられています。牧場スタッフは「引き続きトレッドミルと周回調教を交互に行っています。まだ調整過程は地味ですが、じっくり基礎を固めて行きましょう」と話しています。
12/04/17(4月16日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミルの運動と屋内周回コースで、スローキャンター1,800mの調教をつけられています。牧場スタッフは「トレッドミルと周回コースを1日おきに進めています。まだペースを上げる事は出来ませんが、丹念に乗り込んで良化を促して行きます」と話しています。
12/04/10(4月9日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミル運動と屋内周回コースでスローキャンター1,800mの調教をつけられています。牧場スタッフは「予定通り先週末から周回コースに入れています。このまま進めて力が付いて来れば、硬さも徐々に解れてくると思います」と話しています。
12/04/03(4月2日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミルの運動と角馬場で軽めの調教をつけられています。牧場スタッフは「今週末から1度周回コースに入れてみようと思います。負荷を高めて行くには、もう少し時間が必要ですが、動きを見て頻度を上げて行きましょう」と話しています。
12/03/27(3月26日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミルの運動と角馬場で軽めの調教を付けられています。牧場スタッフは「良い意味で平行線です。硬さが解消されてくるまでは、負荷を掛け過ぎない調整を進めて行きます」と話しています。
12/03/20(3月19日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミルの運動と角馬場で軽めの調教を付けられています。牧場スタッフは「トレッドミルと角馬場、交互のメニューを約1ヶ月継続しています。徐々に力がついて、活気が出て来ました」と話しています。
12/03/13(3月12日付)
北海道・ノーザンファーム早来で調整中です。トレッドミルと角馬場で騎乗運動を行っています。牧場スタッフは「角馬場での騎乗運動は、1日おきに行っています。以前は動きが小ちんまりとしていましたが、特に肩の出が良くなった事で、ノビノビとし始めています」と話しています。

競走馬名:アイズオブラヴァー
英文字 :Eyes of Lover
意 味 :英語で「恋人の瞳」
11/12/12≪最新情報≫
10日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動しました。
11/12/09≪最新情報≫
10日(土)に北海道・ノーザンファーム早来へ移動する予定になりました。