シルクミレニア
牝馬、栃栗毛、09/05/27生
父:ブライアンズタイム、母:シルキーグランス、母の父:Kingmambo
厩舎:高柳瑞樹(美浦)、生産:山岡ファーム
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
12/09/26(9月26日付)
21日付けで抹消の手続きが取られました。今後は、佐賀競馬で競走を続ける予定です。
12/09/21≪最新情報≫
21日(金)に抹消の手続きが取られました。
12/09/19(9月19日付)
先週10着でした。道中は12番手辺りからの競馬で、勝負処でも押し上げられずに、14番手で4コーナーを回りました。そして直線では、最後までバテずに追われたものの、差を詰めただけに終わっています。レース後、特に不安はありませんが、未勝利戦への出走資格が無くなったこと、また近走のレース内容も考慮して、今後の進め方について検討した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られる予定です。
12/09/18≪レース結果≫9月16日出走
中山3R 3歳未勝利  [D1,800m・16頭]10着[14人気]

丸田騎手「ゲートの中でモソモソやっていて、タイミングが悪く、左斜めに出てしまいました。道中も上がって行く脚は無かったですね。追っ付けながらやっと付いて行っている感じでした。直線で追い出しても、前だけで走っている感じでしたから、もっとトモに力が欲しいですね」

高柳師「体つきなどは徐々に良くなっていたんですよ。最初は大人しかったけど、使っている内に段々と煩い面が出てきました。この血統は煩いくらいでないと走らないのかもしれませんね」
12/09/14≪出走情報≫9月16日出走
中山3R 3歳未勝利 (D1,800m)
16頭 54kg 丸田         発走11:15
当初は来週に回る方向でしたが、検討の結果、今週出走する事になり、調教師は「新潟遠征後なので、中2週空けて来週ぐらいが馬のためにも良いと思っていましたが、来週、再来週まで待っても必ず使えるとは限らないので、今週使う事にしました。調教の動きは良いですし、体調に関しては問題ありません。久々を叩いた上積みもあるので、頑張ってほしいですね」と話しています。
12/09/13≪出走情報≫9月16日出走
中山3R 3歳未勝利  [D1,800m・16頭]54s 丸田
12/09/12(9月12日付)
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整で、9日に時計を出しています。調教師は「競馬の後も変わりないです。また様子を見て中山で使っていきます。今週か来週辺りで使えるでしょう」と話して、今週の出走も検討していましたが、来週以降に回る方向です。
12/09/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手12南W稍       53.3- 39.6- 13.3 強目に追う
    ラリエット(古500万)馬なりの外を1.3秒先行同入
12/09/12≪出走予定≫
検討の結果、今週の出馬投票は見送る予定です。
12/09/11≪出走予定≫
今週出馬投票する可能性があります。
12/09/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手9美坂良    60.0- 44.9- 29.6- 14.4 馬なり余力
12/09/05(9月5日付)
先週11着でした。今回も後方からの競馬でしたが、勝負処でも前との差を詰められず、13番手で4コーナーを回りました。そして、直線に向いても伸びを欠き、後方のまま流れ込んでいます。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/09/03≪レース結果≫9月2日出走
新潟3R 3歳未勝利(混)[D1,800m・15頭]11着[15人気]

中谷騎手「ゲートは、やりそうな感じはあったけど、ギリギリ我慢していました。出そうとして構えると、ソワソワし出すので、多少出遅れても良いというぐらいの気持ちでいました。最後は、少しずつでも伸びてはいるんですけどね。まだ太かったので、次はもう少し良くなると思います」

高柳師「ゲートは大丈夫でしたね。次は、中山の2,3週目ぐらいで使えると思います」
12/08/31≪出走情報≫9月2日出走
新潟3R 3歳未勝利(混) (D1,800m)
15頭 54kg 中谷         発走11:10
中間は放牧に出てリフレッシュを図り、先週ゲート再審査に合格すると、今週の出走に向けて乗り込みを進めており、中谷騎手は「乗った感じは悪くないですよ。緩さも特に感じられませんでした。ただ、気性的に難しいところがありそうですね。先週のゲート試験でも、中で待たされると落ち着きがなくなってきました。競馬に行って、気が入り過ぎなければ良いのですが」と話しています。
12/08/30(8月30日付)
坂路と南Wコースでキャンターの調整で、22日に併せて時計を出すと、26日にも追い切られています。24日にゲート再審査を受けて合格しており、調教師は「ゲート試験は中谷騎手に乗ってもらい受けました。駐立のチェックで長く置かれたんですが、中で少しソワソワし出しました。大きなことはしなかったので、問題なく受かりましたが、そういう癖が少し出てきたようですね。今週の新潟を予定しています」と話しており、今週の新潟・D1,800mに出走を予定しています。
12/08/30≪出走情報≫9月2日出走
新潟3R 3歳未勝利(混)[D1,800m・15頭]54s 中谷
12/08/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手28美坂良    60.8- 44.9- 29.1- 14.6 馬なり余力
助 手29南W良       55.4- 39.9- 12.8 強目に追う
    ラリエット(古500万)馬なりの内を0.5秒先行同入
12/08/29≪出走予定≫
新潟競馬(番組は未定)[54 中谷]
12/08/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手26南W良       58.4- 44.3- 14.8 馬なり余力
12/08/24≪最新情報≫
24日(金)にゲート試験を受けて、合格しました。
12/08/22(8月22日付)
15日に美浦へ帰厩すると、南Pコースでキャンターの調整で、19日に時計を出しています。ゲート練習も進めており、調教師は「ゲートは全然大丈夫です。24日以降に再審査を受けられるので、さっそく今週受けてみます。競馬は新潟4週目になりますね」と話しています。
12/08/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手22美坂良    54.0- 38.9- 25.1- 12.3 馬なり余力
    ダノンアンチョ(古500万)馬なりを0.4秒先行同入
12/08/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手19南P良    70.1- 53.4- 39.3- 13.3 馬なり余力
12/08/15(8月15日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mの調教を付けられています。調教担当者は「この中間から15−15を始めています。動きも上々でしたし、馬体も緩めていませんから、いつ声が掛かっても良いように乗り込んでおきます」と話すと、確認した調教師の指示で、15日に美浦へ入厩しています。
12/08/15≪最新情報≫
15日に美浦へ帰厩しました。
12/08/14≪最新情報≫
15日に美浦へ帰厩する予定になりました。
12/08/08(8月8日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mの調教を付けられています。調教担当者は「左飛節の外傷に関しては大したことは無く、すでに普通のメニューで乗っています。体の張りなども悪くないですが、ゲート試験まで少し時間がありますので、上手く調整しながらやっていきます」と話しています。尚、1日から坂路コースの改修工事に入った為、周回コース中心の調教となっています。
12/08/01(8月1日付)
先週の川崎は競走除外となり、調教師は「一度は上手く宥めたんですが、また暴れて立ち上がろうとした時に、尻もちを付いてしまいました。今までそんなことは全然なく、大人しすぎて逆にもっとピリッとさせたいぐらいだったんですが、何かでスイッチが入ってしまったんでしょうか。翌日も跛行はしていないですし、傷自体も大したことはありません。24日の夜に一応抗生物質を打ちましたが、熱も上がらず馬は元気です。ただ、ゲート再審査になってしまいました。地方の規定で、30日後じゃないと試験を受けられないみたいです。そうなると新潟の最後にギリギリ間に合うかどうかというところですね」と話し、27日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されています。
12/07/27≪最新情報≫
27日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されました。
12/07/25(7月25日付)
南Wコースでキャンターの調整で、21日に時計を出すと、24日の川崎・ルビーフラワー賞に出走が確定していましたが、スタート前にゲート内で暴れて左飛節に外傷を負った為、競走除外となっています。この後は患部の状態を詳しくチェックした上で、予定を立て直します。
12/07/25≪レース結果≫7月24日出走
川崎8R ルビーフラワー賞[D1,500m・13頭]競走除外

高柳師「ゲートの中で暴れてしまい、一度は落ち着いたんですけど、再度暴れた時に中で座ってしまったようです。その時にどこかで切ったのか、左飛節に外傷を負ってしまい、出血が結構あったので、競走除外になりました。外傷だけだと思いますが、美浦に戻ってから詳しくチェックします。今までゲートは悪くなかったんですけどね・・」
12/07/24≪出走情報≫7月24日出走
川崎8R ルビーフラワー賞 (D1,500m)
14頭7枠11番 54kg 本橋(船橋)  発走19:40
中間は挫跖の症状が見られた為、福島開催での出走を見送ると、今回は地方交流戦に出走する事になり、調教師は「順調に来ています。ただ、18日の追い切りは時計が遅く、物足りなかったので、週末にもう一本しっかりやっておきました。ここ2戦は前に行けないレースが続いているので、決して小回りコースが合うとは言えませんが、メンバーはかなり楽になると思いますので、少しでも上位を狙いたいと思います」と話しています。
12/07/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手21南W良       52.7- 39.2- 13.1 直強目追う
12/07/23≪出走予定≫
24日の川崎・ルビーフラワー賞[54 本橋(船橋)]
12/07/18(7月18日付)
坂路と南Wコースでキャンターの調整で、11日と15日に併せて時計を出しています。調教師は「もう挫跖は大丈夫です。歩様は良くなりましたし、熱感もありません。先週からまた時計を出しています。来週川崎の地方交流戦に入ったので、そちらに向かう予定です」と話しており、来週24日の川崎・ルビーフラワー賞に出走を予定しています。
12/07/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手18南W良       59.7- 42.8- 13.0 馬なり余力
    グリーンヴォルト(三未勝)馬なりの外を1.1秒先行同入
12/07/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15南W良       56.0- 40.6- 14.4 馬なり余力
    ドラゴンアリー(三未勝)馬なりの内同入
12/07/11(7月11日付)
厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「先週の出走を検討していたんですが、3日の調教後、右前に挫跖の症状が見られたので、見送りました。程度としては軽いもので、歩様にはそれほど見せていません。新潟開催に切り替えます」と話しています。
12/07/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手11美坂良    55.3- 39.8- 26.0- 12.5 馬なり余力
    ゴッドエンブレム(古1600万)末強目を2.0秒先行0.2秒遅れ
12/07/04(7月4日付)
坂路と南Wコースでキャンターの調整で、27日、28日、1日に時計を出しています。調教師は「相変わらず非力感は拭えないですが、体はだいぶ戻ってきました。トモに少し張りがあり、牧場でもショックウェーブで治療していたようなので、こちらでもマイクロなどでの治療を続けていきます。今週の福島を予定していますが、芝・ダートに拘らず、メンバーを見ながら番組を検討します」と話していましたが、右前脚に挫跖の症状が見られた為、大事を取って今週の出馬投票は見送る予定です。
12/07/04≪出走予定≫
右前脚に挫跖の症状が見られた為、大事を取って今週の出馬投票は見送る予定です。
12/07/03≪出走予定≫
福島競馬(番組は未定)
12/07/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手1南W良       54.9- 40.3- 13.1 馬なり余力
12/06/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手28美坂良    54.2- 38.6- 25.4- 12.5 馬なり余力
    プリンチペッサ(三未勝)馬なりを0.1秒先行同入
12/06/27(6月27日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で変わりなく調整を進めると、確認した調教師の指示で、23日に美浦へ帰厩しています。調教師は「もうだいぶ良くなっているようなので、トレセンに入れて進めていきます。早ければ来週使えると思います」と話しています。
12/06/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手26美坂良    61.4- 44.8- 29.5- 14.5 馬なり余力
12/06/25≪最新情報≫
23日に美浦へ帰厩しました。
12/06/22≪最新情報≫
23日(土)に美浦へ帰厩する予定になりました。
12/06/20(6月20日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「坂路で週1本15−15を入れて、ペースアップを図っています。まだ背腰に関しては万全とは言えませんが、あまりゆっくりも出来ませんから、上手くケアしながら進めていきます」と話しています。
12/06/13(6月13日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「まだ疲れが残っている感じで、背腰の辺りがもう一つですが、ケアはしっかりやっているので、徐々に良くなってくると思います。時期的なものも考えないといけませんし、今週からキャンターへ移行して、徐々にペースアップします」と話しています。
12/06/06(6月4日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行った後、乗り運動の調教を付けられています。調教担当者は「徐々に立ち直ってきている感じですが、まだ全体的に疲れが残っているし、馬体を戻しながら、現時点では無理せずじっくり乗っていきます」と話しています。
12/05/30(5月28日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行った後、乗り運動の調教を付けられています。調教担当者は「先週から騎乗を再開して、軽めで様子を見ています。結構疲れも溜まっている様だし、リフレッシュを図る意味でも、もう少し時間を掛けて乗っていきます」と話しています。
12/05/23(5月21日付)
前走後に調教師は「よそ見をしている時にゲートが開いて、出遅れてしまいました。馬群で競馬できれば、あんなに負けなかったと思うんですが・・。競馬の後、かなりゴツゴツしていて、全体的に疲れが見られます。続けて使っていくには無理があるので、1ヶ月ぐらい放牧に出して立て直します」と話し、18日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されています。
12/05/18≪最新情報≫
再調整の目的で、18日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されました。
12/05/16(5月14日付)
先週13着でした。スタートで出遅れて後方からの競馬になると、勝負処でも反応が悪く、後方2番手で4コーナーを回りました。そして、直線でも伸びを欠き、順位を上げる事無くゴールしています。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す事になり、18日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧される予定です。
12/05/14≪レース結果≫5月12日出走
新潟5R 3歳未勝利(若手)[芝2,000m・14頭]13着[14人気]

池崎騎手「ゲートで横を向いたときにスタートが切られてしまい、出遅れてしまいました。出遅れたことで、馬群から離れてしまったことが痛かったです。芝が悪いとは思いませんが、まだ全体的に力が付いていない印象ですし、これからの馬だと思います」

高柳師「馬群の中で競馬が出来ていれば、違ったかもしれませんが、あれだけ置かれてしまってはね。それに、今日の感じでは距離が長かったかもしれません。かと言って、気性的に短距離向きではないと思いますので、次は福島・D1,700mあたりになると思います」
12/05/11≪出走情報≫5月12日出走
新潟5R 3歳未勝利(若手騎手) (芝2,000m)
14頭2枠2番 54kg 池崎      発走11:45
デビュー戦を使われた後も変わりない事から、検討の結果、ここへの出走を決めており、調教師は「追い切りは格上相手に良く付いてきていました。1回使って動きは良化していますが、本当に良くなるのはまだ先だと思います。この距離ならゆっくり流れるでしょうから、芝でも対応できると思いますし、ムキになって行く方ではないので、距離も保つと思います」と話しています。
12/05/10≪出走情報≫5月12日出走
新潟5R 3歳未勝利(若手)[芝2,000m・14頭]54s 池崎
12/05/09(5月7日付)
坂路コースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教師は「順調です。週末から15−15をやっています。今週ぐらいから、いつでも使えるように準備しておきます。メンバーなどを見ながら検討していきます」と話しており、今週土曜日の新潟・芝2,000m(若手騎手)に出走を予定しています。
12/05/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
池 崎9南W良    70.7- 55.2- 40.6- 13.0 強目に追う
    ピアチェーレ(三500万)馬なりの外を1.0秒先行同入
12/05/09≪出走予定≫
土曜日の新潟・芝2,000m(若手)[54 池崎]
12/05/08≪出走予定≫
今週出馬投票する可能性があります。
12/05/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手5美坂稍    59.8- 45.0- 29.7- 14.3 馬なり余力
12/05/02(4月30日付)
レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「使った後も特に変わりないです。また様子を見て使っていきます。次は芝のレースを考えています」と話しています。
12/04/25(4月23日付)
先週10着でした。スタートはまずまずでしたが、行き脚が付かず最後方からの競馬になると、後方追走のまま4コーナーを回りました。そして直線ではバテずに追われたものの、差を詰めただけに終わっています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/04/24≪レース結果≫4月21日出走
福島3R 3歳未勝利(牝) [D1,700m・15頭]10着[10人気]

丸田騎手「まだ自分から走ろうという気が無いですね。直線はビシっと追っておきましたので、少し伸びてくれました。使いつつ走る気が出てくれば、変わると思いますよ」

高柳師「気持ちがピリッとして来ないので、ブリンカーを付けることも検討しましたが、初戦は何も着けないで走らせました。元々自分からハミを取って行くタイプではないですし、初めて砂を被ったこともあり、後ろからになってしまいました。それでも最後は砂を被らないように大外を回してきたら、終いは伸ばしてきましたね。経験馬相手にまずまずの内容だったと思います。短い所よりは、コーナーを4つ回る競馬の方が良さそうですね。次走は芝を試そうと思いますが、1,800mか2,000mであれば、それ程間隔を空けなくても使えるでしょう。まだ体型が幼いですから、使いつつ変わって来ると思います」
12/04/20≪出走情報≫4月21日出走
福島3R 3歳未勝利(牝) (D1,700m)
15頭6枠11番 54kg 丸田      発走10:50
ゲート試験合格後は放牧に出て成長を促すと、帰厩後も順調に調整され、今週のデビューを決めており、調教師は「動きは先週より良くなりました。このままやっていけば少しずつは良くなっていくと思いますが、ガラッと変わるということもなさそうなので、今週使ってみたいと思います。体はだいぶ締まってきていますし、息も悪くないです。馬体重は430kgで、徐々に減ってきていますが、ガレている訳ではありません。ただ、まだ筋肉が付き切っていなくて、馬が幼いですね。競馬を使いながら良化させていきたいと思います」と話しています。
12/04/19≪出走情報≫4月21日出走
福島3R 3歳未勝利(牝) [D1,700m・15頭]54kg 丸田
12/04/18(4月16日付)
南Wと坂路コースでキャンターの調整で、11日に併せて時計を出すと、15日にも追い切られています。調教師は「11日はもう少し変わってくるかと思いましたが、まだちょっと動けないようですね。今週ぐらいと思っていましたが、もう少しやっていけば変わってきそうな感じもあるので、延期するかもしれません。今週の動きがガラッと変わってくるようなら、また考えてみます」と話しており、今週出馬投票する可能性があります。
12/04/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手17美坂良    61.5- 45.5- 29.7- 14.8 馬なり余力
金子光18南W重       54.8- 39.7- 13.2 一杯に追う
    サクラオハナ(古1000万)強目の内を1.1秒先行0.3秒遅れ
12/04/18≪出走予定≫
今週出馬投票する可能性があります。
12/04/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15美坂不    57.7- 43.4- 29.0- 13.8 馬なり余力
12/04/11(4月9日付)
南Wと坂路コースでキャンターの調整で、5日に併せて時計を出すと、8日にも追い切られています。調教師は「5日は全体の時計より、終いを伸ばすことに重点を置いてやりましたが、だいぶ良くなりましたね。最後までしっかり動けていました。飼い食いは細いですが、まだ体に余裕はあるので、もう少しだと思います。今のところ福島3週目辺りを考えています」と話しています。
12/04/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
金子光11南W良       55.1- 39.1- 12.8 一杯に追う
    サクラオハナ(古1000万)馬なりの内を1.0秒追走0.6秒遅れ
12/04/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手8美坂良    62.0- 45.2- 29.9- 14.9 馬なり余力
12/04/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手5南W良       55.6- 40.3- 13.4 一杯に追う
    アレクト(三未勝)末一杯の内0.1秒遅れ
12/04/04(4月2日付)
南Wコースでキャンターの調整で、28日に併せて時計を出しています。調教師は「先週は下でやってみましたが、まだ馬なりで余裕の手応えです。まだ緩いけど、息はだいぶ出来てきました。先週の計量で馬体重は450kgで、思ったほど体はないですが、もう少し絞れそうです」と話しています。
12/03/28(3月27日付)
坂路コースでキャンターの調整で、22日に併せて時計を出しています。調教師は「あまり気がある方ではないので、先週は3頭併せの真ん中に入れてやりました。半マイル55秒の予定だったので、だいたい予定通りの時計です。体はだいぶ絞れてきましたが、まだ太いのでもう少し時間が掛かると思います。中山開催中か福島で使えると思います。兄姉は気の悪い馬が多かったようですが、この馬は大人しくて扱いやすいですよ」と話しています。
12/03/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手28南W良    74.4- 58.8- 43.3- 14.4 馬なり余力
    アレクト(三未勝)馬なりの内同入
12/03/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手22美坂良    54.4- 39.9- 26.1- 12.9 馬なり余力
    アレクト(三未勝)馬なりを0.1秒先行同入
12/03/21(3月19日付)
坂路コースでキャンターの調整で、15日に併せて時計を出しています。調教師は「先週は坂路で半マイル55秒ぐらいやってみました。少し促すぐらいで、まだ余裕はありました。でも、まだ緩いので、もう少し時間が必要ですね。飼い葉は普通に食べているし、体も減っていません。今のところ特に問題はないので、このまま進めていきます」と話しています。
12/03/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15美坂良    55.7- 40.3- 26.3- 13.2 馬なり余力
    クラウンウィロー(新馬)馬なりに同入
12/03/14(3月12日付)
8日に美浦へ帰厩すると、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「9日は初日なので、軽めで様子を見ました。特に問題はないので、これから進めていきます」と話しています。
12/03/08≪最新情報≫
8日に美浦へ帰厩しました。
12/03/07≪最新情報≫
8日に美浦へ帰厩する予定になりました。
12/03/06(3月5日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「まだ背中に張りが残っている状態ですが、ケアをしっかりやっているので、徐々に良くなってくるでしょう。キャンターのペースも緩めず乗れているし、先生から『近い内に帰厩させて、あとは厩舎で調整します』と連絡がありました」と話しています。
12/02/28(2月27日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「徐々に調整を進めて、ハロン17秒前後で乗っています。もう少し気持ちの面でピリッとしてくると、動きも変わってくると思いますが、多少背中の辺りが張っている感じなので、その辺り考えながら進めていきます」と話しています。
12/02/21(2月20日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「ひと息入れて先週の前半から乗り出していますが、動きを見ると、多少覇気に欠ける感じです。気合が足りないというか、今一つピリッとしない面があります。暫くはジックリ乗って、それから進めることになると思います」と話しています。
12/02/14(2月13日付)
南Dコースでキャンターの調整で、9日にゲート試験を受けて不合格となったものの、10日の試験で合格しています。調教師は「9日は少し反応が遅かったので不合格になりました。10日の1本目は3完歩目で少し尻を上げそうになったけど、2本目は普通に出ていました。最初は思ったより飼い葉を食べていたけど、15−15ぐらいのところをやったり、ゲートも攻め出すと、少し残すようになりました。やはり牝馬で神経質なところがありますね。ここで一旦放牧に出します。まだ緩いけど、もう少し乗り込めば目処が立ちそうなので、長くは掛からないでしょう」と話し、11日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されています。
12/02/13≪最新情報≫
11日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されました。
12/02/10≪最新情報≫
9日(木)にゲート試験を受けましたが、不合格でした。
10日(金)にゲート試験を受けて、合格しました。
再調整の目的で、11日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧される予定です。
12/02/07(2月6日付)
南Dコースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「3日は併せ馬につられて、結構出ましたよ。今週の水曜にもう一度練習して、良ければ木曜か金曜に試験を受けたいと思います。素直で大人しく、手の掛からない馬です。飼い葉も良く食べています。体は以前に比べるとだいぶ成長しましたね。まだ緩いけど背中は良いので、パンとしてくれば走りそうですよ」と話しています。
12/01/31(1月30日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で変わりなく調整を進めると、27日に美浦・高柳厩舎へ入厩しています。調教師は「まだちょっと頼りない感じはしますが、とりあえずゲート試験までやってみます。ゲート試験に受かってから、そのまま進めていくか、放牧に出すか、状態を見て決めたいと思います」と話しています。
12/01/27≪最新情報≫
27日(金)に美浦・高柳厩舎へ入厩しました。
12/01/26≪最新情報≫
27日に美浦・高柳厩舎へ入厩する予定になりました。
12/01/24(1月23日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「変わりなく順調で、毎週コンスタントに速い調教を行っています。入厩も近いので、今の状態をキープしながら、しっかり態勢を整えていきたいと思います」と話しています。
12/01/17(1月16日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「先週は速いところを2本乗っていて、順調ですね。本数をこなしながら、動きにも余裕が感じられるようになってきました。月曜日に高柳先生が確認に訪れ、早ければ今月末か遅くても来月中には入厩させることを考えている様です」と話しています。
12/01/10(1月9日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「年末年始も変わりなく、坂路で15−15の調教を1本行っています。速いところを継続しても、疲れた様子も見せず、馬もだいぶしっかりしてきましたね。もう少しやれば本数も増やしていけると思います」と話しています。
11/12/26(12月25日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「先週から15−15の調教を始めました。全体的なパワーアップは必要ですが、徐々に中身も出来てきているし、この後もしっかり鍛えていきたいと思います」と話しています。
11/12/20(12月19日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「体力的にもう少しといった感じで、まだ良くなってくる段階ですが、それでもここへきて走る気が出てきたのは良い傾向ですね。長めもしっかり乗れているし、今週は少し進めることも考えています」と話しています。
11/12/13(12月12日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「長めを意識しながら、普通キャンターの調整を続けています。動きそのものもは悪くありませんから、これで全体的に力が付いてくれば、馬もピリッとしてくると思います」と話しています。
11/12/06(12月5日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「引き続き様子を見ながらの調教で、速い日でも17?18秒前後を目安に乗っています。体力の強化を目的に、このまま乗り込みを続けて、パワーアップを図っていきたいと思います」と話しています。
11/11/29(11月28日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「周回コースにも入れていますが、軽めのところで様子を見ています。まだ無理は出来ませんので、もう暫く今の感じでジックリ進めることになると思います」と話しています。
11/11/22(11月21日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「ここまで運動を続けて、脚元も変わりないので、獣医と相談して、先週末から軽めの調教を再開しました。当面は無理せず、一歩一歩進めていきます」と話しています。
11/11/15(11月14日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「引き続きトレッドミルの運動で調整しています。まだ変わってきそうなタイプですし、現時点では慌てずに、しっかり体力を付けていく方針でやっていきます」と話しています。
11/11/08(11月7日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「脚元のこともありますが、まだまだ良くなってきそうな雰囲気ですし、パワーアップを図る意味でも、今の感じでジックリやっていきたいと思います」と話しています。
11/11/01(10月31日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「キャンターの調教を続けていましたが、まだ全体的に力不足で、脚元に弱い面も残っているので、先週から軽い運動に留めています。少し時間を掛けて進めていくことにします」と話しています。
11/10/25(10月24日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、常歩とダク5,000mとキャンター2,400mの調教を付けられています。坂路中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「長めを意識しながら、普通キャンター中心の乗り込みを続けています。何処と言って悪い部分はありませんから、これで力強さが加わると、馬もしっかりしてくると思います」と話しています。
11/10/18(10月17日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、常歩とダク5,000mとキャンター2,400mの調教を付けられています。坂路中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「速い日でもハロン18秒前後を目安に進めています。トモの強化を目的に、この後もしっかり乗り込んでパワーアップを図っていきたいと思います」と話しています。
11/10/11(10月10日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、常歩とダク5,000mとキャンター2,400mの調教を付けられています。坂路中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「キャンター中心のメニューで、もう少しトモをしっかりさせたいですね。順調に乗れていますから、これから変わってくると思います」と話しています。
11/10/04(10月3日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、常歩とダク5,000mとキャンター2,400mの調教を付けられています。坂路中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「徐々に調整を進めて、坂路でハロン20秒前後を乗っています。全体的に馬は良くなっているんですが、キャンターの動きを見ると、多少ハミに頼って走るところがあるので、もう少しトモに力が付いてくると良いですね」と話しています。
11/09/27(9月26日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「まだ無理はしていませんが、まずまずの調教をこなしています。入念に乗り込みを続けて、体力の方も徐々に取り戻してきていますから、もう少し我慢すれば進めていけると思います」と話しています。
11/09/20(9月19日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「体力を取り戻すため、引き続き長め中心のメニューです。見た目の動きも悪くないし、このままじっくりやっていけば、良い具合に変わってくると思います」と話しています。
11/09/13(9月12日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「脚元も落ち着いて状態は悪くないんですが、今は体力を戻している段階なので、ここはもう少しジックリ乗っていくことにします」と話しています。
11/09/06(9月5日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「先週から坂路をサッと1本上げています。まだ急ぐ段階ではありませんが、脚元も変わりなくきているので、徐々に運動量を増やしながら、落ちた体力を取り戻していきたいと思います」と話しています。
11/08/30(8月29日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、調教担当者は「続けて乗っても脚元に変化は見られませんし、徐々に良い方向には向かっていると思います。もう少し様子を見て問題無い様なら、馬場にも入れて徐々に距離を伸ばしていきたいと思います」と話しています。
11/08/25(8月24日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、調教担当者は「脚元の状態もまずまずで、先週からハッキングを入れ始めました。まだすぐに進めていくという段階ではありませんので、一歩一歩やっていきます」と話しています。
11/08/16(8月15日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右前脚の歩様が安定しない為、軽めの調整に留めて経過を確認しており、調教担当者は「大きく変わっていませんが、楽をさせて徐々に良化の気配が見られます。もう少し我慢すれば、ハッキング程度は乗れるのではないでしょうか」と話しています。
11/08/09(8月8日付)
天栄ホースパークでハッキングの調整を続けていましたが、右前脚の歩様が安定しない為、乗り運動に切り替えて回復を促しています。調教担当者は「このまま進めて悪くしても意味がありませんし、馬のタイプからしても、ここで無理する必要も無いでしょう。暫くは経過を見ていきたいと思います」と話しています。
11/08/02(8月1日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,000mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、調教担当者は「変わりなく乗り込んでいましたが、どうも右前の歩様が良くありません。また深管の辺りを気にしている様で、触ると痛みがありますし、このまま中途半端に乗るよりも、ひと息入れて回復に努めた方が良いかもしれません」と話しています。
11/07/26(7月25日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,000mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、調教担当者は「体力を取り戻すことを重点に、時間を掛けてじっくり乗っています。脚元も今のところ大丈夫そうなので、このまま続けていきたいと思います」と話しています。
11/07/19(7月18日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,000mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、調教担当者は「先週から馬場にも入れ始めました。脚元に変化は見られませんが、楽をさせて少し体力が落ちているので、その辺りも考えながら進めていきます」と話しています。
11/07/12(7月11日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、調教担当者は「脚元も変わりないので、獣医と相談して、先週からハッキングを始めました。引き続き様子を見ながらですが、この感じで一歩一歩進めていきます」と話しています。
11/07/05(7月4日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右前脚の歩様が気になった為、軽めの調整に留めて様子を見ており、調教担当者は「脚元を確認しながらで、まだすぐに進めていける感じではありませんが、休みなく乗れていますので、このまま固まってくれればと思います」と話しています。
11/06/28(6月27日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右前脚の歩様が気になった為、軽めの調整に留めて様子を見ており、調教担当者は「脚元のこともありますが、これからまだ良くなる馬ですし、ここで慌てる必要も無いでしょう。もう少し今のメニューで辛抱したいと思います」と話しています。
11/06/21(6月20日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右前脚の歩様が気になった為、軽めの調整に留めて様子を見ており、調教担当者は「体力が付ききっていない分、どうしても脚元に負担が掛かってしまいますね。楽をさせているので、徐々に落ち着いてきていますが、しっかり固める意味でも、もう少し我慢して乗っていきます」と話しています。
11/06/14(6月13日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「徐々に進めていましたが、ここへきて少し右前の歩様が気になります。先月もソエの症状が見られたように、まだ脚元が完全に固まっていないようですね。検査では問題無いようですが、深管部分を触ると少し反応するので、一旦ペースを落として、ショックウェーブ治療などでしっかりケアしていきたいと思います」と話しています。
11/06/07(6月6日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「速い日でも20秒前後のところを目安にじっくり進めています。この時期あまり目立たないのですが、これから一番変わってきそうですし、このまま乗り込んでしっかり鍛えていきたいと思います」と話しています。
11/05/31(5月30日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「少しずつ進めている段階です。脚元は特に変わりありませんが、これから良くなる馬ですからね。まだ焦る時期でもないので、引き続き体力作りをしっかりやっていく方針です」と話しています。
11/05/24(5月23日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「先週も無理せず乗りましたが、ソエに関してはもう心配無いと思います。見た目も悪くありませんから、徐々に進めていけると思います」と話しています。
11/05/17(5月16日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「治療の効果もあって、ソエはだいぶ固まってきたようです。歩様もそれ程気にならないので、様子を見ながら進めてみたいと思います」と話しています。
11/05/10(5月9日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「速い調教をやった影響からか、先週右前脚にソエが出てしまいました。休ませる程ではありませんが、触ると少し反応するので、一旦ペースを落として、ケアを優先したいと思います」と話しています。
11/05/03(5月2日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「週末に終いだけ少し伸ばしてみましたが、やや一杯の状態でしたので、速いところを乗るにはまだということでしょう。こんな感じで少しずつ力が付いてくればと思います」と話しています。
11/04/26(4月25日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「良い具合になってきましたが、まだ動きにズブいところがあるように、もう少し力を付ける必要がありますね。現時点では先を見据えた調教を進めていくべきだと思います」と話しています。
11/04/19(4月18日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「乗り始めの頃に比べると、馬はだいぶフックラしてきた印象ですが、まだ体力的にこれからなので、もう暫くはペースの軽いところを乗っていきます」と話しています。
11/04/12(4月11日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「ペース的にはまだ24?25秒程度ですが、調教はまずまずの内容で続けています。気性がとても素直だし、いつも一生懸命走るところに好感が持てますね」と話しています。
11/04/05(4月4日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「馬体が増えてきたように状態は上向きですが、まだ成長途上の牝馬ですから、現時点ではあまりやり過ぎないように気を付けています」と話しています。
11/03/29(3月28日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、調教担当者は「先週から馬場にも入れ始めました。徐々にではありますが、馬体も増えてきているようだし、牝馬にしてはカリカリしたところが無いので、調教も進め易いです」と話しています。
11/03/22(3月21日付)
天栄ホースパークでミニトラックとフラットワーク中心の調整です。調教担当者は「ブレーキングが遅かった影響で、集団調教の段階までは進んでいませんが、馬もしっかりしてきていますので、近い内に馬場へ出せると思います。まだ馬が小さいので、この後の成長が鍵ですが、バランスの良い馬だけに楽しみの方が大きいです」と話しています。尚、東日本大震災の影響により馬場の修復および安全確認を行っている関係で、先週はウォーキングマシンの運動のみとして、今週より調教を再開しています。