シルククルセイダー
牡馬、栗毛、03/04/03生
父:キャプテンスティーヴ、母:ゴールデンマザー、母の父:マークオブディスティンクション
厩舎:領家政蔵(栗東)→山口益巳(兵庫)、生産:タバタファーム
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
13/01/10(1月10日付)
12月31日で当ファンドは終了とさせていただきます。今後は、兵庫県・加西乗馬クラブで乗馬となります。
12/12/25(12月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「30日の園田でのラストランへ向けて進めていましたが、前走後少し状態が気になるなとは思っていましたが、やはりツメに来てしまいました。最後だし、今週に15−15程度のところを1本やって、それでレースへ向かいたいと思っていたのですが、先週末の調教後に歩様が悪くなり、右後脚の裂蹄が確認されました。会員さんのことを考えたら、ラストランを果たしてあげることが良いのかもしれないけど、無理に使うことで万が一のアクシデントに繋がることもあるし、クラブとも相談して、とても残念だけど出走回避しました。最後を走らせてあげられず、申し訳ありませんでした」と話しています。これを受けて、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。抹消日にかかわらず、12月31日で当ファンドは終了とさせていただきます。今後は乗馬となりますが、行き先については未定です。
12/12/25≪出走予定≫
30日の園田を予定していましたが、先週末の調教後に右後脚の裂蹄を発症した為、出走を回避して、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。
12/12/21
年末の園田開催(番組は未定)
12/12/20(12月20日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「前走後に少し疲れがあって、乗り出しが2日遅れてしまいました。その関係で今週の競馬はやめました。最後なので、できる範囲の仕上げはしたいですからね。それに年末の方が、会員さんも競馬場へ出かける機会があるだろうと思いますので、30日のD1,700mへ切り替えました」と話しています。
12/12/13(12月13日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「ツメもキープ出来ているし、ラストランへ向けて順調に調整しています。番組を見ると、19日にD1,700mがあるので、ここが目標になると思います」と話しています。
12/12/06(12月6日付)
5日の園田で出走して、8着でした。道中は7番手でレースを進めましたが、勝負処での反応が鈍く、8番手で4コーナーを回りました。そして直線に向いても伸びを欠き、順位を上げられないままゴールしています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/12/06≪レース結果≫12月5日出走
園田11R 京都畜産特別[D1,700m・10頭]8着[6人気]

山口益師「今回はクラスが下がってペースも緩かったので、前半から馬群に付いて行けました。最後もよく頑張っていたと思います。でも、ジョッキーが『道中は良い感じだったけど、ペースが上がって付いて行けなかった』と言っていたように、勝負には持って行けませんでしたね。この後変わり無ければ、年末の開催でラストランを予定しています」
12/12/04≪出走情報≫12月5日出走
園田11R 京都畜産特別A2特別(D1,700m)
10頭8枠10番 56s 大柿     発走15:55
前走後に年内引退の発表をさせていただきましたが、中間は引き続きキャンター調整ながら状態を維持しており、調教師は「注意して調教を行っていることもあり、この時期にしてはツメもしっかりしています。ただ、夏の姫路開催で勝った時の走りと比べると、自分で加減してしまっているところがあるようにも思います。前走はジョッキーの話でも全然行けなかったようなので、今回も前半の入りがポイントだけど、状態は悪くないので、A2降級戦で何とか頑張って欲しいですね。今回を含めて、あと2戦を予定していますので、全力投球での出走です」と話しています。
12/12/03≪出走予定≫
5日の園田・D1,700m[56 大柿]
12/11/29(11月29日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「変わり無く調整を続けています。もう少し乗り込んでから次走を決めます」と話しています。
12/11/22(11月22日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「前走後も状態は変わりません。ツメの状態も維持出来ています。A2に下がりましたので、番組を見て、次走を考えたいと思います」と話しています。
12/11/15(11月15日付)
14日の園田で出走して、10着でした。道中は9番手からの競馬となり、勝負処でも反応が悪く、最後方に下がって4コーナーを回りました。そして、直線でも伸びを欠くと、そのまま後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。

当ファンドは、募集時に運用期間(本馬が9歳の12月31日まで)を設定させていただき、募集を行いましたが、来月がその該当期間満了となります。予定通り、12月31日で当ファンドは解散させていただき、本馬も競走から引退させることと致します。この年齢まで競走馬を続けることが出来ましたことは、ご出資いただいた皆様のご支援があってのことでございます。約9年間の長きにわたり本馬とお付き合いいただきましたことを、心より御礼申し上げます。この後は、ツメの不安等が無い様であれば、12月に1?2回出走させ、引退を迎えたいと考えています。
12/11/15≪レース結果≫11月14日出走
園田11R 千種川特別[D1,870m・11頭]10着[9人気]

大山騎手「中央500万クラスの馬が引っ張って、しかもその馬が逃げ切った訳ですから、ペースはそれ程速くなかったんです。でも、前半から全く付いて行けませんでした。道中も動けませんでしたし、勝負には持って行けませんでした」

山口益師「実績上位ですし、ここではある程度の競馬をして欲しかったです。調教をビッシリやれないことはありますが、やはり年齢的な衰えを認めざるを得ない結果ですね」
12/11/13≪出走情報≫11月14日出走
園田11R 千種川特別JRA交流(D1,870m)
11頭5枠5番 56s 大山     発走15:50
適鞍が今開催前半に組まれたこともあり、前開催はスキップする形になりましたが、中間はキャンター中心にじっくりと調整されており、調教師は「間隔が詰まって少し疲れがあったことと、時期的にツメの心配が出て来るので、慎重に調整していますが、今のところ順調に使えています。近走内容や攻め馬をビッシリやれないことを考えると、強気にはなれませんが、今回は地元が850ポイント以下の限定、中央は500万クラスが相手ですから、格としてはメンバー最上位で、条件は恵まれたと思います。距離も合っていると思いますし、良い結果を期待したいですね。あとは、時計があまり速くならない方が良いですね」と話しています。
12/11/12≪出走予定≫
14日の園田・JRA交流千種川特別[56 大山]
12/11/08(11月8日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で軽めの調教です。調教師は「前走後、少し疲れ見えたので、今開催は使いませんでした。今月一回使って、12月の園田金盃へ行きたいという希望は持っていますが、現時点では何とも言えません。そろそろツメの心配も出て来る頃なので、注意して進めています」と話しています。
12/11/01(11月1日付)
25日の園田で出走して、7着でした。道中は4番手でレースを進めましたが、勝負処で付いて行けず、最後方に下がって4コーナーを回りました。そして直線に向いても伸びを欠き、シンガリのままゴールしています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/10/26≪レース結果≫10月25日出走
園田10R A1特別 [D1,700m・8頭]7着[6人気]

山口益師「ジョッキーの話では『道中はカラ馬を気にしていた』と言っていましたが、確かに直線で盛り返しているし、バテている訳では無いんですよ。レース中に不安が出たのかなとも思いましたが、上がりは大丈夫でした。それに重馬場が影響したかもしれませんね。良馬場だったら、もう少し付いて行けたと思いますが・・」
12/10/25(10月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、25日の園田・D1,700mに出走しています。
12/10/24≪出走情報≫10月25日出走
園田10R A1特別 (D1,700m)
8頭1枠1番 55s 坂本     発走15:20
前走の姫山菊花賞は重賞級相手に阻まれた格好になりましたが、中間も変わり無く調整されており、調教師は「あまり攻めないで使っていることもあり、ツメは問題無く来ています。本来はしっかり追い切りをこなして、もう少し絞って使った方が良いのだろうけど、この時期からツメに不安が出る馬だけに、そのあたりを考慮して調整しています。ここ2戦は距離や相手関係と敗因がハッキリしていますので、この距離の特別戦ならば良い競馬を期待したいところです。枠順も良いので、前々でスムーズに流れに乗りたいですね」と話しています。
12/10/23≪出走予定≫
25日の園田・D1,700m[55 坂本]
12/10/18(10月18日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「疲れも無い様ですし、脚元も今のところ大丈夫です。今開催はD1,700m戦が後半に組まれましたので、そちらへ向けて準備しています」と話しています。
12/10/11(10月11日付)
10日の園田で出走して、9着でした。道中は9番手からの競馬で、勝負処でも反応が悪く、後方2番手で4コーナーを回りました。そして直線でもしっかり追われましたが、最後まで見せ場を作れず、後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/10/11≪レース結果≫10月10日出走
園田11R 姫山菊花賞[D1,700m・12頭]9着[7人気]

大山騎手「無理して行くつもりは無かったので、出たなりでの競馬をしましたが、思った以上に前が速くて、追走で一杯でした。最後までバテずに頑張ってくれましたが、さすがにこのメンバーでは、付いて行くだけで精一杯でした。でも、今日の競馬が次に繋がってくれれば良いと思います」

山口益師「相手が強かったこともありますが、馬体重+8sが示すように、若干重かったかもしれません。レースもそんな感じでした。適鞍を探して、間隔が空いたためだと思いますが、逆に調教で攻めて、脚元に不安が出てしまっては意味が無いですからね。次走は1,700m以上のレースがあれば、積極的に使って行きます」
12/10/09≪出走情報≫10月10日出走
園田11R 姫山菊花賞(重賞)(D1,700m)
12頭5枠6番 56s 大山     発走15:50
前走後も変わり無く調整されると、今開催はJBC指定競走交流重賞のここへ挑戦することになり、調教師は「気候が良いのでツメの状態も良いですね。中間は時計を出していませんが、コンスタントに使っているし、ジックリ乗り込んでいるので、状態に関しては問題ありません。前走は案外な競馬でしたが、距離不足だったことは明らかなので、悲観はしていません。今回は距離が延びるし、競馬はし易いと思います。相手はかなり強くなりますが、上手く展開がハマッてくれれば、好走して良いと思っています」と話しています。
12/10/04(10月4日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「10日の園田・姫山菊花賞へ登録しています。他地区からも来ますし、現時点では出走確定ではありませんし、使えるかどうか現時点では微妙なところですね。使えない場合は、次開催の特別になります」と話しています。
12/09/27(9月27日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「使った後も問題ありませんね。今開催は1,700mが前半に組まれて、これでは間隔が短いし、後半は1,400mなので、次開催へ向かいます。そうなると、10月10日の園田・姫山菊花賞へ登録することになりますが、地方交流重賞でポイントが足りるかどうか微妙ですね。重賞に使えれば良いのですが、次走については流動的です」と話しています。
12/09/20(9月20日付)
13日の園田で出走して、7着でした。道中は7番手でレースを進めましたが、勝負処でも前との差を詰められず、8番手で4コーナーを回りました。そして直線でも伸び脚は無く、そのまま流れ込んでいます。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/09/14≪レース結果≫9月13日出走
園田10R 福崎サルビア特別[D1,400m・11頭]7着[2人気]

山口益師「この距離では、この馬には忙し過ぎますね。前半から位置を取りに行って脚を使い、勝負処ではバテて下がってきた馬を捌くのに手間取りと、漸く態勢を立て直して追い出したところがゴールという感じでした。オオエライジンが出てきたのは誤算だったし、この距離を使ったのも選択ミスでした。次からは、1,700m以上を使うことにします」
12/09/13(9月13日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、1日と10日に時計を出しており、13日の園田・福崎サルビア特別に出走しています。
12/09/12≪出走情報≫9月13日出走
園田10R 福崎サルビア特別A1A2(D1,400m)
11頭2枠2番 56s 下原     発走15:50
摂津盃を選定外となると、検討の結果、開催後半の特別へ回ることになり、調教師は「復調して状態が良いだけに、重賞を使えなかったのはとても残念でした。距離を考えて、次開催まで待つことも考えましたが、今開催で使うことにします。重賞はポイントを持っていないと、入らないですからね。特別戦ならと思っていたのですが、まさかの一頭強いのが出てきました。さすがに斤量差はあっても、これを負かすのは大変かもしれません。でも、それ以外の馬には上位だと思いますので、枠順を生かして好位置から、本命馬に付いて行きたいですね」と話しています。
12/09/11≪出走予定≫
13日の園田・D1,400m[56 下原]
12/09/10≪出走予定≫
13日の園田・D1,400m
12/09/06(9月6日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「7日の摂津盃に登録したのですが、フルゲート12頭の13番目で、結局回避馬が出ませんでした。今年は例年よりも姫路開催が長く、園田所属馬で遠征を控えた馬も多く、ここから始動という馬が多かったようです。状態も良いし、園田ナイターの開幕週ですから、何とか使いたかったですね。開催後半の特別は1,400m戦なので、使うか次開催へ回るか検討中です」と話しています。
12/09/05≪出走予定≫
7日の園田・摂津盃に登録しておりましたが、選定外となった為、今開催後半もしくは次開催へ回る予定です。
12/09/04≪出走予定≫
7日の園田・摂津盃(現時点は除外対象)
12/08/30(8月30日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「暑いのであまり無理はしていませんが、体調は変わらず良いですよ」と話しています。
12/08/23(8月23日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「だいぶ軌道に乗って来た感じがあります。予定通り、次の園田開催まで待機します」と話しています。
12/08/16(8月16日付)
9日の姫路に出走して、2着でした。先行争いを見ながら、5番手で1コーナーへ入ると、道中は内々で気合を付けながらの追走でしたが、前とは差無く6番手で4コーナーを回ります。直線でもインの窮屈なところへ入ると、ロスなく進めた勝ち馬には及びません、最後まで渋太く末脚を伸ばして、2着を確保しています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は園田開催まで待機することになっています。
12/08/10≪レース結果≫8月9日出走
姫路9R 武徳特別 [D1,500m・11頭]2着[3人気]

山口益師「A1だと前走ほどは先行出来ないと思っていたので、位置取りに関しては予定通りでした。ただ、勝負処で外々を回って行ければ、すんなり先団に取り付けただろうし、直線の伸びも違っていたかもしれません。そう考えると、結果的には内枠が仇になってしまいましたね。勝ち馬は強かったですが、この馬も頑張ってくれたと思います。次走ですが、月末の姫路開催は使わず、今年から始まる園田のナイター開催へ向かいたいと思っています」
12/08/09(8月9日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、6日に時計を出しており、9日の姫路・武徳特別に出走が確定しています。
12/08/08≪出走情報≫8月9日出走
姫路9R 武徳特別A1A2特別(D1,500m)
11頭1枠1番 56s 下原     発走15:50
休養明け2戦目の前走で久しぶりの勝利を飾り、A1格付に返り咲きを果たすと、その後も順調に調整され、今開催での出走を決めており、調教師は「長期休養がありましたし、勝ち星からも遠ざかっていたので、前走の勝利は格別なものでした。中間はツメの状態を注意していますが、今のところ問題はありません。今回はA1混合ということでメンバーはグッと強くなりましたが、現級へ戻った格好ですし、再度重賞路線へも向かいたいと思っていますので、休み明け3戦目、使いつつ状態が上がっているここは、良い競馬を期待したいですね」と話しています。
12/08/07≪出走予定≫
9日の姫路・武徳特別[56 下原]
12/08/06≪出走予定≫
9日の姫路・D1,500m
12/08/02(8月2日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「勝った後なので少し楽をさせましたが、ツメも大丈夫そうなので、また次走へ向けて調整を進めます。一応、次開催へ向けて進めていますが、暑い時期でもあるので、直前の状態を見て判断します」と話しています。
12/07/26(7月26日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「前走は力の違いでした。また重賞戦線へ向かいたいですね。使った後も大丈夫ですが、勝った後だけに、状態を良く見てから次走を決めます」と話しています。
12/07/19(7月19日付)
18日の姫路で出走して、優勝しました。今回は積極的に2番手でレースを進めると、3コーナーすぎも手応え良く、前を捕えに掛かりました。そして迎えた直線では、早々に抜け出して逃げ込み態勢に入ると、後続の追い上げも余裕で振り切り、復帰2戦目で鮮やかな勝利を飾っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/07/19≪レース結果≫7月18日出走
姫路9R 神姫バス杯A2特別[D1,500m・12頭]優勝[3人気]

下原騎手「返し馬から手応えを感じていました。レースもその通りになりましたね。スタートだけ気を付けていましたが、好位で上手く競馬出来たし、勝負所で競り掛けられても、手応えは楽だったので、最後は突き放してくれました。このクラスでは力上位でしたね」

山口益師「強かったですね。完全に一枚上でした。一回使って、馬が変わってくれたのは、さすがと言うしかないです。まだ本調子にはもう一歩ですが、今日は能力で押し切ってくれました。長い間休養を頂いたので、その分取り返さないといけませんね。今日は勝てて本当に嬉しいです」
12/07/18≪出走情報≫7月18日出走
姫路9R 神姫バス杯A2特別(D1,500m)
12頭8枠12番 56s 下原     発走15:50
休み明けの前走を使われた後も変わり無く、今開催での出走を決めており、調教師は「前走後は脚元の状態を中心に直前まで状態面を注意深く見ていましたが、思ったよりも反動が無かったし、ツメに関しても今のところ心配ありません。中間、時計は出していませんが、使いつつ状態を上げて行こうと思っています。前走は大きく出遅れてどうなるかと思いましたが、最後の脚はさすがでした。今回は下原騎手に替えて、スタートだけは気を付けてもらいます。休みが長った分、1回使っただけで一変とは行かないと思いますが、使った上積みはあるだろうし、能力的にもこの相手関係ならば上位だと思いますので、前走以上の競馬を期待したいですね」と話しています。
12/07/17≪出走情報≫7月18日出走
姫路9R 神姫バス杯A2特別[D1,500m・12頭]56s 下原
12/07/12(7月12日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「使った後も変わり無いので、まずはホッとしています。いくら不良馬場で、上がりだけの競馬と言っても、姫路で上がり35秒台というのはあまり見たことがありませんよ。その分使った後は慎重に進めていますが、調教でビッシリやらずに、使うつつ良くして行こうと思っていますので、次開催でまた使えればと思っています」と話しています。
12/07/05(7月5日付)
4日の姫路で出走して、7着でした。スタートで大きく出遅れて、離れた最後方からの競馬になると、前との差を詰めながら4コーナーを回りました。そして直線では、前半のロスも影響して、上位は窺えなかったものの、大外から伸び脚を見せて順位を上げています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
12/07/05≪レース結果≫7月4日出走
姫路10R 姫路さぎ草特別[D1,400m・12頭]7着[9人気]

山崎騎手「丁度後ろにモタれた時にスタートが切られたので、出遅れてダッシュが付きませんでした。前半は無理をさせずに、勝負所から動いていきましたが、目一杯追っていない割には、終いの脚はかなり良かったですね。今日は休み明けだったので、あまり無理させませんでしたが、能検時よりも今回の方が歩様もしっかりしていたし、次はもっと走れると思います」

山口益師「やっぱり能力は大したものですね。大きく出遅れたし、あれだけ追走に苦労したことを考えれば、最後は良く差を詰めてくれたと思います。まずは使ってからと思っていたけど、上がりは大丈夫そうだし、変わって来そうですね。次走も姫路で使うことになると思いますが、A2なら能力上位だから、チャンスはあると思います」
12/07/03≪出走情報≫7月4日出走
姫路10R 姫路さぎ草特別A2特別(D1,400m)
12頭8枠12番 56s 山崎     発走15:50
裂蹄の影響で休養を余儀なくされましたが、能力検査合格後は順調に調整を進め、昨年11月以来約7ヶ月半振りに姫路今開催で復帰することになり、調教師は「時間が掛かってしまいましたが、今はツメの状態も落ち着いているし、ここで復帰させようと思います。能検後は馬なりで時計を2本出して、順調に来ていますが、速い調教の本数が少ないし、良化途上は否めませんね。A2特別ですので、昨年と比べて相手は楽になっていますが、まずは一回使ってからですね」と話しています。
12/07/02≪出走予定≫
4日の姫路・姫路さぎ草特別[56 山崎]
12/06/28(6月28日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「大丈夫そうですね。能検の後も脚元は不安ありません。まだ馬は太いし、いかにも休み明けという感じですが、このまま出走に向けて進めて行きたいと思います。次開催の1回姫路で使う予定で準備しています」と話しています。
12/06/21(6月21日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「能検は受かって、一段階上がりました。本来はサッとやって使いたいところなんだけど、まだ馬体も太いしね。能検自主参加を叩くという選択肢もあるので、もう少し様子を見てから考えます」と話しています。
12/06/14(6月14日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、8日に能力検査(ゲート試験)を受けて、合格しました。西脇トレセン・D1,200m、8頭立て、3枠から発走して、1.19.5で4位入線となっています。当日の馬体重は、533sでした。調教師は「3?4番手に位置して、最後も流す程度でした。まずは第一関門は突破しましたが、速いところは今回が久しぶりということを考えると、復帰戦はもう少し乗り込んでからになると思います」と話しています。
12/06/08≪最新情報≫
8日(金)に能力検査(ゲート試験)を受けて、合格しました。
12/06/07(6月6日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「終いだけ伸ばすように乗っています。今のところツメは大丈夫です。予定通り8日の能検へ向けて進めています。時計云々より、まずは通過することを目標とします」と話しています。
12/05/31(5月30日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「完全では無いんだけど、休ませることなく乗れているし、ツメもこれ以上悪くなってこないので、6月8日の能検に向けて、進めて行くことにします」と話しています。
12/05/24(5月23日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「5月中に能検を受けるのは、ちょっと難しい感じになってきましたが、再度キャンターの距離を延ばして、ツメの状態を見極めています。気候的に心配は無いのですが、年齢的に今までよりツメが伸びないし、回復が遅いんです。それでも、このままペースも上げて行けるのか、探って行きます」と話しています。
12/05/17(5月16日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「ツメがまだ完全ではないんですね。調教はだいぶ進めて来たのですが、速い調教へ移行することを考えると不安が残ります。厩務員が毎日本当によくケアしてくれていますし、ギリギリのところでも、何とか進めたいと思っています」と話しています。
12/05/10(5月9日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「積極的に乗り込んでいるんだけど、馬体が太いのもあるんですが、またちょっとツメが気になるんです。歩様は大丈夫ですし、休養期間も長くなってしまったから、急いでやりたいんだけど、申し訳ありません。もう少し時間を下さい」と話しています。
12/05/03(5月2日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「馬場で毎日3,000m乗っています。結構太くなってしまったので、しっかり乗り込んでから予定を立てて行きます」と話しています。
12/04/26(4月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「5月中には能力検査を受けるように準備していきます。それまでに何回か速い調教ができれば良いですね」と話しています。
12/04/19(4月18日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「キャンターの距離を延ばしながら、徐々に進めています。能力検査が必要なので、まずはそこが目標になりますね」と話しています。
12/04/12(4月11日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「ここに来て、ダク2,000mからキャンターも3,000mまで乗り込み量を増やしています。速いところはまだですが、調教自体はレベルアップしています」と話しています。
12/04/05(4月4日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「乗り込み量を増やしていますが、まだ次走予定は立てていません。もう少し様子を見ます」と話しています。
12/03/29(3月28日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「ツメなので一気に良くなる訳ではありませんが、冬場に比べると、ケアは楽になっているようです。速い調教をやっていないので、馬体が太目ですし、長めを乗りながら体を作って行きます」と話しています。
12/03/22(3月21日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「まだ手探りで、キャンターをジックリ乗っていますが、時期的にも、そろそろ距離を延ばして行けるのではないでしょうか」と話しています。
12/03/15(3月14日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「特に変わりはありません。ペース的にもキャンター中心で、まだペースアップの予定はありません。時期的には、そろそろ楽になって来ると思いますが」と話しています。
12/03/08(3月7日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「引き続きキャンター中心のメニューで、このまま様子を見ます」と話しています。
12/03/01(2月29日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「時期的にまだ怖いんですよ。調教は普通に乗っていますが、速いところへ行って、またツメが割れたりしたら、年齢的にも終わりですからね。やはり腹を括って、暖かくなってからだと思います」と話しています。
12/02/23(2月22日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「ケアはしっかりやっていますが、寒くて乾燥する時期なので、調整が難しいです。休まず乗っていますので、状態は悪くありませんが、もう少しですね」と話しています。
12/02/16(2月15日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「まだ目標を決められる段階ではありません。キャンターは続けていますが、速い調教はやっていません。休ませていないので、去年より状態としては良いですが、レースを考えるのはもう少し先になりそうです」と話しています。
12/02/09(2月8日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「引き続きキャンター中心のメニューで変わりありません。この時期は、やはり無理しない方が良いかな」と話しています。
12/02/02(2月1日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「まだ速い調教が出来ていません。速い調教が出来ないと、予定が立たないと思います。もう暫く裂蹄の状態を優先します」と話しています。
12/01/26(1月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「引き続きキャンター中心です。もう少しツメがしっかりして来ないと、次の段階は見えませんね」と話しています。
12/01/19(1月18日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「裂蹄気味ではあるけど、無理していない分、大事には至っていません。その分、進めるのも慎重になっています。もう暫く様子を見たいと思います」と話しています。
12/01/12(1月11日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で軽めの調整です。調教師は「年末年始は軽めの調整です。休ませることはせずに、時間を掛けて乗っていて、使う方向で進めていますが、現時点ではレースは未定です」と話しています。
11/12/26(12月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で軽めの調整です。調教師は「歩様が少し硬いし、裂蹄気味なのは変わりありません。次走は予定を決めずに、暫く様子を見ます」と話しています。
11/12/22(12月21日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「あまり無理しない程度に乗っていますが、休み無く調教は続けています。引き続きツメの状態を見ながらなので、次走予定は決めていません」と話しています。
11/12/15(12月14日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「普通には乗れていますが、引き続き慎重に進めています。次走については未定で、直前まで状態を見極めますが、年内は使わない公算が高いです」と話しています。
11/12/08(12月7日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で軽めの調整です。調教師は「ここへきて、若干ですが裂蹄気味です。夏場と比べて、ツメが硬くなるんですね。その点を考えて、先週一杯は運動だけにして、今週から乗り出しています。そのため、残念ですが8日の園田金盃は回避することにしました。次走については目標を決めず、ツメの状態を慎重に見極めながら決めて行きます」と話しています。
11/12/01(11月30日付)
24日の園田で出走して、5着でした。道中は4番手でレースを進めましたが、勝負処で流れに乗れず、6番手で4コーナーを回りました。そして直線を向くと、伸び脚は無かったものの、最後までバテずに流れ込んでいます。レース後特に不安は無い様です、次走は8日の園田・園田金盃を目標に調整していますが、現時点で出否は未定です。
11/11/25≪レース結果≫11月24日出走
園田11R スポニチなにわ賞[D1,700m・12頭]5着[6人気]

田中騎手「今日は相手が悪かったですね。良い位置で競馬が出来ましたが、勝負所で離されてしまいましたから。あそこで付いて行ければ、もう少しやれていたと思います」

山口益師「あの位置で競馬が出来たのは良かったけど、3?4コーナーでどうしても置かれてしまうからね。でも、また最後は詰めて来ているし、よく頑張ってくれたと思います。前走より内容も良かったし、あとはツメの状態が悪くならないなら、次走はもっとやれると思うんだけどね」
11/11/24(11月23日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、中間は時計を出していませんが、状態面は変わり無く、24日の園田・スポニチなにわ賞に出走を予定しています。
11/11/23≪出走情報≫11月24日出走
園田11R スポニチなにわ賞A1特別(D1,700m)
12頭7枠9番 55kg 田中      発走15:55
中間はツメの状態を見極めながら慎重に調整を進め、今開催での出走を決めており、調教師は「裂蹄のことがあるので、稽古でビッシリやるよりは、レースへ使って行った方が良いでしょう。前走は、能力というより攻め馬不足の面が出て、息切れしてしまった感じなので、間隔が詰まるのはむしろ良いでしょう。ただ、今回はメンバーがかなり揃いました。先行して粘り込む競馬が理想ですが、前も速くなりそうなので、展開も難しいですね。田中騎手が空いていたのは幸運でしたし、園田金盃の前哨戦なので、ある程度の内容は見せて欲しいところですが」と話しています。
11/11/17(11月16日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「ツメにとっては気を遣う時期に入ってきました。若干、気になるところはあるんだけど、今のところ歩様には影響無いですし、この後も慎重に進めて行きますが、このまま続戦させます。12月8日の園田金盃へ登録する予定です」と話しています。
11/11/10(11月9日付)
3日の園田で出走して、10着でした。道中は中団の8番手でレースを進めましたが、勝負処でペースが上がると徐々に順位を下げ、最後方で4コーナーを回りました。そして直線でも最後まで伸びを欠き、後方のまま敗れています。レース後、右後脚のツメの状態を確認して、今のところ問題は無さそうですが、次走は未定です。
11/11/04≪レース結果≫11月3日出走
園田10R 兵庫県産たまご [D1,700m・12頭]10着[5人気]

有馬騎手「良い位置で競馬は出来ましたが、流れが速くなると反応が悪くなって、最後は一杯になってしまいました」

山口益師「やはりこの時期になって、ツメの状態があまり良くないんですよ。本来ならば、追い切りをビシっとやって使いたいですけどね。競馬へ行ってもその辺りが影響しているし、今日の内容はまさしくそんな感じでした。次走は目標を立てずに、ツメの状態を見ながら決めて行きます。ケアをしっかりやりながら、間隔を空けて使うかもしれません」
11/11/03(11月2日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、3日の園田・兵庫県産たまご特別に出走が確定しています。
11/11/02≪出走情報≫11月3日出走
園田10R 兵庫県産たまご特別A1特別(D1,700m)
12頭8枠11番 55kg 有馬      発走15:55
中間はジックリと乗り込まれると、今開催の出走を決めており、調教師は「前走は距離不向きの上に不良馬場と悪条件が重なりましたので、結果はやむを得ないでしょう。中間は飼い葉をしっかり食べていますし、順調に来ています。移籍初戦が昨年のこのレースでしたね。来月の園田金盃へのステップになる特別戦ですので、ここでポイントを稼いでおきたいところです。4000勝ジョッキーの有馬騎手が、この馬の良いところを引き出してくれることを期待しています」と話しています。
11/11/01≪出走予定≫
3日の園田・D1,700m
11/10/27(10月26日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「次は良馬場でやりたいですね。次走は状態を見ながら決めて行きます」と話しています。
11/10/20(10月19日付)
14日の園田で出走して、6着でした。道中は7番手からの競馬になり、前との差を詰めに掛かりますが、押し上げられずに4コーナーを回りました。そして直線に向いても伸び脚は無く、そのまま流れ込んでいます。レース後特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
11/10/17≪レース結果≫10月14日出走
園田10R A1特別    [D1,400m・11頭]6着[3人気]

坂本騎手「馬場が悪かったのがかなり影響しましたね。距離も短かったこともありますが、今日は追走で一杯でした」

山口益師「当日の朝は良馬場だったのに、強い雨で発走の時には水が浮くくらいまでになって、勝ち時計が1分26秒0ですから、この馬には時計が速かったですね。ジョッキーの話では、ゲートから気合を付けて行きたかったようですが、先行馬に付いて行けなかった様です。でも『良馬場だったら、やっぱり動く馬だと思う』と言っていました。次走は、1,700mの番組を使いたいと思います」
11/10/13(10月12日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、14日の園田・D1,400mに出走を予定しています。
11/10/13≪出走情報≫10月14日出走
園田10R 楽天競馬で買いま賞A1特別(D1,400m)
11頭3枠3番 55kg 坂本      発走15:55
交流重賞に挑戦した前走でしたが、船橋遠征による馬体減の影響で、先週の地元重賞・姫山菊花賞を自重すると、検討の結果、今開催の特別戦へ回っており、調教師は「前走は、相手関係もありましたが、予想以上に馬体が減ってしまったことが響きましたね。この中間は、馬体を戻すことを重点に乗り込んで、直前も時計は出していません。状態は悪くありませんが、今回は距離も短くなりますし、中間の調整過程を考えても、この後の重賞へ向けてステップになればと思っています」と話しています。
11/10/12≪出走予定≫
14日の園田・D1,400m[55 坂本]
11/10/11≪出走予定≫
14日の園田・D1,400m
11/10/06(10月5日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「6日の園田・姫山菊花賞へ登録していましたが、前回の長距離輸送による馬体減の影響で、こちらに戻ってから速い調教が乗れていないことを考え、回避することにしました。この後の状態を見てからになりますが、次開催を目標に進めて行きます」と話しています。
11/09/29(9月28日付)
23日の船橋で出走して、9着でした。道中は5番手でレースを進めましたが、3コーナー手前で早くも流れに乗れなくなると、8番手に後退して4コーナーを回りました。そして直線でも伸び脚は無く、大きく離れて入線しています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
11/09/26≪レース結果≫9月23日出走
船橋11R 日本テレビ盃 [D1,800m・12頭]9着[5人気]

下原騎手「馬体重−10kgは輸送の影響でしょう。レース前から若干チャカチャカしていましたしね。それでも、返し馬の雰囲気は良かったですし、フリオーソの取消もありましたから、上位のチャンスがあるかなと思いましたが、相手が強かったこともあって、流れに付いて行けませんでした」
11/09/22≪出走情報≫9月23日出走
船橋11R 日本テレビ盃JpnU(D1,800m)
13頭2枠2番 56kg 下原      発走16:15
前走はスタートで出遅れる不利があり、人気を裏切る格好になりましたが、中間は順調に調整されると、当初の予定通り、兵庫県競馬代表として交流重賞への出走を決めており、調教師は「前走からは中一週になるので、追い切りは馬なりですが、引き続き良い状態です。今回はメンバーがかなり強力なので、強気にはなれませんが、この馬らしい競馬で見せ場を作って欲しいですね。前がかなり速くなると思いますので、展開が向いてくれると良いですね」と話しています。
11/09/22(9月21日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、19日に時計を出しており、23日の船橋・日本テレビ盃に出走を予定しています。
11/09/22≪調教タイム≫
19西脇稍       57.9- 42.8- ---  馬なり
11/09/21≪出走予定≫
23日の船橋・日本テレビ盃[56 下原]
11/09/20≪出走予定≫
23日の船橋・日本テレビ盃
11/09/15(9月14日付)
8日の園田で出走して、5着でした。スタートで大きく躓いて、道中は後方からの競馬になると、勝負処で気合を付けながら、8番手で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、外から懸命に差を詰めていますが、前半のロスが響き、上位に食い込む事は出来ませんでした。レース後特に不安は無い様で、次走は23日の船橋・日本テレビ盃を予定しています。
11/09/09≪レース結果≫9月8日出走
園田10R JRASSカップ[D1,700m・11頭]5着[1人気]

下原騎手「ゲートを出る時に滑ってしまい、かなり出遅れてしまいました。あれだけ遅れてしまうと、さすがに厳しいですね。状態が良かっただけに、もったいない競馬になってしまいました」

山口益師「あれだけ遅れてしまうと競馬になりませんね。ただ、参加してきただけになってしまいました。ポイントも加算したかっただけに残念です。次走については、23日の船橋・日本テレビ盃に兵庫代表で選ばれています。レース後、脚元も大丈夫そうなので、この後の状態も見てからになりますが、出走させる方向で調整を進めて行きたいと思います」
11/09/08(9月7日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、8日の園田・JRASSカップに出走しています。
11/09/07≪出走情報≫9月8日出走
園田10R JRASSカップA1特別(D1,700m)
11頭6枠6番 56kg 下原      発走15:55
重賞の摂津盃を休み明けながら見せ場十分の内容で3着と、兵庫A1で上位の能力を再確認すると、前走後は重賞の園田チャレンジカップや金沢・イヌワシ賞も候補に上がりましたが、検討の結果、地元特別戦への出走を決めており、調教師は「休み明けの反動に注意しながら慎重に調整を進めてきたことで、良い状態で出走出来そうです。前回は気合乗りが良く、思ったよりも前での競馬になりましたが、あの位置で競馬出来ればどんな展開にも対応出来そうですね。今回は色々考えた結果、特別戦に回りましたが、休み明けを使った上積みがあり、メンバーも楽になっていますから、当然にここは勝ち負けを期待しています。それに、ポイントも加算して、年末へ向けて大きなレースを目指したいですからね」と話しています。
11/09/06≪出走予定≫
8日の園田・JRASSカップ[56 下原]
11/09/05≪出走予定≫
8日の園田・D1,700m[騎手未定]
11/09/01(8月31日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「今開催、31日の重賞・園田チャレンジカップに登録しましたが、ポイントが足らず、除外でした。6日に行われる、金沢の重賞・イヌワシ賞も考えたのですが、これは相手関係を考えて自重しました。まだ2戦しかしていないので、実績があってもポイントが少ないのが痛いですね。今のところ、来週の特別戦を使う予定で進めています」と話しています。
11/08/25(8月24日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「この馬の力からすれば、前走位は走って当然でしょう。ただ、休み明けで好走しただけに、ツメの状態など慎重に見極めて行きます」と話しています。
11/08/18(8月17日付)
15日の園田で出走して、3着でした。今回は積極的な競馬で、道中は2番手でレースを進めると、3コーナー手前から気合を付けて追走し、2番手で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、休み明けにも拘らず、最後まで懸命に食い下がり、上位に粘り込んでいます。レース後特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
11/08/16≪レース結果≫8月15日出走
園田9R 摂 津 盃   [D1,700m・10頭]3着[3人気]

下原騎手「もう少しで2着だったんですけどね、惜しかったです。良い位置で競馬出来たし、最後までよく頑張ってくれました。

山口益師「休み明けだったことを考えれば良く頑張ったね。一度使っていれば、もう少し際どい競馬が出来たと思うけど、次に期待だね。この後は、ツメの状態なども見ながら次走を考えたいと思います。地元のレースだけでなく、他地区のレースも視野に入れたいと思います」
11/08/15≪出走情報≫8月15日出走
園田9R 摂 津 盃 重賞 (D1,700m)
10頭8枠10番 55.5kg 下原    発走15:50
昨年11月の兵庫移籍初戦を快勝した後、右後脚に裂蹄を発症して戦線を離脱することになりましたが、兵庫伝統の古馬重賞で約9ヶ月振りに実戦を迎えることになり、調教師は「とにかく焦らず進めることに専念しましたので、当初の予定より時間が掛かってしまいましたが、しっかり立て直すことが出来ました。能検を2回叩いたことで動きは良くなっていますし、気合も出すようになりました。基本的には叩き良化型だと思いますが、能力的には通用する筈ですし、直前の気配がとても良くなっているので、正直色気も出てきました。もう少し内枠が欲しかったところですが、後方からジックリ行きますので、大丈夫でしょう。楽しみにしています」
11/08/11(8月10日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、8日に能力検査自主参加を行っています。調教師は「D1,200mを1.17.4。スタートから逃げる格好で、後続には1秒以上の差を付けて、終始手応えは楽でした。前回より動きは良くなっていましたね。出走出来るかどうか現時点ではわかりませんが、使いたいですね。当日の馬体重は518kgでした」と話しており、15日の園田・摂津盃に出走を予定しています。
11/08/11≪出走予定≫
15日の園田・摂津盃
11/08/04(8月3日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、25日にゲート試験を兼ねた能力検査を受検して、合格しました。調教師は「ゲート試験後も変わり無くきています。8日の能検に申し込んでありますので、そこでしっかり追ってからレースへ向かいます」と話しています。(能力試験の日付が間違っており、正しくは8月8日です。謹んで訂正いたします)
11/07/28(7月27日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整で、25日にゲート試験を兼ねた能力検査を受検して、合格しました。調教師は「4?5番手か直線だけ追ってみて、1,200mを1分17秒7。まだ息遣いが荒くて、もう少し乗り込まないといけませんね。予定している摂津盃は、現時点で登録が20頭いるそうです。ポイント順なので、使えるかどうか現時点では微妙な位置ですが、使う予定で準備します。この後は4日に能力検査の自主参加を予定していますので、そこでどれだけ変わってくるかですね」と話しています。
11/07/25≪最新情報≫
25日にゲート試験を受けて、合格しました。
11/07/21(7月20日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「距離を乗りながら順調に進めています。ゲート試験から能検自主参加で追い切りを行い、8月15日の園田・摂津盃で復帰させる予定で進めています。まだ時間があるので、このまましっかり乗り込んで行きます」と話しています。
11/07/14(7月13日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「順調です。レースへ向けた調教に入っています。ゲート試験が必要なので、今のところ25日の能力検査を受検する予定で進めています。その後も変わりなければ、能検自主参加を一回叩いて、8月15日の摂津盃で復帰させる予定で進めようと思います」と話しています。
11/07/07(7月6日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「順調に乗り込んでいます。長め長めを丹念に乗り込んでいる段階ですが、今の感じでしたら、ペースアップ出来ると思います」と話しています。
11/06/30(6月29日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師「本格的な調教へ移行して、まだ日が浅いので、次の能力検査へ向かうことにしました。ここまで大事にやっているので、ここで慌ててはいけませんね。でも、馬は変わり無く順調です」と話しています。
11/06/23(6月22日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「長め長めのキャンターを乗り込んでいます。暖かくなってツメは心配無くなってきましたね。ただ、次の能力検査へ出るかどうかは、直前の様子を見て判断します」と話しています。
11/06/16(6月15日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「キャンターをコンスタントに乗って、乗り込み量を確保している段階です。今のところツメの状態は大丈夫です。このまま能力検査へ向けて進めていきます」と話しています。
11/06/09(6月8日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「キャンターを続けて乗っていますが、ツメの感じは悪くありません。時間が掛かってしまいましたが、漸く通常の調教に入って行けますね。休み明けなので能力検査が必要ですが、この後も順調ならば、7月上旬の能力検査を目標に進めて行きます」と話しています。
11/06/02(6月1日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でハッキング中心の調整です。調教師は「引き続きハッキングの調教を続けていますが、週2日程度はキャンターまで進めています。良い意味で変わり無く来ていますので、この調子で進めて行ければと思います」と話しています。
11/05/26(5月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で軽めの調整です。調教師は「様子を見ながらですが、ハッキングを続けています。今のところツメの状態は悪くありません。キャンター程度にペースを上げることは考えていますが、焦りすぎない様にと自分に言い聞かせています」と話しています。
11/05/19(5月18日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で軽めの調整です。調教師は「ダク中心のメニューは変わりませんが、少しずつでもハッキング程度は入れ始めました。まだ馬体を絞らないといけないですし、今の感じで続けて行きます」と話しています。
11/05/12(5月11日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でダクの調整です。調教師は「体調面は変わりありません。毎日ジックリ乗っている段階ですが、気候的には汗の掻きも良くなってきました。少し太目なので、これは良いですね」と話しています。
11/05/05(5月4日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でダクの調整です。調教師は「少し絞ってから進めないと、脚元の負担が大きくなってしまいますので、引き続きジックリやっています。それでもこの馬なりに順調なので、ハッキング程度は交ぜて行こうと思います。ただ、現状では今月中の復帰は難しいと思っています」と話しています。
11/04/28(4月27日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でダクの調整です。調教師は「馬場で乗る時間は延ばしていますが、まだキャンターは控えています。やり出せばオープン馬だけに、その気になってしまいますからね。もう少し時間を下さい」と話しています。
11/04/21(4月20日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でダクの調整です。調教師は「厩舎周りの乗り運動と馬場でのダクを時間を掛けて乗っています。申し訳ありませんが、もう少し時間が掛かりそうです」と話しています。
11/04/14(4月13日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でダクの調整です。調教師は「乗り役の感触では、まだ少し患部を気にする様です。装蹄師からも状態は良くなっているけど、ここが我慢のしどころと言われています。まだ復帰戦の目処が立つ段階ではありません」と話しています。
11/04/07(4月6日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でダクの調整です。調教師は「様子を見ながらですが、馬場でダクを乗り始めました。今のところ脚元は大丈夫ですね。このまま進めて行きます」と話しています。
11/03/31(3月30日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で乗り運動の調整です。調教師は「運動時間を長くして、体力を戻しています。ツメの感じも悪くないですね。様子を見ながらですが、ダクも入れてみようと思います」と話しています。
11/03/24(3月23日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場で乗り運動の調整です。調教師は「予定通り馬場へ出しました。一歩一歩ですが、着実に進めています。この後は、運動時間を長くして、調教再開へ向け進めて行きます」と話しています。
11/03/17(3月16日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで乗り運動の調整です。調教師は「引き続き乗り運動ですが、だいぶ良くなっています。すぐに進めて行けるとは思いませんが、週末辺りから馬場へ出してみようと思います」と話しています。
11/03/10(3月9日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで乗り運動の調整です。調教師は「気候が良くなって、ツメの状態は良くなってきましたね。ここへきての良化は思った以上です。予定通り今週から乗り運動を再開しましたが、今の感じでしたら、下旬あたりからはダク程度も乗れるかもしれません。逸る気持ちを抑えつつ、慎重に進めて行きたいと思います」と話しています。
11/03/03(3月2日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「寒い時期を越えて、ツメには良い気候になってきましたね。患部はだいぶ良くなっていますので、あとはツメが伸びるのを待つだけです。調教を進めるという意味ではありませんが、そろそろ乗り運動に切り替えてみようかと思っています」と話しています。
11/02/24(2月23日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「こちらもだいぶ暖かくなって、ツメの感じがしっかりしてきた印象を持っています。まだ調教は再開していませんが、状態面は良い方向へ向かっていると思います」と話しています。
11/02/17(2月16日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「引き続き運動だけになりますが、中途半端な状態では出走させられないという考えが第一です。ここで焦ってしまうのが一番悪いので、しっかり回復させることを優先させていきます。現時点では、4月?5月あたりの復帰を目指しています」と話しています。
11/02/10(2月9日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「状態面では変わりありません。先週に、雑誌『優駿』の取材を受けました。いろいろな面で注目されている馬なのだなと改めて気が引き締まりました。一日でも早く復帰出来るように頑張っていきます」と話しています。
11/02/03(2月2日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「もう少しツメの伸びが速いと思ったけど、まだ割れた部分が下りて来ないですね。思ったより時間が掛かってしまっていますが、現状では今月一杯は引き運動だけになると思います」と話しています。
11/01/27(1月26日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「患部がツメだけに、時間が掛かってしまい申し訳ありません。厩務員も毎日しっかりケアしていますが、割れた部分がもう少し下りてこないと次の段階に進めないです。もう少し時間を下さい」と話しています。
11/01/20(1月19日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「引き続き運動だけです。跨ってしまうと、馬が気合を出して負担が掛かってしまうので、ツメの回復を優先しています。上のクラスで走る馬だけに、慎重に進めていきます」と話しています。
11/01/13(1月12日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「予定通り年内は運動だけにしましたが、時期的にツメの伸びが遅くて、まだ運動だけにしています。乗り出すにはもう少し時間が掛かるかもしれません」と話しています。
10/12/27(12月25日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「年内は運動だけですが、装蹄師の話では、年明けから乗り出すというのも難しいかもしれません。時期的に慎重にならざるを得ません」と話しています。
10/12/23(12月22日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「予定通り年内は運動だけになります」と話しています。
10/12/16(12月15日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「馬は元気で、体調の変化はありません。時期的にツメがどれくらい伸びてくれるかですね」と話しています。
10/12/09(12月8日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「年内は運動だけで、治療を最優先に進めていきます」と話しています。
10/12/02(12月1日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。右後脚裂蹄を発症した為、厩舎周りで運動を行っています。調教師は「今更言ってもしょうがないけど、2日の重賞は8頭立てで、相手関係も十分足りるメンバーですね。本当に残念です。馬は元気ですが、患部がツメだけに少し時間が掛かるかもしれません。時期的にもツメが伸び難い時期ですが、装蹄師は一生懸命やってくれています。調整期間を含めると3カ月位は時間を頂くことになるかもしれません」と話しています。
10/11/25(11月24日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。厩舎周りで軽めの調整です。調教師は「2日の重賞へ向けて、24日に1週前の追い切りを行った後、以前と同じ右後脚に裂蹄を発症してしまいました。僅かですが出血もあったので、このまま出走へ向けて進めるのは無理かなと思います。ツメに関しては、厩務員や装蹄師も含め、細心の注意を払ってここまで進めてきたんですが・・。一度使って状態は上がっていたし、距離も丁度良いので、今回はチャンスだと硬くなっていたところでした。本当に残念ですが、予定していた園田金盃は回避することにします。この後の予定も一旦白紙にして、装蹄師とも相談しながら何とか立て直します。この馬で重賞を取りたいですから」と話しています。
10/11/18(11月17日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「休み明けの反動が無い様に慎重に調整を進めています。次走は、12月2日の園田・園田金盃の予定です」と話しています。
10/11/11(11月10日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「特別では力が違いましたね。次走は重賞へ向かいたいと思います。12月2日の園田・園田金盃に向けて進めていきます。前走は良化途上の感じがありましたが、それで勝てたので今後の選択肢が広がって来るんじゃないかな。現時点では全くの未定ですが、1月23日の京都・平安Sも視野には入れています」と話しています。
10/11/04(11月3日付)
3日の園田10R・兵庫県産たまご特別・D1,700mに出走して、優勝しました。道中は7番手でレースを進めると、3コーナー手前から気合を付けて押し上げて、3番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、外から伸び脚を見せてキッチリ前を捕え、地方移籍初戦を見事な勝利で飾っています。レース後特に不安ありませんが、次走は未定です。
10/11/04≪レース結果≫11月3日出走
園田10R 兵庫県産たまご特別[D1,700m・12頭]優勝[2人気]

下原騎手「少し急仕上げの感じで、どれだけやれるかと思いましたが、道中も良い位置で競馬が出来たし、追い出してからの反応も良かったです。さすがにここでは力が一枚上という感じでしたね」

山口益師「追い切りの本数が足らなかったので半信半疑だったけど、これだけやれるとはね。今日は能力だけで勝ったと思うので、しっかり仕上げればもっとやれると思います。これで使うレースも選べてくるので、今後が楽しみになりました」
10/11/02≪出走情報≫11月3日出走
園田10R 兵庫県産たまご特別A1(D1,700m)
12頭7枠10番 55kg 下原      発走16:05
西脇トレセン移動後も順調に調整を進め、今開催で地方移籍初戦を迎えることになり、調教師は「規定の能検は必要無かったのですが、ゲートの確認と実戦形式の追い切りを行いたかったので、自主参加でエントリーしてました。結果的にはツメの外傷で回避したので、仕上がりとしては一本足らないかなという感じはあります。裂蹄で休養がある馬なので、ツメに関しては慎重に慎重を重ねていますが、装蹄師がとても熱心に見てくれていますので、今のところ大丈夫です。使いつつ上向かせて行こうとは思っていますが、斤量55kgもこの馬には恵まれたし、いきなりでも十分通用するんじゃないかな。いずれは中央のレースにも使いたいと思っていますしね」と話しています。
10/11/02≪調教タイム≫
29西脇重 71.4- 54.1- 39.9- 26.2- ---  馬なり
10/11/01≪出走予定≫
3日の園田・兵庫県産たまご特別A1[55 下原]
10/10/28(10月27日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「22日にゲート試験を受ける予定で、出走表にも入っていたのですが、当日の朝、右トモのツメに小さな外傷が見つかった為、大事を取って回避しました。歩様は影響ありませんし、あくまでも大事を取ってのものなので、様子を見ながら、また進めていきます」と話しています。
10/10/22≪最新情報≫
22日(金)にゲート試験を受検する予定でしたが、右後脚蹄部に小さな外傷が発見された為、大事を取って次回以降へ回ることになりました。
10/10/21(10月20日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「ここまで順調にきていて、22日にゲート試験の能力検査を受けます」と話しています。
10/10/14(10月13日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「先週に速いところをやっているので、今週は15−15程度です。馬名登録するように言われましたので、このまま出走へ向けて進めていきます」と話しています。
10/10/07(10月6日付)
西脇トレセン・山口益巳厩舎在厩。本馬場でキャンターの調整です。調教師は「すでに能検を受検できる状態なんだけど、まだ登録が出来ないので、5日に半マイル53秒?上がり2ハロン26秒の調教を行いました。A1クラスの馬なので、少しでもやっておかないといけませんからね」と話しています。

現在、本馬の地方競馬再ファンドを行っています。現時点で非常に多くのお申し込みを頂戴している為、ご出資は抽選となり、誠に申し訳ありませんが、ご出資頂けない元出資様も出てしまう予定です。募集締め切りは8日(金)必着となっており、締切日以降の到着分につきましては、全て承れませんので、予めご了承下さい。再出資をご希望の元出資会員様には至急お申込み下さいますようお願い申し上げます。
10/10/01
★「シルククルセイダー号」地方競馬ファンドについて

 9月30日到着分で、募集口数を大きく上回るお申込みを頂戴しております。また、お申込み頂いた会員様も200名を超えております。
 抽選の結果では、誠に申し訳ございませんが、ご出資頂けない会員様も出てしまいますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。また、元出資会員様以外のご出資も承れませんので、合わせてご了承下さいますようお願い申し上げます。
 募集締め切りは、10月8日(金)書類到着分までとなっております。
 このたびは多くのお申込みを頂き、心より御礼申し上げます。
10/09/30(9月29日付)
17日付けで中央抹消となり、同日に西脇トレセン・山口益巳厩舎へ移動しています。到着後も特に問題は無い様で、本馬場でキャンターの調整です。現在、本馬の地方再ファンドを行っています。現時点で非常に多くのお申し込みを頂戴しており、元出資会員様による再出資の中で抽選とさせていただく予定です。募集締め切りは10月8日(金)となっておりますので、再出資をご希望の元出資会員様にはお早めにお申込み下さいますようお願い申し上げます。
10/09/23(9月23日付)
今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。17日付けで抹消の手続きが取られています。今後は、地方再ファンドを行い、兵庫県競馬で競走を続ける予定です。
10/09/17≪最新情報≫
17日(金)に抹消の手続きが取られています。
10/09/16(9月15日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダクとキャンター2,400m、坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「坂路でキャンター中心ですが、まずまず順調に進めています」と話しています。尚、今後の進め方について協議を行った結果、現状ではコンスタントにレースを使うことが難しいため、地方競馬へ移籍させて使いたいと考え、領家調教師にも快く送り出して頂けることとなりましたので、急遽ですがこのまま引退させ、地方競馬再ファンドを行うことと致します。近日中に抹消の手続きが取られる予定です。尚、この地方移籍に関しまして、出資会員の皆様には書面にてご報告をお送りしておりますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。
10/09/09(9月8日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダクとキャンター2,400m、坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「肉が少し落ちたということで、馬場で長めを乗ってから坂路へ入れています。体調を整えながら、速い調教へ移行していきたいと思います」と話しています。
10/09/03≪最新情報≫
2日(木)に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
10/09/02(9月1日付)
先週11着でした。道中は9番手でレースを進めましたが、勝負処で手応えが怪しくなり、12番手に後退して4コーナーを回りました。そして直線に向いても巻き返す事が出来ず、そのまま流れ込むようにゴールしています。調教助手は「一度使って追い切りの動きも良くなっていたので、もう少しやれると思っていたけど、勝負処で反応が悪くなってしまったからね。良い時に比べるとまだ筋肉が戻っていない所もあるので、もう少し時間が掛かりそうだね。このあとは適鞍がないので、一旦宇治に出して乗り込んでもらいます」と話しており、2日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧される予定です。
10/08/30≪レース結果≫8月29日出走
小倉10R 阿 蘇 S(混)[D1,700m・14頭]11着[11人気]

松田騎手「追い切りの動きから、もう少しやれると思っていましたが、道中の手応えがもう一つだったし、追ってからも手応えが良くなかったですね。叩き良化タイプみたいだから、もう少し使って行く方が良いかもしれないね」
10/08/27≪出走情報≫8月29日出走
小倉10R 阿蘇S(混) (D1,700m)
14頭 56kg 松田          発走15:35
久々の前走を使われた後も変わりなく、予定通りここへの出走を決めており、調教助手は「追い切りは松田騎手に乗ってもらいました。少し気負って走っている所はありましたが、一度使って動きも良くなってきていると思います。思っていたよりハンデがついてしまったのでどうかと思いますが、56kgならそう負担はないと思うので、経験を上手く生かしてくれればと思っています」と話しています。
10/08/26(8月25日付)
CWコースでキャンターの調整で、25日に時計を出しています。厩務員は「前走よりは徐々に良くなってきていると思いますが、良い時に比べると、もう一つグッと来るところまで行っていない感じがあります。メンバーはそれほど強くないので、あとは小倉のコースが良い方に出ればと思います」と話しており、今週日曜日の小倉・阿蘇Sに出走を予定しています。
10/08/26≪出走情報≫8月29日出走
小倉10R 阿 蘇 S(混)[D1,700m・14頭]56kg 松田
10/08/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
松 田25CW良 84.4- 67.2- 51.8- 37.9- 12.0 一杯に追う
10/08/19(8月19日付)
CWコースでキャンターの調整で、18日に時計を出しています。調教助手は「追い切りは、競馬で乗ってもらう予定の松田騎手に乗ってもらいました。まだこの馬の良い時に比べるともう一つの感じはありますが、前走時と比べると動きも素軽くなってきているし、この馬なりに良化してきていると思います。使いつつ上向いてくる馬なので、焦らずやっていきたいと思います」と話しています。
10/08/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
松 田18CW良 84.1- 67.0- 52.1- 38.7- 12.8 馬なり余力
10/08/12(8月11日付)
先週8着でした。道中は無理せず最後方からレースを進めると、前との差を詰めながら4コーナーを回りました。そして直線で追われると、休み明けでしたが、まずまずの末脚で順位を上げています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教助手は「やはり休み明けは、もう一つ走るタイプではないけど、最後はそれなりに見せ場も作ってくれたし、次は良くなってくると思います。レース後も変わりなく来ているので、次は小倉3週目の阿蘇Sを使う予定で進めていこうと思います。以前に小倉で落馬しているので、その時とは違う乗り役を探す予定ですが、空いていれば松田騎手にお願いしようかと思っています」と話しています。
10/08/09≪レース結果≫8月7日出走
新潟11R 関 越 S(国) [D1,800m・15頭]8着[10人気]

松岡騎手「ゲートは出たけど二の脚がもう一つでしたし、揉まれ弱いところがあるので、後方に控えました。休み明けなので、返し馬では息が良くなかったけど、最後は来てますから、やはり地力はありますよ」
10/08/06≪出走情報≫8月7日出走
新潟11R 関越S(国) (D1,800m)
15頭5枠9番 56kg 松岡      発走15:45
帰厩後はじっくり調整を進めると、当初の予定通りここへの出走を決めており、調教助手は「追い出してから多少モタモタしているところがあるし、このクラスなので、もう1ランク上げていかないと競馬に行っても厳しいですからね。元々使いつつ良くなってくるタイプなので、使っての変わり身に期待したいですね」と話しています。
10/08/05(8月4日付)
CWコースでキャンターの調整で、4日に時計を出しています。調教助手は「追い切りはいつも通り馬場でやりましたが、良い時と比べると、まだ良化途上の感じはありますね」と話しており、今週土曜日の新潟・関越Sに出走を予定しています。
10/08/05≪出走情報≫8月7日出走
新潟11R 関 越 S(国) [D1,800m・15頭]56kg 松岡
10/08/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手4CW良 85.5- 68.8- 53.9- 39.6- 12.6 追って一杯
10/08/04≪出走予定≫
土曜日の新潟・関越S[56 松岡]
10/08/03≪出走予定≫
土曜日の新潟・関越S
10/07/29(7月28日付)
CWコースでキャンターの調整で、28日に併せて時計を出しています。調教助手は「先週あたりが帰厩して一番苦しい時期だったけど、徐々に盛り返してきて、追い切りの動きも良くなってきています。来週追い切れば良い仕上がりになると思います。休み明けはあまり走る方ではないので、そのあたりが心配ですが、左回りはこの馬にとってベストなので、期待したいですね」と話しています。
10/07/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
松 田28CW良 83.2- 67.3- 52.8- 38.9- 12.1 叩き一杯
          アマゾネスバイオ(古500万)稍一杯の内を1.7秒追走0.1秒先着
10/07/22(7月21日付)
CWコースでキャンターの調整で、21日に併せて時計を出しています。調教師は「先週の追い切りはもう一つ動きが重たかったけど、今週は最後までしっかり動けていたし、徐々に良くなってきているよ。競馬は再来週だから、あと2本しっかりやれるので、良い仕上がりで使えると思うよ」と話しています。
10/07/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手21CW良 83.1- 66.8- 52.7- 39.5- 13.3 追って一杯
          チョップチョップ(古500万)一杯の内アタマ先着
10/07/15(7月14日付)
CWコースでキャンターの調整で、14日に併せて時計を出しています。調教師は「牧場で乗り込みはしっかりしてくれていたし、あとはこちらで速いところをこなしていけば良くなってくると思うので、今週から強めて追い切りをかけています。まだやり出して間がない分、最後は遅れてしまいましたが、これでピリッとしてくると思うので、来週の追い切りは終いも辛抱して走ってくれるでしょう。新潟4週目の関越Sを予定していますが、使う頃になれば丁度良い仕上がりになると思います。左回りの方がこの馬は良いので、休み明けでもそれなりには走ってくれると思うよ」と話しています。
10/07/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手14CW重 88.2- 71.7- 55.9- 40.4- 12.6稍一杯追う
          ジェントルフォーク(古1600万)馬なりの内を0.5秒先行3F付0.5秒遅れ
10/07/08(7月7日付)
3日に栗東へ帰厩すると、角馬場でキャンターの調整です。調教助手は「牧場でもまだ速いところはあまりやっていなかったみたいだし、しばらくはこちらで乗り込んで作っていこうと思います。脚元などの状態は悪いところはないみたいだし、このまましっかり乗り込んで進めていきます。左回りが良い馬なので、新潟あたりで使えれば良いんだけどね」と話しています。
10/07/05≪最新情報≫
3日に栗東へ帰厩しています。
10/07/02≪最新情報≫
3日(土)に栗東へ帰厩する予定になりました。
10/07/01(6月30日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週もキッチリとメニューをこなしています。見栄えのする馬体に力強さが加わり、着実にパワーアップしている感じです。調教師にも状態の良さを報告して、近い内に戻すよう打ち合わせを行っています。このまま態勢を整えていきます」と話しています。
10/06/24(6月23日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「変わりなく順調で、良い具合に進めています。乗り込んで馬体が減るようなことも無いですし、動きにも随分余裕が感じられるようになりました。速いところを乗りながら帰厩に向けて進めていきたいと思います」と話しています。
10/06/17(6月16日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「変わらず動きは良いです。馬に覇気があって体調も安定しているし、長めも積極的に乗っていますので、張りのある馬体になってきました。今の感じで乗り込めれば目処も立ってくると思います」と話しています。
10/06/10(6月9日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「問題無く順調に乗れています。動きも変わらずしっかりしているし、馬も気合が乗って少し煩い位ですが、それだけ状態が良い証拠だと思います。今のデキを維持するように調整していきます」と話しています。
10/06/03(6月2日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。本馬場中心に15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週もなかなかの動きを見せています。気持ち馬体に余裕があるかもしれませんが、特に疲れも見られませんし、強めをやるようになって、かなり気合が乗ってきました。このままのペースでしっかり乗り込みを続けていきたいと思います」と話しています。
10/05/27(5月26日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。本馬場中心に15−15の調教を付けられており、牧場長は「予定通り強めを始めました。裂蹄の方も気にならないし、ひと追いごとに良くなっている感じで、動きもだいぶピリッとしてきました。このまま順調にいってくれると良いですね」と話しています。
10/05/20(5月19日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。本馬場中心に17−17の調教を付けられており、牧場長は「動き自体も上々で、良い具合に進んでいると思います。長めをじっくり乗り込んできたので、息もだいたい出来ていますし、今週から15−15も入れていくつもりです」と話しています。
10/05/13(5月12日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。本馬場中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まずまずの調教をこなしています。馬体に張りが出て気配も上がっているし、装蹄師にも念のためツメを見てもらいましたが、特に問題は無かったようです。このまま様子を見て進めていきます」と話しています。
10/05/06(5月5日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。本馬場中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「ツメの伸び具合も順調ですし、じっくりやってきた効果でしょうか、ここへきて馬体の張りも良くなっている感じです。このまま進めていければと思います」と話しています。
10/04/29(4月28日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「ペース的には変わりませんが、先週からキャンターの距離を延ばしています。裂蹄の方も気にならないし、歩様に違和感もありませんので、少しずつ進めてみたいと思います」と話しています。
10/04/22(4月21日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「裂蹄はだいぶ落ち着いてきたようです。まだ無理は出来ませんが、今の状態なら心配無いでしょう。このまま様子を見て進めていきます」と話しています。
10/04/15(4月14日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「状態を見ながらですが、徐々に進めています。ここまで経過は良好ですが、すぐに回復という訳にはいきませんので、無理の無い範囲で乗り込みを続けていきます」と話しています。
10/04/08(4月7日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。裂蹄を発症した為、マシンの運動で良化を図ると、先週から乗り込みを再開しています。牧場長は「ツメなので慎重にやっていますが、乗り出した後も大丈夫そうですね。この感じなら少しずつ進めていけるのではないでしょうか」と話しています。
10/04/01(3月31日付)
天栄ホースパークで調整中です。裂蹄を発症した為、引き続き馬房で安静にしていましたが、先週からマシンの運動を始めています。牧場長は「裂蹄は思った程悪くは無いようです。患部に痛みや熱感もありませんし、先週から軽い運動も始めていますので、調教再開までにそれ程時間は掛からないと思います」と話しています。
10/03/25(3月24日付)
天栄ホースパークで15−15の調教を付けられていましたが、右後脚のツメが気になり検査を行うと、裂蹄を発症していることが判明しました。現在は舎飼にして経過を確認しており、牧場長は「以前にも不安の出たツメですが、今回は新しくできたもので、ごく僅かですが出血も見られます。敏感な部分ですし、慎重にやらないといけないと思いますが、装蹄師の話しでは、軽い運動程度は可能ということなので、今週からマシンに入れながら、経過を見ていきます。調教が進んできた段階で、本当に残念です」と話しています。
10/03/18(3月17日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,600mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「本馬場で長めに乗ってから、坂路で強めをやるパターンで進めています。まだ本来の動きとは言えませんが、気持ちの面でだいぶ前向きになってきましたので、このまま続けていけばピリッとしてくると思います」と話しています。
10/03/11(3月10日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,600mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週末に15−15を乗って状態を確認しました。楽をさせた分、多少モタついた感じでしたが、久々にしてはまずまずの動きでした。ここへきて少しずつトモに張りが出てきたし、良い具合に変わってきていると思います」と話しています。
10/03/04(3月3日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,600mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「長めをじっくり乗っている効果もあって、馬っぷりも随分良くなってきたし、ここへきて気配も上向いている感じです。調教師からは『4月のアンタレスSに間に合えば』という話しも出ますが、トモの状態を見ながらですので、週末に速いところをやって、まずは動きを確認してからですね」と話しています。
10/02/25(2月24日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,600mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まだトモが寂しく映るので、あまりやり過ぎないように注意していますが、それでも徐々に力を付けている感じです。今週は少し進めることも考えています」と話しています。
10/02/18(2月17日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,600mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まずまずの調教をこなしています。状態そのものは良さそうですが、もう暫く今の感じで乗り込んで、トモにしっかり力を付けていきたいと思います」と話しています。
10/02/11(2月10日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,600mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「トモの筋肉を取り戻すことを重点に、長め長めを乗っています。ツメの伸び具合も良好ですし、回復の状態を見ながら進めていきます」と話しています。
10/02/04(2月3日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「ツメの状態もまずまずで、予定通り馬場にも入れ始めました。その後も変わりなく乗れていますが、楽をさせた影響で、少しトモの筋肉が落ちているので、その辺りも考えながら進めていきます」と話しています。
10/01/28(1月27日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「引き続きツメの状態を確認しながらですが、少しずつ進めています。今のところ歩様も大丈夫そうですし、今週は馬場にも入れて様子を見るつもりです」と話しています。
10/01/21(1月20日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。軽めの調整を行いながら、引き続き裂蹄の回復を図っており、牧場長は「ダク中心のメニューで、徐々に運動量を増やしています。ツメが伸びきるまでは、今後も無理のない範囲で乗り込みを続けていきたいと思います」と話しています。
10/01/14(1月13日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。マシンの運動を続けながら、裂蹄の回復を図ると、先週から騎乗を再開しています。牧場長は「乗ってみた感じも悪くないし、今のところ問題は無さそうです。すぐに進めるという段階ではありませんが、着実に良い方向に向かっていると思います」と話しています。
10/01/07(1月6日付)
天栄ホースパークで調整中です。マシンの運動を続けながら、引き続き裂蹄の回復を図っています。牧場長は「ツメが伸びきるまで、まだ時間は掛かりそうですが、歩かせる分には問題無いので、乗り出して様子を見ることも検討しています」と話しています。
09/12/28(12月28日付)
天栄ホースパークで調整中です。マシンの運動を続けながら、引き続き裂蹄の回復を図っています。牧場長は「場所が場所だけに回復のスピードはスローですが、ここまでの経過は良好です。もう暫く辛抱です」と話しています。
09/12/24(12月23日付)
天栄ホースパークで調整中です。マシンの運動を続けながら、引き続き裂蹄の回復を図っています。牧場長は「まだ調教再開の目処が立つ段階ではありませんが、あまり楽をさせても緩んでしまうので、毎日運動だけはしっかりやっていきたいと思います」と話しています。
09/12/17(12月16日付)
天栄ホースパークで調整中です。先週からマシンの運動を始めており、引き続き裂蹄の回復を図っています。牧場長は「装蹄師からも良化しているという診断でしたので、週末からマシンの運動を始めています。暫くはこのまま経過を見ていくことになりますが、ツメが伸びきるまでは、ケアをしっかりやっていきたいと思います」と話しています。
09/12/10(12月9日付)
天栄ホースパークで療養中です。引き続きパドック放牧を行いながら、裂蹄の回復を図っており、牧場長は「慎重にやっていますが、ここまで経過は良好です。ツメの伸び具合も順調ですし、歩かせる分にも問題ありませんので、様子を見てマシンの運動を始めたいと思います」と話しています。
09/12/03(12月2日付)
天栄ホースパークで療養中です。引き続きパドック放牧を行いながら、裂蹄の回復を図っており、牧場長は「徐々に良い方向には向かっていますが、運動再開までには、もう少し時間が必要です。今後のためにも、ここは我慢して回復を待ちたいと思います」と話しています。
09/11/26(11月25日付)
天栄ホースパークで療養中です。引き続きパドック放牧を行いながら、裂蹄の回復を図っており、牧場長は「今はツメが伸びるのを待つしかありませんが、出来るだけ馬体を緩ませないように、飼い葉の量はセーブしています。もう暫くの辛抱ですね」と話しています。
09/11/19(11月18日付)
天栄ホースパークで療養中です。引き続きパドック放牧を行いながら、裂蹄の回復を図っており、牧場長は「特に状況に変化はありません。次の段階に進めていくには、まだ時間が掛かりそうですが、ここは治療を続けながら良化を待つしかないですね」と話しています。
09/11/12(11月11日付)
天栄ホースパークで療養中です。引き続きパドック放牧を行いながら、裂蹄の回復を図っており、状態は特に変わりなく、ツメが伸びるまではこのまま経過を見ていくことになっています。
09/11/05(11月04日付)
天栄ホースパークで放牧中です。到着後はひと息入れて裂蹄の状態を確認しており、牧場長は「歩様はそれ程気になりませんが、患部がツメですから、大事にやっていきます。ここはしっかり治療に専念したいと思います」と話しています。
09/10/29(10月28日付)
裂蹄の症状が見られた為、厩舎で様子を見ると、調教師は「両後脚が裂蹄になってしまい、登録を止めて様子を見ていましたが、結構痛いみたいなので放牧に出すことにしました。しっかりケアをしてきたんだけど、体質的なものもあるし、乾燥する時期になってきていたからね。クラス慣れもしてきたところだったから、何とかもう少し辛抱して今週使いたかったんだけど、本当に残念だね」と話し、28日に天栄ホースパークへ移動しています。
09/10/28≪最新情報≫
28日に天栄ホースパークへ放牧されています。
09/10/26≪最新情報≫
両後脚に裂蹄を発症した為、今週の登録は見送り、一旦放牧に出す方向で検討しています。
09/10/22(10月21日付)
CWコースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教師は「追い切りはなかなか良い動きをしていたし、変わりなく状態は良さそうだね。権利も取っているし、2,100mだから頭数も多くはならないと思うので、何とか来週使いたいね。松岡騎手に依頼するつもりでしたが、先約があるみたいなので、三浦騎手に依頼しました」と話しています。
09/10/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21CW良 87.7- 69.9- 54.6- 40.3- 12.6 馬也単走
09/10/15(10月14日付)
角馬場でキャンターの調整です。調教助手は「4週目の予定なので、それまでしっかり乗り込んで競馬に備えていますが、状態も変わりなくキープしていると思います。自分の競馬が出来れば前々走みたいな競馬が出来ると思うし、徐々にクラス慣れもしてきているから、楽しみにしています」と話しています。
09/10/08(10月7日付)
先週8着でした。道中は無理せず後方からレースを進めると、向正面では捲り気味に4番手まで押し上げましたが、勝負処で7番手に後退して4コーナーを回りました。そして直線で追われると、上位を窺う脚は無かったものの、最後までバテずに粘り込んでいます。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教助手は「馬がドッと来ると気にしているところはあるけど、徐々にこのクラスでも対応出来るようになってきていると思います。外枠なら前で競馬をして、内枠なら無理せずじっくり外に出して捲る競馬をしていけば良いと、安藤騎手も言っていたので、流れが合えば十分やれそうですね。使った後も今のところダメージもないようなので、今週のペルセウスSで除外の権利を取って、31日のブラジルSに向かいたいと思っています」と話しています。
09/10/08≪出走情報≫
土曜日の東京11R・ペルセウスSに田中博騎手で出馬投票しましたが、非抽選で除外となり、31日の東京・ブラジルCへ向かう予定になりました。
09/10/07≪出走予定≫
権利取りの目的でペルセウスSに登録する予定です。
09/10/06≪出走予定≫
権利取りの目的で今週登録する可能性があります。
09/10/05≪レース結果≫10月3日出走
阪神10R シリウスS(GV)[D2,000m・16頭]8着[10人気]
安藤勝騎手「スタートして少し周りを気にしていた分、行き脚が付かなかったけど、外に出してからは良い走りになって自分から動いて行けたので、捲り気味に行きました。勝負所で外から来られた時に、また気にして高脚を使ってしまいましたね。無理に行かず、溜めて外から競馬をさせれば、このクラスでも通用する力は持っている馬だと思うし、展開次第だと思います」
領家師「4コーナーで怯んだ分モタついてしまったけど、それからまた盛り返しているように力は持っているんだよね。ドッと外から来られると、どうしても落馬の記憶があるみたいだから、外から捲る競馬が良いんだと思います」
09/10/02≪出走情報≫10月3日出走
阪神10R シリウスS(国) GV (D2,000m)
16頭6枠12番 56kg 安藤勝     発走15:35
前走後も変わりなく、当初は東京開催に向かう予定でしたが、検討の結果、今週の出走を決めており、調教師は「使える時に使っておかないと、いつ使えるかわからない部分もあるし、良い乗り役も押さえられたので出走を決めました。右回りでも揉まれなければ問題ないだろうし、今週の追い切りも終い気合いを付けた程度で動きも素軽かったので、状態は良いと思うよ」と話しています。
09/10/01(9月30日付)
CWコースでキャンターの調整で、30日に時計を出しています。調教師は「安藤勝己騎手も手配できたので、今週使うことにしました」と話しており、今週土曜日の阪神・シリウスSに出走を予定しています。
09/10/01≪出走情報≫10月3日出走
阪神10R シリウスS(GV)[D2,000m・16頭]56kg 安藤勝
09/09/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30CW良 89.0- 71.0- 53.7- 39.5- 12.2 馬也単走
09/09/30≪出走予定≫
土曜日の阪神・シリウスS[56 安藤勝]
09/09/29≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/09/24(9月23日付)
21日に出走し、9着でした。道中は10番手でレースを進めると、3コーナーすぎから前を窺いますが、押し上げられずに4コーナーを回りました。そして直線でも懸命に追われたものの、前残りの展開も影響して差を詰められず、そのまま流れ込むようにゴールしています。調教助手は「重賞とあって流れも厳しかったね。それでもこのクラスの流れに慣れていけば、十分走ってくれると思うので、このまま厩舎で調整して、次は東京4週目のブラジルCに向けて進めていきます。どこかで権利を取っておかないといけないと思うので、毎日王冠にでも登録して、権利を取れれば取っておきます」と話しています。
09/09/23≪レース結果≫9月21日出走
新潟11R エルムS(GV)[D1,800m・14頭]9着[9人気]
田中博騎手「さすがに2番手とは言わないけど、すんなり先行したいと思って積極的に行きましたが、さすがにこのメンバーでは行かせてもらえませんでした。それに、3?4コーナーでフワっとなってしまい、気持ちの面でももう少しでしたね。それでも最後は伸びていますよ」
09/09/18≪出走情報≫9月21日出走
新潟11R エルムS(国) GV (D1,800m)
15頭 56kg 田中博         発走15:45
前走快勝後はここを目標に定め、短期放牧を挟んで態勢を整えており、厩務員は「今回はメンバーも揃うので、どれだけやれるかですが、スムーズな競馬が出来れば前走ぐらいはやれるはずなので、力を出してほしいですね。乗り手が変わってもそう難しい馬ではないと思うので、思い切って乗ってもらうように言っておきます」と話しています。
09/09/17(9月16日付)
CWコースでキャンターの調整で、17日に時計を出しています。厩務員は「状態も前走より良くなっているし、追い切りの動きも良かったと思います」と話しており、月曜日の新潟・エルムSに出走を予定しています。
09/09/17≪出走情報≫9月21日出走
新潟11R エルムS(GV)[D1,800m・15頭]56kg 田中博
09/09/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17CW良 82.9- 67.6- 52.7- 38.9- 12.8 一杯単走
09/09/16≪出走予定≫
月曜日の新潟・エルムS[56 田中博]
09/09/15≪出走予定≫
月曜日の新潟・エルムS
09/09/10(9月9日付)
CWコースでキャンターの調整で、5日に時計を出すと、9日には併せて追い切られています。調教助手は「追い切りはセイウンワンダーと併せてやりました。向こうはまだ仕上がり途上ですが、最後までこちらの方が相手を見る余裕があるぐらいの手応えで、ほぼ馬なりで上がってきました」と話し、厩務員は「北海道で使っていた時は、落馬の影響が競馬に出ていたみたいで、周りを気にして走っていましたが、前走は行きっぷりも違ったし、左回りのコースだと集中して走れるみたいです。新潟のコースはペースも遅く、ある程度前で競馬をすれば前走ぐらいはやれると思うので、楽しみにしています」と話しています。
09/09/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9CW良 82.7- 67.1- 52.2- 37.6- 12.4 馬也内先行アタマ遅れ
09/09/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5CW良 89.8- 73.5- 58.3- 43.7- 13.5 馬也単走
09/09/03(9月2日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルでキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、2日に栗東へ帰厩しています。調教助手は「3日から乗り込みを開始しています。前走は左回りで行きっぷりが良かったし、揉まれない競馬ならあれぐらい走る馬なので、同じコースのエルムSでも期待出来ると思います。リフレッシュも出来たと思うので、良い状態で使えるように持っていきたいですね」と話しています。
09/09/02≪最新情報≫
3日に栗東へ帰厩しています。
09/08/31≪最新情報≫
検討の結果、今週以降の帰厩に変更となっています。
09/08/28≪最新情報≫
29日(土)に栗東へ帰厩する予定になりました。
09/08/27(8月26日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「先週は普通キャンター中心に乗り込んでいますが、そろそろピッチを上げていきたいと思います。しっかりリフレッシュさせてあげたいですね」と話しています。
09/08/20(8月20日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「勝った後だけに、先週はひと息入れてあげて、今週から乗り出しました。次は重賞になるようですので、またしっかり乗って送り出したいと思います」と話しています。
09/08/13(8月12日付)
先週優勝しました。今回は積極的に前を窺い、逃げ馬の直後でレースを進めると、3コーナーすぎには先頭に並び掛け、まずまずの手応えで4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、抜け出した2頭の競馬になると、最後は激しい追い比べを制して、見事勝利を飾っています。調教助手は「環境も変わって、行きっぷりが今までで一番良かったね。右回りだと落馬の影響で怯むところがあったし、行けなかったからね。使った後は栗東に戻して、運動で様子を見ていますが、特に変わりはないけど一旦宇治に出して調整してもらいます。この後は新潟にエルムSがあるので、そこを目標にしますが、今回と同じ条件だし、期待出来ると思います」と話し、12日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。
09/08/12≪最新情報≫
12日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
09/08/10≪レース結果≫8月8日出走
新潟11R 関 越 S(国)[D1,800m・13頭]優勝[4人気]
     単 勝 12     1,280円
     複 勝 12      370円
     枠 連 7-7    8,350円
     馬 連 11-12    8,630円
     馬 単 12-11   16,580円
     ワイド 11-12    2,560円
         04-12    4,540円
     3連複 04-11-12  96,450円
     3連単 12-11-04 620,960円
松岡騎手「乗ったことのあるジョッキーから、ズブいと聞いていたんですが、今日はすごく反応が良かったですよ。自分の形に持ち込めれば、今日のような強い競馬ができるのかもしれませんね」
09/08/07≪出走情報≫8月8日出走
新潟11R 関越S(国) (D1,800m)
14頭7枠12番 55kg 松岡      発走15:45
前走後はここを目標に定め、中間も函館で調整を進めて態勢を整えており、調教助手は「前走は具合が良かったので期待していましたが、切れる脚がないから、レコード決着の馬場ではちょっと可哀想でしたね。幸いレースの反動もなく、前走と同じくらいのデキをキープしていますし、長く良い脚を使うこの馬には、積極的な競馬をする松岡騎手は合っていると思います。当日、良馬場なら楽しみですね。気になるとすれば、暑さでしょうか。涼しい北海道から、急に暑い所へ行く訳ですから」と話しています。
09/08/06(8月5日付)
函館Wコースでキャンターの調整で、5日に併せて時計を出しています。調教助手は「間隔が詰まっているので、追い切りは2歳と併せ、肩鞭を入れた程度です。6日に函館を出発し、7日夜に新潟競馬場へ到着する予定です」と話しており、今週土曜日の新潟・関越Sに出走を予定しています。
09/08/06≪出走情報≫8月8日出走
新潟11R 関 越 S(国)[D1,800m・14頭]55kg 松岡
09/08/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5函W良    66.7- 53.6- 39.5- 12.9 強目外0.1秒遅れ
09/08/05≪出走情報≫
土曜日の新潟・関越S[55 松岡]
09/08/04≪出走情報≫
土曜日の新潟・関越S
09/07/30(7月29日付)
函館Wコースでキャンターの調整で、29日に併せて時計を出しています。調教師は「権利も取れているので、予定通り来週新潟の関越Sを松岡騎手で使います。使った後は栗東に戻して、状態を見て小倉で使いたいと思っています」と話しています。
09/07/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29函W良    67.9- 52.6- 38.5- 12.9 強目内同入
09/07/23(7月22日付)
先週6着でした。道中は無理せず後方に控えてレースを進めると、向正面では一旦6番手に押し上げましたが、8番手で4コーナーを回りました。そして直線ではバテずに伸び脚を見せましたが、レコード決着の流れも影響して、上位を窺う事は出来ませんでした。レース後も順調で、函館競馬場へ移動しています。調教師は「今週の函館記念で権利を取って、再来週新潟の関越Sを予定しています。函館からそのまま新潟に行く予定です」と話しており、権利取りの目的で函館記念に登録して、除外となっています。
09/07/23≪出走情報≫
日曜日の札幌9R・函館記念に柴原騎手で出馬投票しましたが、非抽選で除外となり、8月8日の新潟・関越Sへ向かう予定です。
09/07/21≪レース結果≫7月19日出走
札幌9R マリーンS(混) [D1,700m・11頭]6着[4人気]
領家師「今日は時計が速すぎたね。本当は前で競馬させる予定だったんだけど、流れが速くて、後ろからの競馬になってしまいました。パサパサで脚掛かりの良い馬場の方が、この馬には合っていると思います。前走の様に馬群が密集した時に、跳び上がる様な面は見せなかったけどね」
09/07/21≪出走予定≫
権利取りの目的で、函館記念に登録する方向です。
09/07/17≪出走情報≫7月19日出走
札幌9R マリーンS(混) (D1,700m)
11頭 55kg 岩田          発走15:25
中1週での出走となりますが、中間も変わりなく好調をキープしており、調教助手は「追い切りの動きは良かったですよ。前走と同じくらいか、それ以上の出来でレースを使えると思います。腰回りの筋肉が戻ってきましたし、この中間から意図的にハミをかけながら乗っていますので、今回はある程度行き脚が付くと思います。間隔を詰めて使えるのはプラスですし、岩田騎手が続けて乗ってくれるのも心強いですね。期待しています」と話しています。
09/07/16(7月15日付)
函館Wコースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。調教師は「前回より筋肉が戻って体がフックラして来ました。こちらは涼しくて気候も良いし、今回が休み明け3戦目になりますから、前走以上の競馬を期待出来そうです。レース後は、そのまま函館に滞在させ、新潟の関越Sを使いに行きたいと思います」と話しており、今週日曜日の札幌・マリーンSに出走を予定しています。
09/07/16≪出走情報≫7月19日出走
札幌9R マリーンS(混) [D1,700m・11頭]55kg 岩田
09/07/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15函W不    68.4- 54.1- 38.8- 13.1 強目単走
09/07/15≪出走予定≫
日曜日の札幌・マリーンS[55 岩田]
09/07/14≪出走予定≫
日曜日の札幌・マリーンS
09/07/09(7月8日付)
先週4着でした。道中は無理せず10番手でレースを進めると、勝負処でも脚を溜めるように進め、まずまずの手応えで4コーナーを回りました。そして直線では、大外から伸び脚を見せると、勝ち負けの争いには加われなかったものの、最後まで渋太く差を詰めて、上位に入線しています。レース後、特に不安は無い様で、今週日曜日の札幌・巴賞に登録して除外をもらっておりますが、次走については今のところ、来週日曜日の札幌・マリーンSを予定しています。
09/07/09≪出走情報≫
12日の札幌9R・巴賞に柴原騎手で出馬投票しましたが、非抽選で除外となった為、来週の札幌・マリーンSへ向かう予定です。
09/07/08≪出走予定≫
日曜日の札幌・巴賞に特別登録していますが、今のところ今週の登録は見送る方向です。
09/07/07≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/07/06≪レース結果≫7月4日出走
札幌9R 大 沼 S(混)[D1,700m・12頭]4着[6人気]
領家師「乗り役の話しだと、3コーナーで馬群の中に入った時に、馬が怯んだらしいね。去年小倉で転倒した時の事を馬が覚えていたのかもしれません。外へ持ち出してからは、しっかりと脚を使ってくれました。次走は、このまま北海道に滞在させて、19日の札幌・マリーンSを目標にしたいと思います」
09/07/03≪出走情報≫7月4日出走
札幌9R 大沼S(混) (D1,700m)
12頭6枠7番 55kg 岩田      発走15:25
前走後は短期放牧を挟み、帰厩後は函館競馬場に移動して態勢を整えており、調教助手は「前走は休み明けであれだけ走れる力を見せてくれたし、今回は使った上積みも見込めると思います。ここで何とか賞金を加算してくれると、この先も予定を立てやすいんだけどね」と話しています。
09/07/02(7月1日付)
函館Wコースでキャンターの調整で、1日に時計を出しています。調教助手は「函館に着いてからも変わりなさそうだし、予定通り今週使います」と話しており、今週土曜日の札幌・大沼Sに出走を予定しています。
09/07/02≪出走情報≫7月4日出走
札幌9R 大 沼 S(混)[D1,700m・12頭]55kg 岩田
09/07/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1函W重    69.0- 53.3- 39.0- 12.9 G前仕掛け単走
09/07/01≪出走予定≫
土曜日の札幌・大沼S〔55 岩田〕
09/06/30≪出走予定≫
土曜日の札幌・大沼S
09/06/26≪最新情報≫
24日に栗東へ帰厩しています。
26日に函館競馬場へ移動しています。
09/06/25(6月24日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルに移動後も変わりなく調整を進めると、確認した調教師の指示で、24日に栗東へ帰厩しています。調教助手は「26日に函館に移動させる予定です。今のところ北海道に入っているオープン馬が少ないみたいなので、来週の大沼Sを使って、その後は新潟の関越Sを使えればと思います」と話しています。
09/06/24≪最新情報≫
24日に栗東へ帰厩しています。
09/06/23≪最新情報≫
24日に栗東へ帰厩する予定になりました。
09/06/22≪最新情報≫
20日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
09/06/19≪最新情報≫
20日(土)に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧される予定です。
09/06/18(6月17日付)
先週7着でした。道中は9番手でレースを進めると、3コーナーでは一旦控える格好になりましたが、8番手に押し上げて4コーナーを回りました。そして直線では、最内から伸び掛ける場面を見せると、上位に食い込む事は出来なかったものの、最後まで渋太く粘り込んでいます。調教助手は「使った後も変わりないですが、適鞍がないので一旦出して、除外狙いで阪神のプロキオンSに登録するように戻します。そこで権利を取って、小倉のKBC杯から新潟の関越Sを使えればと思います」と話しており、京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定です。
09/06/15≪レース結果≫6月13日出走
東京11R ブリリアントS(国)[D2,100m・16頭]7着[13人気]
三浦騎手「良い馬ですね。これだけ長く休んでいて、これだけの競馬が出来るんですから。スタートは上手く出てくれて、良い位置に付けられましたし、道中は内々でロス無く競馬できた上に、最後までしっかりしていましたよ。あと1,2回使えば、本来のデキに戻るんじゃないでしょうか。まだまだやれそうです」
09/06/12≪出走情報≫6月13日出走
東京11R ブリリアントS(国) (D2,100m)
16頭2枠3番 55kg 三浦      発走15:45
オアシスSは除外となると、短期放牧に出て調整され、予定通り今週出走する事になり、調教師は「追い切りは併せた馬を前に行かせて、こちらは後ろから外を回ってきた分、最後は相手の方が手応えは良かったですね。でも、本来の行きっぷりも出てきているし、状態も上向いているので、何とか頑張ってほしいね」と話しています。
09/06/11(6月10日付)
CWコースでキャンターの調整で、10日に併せて時計を出しています。調教師は「しっかり最後まで動けていたので、良い追い切りは出来たと思います」と話しており、今週土曜日の東京・ブリリアントSに出走を予定しています。
09/06/11≪出走情報≫6月13日出走
東京11R ブリリアントS(国)[D2,100m・16頭]55kg 三浦
09/06/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10CW良 82.0- 66.7- 52.2- 39.0- 12.8 一杯外追0.2秒遅れ
09/06/10≪出走予定≫
土曜日の東京・ブリリアントS〔55 三浦〕
09/06/09≪出走予定≫
土曜日の東京・ブリリアントS
09/06/04(6月3日付)
30日に栗東へ帰厩すると、CWコースでキャンターの調整で、3日に併せて時計を出しています。調教師は「来週東京のブリリアントSを予定しているので、今週から追い切りをかけていますが、一旦出して良い感じでリフレッシュしたみたいで、なかなか状態も良さそうだよ。休み明けから動けるタイプではないけど、良い状態で使えそうだね」と話しています。
09/06/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3CW良 78.1- 64.4- 51.9- 38.6- 13.0 一杯内追0.1秒遅れ
09/06/01≪最新情報≫
30日に栗東へ帰厩しています。
09/05/29≪最新情報≫
30日(土)に栗東へ帰厩する予定になりました。
09/05/28(5月27日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク1,200m、キャンター2,400m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「馬もリフッレッシュして、帰厩に向けて調教を進めています。週末から15−15を乗りましたので、今週からは坂路で速いところを乗って、良い状態で戻したいと思います」と話しており、今のところ今週末の帰厩を予定しています。
09/05/21(5月20日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク1,200m、キャンター2,400m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「レースへ向けての追い切りを消化してきただけあって、若干テンションが高いので、普通キャンター中心に乗っています。少し息抜きさせてあげれば、ペースアップしていけると思います」と話しています。
09/05/14(5月13日付)
9日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧となると、到着後は休み無く調教を開始しており、ウォーキングマシンの運動60分と本馬場でダク1,200m、キャンター2,400m乗った後、坂路1本の調教をつけられています。牧場長は「レースに使える状態だったので、どこも不安はありません。緩める必要もありませんし、コンスタントに速いところを乗っていきたいと思います」と話しています。
09/05/11≪最新情報≫
9日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
09/05/08≪最新情報≫
9日(土)に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧される予定です。
09/05/07(5月6日付)
CWコースでキャンターの調整で、6日に併せて時計を出しています。調教師は「追い切りの動きや状態に関しては文句ないけど、今週も頭数が多く除外確実です。このまま追い切りをこなしても仕方がないので、一旦放牧に出して、2,3週で戻す予定で行こうと思います。東海Sもおそらく入らないと思うので、東京4週目のブリリアントSを目標に仕上げ直していきます」と話しており、近日中に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧される予定です。
09/05/07≪出走情報≫
日曜日の東京10R・オアシスSに草野騎手で出馬投票しましたが、非抽選で除外となった為、6月13日の東京・ブリリアントSへ向かう予定です。
09/05/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6CW良 83.2- 66.9- 52.3- 38.6- 12.0 一杯外追走同入
09/05/07≪出走予定≫
除外確実な状況のため、6月13日の東京・ブリリアントSへ向かう予定です。
09/05/05≪出走予定≫
日曜日の東京・オアシスS
09/04/30(4月30日付)
CWコースでキャンターの調整で、29日に時計を出しています。調教師は「念のために今週のオープン特別に登録して除外の権利を取ろうと思いましたが、入りそうなので登録はせず、来週のオアシスSに向かいます。追い切りもやるごとに動きがしっかりしてきているし、良い感じでここまで来ています。少しでも賞金を加算しておかないとなかなか使えないので、何とか初戦からやれるように持っていきたいと思います」と話しています。
09/04/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW良 82.1- 66.4- 51.7- 38.2- 12.4 一杯外追走クビ先着
09/04/30≪出走予定≫
検討の結果、今週の登録は見送り、来週日曜日の東京・オアシスSに向かう予定です。
09/04/28≪出走予定≫
権利取りの目的で今週登録する可能性があります。
09/04/23(4月22日付)
CWコースでキャンターの調整で、22日に併せて時計を出しています。調教助手は「先週まではもう一つ以前のガツンと来るところが見られませんでしたが、ようやく良い頃の動きが出てきています。この感じで行けば、使う頃には良い時の状態になると思います」と話しており、権利取りの目的でアンタレスSに登録して、除外となっています。
09/04/23≪出走情報≫
日曜日の京都10R・アンタレスSに浜中騎手で出馬投票しましたが、非抽選で除外となった為、東京3週目・オアシスSへ向かう予定になりました。
09/04/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22CW良 83.8- 65.1- 50.8- 38.0- 13.0 馬也内追0.1秒遅れ
09/04/21≪出走予定≫
権利取りの目的で、アンタレスSに登録する方向です。
09/04/16(4月15日付)
CWコースでキャンターの調整で、12日と15日に時計を出しています。厩務員は「休みが長かった分、良化がスローなので、使って良くなっていけばと思います」と話し、調教師は「来週アンタレスSに登録して権利を取って、東京3週目のオアシスSを使うことになると思います。追い切りも徐々に動きが良くなってきているので、使う頃には良い状態になるでしょう」と話しています。
09/04/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15CW不 82.1- 66.0- 51.1- 38.0- 12.5 一杯単走
09/04/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12CW良          44.9- 14.6 馬也単走
09/04/09(4月8日付)
CWコースでキャンターの調整で、8日に併せて時計を出しています。調教師は「今週は併せて追い切りましたが、まだ体に余裕があることもあって、動きは少し重かったね。まだ時間もあるので、レースを使う頃には丁度良い体になっていると思うよ。アンタレスSに登録して、除外なら東京のオアシスSを使う予定で行こうと思っています」と話しています。
09/04/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8CW良 81.3- 66.1- 52.8- 39.9- 13.5 一杯外追走0.2秒遅れ
09/04/02(4月1日付)
28日に栗東へ帰厩すると、CWコースでキャンターの調整で、1日に併せて時計を出しています。調教師は「牧場でしっかり乗り込んでくれたのが良かったようで、良い感じで戻ってきました。追い切りも今週からビシッとやれているし、このまましっかり仕上げて復帰を目指したいと思います」と話し、調教助手は「追い切り後も変わりないし、このまま進めていけそうですね。アンタレスSを目標にしていますが、頭数が多くなって使えない可能性もあるし、他のレースを使うにしても、権利は取っておいた方が良さそうなので、来週中山の春雷Sに権利取りの目的で登録しておこうと思います」と話しています。
09/04/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1CW良 85.9- 69.1- 54.7- 40.5- 12.2 強目内追走0.1秒遅れ
09/03/30≪最新情報≫
28日に栗東へ帰厩しています。
09/03/27≪最新情報≫
28日(土)に栗東へ帰厩する予定になりました。
09/03/26(3月25日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週は20日に坂路で、4ハロンから51.9- 37.9- 25.2- 12.4馬なりの時計で調教を付けられています。牧場長は「帰厩に備えて、こちらでの実質最終追いになります。動きも良かったですし、良い状態で戻れると思います」と話しており、今のところ今週末の帰厩を予定しています。
09/03/19(3月18日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週は坂路で13−13の調教を付けられており、牧場長は「特に問題無く順調です。週末には強いところをやりましたが、手応えも十分でしたし、最後までしっかり走っていましたよ。調教師にも状態の良さを伝えてありますので、近い内に帰厩になると思います」と話しています。
09/03/12(3月11日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「変わりなく状態は良いですよ。気持ちも前向きで走り自体もスムーズですし、馬も随分しっかりしてきましたね。このままのペースで乗り込みを続けていきます」と話しています。
09/03/05(3月4日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週も強めのところをキッチリこなしています。相変わらず動きも良いですし、全体的に力強さが加わってきた感じです。今の状態をキープ出来れば、帰厩の目処も立ってくると思います」と話しています。
09/02/26(2月18日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「引き続き状態は良いですよ。乗り込むごとに気合乗りが良くなっている感じで、馬もピリッとしてきました。このままコンスタントに乗り込みを進めていきます」と話しています。
09/02/19(2月18日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「特に問題無く順調で、予定通り15−15も始めました。動きも変わらずしっかりしていますし、全体的に力強さが加わってきた感じです。このままスムーズに進んで欲しいですね」と話しています。
09/02/12(2月11日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「特に悪いところはないようです。調教も前向きにこなしていますし、馬体も充実して体調も上がっている感じです。今週は15−15も入れていく予定です」と話しています。
09/02/05(2月4日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路3本の調整です。先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「ペース的には変わりませんが、先週から坂路を3本乗っているように、調教量を増やしています。動きにもだいぶ余裕が出てきましたし、脚元も特に問題無いので、この調子で乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
09/01/29(1月28日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「週末に右前を挫跖してしまいましたが、蹄鉄に鉄橋を付けたことで、症状も落ち着きましたので、特に心配ありません。このまま進めていける状態です」と話しています。
09/01/22(1月21日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「コンスタントに乗り込んでいます。気持ちの面でだいぶ前向きになり、動きもピリッとしてきましたので、このままスムーズに進めていけそうです」と話しています。
09/01/15(1月14日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「まずまず順調で徐々にペースを上げています。少し馬体に余裕があるかもしれませんが、だいぶ乗り込み量もこなしてきましたし、ここへきて気配も良くなっている感じです。この調子で状態を上向かせていきたいと思います」と話しています。
09/01/08(1月7日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「もう少し乗り込む必要はありますが、それでもだいぶしっかり乗れるようになってきました。状態を見ながらですが、今週は少しペースを上げてみるつもりです」と話しています。
08/12/29(12月29日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「調教に関しては順調ですが、コンスタントに速いところへ進めるには、まだ乗り込み量が足りない感じもしますので、もう少しこれ位のペースでジックリ乗っていくつもりです」と話しています。
08/12/25(12月24日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まずまず順調で徐々にペースを上げています。動き自体もスムーズですし、こちらに来た頃に比べると、馬も随分良くなりましたね。着実に良い方向に向かっていると思います」と話しています。
08/12/18(12月17日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週も無理せず乗りましたが、良い具合に馬体も締まってきて、走りにも安定感が出てきました。今の状態でしたら、少しずつ進めていけると思います」と話しています。
08/12/11(12月10日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「まずまずの感じで進めています。馬体はだいぶスッキリしてきましたが、まだ少し緩い面が残っているので、ペースを上げるのはもう少し様子を見ます」と話しています。
08/12/04(12月3日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週も坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「調教に関しては順調ですが、馬体が緩んでいる状態で進めても、反動が怖いので、もう少し我慢してジックリ乗っていきます」と話しています。
08/11/27(11月26日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路で22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「坂路2本の調教で少しずつ進めています。まだ全体的に緩いので、もう少し乗り込みは必要ですが、調教は前向きにこなしているので、その点は徐々に解消されてくるでしょう」と話しています。
08/11/20(11月19日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路1本の調整です。先週は坂路で軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「脚元の心配も無くなり、まずまず順調に進めています。ひと息入れた影響で、少し馬体に余裕はありますが、速いところをやり出せば絞れてくると思います」と話しています。
08/11/13(11月12日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。左前脚の状態を確認しながら、マシンの運動を続けると、予定通り先週から騎乗を再開しています。牧場長は「患部の腫れもほぼ治まっていますし、乗り出した後も特に変わりないので、様子を見ながら進めてみたいと思います」と話しています。
08/11/06(11月5日付)
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。左前脚に腫れが見られた為、マシンの運動に留めて様子を見ており、担当した獣医は「エコーを撮って状態を確認しましたが、特に異常はありませんでした。見た目も良くなっているし、軽く乗る分には問題無いでしょう」と話すと、牧場長は「獣医からも許可が下りましたので、今週から乗り運動程度は行うつもりです」と話しています。
08/10/30(10月29日付)
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。左前脚に腫れが見られた為、マシンの運動に留めて様子を見ており、牧場長は「まだ若干腫れは残っていますが、だいぶ治まってきたようです。近い内にエコーを撮る予定なので、結果次第では乗り運動を始められるかもしれません」と話しています。
08/10/23(10月22日付)
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。左前脚に腫れが見られた為、マシンの運動に留めて様子を見ており、牧場長は「歩様自体は問題ありませんが、脚元がスッキリするまでは、無理はしない方が良いでしょう。もう少しこのまま我慢したいと思います」と話しています。
08/10/16(10月15日付)
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。左前脚に腫れが見られた為、マシンの運動に留めて様子を見ており、牧場長は「乗れる段階までにはもう暫く時間が掛かりそうですが、それでも腫れ自体は徐々に治まってきていますので、回復には向かっていると思います」と話しています。
08/10/09(10月9日付)
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。左前脚に腫れが見られた為、マシンの運動に留めて様子を見ており、牧場長は「まだ脚元には腫れと痛みが残っており、すぐに乗り出せる感じではないですね。ここで無理して慢性的になると怖いので、現時点ではこのまま良化を待つしかないと思います」と話しています。
08/10/01
天栄ホースパークで軽めの調整を続けていましたが、今週に入り左前脚に腫れが見られた為、マシンの運動に切り替えて様子を見ています。牧場長は「外傷の影響があり、なかなか順調にいきませんね。少し痛みもあるようですし、腱に掛かり易い場所なので、ここは大事にやっていきたいと思います」と話しています。
08/09/24
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。脚元の状態を確認しながら、軽めの調整を続けており、牧場長は「トモの踏み込みはだいぶ良くなってきていますが、まだペースを上げた時の不安があるので、ここはもう少し我慢して乗っていきます」と話しています。
08/09/17
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。脚元の状態を確認しながら、軽めの調整を続けており、牧場長は「まだ踏み込みに甘いところがありますが、それでも徐々に良くなってきているので、もう少し我慢すれば進めていけると思います」と話しています。
08/09/10
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。マシンの運動を行いながら、脚元の状態を確認すると、予定通り先週から乗り運動を始めています。牧場長は「特に状態は変わりませんが、トモの踏み込みが良くなるまで、無理せずジックリやっていきます」と話しています。
08/09/03
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンの運動を行いながら、脚元の状態を確認しており、牧場長は「まだ踏み込みに甘さはありますが、特に跛行している訳では無いので、今週から乗り運動程度は行うつもりです」と話しています。
08/08/27
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンの運動を行いながら、馬体の状態を確認しており、牧場長は「患部の腫れは徐々に治まってきていますが、落馬の影響なのか、少しトモの踏み込みが甘い感じです。慌ててやっても良くないので、もう暫くこのまま様子を見たいと思います」と話しています。
08/08/20
17日に天栄ホースパークへ移動しており、到着後はマシンの運動で馬体の状態を確認しています。牧場長は「厩舎から報告の通り、やはり腰と腹帯のあたりに腫れがある状態で、無理せずひと息入れたのは良かったと思います。調教師も大事にしていますし、ここはしっかり治療に専念したいと思います」と話しています。
08/08/20≪最新情報≫
17日に天栄ホースパークへ放牧されています。
08/08/13
先週は競走を中止しています。道中は10番手でレースを進めると、外を回りながら追い上げ態勢に入りましたが、その直後に前の馬に触れてしまい、馬がバランスを崩し転倒して騎手が落馬、競走中止となりました。レース後は大事を取ってそのまま小倉競馬場で様子を見ると、12日に栗東へ帰厩しています。調教助手は「落ち着いた後に歩様が乱れ、念の為、11日に小倉で検査してもらったら、骨などは異常なく輸送しても良いとのことだったので、12日に帰厩させました。馬は元気一杯で飼い葉も食べていますが、腰と腹帯のあたりが腫れているので、13日に再度エコーやレントゲンを撮って確認しました。特に異常も見られないようで、本当に運が良かったとしか言いようがないね」と話し、調教師は「前の馬が外にふくらんだ時に、間に入って交わそうとしたみたいで、横の馬の後ろ脚を引っ掛けて転倒したようです。せっかく良い状態で勝ち負けを期待していただけに、残念でした。幸い軽い打撲で済んだし、一息入れて馬も気分を入れ替えて、再度良い競馬をしてもらいたいと思います」と話しています。
08/08/13≪最新情報≫
12日に栗東へ移動しています。
08/08/11≪レース結果≫8月10日出走
小倉10R KBC杯 (D1,700m・15頭)中止(5人気)
領家師「追い出してから、前の馬に引っかかってしまい、転倒してしまいました。馬も走っていたので大丈夫と思っていましたが、馬房に戻る時にトモを気にしていたみたいです。このまま小倉に滞在させて様子を見る予定です」
08/08/08≪出走情報≫8月10日出走
小倉10R KBC杯(混) (D1,700m)
15頭 55kg 川田          発走15:35
休み明けの前走を使われた反動も見られず、予定通り中1週で出走する事になり、調教助手は「前走は体に余裕があったけど、休み明けにしては良く走った方なので、今回は十分変わり身があると思います。乗り役もこの馬のことを良く知っているはずなので、楽しみにしています」と話しています。
08/08/07≪出走情報≫8月10日出走
小倉10R KBC杯 (D1,700m・15頭)55kg 川田
08/08/06
坂路コースでキャンターの調整で、6日に併せて時計を出しています。調教助手は「追い切りはこの馬なりに動いていたし、使って状態は上向いていると思います」と話しており、今週日曜日の小倉、KBC杯に出走を予定しています。
08/08/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6栗坂良    53.3- 38.8- 25.4- 12.9 一杯追走アタマ遅れ
08/08/06≪出走予定≫
日曜日の小倉・KBC杯〔55 川田〕
08/08/05≪出走予定≫
日曜日の小倉・KBC杯
08/07/30
先週4着でした。道中は9番手辺りでレースを進めると、3コーナーすぎから徐々に押し上げ、7番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われると、勝ち負けの争いには加われなかったものの、最後まで渋太く差を詰めて、入着を果たしています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「最後で窮屈なところもあったみたいだけど、休み明けであれだけ走れば上出来だね。体も余裕があったので、次は十分変わり身があると思うよ。使った後も変わりないので、来週小倉のKBC杯を使う予定で進めていきます」と話しています。
08/07/28≪レース結果≫7月27日出走
新潟11R 関 越 S  (D1,800m・13頭)4着(5人気)
岩田騎手「道中は良い感じだったけど、4コーナーで厳しいところに入ってしまったね。スムーズだったら際どい競馬になっていたと思います。惜しいレースでした」
08/07/25≪出走情報≫7月27日出走
新潟11R 関 越 S(国際) (D1,800m)
13頭 55kg 岩田          発走15:45
フレグモーネの為、中間は放牧に出て調整されると、予定通り今週復帰する事になり、調教助手は「追い切りは岩田騎手に乗ってもらいましたが、休み明けにしては動きもしっかりしていました。まだ少し太めだと思うし、どちらかと言うと叩き良化型なので、そのあたりが心配ですが、岩田騎手なら期待に応えてくれるかもしれませんね」と話しています。
08/07/24≪出走情報≫7月27日出走
新潟11R 関 越 S  (D1,800m・13頭)55kg 岩田
08/07/23
坂路コースでキャンターの調整で、23日に時計を出しています。調教助手は「追い切りの動きも良かったので、状態に関しては文句ない仕上がりで使えそうです」と話しており、今週日曜日の新潟、関越ステークスに出走を予定しています。
08/07/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23栗坂良    53.7- 39.2- 25.3- 12.6 強目単走
08/07/23≪出走予定≫
日曜日の新潟・関越S〔55 岩田〕
08/07/22≪出走予定≫
日曜日の新潟・関越S
08/07/16
坂路コースでキャンターの調整で、16日に併せて時計を出しています。調教師は「先週の追い切りでは相手にアオられて見劣っていたけど、今週の併せ馬ではこの馬本来の動きを見せてくれたよ。爪のことがあるので坂路で乗りこんでいますが、今のところ変わりないので、来週新潟の関越Sを岩田騎手で予定しています」と話しています。
08/07/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16栗坂良    −−- −−- −−- 12.6 一杯0.1秒先着
08/07/09
坂路コースでキャンターの調整で、6日に時計を出すと、9日には併せて追い切られています。調教師は「帰厩後も順調に来ています。新潟2週目の関越Sを使う予定でいるので、しっかり乗り込んでいきます」と話しています。
08/07/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6栗坂良    60.8- 45.7- 30.7- 15.7 馬也単走
9栗坂稍    −−- 38.3- 25.2- 12.9 一杯クビ遅れ
08/07/03≪最新情報≫
3日に栗東へ帰厩しています。
08/07/02
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場でダクとキャンターで2,400mと坂路でキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「コンスタントに15−15を乗り込んでいます。週末には終いだけ13秒程度に伸ばしてみましたが、なかなか良い動きでした。態勢は整っていますので、今週も速いところを1本乗ってから送り出したいと思います」と話しており、確認した調教師の指示で3日に栗東へ帰厩する予定になりました。
08/07/02≪最新情報≫
今のところ、今週中の帰厩を予定しています。
08/06/25
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場でダクとキャンターで2,400mと坂路でキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「先週末に終いだけ少し伸してみて動きを見ていますので、今週から15−15を始めていきます。変わりなく順調ですし、特に不安もありませんので、このまま進めていけば、近い内に帰厩になると思います」と話しています。
08/06/18
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場でダクとキャンターで2,400mと坂路でキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「予定通りにペースを上げています。クラスが上の馬だし、始めればすぐに動きも良くなってくるでしょう。まだ太めなので、そのあたりを考えて乗り込んでいきます」と話しています。
08/06/11
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場でダクとキャンターで2,400mと坂路でキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「変わりなく順調ですし、このまま進めていけるでしょう。週末に17秒程度のところまで伸ばして、動きを確認したいと思います。普段もリラックスして乗れていますし、良い具合です」と話しています。
08/06/04
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場でダクとキャンターで2,400mと坂路でキャンター1本の調教をつけられています。牧場長は「予定通り坂路に入れながら調教を進めています。体調面は心配無くなりましたので、このまま乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
08/05/28
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場で常歩とダク2,400mとキャンター2,000m調教をつけられています。牧場長は「左トモに関しては心配ありません。ひと息入ったことで、馬場でジックリ乗っていますが、今後は、坂路にも入れて進めていきたいと思います」と話しています。
08/05/21
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場で常歩とダク3,000mの調教をつけられています。牧場長は「左トモの様子を見ながらですが、大事と取ったことで、フレグモーネの影響は殆ど無くなりましたね。徐々に進めていきたいと思います」と話しています。
08/05/14
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。左後脚フレグモーネの影響で、マシンの運動により経過を観察すると、先週より乗り運動を開始しています。牧場長は「まだ完全にスッキリしたとは言えませんが、あまり休ませてしまうと馬も緩んでしまうので、少しずつ乗り始めています。今後も経過を見ながら進めていくことになります」と話しています。
08/05/07
予定通り2日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧となると、到着後はマシンの運動で様子を見ています。牧場長は「厩舎である程度治療してもらっていたし、こちらに来たときは状態も落ち着いていたので、それほど心配は無いでしょう。大事を取って様子を見ていますが、今週から乗り出していきたいと思います」と話しています。
08/05/07≪最新情報≫
2日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
08/04/30
28日にフレグモーネの症状が見られた為、馬房で休養しています。調教師は「先週は除外になったので、東京のオアシスSに向かう予定でしたが、28日の朝に、左トモがフレグモーネになって熱が出てしまいました。今は熱も下がってもう心配ないけど、立て直さないといけないので、一旦放牧に出して、夏の新潟開催に向けて再度仕上げていきます」と話しており、2日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧される予定です。
08/04/24≪出走情報≫
シルククルセイダーは、日曜日の京都11R・アンタレスSに酒井騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/04/23
DWコースでキャンターの調整で、23日に時計を出しています。調教師は「追い切りは馬場で終い重点でやりましたが、前走よりグッと伸びていたぐらいなので、上積みは見込めると思います。今のところギリギリ使えそうだけど、想定を見て増える可能性もあるので、どうなるかですね」と話しており、今週日曜日の京都、アンタレスステークスに投票しましたが、非当選で除外となっています。
08/04/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23DW良 86.3- 69.9- 54.9- 40.0- 11.7 一杯単走
08/04/23≪出走予定≫
日曜日の京都・アンタレスS〔56 騎手未定〕
08/04/22≪出走予定≫
日曜日の京都・アンタレスS
08/04/16
坂路とBコースでキャンターの調整で、13日に時計を出すと、16日には併せて追い切られています。調教助手は「なかなか良い状態で帰厩したので、良い感じでここまで来ています。来週の予定ですが除外の可能性が高いようなので、入らなければ東京3週目のオアシスSを川田騎手で使います。中京の東海Sを使いたいと思っているので、なんとか賞金を加算したいですね」と話しています。
08/04/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16栗B稍 81.2- 65.2- 50.0- 36.8- 11.5 一杯外追走0.2先着
08/04/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13栗坂良    58.9- 41.3- 27.6- 14.0 馬也単走
08/04/10≪最新情報≫
9日に栗東へ帰厩しています。
08/04/09
京都府・宇治田原優駿ステーブルでキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、9日に栗東へ帰厩しています。調教師は「予定通り帰厩させました。アンタレスSを目標に仕上げていきます」と話しています。
08/04/02
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。到着後は2日間楽をさせた後、調教を再開しています。本馬場でダクとキャンター2,400mと坂路1本の調教をつけられると、牧場長は「馬体的には問題ないようです。目標も決まっているので、このままコンスタントに乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
08/03/28≪最新情報≫
28日(金)に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
08/03/27≪最新情報≫
28日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧される予定です。
08/03/26
先週優勝しました。道中は9番手でレースを進めると、勝負処で一気に進出を開始し、先団4頭が並んだ格好で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、激しい追い比べの中、渋太い伸び脚を見せて先頭に立つと、そのまま後続の追撃も抑えて、オープン入りを果たしています。調教助手は「体も絞れて見た目は良かったので、後はスイッチが上手く入ればと思っていました。思ったより展開が落ち着いたので駄目かと思ったけど、勝負処で他の馬が早めに動いてくれたおかげで、結果的に良い展開になったね。中山が本当に合っているのかもしれないし、勝つ時は強い競馬をしてくれますね。使った後も変わりないけど、気持ちを落ち着かせるために短期で出して、京都のアンタレスSを目標に帰厩させようと思っています」と話しており、28日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧される予定です。
08/03/26≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、一旦放牧に出す予定です。次走は、4/27の京都・アンタレスSを予定しています。
08/03/24≪レース結果≫3月23日出走
中山9R 内外タイムス杯(D1,800m・16頭)優勝(2人気)
     単 勝 01      490円
     複 勝 01      220円
     枠 連 1-6    750円
     馬 連 01-11   1,830円
     馬 単 01-11   3,460円
     ワイド 01-11    790円
         01-07    690円
     3連複 01-07-11  4,400円
     3連単 01-11-07 23,710円
08/03/21≪出走情報≫3月23日出走
中山9R 内外タイムス杯(混) (D1,800m)
16頭 57kg 内田          発走14:25
前走後は短期放牧に出て調整されると、先週は除外となった為、こちらに回っており、調教助手は「前走はかなり自信があったので、敗因が良くわからないのですが、ここまで使ってきて、もう一つグッと良くなるところが見られないのが気になりますね。休みが長かったのも影響していると思うけど、今回使ってピリッとしないようなら、短期でリフレッシュさせてあげた方が良いかもしれません」と話しています。
08/03/20≪出走情報≫3月23日出走
中山9R 内外タイムス杯(D1,800m・16頭)57kg 内田
08/03/19
坂路とCWコースでキャンターの調整で、16日と19日に時計を出しています。調教師は「追い切りはテンから行った分、最後は時計が掛かってしまったけど、動きもしっかりしていたし、前走より上向いていると思います。得意の中山で乗り役もしっかり追える騎手だし、今回は変わり身を見せてくれると思うよ」と話しており、今週日曜日の中山、内外タイムス杯に出走を予定しています。
08/03/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19CW良 82.7- 68.2- 54.0- 40.6- 13.9 一杯単走
08/03/19≪出走予定≫
日曜日の中山・内外タイムス杯〔57 内田〕
08/03/18≪出走予定≫
日曜日の中山・内外タイムス杯
08/03/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16栗坂重    56.4- 40.0- 26.1- 13.2 馬也単走
08/03/13≪出走情報≫
シルククルセイダーは、日曜日の阪神10R・甲南Sに川田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週の中山・内外タイムス杯へ向かう予定となっています。
08/03/12
坂路とCWコースでキャンターの調整で、9日と12日に時計を出しています。調教師は「追い出しての反応は悪くなかったけど、最後で少し喉がゴロゴロ言っていたらしいです。ノド鳴りみたいな状態ではないので、心配はないと思いますが、少し荒れているのかもしれません。今週はおそらく除外になると思うので、来週の中山で使えるでしょう」と話しており、今週日曜日の阪神、甲南ステークスに出走を予定しています。
08/03/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12CW稍 83.0- 68.5- 54.1- 40.4- 12.5 一杯単走
08/03/12≪出走予定≫
日曜日の阪神・甲南S[57 川田]
08/03/11≪出走予定≫
日曜日の阪神・甲南S
08/03/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9栗坂良    59.8- 43.3- 28.6- 14.2 馬也単走
08/03/05
坂路コースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教師は「来週の予定なので、坂路で15−15ぐらいで調整しました。少し裂蹄気味だけど、問題ない程度ですね。川田騎手で甲南Sに登録する予定です」と話しています。
08/03/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5栗坂良    58.3- 43.1- 29.0- 14.5 馬也単走
08/02/27
京都府の宇治田原優駿ステーブルに移動後も変わりなく調整を進めると、確認した調教師の指示で、27日に栗東へ帰厩しています。調教師は「リフレッシュさせる意味で短期で出しましたが、帰厩後も変わりなく乗り込みを開始しています。予定通り阪神3週目の甲南Sに向かいますが、除外の場合は中山の内外タイムス杯に回ります」と話しています。
08/02/27≪最新情報≫
27日に栗東へ帰厩しています。
08/02/26≪最新情報≫
今のところ、今週中の帰厩を予定しています。
08/02/22≪最新情報≫
22日(金)に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
08/02/21≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、短期の予定で一旦放牧に出すことになり、22日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定です。
08/02/20
先週6着でした。道中は13番手でレースを進めると、3コーナーすぎから差を詰めに掛かり、11番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われると、最後まで渋太く伸び脚を見せましたが、上位に食い込む事は出来ませんでした。調教助手は「体も絞れて叩いた上積みに期待していたけど、勝負処でハミを噛まなかったのか、掛けなかったのか、スムーズにいかなかったようです。ハミが掛かれば終いは良い脚を使えるので、次は何とかリベンジ出来るようにしたいと思います。次走は阪神の甲南Sを予定していますが、少し間隔も空くので短期で出します」と話しており、22日に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定となっています。
08/02/18≪レース結果≫2月17日出走
東京10R 金 蹄 S (D2,100m・16頭)6着(3人気)
08/02/15≪出走情報≫2月17日出走
東京10R 金 蹄 S(混) (D2,100m)
16頭 57kg 津村          発走15:00
休み明けを使われた後も変わりない事から、検討の結果、連闘での出走を決めており、調教師は「前走は休み明けで体重が24kg増えていて、成長分もあったけど、もう一絞り出来る体だったね。それでも次につながる競馬が出来たし、連闘と輸送で絞れると思うので、今回はもっとやれるでしょう」と話しています。
08/02/14≪出走情報≫2月17日出走
東京10R 金 蹄 S (D2,100m・16頭)57kg 津村
08/02/13
先週6着でした。スタートを決めましたが、7番手に控えてレースを進めると、勝負処で気合を付けて押し上げ、5番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われると、最後まで渋太く食い下がり、休み明けながら上位とは差のないところでゴールしています。レース後も順調で、Eコースでキャンターの調整です。調教師は「権利を持っていないとなかなか使えないので、連闘だけど今週から登録していきます」と話しており、今週日曜日の東京、金蹄ステークスに出走を予定しています。
08/02/13≪出走予定≫
日曜日の東京・金蹄S[57 騎手未定]
08/02/12≪レース結果≫2月10日出走
京都10R 北山ステークス (D1,800m・16頭)6着(9人気)
08/02/12≪出走予定≫
日曜日の東京・金蹄S
08/02/08≪出走情報≫2月10日出走
京都10R 北山S(混) (D1,800m)
16頭 57kg 藤岡佑         発走15:10
前走後は放牧に出て調整されると、京都3週目と中山4週目は除外となった為、こちらに回っており、厩務員は「来週東京の金蹄Sも頭にあったんだけど、とりあえず一叩きは必要だと思うので、予定通り今週使う事になりました。今週も併せて良い感じで追い切りをこなせたので、それなりには走ってくれると思います」と話しています。
08/02/07≪出走情報≫2月10日出走
京都10R 北山ステークス (D1,800m・16頭)57kg 藤岡佑
08/02/06
Bコースでキャンターの調整で、6日に併せて時計を出しています。厩務員は「帰厩後もここまで順調にこれたし、体も良い感じに絞れてきました」と話しており、今週日曜日の京都、北山ステークスに出走を予定しています。
08/02/06≪出走予定≫
日曜日の京都・北山S[57 藤岡佑]
08/02/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6栗B重 79.8- 64.5- 49.3- 36.2- 11.7 一杯内追走同入
08/02/05≪出走予定≫
日曜日の京都・北山S
08/01/30
芝コースでキャンターの調整で、30日に併せて時計を出しています。調教師は「権利も2つあるので、来週は確実に出られるでしょう。ここまで追い切りもしっかりこなせているし、今週は馬なりで併せて動きも軽快だったので、良い感じで来週使えると思います。乗り役は藤岡佑介騎手に依頼しています」と話し、厩務員は「体も絞れてここまで良い感じに来ています。思っていたより仕上がりも良いので、初戦から動けそうですね」と話しています。
08/01/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30栗芝不 80.3- 66.0- 51.9- 38.0- 11.9 馬也内追走同入
08/01/24≪出走予定≫
シルククルセイダーは、土曜日の中山11R・アレキサンドライトSに小林淳騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/01/23
芝コースでキャンターの調整で、23日に併せて時計を出しています。調教師は「今週も除外の可能性があるので、その場合は再来週京都の北山Sに向かいます」今週土曜日の中山、アレキサンドライトSに出走を予定していましたが、除外となりました。
08/01/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23栗芝不 76.8- 62.0- 48.7- 36.3- 12.2 一杯外クビ遅れ
08/01/23≪出走予定≫
土曜日の中山・アレキサンドライトS[57 小林淳]
08/01/22≪出走予定≫
土曜日の中山・アレキサンドライトS
08/01/17≪出走情報≫
シルククルセイダーは、土曜日の京都10R・雅Sに白浜騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週の中山・アレキサンドライトSに向かう予定になりました。
08/01/16
Bコースでキャンターの調整で、13日と16日に併せて時計を出しています。調教師は「今週は除外の可能性が高いので、その場合は来週中山のアレキサンドライトSに向かいたいと思います」と話しており、今週土曜日の京都、雅ステークスに出馬投票しましたが、除外となっています。
08/01/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16栗B重 77.9- 63.2- 49.0- 36.2- 11.4 一杯外0.1秒遅れ
08/01/16≪出走予定≫
土曜日の京都・雅S[57 騎手未定]
08/01/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13栗E重       58.6- 42.2- 14.4 馬也外同入
08/01/15≪出走予定≫
土曜日の京都・雅S
08/01/09
CWとDWコースでキャンターの調整で、31日、3日、9日に併せて時計を出しています。厩務員は「思っていた以上に良い状態で戻ってきたので、時計を出し始めています。戻ってきてからは、助手が運動からしっかり乗ってくれているので、良い感じで体が引き締まってきています」と話し、調教助手は「追い切りは併せてビッシリやりましたが、動きは悪くなかったですよ。状態が良いので、ここまでしっかり乗り込めています」と話しています。また調教師は「来週の京都に登録して、除外の場合は再来週の中山を目標に進めていきたいと思っています」と話しています。
08/01/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9DW良 83.8- 67.8- 53.0- 39.4- 12.5 一杯内アタマ遅れ
08/01/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31CW重    72.1- 57.4- 43.0- 13.1 馬也内追走同入
3CW良 85.6- 70.5- 56.1- 41.9- 13.0 一杯内先行クビ先着
07/12/24
天栄ホースパークで17−17から終い15秒に伸ばす調教を付けられると、確認した調教師の指示で、21日に栗東へ帰厩しています。到着後も特に変わりは無い様で、これから徐々に乗り込みを進めていく予定となっています。
07/12/21≪最新情報≫
21日(金)に栗東へ帰厩しています。
07/12/20≪最新情報≫
21日に栗東へ帰厩する予定になりました。
07/12/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場で17−17から終い15秒に伸ばす調教を付けられると、牧場長は「先週も力強い動きを見せており、良い状態を維持しています。ほぼ態勢は整っています」と話しており、確認した調教師の指示で21日に栗東へ帰厩する予定になりました。
07/12/19≪最新情報≫
今のところ、今週末の帰厩を予定しています。
07/12/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も本馬場中心に17−17の調教を付けられると、牧場長は「特に心配な点は見られません。気合乗りもまずまずですし、ここへきて動きも力強くなってきました。近い内に戻ることになると思います」と話しています。
07/12/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も本馬場中心に17−17の調教を付けられると、牧場長は「調教では素軽いところを見せていますし、状態も良くなっていますね。このままコンスタントに乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
07/11/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場中心に17−17の調教を付けられると、牧場長は「順調にメニューをこなしています。乗り込むごとも手応えも良くなってきていますし、良い具合に進んでいると思います」と話しています。
07/11/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場中心にキャンターの調教を付けられると、牧場長は「特に体調などは変わりありません。調教は意欲的にこなしていますし、相変わらず元気も良いですよ」と話しています。
07/11/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。熱発した為、マシンの運動で様子を見ていましたが、先週から騎乗を再開しており、本馬場中心に軽めの調整を行っています。牧場長は「熱発の影響も無く馬は元気一杯ですし、全体の雰囲気も良いですよ。順調にペースを戻していけると思います」と話しています。
07/11/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週はキャンター中心に乗り込みを進めましたが、今週に入り熱発の影響でマシンだけの運動にしており、状態を見ながらペースを戻していきます。牧場長は「大事を取って一息入れていますが、熱はほぼ治まっています。心配無いと思います」と話しています。
07/10/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「先週もコンスタントに乗れており、状態は変わらず良さそうです。馬体に緩みも無く体調も安定しているので、このデキをしっかり維持していきたいと思います」と話しています。
07/10/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「調教は変わらず順調です。体調面も安定していますし、ひと追いごとに気合乗りが良くなっている感じです。この調子で進めていきたいと思います」と話しています。
07/10/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「まだ少し重い感じですが、動き自体は問題ありません。気合乗りも良くなってきていますし、良い感じで進んでいると思います」と話しています。
07/10/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「特に状態は変わりなく順調です。ここへきて馬体に張りが出てきました。このまま進めていけそうです」と話しています。
07/10/03
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「順調にメニューをこなしています。動きもだいぶしっかりしてきましたし、全体の雰囲気も良くなってきていますよ。このままコンスタントに乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
07/09/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「変わり無く順調ですよ。走り自体も安定していますし、体調面も落ち着いて状態は良さそうです。このまま進めていけそうです」と話しています。
07/09/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「脚元の心配も無くなり、順調にペースを上げています。動きもまずまずですし、気配も良くなってきていますので、この調子でしっかり乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
07/09/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整です。先週は坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられると、牧場長は「まだ軽い調教ですが、歩様も変わり無く落ち着いていますので、このまま様子を見て進めていきたいと思います」と話しています。
07/09/05
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右トモに外傷を負った為、軽めの調整で様子を見ており、牧場長は「先週も軽めに抑えて様子を見ましたが、ここへ来て歩様は落ち着いてきましたのは、徐々にペースを戻していけると思います」と話しています。
07/08/29
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右トモに外傷を負った為、軽めの調整で様子を見ており、牧場長は「引き続きダクで歩様は見ていますが、まだ進められる状態ではありません。大事を取ってもう暫くこのまま様子を見たいと思います」と話しています。
07/08/22
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。右トモに外傷を負った為、軽めの調整で様子を見ており、牧場長は「傷の状態は良くなってきていますが、ダクを見てても、馬がまだ気にするようなので、現時点ではあまり無理はしない方が良いでしょう」と話しています。
07/08/15
天栄ホースパークで坂路と本馬場を併用して乗り込んでいましたが、今週に入って右トモに外傷を負った為、軽めのメニューに切り替えて様子を見ています。牧場長は「調教後のマシンで外傷を負ってしまいました。ただ調教は休まず乗っていますし、少し治療をしたらペースを戻していきたいと思います」と話しています。
07/08/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「脚元の心配もだいぶ無くなり、順調に進めています。動きもまずまずですし、この調子でしっかり乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
07/08/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で22秒程度の調教を付けられると、牧場長は「左前脚の球節も落ち着いて徐々にペースを戻しています。その後の状態も変わりないので、このまま進められると思います」と話しています。
07/07/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「先週はペースを落として様子を見ましたが、その効果で球節部分の腫れも引いてスッキリしてきました。歩様も特に問題無いので、徐々に元のメニューに戻していけると思います」と話しています。
07/07/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられましたが、牧場長は「ここへきて左前脚の球節部分に腫れが見られるので、状態次第では一旦ペースを落とすかもしれません」と話すと、担当した獣医は「捻挫だと思います。歩様には出ていませんが、腫れが少しあるので、ペースを落として経過を見た方が良いでしょう」と話しています。
07/07/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「腰の状態が良くなってきて、動きに柔らか味が出てきましたね。今は心配するところも無いので、このまましっかり乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
07/07/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「背中や腰の不安も解消して、順調に乗れるようになってきました。動きもスムーズですし、気配も良さそうなので、この調子で進めていきたいと思います」と話しており、調教師は「状態次第ですが、中旬くらいに戻すかもしれません。ただ、新潟(関越S)には間に合わないだろうから、小倉が目標になると思います」と話しています。
07/06/27
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「背中と腰の張りもほぼ治まっており、順調にペースを戻しています。その後の状態も変わり無いので、このまま進めていけると思います」と話しています。
07/06/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。先週は本馬場中心に22秒程度の調教を付けられると、牧場長は「ショックウェーブの効果で、背中と腰の張りもだいぶ治まってきました。今週は元のメニューに戻していけると思います」と話しています。
07/06/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。先週は本馬場中心にキャンターの調教を付けられると、牧場長は「疲れの影響だと思いますが、背中と腰が張っているので、大事を取ってショックウェーブを当てました。ひと息入れれば大丈夫だと思います」と話しています。
07/06/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「先週も順調に乗れており、状態は変わり無く良さそうです。乗り込むにつれて手応えもしっかりしてきましたので、今週から15−15も入れていきたいと思います」と話しています。
07/05/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「脚元や体調面に不安も無く順調にこなしています。腰に力が付いて動きもピリッとしてきましたし、着実に気配も上向いてきています」と話しています。
07/05/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「調教は変わらず順調です。ここきて腰回りがフックラしてきましたし、状態は上向いていると思います。この調子でしっかり乗り込んでいきたいと思います」と話すと、確認した調教師の指示で「良い具合に回復しているし、上手くやってもらってるね。今のところ7月の新潟・関越Sを目標にして、それに合わせて帰厩させる予定です」と話しています。
07/05/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「先週も順調に乗ることができました。気持ちも前向きで動きも良くなってきていますが、もう少し馬体がフックラしてからペースを上げていきたいと思います」と話しています。
07/05/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「精神的に落ち着いて順調に調教をこなしています。乗り込むにつれて動きもしっかりしてきましたが、もう少し馬体がフックラしてくると良いですね」と話しています。
07/05/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場中心にキャンターの調教を付けられると、牧場長は「脚元や体調に問題無く順調にきています。腰の状態もだいぶ良くなってきましたので、そろそろ坂路にも入れて進めていきたいと思います」と話しています。
07/04/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を続けると、牧場長は「まだ緩い感じに映りますが、腰の状態も良くなってきましたし、精神的にも落ち着いていますので、このまま進めてみます」と話しています。
07/04/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,000mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行うと、先週から本馬場にも入れており、牧場長は「まだ全体的に緩い感じですが、腰の疲れも取れて体調面も落ち着いているので、状態を見ながら進めていきたいと思います」と話しています。
07/04/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「目は心配無さそうです。ただ少し腰に疲れが見られるので、このままじっくり乗りながら、良化を待ちたいと思います」と話しています。
07/04/04
予定通り30日に天栄ホースパークへ移動しており、到着後は引き運動とマシンの運動で状態を確認すると、牧場長は「目はしっかり治療していたようで、調教を始められる状態にあると思います。まだ来たばかりなので、様子を見ながらですが、今週から乗り出していくつもりです」と話しています。
07/03/30≪最新情報≫
30日(金)に天栄ホースパークへ移動する予定です。
07/03/28
滋賀県の島上牧場で療養を続けると、確認した調教師の指示で30日に天栄ホースパークへ移動する予定になりました。牧場長は「トレセンの獣医が診ていますし、状態はだいぶ良くなりました」と話しています。
07/03/28≪最新情報≫
30日に天栄ホースパークへ移動する予定になりました。
07/03/23≪最新情報≫
17日(土)に滋賀県の島上牧場へ放牧されています。
07/03/21
17日に滋賀県の島上牧場へ移動しています。厩務員は「馬房の都合でトレセンの横にある島上牧場に出して獣医に診てもらっています。徐々に回復しているので、近い内に天栄ホースパークへ移動できると思います」と話しています。
07/03/14
厩舎の馬房で休養中です。調教師は「まだこちらで治療をする予定なので、もう少し時間が掛かると思います。獣医から許可が出たら移動させます」と話しています。
07/03/07
先週7着でした。道中は後方3番手に控えてレースを進めると、3コーナーすぎから馬群の外めを押し上げ、7番手に並んで4コーナーを回りました。そして直線では、大外から懸命に追われると、メンバー中2番目の上がりを繰り出して追い込んだものの、前残りの展開も影響して、上位を窺う事は出来ませんでした。長谷川騎手は「川田騎手からは、ハミをかけるとガツンと来ると聞いていたんですが、そういうところがなく、勝負処でもジリジリとしか伸びてきませんでした。やはり状態がもう一つだったのかもしれません」と話し、調教助手は「良い状態なら勝負処でモタつかなかっただろうし、今回は決して力負けではないと思います。一旦休ませてリフレッシュすれば、また走ってくるでしょう。レース後、目に砂が入って少し腫れているので、様子を見てから天栄ホースパークに放牧します」と話しています。
07/03/05≪最新情報≫
レース後、特に不安はありませんが、今後は一旦放牧に出す予定です。
07/03/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3栗B良    73.4- 55.5- 39.0- 11.6 馬なり
07/03/05≪レース結果≫3月4日出走
阪神11R 仁 川 S (D2,000m・14頭) 7着
07/03/02≪出走情報≫3月4日出走
阪神11R 仁川S(国際) (D2,000m)
14頭 54kg 長谷川         発走15:45
前走後、佐賀記念は除外となると、ここを目標に定めて、入念に調整されており、厩務員は「前走後、大幅に状態が上向いている感じでもないけど、以前からこんな雰囲気で結果を出しているので、この馬なりに走ってくれると思います。背中から腰にかけては、針や電気などを当てて治療していたので、問題ないでしょう。今週の追い切りもしっかり動いてくれたし、頑張ってもらいたいですね」と話しています。
07/03/01≪出走情報≫3月4日出走
阪神11R 仁 川 S (D2,000m・14頭) 54kg 長谷川
07/02/28≪出走予定≫
日曜日の阪神・仁川S[54 長谷川]
07/02/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28DW重 84.3- 67.9- 53.8- 40.2- 13.0 一杯
07/02/27≪出走予定≫
日曜日の阪神・仁川S
07/02/26
CWコースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教師は「予定通り今週使います。先週は単走で良い動きをしていたし、今週ビッシリやれば良い状態で使えると思います」と話しており、今週日曜日の阪神、仁川ステークスに出走を予定しています。
07/02/22≪出走情報≫
シルククルセイダーは、今のところ、来週阪神の仁川ステークスへ向かう予定になっています。
07/02/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21CW稍 82.3- 67.2- 52.6- 39.4- 12.7 一杯
07/02/20≪出走予定≫
シルククルセイダーは今週の阪急杯に登録していますが、回避する方向で、今のところ来週阪神の仁川Sへ向かう予定になっています。
07/02/19
CWコースでキャンターの調整で、14日に時計を出しています。調教助手は「良い時に比べると踏み込みの力強さに欠ける感じですが、まだ競馬まで時間はありますし、これから仕上げに入れば変わってくれるでしょう」と話し、調教師は「休まず乗り込んで、先週から時計を出し始めました。京都より阪神の方がこの馬には合っていると思うし、2,000mも魅力ですね。これからしっかり仕上げて、良い状態で来週の仁川ステークスに向かいたいと思います」と話しています。
07/02/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14CW良 89秒4- 71秒6- 57秒6- 43秒5- 13秒4 馬なり
07/02/12
CWコースでキャンターの調整です。調教師は「レース後の疲れも取れているので、普通に乗り込んでいます。今週あたりから時計を出していけば、仁川ステークスには十分間に合うし、良い状態に仕上げていきたいと思います」と話しています。
07/02/05
CWコースでキャンターの調整です。調教師は「佐賀記念は入らなかったので、阪神2週目の仁川ステークスまで待つ予定です。放牧も考えましたが、1ヶ月しかありませんし、このまま厩舎で調整していこうと思います」と話し、厩務員は「今のところ変わりなく乗り込んでいるし、阪神の方が合うと思うので、しっかり仕上げていきます」と話しています。
07/01/29
レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「それほど負けていないし、昇級戦で初の重賞だったので、徐々に慣れていけば良いと思います。それに、京都は時計が速くて前が止まらないから、この馬には厳しかったですね。佐賀記念は入らなかったので、今のところ阪神2週目の仁川ステークスに向かう予定です」と話しています。
07/01/22
先週8着でした。道中は10番手でレースを進めると、3コーナーすぎから徐々に前との差を詰めに掛かり、9番手で4コーナーを回りました。そして直線に向いて、馬群の間から懸命に追われると、まずまずの伸び脚を見せたものの、上位に食い込むことは出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、2月12日の佐賀、佐賀記念に登録する予定になっています。
07/01/22≪レース結果≫1月21日出走
京都11R 平安S GV (D1,800m・16頭) 8着
07/01/19≪出走情報≫1月21日出走
京都11R 平安S(国際) GV (D1,800m)
16頭 55kg 川田          発走15:45
前走を快勝した後は、短期放牧に出て調整され、当初の予定通りここへの出走を決めており、調教師は「先週は併せてビッシリやったので、予定通り今週は単走で終い重点にやりました。馬場が悪い中、最後までしっかり走っていたので、良い状態で使えると思います。前走はスローの展開でも差し切ってくれたし、どんなペースになっても大丈夫でしょう。ここで結果を出してくれれば今後が楽しみになりますね」と話しています。
07/01/18≪出走情報≫1月21日出走
京都11R 平安ステークス(D1,800m・16頭)55kg 川田
07/01/17≪出走予定≫
日曜日の京都、平安S[55 川田]
07/01/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17CW不 80.5- 65.2- 51.2- 38.2- 12.6 一杯
07/01/16≪出走予定≫
日曜日の京都、平安S
07/01/15
DWコースでキャンターの調整で、11日に併せて時計を出しています。調教師は「先週ビッシリやりましたが、最後まで交わされずしっかり伸びていたので、今週は単走でサッとやれば良いでしょう。秋山騎手は都合が付かないので、川田騎手に乗ってもらうことにしました」と話しており、今週日曜日の京都、平安ステークスに出走を予定しています。
07/01/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11DW稍 84.0- 67.4- 52.8- 38.5- 12.0 一杯先着
07/01/08
坂路コースでキャンターの調整で、27日に併せて時計を出すと、31日と4日にも追い切られています。厩務員は「短期放牧でしたが、良い感じで戻ってきました。もう少しゆっくりさせても良かったけど、検疫も混んでいるし、遅くなると仕上げるのに苦労しますからね。来週に向けてしっかり乗り込んで仕上げていきます」と話し、調教師は「来週の平安ステークスに向かいますが、武豊
騎手は都合が付かないみたいなので、今のところ秋山騎手に声をかけるつもりです」と話しています。
07/01/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27栗坂重 ハロンごと14.8- --- - --- - ---  馬なり遅れ
31栗坂良    65.1- 46.7- 29.9- 14.2 馬なり
4栗坂良    54.7- 40.6- 26.9- 13.6 馬なり
06/12/25
予定通り23日に栗東へ帰厩しており、調教師は「年明けの帰厩を考えていましたが、検疫がかなり混むみたいで、予定が狂うといけないので、早めに戻すことにしました。今後は予定通り平安ステークスを目標に乗り込んでいきます」と話しています。
06/12/22≪最新情報≫
23日(土)に栗東へ帰厩する予定になっています。
06/12/20≪最新情報≫
今のところ、今週末に帰厩する予定になっています。
06/12/18
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。疲れを癒す意味で、本馬場でキャンターの調整を続けると、先週から坂路でもキャンターを始めています。牧場長は「相変わらず惚れ惚れする馬ですね。この馬が来るのをいつも楽しみにしてますよ。今回はさすがに少し馬体が減っているようですので、馬体を戻すことに専念した調整を行っています。でも飼い葉はしっかり食べますし、心配無いと思います。来年が本当に楽しみな馬ですよ。大きいところも期待しています」と話すと、状態を確認した調教師の指示で、23日に帰厩する予定になりました。
06/12/11
前走後、調教師は「菊花賞から間隔も開いていたし、疲れは取れていたので、良い競馬は出来ると思っていましたが、それにしても余裕ある位の強い勝ち方でした。まだまだ強くなる馬だと思うので、ここで無理せず一旦放牧に出します。予定では年明けに戻して、1月21日の京都、平安ステークスを目標にしていこうと思います。その後は、フェブラリー・ステークスは1,600mで距離も忙しいので、1,800mより長いところを使っていきたいと思っています」と話すと、6日に宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。到着後は連戦の疲れを癒す意味でキャンターの調整で、今後は本馬場と坂路を併用して調整を進めていくことになっています。
06/12/08≪最新情報≫
予定通り6日に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
06/12/04
先週優勝しました。道中は10番手辺りでレースを進めると、3コーナー手前から馬群の外めを徐々に押し上げ、4番手に進出して4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、期待通りの末脚を繰り出してキッチリ前を捕らえ、見事勝利を飾っています。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す事になり、6日に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ移動し、年明けに帰厩して京都4週目の平安ステークスを目指す予定となっています。
06/12/04≪レース結果≫12月3日出走
中山10R 北総ステークス(D1,800m・16頭)  優勝
     単 勝 04      380円
     複 勝 04      190円
     枠 連 2-7     880円
     馬 連 04-14    5,030円
     馬 単 04-14    6,360円
     ワイド 04-14    1,540円
         04-06    2,290円
     3連複 04-06-14  50,170円
     3連単 04-14-06 199,140円
06/12/01≪出走情報≫12月3日出走
中山10R 北総ステークス(混) (D1,800m)
16頭 56kg 後藤          発走14:45
前走後、予定していた京都2週目は除外となると、こちらに目標を切り替えて入念に乗り込んでおり、調教師は「ほぼ体も出来ていますし、輸送面も考えて追い切りは終い重点でサッとやりました。動きもしっかりしていたし、良い状態で使えると思います。中山では強い勝ち方をしているし、このクラスでも十分やれると思うので、ここはあっさり勝って来年につなげてもらいたいですね」と話しています。
06/11/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26栗坂良 ハロンごと-18.3- 15.6- 14.4  馬なり
29栗B重 81.2- 66.0- 51.6- 37.9- 11.4 一杯
06/11/30≪出走情報≫12月3日出走
中山10R 北総ステークス(D1,800m・16頭)  56kg 後藤
06/11/29≪出走予定≫
日曜日の中山、北総ステークス[56 後藤]
06/11/28≪出走予定≫
日曜日の中山、北総ステークス
06/11/27
坂路とDWコースでキャンターの調整で、22日と26日に時計を出しています。厩務員は「間隔を空けた事もあって、特に疲れもなく状態は良いと思います。背中も電気を当てて治療しているので、気にする程ではありません。一応来週の阪神と両睨みですが、後藤騎手を押さえているし、実績のあるコースなので、今週の中山で使う方向です。ダートなら確実に走ってくれる馬だし、再度期待したいですね」と話しており、今週日曜日の中山、北総ステークスに出走を予定しています。
06/11/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17栗坂良    56.6- 41.5- 27.3- 13.3 馬なり
22DW重 81.7- 67.3- 52.9- 40.2- 13.2 一杯
06/11/20
坂路コースでキャンターの調整で、17日に時計を出しています。調教師は「中山1週目にするか阪神2週目にするか検討しましたが、どちらも武豊騎手の都合が付かない様ですし、来週中山の北総ステークスに向かいます。鞍上は後藤騎手に依頼する予定です」と話しています。
06/11/13
DWコースでキャンターの調整で、8日に時計を出しています。厩務員は「先週は除外になってしまったので、中山1週目の北総ステークスに目標を切り替えました。前走後は疲れが残らない様にゆっくり進めてきましたが、トウ骨も電気を当てて治療していて、前より気にしなくなっています。ただ、少し背中に疲れが出てきている様なので、次を勝って一息入れてあげたいですね」と話しています。
06/11/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8DW良 87.5- 69.9- 54.5- 40.0- 12.0 強目
06/11/09≪出走情報≫
シルククルセイダーは土曜日の京都11R花園ステークスに武豊騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
06/11/08≪出走予定≫
土曜日の京都、花園ステークス[54 武 豊]
06/11/07≪出走予定≫
土曜日の京都、花園ステークス
06/11/06
坂路コースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。調教師は「疲れも全くないし、良い感じで乗り込んでいるので、予定通り今週使います。先週も終い重点で切れのある動きをしていたし、脚元も問題ありませんので、万全の状態で使えると思います」と話しており、今週土曜日の京都、花園ステークスに出走を予定しています。
06/11/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2栗坂良    54.1- 39.5- 25.6- 12.4 一杯
06/10/30
レース後も順調で、軽めの運動の調整です。調教師は「芝でも問題ないと思いますが、距離とメンバーを考えたら今回は仕方ないですね。今のところ反動は見られないので、今週から乗り込んで仕上げていきます。武豊騎手サイドからも声が掛かったので、今のところ来週の花園ステークスを予定しています。ダートなら今の力で十分通用するので、巻き返したいですね」と話しています。
06/10/23
菊花賞に出走して、18着でした。道中は10番手辺りでレースを進めると、3コーナーでは一旦6番手まで押し上げたものの、ペースが上がると徐々に順位を下げ、8番手で4コーナーを回りました。そして直線に向いても巻き返せず、最後まで伸びを欠くと、後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
06/10/23≪レース結果≫10月22日出走
京都11R 菊花賞G1(芝3,000m・18頭) 18着
06/10/20≪出走情報≫10月22日出走
京都11R 第67回菊花賞(混) GT (芝3,000m)
18頭2枠3番 57kg 秋山      発走15:40
前走快勝の疲れも無く、この中間も順調に調整され、予定通りここへの出走を決めており、調教師は「追い切りは終い重点でやりましたが、動きも良かったし、良い状態に仕上がってきました。追い切った後の歩様もスムーズなので、万全の態勢でレースに使えると思います。久々の芝でメンバーも強いので、さすがに強気にはなれませんが、この馬の競馬を見せてほしいですね」と話しています。
06/10/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15栗坂良    60.4- 42.5- 26.9- 13.4 馬なり
18栗B良 80.4- 64.8- 50.4- 36.9- 11.0 一杯
06/10/19≪出走情報≫10月22日出走
京都11R 菊花賞G1(芝3,000m・18頭 2枠3番)57kg 秋山
06/10/18≪出走予定≫
日曜日の京都、菊花賞[57kg 秋山]
06/10/18≪最新情報≫
予定通り菊花賞に出走する予定になっています。
06/10/17≪出走予定≫
日曜日の京都、菊花賞
06/10/16
芝と坂路コースでキャンターの調整で、12日と15日に時計を出しています。調教師は「菊花賞を目標に仕上げていますが、先週の本馬場での走りっぷりも良かったし、良い追い切りが出来たと思います。追った後も変わりありませんし、状態は問題無いと思います。ダートではいずれ重賞を取れる器だと思っていますが、今回は芝でどれだけやれるか楽しみにしています」と話して、今週日曜日の京都、菊花賞に出走する予定です。
06/10/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12栗芝重 85.4- 67.0- 51.8- 37.7- 11.8 馬なり
06/10/09
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「調教助手も色々工夫して勝負処で力を出せる様に覚えさせているが、それが良い方に出ているみたいで、前走はかなり強い競馬を見せてくれた。菊花賞にも登録しているけど、除外になれば東京の銀蹄ステークスに向かう事にする。折り合いのつく馬だし、距離が延びても大丈夫だと思う」と話しています。
06/10/02
先週優勝しました。無理せず後方に控えて、道中は折り合い良く10番手でレースを進めると、3コーナーすぎから差を詰めに掛かり、5番手で4コーナーを回りました。そして直線では、外から鋭い伸び脚を繰り出して前を捕らえると、そのまま後続を突き放して勝利を決め、3馬身半の差で人気に応えています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、再来週の京都、菊花賞に登録する予定になっており、出走できなかった場合は、同日の東京、銀蹄ステークスを予定しています。
06/10/02≪レース結果≫10月1日出走
中山12R 利根川特別(D1,800m) 優勝
     単 勝 02       240円
     複 勝 02       140円
     枠 連 2−8     300円
     馬 連 02−15     820円
     ワイド 02−15     370円
         01−02     750円
     馬 単 02−15    1,120円
     3連複 01−02−15  5,000円
     3連単 02−15−01 13,440円
06/09/29≪出走情報≫10月1日出走
中山12R 利根川特別(混) (D1,800m)
16頭 54kg 秋山          発走16:20
前走で厳しいレースをした反動も見られず、中間も順調に調整されて態勢を整えており、厩務員は「準オープンにも登録したが、メンバーも揃っているので自己条件を使う事にした。追い切りでも追い出してからの動きが本当に良くなっているし、まともにいけば十分勝ち負けになるだろう。使った後の反動も軽く、この中間は順調に来ているので、今回は必勝態勢で中山に乗り込んでいこうと思う」と話しています。
06/09/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27栗B良 82.9- 66.9- 51.9- 37.8- 11.1 馬なり
06/09/28≪出走情報≫10月1日出走
中山12R 利根川特別(D1,800m・16頭) 54kg 秋山
06/09/27≪出走予定≫
日曜日の中山、利根川特別[54kg 秋山]
06/09/26≪出走予定≫
日曜日の中山、利根川特別
06/09/25
坂路コースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教助手は、「前走で激走したのでゆっくり乗り込んでいたが、疲れも取れたので先週から普通に進めている。今週の出走を予定しているけど、除外になるようなら来週京都のダート千八に向かう」と話しており、今週日曜日の中山、利根川特別に出走を予定しています。
06/09/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18栗坂稍    66.6- 47.9- 29.9- 14.8 馬なり
21栗坂良    56.2- 41.7- 27.0- 13.1 馬なり併入
06/09/18
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整で、18日に時計を出しています。調教助手は「前走はペースが遅かったので、武豊騎手も自分から動いていったが、あの競馬が出来るようになったのは収穫だと思う。負けはしたけど、3着とは力の差を見せてくれたし、すぐに目処が立つだろう。激走した後なので、反動に気を付けて調整していく」と話しています。
06/09/11
先週2着でした。出脚良く先団に付けて1コーナーを回り、道中は4番手でレースを進めると、勝負処から徐々に前との差を詰めに掛かり、先頭に並び掛ける勢いで4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、2頭の激しい叩き合いになると、最後はクビの上げ下げの勝負で、僅かにハナ差及びませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
09/09/11≪レース結果≫9月9日出走
中京10R 大須特別 (D1,700m) 2着
      複 勝 10       160円
      枠 連 5−5    2,110円
      馬 連 09−10    2,160円
      ワイド 09−10     930円
          06−10     410円
      馬 単 09−10    4,790円
      3連複 06−09−10  3,360円
      3連単 09−10−06 25,630円
06/09/08≪出走情報≫9月9日出走
中京10R 大須特別(混) (D1,700m)
16頭5枠10番 53kg 武豊      発走15:10
先週は除外となっていますが、その影響も無く順調に調整されており、調教師は「一度使って体も絞れ、動きが変わってきている。前半どうしても押っつけ通しになるので、流れに乗るまで時間が掛かるが、追い出してからの反応が良いから、いかに流れに乗れるかだろう。強い勝ち方をしたコースだし、今回は充分変わり身がある筈なので、ハンデ差を生かせば勝ち負けになると思う」と話しています。
06/09/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3栗坂良      61秒2-42秒2-26秒9-12秒6 強目併入
6DW良   83秒1-67秒8-52秒9-38秒5-12秒7 一杯併入
06/09/07≪出走情報≫9月9日出走
中京10R(大須特別・16頭) 53kg 武豊
06/09/05≪出走予定≫
土曜日の中京、大須特別
06/09/04
坂路コースでキャンターの調整で、30日と3日に併せて時計を出しています。調教師は「先週の追い切りは、この馬なりに動いていたし、叩いた上積みも見られる。前走は成長分を加味しても少し太かったし、絞れれば変わってくると思う」と話しており、今週土曜日の中京、大須特別に出走を予定しています。
06/08/31≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30栗坂重     53.2- 38.8- 26.2- 13.6 一杯併入
06/08/31≪出走情報≫
シルククルセイダーは土曜日の小倉10R、TVQ杯に川田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
06/08/29≪出走予定≫
土曜日の小倉、TVQ杯
06/08/28
レース後も順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教師は「成長分もあると思うが、少し重かったようだ。一度使って気持ち前向きになると思うので、次走は行きっぷりも変わってくるだろう。昇級戦であの脚を使えるんだし、すぐ目処は立つと思う。この馬には期待しているので、次走できっちり決めてもらいたい」と話しており、今週土曜日の小倉、TVQ杯に出走を予定しています。
06/08/21
先週5着でした。道中は後方3番手でレースを進めると、3コーナーすぎから徐々に押し上げに掛かり、最後の末脚勝負に懸けました。そして12番手で直線に向いて、大外から懸命に追われると、最後まで渋太い伸び脚を繰り出して、順位を上げています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、来週小倉のTVQ杯か、新潟の両津湾特別を予定しています。
06/08/21≪レース結果≫8月20日出走
小倉9R 平尾台特別(D1,700m)  5着
06/08/18≪出走情報≫8月20日出走
小倉9R 平尾台特別(混) (D1,700m)
15頭 54kg 川田          発走15:00
先週は除外となりましたが、その影響も無く乗り込んでおり、調教助手は「先週でも使えたぐらいで、除外で1週延びて状態はさらに良くなっている。追い切りは動く方ではないので、時計は気にしなくて良いだろう。クラスが上がって楽ではないと思うが、力は持っているので、秋に向けて良い競馬を期待したい」と話しています。
06/08/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16坂路良      55.8- 41.8- 27.6- 13.1 一杯
06/08/17≪出走情報≫8月20日出走
小倉9R(平尾台特別・15頭)   54kg 川田
06/08/16≪出走予定≫
日曜日の小倉、平尾台特別
06/08/14
坂路とCWコースでキャンターの調整で、16日に時計を出しています。調教助手は「先週は除外になったが、追い切りも順調にこなしてまずまず仕上がった感じだ。多少太めは残ると思うけど、良い感じに成長しているし、トモがしっかりしてくれば芝を使っていきたい。1つ勝って菊花賞トライアルに使いたいと思っている」と話しており、今週日曜日の小倉、平尾台特別に出走を予定しています。
06/08/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9 CW良  82.1−66.6−52.0−38.3−11.8 一杯併入
06/08/10≪出走情報≫
シルククルセイダーは土曜日の新潟10Rの瀬波温泉特別に吉田隼人騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
06/08/08≪出走予定≫
土曜日の新潟、瀬波温泉特別
06/08/07
CWコースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。服部騎手は、体の成長もあって立派になって帰ってきた。乗った感じは走りそうではないけど、これで結果が出るのだから力がかなりあるのだろう。先週から仕上げに入っているが、余力残しで上がってきて良い時計が出ているので、良い感じに仕上がってくると思う、と話しており、今週土曜日の新潟、瀬波温泉特別に出走を予定しています。
06/08/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW稍     76.6-59.6-45.2-13.6 馬なり併入
2CW良  83.4-67.5-52.6-37.9-12.0 強目先着
06/07/31
宇治田原優駿ステーブルで15−15の調教を付けられると、調教師の指示で26日に栗東へ帰厩しています。調教師は、まだ特に予定を組んでいないし、無理に進めず状態と動きを見て仕上げに入っていくが、牧場でもしっかり乗り込んでいたので、そう時間はかからないと思う。体重を測ったら20kgぐらい増えていて、かなり成長しているようなので秋が楽しみになってきた。順調に行けばコースの広い新潟で使うことを考えている、と話しています。
06/07/28≪最新情報≫
26日に栗東へ帰厩しています。
06/07/24
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。変わりなく順調に乗り込んでおり、先週も1度坂路で15−15の調教がつけられると、牧場長は、順調に調教を進めており、コンスタントに速いところも乗れるようになってきた。まだ今後の予定は聞いていないが、このまま状態を上向かせていく、と話しています。
06/07/17
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。引き続き順調に乗り込むと、先週も坂路で15−15の調教がつけられています。牧場長は、まだ具体的な予定は聞いていないが、今のところ特に問題もないので、このままのペースで態勢を整えていく、と話しています。
06/07/10
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場と坂路を併用して順調に乗り込みを続けると、先週も坂路で15−15の調教がつけられています。牧場長は、相変わらず良い動きを見せており、特に問題も無い。今後も調教師と相談しながら進めていくつもりだ、と話しています。
06/07/03
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。本馬場と坂路を併用して、変わりなく順調にハロン17秒から18秒のペースで乗り込まれると、今週から坂路で15−15の調教を付けていくことになっています。牧場長は、ペースを上げるごとに、ほんとに素晴らしい馬だと再認識している。今後は調教師の指示になるが、このままコンスタントに速いところを乗っていき、良いタイミングで戻すのではないだろうか。どちらにしても今後の飛躍が楽しみだ。と話しています。
06/06/26
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。特に変わりなく順調に、本馬場と坂路でハロン17秒から18秒のペースで乗り込まれると、牧場長は、特に問題も無く、状態もまずまず良さそうだ。今後は調教師とも、どのように進めていくか相談していきたい、と話しています。
06/06/19
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。状態は変わりなく順調で、引き続き本馬場と坂路を併用して、ハロン17秒から18秒のペースで乗り込まれると、牧場長は、まだ速いところは乗っていないが、動きや乗り味から考えても走る馬だということがよくわかる。今後も状態見て進めていくつもりだ、と話しています。
06/06/12
宇治田原優駿ステーブルで調整中です。状態は変わりなく順調で、普通キャンターの調整を続けると、今週から坂路にも入れながら、ハロン17秒から18秒程度のペースに上げています。牧場長は、トモが硬いのはこれからの成長で変わってくるのだろう。特に心配も無いので、このまま続けていくつもりだ、と話しています。
06/06/05
予定通り1日に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ移動となると、到着後も休み無くキャンターの調教を続けています。牧場長は、レース振りを見ていても感じたが、思った通りトモの硬い馬で、その辺りがこれからの課題になるだろう。暫くは普通キャンターで調整していくつもりだ、と話しています。
06/06/02≪最新情報≫
1日に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ放牧されています。
06/05/29
先週優勝しました。まずまずのスタートから中団に付けて1コーナーを通過し、道中はインの8番手でレースを進めると、3コーナーすぎには鞭が入る手応えでしたが、8番手キープで4コーナーを回りました。そして迎えた直線で大外から追われ、一気の伸び脚で豪快に前を捕らえると、そのまま後続と差を広げて勝負を決め、力の違いを見せた格好で余裕の勝利を飾っています。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す事になり、1日に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定となっています。
06/05/29≪レース結果≫5月27日出走
中京5R 3歳500万下(D1,700m) 1着
          単勝 1番  400円
          複勝 1番  190円
          枠連1−2 2,840円
          馬連1−3 5,160円
          馬単1−3 7,670円
          ワイド1−3 1,800円
             1−6 1,190円
          3連複1−3−6 20,030円
06/05/26≪出走情報≫5月27日出走
中京5R 3歳500万下(D1,700m)
16頭1枠1番 55s 川田      発走12:30
中1週になりますが、前走後も変わり無く順調に乗り込んでおり、調教師は、前走は外枠で上手く立ち回れなかったのもあるし、馬場も悪かったので気の悪い面が出たようだ。このクラスでも十分通用すると思うし、今週の追い切りでも動きはとても良かったので、上手く立ち回れば際どい競馬になると思う、と話しています。
06/05/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21坂重  69.7-50.0-31.7-14.7 馬也
24CW稍  82.4-66.1-51.4-38.4-12.2 (7)一杯併入
06/05/25≪出走情報≫5月27日出走
中京5R (D1,700m・16頭) 55s 川田
06/05/23≪出走予定≫
土曜日の中京、D1,700m
06/05/22
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教師は、前走は馬場も悪かったし、外枠で上手く流れに乗れなかった。使った後も疲れは無く、徐々に体もしっかりしてきているので、今週出走させる方向で進めている、と話しており、今週土曜日の中京、ダート1,700mに出走を予定しています。
06/05/15
先週8着でした。好スタートからすんなり中団に付けて1コーナーを通過し、9番手あたりで向正面を追走すると、3コーナーから徐々に押し上げに掛かりますが、道中は常に外々を回る競馬となり、9番手のまま4コーナーを回りました。そして直線に向いて懸命に追われると、最後までバテずに伸びているものの、道悪で前残りの競馬も響いたのか、最後まで順位を上げられず流れ込む様にゴールしています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
06/05/15≪レース結果≫5月13日出走
京都5R 3歳500万下 (D1,800m) 8着
06/05/12≪出走情報≫5月13日出走
京都5R 3歳500万下(混)(D1,800m)
13頭8枠13番 55kg 川田      発走12:30
連戦の疲れも無く、前走快勝後も順調に乗り込んでおり、調教師は、追い切りは併せて遅れはしたが、動き、時計ともに悪くなかったしいい感じで使える。前走の内容を見る限り上でも十分通用すると思うので、あとは相手関係とペースの違いに対応できるかだろう。想定を見るとメンバーも揃っているようだし、ここで結果が出れば先々楽しみだ、と話しています。
06/05/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂稍  63.2-46.4-30.3-14.7 馬也
10CW稍  81.6-65.2-51.0-38.1-12.4 (8)一杯遅れ
06/05/11≪出走情報≫5月13日出走
京都5R (D1,800m・13頭) 55kg 川田
06/05/10≪出走予定≫
土曜日の京都、D1,800m
06/05/09≪出走予定≫
シルククルセイダーは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/05/08
坂路とCWコースでキャンターの調整で、3日に併せて追い切られると、7日にも時計を出しています。調教師は、追い切りもこなせているし、状態は変わりないので、今週の京都で出走させることにした。まだまだ体も成長途上なので、今は無理せず間隔を空けながら使っていく、と話しており、今週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
06/05/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30坂良  63.8-47.1-31.0-14.6 馬也
3CW良  88.6-70.8-54.9-39.1-12.3 (7)馬也併入
06/05/01
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整で、30日に時計を出しています。調教師は、これぐらいはやれる馬だし順当勝ちだ。使った後も変わりないが、まだ体もしっかりしていないので、しばらくはダートを使って、しっかりしてから芝を使っていこうと思う。新潟の4週目にわらび賞があるので、川田騎手が行くのであれば使うが、行かなければ来週の京都ダート1,800mに向かう、と話しています。
06/04/25≪レース結果≫4月22日出走
京都2R 3歳未勝利(D1,800m) 1着
          単勝 10番  520円
          複勝 10番  160円
          枠連5−8  460円
          馬連10−15  520円
          馬単10−15 1,390円
          ワイド10−15  260円
             10−16  950円
          3連複10−15−16  1,650円
06/04/24
先週優勝しました。好スタートをからすんなり先行態勢に入り1コーナーを通過し、4番手でレースを進めると、勝負処で流れに乗って押し上げに掛かり、前を射程圏に入れて4コーナーを回りました。そして3番手で直線に向いて追い出され、弾けるような伸び脚で一気に前を捕らえると、並ぶ間も無く後続に差を付けて勝負を決め、最後は手綱を抑える余裕で見事勝利を飾っています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、再来週の京都、ダート1,800mか、新潟4週目のわらび賞を予定しています。
06/04/21≪出走情報≫4月22日出走
京都2R 3歳未勝利(混)(D1,800m)
16頭5枠10番 55kg 川田      発走10:40
前走好走の反動も見られず、順調な仕上がりを見せており、調教師は、追い切りは無理せず終い重点でやったが、追い出してからの動きがしっかりしてきた。ダートでの目処も立ったし、芝よりメンバーも手薄になるので、何とか今回勝ってもらいたい。乗り役も2度目だし、この馬の力もわかってくれているだろうから、期待してみたいと思う、と話しています。
06/04/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19坂良  54.7-39.5-26.2-13.2 強め先着
06/04/20≪出走情報≫4月22日出走
京都2R  (D1,800m・16頭)  55s 川田
06/04/18≪出走予定≫
土曜日の京都、D1,800m
06/04/17
レース後も順調で、坂路コースでキャンターを乗られると、今週の出走を目標に変わり無く調整されており、調教師は、動きも良くなっていたし、あの内容なら十分通用する。距離もゆったりした方がいいのはわかっていたが、1,400mを使って行きっぷりも出たのが良かったのだろう。使った後も反動なく坂路で乗り込めているから、今回も期待できると思う、と話しています。今週土曜日の京都、ダート1,800mに出走を予定しています。
06/04/10
先週2着でした。好スタートから押して先団に取り付いて1コーナーを通過し、向正面で5番手辺りからレースを進めると、3コーナーすぎもうまく流れに乗って前との差を詰め、手応え良く先団の直後で4コーナーを回りました。うまく内を掬った格好の4番手で直線に向き、馬群の間から懸命に追われると、メンバー中最速の上がりを繰り出して猛然と勝ち馬に迫り、デビュー戦とは一変したレース内容を見せています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、中1週で来週土曜日の京都、ダート1,800mを予定しています。
06/04/10≪レース結果≫4月9日出走
阪神3R 3歳未勝利(D1,800m) 2着
          複勝 15番 2,260円
          枠連2−8  670円
          馬連3−15 18,330円
          馬単3−15 22,160円
          ワイド3−15 5,930円
             12−15 37,820円
          3連複3−12−15 198,440円
06/04/08≪出走情報≫4月9日出走
阪神3R 3歳未勝利(混)(D1,800m)
16頭8枠15番 55kg 川田      発走11:00
ガラリ一変とはいかないものの、使われた分上向いてきており、調教師は、今週はCWでやってみたけど、終いまでしっかり走って動きは良かった。前走は追走に苦労していたので距離が延びるのはプラスだろうし、体もしっかりしてダートでもやれると思う、と話しています。厩務員は、前走はあまりにも人気が無く、どうしてかと思ったけど、使って良くなってきているので、前進を期待したい。もし今回駄目でも京都が始まれば芝の番組が増えるし、使えない芝を待つよりかは、状態のいい内に色んなところを試した方がいいだろう、と話しています。
06/04/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5CW不  86.2-68.7-53.7-39.5-12.4 (8)一杯併入
06/04/06≪出走情報≫4月9日出走
阪神3R (D1,800m・16頭) 55kg 川田
06/04/04≪出走予定≫
阪神競馬か福島競馬(番組は未定)
06/04/03
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。前走騎乗の服部騎手は、追い切りの動きも良かったので楽しみにしていたのだが、距離が短かった。でも短いところを使った事で行き脚がついてくるだろうし、次に距離を延ばして使えば変わると思う、と話しており、中1週で今週の阪神か福島を予定しています。
06/03/27
先週15着でした。スタートで出負けして後方からの競馬となり、後方2番手でレースを進めると、3コーナー手前から気合いをつけて押し上げに掛かりましたが、行き脚がつかず順位を上げられないまま4コーナーを回りました。直線に向いてからはこの馬なりに伸びてはいるものの、大きく開いていた前との差を縮めるまでの勢いは無く、バテた馬を交わした程度に終わっています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
06/03/27≪レース結果≫3月25日出走
阪神6R 3歳未勝利 (芝1,400m) 15着
06/03/24≪出走情報≫3月25日出走
阪神6R 3歳未勝利(混)(芝1,400m)
18頭7枠13番 56kg 服部      発走13:00
除外で延びた分、動きも上向いて力を出せる状態となっており、調教師は、先週の時点でそれなりに仕上がっているので、今週は気合いをつける程度に併せ馬をしたが、終いもしっかりした脚で上がってきていたし、いいんじゃないかと思う。使っている馬との差もあるから強気は事は言えないけど、それなりにはやれそうだし、芝の走りがいいので、実戦でどこまでやれるか楽しみだ、と話しています。
06/03/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22坂良  54.0-39.6-25.7-12.7 一杯遅れ
06/03/23≪出走情報≫3月25日出走
阪神6R (芝1,400m・18頭) 56kg 服部
06/03/22≪出走予定≫
土曜日の阪神、芝1,400m
06/03/20
15日に坂路コースで追い切られ、予定通り先週の阪神に登録しましたが、除外されています。調教師は、坂路で併せたけど、しっかり動いていたし、ほぼ仕上がった。ただこれからまだまだ良くなってくると思う、と話しており、引き続き今週土曜日の阪神、芝1,400mに出走を予定しています。
06/03/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12坂稍  67.6-47.5-29.4-14.5 馬也併入
15坂良  52.6-38.9-26.1-13.2 一杯併入
06/03/16≪出走情報≫
シルククルセイダーは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
06/03/14≪出走予定≫
土曜日の阪神、芝2,000m
06/03/13
坂路と芝コースでキャンターの調整で、8日、12日と併せ馬で時計を出しています。調教を付けた服部騎手は、坂路の動きはそれほどでもないけど、本馬場では追い出してからの反応がとても良かった。まだ体も成長途上で、持て余している感じだが、芝向きの印象だし、次にやればまずまずいい仕上がりで使えるんじゃないか、と話しています。今週土曜日の阪神、芝2,000mに出走を予定しています。
06/03/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5DW良  44.2-13.6 (8)馬也
8芝重  75.9-61.8-48.4-35.7-11.9 (1)一杯先着
06/03/06
坂路とDWコースでコースでキャンターの調整で、1日、5日と時計を出しています。1日の追い切り後、調教師は、併せ馬で初めてびっしりやったけど、なかなかいい動きをしていたし、予定通り4週目の二千目標。気のいい馬で、悪い事もせず、ここまではとても順調に進めてこられた。これから追い切りをこなしてどう変わってくるかだが、あと2週あるし、しっかり仕上げたい、と話しています。来週土曜日の阪神、芝2,000mでデビューを予定しています。
06/03/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24E不   (ゲート)14.4 馬也
26坂稍   61.2-45.8-30.6-15.0 馬也
1坂重   54.4-40.2-26.9-13.5 一杯遅れ
06/02/27
坂路コースでキャンターの調整で、22日、24日、26日と時計を出しています。調教師は、坂路で仕上げに入っているが、問題無く順調。まだ体は緩いけど、これからびっしりやっていけば良くなってくるだろうし、いいものを持っていそうな馬だから期待している。新馬の内に使いたいので、4週目の二千を目標にやっていく、と話しています。今のところ18日の阪神、芝2,000mでデビュー予定となっています。
06/02/20
Bコースでキャンターとゲート練習のメニューで調整され、17日にゲート試験を受けたところ合格しています。調教師は、ゲートの中でも全く問題無く出も速かったので、早速受けたら合格した。来た頃より落ち着きも出てきているし、乗る分には全く癖のない馬。牧場でも乗り込んでいたから中身が出来ていて、コースを2周しても疲れたり息が上がったりしない、と話しており、このままデビューに向け、仕上げに掛かっていきます。
06/02/17≪最新情報≫
17日にゲート試験を受け合格しています。
06/02/13
予定通り8日に栗東へ入厩すると、到着後も変わり無く、翌日からCWコースでキャンターの調整を開始しています。調教師は、入ったばかりでコースで軽く乗り出したところだけど、見た感じはしっかりしているし、走りそうな雰囲気を持っている。体は510kg位あるけど、太い感じはしないし、脚元も弱かったみたいだが、今のところ大丈夫。このまま順調なら走ってくれそうで期待している、と話しています。今週からゲート練習も始める事になっています。
06/02/10≪最新情報≫
8日に栗東の領家厩舎へ入厩しています。
06/02/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。特に心配するところ無く、トラックコースを2周20秒程度のペースで乗り込むと、坂路では1度17−17の調教を付けられています。牧場長は、調教師から今週の入厩との連絡を受けているが、脚元も落ち着いた状態で問題無いだろう。馬体的にだいぶしっかりして、少し太めかもしれないけど、素直で前向きな馬なので、このぐらいが丁度良いと思う、と話しており、8日に栗東の領家厩舎へ入厩する予定です。
06/01/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無く坂路とトラックコースを20秒程度のペースで乗り込むと、先週も坂路で15−15の調教を2本付けられています。牧場長は、一時フワフワした様な動きをしていたけど、坂路に入れて時計を出し始めてからは、だいぶ自分から行く気になっているし、首を上手く使った前向きな走りをしている、と話しています。
06/01/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続き坂路中心に乗り込むと、先週は2度15−15の調教を付けられており、牧場長は、徐々に脚元の状態も落ち着いてきたので、速いところを2本乗ったけど、そのあとも特に不安は見られない。気性が素直で体の使い方も良いから、このまましっかり進めて調教師の指示を待つ事にする、と話しています。
06/01/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無く坂路中心に乗り込むと、先週も17−17と15−15の調教を1本ずつ付けられており、牧場長は、まだ脚元は安心できないが、ここまで順調に進めている。とても素直な馬で前向きに走っているし、脚元以外に心配なところも無いから、もう少し15−15をやって入厩に備えていく事にしたい、と話しています。
06/01/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続き坂路中心に時計を出して乗り込むと、先週は1本ずつ17−17と15−15の調教を付けられています。牧場長は、脚元は以前に比べしっかりしてきたので、15−15をやり始めたが、もう暫くは注意を払って慎重に進めていく事にする、と話しています。
05/12/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。体調面に変わり無く休まず乗り込むと、先週は坂路で20秒ペースで進めながら、17−17の調教を2本付けられています。牧場長は、だいぶ脚元は固まって歩様も安定しているので、少しずつピッチを上げているし、最近ではややかかり気味に動くところがあって良くなっている。このまま様子を見てビシッと速いところをやれば、もっと変わり身が期待できそうだ、と話しています。
05/12/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを2周じっくり乗り込みながら、坂路でコンスタントに20秒程度のペースで進めると、先週は17−17と15−15の調教を1本ずつ付けられています。牧場長は、脚元は安定していたので、週末に速いところをやってみると、左前脚に少し熱を保ったものの、すぐに落ち着いて心配する程でない。ただ、まだ自分から走る気が足りないので、このまま気合いを入れながら進めていく、と話しています。
05/12/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。変わり無くトラックコースを長く軽めに乗り込みながら、坂路で20秒程度のペースで進めると、先週は2度17−17のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、ここまで脚元に不安無く順調だし、少しずつ前向きに動く様になってきているので、今週の動きを見て来週には1度15−15もやってみる、と話しています。
05/12/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。脚元の状態を見ながら坂路とトラックコースで20秒程度のペースで乗り込むと、先週も坂路で1度17秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、漸く両前脚のウラスジに熱を保たなくなり、固まってきているので、少しずつピッチを上げて進めていく事にする、と話しています。
05/11/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。トラックコースを長く軽めに乗り込むと、先週も坂路中心に20秒程度のペースで進めながら17−17の調教を付けられています。牧場長は、両前脚は落ち着いて休まず順調に乗っているが、まだ無理せず強いところはやっていない。今後17位を十分こなせる様になって、脚元に不安が見られなければ、どんどん進めていく事にする、と話しています。
05/11/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。引き続き坂路中心に20秒程度のペースで乗り込むと、先週はトラックコースでも1度9ハロンから調教を付けられています。牧場長は、脚元は徐々に落ち着いてきているが、まだ暫く無理はできないので、このままのメニューを続けながら良化を促していく事にする、と話しています。
05/11/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。体調面に変わり無くトラックコースを長く軽めに乗り込みながら、坂路中心に20秒程度の調教を付けられています。牧場長は、両前脚のウラスジの状態は変わらず、まだ日によって少し熱感があるので、もう暫くこのままペースを上げず注意して進めていく、と話しています。
05/11/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長く軽めに乗り込みながら、坂路でコンスタントに20秒程度の調教を付けられており、牧場長は、まだ日によって両前脚のウラスジに熱感があるので、もう暫く20−20位を続けながらしっかり脚元を固めていく事にする、と話しています。
05/10/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを長く軽めに乗り込みながら、坂路で20秒程度のラップを出して調教を付けられており、牧場長は、疲れから両前脚に不安が出た時期があったけど、今ではすっかり落ち着いて休まず進めている。ペース的にはまだ軽めだが、ここ最近の調子なら、今週辺りから少しずつピッチを上げても大丈夫だろう、と話しています。
05/10/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長めにじっくり乗り込むと、坂路では20秒程度のペースで調教を付けられており、牧場長は、坂路を20秒平均で上がって脚元に問題は無いけど、もう少しこのままのメニューを続けて様子を見ていく事にする、と話しています。
05/10/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを長めに乗り込みながら坂路も併用すると、きっちり20秒程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、両前脚のウラスジの状態はいいので、今週は20秒を切る位で乗ってみる。それで2、3週間乗って変化が無い様ならどんどん進めていく事にする、と話しています。
05/10/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。トモの浮腫みもすっきりしてトラックコースを10ハロン20秒前半ペースで乗り込むと、坂路でも20秒程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、楽をさせていた分、両前のウラスジは良くなっているので、このまま少し進めていく事にする。涼しくなって馬も太ってきたので坂路だけでなく、馬場で長いところも併用しながら進めていく、と話しています。
05/10/03
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,200mの調整です。じっくり乗り込んでトモの浮腫みは解消してくると、坂路も併用しながら20秒程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、疲れが溜まって両前脚がモヤッとした時期があったけど、今ではすっきりして問題無く乗っている。体調面も上向いてきている様だし、このまま様子を見てペースを上げていく事にする、と話しています。
05/09/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。まだトモに少し浮腫が残っている為、ペース自体は軽めとなっていますが、トラックコースをきっちり2周乗り込むなど、徐々に距離を延ばして進められています。
05/09/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。休まず乗り込んでいましたが、先週熱発を起こした為、無理せず一息入れてから軽めの乗り運動を再開しており、まだ若干トモに浮腫は残っているものの、今週中には少しずつ距離を延ばして進められそうです。
05/09/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。先週は坂路からトラックコースへまだ25秒前後のペースで乗り込んでいますが、脚元は段々すっきりしてきている為、このまま少しずつピッチを上げていく事になっています。
05/09/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。休まず乗り込んで両前脚に不安も見られない為、徐々にペースを上げて乗り込んでおり、今週には坂路で20秒程度のラップを出して調教を付けられる事になっています。
05/08/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。変わり無くトラックコースを長めにじっくり乗り込みながら、坂路で25秒前後のペースで調教を付けられており、牧場長は、両前脚はエコーを撮っても大丈夫だったし、大分すっきりしているので、このままどんどん休まず進めていく。どうしても脚長で馬体は薄く映ってしまうが、前向きに動いている分、今後の変わり身に期待している、と話しています。
05/08/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。トラックコースから坂路へ25秒前後のラップを出して調教を付けられると、乗ったあとも脚元や歩様に変わり無い為、このまま運動量を増やしながら進めていく事になっています。
05/08/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,200mの調整です。坂路を併用しながらペース自体はまだ軽めですが、脚元は随分すっきりして問題無い為、このまま様子を見て進めていく事になっています。
05/08/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンター1,200mの調整です。引き続きペース自体は軽めですが、ここまで休まず乗り込んで、歩様に変わり無いものの、もう暫く脚元の状態を確認しながら進めていく事になっています。
05/08/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンター1,200mの調整です。引き続き脚元の状態を確認しながらですが、今週からトラックコースに出して軽く1周乗り込んでおり、牧場長は、まだペース的には軽めだが、エコーを撮っても異常は見られなかったので、このまま徐々に運動量を増やして進めていく。体型的に脚長の分、脚元に少し負担は掛かるかもしれないが、前向きに動いているだけに、今後の馬体面の強化でどれだけ変わってくるか楽しみだ、と話しています。
05/07/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。引き続きミニトラックで軽く乗りながら脚元の状態を確認していますが、まだ若干左前脚に熱を保っている為、もう暫くこのまま経過を見ていく事になっています。
05/07/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。引き続き両前脚の状態を確認しながら運動を進めていますが、左前だけにまだ熱を保っている為、このまま暫くミニトラック中心に軽く動かして様子を見ていく事になっており、今後脚元が落ち着き次第、馬場に入れて乗り込んでいく事になっています。
05/07/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンター1,200mの調整です。引き続き両前脚の状態を確認しながら、休まず乗り込んでいますが、まだ脚元に若干張りと熱を保っている為、もう暫くはこのメニューのまま進めていく事になっています。
05/07/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。坂路中心に20秒を切るペースで乗り込んでいましたが、両前脚の膝ウラに張りが見られた為、軽めのメニューに切り替えて経過を観察しています。牧場長は、特に左前脚になるが、少し熱を保って形も悪いので、このまま軽く乗りながら落ち着くのを待って進めていく、と話しています。
05/06/27
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く先週も坂路中心に乗り込むと、コンスタントに20秒前後のペースで乗り込みながら、1度16秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、歩様は問題無く休まず乗っているけど、もう少し様子を見てから、ピッチを上げていく事にする。多少脚長だけど好馬体だし、性格も素直なので、脚元だけすっきりしてくれれば、ドンドン攻めの調教を進められるだろう、と話しています。
05/06/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続き歩様を確認しながら乗り込むと、先週は坂路中心に20秒前後のラップを出して調教を付けられており、状態に問題ありませんが、もう少しこのペースのまま進めていく事になっています。
05/06/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。若干歩様に硬さが見受けられますが、特に跛行することも無く順調に乗り込んでおり、先週も1度トラックコースを9ハロン20秒程度のペースで進めながら、坂路でコンスタントに18秒前後のラップを出して調教を付けられています。
05/06/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態面に変わり無く休まず乗り込むと、先週もトラックコースを1度9ハロン18秒前後のペースできっちり進めながら、坂路でも16〜17秒程度の調教を2本付けられており、このまま馬体に幅を出していく事になっています。
05/05/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も引き続きトラックコースを1度9ハロン20秒前後のペースで乗り込むと、坂路では1本ずつ17〜18秒程度と15〜16秒程度の調教を付けられています。牧場長は、若干背が高くなった印象もあって、まだまだ幅が出て欲しいが、動きに関してはとても真面目で前向きに走っているので心配無いだろうし、このまま順調に調教を積んでいける様なら十分変わり身が期待出来る、と話しています。
05/05/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。特に心配するところ無くトラックコースを1周半17〜18秒程度のペースで乗り込むと、坂路ではコンスタントに20秒を切る位で進めており、1度16秒前後のラップも出して調教を付けられています。
05/05/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。馬体はふっくらして順調に乗り込むと、週2回トラックコースを6〜8ハロン20秒程度のペースで進めており、坂路では1度15−15のラップを出して調教を付けられています。
05/05/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。不安無く先週は坂路を2本20秒を切る位のペースで乗り込みながら、1度15−15のラップを出して進めると、トラックコースでも1周20秒前後の調教を付けられています。
05/05/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター1,800mの調整です。状態に変わりありませんが、先週は全体的にペースを緩めながら一息入れており、坂路で18〜19秒程度の調教を付けられています。牧場長は、前向きに動くなど跳び自体も悪く無く、ここまで順調に進めているし、馬体も徐々にふっくらしてどんどん良い方へと向いてきている。このまま時計を出しながら、もっと斬れる脚を使える様に進めていく事にする、と話しています。
05/04/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路を18秒前後で乗り込みながら、トラックコースで1度5ハロン20秒から15秒程度のペースを問題無くこなすと、週末には2ハロン14秒前後のラップを出して調教を付けられています。
05/04/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。ふっくらした馬体に少しずつ筋力が付いてしっかりしてくると、先週はトラックコースを5ハロン20秒から終い16秒台のラップを出すなど、引き続き坂路でも20秒を切る調教を付けられています。
05/04/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無く週3本坂路を20秒前後で乗り込むと、トラックコースでも1度7ハロン20秒前半から終い18秒台のラップを出して調教を付けられています。
05/04/04
馬名が シルククルセイダー に決まっています。 天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は坂路中心に3本時計を出すと、1度20秒ペースから終い16秒台の調教を付けられています。牧場長は、体調面に関しては特に心配するところ無く、毛艶は冴えてくると、全体的にふっくら成長して雰囲気の良い馬体に仕上がってきている、と話しています。
05/03/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。馬体に不安なところ無く順調に週3回坂路で20秒程度のペースで乗り込みを進めると、トラックコースでも1周20秒前半から終い19秒台のラップを出して調教を付けられています。
05/03/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,400mの調整です。順調に坂路を週3回20秒程度のペースで乗り込むと、先週は1度18秒台のラップを出して進めており、トラックコースでも6ハロン25秒前後の調教を付けられています。
05/03/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,400mの調整です。心配するところ無く徐々に運動量を増やして乗り込むと、トラックコースで5ハロン27秒から23秒程度のペースで進めながら、坂路でも1度20秒前半のラップを出して調教を付けられています。
05/03/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。順調に乗り込む毎に馬体の成長が窺えると、胸前や腰に幅が出て動きにも力強さが増してきています。
05/02/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。変わり無く順調に乗り込む毎に馬体の成長が窺えると、なかなかしっかりした体の作りになってきており、歩様自体に変わりありません。