シルクエスティーム
牡馬、黒鹿毛、08/04/28生
父:ブライアンズタイム、母:シルキーグランス、母の父:Kingmambo
厩舎:鮫島一歩(栗東)→星野忍(美浦)、生産:山岡ファーム
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
12/06/28(6月28日付)
左前脚屈腱炎を発症した為、21日付けで抹消の手続きが取られました。今後は乗馬となる予定です。
12/06/22≪最新情報≫
21日(木)に抹消の手続きが取られました。
12/06/21(6月21日付)
先週12着でした。道中は9番手でレースを進めましたが、3コーナーすぎから気合を付けながらの追走になり、10番手で4コーナーを回りました。そして直線に向くと、早々に末脚を無くし、後方で流れ込んでいます。レース後、左前脚に不安を発症した為、詳しい検査を行ったところ、左前脚に屈腱炎を発症していることが判明、全治9ヶ月以上の診断を受けました。これを受けて、今後の進め方について検討を行いましたが、現状では疾病の程度から復帰まで相当に時間が掛かり、また目処も立たないと判断し、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。21日に抹消の手続きが取られる予定となっています。
12/06/20≪最新情報≫
詳しい検査を行ったところ、左前脚に屈腱炎を発症していることが判明、全治9ヶ月以上の診断を受けました。疾病の程度を考慮して、今後の進め方について検討を行っています。
12/06/18≪レース結果≫6月17日出走
福島12R 500万下    [D1,700m・15頭]12着[15人気]

西田騎手「向正面ではハミを取って上がって行ったのですが、最後は止めてしまっている感じでした。上がりで左前を抑えていたので、どこかで捻ったのかもしれません。その影響もあったかもしれません」

星野師「上がりで、ビッコでは無いけど左前を抑えているので、美浦に帰ったら詳しく検査してみます」
12/06/15≪出走情報≫6月17日出走
福島12R 500万下 (D1,700m)
15頭 57kg 西田          発走16:20
障害練習は取り止めて平地での続戦を決めると、東京開催は除外確実な状況だった為、今週に目標を切り替えており、調教助手は「中間、障害練習をしてから、腰がしっかりしてきましたし、気性的にも落ち着いてきました。だいぶ走りに集中できるようになったので、競馬でも変わってくれば良いですね」と話しています。
12/06/14(6月14日付)
坂路コースでキャンターの調整で、13日に時計を出しています。調教助手は「10日にもやっていますし、もう体は出来ているので、今週は15−15ぐらいにセーブしました」と話しており、今週日曜日の福島・D1,700mに出走を予定しています。
12/06/14≪出走情報≫6月17日出走
福島12R 500万下    [D1,700m・15頭]57kg 西田
12/06/13≪出走予定≫
日曜日の福島・D1,700m[騎手未定]
12/06/12≪出走予定≫
日曜日の福島・D1,700m
12/06/07(6月6日付)
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「その後歩様は問題ないです。来週の福島を目指して調整していきます」と話しています。
12/05/31(5月30日付)
坂路コースでキャンターの調整で、26日と30日に時計を出しています。調教師は「障害練習を続けるには不安があるので、平地を使っていくつもりでしたが今週は入らないですね。ここまで来たら、福島まで待った方が良いでしょう。福島1週目に向けて調整していきます」と話しています。
12/05/31≪出走情報≫
除外確実な状況の為、今週の出馬投票は見送り、福島1週目の出走予定となりました。
12/05/31≪最新情報≫
除外確実な状況の為、今週の出馬投票は見送る予定です。
12/05/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手30美坂稍    59.2- 44.1- 28.9- 14.1 馬なり余力
12/05/30≪出走予定≫
土曜日の東京・D1,600m[騎手未定]
12/05/29≪出走予定≫
今週出馬投票する可能性があります。
12/05/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手26美坂稍    57.5- 41.6- 26.6- 12.6 馬なり余力
12/05/24(5月23日付)
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「先週から左肩の出が良くなかったので、軽めで様子を見ていましたが、24日から坂路で乗り出しています。障害練習の疲れが出たようなので、とりあえずは平地を使うつもりで調整していきます」と話しています。
12/05/17(5月16日付)
北馬場で障害練習の調整です。調教師は「火曜日に直線3つ跳ばしましたが、問題なく跳んでいました。ただ、障害練習の疲れが出たのか、首が少し張っていますし、水曜日の午後になって肩の出が良くなかったので、木曜日に予定していた障害練習は取り止めました。普通に乗っていますが、上がりは問題なかったので大丈夫でしょう」と話しています。
12/05/10(5月9日付)
北馬場で障害練習の調整です。調教師は「今週から障害練習をしています。調教は石神騎手に依頼しました。火曜日に角馬場で跳ばしてみましたが、自分から跳んでいきました。跳ばない時に備えてロングステッキを持っていきましたが、全く必要ありませんでしたし、これなら大丈夫だと思います。また木曜日に跳ばしてみます。練習しながら平地を使っても良いですし、障害がスムーズに進みそうなら、そのまま障害戦を使っても良いでしょう」と話し、石神騎手は「ジャンプは上手いですね。ただ、乗り手の指示に反抗するようなところがあります。背中は良いので、もっと走れそうですけどね」と話しています。
12/05/03(5月2日付)
先週9着でした。道中は7番手でレースを進めましたが、勝負処で順位を下げてしまい、10番手で4コーナーを回りました。そして直線に向いても伸びを欠き、そのまま流れ込んでいます。調教師は「競馬の後も変わりないです。この後は平地を使いながら、障害練習もしていきましょうか」と話しています。
12/04/30≪レース結果≫4月28日出走
福島7R 500万下    [D2,400m・12頭]9着[9人気]

大野騎手「道中は悪く無かったけど、3コーナーでペースが上がったときに付いていけませんでした。最後は少しずつ差を詰めているんですけどね。距離は保ちそうです」
12/04/27≪出走情報≫4月28日出走
福島7R 500万下 (D2,400m)
12頭5枠5番 57kg 大野      発走13:10
コンスタントに出走していますが、中間も疲れは見られず状態は安定しており、調教助手は「元々、Wコースは苦手で時計が出る方ではないんですが、状態は変わりないです。ただ気が悪く、調教でも乗り手の指示に従いません。抑えようとすると引っ掛かるし、だからといって追い出してもなかなか反応しません。リズム良く集中して走れれば、変われると思うんですけどね」と話し、調教師は「この距離だからと言ってあまり構えずに、積極的に乗ってもらいます」と話しています。
12/04/26(4月25日付)
南Wコースでキャンターの調整で、19日と25日に時計を出しています。調教師は「多少ソエ気味ですが、大したことはありません。今回は試しに距離を延ばしてみます」と話しており、今週土曜日の福島・D2,400mに出走を予定しています。
12/04/26≪出走情報≫4月28日出走
福島7R 500万下    [D2,400m・12頭]57kg 大野
12/04/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手25南W稍    67.5- 52.9- 39.8- 13.4 叩き一杯
12/04/25≪出走予定≫
土曜日の福島・D2,400m[57 大野]
12/04/24≪出走予定≫
土曜日の福島・D2,400m
12/04/19(4月18日付)
南Aコースでキャンターの調整です。調教師は「変わりなく順調です。さすがに中一週続きでは可哀想なので、来週ぐらいから出走を検討していきます」と話しています。
12/04/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手19南W良    76.4- 59.7- 44.1- 12.8 G前仕掛け
12/04/12(4月11日付)
先週14着でした。道中は11番手でレースを進めると、3コーナーでは一旦6番手まで押し上げましたが、勝負処で9番手に後退して、4コーナーを回りました。そして直線でも末脚を失うと、そのまま後方に敗れています。レース後も順調で、厩舎周りで乗り運動の調整です。調教師は「最後までもっとビシッと追ってほしかったんですが、馬が止めたら人間も止めてしまっている感じでしたね。競馬の後も息が乱れてなかったですし、ソエも全然悪くなっていませんでした。今回は走ってないですね」と話しています。
12/04/09≪レース結果≫4月8日出走
中山8R 500万下   [D1,800m・15頭]14着[13人気]

森 騎手「スタートがもう一つでしたし、終始外を回らされてしまいました。好位に付けるために、最初に脚を使ってしまいましたし、4コーナーでゴチャついた時に、やる気を無くしてしまったかもしれません。道中ではステッキ入れた時は反応するけど、それが持続できずに、何完歩か行くと止めようとしていました」
12/04/06≪出走情報≫4月8日出走
中山8R 500万下 (D1,800m)
15頭 57kg 森(船橋)        発走13:40
中間はソエの治療を行いながら調整されると、検討の結果、今週の出走を決めており、調教師は「この中間も変わりなく順調です。ソエにはレーザー治療を行っています。予想通り頭数が増えて、フルゲートになってしまいましたが、メンバー的には楽そうだったので、今週使うことにしました。強行軍になりますが、馬は元気ですし、今のところソエも落ち着いています。前走は変わり身がありましたし、まだ良くなって行くと思います」と話しています。
12/04/05(4月4日付)
南Wコースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教師は「福島から回ってくる馬もいるでしょうから、ギリギリまで様子を見て、頭数が多くなってしまうようなら、無理せず来週にします」と話しており、今週日曜日の中山・D1,800mに出走を予定しています。
12/04/05≪出走情報≫4月8日出走
中山8R 500万下   [D1,800m・15頭]57kg 森(船橋)
12/04/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手5南W良       60.9- 45.6- 14.1 馬なり余力
12/03/29(3月28日付)
先週9着でした。道中は10番手辺りでレースを進めましたが、勝負処でも押し上げられず、11番手で4コーナーを回りました。そして直線でも懸命に追われましたが、そのまま流れ込むようにゴールしています。レース後も順調で、厩舎周りで乗り運動の調整です。調教師は「だいぶ変わってきましたね。普通に競馬になっていました。これならこのクラスでもやって行けそうです。やっと本気で走るようになったのか、今になってソエが少し出ていますが、問題ない程度です」と話しています。
12/03/26≪レース結果≫3月24日出走
中山7R 500万下(混)  [D1,800m・15頭]9着[11人気]

小林淳騎手「自分から止めると聞いていたけど、今日はそんなことは無く、普通に真面目に走っていましたよ。前走、西田騎手が気合を付けて乗ってくれたから、変わってきたのかもしれません。ただ、器用さは無く、ペースが上がった時にスッと対応できなかったですね。バテることは無いので、好位で粘り込む競馬をした方が良かったかもしれません。この天気でも止め際に喉が鳴っていたので、舌を縛ったのは良かったと思います」

星野師「だいぶ常識にかかってきましたね。パドックでもハミを取って自分から歩いていましたし、気配が変わってきました。これなら何とかなりそうです」
12/03/23≪出走情報≫3月24日出走
中山7R 500万下(混) (D1,800m)
16頭3枠4番 57kg 小林淳     発走13:25
中間は左前脚がソエ気味になったものの、大事には至らず今週の出走を決めており、調教師は「中京より中山の方が入りやすかったので、中山に登録しました。乗り役には引っ掛かるぐらいで良いから、ビシビシ行ってもらいます」と話し、調教助手は「前走連闘で使って、今回は中1週になるので、追い切りは15−15位にしておきました。続けてやっている内は良かったけど、先週楽させた分、今週はハミを取らなくなりました。でも最初の頃に比べたら、だいぶ良くなっています。前走は舌を縛った効果があったと思いますし、時計の掛かる馬場なら、もっとやれると思います」と話しています。
12/03/22(3月21日付)
南Wコースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教師は「中京が2節で入らなければ、中山に回ります。先週も中山はフルゲート割れしていましたし、中山の方が入りやすいかもしれません」と話しており、今週の中山か中京で出走を予定しています。
12/03/22≪出走情報≫3月24日出走
中山7R 500万下(混)  [D1,800m・16頭]57kg 小林淳
12/03/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手21南W良    75.5- 59.3- 43.6- 14.3 馬なり余力
12/03/21≪出走予定≫
中山競馬か中京競馬(番組は未定)[騎手未定]
12/03/20≪出走予定≫
中京競馬(番組は未定)
12/03/15(3月14日付)
先週6着でした。道中は最後方からの競馬でしたが、3コーナーすぎから気合を付けて押し上げ、8番手で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、伸び脚は無かったものの、最後までバテずに順位を上げています。調教師は「競馬の後も変わりないです。今回は結構走ったのか、左前が少しソエ気味になっていますが、歩様には見せていないので大丈夫です。最終週は頭数が多くなると思いますが、2節で使えたら来週の中京で使っていきます。来週使えなければ、福島開催まで待ちます」と話しています。
12/03/12≪レース結果≫3月10日出走
中京6R 500万下     [D1,800m・10頭]6着[10人気]

西田騎手「今回はある程度形になりましたね。相変わらずスタートは行く気を見せてくれなかったので、前の馬と間隔を詰めながら、わざと掛からせる様に乗ったんです。終いは少し来ていますから、4コーナーまでこの形が持続出来れば、もっと走れると思います。これでもまだ遊びながら走っているんですよ」
               
星野師「連闘で少しは変わり身を見せてくれたね。舌を縛った効果があったのかもしれませんが、今日はゲート裏までメンコを付けさせたんです。結果度外視でハナへ行かせる競馬を試してみたいのですが、ここ2走の行く気の無さを見ると、前で競馬させるのは難しいかもしれませんね。要は気持ちの問題ですから、色々と試してみます」
12/03/09≪出走情報≫3月10日出走
中京6R 500万下 (D1,800m)
10頭1枠1番 57kg 西田      発走12:35
先週出走した後も状態面は良好な事から、検討の結果、連闘での出走を決めており、西田騎手は「先週の調教でも気になりましたが、やはりDDSP気味であるようです。最後は全然手応えがなくなりましたから、気がないということもありますが、苦しがって止めてしまってる部分もあるかもしれません。今回は舌を縛って、馬群で競馬させてみようと思います」と話し、調教師は「競馬の後も変わりなく元気一杯なので、連闘してみましょう。喉が気になるようなので、舌を縛ってみます。それに、下見所での入れ込みが激しかったので、今回はゲート裏までメンコを着けてみます。気持ちが変わってくるように、色々試してみます」と話しています。
12/03/08≪出走情報≫3月10日出走
中京6R 500万下     [D1,800m・10頭]57kg 西田
12/03/07(3月5日付)
先週13着でした。今回も後方からの競馬となると、勝負処でも押し上げられずに、後方2番手で4コーナーを回りました。そして直線でも最後まで伸びを欠くと、そのまま後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/03/07≪出走予定≫
土曜日の中京・D1,800mの番組[57 西田]
12/03/05≪レース結果≫3月4日出走
中京6R 500万下(混)   [D1,800m・15頭]13着[14人気]

西田騎手「調教でも気になりましたが、向正面と止め際に若干喉が鳴っていました。体が絞れて返し馬の雰囲気が良かったから、今日は良い所を見せられると思ったのですが。現状の戦法では、余程展開に恵まれないと上位に来るのは難しいので、次は当たり前の競馬をさせてみましょう。馬っぷりが良いですし、何かが起爆剤になれば走ってくると思うんですけどね。色々試して、適性を探ります」
12/03/02≪出走情報≫3月4日出走
中京6R 500万下(混) (D1,800m)
15頭 57kg 西田         発走12:40
心機一転を図る目的で関東に転厩となると、検討の結果、今週出走する事になり、西田騎手は「良い馬ですね。隙を見せると止めようとするけど、上で肩鞭を入れたりして催促してやれば、良い感じで走りますよ。競馬でも最初は後ろからになると思いますが、途中でゴーサインを出せば、そのまま止めずに行けると思います。止め際、喉がDDSPのような感じでしたが、走っている時は気になりませんでしたから、競馬でも大丈夫だと思います」と話し、調教助手は「先々週と先週の調教では気が無い様な感じでしたが、今週の追い切りでは馬場の入口で引っ掛かっていた位でした。体もだいぶ絞れて、競馬では480kg位で使えるでしょう」と話しています。
12/03/01≪出走情報≫3月4日出走
中京6R 500万下(混)   [D1,800m・15頭]57kg 西田
12/02/29(2月27日付)
南Pコースでキャンターの調整で、22日に併せて時計を出しています。調教助手は「先週はパシュファイアーを着けてやってみましたが、あまり変わった感じはないですね。先々週より息遣いは良くなっているし、時計も詰めてはいますが、相変わらずハミを取ってくれないです。ただ、先週の方が鼻面を併せた時にジリジリと反応はしていたと思います」と話し、調教師は「今週は西田騎手に乗ってもらって、どんな感じか見てもらいます。今週の動き次第では中京に行っても良いでしょう」と話しており、今週日曜日の中京・D1,800mに出走を予定しています。
12/02/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
西 田29南P良 81.7- 66.1- 51.4- 37.3- 13.0 一杯に追う
    オールエモーション(古500万)強目の外同入
12/02/29≪出走予定≫
日曜日の中京・D1,800m[57 西田]
12/02/28≪出走予定≫
動きや状態次第で今週出馬投票する可能性があります。
12/02/22(2月20日付)
Pコースでキャンターの調整で、16日に併せて時計を出しています。調教助手は「まだ重いということもありますが、併せ馬を全く気にしていなくて、並ばれても全然反応しないです。ただ、普段は元気一杯で、ボーッとしている訳でも無いんですよ」と話し、調教師は「栗東では坂路ばかりだったようなので、こちらでは下でもやってみます。今までとパターンを変えて、気持ちが変わって来れば良いですね。今後はチークやブリンカーなども試してみます」と話しています。
12/02/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手22南P良    67.1- 52.1- 38.0- 12.9 一杯に追う
    ヤマニンオルタシア(三未勝)馬なりの内を0.8秒先行同入
12/02/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手16南P良    72.0- 56.0- 40.6- 12.7 G前仕掛け
    オールエモーション(古500万)馬なりの内を0.4秒先行同入
12/02/15(2月13日付)
9日に美浦・星野厩舎へ入厩すると、南Aコースでキャンターの調整です。調教師は「血統は良いし、体も良いですから、能力が無いという訳ではないと思います。気持ちの問題でしょうね。色々試してみます」と話しています。
12/02/10≪最新情報≫
9日(木)に美浦・星野厩舎へ入厩しました。
12/02/08(2月6日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「先週は速い調教を2本こなしていて、順調ですね。馬体もしっかり維持出来ているし、ひと追いごとに動きも良くなってきましたので、このまま乗り込んで態勢を作っていきたいと思います」と話しています。尚、転厩の方向で検討していましたが、美浦・星野調教師に打診したところ、快諾を得られた為、7日に転厩の手続きが取られており、9日に美浦・星野厩舎へ入厩する予定になりました。
12/02/08≪最新情報≫
9日に美浦・星野厩舎へ入厩する予定です。
12/02/02≪最新情報≫
関東へ転厩させる方向で検討しておりましたが、美浦・星野調教師に打診したところ、快諾を得られた為、近日中に転厩の手続きを取る予定です。
12/02/01(1月30日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「この中間から15−15の調教を始めました。以前は馬っ気がやや強く、馬場で立ち上がったりして煩い面を見せていましたが、今は落ち着いて乗れているし、馬の雰囲気も悪くないですよ。この調子で進めていければと思います」と話しています。尚、今後の進め方につきまして検討を行っておりますが、前走の内容も考慮して、環境を変えて心機一転を図りたいと考えており、この後は関東へ転厩させる方向です。
12/01/25(1月23日付)
福島県・ノーザンファーム天栄で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と角馬場でウォーミングアップした後、周回コースでキャンター2,400mと坂路1?2本の調教を付けられています。調教担当者は「馬もリフレッシュしてきましたし、徐々に普通のメニューに移行しています。脚元などの不安もありませんから、様子を見ながらピッチを上げていきたいと思います」と話しています。
12/01/18(1月16日付)
一旦放牧へ出すことになり、12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動となると、到着後はウォーキングマシンの運動60分行った後、乗り運動の調教を付けられています。調教担当者は「レースを使った後ですし、疲れを癒す意味もあって、軽めのところから乗り出しています。状態を見ながら進めていくことにします」と話しています。
12/01/13≪最新情報≫
12日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧されました。
12/01/11(1月9日付)
9日に出走して、16着でした。出負けして行き脚が付かず、馬群から離れた最後方からの競馬になると、そのまま前との差を詰められずに4コーナーを回りました。そして直線でも伸び脚は無く、大きく離れて入線しています。尚、タイムオーバーの為、1ヶ月の出走停止となっています。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す方向です。
12/01/10≪レース結果≫1月9日出走
京都7R 500万下    [D1,900m・16頭]16着[13人気]

佐藤騎手「ゲート内で待っている時もそうだったけど、周りを気にして、集中力が全く無かったですね。ゲートを出ると、自分から走るのを止めようとしたりして、全く力を出し切れずに終わってしまいました」

鮫島師「休養前と比べると体もしっかりして、追い切りでも良い動きをしていたので、どれだけやれるかと思っていたんだけど、あそこまで走る気を出さないとはね。タイムオーバーになってしまったので、仕上げ直して、走る気を出す方へ工夫していかないとね」
12/01/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手8栗坂良    62.3- 45.4- 29.1- 14.3 馬なり余力
12/01/06≪出走情報≫1月9日出走
京都7R 500万下 (D1,900m)
16頭 56kg 佐藤         発走13:25
帰厩後はじっくり調整を進め、約半年振りに復帰する事になり、調教師は「休み明けになるけど、以前と比べると動きがしっかりして来ましたね。普段はまだ頭を上げたりして、気の若さを出していますが、走り出すと集中しているので、そのあたり成長が見られますね。追い切りもしっかりこなせたし、少しでも距離があった方が良いと思うので、ここを使うことにしました。追い切りの動きから、このクラスでも通用すると思うので、あとは競馬に慣れていけば走ってくれると思います」と話しています。
12/01/06≪出走情報≫1月9日出走
京都7R 500万下    [D1,900m・16頭]56kg 佐藤
12/01/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手6栗坂良    57.1- 41.5- 26.9- 13.1 一杯に追う
12/01/05≪出走予定≫
月曜日の京都・D1,900m[騎手未定]
12/01/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手28栗坂良    58.5- 43.3- 28.5- 13.9 馬なり余力
助 手31栗坂良    55.8- 41.0- 27.0- 13.3 馬なり余力
助 手3栗坂良    56.9- 41.5- 26.9- 13.3 強目に追う
    タツグレート(新馬)強目を0.7秒追走同入
11/12/26(12月25日付)
坂路コースでキャンターの調整で、21日に併せて時計を出しています。調教師は「先週は有馬記念を使ったキングトップガンと併せましたが、正直最後は離されると思っていたけど、思っていた以上に食らい付いて、頑張ってくれました。まだ仕上げ途上でこれだけ動ければ上々ですね。使うのは年明け以降になりますが、今の感じで行けば良い状態で復帰できると思います。あとは気性がもう少し大人になってくれれば良いですね」と話しています。
11/12/21(12月19日付)
14日に栗東へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、18日に併せて時計を出しています。調教助手は「相変わらずまだまだ子供で、周りをキョロキョロして、集中力が無いね。帰厩後初めての調教だから仕方ないけど、以前とあまり変わっていないかな。体は良くなっているので、気性がもう少し大人になってくれれば、競馬でも結果を出してくれると思います。このままレースへ向けて仕上げていこうと思います」と話しています。
11/12/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手21栗坂良    55.7- 40.7- 26.5- 13.1 一杯に追う
    キングトップガン(古オープン)末一杯を2.0秒先行0.4秒遅れ
11/12/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手18栗坂良    56.9- 42.0- 27.7- 14.0 馬なり余力
    ユウウイン(新馬)末強目に0.2秒遅れ
11/12/14(12月12日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、ダートコースとウッドコースを併用してダク1,200m、キャンター5,000mの調教を付けられています。牧場長は「長めをしっかり乗って、馬もしっかりしてきました。速いところへ行ける下地は出来たと思います」と話しており、確認した調教師の指示で、14日に栗東へ帰厩する予定になりました。
11/12/14≪最新情報≫
14日に栗東へ帰厩しました。
11/12/07(12月5日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、ダートコースとウッドコースを併用してダク1,200m、キャンター5,000mの調教を付けられています。牧場長は「引き続きダートとウッドと併用して乗り込んでいます。体調面は特に変わり無く、順調に調教を進めています。徐々にペースアップ出来るのではないでしょうか」と話しています。
11/11/30(11月28日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、ダートコースとウッドコースを併用してダク1,200m、キャンター5,000mの調教を付けられています。牧場長は「ダートで3,000m?ウッドで2,000mと、かなりの運動量を課しています。だいぶしっかり乗れる様になってきました。この調子で進めて行ければと思います」と話しています。
11/11/23(11月21日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、ダートコースとウッドコースを併用してダク1,200m、キャンター3,800mの調教を付けられています。牧場長は「ウッド併用で距離を延ばしています。このまま、ペースより距離重視で進めて行きます」と話しています。
11/11/16(11月14日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター3,000mの調教を付けられています。牧場長は「引き続きキャンター中心に乗り込みを続けています。長め中心に馬体作りをするように指示を受けて、現在はダートコースを中心に乗り込んでいますが、この後は状態を見て、ウッドコースも併用して、更に距離を延ばすことも考えています」と話しています。
11/11/09(11月8日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター3,000mの調教を付けられています。牧場長は「ペース的には変わりませんが、段階を踏んで一歩一歩進めて行きたいと思います。ここでしっかり乗り込んでおけば、馬体も変わってくると思います」と話しています。
11/11/02(10月31日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター3,000mの調教を付けられています。牧場長は「ペース的には22秒の段階まで来ています。先生からは『長めをしっかり乗って、ケアを徹底的にやるように』と指示を受けています」と話しています。
11/10/26(10月24日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター3,000mの調教を付けられています。牧場長は「ペースはキャンターですが、距離を延ばして乗れているので、今のところ順調と言えるでしょう。このまま長めを乗り込んで行きます」と話しています。
11/10/19(10月17日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター2,400mの調教を付けられています。牧場長は「ペース的にはまだですが、この馬としては順調に乗り込んでいます。そろそろ距離を延ばしてみようと思っています」と話しています。
11/10/12(10月10日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター2,400mの調教を付けられています。牧場長は「不安のあった右前脚の状態を見ながらですが、今のところ続けて乗っても変わりありません。ただ、先生からはジックリ慎重にやるように言われていますので、もう暫くはキャンター中心に乗り込んで行くことになると思います」と話しています。
11/10/05(10月3日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター2,400mの調教を付けられています。牧場長は「予定通り距離を延ばして乗っています。ペース的には普通キャンターです。このまま乗り込み量を確保して行きたいと思います」と話しています。
11/09/28(9月26日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター2,000mの調教を付けられています。牧場長は「良い意味で変わりありません。ペースアップの前に、まずは距離を延ばして乗り込みを進めて行きます」と話しています。
11/09/21(9月19日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mと軽めのキャンター2,000mの調教を付けられています。牧場長は「検査の結果でも大丈夫そうだったので、続けて調教しています。一息入っているので、少し時間を掛けて乗っていきます」と話しています。
11/09/14(9月12日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mと軽めのキャンター2,000mの調教を付けられています。牧場長は「先週は念のため、右前のぶつけた箇所をエコー検査しましたが、特に問題は無い様です。先生から時間をもらいましたので、しっかり乗り込みを進めて行きます」と話しています。
11/09/07(9月5日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200mと軽めのキャンター2,000mの調教を付けられています。牧場長は「引き続き右前脚の状態を見ながらですが、先生から『急がないから、しっかり立て直すように』と言われています。暫くは軽めで様子を見て行きます」と話しています。
11/08/31(8月30日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場で軽めのキャンター2,000mの調教を付けられています。牧場長は「勝っている馬だし、暑い時期でもあるので、現時点であまり無理することはないと思います。右前脚のぶつけたところしっかりケアして、状態を見ながら進めて行ければと思います」と話しています。
11/08/25(8月24日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場で軽めの調整です。牧場長は「様子を見ながらですが、あまり休ませる程では無いので、軽めに乗り出しました。これで経過を見て行きます」と話しています。
11/08/17(8月15日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行っています。牧場長は「先週の調教で右前脚をぶつけてしまい、傷腫れが出来てしまいました。大したことはないと思いますが、暫く経過を確認していきます」と話しています。
11/08/10(8月8日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター2,400mの調教を付けられています。牧場担当者は「暑い中でも体調は良いですし、ここまで順調に調教を進めています。今の感じでしたら、ペースアップも出来そうですね」と話しています。
11/08/03(8月1日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター1,800mの調教を付けられています。牧場担当者は「馬体をしっかり戻したいところなので、引き続きキャンター中心のメニューです。もう少しパワーアップすれば、変わってきそうですけどね」と話しています。
11/07/27(7月25日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,200mとキャンター1,800mの調教を付けられています。牧場担当者は「まだキャンター中心のメニューですが、今のところ順調に来ています。もう少し馬体を戻したいので、様子を見ながら進めて行きます」と話しています。
11/07/20(7月18日付)
滋賀県・アカデミーで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場で軽めの調整です。牧場長は「少し疲れがある様なので、一息入れてリフレッシュを図っています。脚元などは特に問題無い様なので、様子を見て進めて行きます」と話しています。
11/07/13(7月11日付)
前走後に調教助手は「連闘も考えていましたが、少し疲れも見られるし、体も減っていたので、一旦アカデミーに出して短期で戻そうと思います。調教では気性面が成長していたと思っていたけど、競馬に行くとまだ真面目に走っていない所もあるので、そのあたりがもう少し成長してくれれば、このクラスでも走ってくると思います」と話し、7日に滋賀県・アカデミーへ放牧されています。
11/07/08≪最新情報≫
7日に滋賀県・アカデミーへ放牧されました。
11/07/07≪出走予定≫
検討の結果、今週の出馬投票は見送り、一旦放牧へ出す予定です。
11/07/07≪最新情報≫
再調整の目的で放牧へ出すことになり、7日に滋賀県・アカデミーへ移動しました。
11/07/06(7月4日付)
先週14着でした。行き脚が付かず、道中は最後方からの競馬になると、前との差を詰めに掛かりますが、後方3番手で4コーナーを回りました。そして直線でも最後まで伸びを欠き、順位を上げる事無くゴールしています。レース後、特に不安は無い様で、動きや状態次第で今週出馬投票する可能性があります。
11/07/06≪出走予定≫
動きや状態次第で今週出馬投票する可能性があります。
11/07/04≪レース結果≫7月3日出走
京都7R 500万下   [D1,900m・16頭]14着[13人気]

高倉騎手「自分からハミを取らずに、真面目に走っていなかったですね。前半は追い通しだったけど、最後までバテることは無かったので、前半もう少し走る気を出してくれれば、変わって来そうな感じはありますね」
11/07/01≪出走情報≫7月3日出走
京都7R 500万下 (D1,900m)
16頭 53kg 高倉          発走13:20
先週の出走も検討していましたが、追い切りの動きなども考慮して、今週に回っており、調教助手は「先週は少し重め残りだったけど、今週は最後までモタつく所もなかったし、良い追い切りができたと思います。気持ちが大人になったみたいで、帰厩後は余計なことをしなくなったので、これが競馬でも良い方に出てくれれば、十分このクラスでもやれる力を持っていると思います。スタミナはかなりある馬なので、時計の掛かる馬場なら良い競馬をしてくれると思うし、休み明けだけど、期待しています」と話しています。
11/06/30≪出走情報≫7月3日出走
京都7R 500万下   [D1,900m・16頭]53kg 高倉
11/06/29(6月27日付)
坂路コースでキャンターの調整で、22日に併せて時計を出すと、24日と26日にも追い切られています。調教助手は「先々週はなかなか良い動きをしていたけど、22日の追い切りは少し重さが影響した動きでしたね。まだ帰厩して日も浅いので、体に余裕がある分、動けなかったと思うので、もう1週待って今週使うことになりました。一息入れた効果からか、気性がすごく大人になった感じなので、競馬でもこれが良い方に出てくれると良いですね」と話しており、今週日曜日の中山・野田特別か、日曜日の京都・D1,900mに出走を予定しています。
11/06/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手29栗坂良    54.2- 39.6- 26.0- 12.7 一杯に追う
    パラダイスポイント(三未勝)一杯を1.2秒追走0.7秒先着
11/06/29≪出走予定≫
日曜日の中山・野田特別[54 騎手未定]か、日曜日の京都・D1,900m[騎手未定]
11/06/28≪出走予定≫
日曜日の中山・野田特別か、日曜日の京都・D1,900m
11/06/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手26栗坂良    57.3- 42.0- 27.9- 13.8 馬なり余力
11/06/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手24栗坂良    65.9- 48.1- 31.4- 14.5 馬なり余力
11/06/23≪出走情報≫
検討の結果、今週の登録は見送り、来週の出走予定となりました。
11/06/22(6月20日付)
坂路コースでキャンターの調整で、15日に併せて時計を出しています。調教助手は「15日に古馬と坂路で併せてやりましたが、以前と比べて気が大人になったと言うか、角馬場でも集中して周回していました。坂路での追い切りも、遅れはしたものの、最後まで集中を切らさずに走っていました。相手は古馬のオープン馬だったことを考えれば十分だと思うし、良い休養になったみたいですね」と話しており、今週の中山か阪神で出走を予定しています。
11/06/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手22栗坂良    55.1- 39.9- 26.5- 13.4 一杯に追う
    イケオコリンボー(三未勝)叩一杯を1.0秒追走0.3秒遅れ
11/06/22≪出走予定≫
中山競馬か阪神競馬(番組は未定)[騎手未定]
11/06/21≪出走予定≫
動きや状態次第で今週出馬投票する可能性があります。
11/06/15(6月13日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルでキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、11日に栗東へ帰厩しています。到着後は坂路コースでキャンターの調整で、12日に時計を出しており、これから徐々に乗り込みを進めていく予定となっています。
11/06/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15栗坂良    54.4- 39.6- 25.8- 13.0 一杯に追う
    パドトロワ(古オープン)強目に0.4秒遅れ
11/06/13≪最新情報≫
11日に栗東へ帰厩しました。
11/06/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手12栗坂稍    62.1- 45.4- 29.8- 14.7 馬なり余力
11/06/08(6月6日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場担当者は「特に心配無く乗れています。坂路では17秒程度のところも入れていますし、このまま速い調教を意識して進めて行きます」と話しています。
11/06/01(5月30日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「馬体も回復して状態は良くなっています。調教に関しては特に心配も無いですし、このまま進めて行きたいと思います」と話しています。
11/05/25(5月23日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター2,000mの調教を付けられています。牧場長は「使い込んで来た様なので、少し楽をさせて馬体の回復を促しました。だいぶ元気になっていますし、様子を見ながら進めて行きます」と話しています。
11/05/18(5月16日付)
前走後に調教師は「特にレース後も変わりないですが、入厩からここまで休まず使ってきたので、一旦出してリフレッシュさせます。放牧先でもしっかり気を抜かない様に乗り込んでもらいます」と話し、10日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
11/05/11(5月9日付)
先週14着でした。スタートでダッシュが付かず、道中は最後方からの競馬になると、向正面から早めに押し上げ、7番手で4コーナーを回りました。しかし直線では懸命に追われたものの、末脚を無くして、後方で流れ込んでいます。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す事になり、10日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。
11/05/11≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、再調整の目的で一旦放牧へ出すことになり、11日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しました。
11/05/09≪レース結果≫5月7日出走
京都6R 3歳500万下(混) [D1,800m・16頭]14着[13人気]

池添騎手「今日は入れ込みもきつかったし、ゲートの中で扉を噛んだりして、気の悪い所がありました。道中も口が硬くて、なかなか難しい所はありますが、走る方に気が向く様になってくれば、このクラスでも走ってくると思います」

鮫島師「1?2コーナーまでは想定内だったけど、それから自分から上がって行けないのは、現時点でまだ力不足と言うことでしょう。でも、乗り役は力はあると言ってくれているので、このまま競馬を覚えさせていく方が良いと思います。このまま厩舎で進めていくかは、レース後の状態を見て考えたいと思います」
11/05/06≪出走情報≫5月7日出走
京都6R 3歳500万下(混) (D1,800m)
16頭1枠1番 56kg 池添      発走12:50
前走快勝の反動なども見られない事から、中1週での出走を決めており、調教師は「追い切りは相手が古馬だけど、こちらの方が動くので、相手に併せてやる様に指示しました。テンが遅くて全体の時計が遅くなり、この馬にはかなり楽な追い切りになってしまいましたが、最後まで余裕ある動きをしていたし、使いつつ動きもしっかりしてきましたね。ただ、まだ前走を見る様に競馬慣れは必要だけど、使って行けばかなり上でもやれると思っています。もう少し競馬で気合いを出してくれると良いんだけど、出もモッサリして、道中ずっと追い通しなので、乗り役はしんどいだろうね」と話しています。
11/05/05≪出走情報≫5月7日出走
京都6R 3歳500万下(混) [D1,800m・16頭]56kg 池添
11/05/05≪最新情報≫
日曜日の新潟・わらび賞[56 秋山]に出走予定です。
11/05/04(5月2日付)
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「前走は縛った効果もあってゲート内は大人しかったけど、相変わらず自分から出ていかなかったね。でも練習した効果はあったと思うので、あとは自分から出る様になれば、もっと追走も楽になると思います。スタミナのある馬だから、前走の様に押っつけ通しでも最後までもつんだと思います。もう少し前で競馬ができる様になれば、上でも十分良い競馬ができると思うので、使いつつ競馬を覚えてくれれば良いと思います。番組は毎週あるので、メンバーなどを見ながら次走の予定を立てていきたいと思います」と話しており、今週土曜日の京都・D1,800mか、日曜日の新潟・わらび賞に出走を予定しています。
11/05/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手4栗坂良    56.7- 40.6- 26.2- 13.3 馬なり余力
    ウォーターサウンド(古500万)一杯に同入
11/05/04≪出走予定≫
土曜日の京都・D1,800m[騎手未定]か、日曜日の新潟・わらび賞[56 騎手未定]
11/04/27(4月25日付)
先週優勝しました。スタートでダッシュが付かず、後方からの競馬になりましたが、向正面から早めに押し上げ、7番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、外から鋭い末脚を繰り出してキッチリ前を捕え、2戦目で鮮やかな勝利を飾っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
11/04/25≪レース結果≫4月23日出走
新潟6R 3歳未勝利   [D1,800m・14頭]優勝[5人気]

中舘騎手「ゲートは練習の甲斐あって大丈夫でしたよ。ただ、スタートから変に気合いを付けない方が良いと思い、出遅れても良いぐらいの気持ちでいました。途中からはずっと追い通しでしたが、最後は良い脚を使いますよ。これでもまだ遊び遊びですからね」

鮫島師「今日もスタートはモッサリだったけど、初戦では大きく出遅れても、最後良い脚使っていたので、今日ぐらいのスタートだったら、十分届くと思っていました。見ての通り全然気が無くて、遊び遊びで勝つんですから、能力ありますよ。使って行けば、その内に気合いも乗ってくるでしょう。まだ良くなりますよ」
11/04/22≪出走情報≫4月23日出走
新潟6R 3歳未勝利 (D1,800m)
14頭7枠12番 56kg 中舘      発走12:40
前走後はゲート練習も交えて調整されると、検討の結果、今週の出走を決めており、調教師は「来週使う予定でいましたが、追い切りの動きがあまりにも良かったので、今週使うことにしました。追い出してから相手をあっさり交わして、楽に先着してくれたぐらいで、終いの時計も12秒台なら文句ないと思います。この中間はゲート練習に時間を掛けましたが、縛った甲斐あって調教ではもう心配無いので、あとは競馬で煩い所を出さなければ、良い競馬をしてくれると思っています」と話しています。
11/04/21≪出走情報≫4月23日出走
新潟6R 3歳未勝利   [D1,800m・14頭]56kg 中舘
11/04/20(4月18日付)
坂路コースでキャンターの調整で、17日に時計を出しています。ゲート練習も進めており、調教師は「13日までゲートで縛ってみましたが、ようやく納得してきた所もあるので、14日から普通に練習することにしました。まだアテにできない所はあるかもしれないけど、あまりやりすぎて逆効果になってしまうといけないので、ちょうど良い期間だったと思います。能力のある馬なので、まともにゲートさえ出てくれれば、すぐ勝ち負けまで行ってくれると思うし、次はちゃんと出てくれれば良いですね」と話しており、動きや状態次第で今週の出走を検討しています。
11/04/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手20栗坂不    56.0- --- - 26.2- 12.8 一杯に追う
    グリッターテイル(三500万)一杯を0.6秒先行0.5秒先着
11/04/19≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
11/04/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手17栗坂良    56.5- 41.4- 26.7- 13.1 末強目追う
11/04/13(4月11日付)
坂路コースでキャンターの調整で、7日と10日に時計を出しています。ゲート練習も進めており、調教師は「いつ使えるかわからない現状だし、前走でゲート難を見せていたので、先週からゲートで縛って納得させていますが、立ち上がる仕草を見せたりと結構煩い所を見せています。一回やれば大丈夫と思っていたけど、何回かやって観念させた方が良さそうなので、もう少し縛ってみようと思います。ゲートさえしっかり出る様になってくれれば、十分勝ち負け出来る力を持っているので、今の内にしっかりやっておきたいと思います」と話しています。
11/04/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手10栗坂稍    62.3- 45.5- 29.7- 15.0 馬なり余力
11/04/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手7栗坂良    63.2- 45.0- 28.9- 14.5 馬なり余力
11/04/06(4月4日付)
坂路コースでキャンターの調整で、30日と3日に時計を出しています。調教師は「いつでも使える様に坂路でしっかり乗り込んでいますが、もう少し間隔を空けないと使えないようですね。まだ競馬をわかっていない所があるので、使って競馬を覚えさせていきたいけど、思った様に行かないね。前走ゲートが悪かったので、次走までにゲート練習をしっかりやっていきます」と話しています。
11/04/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手3栗坂良    59.7- 44.5- 29.2- 14.4 馬なり余力
11/03/30(3月28日付)
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「練習ではあんなことはしないんだけど、実戦でやってしまったね。また競馬でやってしまうかもしれないので、念のためにゲート練習もやっておこうと思います。しばらくは頭数が多いだろうけど、使える所があれば入れていこうと思っているので、このまま厩舎で調整していきます」と話しています。
11/03/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手30栗坂良    55.5- 40.6- 26.5- 13.0 馬なり余力
11/03/23(3月21日付)
先週8着でした。スタートで大きく出遅れて、道中は最後方からの競馬になると、向正面から押し上げに掛かり、12番手で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、上位は窺えなかったものの、外から渋太く差を詰めています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
11/03/22≪レース結果≫3月20日出走
阪神6R 3歳新馬(混)  [D1,800m・16頭]8着[6人気]

吉田稔騎手「ゲートの中で煩くて、頭を下げた時にゲートが開いたので後方からの競馬になってしまいました。追い出してからはなかなか良いモノを持っていたし、スタミナもありそうなので、あとはゲートさえ上手く出てくれれば変わり身十分だと思いますよ」

調教助手「ゲート練習では速く出ていたし、今回は初めての競馬で気の悪い所が出てしまいました。終いはジリジリ来ていたので、ある程度前に行かせてスタミナが生きる競馬が出来れば変わってきそうですね」
11/03/18≪出走情報≫3月20日出走
阪神6R 3歳新馬(混) (D1,800m)
16頭 56kg 吉田稔(愛知)      発走13:00
先週登録して除外の権利を取ると、予定通り今週デビューする事になり、調教師は「追い切りは一度使っている馬と併せて坂路でやりました。正直もう少し離されると思っていましたが、思った以上に渋太く最後まで食らいついていました。相手は前走で人気していた馬だし、それを考えれば十分走った方だと思います。まだ体は緩い所がありますが、スタミナがかなりある馬で、助手もビックリしているぐらいですから、力のいる阪神は合っているんじゃないかな。ある程度の位置で競馬が出来れば、それなりに良い競馬をしてくれると思います」と話しています。
11/03/17≪出走情報≫3月20日出走
阪神6R 3歳新馬(混)  [D1,800m・16頭]56kg 吉田稔
11/03/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手16栗坂良    54.0- 39.1- 26.1- 13.7 一杯に追う
    ラフアウェイ(三未勝)一杯を0.6秒先行0.6秒遅れ
11/03/16≪出走予定≫
日曜日の阪神・D1,800m[56 吉田稔]
11/03/15(3月14日付)
Pと坂路コースでキャンターの調整で、9日に併せて時計を出すと、13日に追い切られています。調教師は「9日の追い切りは先週使う予定だった馬と併せてやりましたが、最後は離されると思っていたけど、渋太く粘っていたね。この馬なりに確実に良化しているし、先週除外で権利を取れたので、今週阪神のD1,800mに使えると良いですね」と話し、調教助手は「もうひと追い欲しいので、先週は除外で良かったです。先週併せた相手は川田騎手が乗っていたし、終いは離されると思っていたけど、追い出すとなかなか渋太く最後まで食らい付いてくれたね。こちらが思っている以上にスタミナもあるみたいで、ビッシリしごいても全く動じる所がないので、これが競馬に行って良い方へ出れば良いね。少し煩い所も出てきて、悪いことをする様になっているけど、これぐらい気合いがある方が競馬に行っても良いと思います」と話しています。
11/03/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手13栗坂良    58.5- 43.4- 29.2- 14.4 強目に追う
11/03/10≪出走情報≫
土曜日の阪神5R・D1,400mに田中克騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週の阪神・D1,800mへ向かう予定となりました。
11/03/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手9栗P良 84.0- 67.3- 52.9- 38.7- 11.8 一杯に追う
    マルブツファイト(新馬)一杯の内を1.3秒先行3F付クビ遅れ
11/03/09≪出走予定≫
権利取りの目的で今週登録する方向です。
11/03/08(3月7日付)
CWと坂路コースでキャンターの調整で、2日と6日に併せて時計を出しています。調教助手は「先週はCWで併せてやりましたが、思っていた以上に最後まで食らい付いていたし、結構渋太い馬ですね。まだ仕上げ途上ですが、このひと追いで良くなってくると思うので、今週あたりから登録していくことになると思います。まだ緩い所はありますが、先週の追い切りの内容なら、仕上がれば力を出せると思いますよ」と話しており、動きや状態次第で今週の出走を検討しています。
11/03/08≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
11/03/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手6栗坂良    59.7- 43.7- 28.6- 14.2 馬なり余力
    マコトポセイドン(新馬)馬なりを1.2秒先行同入
11/03/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手2CW不    66.4- 52.4- 39.5- 12.9 追って一杯
    マルブツファイト(新馬)叩一杯の内同入
11/03/01(2月28日付)
坂路コースでキャンターの調整で、23日と27日に併せて時計を出しています。調教師は「ゲートも受かって、先週から早速仕上げに入っていますが、初めて追い切りをこなした割には悪くない内容でした。相手は先週使った馬だし、それを考えれば十分だと思います。まだ全体的に緩い所はありますが、デビューまで追い切りをこなしていけば体も変わってくると思うので、阪神開催の新馬戦を使える様にやっていきたいと思います。これから頭数が多くなると思うので、3週目あたりから登録していく方が良いと思います」と話しています。
11/02/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手27栗坂良    56.4- 41.4- 26.8- 13.3 馬なり余力
    マコトポセイドン(新馬)馬なりを1.4秒先行同入
11/02/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手16栗E不             14.4 ゲート強目
助 手20栗坂良    61.4- 45.2- 29.6- 14.7 馬なり余力
    マコトポセイドン(新馬)馬なりに同入
助 手23栗坂良    57.0- 42.4- 27.5- 13.4 馬なり余力
    パラダイスポイント(三未勝)一杯にクビ先着
11/02/22(2月21日付)
坂路コースでキャンターの調整で、16日にゲート試験を受けて、合格しています。調教助手は「全く手の掛からない馬で、ゲート練習もしっかりこなしてくれていたので、早速16日に試験を受けてみましたが、しっかり出てくれて無難に合格しました。ブライアンズタイム産駒にしては脚長でとても良い馬体をしているので、これからの追い切りでさらに良くなってくれると良いね。状態を見て、これから時計を出し始めていこうと思います」と話しています。
11/02/17≪最新情報≫
17日にゲート試験を受けて、合格しました。
11/02/15(2月14日付)
9日に栗東・鮫島厩舎へ入厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教助手は「ここまで時間が掛かった割には、なかなか良い馬体をしているし、しっかり乗り込めていたみたいだね。坂路で乗った後にゲート練習をやっているけど、出もしっかりしているし、今の感じなら試験までそう時間は掛からないと思うよ。気も素直だし、出が速くなったら、すぐ試験を受ける予定で行こうと思います」と話しています。
11/02/09≪最新情報≫
9日に栗東・鮫島厩舎へ入厩しました。
11/02/08(2月7日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分と、本馬場でダク1,200m、キャンター1,800m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場担当者は「順調に乗り込んでいます。特に心配はありません」と話しており、確認した調教師の指示で、9日に栗東・鮫島厩舎へ入厩する予定になりました。
11/02/08≪最新情報≫
9日に栗東・鮫島厩舎へ入厩する予定になりました。
11/02/01(1月31日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分と、本馬場でダク1,200m、キャンター1,800m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場担当者は「坂路で15−15を始めています。ここまで順調に来ていますので、この調子で進めて行きたいと思います」と話しています。
11/01/25(1月24日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分と、本馬場でダク1,200m、キャンター1,800m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場担当者は「先週は坂路で17−17を乗っています。これくらいでしたら十分動けますので、今週から15−15も進めていきたいと思います」と話しています。
11/01/18(1月17日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分と、本馬場でダク1,200m、キャンター1,800m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場担当者は「坂路で18秒前後のところまで乗り込んでいます。今のところ問題はありませんので、このまま進めていきます」と話しています。
11/01/11(1月10日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分と、本馬場でダク1,200m、キャンター1,800m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場担当者は「キャンター中心にですが、年明けからは坂路にも入れて進めています。特に問題は無さそうですので、このまま乗り込んで行きます」と話しています。
10/12/27(12月25日付)
予定通り21日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動となると、到着後は軽めの調整を行っています。牧場担当者は「無事に到着しました。来たばかりですが、天栄でも速い調教を行っていた様ですので、様子を見ながら進めていきます」と話しています。
10/12/21(12月20日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられています。牧場長は「変わらず動きは良いですよ。十分乗り込めているし、あとは栗東の近くに移して、仕上げに入ることになると思います」と話しており、確認した調教師の指示で、21日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定になりました。
10/12/21≪最新情報≫
21日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。
10/12/20≪最新情報≫
21日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定になりました。
10/12/14(12月13日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「元々気持ちが前向きな馬ですが、積極的に乗り込みを進めて、動きに素軽さが加わってきた感じです。調教師の指示もあり、今週から本格的にゲート練習もやっていきます」と話しています。
10/12/07(12月6日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「まだ多少モタつき気味ですが、併せ馬をしっかりやっている効果もあって、単走でもだいぶ動けるようになってきました。この調子で良くなって欲しいところですね」と話しています。
10/11/30(11月29日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「脚元などの不安は無いんですが、まだ乗り込み不足なのか、一頭になるとフワフワする面があるので、引き続き併せ馬中心に進めていきたいと思います」と話しています。
10/11/23(11月22日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「まだ動きが重い感じで、ピリッとしない面がありますが、週末に併せ馬でビシッとやりましたので、これで変わってくると思います。今は脚元の心配も無いですし、このまま続けていきます」と話しています。
10/11/16(11月15日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「調教の具合は悪くないんですが、まだいくらかズブい感じに映るので、今後は併せ馬もやりながら、気持ちを前に向けていきたいと思います」と話しています。
10/11/09(11月8日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週は状態を見る意味で、15−15まで進めてみました。まだ体力が伴っていない分、速いところへ行くと、ハミ受けがもう一つで、終いもモタついた感じでした。やはり現時点ではもう少し乗り込みが必要でしょう」と話しています。
10/11/02(11月1日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「先週から徐々にピッチを上げています。乗り込みつつ動きも良くなっているし、馬体も戻って全体的にピリッとしてきた印象です。速い調教に備えて、しっかり乗り込みを続けていきたいと思います」と話しています。
10/10/26(10月25日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も坂路中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「長めをじっくり乗りながら、馬体に締まりが出てきましたし、それに伴って動きにも徐々に素軽さが加わってきた感じです。この状態でしたら、少しずつ進めていけると思います」と話しています。
10/10/19(10月18日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は坂路中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「角膜の外傷も癒えて、先週からキャンターの調教を始めています。馬体の回復を見ながらですが、ひと息入った影響も無さそうなので、このまま様子を見て進めていきます」と話しています。
10/10/12(10月11日付)
天栄ホースパークでキャンターの調教を付けられていましたが、左眼に外傷を負った為、大事を取って馬房で休ませています。牧場長は「角膜部分の外傷ですが、それ程心配ありません。このまま休ませて治療すれば良くなってくるでしょう。すぐに調教に戻せると思います」と話しています。
10/10/05(10月4日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「じっくり乗り込んで来て、馬体はだいぶスッキリしてきましたが、まだ良化途上といった感じですね。ペースアップに関しては、もう少し様子を見たいと思います」と話しています。
10/09/28(9月27日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「我慢の調教を続けていますが、脚元の負担を考えると、やはりここはしっかり馬体を戻してあげてから、進めた方が良いでしょう」と話しています。
10/09/21(9月20日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「もっと気持ちの面でピリッとしてくれば、馬も変わってくると思いますが、脚元の状態もありますし、もう少し様子を見ながら乗っていきます」と話しています。
10/09/14(9月13日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「これ位のペースでは問題無いんですが、馬体が緩んでいる状態で進めても、脚元に負担が掛かってしまうので、もう少しじっくり乗っていった方が良いと思います」と話しています。
10/09/07(9月6日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「様子を見ながら徐々にペースを上げています。まだ全体的に緩いし、状態としてはこれからですが、脚元の方は大丈夫そうなので、この感じで少しずつ進めていければと思います」と話しています。
10/08/31(8月30日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「楽をさせていることもありますが、脚元もこの馬なりに落ち着いていますし、徐々に良い方向には向かっていると思います。週末にはもう少し進めてみて、その後は状態次第ですね」と話しています。
10/08/26(8月25日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「一時期に比べると、脚元は良くなってきていますが、ペースを上げていくには、しっかり固まらないといけません。ここはもう少し時間を掛けてやっていきます」と話しています。
10/08/17(8月16日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「思ったより長引いていますが、脚元の状態は平行線といった感じです。少し踏み込みに甘いところがあるので、前に負担が掛かっているのかもしれません。現時点ではこのまま良化を待つしかないですね」と話しています。
10/08/10(8月9日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「見た感じは落ち着いているんですが、まだ脚元が固まっていない段階で、今の状態で焦ってやって悪くしても意味がありません。もう暫く様子を見ながら乗っていきます」と話しています。
10/08/03(8月2日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「軽く乗る分には問題無いんですが、引き続き脚元を見ながらですね。まだペースを上げるのは不安が残るので、もう少し我慢の調教を続けます」と話しています。
10/07/27(7月26日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「楽をさせて脚元は良くなっているんですが、まだいくらか疲れが残っている感じなので、先週も無理をしませんでした。もう少し様子を見た方が良いかもしれません」と話しています。
10/07/20(7月19日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「先週は少し調教を控えましたが、その効果もあって、脚元の疲れはだいぶ抜けてきました。状態を見ながらですが、徐々にペースを戻していきたいと思います」と話しています。
10/07/13(7月12日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「ここへきて少し両前脚に疲れが出ている感じです。歩様には影響無い程度なので、緩めず乗っていますが、今後の状態次第では一旦ペースを落とすかもしれません」と話しています。
10/07/06(7月5日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まだ馬体に余裕がある分、動きを見るとモッサリした感じにも映るので、もう少しじっくり乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
10/06/29(6月28日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「馬体的には平行線といった感じですが、脚元も落ち着いていて、しっかり長めも乗れていますので、このまま続けていけば変わってくると思います」と話しています。
10/06/22(6月21日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「様子を見ながら進めていますが、まだ全体的に緩い感じに映りますね。今の状態でやり過ぎても、脚元に負担が掛かってしまうので、もう少し時間を掛けてやっていきます」と話しています。
10/06/15(6月14日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「馬体は戻りつつありますが、まだ緩い面が残っているので無理はしていません。先々は動いてくると思いますが、現時点では成長を促す意味で、もう少し我慢して乗っていきます」と話しています。
10/06/08(6月7日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「歩様はほぼ正常に戻っています。軽めにした影響で、もう少し馬体に締まりが欲しいところなので、暫くはじっくりやっていきますが、奥手のタイプでこれから変わってくる馬でしょうから、この時期に調教のレベルが多少前後しても、将来的には問題無いと思います」と話しています。
10/06/01(5月31日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右トモの歩様が気になった為、軽めの調整に留めて経過を確認しており、牧場長は「まだ歩様は完全な状態とは言えませんが、ひと息入れてだいぶ落ち着いてきました。もう少し様子を見て問題無い様なら、ペースを戻していきたいと思います」と話しています。
10/05/25(5月24日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週末から坂路にも入れて進めていましたが、どうも右トモの歩様が良くありません。検査では問題無いので、一時的なものだと思いますが、経過を見る意味で、今週は少しペースを落とす予定にします」と話しています。
10/05/18(5月17日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も本馬場中心に22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「これからの馬なので、無理させていませんが、徐々に動けるようになってきました。じっくり乗り込んでハミ受けもしっかりしてきたし、むしろ夏を越せばもっと良くなるのではないでしょうか」と話しています。
10/05/11(5月10日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場中心に22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「脚元も落ち着いて気配も悪くないんですが、まだ全体的に緩い感じに映ります。調教師からもパワーアップを図るように言われていますので、もう暫くは長め中心に乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
10/05/04(5月3日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「ペース的にはこれからですが、歩様に違和感も無くなり、走りもだいぶスムーズになってきました。ひと息入ったことで馬に余裕も出てきましたから、状態としては悪くないと思います」と話しています。
10/04/27(4月26日付)
天栄ホースパークで軽めの調教を行うと、24日に行われた天栄ホースパーク調教見学会でも坂路でキャンターの調教を行っています。矢野進元調教師「昨秋はちょうど疲れが出ていた時期に見たこともありますが、今はすっかり回復して、良く見えます。馬は良い具合に成長しています」と話しています。
10/04/20(4月19日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。左トモの歩様が気になった為、軽めの調整に留めて様子を見ており、牧場長は「歩様は完全に戻ったとは言えませんが、楽をさせてだいぶ落ち着いてきました。もう少し様子を見て問題無ければ、また進めていけると思います」と話しています。
10/04/13(4月12日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「ここへきて疲れが出てきたのか、少し左トモの歩様が気になります。検査でははっきりした原因が掴めないので、一時的なものかもしれませんが、経過を見る意味で、一旦楽をさせる予定です」と話しています。
10/04/06(4月5日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「体調も回復して状態は良くなっていますが、今はしっかり力を付ける大事な時期ですし、多少奥手な面もありますので、無理せずじっくり進めていきます」と話しています。
10/03/30(3月29日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「多少煩い面はありますが、調教では前向きな走りを見せていますし、体調面もまずまずの状態を維持しています。これから変わってくる馬だと思います」と話しています。
10/03/23(3月22日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「体調面には注意を払っていますが、比較的落ち着いているようです。フットワークもスムーズですし、馬体も垢抜けしていて、良い雰囲気ですね」と話しています。
馬名が「シルクエスティーム」Silk Esteem(冠名+尊敬)に決定しました。
10/03/16(3月15日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「こちらに来た当初から馬体の出来が素晴らしく、良い印象を持っていました。ここへきて時々熱発することがあり、体調を見ながらの調教ですが、この時期の2歳馬だけにしょうがないですね。これでしっかり体力が付いてくれば、楽しみな馬になりますよ」と話しています。
09/10/19≪最新情報≫
17日に天栄ホースパークへ移動しています。
09/10/16≪最新情報≫
17日(土)に天栄ホースパークへ移動する予定になりました。