シルキールンバ
牝馬、鹿毛、06/04/11生
父:タニノギムレット、母:シルキーグランス、母の父:Kingmambo
厩舎:藤原英昭(栗東)→大竹正博(美浦)、生産:山岡ファーム
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
10/09/10≪最新情報≫
10日(金)付けで引退となりました。
10/09/09(9月8日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。レース後調教師は「降級してもレース内容に変わりが無いのは不満だね。このクラスだったらもっと先行できる筈だし、勝ち馬以外に差は無いと思ったんだけど・・調子が良くてこの結果だからね。それに、もう一つクラスが下がってC3で2勝目をあげても、中央500万では苦しいんじゃないかな」と話しています。これを受けて、今後について検討を行った結果、近走のレース内容を総合的に判断して、誠に残念ではございますが、9月10日付けで引退扱いとし、10月末日付けの精算をもって当ファンドを解散することと致します。また、中央再登録を前提に競走を続けてまいりましたが、中央再ファンドにつきましても、これにより行わないことと致します。尚、本馬は馬体面や体調面の問題は無く、このまま地方競馬で競走を続けていくことになっておりますので、地方競馬競走馬登録の抹消は行いません。
10/09/02(9月1日付)
1日の園田7R・C2一・D1,400mに出走して、7着でした。スタートを決めて、道中は3番手でレースを進めましたが、3コーナー手前で早くも流れに乗れなくなると、8番手に後退して4コーナーを回りました。そして直線でも伸び脚は無く、バテた馬を交わしただけに終わっています。レース後特に不安は無い様ですが、降級してもレース内容に変わりがないことから、近走のレース内容も含めて、今後について検討を行っています。
10/09/02≪レース結果≫9月1日出走
園田7R C2一   [D1,400m・11頭]7着[2人気]

吉村騎手「スタートは速かったんですけど、外の馬の方が速かったので、あの位置での競馬になりました。無理せずに行っている割には、勝負所での反応がもう一つでしたね」
10/09/02≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、近走のレース内容を考慮して、今後について検討を行っています。
10/08/31≪出走情報≫9月1日出走
園田7R C2一(D1,400m)
11頭3枠3番 54kg 吉村      発走14:10
今回からC2クラスに降級となると、中間はいつも通り時計を出さず馬体の維持に努めており、調教師は「朝晩が幾分涼しくなって、馬体の調整が楽になってきました。状態は悪くないだけに、あとは流れ一つだと思います。降級戦だけに前走度外視で期待したいと思います」と話しています。
10/08/30≪出走予定≫
1日の園田・D1,400m[54 吉村]
10/08/26(8月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「今のところ次開催を予定しています。いつも通り馬体を戻すことを重点に進めています」と話しています。
10/08/19(8月19日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「レース後に少し疲れが見えるので、軽めで様子を見ています。今開催は使わず、9月初旬からの次開催へ向かいたいと思います」と話しています。
10/08/12(8月11日付)
11日の園田6R・D1,400mに出走して、9着でした。ゲートは普通に出ましたが、道中は流れに乗れず最後方からの競馬になると、そのまま前との差を詰められずに4コーナーを回りました。そして、直線に向いても伸び脚は無く、離れたシンガリでゴールしています。レース後特に不安は無い様ですが、次走は未定です。尚、現級で3走連続着外となりましたので、次走からC2へ降級となります。
10/08/12≪レース結果≫8月11日出走
園田6R C1 [D1,400m・9頭]9着[6人気]

田中騎手「最後は無理していません。これでクラスが下がるので、また頑張ってくれると思います」
山口師「最初は気合いを付けて良い位置で競馬できたけど、流れが速くなると付いて行けなかったね。でも、これでクラスが下がるから、次は期待できると思います」
10/08/10≪出走情報≫8月11日出走
園田6R C1 (D1,400m)
9頭7枠7番 54kg 田中         発走13:35
前走後もじっくりと時間を掛けて調整されると、今開催での出走を決めており、調教師は「馬は元気ですし、順調に来ています。馬体も戻ってきて、状態は良いと思います。近走冴えませんが、前半でもう少し流れに乗れる様なら、もっとやれて良い筈です」と話しています。
10/08/09≪出走予定≫
11日の園田・D1,400m[54 田中]
10/08/05(8月4日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「来週のレースを考えていますが、もう少し馬体をフックラさせたいところなので、直前の気配を見て最終的に決めます」と話しています。
10/07/29(7月28日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「体の戻りが遅かったので、今開催は無理しませんでした。今のところ、次開催を目標に進めています」と話しています。
10/07/22(7月21日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「前走は馬場が合わなかったですね。もう少しやれても良いと思うのですが、このクラスでは少し厳しいかもしれませんね。それでもクラスが下がってくれれば、またチャンスはあると思います。直前の様子を見て出走を決めていきます」と話しています。
10/07/15(7月14日付)
14日の園田11R・なつつばき賞・D1,400mに出走して、12着でした。スタートはまずまずでしたが、道中は後方からの競馬になると、そのまま前との差を詰められずに4コーナーを回りました。そして直線に向いても最後まで伸びを欠き、シンガリでゴールしています。レース後特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
10/07/15≪レース結果≫7月14日出走
園田11R なつつばき賞C1二[D1,400m・12頭]12着[10人気]
吉村騎手「今日の様な馬場では、前が速くて最後まで追走で一杯でした。良馬場で時計が掛かる馬場なら違った競馬も出来ると思います。状態は良くなっているみたいだし、これから夏にかけて良くなってくるでしょう」
山口師「体もキープ出来ているし、もう少しやれても良いんだけど、今日は馬場も合わなかったみたいだね」
10/07/13≪出走情報≫7月14日出走
園田11R なつつばき賞C1−2組(D1,400m)
12頭5枠6番 54kg 吉村      発走16:40
前走後は間隔を空けて調整され、今開催での出走を決めており、調教師は「使えない訳ではありませんでしたが、馬体を戻す目的で一開催空けました。ここまで馬は順調に来ています。前々で流れに乗れる展開ならば、もっとやれて良い筈です」と話しています。
10/07/12≪出走予定≫
14日の園田・なつつばき賞[54 吉村]
10/07/08(7月7日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。レース後も順調で、本馬場でキャンターの調整です。調教師は「今開催でも使って使えないことは無いんだけど、馬体を戻す意味もあって、無理しませんでした。来週からの次開催で使う予定です」と話しています。
10/07/01(6月30日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。レース後も順調で、本馬場でキャンターの調整です。調教師は「2戦続けて馬体が増えていたのは良かったね。ハリして馬体はしっかりしてきました。状態を見てまた使っていきます」と話しています。
10/06/24(6月23日付)
22日の姫路10R・C1・D1,400mに出走して、9着でした。道中は7番手でレースを進めましたが、向正面で早くも手が動く厳しい展開になり、9番手に後退して4コーナーを回りました。そして直線に向いても伸び脚は無く、順位を上げられないままゴールしています。レース後特に不安はありませんが、次走は未定です。
10/06/23≪レース結果≫6月22日出走
姫路10R C1[D1,400m・11頭]9着[7人気]
山口益師「今回も体重増だったように、ササ針してひと息入れてから、馬はしっかりしてきたと思います。使いつつ状態も徐々に上がってきているので、今の感じで使っていければと思います」
10/06/21≪出走情報≫6月22日出走
姫路10R C1(D1,400m)
11頭6枠6番 54kg 下原      発走16:30
前走後も変わりなく調整されており、今開催での出走を決めると、調教師は「馬は順調に来ています。ひと息入れた後を一度叩いて状態は上がっています。すんなり前で流れに乗れると、もっと走れると思います」と話しています。
10/06/17(6月16日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「馬は順調に来ています。今開催は後半へ回りますので、来週の出走予定です」と話しています。
10/06/10(6月9日付)
3日の姫路4R・C1−2組・D1,400mに出走して、5着でした。道中は4番手でレースを進めましたが、勝負処での反応が悪く、5番手に下がって4コーナーを回りました。そして直線ではバテずに追われたものの、順位を上げられないままゴールしています。レース後特に不安はありませんが、次走は未定です。
10/06/04≪レース結果≫6月3日出走
姫路4R C1−2組[D1,400m・7頭]5着[5人気]
吉村騎手「休み明けだったので無理はさせませんでしたが、走り自体は悪くなかったと思います。牝馬だし、これから暑くなるにつれて、良くなってくると思います」
山口益師「使うのをもう少し待った方が良いかとも考えましたが、思っていたより状態が良かったし、体がふっくらしている時に使った方が良いと思いました。これを叩いて、次は良くなってくると思います。また姫路で使う予定で考えています」
10/06/03(6月2日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。3日の姫路4Rに出走を予定しています。
10/06/02≪出走情報≫6月3日出走
姫路4R C1−2組(D1,400m)
7頭6枠6番 54kg 吉村      発走12:20
中間はササ針を施してリフレッシュを図ると、状態面などを検討して、今開催での出走を決めており、調教師は「当初は月末あたりになるかなと思っていましたが、乗り出してからの状態も良く、馬体も少しフックラ見せる様になったので、ここを使ってみることにしました。乗り出してからは15−15中心ですが、前走より良い状態で出走できるので、変わり身に期待します。メンバー的にも、前々で流れに乗れる展開になれば良いと思います」と話しています。
10/06/01≪出走情報≫6月3日出走
姫路4R C1二[D1,400m・7頭]54kg 吉村
10/05/27(5月26日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で軽めの調整です。調教師は「ササ針をしてから、軽めのところを乗り出しました。これで馬体も増えてくれれば良いですね。徐々にペースアップしていきます」と話しています。
10/05/20(5月19日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「今週使うつもりでいましたが、直前の動きがもう一つだったことと、馬体の戻りが遅かったので回避しました。このままやっても変わってこないし、リフレッシュを図る目的で、今週軽いササ針を行いました。ひと息入れて馬体も回復するだろうし、姫路開催の最後辺りを目標に調整を進めていきたいと思います」と話しています。
10/05/13(5月12日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「いつも通り馬体を戻しながらの調整です。具体的な番組は未定ですが、今のところ来週のレースを考えています」と話しています。
10/05/06(5月5日付)
29日の園田7R・C1−2組・D1,400mに出走して、5着でした。今回は後方からの競馬になると、勝負処でも反応が悪く、最後方で4コーナーを回りました。そして直線を向くと、外からジリジリ差を詰めていますが、上位を窺うことは出来ませんでした。レース後特に不安はありませんが、次走は未定です。
10/04/30≪レース結果≫4月29日出走
園田7R C1−2組[D1,400m・8頭]5着[5人気]
田中騎手「前走までは右にモタれる所がありましたが、今回は最後までスムーズに走ってくれました。今日は、少し流れが速かったこともありますが、最後までしっかり走っていたし、クラス慣れしてくればもっと走ってくると思います」
10/04/29(4月28日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「変わりなく順調です」と話しており、29日の園田・D1,400mに出走しています。
10/04/28≪出走情報≫4月29日出走
園田7R C1−2組(D1,400m)
          8頭1枠1番 54kg 田中      発走14:20
前走後も変わりなく調整を進め、今開催での出走を決めており、調教師は「順調に来ています。先行してどこまで粘れるかですが、当日に馬体が増えていれば、粘りも違ってくるでしょう。中間もそのあたりを意識して調整しています」と話しています。
10/04/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26西脇良       59.2- 43.3- 29.2 馬なり
10/04/27≪出走予定≫
29日の園田・D1,400m
10/04/22(4月21日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「順調です。今のところ来週のレースを予定しています」と話しています。
10/04/15(4月14日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は
「使った後も変わりありません。また、しっかり馬体を戻してあげて、使って
いきたいと思います」と話しています。
10/04/08(4月7日付)
7日の園田8R・C1牝馬・D1,400mに出走して、7着でした。ダッシュ良く2番手でレースを進めましたが、勝負処での反応が鈍く、5番手に後退して4コーナーを回りました。そして、そして直線に向いても巻き返す事が出来ず、後方に敗れています。レース後、特に不安はありませんが、次走は未定です。
10/04/08≪レース結果≫4月7日出走
園田8R C1牝馬   [D1,400m・9頭]7着[1人気]
山口益師「いつもはハミをガチっと噛んでくれる馬が、全くハミを取ってくれませんでした。状態は悪くなかったし、今日はどうしたのかな・・」
10/04/06≪出走情報≫4月7日出走
園田8R C1牝馬(D1,400m)
9頭8枠9番 54kg 田中      発走14:20
格上初戦でまずまずの内容を見せた前走後も変わりなく、今開催での出走を決めており、調教師は「中間はいつも通り馬体を戻すことに専念してますが、出来落ちは無いですし、状態をキープしています。今回も牝馬限定戦ですし、相手関係からも、上手く流れに乗れれば良い競馬が出来ると思います」と話しています。
10/04/01(3月31日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。レース後も順調で本馬場でキャンターの調整です。調教師は「特に不安もありません。また馬体を戻して、様子を見ながら使っていきます」と話しています。
10/03/25(3月24日付)
24日の園田4R・D1,400mに出走して、4着でした。道中は4番手でレースを進めましたが、勝負処で押っ付け気味の追走になり、5番手で4コーナーを回りました。そして直線ではバテずに追われたものの、上位を窺う脚は無く、最後は流れ込むようにゴールしています。レース後特に不安は無いようですが、次走は未定です。
10/03/25≪レース結果≫3月24日出走
園田4R C1牝馬  [D1,400m・8頭]4着[3人気]
山口益師「プラス体重で出走出来たし、レースでもこの馬としてはよく頑張ってくれていますよ。ただ、今日は不良馬場が全てですね」
10/03/23≪出走情報≫3月24日出走
園田4R C1牝馬(D1,400m)
8頭3枠3番 54kg 田中      発走12:55
前走快勝後は意識的に間隔を空けて調整され、検討の結果、今開催での出走を決めており、調教師は「前走後は馬体を戻すことに専念して、追い切りも馬なりでこなしています。状態は変わりなく好調をキープしていますが、今回はC1への昇級戦になりますので、相手関係がポイントですね。いつもそうですが、プラス体重で出走できれば良いのですが」と話しています。
10/03/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19西脇稍    57.8- 40.2- 26.8- ---  馬なり
10/03/18(3月17日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「馬体を戻しながらの調整です。また様子を見て使っていきます」と話しています。
10/03/10(3月8日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「勝った後も変わりなくきています。様子を見ながらまた使っていきます」と話しています。
10/03/03(3月1日付)
24日の園田7R・D1,400mに出走して、優勝しました。出脚良く前を窺いますが、無理せず先頭から離れた4番手でレースを進めると、勝負処で差を詰めながら3番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われ、渋太い伸び脚を見せて先頭に立つと、そのまま押し切って勝利を飾っています。レース後特に不安はありませんが、次走は未定です。
10/02/26≪レース結果≫2月24日出走
園田7R C2一組[D1,400m・12頭]優勝[2人気]
     単 勝 04     320円
     複 勝 04     110円
     枠連複 4-7    520円
     馬連複 04-09    540円
     馬連単 04-09   1,450円
     ワイド 04-09    310円
         04-11   1,170円
     三連複 04-09-11 2,230円
     三連単 04-09-11 9,310円
山口益師「勝ってくれて正直ホッとしました。メンバー的にも今日は負けられないくらいの気持ちでいました。馬体は相変わらず増えてこないけど、引き続き好調をキープしていますので、また状態を見て使っていきます」
10/02/24(2月22日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、変わりなく調整を続けており、24日の園田・D1,400mに出走しています。
10/02/23≪出走情報≫2月24日出走
園田7R C2−1組(D1,400m)
12頭4枠4番 54kg 田中      発走13:50
前走後は意識的に間隔を空けて調整されると、今開催での出走を決めており、調教師は「1ヶ月程度は間隔を空けることも考えていましたが、状態が変わりないので、ここを使うことにしました。中間は馬なりの調教で、それほど負荷は掛けていませんが、これで走れる馬なので問題ありません。あとは当日の馬体重ですね。少しでも増えてくれれば、最後の頑張りも違ってくるでしょう。こちらに来て4戦目、そろそろ決めて欲しいと思っています」と話しています。
10/02/22≪出走予定≫
24日の園田・D1,400m[54 田中]
10/02/17(2月15日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「速いところは乗らずにキャンター中心のメニューですが、変わりなく来ています。もう少し間隔を空けようと思っていましたが、状態が引き続き良いですし、能力的にはこのクラスは勝てる馬なので、来週使ってみることも考えています」と話しています。
10/02/10(2月8日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。レース後も順調で、角馬場で軽めの調整です。調教師は「前走はよく頑張っていましたけどね。ただ、中間慎重に調整した割に、また馬体重が減っていました。この後は少し間隔を空けて、馬体を戻したいと思います」と話しています。
10/02/03(2月1日付)
2日の園田7R・D1,230mに出走して、4着でした。道中は気合を付けながら6番手でレースを進めると、徐々に前との差を詰めに掛かり、5番手で4コーナーを回りました。そして直線では、この馬なりに伸びているものの、前も止まらない展開で、勝ち負けの争いには加われませんでした。レース後特に不安はないようですが、次走は未定です。
10/02/03≪レース結果≫2月2日出走
園田7R C2[D1,230m・12頭]4着[3人気]
山口益師「よく頑張ってくれたけど、今回も馬体が減っていたように、それだけが気がかりだね。この後は少し間隔を空けて、月末の開催にしようと思います」
10/02/01≪出走情報≫2月2日出走
園田7R C2(D1,230m)
12頭6枠7番 54kg 板野      発走14:05
前走後も変わりなく調整を続け、今開催での出走を決めており、調教師は「前走はゲートも上手く出て前で競馬が出来たけど、3コーナーあたりで揉まれたのが痛かったです。それに牝馬限定戦だからチャンスだと思っていましたが、逆にメンバーが揃ってしまったので、今回は一般戦へ回ることにしました。中間、追い切りは行わず、体を戻すことに専念していますが、体調は変わりありません。スムーズな競馬が出来れば何とかなると思っています」と話しています。
10/01/27(1月25日付)
20日の園田8R・D1,400mに出走して、5着でした。出鞭を入れて前を窺い、道中は3番手でレースを進めると、3コーナーすぎも気合を付けながら流れに乗り、先行集団の一角で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、順位は上げられなかったものの、この馬なりに粘りを見せています。レース後特に不安はありませんが、次走は未定です。
10/01/21≪レース結果≫1月20日出走
園田8R C2牝馬[D1,400m・12頭]5着[6人気]
山口益師「今日は揉まれちゃったね。最後までよく頑張っているんだけど、厳しいレースになってしまったね。また調整して使っていきます」
10/01/20(1月18日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、17日に時計を出しており、20日の園田8Rに出走しています。
10/01/19≪出走情報≫1月20日出走
園田8R C2牝馬(D1,400m)
12頭7枠9番 54kg 板野      発走14:20
コンスタントに使われていますが、体調面は変わりなく、今週出走することになり、調教師は「前走馬体が減っていたので、中間は戻すことに専念しましたが、変わりなく順調に来ています。使いつつレース振りは良くなっているし、このクラスでしたら能力的にも十分チャンスはある筈です」と話しています。
10/01/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17西脇良       54.7- 41.5- 27.2 馬なり
10/01/18≪出走予定≫
20日の園田・C2牝馬[54 板野]
10/01/13(1月11日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。レース後も順調で本馬場でキャンターの調整です。調教師は「前走は、スタートしてすぐに前をカットされる不利があった分、流れに乗れなかったのが痛かったですね。それでも一度使って動きも良くなったし、前回の内容ならすぐに勝ち負けしてくれると思います」と話しています。
10/01/06(1月4日付)
1日の園田5R・D1,400mに出走して、2着でした。道中は5番手でレースを進めると、3コーナーから徐々に押し上げて、3番手で4コーナーを回りました。そして直線を向くと、勝ち馬に詰め寄る事は出来ませんでしたが、最後まで粘りを見せて、2着を確保しています。レース後特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
10/01/04≪レース結果≫1月1日出走
園田5R C2三   [D1,400m・9頭]2着[3人気]
     複 勝 04     110円
     枠連複 4-8    400円
     馬連複 04-08    340円
     馬連単 08-04    640円
     ワイド 04-08    180円
         02-04    200円
     三連複 02-04-08  430円
     三連単 08-04-02 1,640円
山口益師「今日は勝てると思ったのですが。ただ、馬体重の-6kgは意外でした。もう少しふっくらしても良いですね」
09/12/28(12月28日付)
西脇・山口益巳厩舎在厩。レース後も順調で本馬場でキャンターの調整です。調教師は「馬体はもう少しあると思っていたけどね。もっとフックラすれば良いんだけど。調教でもまだ馬なりで、速いところをこなしていなかったので、使った次はピリッとしてくると思います。年末か年明けの開催で使えるようにしておきます」と話しており、今のところ1月1日の園田で出走を予定しています。尚、出走確定については「地方競馬情報サイト(www.keiba.go.jp)」をご覧下さい。また今回の出走については、出走情報の更新および口取りの受け付けは行いませんので、予めご了承下さい。
09/12/28≪出走予定≫
1日の園田競馬
09/12/23(12月21日付)
16日の園田3R・D1,400mに出走して、6着でした。まずまずのスタートを切り、5番手で向正面に出ると、勝負処で気合を付けて押し上げ、3番手で4コーナーを回りました。しかし直線では懸命に追われても、思った程の粘りは無く、最後は流れ込むようにゴールしています。レース後特に不安はなく、次走は、年末の開催を予定しています。
09/12/17≪レース結果≫12月16日出走
園田3R C2四   [D1,400m・12頭]6着[3人気]
板野騎手「煩いところがあったので、落ち着かせるように走らせました。道中は良い感じで走っていたし、追い出してからもスッと反応してくれました。ただ、今日は突き抜けるだけのスタミナが無かったです」
09/12/16(12月14日付)
兵庫・山口益巳厩舎在厩。馬なり中心のメニューで変わりなく調整を続けており、16日の園田・D1,400mに出走しています。
09/12/15≪出走情報≫12月16日出走
園田3R C2四(D1,400m)
12頭1枠1番 54kg 板野       発走11:50
西脇トレセンへ早めに入厩して、じっくりと調整を続けると、今開催で地方移籍初戦を迎えることになり、調教師は「追い切りは馬なりで、馬体作りを優先しています。ここまで特に問題無くきていますし、良い状態でレースへ向かえそうです。初戦だけに使ってみないと何とも言えない部分はありますが、良い競馬を期待しています」と話しています。
09/12/14≪出走予定≫
16日の園田・D1,400m[54 板野]
09/12/09(12月7日付)
兵庫・山口益巳厩舎在厩。西脇トレセンでキャンターの調整です、調教師は「能検後も変わりなくきています。ただ、もう少しフックラ馬を作りたいところですね。15日からの開催で使う予定です」と話しています。
09/12/02(11月30日付)
兵庫・山口益巳厩舎在厩。西脇トレセンでキャンターの調整です、20日に能力試験を受けて合格しています。西脇トレセンのD1,200m、9頭立ての7位入線で、時計は1.23.4となっています。調教師は「無理していないので、時計はあまり気にしないで良いと思います。今のところ、12月中旬頃のレースを予定していますので、それまでしっかり馬体を作っておきます」と話しています。
09/11/25(11月23日付)
兵庫・山口益巳厩舎在厩。西脇トレセンでキャンターの調整です。調教師は「週1本15−15を入れています。馬体的には問題ありませんが、これから追い切り、レースをこなすとなると、もう少しフックラさせてあげたいところですね。今のところ順調なので、このまま進めていきます」と話しています。
09/11/18(11月16日付)
兵庫・山口益巳厩舎在厩。西脇トレセンでキャンターの調整です。調教師は「変わりなく順調ですね。15−15も入れていますので、このまま能検に向けて進めていきます」と話しています。
09/11/11(11月9日付)
兵庫・山口益巳厩舎在厩。西脇トレセンでキャンターの調整です。調教師は「引き続きキャンター中心のメニューです。もう少し馬体を増やしても良いんじゃないかな。まだ細く映るし、もっとしっかりさせた方が良いと思います」と話しています。
09/11/04(11月2日付)
西脇・山口益巳厩舎在厩。西脇トレセンでキャンターの調整です。調教師は「登録前なので、能力検査などの予定は決めていませんが、細身の牝馬でゆっくり調教できるのは、却って良いかもしれません。もう少しフックラさせても良いと思います」と話しています。尚、募集は終了しておりますので、近日中に登録の手続きを行うことになっています。
09/10/28(10月26日付)
西脇・山口益巳厩舎在厩。9月30日に中央登録を抹消した後、一旦天栄ホースパークへ移動して、10月9日に西脇トレセンへ移動しています。到着後はキャンター中心のメニューで、調教師は「馬体が減っているようなので、しっかり戻してあげたいと思います。良いスピードがあるようですし、素質的にも楽しみだと思います。会員さんの募集が終わって、馬の登録が済んだら、早い時期に能力検査を受けたいと思っています」と話しています。現在、地方再ファンドの募集を行っています。締め切りは30日(金)必着となっておりますので、ご検討中の元出資会員の皆様には、お早めにお申し込み下さいますようお願い申し上げます。
09/10/07(10月5日付)
中央再ファンドを前提に、地方へ移籍(地方再ファンド)することとなり、30日に抹消の手続きが取られています。尚、出資会員の皆様には、10月中旬を目処に地方再ファンドのご案内をお送り致します。
09/09/30(9月28日付)
先週9着でした。好スタートから、道中は4番手でレースを進めると、3コーナーすぎも好位の内で流れに乗り、まずまずの手応えで4コーナーを回りました。しかし直線では思った程の粘りは無く、最後は末脚を無くして後退しています。レース後、特に不安は無い様ですが、レース内容を考慮して検討した結果、中央再ファンドを前提に、地方へ移籍(地方再ファンド)することと致します。30日に抹消の手続きが取られる予定となっています。尚、出資会員の皆様には、後日地方再ファンドのご案内をお送り致します。
09/09/30≪最新情報≫
30日に抹消の手続きが取られています。
09/09/29≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、レース内容を考慮して、このまま引退させる方向で検討に入っています。尚、再ファンドを前提とした地方移籍を検討しています。
09/09/28≪レース結果≫9月26日出走
中山6R 3歳未勝利(混) [芝1,600m・16頭]9着[5人気]
横山典騎手「調教でも乗っていましたが、気性的に難しいところのある馬ですからね。1,2戦の時は大人しくて、大丈夫かなと思うところもあったけど、今日は思った通りテンションが高くなってきました。それでもゲートは上手く出ていたし、競馬も形にはなっていたけど、前回、短いところを使った後だけに、3,4コーナーでは仕掛けて行かないとハミを取らなくなってしまいました」
大竹師「初めての坂だったせいか、直線では反応がなくなってしまったようです。直線でも窮屈になってしまいましたね」
09/09/25≪出走情報≫9月26日出走
中山6R 3歳未勝利(混) (芝1,600m)
16頭2枠3番 54kg 横山典     発走13:00
美浦に帰厩後は輸送熱が見られたものの、幸い大事には至らず今週出走する事になり、調教師は「体調は元に戻りましたし、馬体重もキープ出来ています。今週の動きも申し分なかったですよ。1,600mではちょっと長いかもしれませんが、非力なのでダートより芝の方が良いでしょう。前走では、ゲートも出るようになりましたし、レース振りは着実に上向いています」と話しています。
09/09/24≪出走情報≫9月26日出走
中山6R 3歳未勝利(混) [芝1,600m・16頭]54kg 横山典
09/09/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24南W良 88.7- 69.7- 54.3- 39.6- 13.1 仕掛内追走同入
09/09/23(9月21日付)
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「熱はもう下がりました。ただ、咳が出ているので、吸入をしています。今のところ体重はコントロールできています」と話しており、動きや状態次第で今週の出走を検討しています。
09/09/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21南W良    72.8- 56.9- 41.6- 13.2 馬也単走
09/09/23≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/09/16(9月14日付)
10日に美浦へ帰厩しています。調教師は「久々の分、道中の行きっぷりがもう一つでしたが、スタートは良くなりましたね。ここに来て、競馬でも調教でも我慢することを覚えてきたようです。この後は芝1,200mの番組がないんですよね。1,600mでは長いでしょうし、1,000mに対応できるかどうか不安がありますので、次はD1,200mを使うしかないのかなと思っています。こちらに戻ってきて輸送熱が出てしまいました。長引かなければ、それほど問題はないと思いますが、少し様子を見ます」と話しており、次走については今のところ来週を予定しています。
09/09/11≪最新情報≫
10日(木)に美浦へ移動しています。
09/09/09(9月7日付)
先週4着でした。道中は5番手でレースを進めると、3コーナーすぎから気合を付け、5番手で4コーナーを回りました。そして直線では、勝ち負けの争いに加わる事は出来なかったものの、外から渋太く差を詰めて、入着を果たしています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
09/09/07≪レース結果≫9月5日出走
札幌4R 3歳未勝利(混)  [芝1,200m・16頭]4着[10人気]
松田騎手「初芝にしては上々の内容でした。気持ちが前向き過ぎる面があるから、この馬にとって馬体重が16kg増えていたのは、プラスだったと思います」
大竹師「体は良かったし、芝は合っていますね。以前から今日の様な競馬をさせたいと思っていました。この後は美浦へ戻して、中山か新潟のスーパー未勝利へ向かいますが、輸送があるので、今日の馬体をキープ出来るかが鍵になりますね」
09/09/04≪出走情報≫9月5日出走
札幌4R 3歳未勝利(混) (芝1,200m)
16頭6枠12番 54kg 松田      発走12:30
中間は放牧に出てリフレッシュを図ると、来週の交流戦にも入りましたが、予定通り今週の出走を決めており、松田騎手は「乗った感触は悪くないのですが、体が伸び切って走るから、そのぶん追ってビュンと反応しないですね。馬場が硬い影響もあるのかもしれませんが・・」と話し、厩務員は「飼い葉を工夫しているので、何とか食べてくれています。未勝利の番組も残りわずかですから、今回は攻めるだけ攻めています。右前にソエが出かかっていますが、今のところ歩様に影響はありません。追い切り直後の計量で420kg台ですから、このあと飼い葉をちゃんと食べてくれるかが、鍵になりますね。体型的にも短い所は合っていると思います」と話しています。
09/09/03≪出走情報≫9月5日出走
札幌4R 3歳未勝利(混)  [芝1,200m・16頭]54kg 松田
09/09/02(9月1日付)
札幌ダートコースでキャンターの調整で、26日と30日に時計を出しています。調教師は「順調です。札幌に戻ってからも飼い葉は食べているので、馬体はキープ出来ています。先週の時点で428kgでしたが、こっちが思ってる以上に飼い葉を食べてくれているので、430kgに増えました。ただ、ソエはまだ少しありますね。来週の門別に登録して入ったんですが、芝の方が良いでしょうね」と話しており、今週土曜日の札幌・芝1,200mに出走を予定しています。
09/09/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2札ダ良    67.0- 52.3- 39.2- 12.8 一杯外追走0.2秒遅れ
09/09/02≪出走予定≫
土曜日の札幌・芝1,200m[54 松田]
09/09/01≪出走予定≫
土曜日の札幌・芝1,200m
09/08/31≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30札ダ良       60.8- 44.5- 14.5 馬也単走
09/08/26(8月24日付)
北海道・ファンタストクラブでキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、22日に札幌競馬場へ帰厩しています。到着後も特に変わりは無い様で、次走については今のところ、来週を予定しています。
09/08/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26札ダ良       57.5- 43.2- 13.8 馬也単走
09/08/24≪最新情報≫
22日に札幌競馬場へ帰厩しています。
09/08/21≪最新情報≫
22日(土)に札幌競馬場へ帰厩する予定になりました。
09/08/20(8月20日付)
北海道のファンタストクラブで調整中です。ウォーキングマシン40分、屋内ダートと坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「札幌の最終週を目標にしています。当初は函館競馬場へ入れる事を検討していましたが、今くらいの体でレースを迎えたいので、輸送時間の短い札幌競馬場の馬房を現在調整中です」と話しています。
09/08/12(8月10日付)
北海道・ファンタストクラブで調整中です。ウォーキングマシン40分、屋内ダートと坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「先週金曜日と今週火曜日に坂路で時計を出しました。牧場に入厩してきた頃は、元気がありませんでしたが、ここに来て段々と煩くなってきたのは良い傾向だと思います」と話すと、調教師は「月曜日に見てきました。今週戻す事も検討していましたが、牧場でもう1本速い所をやりたいので、来週函館競馬場へ帰厩させる予定です」と話しています。
09/08/05(8月3日付)
北海道・ファンタストクラブで調整中です。ウォーキングマシン40分、屋内ダートと坂路コースを併用し、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「ソエも良くなり、坂路を18−18のペースで2本上げています。良いバネを持っていますし、時期的にも1発勝負になると思いますので、何とか勝たせてあげたいですね」と話しています。
09/07/29(7月27日付)
北海道・ファンタストクラブで調整中です。ウォーキングマシン40分、屋内ダートコースでハッキング2,400mの調教をつけられています。牧場長は「焼烙治療をしながら、ソエはほぼ固まりました。意外に落ち着きのある馬なので、これからフックラしてくると思いますよ。時間に余裕はありませんが、理想はもう30kg増えると良いのですが・・」と話しています。
09/07/22(7月20日付)
北海道・ファンタストクラブで調整中です。ウォーキングマシン40分、屋内ダートコースでハッキング2,400mの調教をつけられています。牧場長は「ソエを気にしている事と、馬体が寂しくなっている事もあり、当初は2?3週間で戻すという予定でしたが、今の状態ではちょっと厳しいですね。大竹調教師には状態を報告しましたので、もう少し時間を掛けて、ソエの治療もしながら固めて、馬体もフックラさせたいと思います」と話しています。
09/07/15(7月13日付)
前走後に調教師は「距離がちょっと長かったみたいですね。それにガサがないから、軽い馬場の方が良いようです。次は芝1,200mか、雨が降るならD1,000mでも良いかと思います。初戦よりは行く気を見せていましたし、良くはなっています。輸送は大丈夫だったので、次に戻す時は函館に入れることになると思います」と話し、7日に北海道・ファンタストクラブへ移動しています。到着後は、屋内ダートコースでハッキング中心に軽めの調教をつけられています。牧場長は「レースのダメージは見られませんでしたが、体を少し戻すため、先週一杯はマシンの運動で楽をさせ、今週から乗り出しました。小柄な牝馬ですから、ビシビシとやる必要はないと思います」と話しています。
09/07/08(7月6日付)
先週11着でした。道中は最後方からの競馬になると、前との差を詰めに掛かりますが、押し上げられずに4コーナーを回りました。そして直線に向いても伸び脚は無く、後方のまま流れ込んでいます。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す事になり、7日に北海道・ファンタストクラブへ移動しています。
09/07/07≪最新情報≫
7日に北海道・ファンタストクラブへ放牧されています。
09/07/06≪レース結果≫7月5日出走
札幌1R 3歳未勝利(牝)[D1,700m・13頭]11着[8人気]
大竹師「距離が長いみたいですね。それに今日の様なパサパサの馬場よりは、もっと軽い馬場の方が良さそうです。乗り役は『初戦より走る気が出てきたよ』と言って、次も乗ると言ってくれました。次は、芝1,200mを試してみたいと思いますが、間隔を空けないと使えないので、一旦短期で出したいと思います」
09/07/03≪出走情報≫7月5日出走
札幌1R 3歳未勝利(牝) (D1,700m)
13頭 54kg 横山典         発走10:40
当初は1週目の出走を予定していましたが、飼い葉の食いが落ちた事なども考慮して、今週に回っており、調教師は「結構行きたがり屋なので、時計はセーブしました。カイバもこの馬なりに何とか食べています」と話し、追い切りに騎乗した国分優作騎手は「結構行きたがりますね。気持ちが出来てきて、体もついてくる様になりました」と話しています。
09/07/02≪出走情報≫7月5日出走
札幌1R 3歳未勝利(牝)[D1,700m・13頭]54kg 横山典
09/07/01(6月30日付)
札幌ダートコースでキャンターの調整で、24日と28日に時計を出しています。調教師は「今は飼い葉食いも回復傾向にあり、使えないこともなかったのですが、横山典弘騎手が阪神に遠征するのと、もう1週待った方が状態も万全になると思い、先週は自重しました。週末に半マイルからやっていて、現在404kgと体重はそんなに変わってないですが、馬体の張りは出てきているので、今週使おうと思っています。牝馬限定戦を横山騎手で押さえてあります」と話しており、今週日曜日の札幌・D1,700m(牝)に出走を予定しています。
09/07/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1札ダ重    72.1- 56.3- 42.3- 14.2 馬也外先行同入
09/07/01≪出走予定≫
日曜日の札幌・D1,700m(牝)〔54 横山典〕
09/06/30≪出走予定≫
日曜日の札幌・D1,700m(牝)
09/06/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28札ダ良       54.0- 40.3- 13.2 馬也単走
09/06/24(6月22日付)
札幌ダートコースでキャンターの調整で、17日に時計を出しています。調教助手は「追い切りは単走でやりましたが、良い動きをしますね。滞在で落ち着きはありますが、もう少しカイバを食べてくれると良いんですけどね」と話し、調教師は「先週の動き自体は良かったんですが、追い切った後、極端に飼い葉を食わなくなってしまいました。時計的にはセーブしたんですが、体に張りがなくなってしまったので、先週は見送りました。ケアして、体の回復に努めたいと思います」と話しています。
09/06/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24札ダ良    73.9- 57.3- 42.6- 13.6 G前仕掛け単走
09/06/18≪出走情報≫
移動後に飼い葉の食いが細くなったこともあり、状態を検討の結果、今週の登録は見送り、来週の出走予定となりました。
09/06/17(6月15日付)
札幌ダートコースでキャンターの調整で、10日に時計を出すと、14日には併せて追い切られています。調教師は「無事に到着しています。体重もなんとかキープできているようです。週末にも時計を出して、今週の追い切りには、都合が付けば横山典弘騎手に乗ってもらいます」と話しており、今週土曜日の札幌・D1,700m(牝)に出走を予定しています。
09/06/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17札ダ稍    70.7- 55.4- 40.3- 12.9 馬也単走
09/06/17≪出走予定≫
土曜日の札幌・D1,700m(牝)〔54 横山典〕
09/06/16≪出走予定≫
土曜日の札幌・D1,700m(牝)
09/06/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14札ダ稍       54.1- 40.1- 13.4 馬也内追走同入
09/06/10(6月8日付)
5日に札幌競馬場へ移動しています。調教師は「競馬の後も順調です。早めに札幌に入って環境に慣らし、飼い食いを促したいと思います。体は使う前ぐらい(410kg)には戻っています。輸送でまた減ると思いますが、次走までにはまだ時間があるので、体重のコントロールはできると思います。札幌1週目のD1,700m(牝)を予定しています」と話しています。
09/06/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10札ダ良    72.7- 58.0- 42.9- 13.6 馬也単走
09/06/03(6月1日付)
レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「競馬の後も変わりないです。今週の木曜か金曜に札幌に積む予定です。早めに行って、環境に馴染ませたいですからね。次走は札幌1週目のD1,700m(牝)を予定しています」と話しています。
09/05/27(5月25日付)
先週9着でした。ダッシュが付かず、道中は離れた最後方からの競馬になると、前との差を詰めながら4コーナーを回りました。そして直線で懸命に追わると、上位を窺う事は出来ませんでしたが、次に繋がる内容でまずまずの伸び脚を見せています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
09/05/25≪レース結果≫5月23日出走
東京1R 3歳未勝利(牝) [D1,600m・16頭]9着[8人気]
大竹師「今回は競馬を教えることを第一に乗ってもらいました。競馬したのは直線だけでしたが、内容は悪くなかったと思います。上がりもケロッとしていて、初めての競馬でも全然応えていません。次は東京で使えるかどうかわからないので、この後は北海道に連れて行くことも考えています」
調教助手「スタートで煽って出遅れてしまいましたね。乗り役も、調教で乗ったときに掛かり気味だったので、慎重に乗ってくれたようです。でも、終いは伸びてきましたね。調教の感じから、あれぐらいの脚は使えると思っていました。思ったより馬も落ち着いていましたし、次は変わってくると思います」
09/05/22≪出走情報≫5月23日出走
東京1R 3歳未勝利(牝) (D1,600m)
16頭8枠15番 54kg 横山典     発走10:10
先週の出走も検討していましたが、フケの症状が見られた為、今週デビューする事になり、調教師は「15日に横山典弘騎手に乗ってもらい、良い感触を持ってもらいました。煩くなる前に競馬を覚えさせた方が良いという助言もあり、今週使う事にしました。今週の動きも良かったですし、やればいくらでも動けそうです。ただ、体を維持しなければならないので、そんなに速い時計は出していません。追い切った後の体重は408kgです。競馬までに410kgぐらいにはなってほしいですが、これぐらいがこの馬には丁度良いコンディションなのかもしれません。420kgぐらいの時は、脂が付いていましたからね。テンションが上がりやすいので、その辺が競馬に行ってどうかでしょう。競馬が嫌にならない内に、早めに結果を出したいですね」と話しています。
09/05/21≪出走情報≫5月23日出走
東京1R 3歳未勝利(牝) [D1,600m・16頭]54kg 横山典
09/05/20(5月18日付)
坂路コースでキャンターの調整で、13日と17日に時計を出しています。調教師は「先週もサラッとやっておきました。動きは良いですし、速いところをやっても全然息が乱れません。ただ、先週フケが来て飼い食いが落ちてしまいました。もうフケは治まりましたが、体が410kgを切るぐらいになってしまったので、もう少し体を戻してから、あまり追い込まない内に使った方が良いでしょう」と話しており、今週土曜日の東京・D1,600m(牝)に出走を予定しています。
09/05/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20南W良 88.8- 71.4- 55.2- 40.0- 12.5 強目外先行同入
09/05/20≪出走予定≫
土曜日の東京・D1,600m(牝)〔54 横山典〕
09/05/19≪出走予定≫
土曜日の東京・D1,600m(牝)
09/05/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17美坂稍    66.0- 47.7- 30.9- 14.3 馬也単走
09/05/13(5月11日付)
南Wコースでキャンターの調整で、6日に時計を出しています。調教師は「本格的にやり出しています。先週も70秒ぐらいですが、まだ余裕があり、やればもっと動けるでしょう。若干、飼い葉を残すようになってきたので、あまりやり込まない内に使った方が良いかもしれません」と話して、今週の出走を検討していましたが、フケの症状が見られる為、来週以降の出走予定となっています。
09/05/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13美坂稍    54.9- 40.0- 26.1- 12.7 一杯単走
09/05/13≪出走予定≫
フケの症状が見られる為、今週の登録は見送り、来週以降の出走予定となっています。
09/05/12≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/05/07(5月6日付)
坂路と南Wコースでキャンターの調整で、30日と3日に併せて時計を出しています。調教師は「先週は馬なりでやりました。これぐらいのペースだと、まだ遊んで走っているようですね。上がりもケロッとして、余裕がありました。このまま進めていきます」と話しています。
09/05/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6南W重 89.6- 71.2- 54.8- 40.2- 13.2 G前仕掛け単走
09/05/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3南W良 88.9- 71.4- 54.6- 40.1- 13.5 馬也内追0.1秒遅れ
09/04/30(4月30日付)
坂路コースでキャンターの調整で、22日に時計を出しています。24日にはゲート試験を受けて合格しており、調教師は「ゲートの出はまだちょっと遅かったけど、試験では無難にこなしました。もう坂路では15−15ぐらいやっていますから、今週からすぐに進められると思います。今までゲート中心にやってきたので、少しカリカリしています。今週から様子を見ながら進めていきますが、気の良い馬ですから、そんなに時間は掛からないでしょう。飼い葉は食っていますし、現在の馬体重は424kgと、以前より増えてきています。ただ、あんまり脂肪を付けすぎないように、気を付けたいと思います。乗る人がみんな誉めてくれますから、このまま順調に行ってほしいですね」と話しています。
09/04/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30美坂良    55.1- 40.4- 26.5- 13.1 馬也先行同入
09/04/24≪最新情報≫
24日(金)にゲート試験を受けて合格しました。
09/04/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22美坂重    59.9- 43.6- 28.7- 14.2 馬也単走
09/04/22(4月20日付)
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「普通キャンターでもちょっと押していくと、クタクタしちゃいますね。強弱を付けながらやっていきます。ゲートは機械開けで出しましたが、結構出るので、今週にも受けられると思います。飼い葉も食べてますよ」と話しています。
09/04/15(4月13日付)
8日に美浦・大竹厩舎へ入厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。調教師は「飼い葉は思った以上に食ってくれています。抜けかかった歯があったので、抜歯しておきました。ゲートは手開けで出しましたが、反応が鈍かったですね。今週からは押して出していくようにしようと思います」と話しています。
09/04/08(4月6日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「週末から15−15の調教に戻しています。もう少しフックラしてくると良いのですが、息もだいたい出来ていますし、この馬なりに良い状態だと思います」と話すと、確認した調教師の指示で、8日に美浦・大竹厩舎へ入厩する予定になりました。
09/04/07≪最新情報≫
8日に美浦・大竹厩舎へ入厩する予定になりました。
09/04/01(3月30日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週は大事を取る意味で軽めにしましたが、熱発の影響も無く体調も良さそうです。動き自体も問題無いので、週末から強めを再開したいと思います」と話しています。尚、関東へ予定厩舎を変更する方向で検討を行っておりましたが、今年開業の美浦・大竹正博調教師に打診を行ったところ、快諾を得られており、厩舎を美浦・大竹厩舎へ変更させていただきます。入厩につきましては、来週以降で検疫が取れ次第できるだけ早い時期を目指しています。
09/03/25(3月23日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週末に軽い熱発があったため、ひと息入れましたが、馬は元気ですし、全く問題ありません。このまま進めていける状態です」と話しています。尚、早期のデビューを目指す目的で、関東へ予定厩舎を変更する方向で検討を進めています。
09/03/18(3月16日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「まだ全体的に非力な感じですし、もう少し馬体に幅が出てくると良いですね。でも、仕上がりの早そうなタイプで、ここへきてコンスタントに乗れていることも考えると、そろそろレースも意識して良いのではないでしょうか」と話しています。尚、厩舎へ入厩の打診を行っておりますが、現時点では具体的な予定が立っておりません。クラブとしましては早期のデビューを目指したいと考えており、状況によっては予定厩舎を変更することも視野に入れて検討を行っています。
09/03/10(3月9日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週末に15−15を乗って、状態を確認しました。まだ力強さに欠ける感じで、もう少し乗り込む必要はありますが、動き自体はしっかりしているので、その点は徐々に解消されてくるでしょう」と話しています。
09/03/03(3月2日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「先週も無理せず乗りましたが、馬体もだいぶフックラして良い感じになってきました。脚元や体調面の心配も無いですし、週末には速いところをやって、状態を確認するつもりです」と話しています。
09/02/24(2月23日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「まだ状態を見ながらですが、馬体は徐々に戻りつつありますので、このままじっくり乗り込んでいけば、良い方向へ変わってくると思います」と話しています。
09/02/17(2月16日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「引き続き馬体を戻す意味でジックリ乗っています。思ったより時間が掛かっていますが、慌ててやっても良くないので、現時点はこのまま乗りながら良化を待つしかないと思います」と話しています。
09/02/10(2月9日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「状態は悪くないんですが、なかなかフックラしてこないですね。ペースを上げるのは、もう少し馬体を戻してからになるでしょう。ここは我慢してジックリ乗っていきます」と話しています。
09/02/03(2月2日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「先週は馬体を戻す意味で、時間を掛けてジックリ乗りました。これでフックラしてくると良いのですが、今後は飼い葉も工夫しながら回復を図っていきたいと思います」と話しています。
09/01/27(1月26日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「特に状態は変わりませんが、馬体が戻るまでは、意識的に長めも入れて良化を促していきたいと思います」と話しています。
09/01/20(1月19日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「動きそのものは良いのですが、強めをやると、どうしても馬体が減ってしまいますね。まだ体力が付ききっていないのかもしれません。慌ててやっても良くないので、今の段階ではあまりやり過ぎない方が良いでしょう」と話しています。
09/01/13(1月12日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週は状態を見る意味で強めを乗りました。飼い食いが細いこともありますが、全体的に力強さに欠ける感じなので、このまま乗り込んでパワーアップを図っていきます」と話しています。
09/01/06(1月5日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心にキャンターの調教を付けられており、牧場長は「思った程飼い食いが戻ってこないので、様子を見ながらですが、馬は落ち着いていて、雰囲気は悪くないですよ。週末には速いところを乗って、状態を確認するつもりです」と話しています。
08/12/29(12月29日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心にキャンターの調教を付けられており、牧場長は「依然として飼い食いがもう一つですが、それでも少しずつ食べるようになってきています。あまり楽をさせてもズブくなってしまうので、状態を見て強めも入れていくつもりです」と話しています。
08/12/23(12月22日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心にキャンターの調教を付けられており、牧場長は「この馬なりに順調ですが、相変わらず飼い食いが細いので、もう暫く我慢の調教を続けることになると思います」と話しています。
08/12/16(12月15日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心にキャンターの調教を付けられており、牧場長は「状態は悪くないんですが、思った程飼い食いが良くなってきませんね。今の状態で進めると、どうしても馬体が減ってしまうので、ペースを上げるのはもう少し様子を見ます」と話しています。
08/12/09(12月8日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路中心にキャンターの調教を付けられており、牧場長は「先週は時間を掛けてじっくり乗りましたが、その効果もあってだいぶリラックスしてきたようです。飼い食いがもう一つなので、様子を見ながらですが、徐々にペースを戻していけると思います」と話しています。
08/12/02(12月1日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「テンションが高いこともありますが、少し飼い食いが落ちているようですね。もう暫く長め中心のメニューで進めていきたいと思います」と話しています。
08/11/25(11月24日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「状態は悪くないと思いますが、もう少し気性面で落ち着いてくると良いですね。意識的に長めを乗っているので、今の感じで進めていけば、その点は解消されてくるでしょう」と話しています。
08/11/18(11月17日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「脚元の心配も無くなり、週末から17−17の調教に戻しています。ただ、ここへきて少しテンションが上がってきているので、キャンターを乗った後も、ダクを長めに乗って落ち着かせるようにしています」と話しています。
08/11/11(11月10日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「大事を取って調教を控えめにしましたが、脚元は問題無いみたいですね。歩様もスムーズですし、今週はペースを戻して乗っていきます」と話しています。
08/11/04(11月3日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「ここへきて左前脚に少し疲れが出てきましたかね。今のところ調教には影響無さそうですが、状態次第では一旦ペースを落とすかもしれません」と話しています。
08/10/28(10月27日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「まだ動きは物足りない感じですが、それでも徐々に良くなってきていますので、このまま乗り込んでいけばピリッとしてくると思います」と話しています。
08/10/21(10月20日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「調教に関しては順調ですが、まだ動きにズブいところがあるので、このまま乗り込んでピリッとさせていきたいと思います」と話しています。
08/10/14(10月13日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「坂路2本の調教で徐々に進めています。走り自体も安定していますし、気持ちの面でもピリッとしてきましたが、もう少し動きに素軽さが出てくると良いですね」と話しています。
08/10/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。先週は坂路中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「ペース的にはこれからですが、だいぶしっかり乗れるようになりました。じっくりやってきた甲斐があって、馬体にも幅が出てきましたし、着実に良い方向に向かっていると思います」と話しています。
08/09/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。先週も坂路中心に22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まだトモの辺りが寂しく映りますが、それでも徐々に力を付けている感じです。今週はもう少し進めるつもりです」と話しています。
08/09/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。先週は坂路中心に22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週から坂路にも入れてキャンターの調教を再開しています。特に体調など変わりませんが、少しトモの踏み込みに甘いところがあるので、現時点では本馬場中心に進めた方が良いかもしれません」と話しています。
08/09/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「先週も控えた調教でしたが、腰の疲れも取れて立ち直ってきた感じです。今の状態であれば、坂路でも進めていけると思います」と話しています。
08/09/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「ペースを落として様子を見ていますが、まだ腰に疲れが残っている感じです。慌ててやっても馬には良くないので、回復の具合を見ながらじっくり進めていきます」と話しています。
08/09/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「徐々に進める予定でしたが、動きを見ると少し腰の辺りに疲れが出ているようです。今後の状態次第では一旦ペースを落とすかもしれません」と話しています。
08/08/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まだ様子を見ながらですが、気性面はだいぶ落ち着いてきましたね。今週はもう少し進めてみたいと思います」と話しています。
08/08/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「気性面を落ち着かせながらじっくり乗っていますが、進める段階にはもう少しです。でも、動き自体は悪くないですし、馬体の張りも良くなっている感じです」と話しています。
08/08/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「今は比較的リラックスした状態ですが、もう少し気性面が落ち着くまでは、これくらいのペースでじっくり乗り込んでいった方が良いでしょう」と話しています。
08/08/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「着実に力を付けているようですね。ただ、ここへきて少しテンションが上がってきているので、今週は意識的に長めを乗ってリラックスさせたいと思います」と話しています。
08/07/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「これからの馬なので無理はしていませんが、だいぶしっかり乗れるようになってきました。徐々に良い方向に向かっていると思いますよ」と話しています。
08/07/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「我慢の調教を続けていますが、その効果もあって徐々に力を付けている感じです。馬は元気一杯で体調面の不安もありません」と話しています。
08/07/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まだ急ぐ段階ではありませんが、まずまず順調にこなしています。見た目より動きもしっかりしているし、このままじっくり乗り込んでいけば、良い方向に変わってくると思います」と話しています。
08/07/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「状態は悪くないと思いますが、ペースを上げていくには、しっかり体力を付ける必要があります。もう暫く我慢の調教を続けます」と話しています。
08/06/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「この馬なりに順調ですが、急に進めるにはまだ体力的に不安があります。馬の状態に合わせてじっくりやっていきます」と話しています。
08/06/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「ペース的には変わりませんが、馬体も少しずつ増えてきて、手応えも徐々に良くなっている感じです。今後は坂路も併用して進めていくつもりです」と話しています。
08/06/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「本格化するのは夏を越してからだと思いますが、現時点の調教はこれで十分でしょう。小柄な牝馬にしては、飼い食いも良いですよ」と話しています。
08/06/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「まだ急ぐ段階ではありませんが、馬体減りも見られませんし、精神的にも落ち着いていて、雰囲気も良くなっている感じです」と話しています。
08/06/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。予定通り先週から騎乗を再開しており、ミニトラック中心に軽めの調整を行っています。牧場長は「乗ってみた感じも悪くないし、特に心配無さそうですね。今週は馬場にも入れていきたいと思います」と話しています。
08/05/26
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。帯径部分の腫れが見られた為、マシンの運動で様子を見ており、牧場長は「ひと息入れて治療に専念した効果で、帯経の腫れも引いてスッキリしてきました。今週から調教を再開したいと思います」と話しています。
08/05/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「徐々に乗り込みを進めていましたが、ここへきて帯径部分に腫れが見られます。腹帯があたって擦れてしまったようですね。少し痛みもあるようなので、ひと息入れて治療に専念したいと思います」と話しています。
08/05/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「徐々に乗り込みを進めていますが、今はしっかり体力を付ける段階なので、あまりやり過ぎないように気をつけています。馬の状態に合わせてじっくりやっていきます」と話しています。
08/05/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「乗り出しても馬体減りは見られませんし、体調も上がっている感じです。今週から馬場にも出して距離を延ばしていきたいと思います」と話しています。
08/04/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「ペース的にはこれからですが、まずまずの感じで乗れています。飼い葉を食わし込んでいることもあり、馬も元気一杯ですよ」と話しています。26日に行われた天栄ホースパーク調教見学会では、午前中の引き馬展示のみご覧頂きました。
08/04/21
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。マシンの運動を行いながら馬体の状態を確認すると、予定通り先週から騎乗を再開しています。牧場長は「飼い食いも良く体調も落ち着いていますが、ひと息入ったので、急に進めることはせず、時間を掛けてじっくり乗っていきたいと思います」と話しています。
08/04/14
10日に天栄ホースパークへ移動すると、到着後はマシンの運動を行いながら馬体の状態を確認しています。牧場長は「馬体はフックラして良い感じですよ。週末に行った計量で415kgと、放牧に出して45kg増えて帰ってきました。太いという感じではありませんし、良い意味でひと息入れることができたと思います。今週から調教を再開する予定です」と話しています。
08/04/10≪最新情報≫
10日に天栄ホースパークへ移動しています。
08/04/07
福島県・天栄牧場で放牧中です。午前中はパドック放牧を行い、午後からマシンの運動を90分行っています。牧場長は「飼い葉は通常のエン麦に加え、ゴマやヤーコンも与えています。放牧地では青草もしっかり食べていますし、見た目にもフックラしました。今週は運動を2時間行うことにしており、馬体は増えても、緩みは全くありません」と話すと、調教再開に備えて今週中に天栄ホースパークへ移動する予定になりました。
08/03/31
福島県の天栄牧場で放牧中です。午前中はパドック放牧を行い、午後からマシンの運動を30分行っています。牧場長は「まだ馬体重を計っていませんので、数字的な比較はできませんが、見た目で言えば腹袋がシッカリした印象ですね。これから良くなってくると思いますよ」と話しています。
08/03/24
福島県の天栄牧場で放牧中です。午前中はパドック放牧を行い、午後からマシンの運動を30分行っています。牧場長は「予定通りマシンの運動を始めました。こちらに来た当初と比べると、だいぶフックラしてきましたよ」と話しています。
08/03/17
福島県の天栄牧場で放牧中です。引き続き夕方まで放牧を行うと、牧場長は「馬もリラックスしていますし、良い感じだと思います。今週からマシンの運動も始めたいと思います」と話しています。
08/03/10
福島県の天栄牧場で放牧中です。本馬場中心にハッキングの調教をつけられると、馬体の成長を促す目的で一旦放牧に切り替えています。牧場長は「まだ馬体も小さいですし、ここで無理しても辛いでしょうから、この時期にしっかり青草を食べさせて体力をつけてやりたいと思います。一時期萎んだ体も、だいぶ戻っていますし、そろそろマシンの運動も始めていきたいと思います」と話しています。