プロスペリタ
牝馬、鹿毛、09/04/05生
父:スペシャルウィーク、母:ラスキンウォーク、母の父:Machiavellian
厩舎:松田博資(栗東)→金成貴史(美浦)、生産:桑田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
12/11/07(11月7日付)
今後の進め方について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。31日付けで抹消の手続きが取られました。今後は、笠松競馬で競走を続ける予定です。
12/11/01≪最新情報≫
協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。10月31日に抹消の手続きが取られました。
12/10/31(10月31日付)
先週9着でした。道中は8番手でレースを進めましたが、勝負処で順位を下げてしまい、11番手で4コーナーを回りました。そして直線でも懸命に追われたものの、バテた馬を交わした程度でゴールしています。レース後、特に不安は無い様ですが、ここまでのレース内容や格上挑戦で出走予定が立たないことを考慮して、このまま引退させる方向で検討に入っています。
12/10/29≪レース結果≫10月28日出走
新潟6R 500万下     [D1,800m・13頭]9着[11人気]

伊藤工騎手「厩務員さんから周りを気にする面があると聞いていましたが、4コーナーでポケットに入っても全然平気でした。ただ、この距離だと脚が溜まらないですね。もっと短い距離の方が切れる脚を使えると思います」

金成師「今日は他馬を気にする面も見せなかったみたいですし、徐々にレース慣れして来ましたね。今回は距離を延ばしてみましたが、乗り役の話だと1,800mでは集中力が持続しないし、脚も溜まらない様です。気性や調教の動きからも、やはり短距離の差し馬だと思います」
12/10/26≪出走情報≫10月28日出走
新潟6R 500万下 (D1,800m)
13頭 53kg 伊藤         発走12:25
中間も状態面は変わりなく、今回は距離延長で変わり身を図る事になり、調教師は「今回は条件を変えるつもりでいたので、あらかじめD1,800mの番組すべてで伊藤工真騎手を押さえておいて、できるだけ相手関係が楽そうなところをギリギリまで見て登録しました。前走後も順調ですし、今週の動きも抜群でした。いつも終いだけは良い脚を使うのですが、最初の位置取りが後ろ過ぎますからね。距離を変えることで、もっと良い位置で流れに乗れれば良いのですが」と話しています。ブリンカー着用で出走します。
12/10/25≪出走情報≫10月28日出走
新潟6R 500万下     [D1,800m・13頭]53s 伊藤工
12/10/24(10月24日付)
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「競馬の後も変わりないです。新潟のD1,800mで使えるところを見ていきます」と話しており、今週の新潟・D1,800mの番組に出走を予定しています。
12/10/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手24美坂稍    54.6- 39.1- 24.7- 12.0 馬なり余力
12/10/23≪出走予定≫
新潟競馬・D1,800mの番組
12/10/17(10月17日付)
先週9着でした。行き脚が付かず、離れた最後方からの競馬になると、前との差を詰めながら4コーナーを回りました。そして、直線では上位進出とはなりませんでしたが、この馬なりに伸び脚を見せています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/10/15≪レース結果≫10月14日出走
新潟3R 500万下(牝)  [D1,200m・15頭]9着[12人気]

吉田隼騎手「前で競馬するようにと指示を受けていましたが、前が速くて、全然付いて行けませんでした。ローカルの短距離はペースが速いから余計ですね。最後は来ているけど、前半に付いて行っていないですからね。もっとゆっくり行ける競馬の方が良いですね」

金成師「最後は脚を使って、2着と0.4秒差まで来ているんですけど、テンに行けないですもんね。乗り役はスタート地点がダートだったらもう少し行けたと思うと言っていました。それに、やはりダートの短距離が合っているとも言ってました。ただ、このまま同じ距離を使っていても結果は同じだと思いますから、次は距離を延ばしてみましょう」
12/10/12≪出走情報≫10月14日出走
新潟3R 500万下(牝) (D1,200m)
15頭 53kg 吉田隼        発走10:40
前走後も状態面は変わりなく、今回は500万条件に格上挑戦する事になり、調教師は「想定の段階では頭数が少なかったので、東京に出馬投票する方向で検討していたのですが、馬房が確保できたことと、東京の方が結局フルゲートになってしまったので、新潟へ回りました。やればいくらでも時計が出てしまうので、追い切りは54秒ぐらいにセーブしましたが、2歳とは言え、新馬勝ちした馬が付いていけないぐらいの動きをしていました。調教では大丈夫なのですが、競馬に行くと気性的な問題が思ったよりも大きく、調教の良さを活かしきれていないんです。乗り役とも相談して、行けるならハナに行ってもらいます」と話しています。ブリンカー着用で出走します。
12/10/11≪出走情報≫10月14日出走
新潟3R 500万下(牝)  [D1,200m・15頭]53s 吉田隼
12/10/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手11美坂稍    53.9- 39.2- 25.0- 12.5 馬なり余力
    エフティチャーミー(二500万)強目を0.4秒先行同入
12/10/11≪出走予定≫
日曜日の東京・D1,400m[53 伊藤工]に出馬投票する予定です。
12/10/10(10月10日付)
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整で、8日に時計を出しています。調教師は「競馬の後も変わりないです。全然走ってないですね。今回は馬込みを嫌がることが顕著に出てしまいました。調教で2,3頭で併せている時は何ともないんですけど、競馬であれだけ頭数がいると、そういう面が出てしまいます。能力はあるのに勿体ないですね。これから何ができるか考えてみます。想定を見ながら新潟で使えるところに登録していきます。短距離戦が使えない場合は、距離を延ばすしかないでしょう。いつでも使えるように準備しておきます」と話しており、今週出馬投票する可能性があります。
12/10/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手8美坂稍    58.7- 42.8- 27.9- 13.8 馬なり余力
12/10/09≪出走予定≫
今週出馬投票する可能性があります。
12/10/03(10月3日付)
先週10着でした。出負けして後方2番手からの競馬になると、勝負処でも押し上げられず、後方追走のまま4コーナーを回りました。そして直線では最後までバテずに追われたものの、差を詰めただけに終わっています。レース後、特に不安は無い様で、未勝利戦は終了しましたが、ここまでのレース内容を考慮して、この後は500万条件に続戦する予定です。
12/10/02≪レース結果≫9月29日出走
中山6R 3歳未勝利    [D1,200m・16頭]10着[4人気]

金成師「ブリンカー効果で返し馬の感じは良かったんですよ。ただ、ゲートで待たされて、スタートで後手を踏んでしまいました。調教と違って、前に馬がいると全然近寄っていかないですね。大野騎手も何とか修正しようとしていたんですが・・最後外に出したら伸びて来ているんですけどね」
12/09/28≪出走情報≫9月29日出走
中山6R 3歳未勝利 (D1,200m)
16頭3枠5番 54kg 大野     発走13:05
中山2週目の出走も検討していましたが、飼い食いや馬体回復の状況も考慮して、今週に回っており、調教師は「先週速い時計を出しているので、今週は馬なりでサッとやりましたが、具合は良いですよ。中間は普段からブリンカーを着用して調教をしています。見えるもの全てに反応してしまうから、視界を制限した方が集中して走れるようです。引っ掛かる可能性もあるので、賭けではあるのですが、競馬でも着用してみます。今回は馬込みに入れないで、ロスを承知で外を回ってもらいます。未勝利戦最後なので思い切った競馬をしてみます」と話しています。ブリンカー着用で出走します。
12/09/27≪出走情報≫9月29日出走
中山6R 3歳未勝利    [D1,200m・16頭]54s 大野
12/09/26(9月26日付)
坂路コースでキャンターの調整で、20日に時計を出しています。調教師は「20日の追い切りは、引っ張ったままでもこの時計ですからね。順調に良化していますし、体も戻って良くなりました。やはり、回復に時間が掛かるタイプのようですね。今思うと、中1週で使った2戦目は、初戦の時より大人しかったように思います。体も動きも戻ってはいましたが、気持ちの方がまだ出来ていなかったのかも知れません。間隔を空けて、使った方が良いタイプかも知れませんね。今週の中山を大野騎手で予定しています」と話しており、今週土曜日の中山・D1,200mに出走を予定しています。
12/09/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手29美坂良    52.9- 38.5- 25.5- 12.9 馬なり余力
12/09/26≪出走予定≫
土曜日の中山・D1,200m[54 大野]
12/09/25≪出走予定≫
土曜日の中山・D1,200m
12/09/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手20美坂稍    50.4- 36.8- 24.4- 12.1馬なり余力
12/09/19(9月19日付)
坂路コースでキャンターの調整で、12日に併せて時計を出しています。調教師は「先週はブリンカーを着用してみましたが、周りが見え過ぎるよりは、集中して走れていました。時計はいつもと同じぐらいですが、内容的に良くなっていますね。今後も調教で着用してみて、効果がありそうならば競馬でも着用してみます。ここまで来たら、納得のいく状態で使いたいので、中山4週目・D1,200mを目標に調整していきます」と話しています。
12/09/12(9月12日付)
坂路コースでキャンターの調整で、5日に併せて時計を出しています。調教師は「順調です。ただ、飼い食いと体の戻りがいつもより遅いんですよね。一応今週の中山・D1,200mで大野騎手を押さえていますが、万全な状態で使えないようであれば、スライドさせるつもりです」と話して、今週の出走も検討していましたが、来週以降に回る方向です。
12/09/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手12美坂稍    52.5- 38.0- 24.9- 12.7 馬なり余力
    アムールバニヤン(新馬)一杯を0.3秒追走同入
12/09/12≪出走予定≫
検討の結果、今週の出馬投票は見送る予定です。
12/09/11≪出走予定≫
今週出馬投票する可能性があります。
12/09/05(9月5日付)
坂路コースでキャンターの調整で、29日と2日に時計を出しています。調教師は「先週から時計を出し始めました。やればいくらでも時計は出ますが、まだどの辺りで使えるかわからないので、それほど速い時計は出していません。体は戻っていますし、体調も良いです。脚元も固まってきたようなので、砂を被らない芝のレースも考えたんですけど、芝1,600mはちょっと長いし、最後の最後で芝に替えるというのも冒険ですから、D1,200mで良いでしょう。ロスを承知で、大外を回ってもらいます。そのためにも外枠が当たれば良いですね」と話しています。
12/09/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手5美坂良    53.0- 37.9- 24.3- 12.5 一杯に追う
    エマイユ(三未勝)一杯に0.2秒遅れ
12/09/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手2美坂稍    55.3- 39.8- 25.7- 12.7 馬なり余力
12/08/30(8月30日付)
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「競馬の後も特に変わりなく、脚元も大丈夫です。権利は取れませんでしたが、中山の後半になれば短距離戦でも使えると思います。このまま厩舎に置いて調整していきます」と話しています。
12/08/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手29美坂良    57.8- 41.6- 27.3- 13.7 馬なり余力
12/08/22(8月22日付)
先週6着でした。無理せず後方に控え、道中は12番手でレースを進めると、前との差を詰めながら4コーナーを回りました。そして直線を向くと、上位に食い込む事は出来なかったものの、渋太く伸び脚を見せ、順位を上げています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/08/20≪レース結果≫8月19日出走
新潟6R 3歳未勝利    [D1,200m・15頭]6着[5人気]

大野騎手「砂を被って嫌がっていましたし、馬も気にするようで、直線で馬の間に入ろうとしても、躊躇しながらでした。外に出したかったんですが、縦長の展開でなかなか難しかったです。返し馬で乗ったときに勝てると確信したぐらいで、未勝利にいる馬では無いですよ。500万でも通用すると思います。たぶん外枠だったら、そのまま外を通って勝負になっていたと思います。中山の方がコーナーが緩いから、競馬し易いと思います」

金成師「内枠だから嫌な予感はしたんですけど、それでも最低でも権利は取れると思っていたんですけどね。調教でも砂を被る練習をしているんですけど、やはり調教と競馬では、飛んでくる砂の量が違いますからね。最後も馬を気にしながらで、あれだけ伸びてくるんですから、能力はあるんです。乗り役は距離は短いところで良いと言うので、次は中山・D1,200mを使います」
12/08/17≪出走情報≫8月19日出走
新潟6R 3歳未勝利 (D1,200m)
15頭 54kg 大野         発走13:00
前走後は放牧を挟んで調整されると、先週の出走も検討していましたが、状態面を考慮して今週に回っており、調教師は「持ったまま馬なりでこの時計ですから、動きますね。前走は、一叩きして新潟に替わるのは絶対良いと思っていたんですけど、敗因がちょっとわからないです。今回は乗り替わりで気持ちを切り替えたいと思います。大野騎手も癖馬は上手く乗ってくれますからね。能力はあるので、何とかここで決めたいですね」と話しています。
12/08/16≪出走情報≫8月19日出走
新潟6R 3歳未勝利    [D1,200m・15頭]54s 大野
12/08/15(8月15日付)
坂路コースでキャンターの調整で、8日と12日に時計を出しています。調教師は「馬なりですが、やはり動きますね。未勝利で終わる馬ではないので、何とか勝たせないといけませんね。先週の新潟はフルゲート割れしていたので、使おうと思えば使えたんですが、帰厩後10日ですし、牧場でもまだそれほど進めていなかったので、さすがに足りないと思い、見送りました。今週に向けて準備しておきます。鞍上は大野騎手を押さえました」と話しており、今週日曜日の新潟・D1,200mに出走を予定しています。
12/08/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15美坂良    51.8- 37.5- 24.6- 12.3 馬なり余力
12/08/15≪出走予定≫
日曜日の新潟・D1,200m[54 大野]
12/08/14≪出走予定≫
日曜日の新潟・D1,200m
12/08/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手12美坂良    58.8- 42.5- 27.2- 12.3 馬なり余力
12/08/08(8月8日付)
1日に美浦へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「脚元は問題なく順調です。まだ節的に足りないと思いますが、牧場ではなかなか思い切ってできないと思うので、直前ではなく少し余裕を持って戻しました。短距離戦が何節で使えるかですね。あまりにも使えないようなら、距離も考えなければいけませんね」と話しています。
12/08/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8美坂良    53.8- 38.4- 24.4- 11.9 末強目追う
12/08/01(8月1日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「脚元も大丈夫そうです。競馬を使ってきて馬体重は少し減っていますが、細いという感じではありませんので、むしろ絞れてこれ位で丁度良いのかと思います。次走に向けて、しっかり乗り込んでいきます」と話すと、確認した調教師の指示で、1日に美浦へ帰厩しています。
12/08/01≪最新情報≫
1日に美浦へ帰厩しました。
12/07/31≪最新情報≫
1日に美浦へ帰厩する予定になりました。
12/07/25(7月25日付)
前走後に調教師は「競馬の後も変わりないです。権利が取れなかったので、一旦牧場に帰しますが、脚元は特に問題ないので、それほど時間を置かずに戻してきたいと思います」と話し、20日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されています。
12/07/20≪最新情報≫
再調整の目的で、20日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されました。
12/07/18(7月18日付)
先週6着でした。道中は8番手でレースを進めると、勝負処で気合を付けながら、8番手で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、上位を窺う脚は無かったものの、外からジリジリ差を詰めています。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す方向です。
12/07/17≪レース結果≫7月14日出走
新潟2R 3歳未勝利(牝)  [D1,200m・15頭]6着[5人気]

中谷騎手「前回より落ち着いていたし、返し馬では勝てると思ったぐらいの手応えでした。でも、競馬へ行くと全然行きっぷりが悪くて、ずっと追っ付け通しでした。最後はそれなりに脚を使っているけど、前半で脚が溜まっていない分、ダラダラとしか伸びませんでした。前回は前と離れていましたが、今回はすぐ近くで砂を被ってしまったというのは確かですが・・馬場状態は関係ないと思います」

金成師「全然付いて行けなかったですね。脚を溜めるところがなかったです。前回よりも砂を多く被ってしまったからでしょうか。この後は脚元を良くチェックして、一旦放牧へ出します。新潟はまだ十分間に合うと思います」
12/07/13≪出走情報≫7月14日出走
新潟2R 3歳未勝利(牝) (D1,200m)
15頭2枠3番 54kg 中谷     発走10:40
デビュー戦で掲示板を確保すると、その後の状態も良好な事から、今週の出走を決めており、調教師は「前走後も変わりなく順調に来ています。今週の調教でも良い動きをしていました。前走時の返し馬では物見をして危ない場面がありましたが、使っていけばそういう癖も出さなくなると思います。脚元はケアして何とか小康状態を保っていますが、不安があることに間違いありません。奥がありそうなタイプなので、何とか早く勝たせて休ませてあげたいですね」と話しています。
12/07/12≪出走情報≫7月14日出走
新潟2R 3歳未勝利(牝)  [D1,200m・15頭]54s 中谷
12/07/11(7月11日付)
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「慎重に経過を見ていましたが、脚元は大丈夫です。シャンシャン歩いています。次走は中1週で今週の新潟を予定しています。癖のある馬なので、引き続き中谷騎手で行きたいと思います」と話しており、今週土曜日の新潟・D1,200m(牝)に出走を予定しています。
12/07/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
中 谷11美坂良    52.9- 38.0- 25.0- 12.6 馬なり余力
    サクラカノン(古500万)馬なりを0.6秒先行0.2秒先着
12/07/11≪出走予定≫
土曜日の新潟・D1,200m(牝)[54 中谷]
12/07/10≪出走予定≫
土曜日の新潟・D1,200m(牝)
12/07/04(7月4日付)
先週5着でした。道中は10番手でレースを進めると、勝負処で気合を付けながら9番手で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、勝ち負けの争いには加われなかったものの、外から末脚を伸ばして、経験馬相手に入着を果たしています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/07/02≪レース結果≫6月30日出走
福島3R 3歳未勝利(混)   [D1,150m・16頭]5着[10人気]

中谷騎手「最初は砂を被って、突っ張って走っていたけど、慣れてくれば大丈夫でしょうね。最後は良い脚を使ってくれましたね。ダートも大丈夫です。この距離は忙しいかなと思いましたが、気性的にカッとするところがあるので、それほど距離は保たないと思います。今日のような競馬ができるなら、短距離戦で良いと思います。何とかなりそうです」

金成師「良く追い込んできましたね。何とか権利が取れました。初戦なので、なるべく砂を被らないように気を付けて乗ってもらいました。外枠だったのも幸いしたと思います。非力な感じがするので、芝の方が良いのかと思いましたが、このパサパサの馬場でもこれだけやれるんですから、ダートでも大丈夫ですね。乗り役も芝に拘らなくても良いと言っていました。距離的にもD1,200mの方がより良いと思うので、この後の状態を見ながら、新潟で狙っていきます」
12/06/29≪出走情報≫6月30日出走
福島3R 3歳未勝利(混) (D1,150m)
16頭7枠14番 54kg 中谷     発走11:10
美浦に入厩後も順調に調整を進め、今週デビューする事になり、調教師は「今週は中谷騎手に乗ってもらい時計を出しましたが、良い感触を持ってくれたようですし、これでほぼ仕上がったと思います。元々ゲートは速い方ですが、短距離戦と経験馬相手ということもあるので、木曜日にはゲートの出だけ練習しておきました。初戦は特にスタートがカギになると思います。他の馬の挙動に敏感で、揉まれ弱そうなところがありますし、砂を被って後ろからになってはつまらないですからね。脚元さえ保てば走る馬だと思うので、楽しみにしています」と話しています。
12/06/28≪出走情報≫6月30日出走
福島3R 3歳未勝利(混)   [D1,150m・16頭]54kg 中谷
12/06/27(6月27日付)
坂路コースでキャンターの調整で、21日と24日に時計を出しています。調教師は「3週続けて52秒台が出ていますが、今のところ脚元は大丈夫です。ただ牝馬の割に、あまりカリカリしてこないですね。一度競馬を使わないと変わってこないタイプかもしれません。今週の福島を予定しています。ちょっと癖のある馬なので、初戦の鞍上は中谷騎手を予定しています」と話しており、今週土曜日の福島・D1,150mに出走を予定しています。
12/06/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
中 谷27美坂良    52.2- 37.8- 24.7- 12.1 馬なり余力
12/06/27≪出走予定≫
土曜日の福島・D1,150m[54 中谷]
12/06/26≪出走予定≫
土曜日の福島・D1,150m
12/06/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手24美坂良    59.2- 43.4- 28.5- 13.2 馬なり余力
12/06/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手21美坂良    52.8- 38.2- 25.2- 12.4 馬なり余力
12/06/20(6月20日付)
坂路コースでキャンターの調整で、13日に併せて時計を出すと、17日にも追い切られています。調教師は「順調に来ています。調教の動きは徐々に良くなっていますし、時計も出ていますが、まだ中身の方ができていないので、あと何本かは必要でしょう。ただ、脚元のことを考えると、あまり引っ張らない方が良いでしょうから、福島3週目ぐらいがちょうど良いと思います。適性は芝の短距離だと思いますが、脚元のことを考えて、初戦はダートから下ろした方が良いでしょう」と話しています。
12/06/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手17美坂重    57.0- 41.8- 27.3- 13.7 馬なり余力
12/06/13(6月13日付)
1日にゲート試験を受けて合格すると、坂路コースでキャンターの調整で、6日と10日に時計を出しています。調教師は「思ったより動きましたね。今のところ脚元は大丈夫ですし、この調子でいけば、このまま競馬まで行けると思います。番組はダートの短いところが良いと思います。脚元のことを考えると、丁寧に本数を重ねるよりは、ある程度のところで使っていった方が良いでしょう。福島3週目か4週目を目標に進めていきます」と話しています。
12/06/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手13美坂稍    52.2- 37.9- 25.0- 13.0 強目に追う
    ニンファエア(三未勝)馬なりを0.6秒追走0.4秒遅れ
12/06/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手10美坂重    60.4- 44.1- 29.2- 14.8 馬なり余力
12/06/06(6月4日付)
坂路コースでキャンターの調整で、31日に試験を受けて不合格となると、調教師は「栗東では試験まで行ったということですから、ゲートは出ますね。ただ枠入りがスムーズではないのと、駐立も少し落ち着きがないです。試験の時はゲートを出てから一度だけ尻っぱねをしてしまいましたが、枠入り、駐立とも問題なかったので、それだけですね。馬を嫌う反面、頼る面もあり、いつもカッカカッカしているので、メンコを着けました。脚元は今のところ落ち着いているので、また改めて試験を受けます」と話し、1日にゲート試験を受けて合格しています。
12/06/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手6美坂重    52.4- 38.5- 25.9- 13.3 馬なり余力
12/06/06≪最新情報≫
1日にゲート試験を受けて、合格しました。
12/05/31≪最新情報≫
31日(木)にゲート試験を受けましたが、不合格でした。
12/05/30(5月28日付)
23日に美浦・金成厩舎へ入厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「本当は牧場でもう少しやってもらった方が良いんでしょうけど、もう15−15は始めていましたし、トレセンに入れてこちらの坂路で負荷を掛けていった方が仕上がると思い、早めに入れさせてもらいました。脚元のことを考えると、ゲート練習と並行して時計を出していくよりは、とりあえずゲート中心に進めていった方が良いでしょう。少し敏感なところがあるので、慎重にやっていきます。様子を見てプール調教もやっていきます」と話しています。
12/05/23(5月21日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「もう一絞り欲しいところですが、ひと追いごとに動きも良くなってきたし、仕上がりの早いタイプで、コンスタントに乗れていることを考えると、あとは厩舎で進めても良いのではないでしょうか」と話しています。これを受けて帰厩の打診を行いましたが、現時点では帰厩の目処が立たない状況の為、早期デビューを目指すことが最優先であるとの結論に至り、関東へ転厩させることと致しました。美浦・金成調教師へ打診をしたところ快諾を得られ、20日に転厩の手続きを行った上で、23日に美浦へ入厩する予定になりました。
12/05/23≪最新情報≫
23日に美浦・金成厩舎へ入厩しました。
12/05/22≪最新情報≫
23日に美浦・金成厩舎へ入厩する予定になりました。
12/05/21≪最新情報≫
順調に調整を進めており、帰厩の打診も行っておりますが、現時点では帰厩の目処が立たない状況の為、検討を行った結果、一日でも早いデビューを目指すことが最優先であるとの結論に至り、関東へ転厩させることといたします。美浦・金成貴史調教師に転厩の打診を行ったところ快諾を得られましたので、20日に転厩の手続きを行った上で、検疫が取れ次第で入厩させる予定です。
12/05/16(5月14日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「坂路で週1本15−15のところも入れて、ピッチを上げています。多少太いかなという印象ですが、乗り込みを強化しても馬は落ち着いていますし、時期的にそんなにゆっくりも出来ませんから、このまま速い調教を続けていきます」と話しています。
12/05/09(5月7日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「脚元も変わり無く、体調面も良いですね。できるだけ早く速いところへ移行できるよう、しっかり乗り込みを進めて行きます」と話しています。
12/05/02(4月30日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「周回コースも併用しながら、徐々にピッチを上げています。ここまでじっくりと乗り込んできましたから、だいぶ良くなってきた印象です」と話しています。
12/04/25(4月23日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教担当者は「その後も変わりないですね。落ち着いて調教が出来ているし、まだ坂路主体ですが、今週から通常のメニューに戻していきたいと思います」と話しています。
12/04/18(4月16日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、坂路コースでキャンター1本の調教を付けられています。調教担当者は「まだ無理はしていませんが、じっくりやってきた効果もあって、だいぶ落ち着いて走れるようになりました。脚元も変わりありませんので、1日おきに坂路に入れ、少しずつキャンターのペースを上げています」と話しています。
12/04/11(4月9日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行った後、乗り運動の調教を付けられています。調教担当者は「気性面を落ち着かせる意味で、引き続き軽めのところが中心です。脚元の方は落ち着いているんですが、もう少しリラックスさせてから、ペースを上げていきたいと思います」と話しています。
12/04/04(4月2日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行った後、乗り運動の調教を付けられています。調教担当者は「だいぶ良い感じになってきたので、獣医とも相談して、軽めのところから乗り出しています。脚元に変化は見られませんが、楽をさせた影響で、少しテンションが上がっているし、暫くはトレッドミルと併用しながら、一歩一歩進めていくことになると思います」と話しています。
12/03/28(3月27日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルでキャンター5分行っています。調教担当者は「先週から運動レベルを上げて、キャンターを開始しました。脚元は変わりませんが、もう少し状態を見極めた上で、調教再開の目処を立てていきます」と話しています。
12/03/21(3月19日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで軽いキャンター5分行っています。調教担当者は「見た感じは悪くないんですが、中途半端な状態で乗り出しても、結果的に時間が掛かってしまうだけなので、ここはもう少し我慢する必要がありますね」と話しています。
12/03/14(3月12日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで軽いキャンター5分行っています。調教担当者は「先週も脚元を見ながらの調整で、すぐに進めていける感じではありませんが、続けて運動が出来ているように、徐々に良い方向には向かっていると思います」と話しています。
12/03/06(3月5日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで軽いキャンター5分行っています。調教担当者は「少し時間が掛かっていますが、まだ脚元が固まっていない段階ですし、今後スムーズに進めるためにも、もう暫く運度だけで回復を待ちたいと思います」と話しています。
12/02/28(2月27日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで軽いキャンター5分行っています。調教担当者は「先週も軽め中心のメニューで、脚元を確認しながらの調整です。まだ進めて行く感じではありません。もう暫くこのまま我慢したいと思います」と話しています。
12/02/21(2月20日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで軽いキャンター5分行っています。調教担当者は「これ位でやっている分には、脚元も落ち着いているんですが、もう少し今のメニューで辛抱しましょう」と話しています。
12/02/14(2月13日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで軽いキャンター5分行っています。調教担当者は「トレッドミルの運動を常歩から軽いキャンターに切り替えました。引き続き脚元を見ながらですが、特に悪くなっている様子もないので、このまま固まってくれればと思います」と話しています。
12/02/07(2月6日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで常歩5分行っています。調教担当者は「楽させているので、少しずつ良化の気配は窺えますが、ここで焦って悪化させても意味がありません。もう暫くは運動だけで無理をさせない方向です」と話しています。
12/01/31(1月30日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分とトレッドミルで常歩を5分行っています。調教担当者は「やはり左前の歩様が気になりますので、調教を控えています。以前も不安が出ましたし、暫く様子を見たいと思います」と話しています。
12/01/24(1月23日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「週に1本18秒程度のペースなのですが、ここへきてどうも左前脚の歩様が気になります。一時的なものなのか、もう少し様子を見ないと判断できませんが、今後の状態次第では一旦楽をさせる可能性もあります」と話しています。
12/01/17(1月16日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「リラックスさせる意味で長めのところ中心ですが、馬は落ち着いてきましたね。脚元も心配無さそうだし、この状態なら少しずつ進めていけそうです」と話しています。
12/01/10(1月9日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「年末から軽いキャンターを始めて、もう普通に乗っています。脚元は変わりなくきていますが、少し煩いところを見せているので、その点は注意しています」と話しています。
11/12/26(12月25日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動5分と角馬場で乗り運動の調教を行っています。調教担当者は「大事を取って先週も様子を見ましたが、これ位で乗っている分には、脚元は心配無さそうですね。見た目の歩様も落ち着いているし、今週から馬場にも入れて徐々に進めて行きたいと思います」と話しています。
11/12/20(12月19日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動5分と角馬場で乗り運動の調教を行っています。調教担当者は「脚元に注意しながらですが、乗り出した後も特に変わりませんね。この感じでしたら、徐々に進めていけるのではないでしょうか。このまま続けていきます」と話しています。
11/12/13(12月12日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「先週も運動をしっかり出来ていますし、あまりリハビリばかりでもしょうがないですから、そろそろ乗り出そうと思っています」と話しています。
11/12/06(12月5日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「乗って乗れないことは無いのですが、慌ててやって悪化させてもいけないので、もう少し状態を見極めた上で、調教再開の目処を立てていきます」と話しています。
11/11/29(11月28日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「獣医に診てもらったところ、若干歩様が気になるので、まだ無理はしない方が良いだろうという診断でした。トレッドミルでしっかり体力を戻してから、調教再開の時期を見極めたいと思います」と話しています。
11/11/22(11月21日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「引き続き脚元を確認しながらですが、毎日運動はできていますし、歩様自体も落ち着いているので、今の感じなら乗り出しても大丈夫かもしれません。獣医の指示を待って、調教を再開する予定です」と話しています。
11/11/15(11月14日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。トレッドミルの運動を5分行っています。調教担当者は「検査でも良化が確認できましたので、今週からトレッドミルの運動を始めています。その後も変わりなくきているし、今のメニューを継続しながら、脚元をしっかり固めていきたいと思います」と話しています。
11/11/08(11月7日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行っています。調教担当者は「まだ無理は出来ませんが、運動を続けて歩様が悪くなることも無いですし、徐々に良い方向には向かっている様です。来週にでも経過確認のエコー検査を行い、その結果を見た上で、今後のメニューを考えていきたいと思います」と話しています。
11/11/01(10月31日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行っています。調教担当者は「運動が終わった後は、ショックウェーブによる治療を欠かさず続けています。もう少し今のメニューで我慢することになると思います」と話しています。
11/10/25(10月24日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行っています。調教担当者は「炎症部分にまだ痛みが残っているようだし、ここで無理して悪化させても意味が無いので、大事を取ることにしました。暫くは経過を見ていきたいと思います」と話しています。
11/10/18(10月17日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、乗り運動の調教を付けられています。調教担当者は「ダクまで進めてみましたが、少し負担が掛かっている感じで、歩様に見せるようになってきました。跛行している訳ではありませんが、このまま中途半端に乗るよりも、ひと息入れて治療に専念した方が良いかもしれません」と話しています。
11/10/11(10月10日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、乗り運動の調教を付けられています。調教担当者は「先週行ったエコー検査で、左前靭帯の内側に炎症があることが確認されました。ただ、程度としては軽く、歩様もそれ程気にならないので、獣医と相談して、今週から騎乗運動を始めています。暫くはショックウェーブ治療を併行して良化を図っていきたいと思います」と話しています。
11/10/04(10月3日付)
坂路コースでキャンターの調整で、調教師は「ようやくスムーズに入る様になってくれたので、試験を受けます。寄りが悪いだけで、入ればしっかり出てくれる馬なので、なんとか合格してくれればと思います」と話して、30日にゲート試験を受けましたが、不合格となると、再調整の目的で1日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されています。到着後は、ひと息入れて状態を確認しており、調教担当者は「左前脚の球節付近が気になったので、レントゲン検査を行いましたが、特に異常はありませんでした。ただ、少し痛みがある様なので、念のためエコー検査をやっておきたいと思います。暫くはマシンの運動だけで様子を見ることになると思います」と話しています。
11/10/03≪最新情報≫
1日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されました。
11/09/30≪最新情報≫
30日(金)にゲート試験を受けましたが、不合格でした。再調整の目的で、1日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧される予定です。
11/09/27(9月26日付)
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「しっかり出るようになっているんだけど、周りに馬がいると気にしてなかなか入るのに手こずっています。納得すると何度でもスッと入ってくれるけど、試験ではごねると一発で駄目だから、もう少し練習してスッと入るようになってくれればと思います。普段は本当に大人しい馬で、ゲートの後ろでも大人しいのに、直前になると嫌がる素振りを見せるので、少し難しい馬だね」と話しています。
11/09/20(9月19日付)
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「徐々にゲートも素直に入るようになってきているので、もう少し練習をこなせば試験の目処がつくと思います。普段は長目に乗ってしっかり体を鍛えていますが、見た目がボテッとしている馬だけに、もう少し絞り込んでいかないといけないね。このまま試験に向けてやっていきます」と話しています。
11/09/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手16栗E良             14.8 ゲートなり
11/09/13(9月12日付)
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「運動や調教では本当に大人しくて問題ないんだけど、ゲートに行くと周りを気にするのか、かなり煩くなってしまいます。一度入れば、その後はスッと入るので、納得すれば問題ないと思いますが、試験となるとまた雰囲気も違うので、そのあたりが心配ですね。出る練習もやっていかないといけないので、ある程度出るようになれば、早めに試験を受けた方が良さそうですね」と話しています。
11/09/06(9月5日付)
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「ゲートはまだ出す所まで行っていないけど、本当に大人しい馬で、スッと中に入ってくれています。あまりに大人しく、ちゃんと出るか心配なぐらいなので、徐々に出していかないといけないね。まだ体はボテッとしているけど、これは乗り込んでいかないと解消しないと思うので、まずはしっかりゲート練習をこなして試験に向かいたいと思います」と話しています。
11/08/30(8月29日付)
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「まずはゲート試験に向けて、坂路で乗った後にゲート練習を行っていますが、普段はとても大人しくて扱いやすい馬ですね。ゲートは少し周りを気にしている所はありますが、スッと入っているし、今のところ問題無くこなしてくれています。左前の球節あたりが張っているので、検査をしましたが、少し化骨が遅れ気味とのことです。ただ、歩様も特に気にする所はないので、普通に乗って様子を見ていこうと思います。かなり体に余裕があって、長目に乗って絞っていかないといけないと思うので、ゲートが受かれば一旦牧場に出して、乗り込みを強化してもらおうと思っています」と話しています。
11/08/25(8月24日付)
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教助手は「入厩した翌日から早速乗り出しを開始しています。まだ牧場でもあまり速い所はやっていなかったと聞いているので、まずはゲート試験まで進めて、どれだけしっかりしてくるかですね。ゲートも今のところ素直にこなしてくれているので、このまましっかりやっていきたいと思います」と話しています。
11/08/16(8月15日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルでキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、13日に栗東・松田博資厩舎へ入厩しています。到着後も特に変わりは無い様で、まずはゲート練習中心に調整を進めていく予定となっています。
11/08/16≪最新情報≫
13日に栗東・松田博資厩舎へ入厩しました。
11/08/09(8月8日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場担当者は「松田先生から一度厩舎でやってみると連絡がありました。ゲートだけでも受かれば、その後が進めやすいですからね。まだ馬体は余裕がありますが、その分これから良くなっていく余地が大きいと思います」と話しており、13日に栗東・松田博資厩舎へ入厩する予定になりました。
11/08/09≪クラブからのお知らせ≫
・プロスペリタ[シルク9-3 父スペシャルウィーク:母ラスキンウォーク]は、8月13日(土)に栗東・松田博資厩舎へ入厩する予定になりました。
現在行っております募集は、8月12日(金)午後6時で締め切りとなります。出資をご検討頂いております皆様には、お早めにお申込み下さいますようお願い申し上げます。
11/08/08≪クラブからのお知らせ≫
・プロスペリタ[シルク9-3 父スペシャルウィーク:母ラスキンウォーク]は、今のところ、来週中に栗東・松田博資厩舎へ入厩する予定になりました。
入厩が正式に決まりましたら、現在行っております募集は、締め切りとなります。出資をご検討頂いております皆様には、お早めにお申込み下さいますようお願い申し上げます。
尚、現時点で検疫は取れておりませんが、検疫が取れ次第で入厩となる予定ですので、急遽募集が締め切りとなる場合がございます。また、検疫等の都合で予定が変更となる場合もございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
11/08/02(8月1日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場担当者は「坂路併用で順調に乗り込みを進めています。まだ力が付き切っていない印象ですね。このまま続けて行きます」と話しています。
11/07/26(7月25日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場担当者は「予定通り坂路にも入れ始めました。ここまで変わり無く順調に来ています。これから変わってくる馬だと思いますよ」と話しています。
11/07/19(7月18日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター2,400mの調教を付けられています。牧場担当者は「順調です。様子を見ながら坂路にも入れて行きたいと思います。これでパワーアップすれば良いですね」と話しています。
11/07/12(7月11日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mの調教を付けられています。牧場担当者は「馬場中心ですが、徐々に本格的な調教へ進めています。今のところ特に心配は無さそうですし、このまま進めて行きます」と話しています。
11/07/05(7月4日付)
1日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動となると、到着後は運動程度で様子を見ており、牧場担当者は「こちらに来たばかりですが、輸送は上手くこなしてくれた様です。長距離輸送の後なので、少しゆっくりさせてから、調教を再開します」と話しています。
11/07/01≪最新情報≫
1日(金)に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しました。
11/06/30≪最新情報≫
入厩に備える目的で、1日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定になりました。
11/06/28(6月27日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「速いところをコンスタントに乗りながら、調教を進めています。本数を重ねるごとに気合も乗ってきましたから、まだ良くなってきそうな印象です」と話しています。
11/06/21(6月20日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「変わりなく順調で、先週も15−15のメニューをキッチリこなしています。体力も付いてきましたし、速いところを続けて状態も上がっている感じですが、ここへきて少し飼い食いが落ちているので、その点だけは注意しています」と話しています。
11/06/14(6月13日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「コンスタントに強めが乗れていますし、ひと追いごとに良くなっている感じで、動きにも素軽が加わってきました。体つきにもメリハリが出て、だいぶ大人っぽくなってきたようです。血統の良さが出て来ましたね」と話しています。
11/06/07(6月6日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「先週も3F15−15のペースで1本乗っています。特に状態は変わりませんが、疲れを残さないよう、速いところをやった翌日は、意識的に調教をセーブしています」と話しています。
11/05/31(5月30日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「週末から3ハロン15−15の調教を再開しています。体調も回復して普通に乗れていますので、今の状態を維持しながら、速い調教を継続していきたいと思います」と話しています。
11/05/24(5月23日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「月曜日に少し体温が上がったため、調教を1日だけ休みました。でも、すぐに平熱に戻り、翌日から乗り出していますので、特に影響はありません。以前も熱発はありましたが、すぐに治まる様になったので、体力的にはしっかりしてきたのだと思います」と話しています。
11/05/17(5月16日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「体力的にはもう少しですが、まずまず順調にきています。乗り込みつつ動きも良くなっているし、馬体が減るようなこともありませんから、その意味でもしっかりしてきたということではないでしょうか」と話しています。
11/05/10(5月9日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「状態も上向いてきたので、週末は3ハロンから15−15の調教も行っています。終いは少しモタついた感じでしたが、初めてですからね。その後の反動も無さそうだし、このまま進めて行ければと思います」と話しています。
11/05/03(5月2日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「以前は熱発したり、体質的に弱い面がありましたが、ここへきて順調に乗れていることを考えると、馬はだいぶしっかりしてきたと思います」と話しています。
11/04/26(4月25日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「乗り込むごとに動きは良くなっている感じですが、まだ周りに馬がいると、気にする面がありますね。その辺りをしっかり解消していきたいと思います」と話しています。
11/04/19(4月18日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「馬に覇気があって体調も良さそうだし、気持ちの面でもだいぶピリッとしてきましたね。これで馬体に幅が出て身が入ってくれば、この馬はドンドン変わってくると思います。これからが楽しみな一頭ですよ」と話しています。
11/04/12(4月11日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「馬体は着実に成長を見せていますし、それに伴って走りもだいぶしっかりしてきた印象です。これで全体的にパワーアップしてくれば、楽しみな存在になると思いますよ」と話しています。
11/04/05(4月4日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心にキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「まだ攻める段階ではありませんが、乗り込むごとに前向きな面が出てきたのは、良い傾向ですね。今は体力作りを優先していますが、ここで我慢していることが、将来に繋がってくると思います」と話しています。
11/03/29(3月28日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。東日本大震災の影響で、本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「全体的にしっかりするのはまだ先ですが、それでも徐々に成長は見られます。このままじっくり乗り込んでいけば、良い方向に変わってくると思います」と話しています。
11/03/22(3月21日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mもしくは坂路2本の調整です。本馬場と坂路を併用してキャンターの調教を付けられており、調教担当者は「まだ全体的に弱さが残っていて、熱発する時期もありましたが、気候が良くなるにつれて、徐々にしっかりしてきました。調教は24秒?25秒前後のキャンター中心ですが、これで体力が伴ってくれば、進めて行けると思います」と話しています。尚、東日本大震災の影響により馬場の修復および安全確認を行っている関係で、先週はウォーキングマシンの運動のみとして、今週より調教を再開しています。
10/10/06≪最新情報≫
6日に天栄ホースパークへ移動しています。
10/10/05≪最新情報≫
6日に天栄ホースパークへ移動する予定になりました。
09/12/25
浦河・桑田牧場で放牧中。気持ちがシャキッとしていて、即座に立ちポーズが決まる反応の良さ。活躍中のスペシャルウィーク牝馬を管理する師も、気に入って頂いた様子。