シルクヴェルリッツ(○父)
牡馬、鹿毛、02/01/27生
父:アドマイヤベガ、母:シルクフレアー、母の父:Danzig
厩舎:音無秀孝(栗東)、生産:中本牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
08/08/06
天栄ホースパークで引き続き経過を観察しておりましたが、詳しい検査を行った結果、喉頭蓋部分に白癬菌が付着しており、その影響で炎症を起こしていることが判明しました。担当した獣医は「治療するにしてもかなりの時間が掛かると思います」と話し、クラブとしましても、喉の疾病を改善すべく、外科治療を含めて最善の努力をしてまいりましたが、現状では復帰の目処が立たないと判断し、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致しました。6日に抹消の手続きが取られており、出資会員の皆様には後日書面にてご報告致します。
08/08/06≪最新情報≫
6日に抹消の手続きが取られています。
08/08/04≪最新情報≫
詳しい検査の結果、喉頭蓋に白癬菌が付着していることが判明し、喉の炎症の回復が見込めず、現状では競走馬としての復帰が難しいと判断し、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。
08/07/30
天栄ホースパークで療養中です。喉頭蓋部分の炎症の為、馬房で休養させています。担当した獣医は「喉の炎症が徐々に大きくなっているようで、飼い食いも悪くなってきたので、運動は一時中断しました。内視鏡の検査でも、手術の影響ではなく、別の原因で炎症を起こしているようです。今週中に再度詳しい検査を行って、原因を特定したいと思います」と話しています。
08/07/23
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。経過を確認すると、予定通りマシンの運動を始めており、担当した獣医は「術後の検査では、エントラップメントは解除されていることが確認できました。ただ、手術の影響とは別に、喉頭蓋に炎症があるので、消炎剤を与えて様子を見ています」と話し、牧場長は「現状では暫くはマシンの運動にとどめて、調教再開については予定を立てていません」と話しています。
08/07/16
予定通り11日に美浦トレセンに移動して、喉頭蓋エントラップメントの状態を改善する手術を行っており、当日中に天栄ホースパークへ戻っています。担当した獣医は「被さっている喉頭蓋ヒダをカッターで切開する手術を行い、無事に終了しました」と話すと、牧場長は「現在は舎飼で様子を見ていますが、状態を見てマシンの運動から始めていくことにします」と話しています。
08/07/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「週末から強めの調教を再開しましたが、ここへきて咳をするようになってきたので、一旦ペースを落として内視鏡で検査します」と話すと、検査の結果、喉頭蓋エントラップメント(喉頭蓋に喉頭蓋ヒダが被さっている状態)を起こしていることが判明しました。これを受けて検討の結果、ヒダを切開することで改善が図れることと、術後の休養期間も比較的短くすむことなどを考慮して、11日に美浦へ移動して、手術を行うことにいたしました。尚、入院期間はなく、日帰りで天栄ホースパークへ戻る予定です。
08/07/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「予定通り先週から乗り込みを再開しており、徐々にペースを戻しています。熱発の影響も無く体調も良さそうなので、週末からまた強めを入れていきたいと思います」と話しています。
08/06/25
天栄ホースパークで療養中です。熱発の影響で引き続き馬房で休ませており、牧場長は「先週も大事を取りましたが、問題無いみたいですね。熱は治まっていますし、元気も食欲もあるので、今週から騎乗を再開したいと思います」と話しています。
08/06/18
天栄ホースパークで順調に乗り込んでいましたが、先週末に熱発してしまい、今週は馬房で休ませています。牧場長は「ここへきて少し疲れが出てきましたかね。ひと息入れて熱は徐々に治まってきていますが、まだ目に見えない疲れが残っている可能性もあるので、無理せずじっくりやっていきます」と話しています。
08/06/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15から終い13秒に伸ばす調教を付けられており、牧場長は「強めの調教を続けていますが、重かった動きもだいぶ良くなってきましたし、体調も上がっている感じです。確実に良い方向に進んでいると思います」と話しています。
08/06/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で2度15−15の調教を付けられており、牧場長は「コンスタントに乗り込んでいます。まだいくらか動きに重いところがありますが、先週は強めを2本追ったので、これで変ってくると思います」と話しています。
08/05/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「予定通り強めを始めています。まだ少し動きは重い感じですが、気持ちは前向きなので、これから良くなってくると思います」と話しています。
08/05/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「特に心配な点は見られません。調教も意欲的ですし、良い具合に気合も乗ってきました。今週から15−15を入れていく予定です」と話しています。
08/05/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「徐々に乗り込みを進めていますが、体調も上がっている感じで、雰囲気も良くなってきていますよ。着実に良い方向に向かっていると思います」と話しています。
08/05/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「疲れも癒えて先週から坂路にも入れ始めました。馬体も増えてきているし、状態も良くなっていますね。このまま進めていければと思います」と話しています。
08/04/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「まだじっくり乗っている段階ですが、疲れも取れてきて、だいぶ立ち直ってきた感じです。徐々に乗り込みを進めていけると思います」と話しています。
08/04/23
予定通り17日に天栄ホースパークへ移動すると、到着後も休み無く乗り込みを始めており、牧場長は「レース後ということもありますが、少し疲れが見られますね。暫くは軽めにして回復に努めたいと思います」と話しています。
08/04/17≪最新情報≫
17日に天栄ホースパークへ放牧されています。
08/04/16
先週13着でした。今回も控える競馬で、道中は最後方からレースを進めると、3コーナーすぎから前を窺いますが、押し上げられずに4コーナーを回りました。そして直線では、この馬なりに伸び脚を見せましたが、思った程順位を上げる事は出来ませんでした。調教師は「良い時と比べると、本来の走りにないみたいだね。これから暖かくなってくるし、今の内にしっかり立て直したいと思います」と話しており、17日に天栄ホースパークへ移動する予定となっています。
08/04/16≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、一旦放牧に出す予定です。
08/04/14≪レース結果≫4月12日出走
中山10R 船 橋 S (芝1,200m・15頭)13着(11人気)
助手「いつもスタートが悪いので、乗り役にはその辺を気を付けてもらいました。ただ、返し馬から突っ張って走っていたようですし、その辺りで競馬でも全然伸びてくれなかったんでしょう。もっと暖かくなってくれば良くなると思います」
08/04/11≪出走情報≫4月12日出走
中山10R 船橋S(混) (芝1,200m)
15頭7枠13番 57kg 柴田善     発走15:05
権利取りの意味もあって登録した先々週は除外となると、ここを目標に調整を進めており、調教助手は「今回はあまり結果が出ていない右回りなので、強気にはなれないけど、このクラスでも十分勝ち負け出来る力を持っているし、展開がハマれば期待出来ると思います。追い切りもやれば時計の出る馬だけど、前走でかなり入れ込んだことも考えて、無理せず落ち着かせるようにしています」と話しています。
08/04/10≪出走情報≫4月12日出走
中山10R 船 橋 S (芝1,200m・16頭)57kg 柴田善
08/04/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10栗坂不    53.9- 39.4- 26.2- 13.3 馬也単走
08/04/09
坂路コースでキャンターの調整で、6日に時計を出しています。調教助手は「前走後は少し疲れが見られるけど、乗っている分には問題ない程度です」と話しており、今週土曜日の中山、船橋ステークスに出走を予定しています。
08/04/09≪出走予定≫
土曜日の中山・船橋S〔57 柴田善〕
08/04/08≪出走予定≫
土曜日の中山・船橋S
08/04/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6栗坂良    61.4- 45.1- 29.6- 14.7 馬也単走
08/04/02
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「権利も取れているので、来週中山の船橋Sを目標に進めています。使った後も変わりないし、あとは中山コースがどうかですね。週末に時計を出して、来週に備えたいと思います」と話しています。
08/03/27≪出走情報≫
シルクヴェルリッツは、土曜日の阪神10R・鳴門Sに小坂騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となり、日曜日の中京11R・高松宮記念に難波騎手で出馬投票しましたが、非抽選でそれぞれ除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/03/27≪最新情報≫
土曜日の阪神・鳴門S〔騎手未定〕に投票する予定です。
08/03/26
先週11着でした。今回も後方でレースを進めると、3コーナーすぎもじっくり脚を溜めるように進め、最後の末脚勝負に懸けました。ところが直線では、休み明けの影響か上位を窺う伸び脚は無く、最後は流れ込むようにゴールしています。調教助手は「仕上がってはいたけど休み明けだったので、ゲートの出が一息だったね。元々スタートも上手くない方だし、展開が向かないとなかなかこの馬の競馬をさせてもらえないね。使った後も反動は無く、変わりなく乗り込んでいるので、叩いた次は上積みがあると思います」と話すと、調教師は「権利を取っておかないとなかなか使えないので、除外狙いでダート戦に登録します」と話しており、今週土曜日の阪神、鳴門ステークスに出馬投票しましたが、除外となっています。
08/03/25≪出走予定≫
シルクヴェルリッツは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
08/03/24≪レース結果≫3月23日出走
中京11R トリトンS  (芝1,200m・17頭)11着(2人気)
08/03/21≪出走情報≫3月23日出走
中京11R トリトンS(混) (芝1,200m)
18頭 57kg 中舘          発走15:25
約4ヶ月振りとなりますが、ここを目標に態勢を整えており、調教助手は「追い切りも順調にこなしてここまで来たので、良い状態で使えると思います。あまり後ろすぎると届かないけど、左回りは確実に伸びてくれるし、上手くスタートを決めてくれれば、良い結果を出してくれるでしょう」と話しています。
08/03/20≪出走情報≫3月23日出走
中京11R トリトンS  (芝1,200m・18頭)57kg 中館
08/03/19
坂路コースでキャンターの調整で、16日と19日に時計を出しています。調教助手は「想定を見る限り入りそうなので、良い条件で復帰出来そうですね」と話しており、今週日曜日の中京、トリトンステークスに出走を予定しています。
08/03/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19栗坂良    53.3- 39.4- 25.7- 12.6 一杯単走
08/03/19≪出走予定≫
日曜日の中京・トリトンS〔57 中舘〕
08/03/18≪出走予定≫
日曜日の中京・トリトンS
08/03/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16栗坂重    58.5- 42.7- 28.2- 14.2 馬也単走
08/03/12
坂路コースでキャンターの調整で、9日に時計を出すと、12日には併せて追い切られています。調教助手は「除外狙いの登録も考えましたが、万が一入ってしまうといけないので、今週は登録せず、予定通り来週中京のトリトンSに向かいます。追い切りをこなすごとに状態も上向いてきているので、このままレースに向けて仕上げていきたいと思います」と話しています。
08/03/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12栗坂良    51.8- 38.8- 25.8- 12.8 一杯0.2秒先着
08/03/11≪出走予定≫
シルクヴェルリッツは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
08/03/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9栗坂良    59.3- 43.0- 28.3- 14.3 馬也単走
08/03/06≪出走情報≫
シルクヴェルリッツは、日曜日の中山10R・ブラッドストーンSに岩部騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、中京4週目のトリトンSへ向かう予定となりました。
08/03/05
坂路コースでキャンターの調整で、2日と5日に時計を出しています。調教助手は「追い切りは、無理をさせていないものの、動きは悪くなかったので良い感じで乗り込めています。想定を見る限り除外だと思いますが、除外をもらって予定通り中京4週目のトリトンSに向かいたいです。仮に今週入っても、使える態勢になっているし、ダートでも走る馬なので問題無いと思います」と話しており、今週日曜日の中山、ブラッドストーンSに登録しましたが、除外となっています。
08/03/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5栗坂良    52.8- 38.4- 25.2- 12.5 馬也単走
08/03/05≪出走予定≫
日曜日の中山・ブラッドストーンS[57 大野]
08/03/04≪出走予定≫
日曜日の中山・ブラッドストーンS
08/03/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2栗坂良    61.2- 44.1- 28.7- 14.5 馬也単走
08/02/27
天栄ホースパークで13−13の調教を付けられると、牧場長は「帰厩に備えて速いところをやりましたが、乗り役の指示にも反応が良かったですし、動きもシャープでした。良い状態で送り出せたと思います」と話して、確認した調教師の指示で、27日に栗東へ帰厩しています。到着後は坂路コースでキャンターの調整、調教師は「無事帰厩して乗り出しています。中京4週目のトリトンSを中館騎手で予定していますが、それまでに権利を取っておいた方が良いと思うので、来週中山のブラッドストーンSを大野騎手で登録する方向です」と話しています。
08/02/27≪最新情報≫
27日に栗東へ帰厩しています。
08/02/26≪最新情報≫
27日に栗東へ帰厩する予定になりました。
08/02/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は坂路で15−15から終い13秒に伸ばす調教を付けられており、牧場長は「コンスタントに乗り込んでいます。手応えも十分ですし、良い具合に気合も乗ってきました。近い内に帰厩すると思いますが、このまま態勢を整えていきたいと思います」と話しています。
08/02/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「週末から15−15の調教に戻しています。楽をさせた影響からか、気合乗りがもう一つといった感じですが、このまま乗り込んでいけば変わってくると思います」と話しています。
08/02/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。熱発を起こした為、マシンの運動で様子を見ると、先週から騎乗を再開しており、今週は坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「熱発の影響も無く徐々にペースを戻しています。その後の状態も変わりないので、このまま進めていけると思います」と話しています。
08/01/30
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。熱発をおこした為、マシンの運動で様子を見ており、牧場長は「大事を取ってひと息入れていますが、熱はだいぶ治まってきたようです。近い内に調教に戻せると思います」と話しています。
08/01/23
天栄ホースパークの坂路で15−15の調教を付けられましたが、今週に入り熱発をおこした為、ペースを落として様子を見ています。牧場長は「ここへきて少し疲れが出てきましたかね。今週はマシン程度で様子を見て、熱が下がれば乗り出していきます」と話しています。
08/01/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「先週も良い調教ができました。強めをやるようになって、動きもキビキビしてきましたし、状態も良くなっていますね。今後も今のデキを維持するように調整していきたいと思います」と話しています。
08/01/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「特に問題無く順調で、先週から15−15を乗っています。馬体もフックラして良い感じですし、だいぶ気配も上向いてきました。このままコンスタントに強めをやっていきたいと思います」と話しています。
07/12/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。先週は本馬場中心に20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「少しずつ進めている段階です。脚元も変わりありませんし、体調面も安定した状態を維持しています。この調子でしっかり乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
07/12/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場中心にキャンターの調教を付けられると、牧場長は「まずまずの調教をこなしています。歩様もスムーズですし、状態面に関しても特に心配無いので、このままスムーズに進められそうです」と話しています。
07/12/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,200mの調整です。本馬場中心に軽めの調整を行いながら、馬体の回復を図っており、牧場長は「様子を見ながらですが、馬体もだいぶ戻ってきていますし、脚元も特に問題ありません。このまま進めていきます」と話しています。
07/12/05
予定通り30日に天栄ホースパークへ移動しており、到着後は馬体の状態を確認すると、今週から乗り込みを始めています。牧場長は「レースを使い込んできたこともあり、やはり馬体が減っていますね。暫くは軽めにして回復に努めたいと思います」と話しています。
07/11/30≪最新情報≫
30日に天栄ホースパークへ放牧されています。
07/11/29≪最新情報≫
30日に天栄ホースパークへ放牧される予定です。
07/11/28
先週3着でした。スタートでダッシュが付かず、最後方からの競馬になると、3コーナーすぎから差を詰めに掛かり、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線では、メンバー中最速の上がりを繰り出すと、馬群の間を縫って猛然と追い上げましたが、勝ち馬を捕らえる事は出来ませんでした。赤木騎手は「今日のところは仕方ないですね。18頭立ての6番枠ですから外を回す訳にもいかず、内を突いたのですが、なかなか前が開かなくて・・。前が開いてからは凄い伸びでしたし、あと10mあれば差し切っていましたよ」と話し、調教助手は「どうも最近はゲートの出が良くないね。乗り役には、出遅れても良いから、じっくり後ろから行く様に指示したんですが、開幕週だし、今日は枠順が悪かったですね」と話しています。また調教師は「連闘させたこともあるし、予定通り放牧に出します。年明けの中山開催中に戻して、東京で使う予定です。左回りなら芝、ダートともに走ることがわかったし、状態を上手くキープさせたいと思います」と話し、30日に天栄ホースパークへ移動する予定となっています。
07/11/28≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、予定通り一旦放牧に出す予定です。
07/11/26≪レース結果≫11月25日出走
中京11R 納屋橋S (芝1,200m・18頭)3着(2人気)
     複 勝   06       240円
     ワイド   06-14    2,010円
           06-13     660円
     3連複   06-13-14   9,900円
     3連単   14-13-06  79,240円
07/11/22≪出走情報≫11月25日出走
中京11R 納屋橋S(混) (芝1,200m)
18頭 57kg 赤木          発走15:30
先週出走した疲れなども見られない事から、連闘での出走を決めており、調教師は「先週は除外狙いでしたが、左回りだとスムーズに立ち回ってくるし、ダートでも良く頑張ってくれたと思います。出走が確定した段階から連闘も考えていたので、予定通り今週使う事にします。今回は相性の良い中京コースだし、ハンデもそう厳しくはないので、良い結果を期待したいですね。ここまで結構強行軍で来たので、使った後は一息入れようと思っています」と話しています。
07/11/21
先週5着でした。スタートで出遅れて、12番手からの競馬になると、3コーナーすぎも脚を溜めるように進み、最後の末脚に懸けました。そして直線では懸命に追われると、勝ち負けの争いには加われませんでしたが、外から渋太い伸び脚を繰り出して、掲示板を確保しています。千葉騎手は「距離は少し長かったかもしれません。でも走りますね」と話し、調教助手は「あれだけ出遅れてはね・・。でもダート適性はありますね。1,400mならもっと面白かったかもしれません」と話すと、レース後の状態も良好な事から連闘を決めており、今週日曜日の中京、納屋橋ステークスに出走します。詳しくは出走情報でご確認ください。
07/11/21≪出走情報≫11月25日出走
中京11R 納屋橋S (芝1,200m・18頭)57kg 赤木
07/11/21≪出走予定≫
日曜日の中京・納屋橋S[57 赤木]
07/11/20≪出走予定≫
日曜日の中京・納屋橋S
07/11/19≪レース結果≫11月17日出走
東京10R 白 嶺 S(D1,600m・15頭)5着(10人気)
07/11/16≪出走情報≫11月17日出走
東京10R 白嶺S(混) (D1,600m)
16頭5枠9番 57kg 千葉      発走14:55
中1週での競馬が続きますが、中間も疲れなどは見られず調整を進めており、調教助手は「前走は少し消極的な乗り方だったし、あの位置取りでは厳しかったね。今回は久々のダートになりますが、元々ダートには実績があるし、状態も徐々に上向いてきているので、展開さえ向けば変わり身があると思います」と話しています。
07/11/15≪出走情報≫11月17日出走
東京10R 白 嶺 S(D1,600m・16頭)57kg 千葉
07/11/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15栗坂良    54.3- 40.2- 26.2- 13.1 馬也単走
07/11/14
坂路コースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。調教助手は「来週中京の納屋橋ステークスが本線ですが、頭数が多くなると思うので、除外狙いの意味もあって今週から登録していきます」と話し、調教師は「抽選の運が強い馬ですから、入るかもしれませんが、今回は除外になった方が良いですね」と話しており、今週土曜日の東京、白嶺ステークスへ出走します。
07/11/14≪出走予定≫
土曜日の東京・白嶺S[57 騎手未定]か、日曜日の東京・奥多摩S[57 騎手未定]
07/11/13≪出走予定≫
日曜日の東京・奥多摩Sか、土曜日の東京・白嶺S
07/11/07
先週13着でした。スタートで後手を踏み、後方2番手からの競馬になると、3コーナーすぎから押し上げに掛かり、最後の末脚に懸けました。ところが直線で外から懸命に追われると、ジリジリ差を詰めていますが、思った程順位を上げる事は出来ませんでした。レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。生野騎手は「行きっぷりがもうひとつで、前に壁が出来たこともあってすぐ控えたんですが、道中もいつものような感じではなかったですね。右回りが影響しているような感じではなかったし、まだ良化途上なのかもしれませんね。次は来週東京の奥多摩Sに登録して、除外の場合は翌週の中京に回ります」と話しています。
07/11/05≪レース結果≫11月4日出走
京都10R 京 洛 S (芝1,200m・18頭)13着(7人気)
07/11/02≪出走情報≫11月4日出走
京都10R 京 洛 S(混) (芝1,200m)
18頭 57kg 生野          発走15:10
休み明けの前走を使われた後も変わりなく、中1週で出走する事になり、生野騎手は「レース後の疲れもなく、上積みも感じられます。追い切りもほぼ馬なりで良い動きをしていたので、今回は変わり身十分だと思います。左回りで実績のある馬なので、あとは右回りがどう出るかですね」と話しています。
07/11/01≪出走情報≫11月4日出走
京都10R 京 洛 S (芝1,200m・18頭)57kg 生野
07/10/31
坂路コースでキャンターの調整で、31日に併せて時計を出しています。生野騎手は「前走は軽い熱発もあって元気がなかったし、休み明けだったことも考えると、良く頑張ったと思います。除外の可能性もありますが、今週登録していきます」と話しており、今週日曜日の京都、京洛ステークスに出走を予定しています。
07/10/31≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31栗坂稍    54.1- 39.7- 26.2- 13.4 馬也先行0.3秒先着
07/10/31≪出走予定≫
日曜日の京都・京洛S[57 生野]
07/10/30≪出走予定≫
日曜日の京都・京洛S
07/10/24
先週8着でした。道中は後方3番手でレースを進めると、3コーナーから徐々に押し上げ、10番手で4コーナーを回りました。ところが直線では、外から懸命に追われましたが、上位を窺う程の伸び脚は無く、最後は流れ込むようにゴールしています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教助手は「休み明けもあったし、除外も考慮して一杯には仕上げていなかったけど、その割には良く頑張った方だと思います。左回りだとコーナーも上手く走ってくれるし、右回りよりは安定感があるね。このクラスは頭数が多くて除外の心配があるので、様子を見て登録していきます」と話しています。
07/10/22≪レース結果≫10月21日出走
東京11R 白秋 S  (芝1,400m・16頭)8着(9人気)
07/10/19≪出走情報≫10月21日出走
東京11R 白秋S(混) (芝1,400m)
18頭 57kg 生野          発走15:30
約半年振りとなりますが、帰厩後も順調に調整されて態勢を整えており、生野騎手は「こまで順調に来ましたし、良い仕上がりで使えると思います。追い切りは併せてやりましたが、この馬なりに動いていました。得意の左回りで良い結果を出したいですね」と話しています。
07/10/18≪出走情報≫10月21日出走
東京11R 白 秋 S(芝1,400m・18頭)57kg 生野
07/10/17
坂路コースでキャンターの調整で、17日に併せて時計を出しています。調教師は「思った以上に頭数が多いので、除外の場合は京都1週目の京洛Sに回ります」と話しており、今週日曜日の東京、白秋ステークスに出走を予定しています。
07/10/17≪出走予定≫
日曜日の東京・白秋S[57 生野]
07/10/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17栗坂良    54.1- 38.9- 25.4- 12.9 強目同入
07/10/16≪出走予定≫
日曜日の東京・白秋S
07/10/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11栗坂良    52.6- 38.9- 25.7- 12.9 一杯同入
07/10/10
坂路コースでキャンターの調整で、8日に時計を出すと、11日には併せて追い切られています。生野騎手は「追い切りは併せてやりました。相手が稽古駆けする馬なので見劣りはしましたが、この馬なりには動いていたし、良い感じでここまで来ています。厩務員から今日は少し元気がないと言われましたが、乗ってキャンターに入ると、自分からハミを取って走る気を見せてくれていたので、問題はないと思います。来週東京の白秋Sを予定しています」と話しています。
07/10/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8栗坂良    60.2- 44.9- 30.1- 15.1 馬也単走
07/10/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4栗坂良    55.8- 40.8- 26.8- 13.4 馬也追走同入
07/10/03
予定通り27日に栗東へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、30日に時計を出しています。厩務員は「相変わらず馬場に行くまではチャカついたりとうるさい面を出していますが、今のところ順調に乗り込んでいるので、このまま進めていきます。気の勝った馬だからすぐ仕上がるので、東京で使う事になると思いますが、しっかり仕上げていきます」と話しています。
07/10/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30栗坂良    58.1- 42.9- 28.6- 14.4 馬也単走
07/09/27≪最新情報≫
27日に栗東へ帰厩しています。
07/09/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられています。牧場長は「コンスタントに強めの調教をこなしています。馬体の張りや毛艶も良いですし、ここへきて掛かる位の気合が出てきました。態勢は整っていると思います」と話すと、確認した調教師の指示で、27日に栗東へ帰厩する予定になりました。
07/09/26≪最新情報≫
27日に栗東へ帰厩する予定です。
07/09/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられると、牧場長は「先週から強めを始めましたが、問題無く順調にきています。気持ちも前向きですし、手応えも最後までしっかりしていました。このままコンスタントに乗っていきたいと思います」と話しています。
07/09/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「脚元の不安も無く順調に進めています。走り自体もスムーズですし、ここへきて息遣いも良くなってきました。今週は15−15を乗るつもりです」と話しています。
07/09/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「脚元の心配も無くなり、順調にペースを戻しています。動き自体は悪くありませんが、息遣いがもう一つといった感じなので、長めをじっくり乗って息を作っていきたいと思います」と話しています。
07/08/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。右トモの状態を確認しながら、本馬場中心に軽めの調整で様子を見ると、牧場長は「ペースを落としてじっくり乗ったことで、患部の腫れも治まってきました。徐々に元のメニューに戻していけると思います」と話しています。
07/08/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も坂路中心に22秒程度の調教を付けられると、牧場長は「ここへきて疲れが出てきたのか、右トモの球節部分に腫れが見られます。休む程ではありませんが、もう少しペースを落として様子を見ます」と話しています。
07/08/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は坂路中心に22秒程度の調教を付けられると、牧場長は「予定通り先週は速い調教を控えましたが、変わり無く順調に乗れていますし、一息入れて馬体の張りも目立つようになってきました。今週はまたペースを戻していきます」と話すと、確認した調教師は「今は右回りしか競馬がないし、9月中に戻して東京を目標にします」と話しています。
07/08/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も坂路中心に15−15の調教を付けられると、牧場長は「17秒を2本に15秒を1本と、かなり積極的に乗っています。かなり暑くなってきましたし、メリハリある調教を心掛けています。今週は少しペースを落として疲れを抜いてあげるつもりです」と話しています。
07/08/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も坂路中心に15−15の調教を付けられると、牧場長は「先週も力強い動きを見せており、状態は変わり無く良さそうです。今は心配するところも無いので、このままコンスタントにこなしていけそうです」と話しています。
07/07/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も坂路中心に15−15の調教を付けられると、牧場長は「乗り込むにつれて気合乗りも良くなり、力強い動きを見せるようになってきました。漸く本来の姿に戻りつつあります。この状態をしっかり維持しながら進めていきたいと思います」と話しています。
07/07/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は坂路中心に15−15の調教を付けられると、牧場長は「予定通り強めをやりましたが、なかなか動きは良かったですよ。息遣いも問題無いので、このままのペースでしっかり乗り込んでいきます」と話しています。
07/07/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。右前脚に外傷を負った為、軽めの調整で様子を見ていましたが、先週はペースを戻して、坂路で17−17の調教を付けられています。牧場長は「右前の外傷も回復して順調に乗れています。馬体もだいぶフックラしてきましたので、週末には15−15が出来ると思います」と話しています。
07/07/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。順調に乗り込んでいましたが、先週は右前脚に外傷を負った為、本馬場中心に軽めの調整で様子を見ています。牧場長は「どうやら馬房で寝違えたようですね。念のため詳しく検査しましたが、球節辺りに外傷がある程度です。傷腫れがありましたが、だいぶ落ち着いていますし、調教は休まず乗っていますので、状態を見ながらペースを戻していきたいと思います。ご心配お掛けして申し訳ありません」と話しています。
07/06/27
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「気合乗りもまずまずですし、乗り込むにつれて動きも素軽くなってきました。今週から15−15も入れていきたいと思います」と話しています。
07/06/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「動き自体はだいぶ良くなってきています。もう少しフックラするまでは、ジックリやった方が良いかもしれません」と話しています。
07/06/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「馬体がもう少しフックラすると良いのですが、徐々に気合も乗ってきて動きもピリッとしてきましたので、状態は悪くないと思います」と話しています。
07/06/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「気合乗りも良く動きもしっかりしていますが、馬体が思ったほど戻ってきません。今後は飼い葉も工夫しながら、回復を促していきたいと思います」と話しています。
07/05/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられると、牧場長は「調教は変わらず順調ですが、なかなか馬体が戻ってこないようですね。もう少しフックラするまでは、これくらいのペースで乗っていきます」と話しています。
07/05/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「疲れも取れて順調に調教を進めています。動き自体はしっかりして、脚元の心配も無さそうでが、もう少し馬体がフックラしてくると良いですね」と話しています。
07/05/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。先週は本馬場中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「まだじっくり乗っている段階ですが、徐々に疲れも取れてきているので、状態を見て運動量を増やしていきたいと思います」と話しています。
07/05/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。マシンの運動を続けながら、状態を確認すると、先週から調教を再開しています。牧場長は「まだレースの疲れが残っていますので、完全に回復するまでは、軽めの調整で様子を見ることになると思います」と話しています。
07/05/02
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンの運動を続けながら、状態を確認すると、牧場長は「今回は疲れも大きいので、もう暫く今のまま様子を見ていきます。状態を見て乗り出していくつもりです」と話しています。
07/04/25
20日に天栄ホースパークへ移動しており、到着後はマシンの運動を行いながら、状態を確認すると、牧場長は「レース後ということもありますが、今回はけっこう疲れが見られますね。暫くはマシンの運動だけにして回復に努めたいと思います」と話しています。
07/04/20≪最新情報≫
20日(金)に天栄ホースパークへ放牧される予定になりました。
07/04/18
先週10着でした。スタートで出遅れて、道中は最後方からの競馬になると、3コーナーすぎから徐々に押し上げに掛かり、最後の末脚勝負に掛けました。そして直線では懸命に追われると、33秒台の末脚を繰り出したものの、思った程順位を上げる事は出来ませんでした。生野騎手は「後方からの競馬になるとは思っていましたが、出も一息で自分から走ろうとしていませんでした。行きっぷりも一息だったし、本来の出来ではなかったのかもしれません。最後は伸びてくれたので、左回りなら巻き返せると思います」と話すと、調教助手は「右回りだと使った後の反動があって、なかなか疲れが取れませんね。走るフォームが左回り向きなのか、このクラスになるとやはり左回りの方が良さそうです。この後は番組も少ないので、一旦天栄ホースパークへ放牧に出して、状態次第では中京3週目の飛騨ステークスを使う予定です」と話しており、近日中に天栄ホースパークへ移動する予定となっています。
07/04/18≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、中京開催を目標に一旦放牧に出す方向で検討しています。
07/04/16≪レース結果≫4月15日出走
阪神11R 淀屋橋S  (芝1,200m・16頭) 10着
07/04/13≪出走情報≫4月15日出走
阪神11R 淀屋橋S(混) (芝1,200m)
16頭 57kg 生野          発走15:30
中1週での競馬が続きますが、疲れも見られず引き続き好調をキープしており、生野騎手は「追い切りは後半の馬場の悪い時間帯で、馬場をかなり気にしてノメッて走っていたので、無理せず馬なりでやりました。時計は掛かりましたが、動きは悪くなかったし、レースでは力を出してくれると思います」と話しています。
07/04/12≪出走情報≫4月15日出走
阪神11R 淀屋橋S (芝1,200m・16頭)57kg 生野
07/04/11
坂路コースでキャンターの調整で、11日に時計を出しています。生野騎手は「環境に慣れて入れ込みもおさまってきたので、競馬に行って落ち着いていれば結果は出せると思います」と話しており、今週日曜日の阪神、淀屋橋ステークスに出走を予定しています。
07/04/11≪出走予定≫
日曜日の阪神・淀屋橋S[57 生野]
07/04/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11栗坂良    54秒9- 40秒6- 27秒0- 13秒6 強目
07/04/10≪出走予定≫
日曜日の阪神・淀屋橋S
07/04/04
先週7着でした。今回はいつもより早めの中団からの競馬で、道中は8番手でレースを進めると、3コーナーすぎから徐々に動き、5番手に並んで4コーナーを回りました。ところが直線を向くと追ってからが案外で、上位に食い込む事は出来ませんでした。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。厩務員は「今回はスタートが良すぎましたね。気が小さいところがあるから、
揉まれると走る気がなくなってしまうんです。後ろから気分良く行かせる方が、終いも生きると思うので、前々回のように出遅れた気味の方がむしろ良いかもしれません。新しい馬房になってからまだ落ち着きがないぐらい、気の小さいところがあるので、そのあたりが今後の課題ですね。状態を見て次走を検討していきます」と話しています。
07/04/02≪レース結果≫3月31日出走
中山11R 船橋市制70周年記念(芝1,200m・16頭)7着
07/03/30≪出走情報≫3月31日出走
中山11R 船橋市制70周年記念(混) (芝1,200m)
16頭7枠14番 58kg 内田博     発走15:40
休み明けの前走は惜しい競馬となりましたが、反動も見られず予定通り中1週で出走する事になり、調教師は「前走の不利はかなり痛かったですね。競馬だから仕方はないけど、馬にも負担が掛かるし、新人騎手ももう少ししっかり乗ってくれないとね。ベストの条件だったので勝ちたかったけど、力は見せてくれたと思います。今回は右回りになりますが、ダートで勝ったことがあるし、内田博幸騎手の手腕にも期待しています」と話し、厩務員は「少し入れ込み気味ですが、追い切りの動きと状態に関しては引き続き良いですし、今回は使った上積みを期待したいですね」と話しています。
07/03/29≪出走情報≫3月31日出走
中山11R 船橋市制70周年記念(芝1,200m・16頭)58kg 内田博
07/03/28
坂路コースでキャンターの調整で、28日に時計を出しています。厩務員は「今週初めに厩舎の引っ越しで新しい馬房に変わったこともあって、少し入れ込んでいるので、そのあたりの影響が競馬に行ってどう出るかですね」と話しており、今週土曜日の中山、船橋市市制施行70周年記念に出走を予定しています。
07/03/28≪出走予定≫
土曜日の中山・船橋市市制施行70周年記念[58 内田博]
07/03/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28坂路良    53.5- 39.4- 26.3- 13.4 馬なり
07/03/27≪出走予定≫
土曜日の中山・船橋市市制施行70周年記念
07/03/21
先週3着でした。出脚が付かず、道中は最後方からの競馬になると、3コーナーすぎから徐々に押し上げに掛かり、最後の末脚勝負に掛けました。そして直線では、大外に持ち出して懸命に追われると、メンバー中唯一33秒台の末脚を繰り出して差を詰めましたが、勝ち馬を捕らえる事は出来ませんでした。レース後も順調で、軽めの運動の調整です。厩務員は「スタートは早くなかったけど、焦らず上手く乗ってくれました。あれなら終いも生きると思っていたんですが、4コーナーの不利が痛かったですね。あれがなければ際どい競馬になっていましたね。休み明けでもしっかり走ってくれたと思います。別定戦だと除外の心配もあってしっかり調整できないので、来週の中山のハンデ戦に登録していきます。今なら右回りでもやれると思うので次に期待ですね」と話しています。
07/03/19≪レース結果≫3月18日出走
中京11R トリトンS(芝1,200m・16頭) 3着
     複 勝 01      220円
     ワイド 01-14     640円
         01-07   12,820円
     3連複 01-07-14  95,070円
     3連単 14-07-01 657,510円
07/03/16≪出走情報≫3月18日出走
中京11R トリトンS(混) (芝1,200m)
16頭 56kg 幸           発走15:25
昨年10月以来約4ヶ月半振りの競馬となりますが、帰厩後も変わりなく乗り込んで態勢を整えており、調教師は「併せて先着しているように動きは良かったんですが、見た目は少し太めが残りそうな気もしますね。58kgのトップハンデなので軽量馬が気になるけど、以前もこれで良い競馬をしてきた馬だし、何とか勝ち負けしてほしいですね」と話しています。
07/03/15≪出走情報≫3月18日出走
中京11R トリトンS(芝1,200m・16頭) 58kg 幸
07/03/14
坂路コースでキャンターの調整で、11日に時計を出すと、14日には併せて追い切られています。調教師は「帰厩後も特に不安もなく順調にここまで来たので、良い状態で復帰できると思います」と話しており、今週日曜日の中京、トリトンステークスに出走を予定しています。
07/03/14≪出走予定≫
日曜日の中京・トリトンS[58 幸]
07/03/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14栗坂良    53秒6- ---- - 25秒6- 13秒1 一杯先着
07/03/13≪出走予定≫
日曜日の中京・トリトンS
07/03/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11栗坂不    60.5- 44.3- 29.1- 14.5 馬なり
07/03/07
坂路コースでキャンターの調整で、1日と4日に時計を出すと、7日には併せて追い切られています。調教助手は「今のところ順調に乗り込んでいるし、良い感じでここまで来ています。来週の中京を予定していますが、来週の追い切りでほぼ仕上がってくると思います。ハンデは背負うでしょうけど、左回りは確実に走ってくれるので、休み明けでも頑張ってほしいですね」と話しています。
07/03/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7栗坂良    54.0- 39.9- 26.2- 13.0 一杯先着
07/03/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4坂路良    58.1- 42.8- 28.5- 14.6 馬なり
07/03/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1栗坂稍    54.3- 40.5- 27.0- 13.8 馬なり
07/02/28
坂路コースでキャンターの調整で、22日と25日に時計を出しています。生野騎手は「除外狙いの意味もあって特別登録しましたが、トリトンステークスでもトップハンデになるでしょうし、そうなれば除外の心配もないので、そちらへ向けて仕上げていくことになりました」と話しています。
07/02/28≪出走予定≫
シルクヴェルリッツは検討の結果、今週の登録は見送り、中京3週目のトリトンSに向かう予定となっています。
07/02/27≪出走予定≫
シルクヴェルリッツは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
07/02/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25栗坂良     62.0- 45.2- 29.7- 14.8 馬なり
07/02/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22坂路良    58.1- 43.6- 29.0- 14.9 馬なり
07/02/21
天栄ホースパークで14−14の調教を付けられると、牧場長は「状態も上向いてきたので、強いところをやってみましたが、動きもかなり良くなってきました。歩様はそれ程心配無いと思いますし、このまま進めていける状態です」と話し、確認した調教師の指示で、20日に栗東へ帰厩しています。到着後は坂路コースでキャンターの調整で、今週は22日に時計を出す予定となっています。厩務員は「歩様の感じは以前からあるものなので、気にするほどではありません。牧場で大事にやってもらいましたので、すぐに坂路で乗り出して、順調に行けば、予定通り中京3週目のトリトンステークスを使いたいと思います」と話し、生野騎手は「様子を見ながら乗りましたが、歩様もそれほど気にならないし、このまま進めていけると思います」と話しています。
07/02/19≪最新情報≫
20日に栗東へ帰厩する予定になっています。
07/02/16≪最新情報≫
今のところ、来週20日の帰厩を予定しています。
07/02/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、先週は坂路で17−17の調教を付けられています。牧場長は「まだ出だしの歩様に若干硬さはありますが、調教後は問題無いので、徐々に進めています。今週は17秒のところを2本乗って、このまま進めていきます」と話しており、今のところ来週中の帰厩を予定しています。
07/02/14≪最新情報≫
今のところ、来週中の帰厩を予定しています。
07/02/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「歩様に若干硬さは見られますが、乗ったあとは解れて良くなるので、じっくりやった効果が出てきたようです。体調面も安定しているので、様子を見て少しずつ進めていきたいと思います」と話しています。
07/01/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、予定通り先週から坂路で22秒程度の調教を付けられています。牧場長は「少しずつペースを上げていますが、歩様も落ち着いているようですね。今後も状態を見ながら進めていきたいと思います」と話しています。
07/01/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「左トモの歩様も気にならなくなってきたので、今週から坂路にも入れていくつもりです。暫くは十分注意して進めていきたいと思います」と話しています。
07/01/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「ショックウェーブ治療を続けながらの調教ですが、左トモの歩様も順調に回復しているので、少しずつ進めていきたいと思います」と話しています。
07/01/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は本馬場中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「左トモの踏み込みもだいぶ良くなってきましたが、まだ完全な状態とは言えません。もう暫くショックウェーブ治療を続けて、良化を待ちたいと思います」と話しています。
06/12/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は坂路と本馬場を併用して軽めの調整を行うと、牧場長は「左トモの踏み込みも良くなってきましたが、まだペースを上げるのは不安があるので、もう暫くじっくり乗っていきたいと思います」と話しています。
06/12/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「治療の効果もあって、左トモの踏み込みもだいぶ良くなってきましたので、今週から坂路にも入れて乗っています。まだ無理しない方が良いと思うので、年内はこのままのペースで乗っていきます」と話しています。
06/12/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は本馬場中心に軽めの調整を行うと、牧場長は「まだ左トモの踏み込みが気になるので、あまり無理はしていません。完全に回復するまでは、今後もショックウェーブ治療を続けながら、調教を進めていきたいと思います」と話しています。
06/12/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。先週も本馬場中心に20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「まだペースを上げる段階ではありませんが、順調に乗れています。左トモの踏み込みが甘い感じもするので、疲れが抜けきっていないかもしれませんね。暫くはショックウェーブ治療を行いながら、軽めの調整を続けていきます」と話しています。
06/11/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場で終い6ハロン20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「背中の張りも治まり、順調にペースを上げています。今は特に心配するところも無いので、細心の注意を払って進めていきます」と話しています。
06/11/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。馬体の状態を確認しながら、軽めの調整で様子を見ると、先週から本馬場中心にキャンターを始めています。牧場長は「治療の効果もあり、背中の張りもだいぶ治まってきました。脚元や馬体は心配無いので、徐々にピッチを上げていきたいと思います」と話しています。
06/11/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。馬体の状態を確認しながら、本馬場中心に軽めの調整で様子を見ると、牧場長は「まだ背中から腰にかけて張りが残っているので、長めをじっくり乗っています。今後はマイクロ治療も併用して回復に努めたいと思います」と話しています。
06/11/08
天栄ホースパークに到着後は、マシンの運動を行いながら一息入れて連戦の疲れを癒した後、2日から乗り込みを始めています。牧場長は「疲れが原因と思いますが、少し背中が張っているようです。暫くは軽めに乗りながら、ショックウェーブ治療で良化を図っていきたいと思います」と話しています。
06/11/01
先週5着でした。いつも通り後方に控え、道中は13番手でレースを進めると、3コーナーすぎもじっくり脚を溜めるように進み、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線では、大外から懸命に追われると、メンバー中最速の上がりを繰り出して差を詰めましたが、最後は斤量も響いたのか、勝ち負けの争いに加わる事は出来ませんでした。内田博幸騎手は「斤量を背負っていたので、もう少し前にいった方が良かったかも知れません。でも、こういう競馬をしていればチャンスはありますよ」と話すと、調教助手は「この馬なりに頑張ってくれたし、他の馬が止まらなかっただけで、ハンデ差を考えれば力負けではないと思います。ただ、使い詰めで見えない疲れもあると思うので、予定通り年内はゆっくりさせます」と話し、29日に天栄ホースパークへ放牧されています。
06/10/30≪レース結果≫10月29日出走
東京10R 白秋ステークス(芝1,400m・16頭) 5着
06/10/27≪出走情報≫10月29日出走
東京10R 白秋ステークス(混) (芝1,400m)
16頭 58kg 内田博幸        発走15:00
前走後は京都での出走も検討されましたが、こちらに目標を切り替えて順調に調整されており、調教師は「今週の追い切りは気合いを出すために併せてやりましたが、追い出してからの動きもいつも通り良かったし、良い状態で出せると思います」と話し、調教助手は「相手も稽古駆けする馬ですが、追い切りではこの馬が一枚上でしたね。状態に関しては絶好調だし、この馬の競馬が出来れば勝ち負けだと思います」と話しています。
06/10/26≪出走情報≫10月29日出走
東京10R 白秋ステークス(芝1,400m・16頭)58kg 内田博
06/10/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25栗坂重    52.6- 38.7- 25.4- 12.8 強目先着
06/10/25
坂路コースでキャンターの調整で、19日と25日に時計を出しています。調教師は「中館騎手の都合がつかないので内田博幸騎手に依頼しましたが、しっかり追ってくれる騎手なので、良い結果を出してくれると思います」と話しており、今週日曜日の東京、白秋ステークスに出走を予定しています。
06/10/25≪出走予定≫
日曜日の東京、白秋ステークス[58kg 内田博]
06/10/24≪出走予定≫
日曜日の東京、白秋ステークス
06/10/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15栗坂良    55.9- 40.1- 26.3- 13.2 馬なり
17栗坂良    61.3- 44.6- 30.1- 15.5 馬なり
19栗坂良    54.4- 40.4- 25.9- 12.8 馬なり
06/10/18
坂路コースでキャンターの調整で、12日、15日、17日に時計を出しています。調教師は「今のところ順調に来ているので、予定通り来週の東京で使います。じっくり行けば千四でも対応できるし、終いの生きる競馬になれば十分勝ち負け出来ると思うので、この馬向きの展開になってほしいですね。今週しっかりやって、来週は輸送を考えて軽く流しておきます。使った後は放牧に出して、年内はゆっくりさせてあげたいと思います」と話しています。
06/10/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8栗坂稍    60.1- 43.6- 29.1- 14.6 馬なり
12栗坂重    54.0- 39.7- 25.8- 13.1 馬なり
06/10/11
坂路コースでキャンターの調整で、8日に時計を出しています。生野騎手は、「追い切りはほぼ馬なりでしたが、良い感じで上がってきたし、状態は良さそうです。間隔を空けて使っているので、疲れも無く元気一杯だし、良い状態でレースに行けるようにしたいですね」と話しています。
06/10/04
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「来週の京都を予定していたが、状態の良い内に東京で使ってみたいので、4週目の白秋ステークスまで待つ事にした。ハンデ戦だけど、トップハンデになれば除外の心配も無いので、ここ一本で行こうと思う。じっくり行った方が確実に良い脚を使えるから、中館騎手にもこの馬の競馬をするように言っておく」と話しています。
06/09/27
先週2着でした。出脚が付かず最後方からの競馬になると、3コーナーから徐々に前との差を詰めに掛かり、後方4番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、大外に持ち出して懸命に追われると、メンバー中で唯一32秒台の末脚を繰り出して豪快に追い込みましたが、惜しくもクビ差届きませんでした。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「最後は良い脚を使っているだけに、ゲートで後手を踏んだのが痛かった。相手が上手く回ってきたので負けたが、この馬もすぐに目処は立つだろう。使った後も変わり無いし、状態の良い内は詰めて使っても大丈夫だと思うので、次走は京都2週目の京洛ステークスを予定している」と話しています。
06/09/25≪レース結果≫9月23日出走
中京11R トリトンS(芝1,200m)   2着
      複 勝 08      140円
      枠 連 04−08    660円
      馬 連 08−16    780円
      ワイド 08−16    210円
          02−08    620円
          08−14    780円
      馬 単 16−08   1,320円
      3連複 02−08−16 1,300円
          08−14−16 1,660円
      3連単 16−08−02 4,220円
          16−08−14 6,330円
06/09/22≪出走情報≫9月23日出走
中京11R トリトンS(混) (芝1,200m)
18頭4枠8番 57.5kg 中舘    発走15:45
前走後は早々とここを目標に定め、この中間も順調に乗り込んで態勢を整えており、調教師は「ハンデ戦だが、平坦コースでそれほど差は出ないと思うので、上手くこの馬の脚が使えれば、十分勝ち負け出来るだろう。前走は少し行き過ぎて終いの脚が鈍ったが、距離もベストだし、今回は上手く乗ってくれると思う」と話しています。
06/09/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17栗坂良    56.7- 42.2- 28.3- 13.9 馬なり
21栗坂良    52.5- 38.5- 25.4- 12.9 一杯先着
06/09/21≪出走情報≫9月23日出走
中京11R トリトンS(芝1,200m・18頭)57.5kg 中館
06/09/20
坂路コースでキャンターの調整で、17日に時計を出すと、今週は21日に追い切られる予定となっています。調教師は「中間も順調で好調をキープ出来ているので、良い状態でレースに出せると思う」と話しており、今週土曜日の中京、トリトンステークスに出走を予定しています。
06/09/20≪出走予定≫
土曜日の中京、トリトンステークス[57.5kg 中館]
06/09/19≪出走予定≫
土曜日の中京、トリトンステークス
06/09/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12栗坂良     61.5- 45.1- 30.3- 15.2 馬なり
13栗坂不     54.4- 40.2- 26.0- 12.7 馬なり
06/09/13
坂路コースでキャンターの調整で、13日に時計を出しています。調教師は「予定通り来週中京のトリトンステークスに向けて、仕上げに入っている。動きもしっかりしているし、使った後の反動も軽かったので元気一杯だ。自己条件だし、ここは勝ちに行きたい」と話しています。
06/09/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5栗坂良     64秒7-45秒9-30秒2-14秒8 馬なり
06/09/06
坂路コースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教助手は「この中間も入れ込みも無く、落ち着いて乗り込めている。夏負けも無いし、この感じでいけば、次は自己条件だから充分勝ち負けになると思う。仕上がりやすいタイプなのでビッシリやる必要もないから、来週から本格的に仕上げていく」と話しています。
06/08/30
坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「レース後の疲れも無く、順調に乗り込めている。落ち着きが出て入れ込まなくなった分、馬体も維持できるようになった。予定通り、中京3週目のトリトンステークスに向けて進めていく」と話しています。
06/08/23
先週4着でした。スタートを決めてすんなり先団に付け、5番手でレースを進めると、3コーナーすぎも手応え良く追走し、5番手キープで4コーナーを回りました。そして直線に向いて、懸命に追われると、まずまずの末脚を披露しましたが、勝ち馬に詰め寄る事は出来ませんでした。レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「スタートを上手く切れて、際どい競馬が出来ると思ったが、最後は内外の差が出たかも知れない。それでもあのメンバーでこれだけやれたのだから、今後が楽しみになった。使った後少しトモに疲れが出たが、それ以外の反動は見られないので、このまま使っていく事にする。今のところ左回りを中心に使う方針なので、中京3週目のトリトンステークスを目標に進めていく」と話しています。
06/08/21≪レース結果≫8月20日出走
新潟11R NSTオープン(芝1,400m)  4着
06/08/18≪出走情報≫8月20日出走
新潟11R NSTオープン(混) (芝1,400m)
12頭 55kg 中舘          発走15:45
休み明けの前走は惜しくも2着に敗れましたが、レース後も変わり無く乗り込んで、予定通りここへの出走を決めており、調教助手は「使った後の反動も無いし、暑さの影響も無く、とても落ち着いているのは良い傾向だ。前走は出遅れながらあの内容だったし、スタートさえうまく切ってくれれば、充分勝ち負け出来る仕上がりなので、中館騎手の騎乗にも期待したいと思う」と話しています。
06/08/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11CW良   86.0- 69.1- 54.0- 39.7- 12.8 馬なり
16坂路良      51.7- 38.7- 26.1- 13.1 強め
06/08/17≪出走情報≫8月20日出走
新潟11R(NSTオープン・12頭) 55kg 中館
06/08/16
坂路とCWコースでキャンターの調整で、11日と16日に時計を出しています。調教助手は「馬場が新しくなって時計が掛かっている中、馬なりで51秒台が出たので状態はとても良さそうだ」と話しており、今週日曜日の新潟、NSTオープンに出走を予定しています。
06/08/16≪出走予定≫
日曜日の新潟、NSTオープン
06/08/09
DWコースでキャンターの調整です。調教助手は「来週新潟のNSTオープンを予定しているが、体は出来ているので無理せず進めている。前走も上手く乗っていれば勝てたレースだし、やはり力がある。次はメンバーも揃うと思うから、厳しいレースになるだろうが、上でも通用する力を持っているので期待したい」と話しています。
06/08/02
先週2着でした。スタートで後手を踏み、最後方からの競馬になると、3コーナーすぎから押し上げに掛かり、後方3番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、大外からメンバー中最速の上がりを繰り出して追い込みましたが、惜しくも勝ち馬には届きませんでした。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は、出遅れは仕方ないが、スムーズに走らせていれば勝っていたと思うし、せっかく良い状態でここまで持ってきたのだから、もう少し上手く乗って欲しかった。使った後の疲れもないので、次は中舘騎手に依頼して新潟2週目のNSTオープンを使う予定でいる。もし除外なら小倉3週目の佐世保ステークスに行こうと思う、と話しています。
06/07/31≪レース結果≫7月30日出走
新潟11R 新潟日報賞(芝1,400m)   2着
     複勝 16      190円
     枠連 1-8     610円
     馬連 02-16    4,040円
     ワイド 02-16    1,610円
         04-16    9,780円
     馬単 02-16   11,640円
     三連複 02-04-16 211,190円
     三連単 02-16-04 944,200円
06/07/28≪出走情報≫7月30日出走
新潟11R 新潟日報賞(混) (芝1,400m)
18頭 57kg 生野          発走15:45
前走後は放牧に出て調整され、当初の予定通りここから復帰する事になり、調教師は、追い切りの動きもしっかりしていたし、久々でも走る馬なので心配していない。同じクラスで走れるし、まともなら勝ち負けになると思うので、しっかり乗ってもらいたい。輸送で入れ込まなければ力は出せるだろう、と話しています。
06/07/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23DW重               45.2-13.6 馬なり
26CW稍     80.8-66.3-52.6-39.1-12.1 一杯先着
06/07/27≪出走情報≫7月29日出走
新潟11R(新潟日報賞・18頭)    57kg 生野
06/07/26
DWとCWコースでキャンターの調整で、23日に時計を出すと、26日にも併せて追い切られています。調教師は、帰厩後も夏負けも見られず順調に乗り込めたので、状態に関しては文句ない、と話しており、今週日曜日の新潟、新潟日報賞に出走を予定しています。
06/07/25≪出走予定≫
日曜日の新潟、新潟日報賞
06/07/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16CW重    88.8- 73.0- 58.0- 43.6- 13.5 馬なり
19栗芝不    70.6- 55.2- 40.8- 13.1 馬なり
06/07/19
CWと芝コースでキャンターの調整で、16日と19日に時計を出しています。調教助手は、順調だし、予定通り来週の新潟日報賞に向かう。追い切りでも無理するところなくあれだけ走るんだから、充実してきていると思う。来週は輸送もあるので、週末にしっかりやっておく、と話しています。
06/07/12
CWコースでキャンターの調整で、12日に時計を出しています。調教助手は、今のところ夏負けもせず順調に乗り込めていて、新潟日報賞に向けて予定通り仕上げに入っている。気の良いタイプだし、間隔を空けて使う方がこの馬にとって良いだろうから、まともに走れば次も期待できると思う、と話しています。
06/07/05
グリーンウッドトレーニングで本馬場と坂路を併用しながら、15−15の調教を付けられると、調教師の指示で30日に栗東へ帰厩しています。到着後は坂路コースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教助手は、今の感じなら予定通り新潟日報賞には良い状態で行けそうだし、同じクラスで走れるから期待したい。このまましっかり仕上げていく、と話しています。
06/07/03≪最新情報≫
6月30日に栗東へ帰厩しています。
06/06/28
グリーンウッドトレーニングで調整中です。本馬場と坂路を併用しながら、普通キャンターの調教を続けると、今週は状態を確認する意味で、坂路で2ハロン15−15の調教をつけられています。牧場長は、こちらに来たときは、かなり疲れが残っていたようだが、今週の動きを見ると、殆ど回復したようだ。今後は予定も決まっているので、コンスタントに速いところを乗っていく、と話しています。
06/06/21
グリーンウッドトレーニングで調整中です。軽めの調整を続けながら、連戦の疲れを癒すと、今週より本馬場と坂路を併用して、普通キャンターの調教をつけられています。牧場長は、特に問題も無さそうなので、このまま徐々に進めいくつもりだ、と話しています。
06/06/14
レース後は疲労も考慮して馬房で休養していましたが、当初の予定通り、9日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されています。到着後は、軽めの調整を始めており、今後は、7月30日の新潟日報賞での復帰を当面の目標にして、乗り込みを進めていく予定となっています。
06/06/07
先週優勝しました。五分のスタートでしたが、いつも通り後方から行く構えを見せ、後方4番手でレースを進めると、3コーナーすぎもジックリ脚を溜め、最後の末脚勝負に懸けました。そして抜群の手応えで直線に向き、メンバー中で唯一33秒台の末脚を繰り出すと、馬群の真ん中から鋭い末脚で突き抜けて、見事3連勝を飾っています。調教師は、良い勝ちっぷりをしてくれたけど、このクラスだとスタートを上手く決めても好位に付けられなくて、追走に戸惑ってしまう。芝なら千四ぐらいの方が良いだろうし、これからはそのあたりを考えて使っていこうと思う。とりあえず来週あたり放牧に出して、7月30日の新潟日報賞を目標に牧場で乗り込んでもらうが、馬の状態次第では使わずにゆっくりさせることも考えている、と話しています。
06/06/05≪レース結果≫6月4日出走
中京11R 飛騨S  (芝1,200m) 1着
          単勝 13番 1,200円
          複勝 13番  350円
          枠連7−8 1,190円
          馬連13−17 71,010円
          馬単13−17 94,100円
          ワイド13−17 13,530円
             1−13 1,610円
          3連複1−13−17  181,270円
          3連単13−17−1 1,200,150円
06/06/03≪出走情報≫6月4日出走
中京11R 飛騨ステークス(混)H(芝1,200m)
18頭7枠13番 55kg 生野      発走15:30
短期放牧明けの前走で連勝を決めた後も不安無く、早々とここを目標にして態勢を整えており、厩務員は、前走後からも状態は変わらないし、好調をキープしている。クラスは上がるが、ペースが上がっても対応できるだろうし、ハンデを生かしてくれれば期待できそうだ。あとはスタートを決めてくれれば、ここでも通用すると思っている、と話しています。
06/06/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28坂良  59.9-44.9-30.6-15.6 馬也
31坂良  51.6-38.4-25.6-12.4 一杯
06/06/01≪出走情報≫6月4日出走
中京11R  (飛騨S・18頭)  55kg 生野
06/05/31
坂路と芝コースでキャンターの調整で、25日に併せて時計を出すと、28日、31日にも追い切られています。厩務員は、追い切りは残り100mまで馬なりで上がってきて、軽く追い出したぐらいで51秒を出すのだから、かなり具合は良いと思う、と話しており、今週日曜日の中京、飛騨ステークスに出走を予定しています。
06/05/30≪出走予定≫
日曜日の中京、飛騨ステークス
06/05/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25芝良  73.1-59.7-47.9-36.4-12.5 (2)馬也先着
06/05/24
坂路コースでキャンターの調整で、今週は25日に時計を出す予定となっています。生野騎手は、勝った後も疲れは見られないし、好調をキープできているので、良い状態で来週使えると思う、と話しており、来週日曜日の中京、飛騨ステークスに出走を予定しています。
06/05/17
坂路コースでキャンターの調整です。生野騎手は、まだ速いところはやっていないが、しっかり坂路で乗り込んでいるし、状態はキープしている。テンションも落ち着いているので、この馬なりにいい感じだ。来週から本格的に進めていく事になると思う、と話しており、再来週の中京、飛騨ステークスに出走を予定しています。
06/05/10
先週優勝しました。五分のスタートから行きっぷり良く、すんなり先団の一角に取り付くと、道中は6番手を追走し、勝負処でも手応え良く前との差を詰めに掛かりました。そのまま先頭に並びかける勢いで4コーナーを回り、迎えた直線で早々に先頭に立つと、追ってからもしっかりした末脚で後続の追い上げを完封し、格上げ初戦にもかかわらず力の違いを見せて連勝を飾っています。レース後は順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は、スタートが上手く決まる様になり、追走が楽になって結果も伴ってきた。ダートでも結果を出しているけど、素質で勝った様なものだったし、今回の新潟での走りが本物だと思う。使った後も変わりないので、次走はおそらく中京3週目の飛騨ステークスになるだろう、と話しています。
06/05/08≪レース結果≫5月7日出走
新潟11R 大日岳特別(芝1,200m) 1着
          単勝 12番  720円
          複勝 12番  270円
          枠連1−6 2,810円
          馬連2−12 35,220円
          馬単12−2 53,760円
          ワイド2−12 9,050円
             4−12 2,220円
          3連複2−4−12 170,500円
          3連単12−2−4 925,020円
06/05/06≪出走情報≫5月7日出走
新潟11R 大日岳特別(混)(芝1,200m)
16頭6枠12番 57s 生野      発走15:25
約2ヶ月ぶりとなりますが、牧場でも休み無く乗り込んでいた為、まずまずの仕上がりを見せており、調教助手は、まだ内面が弱いところがあるので、輸送など環境の戸惑いがどう出るかだ。今回は条件が揃っているので、クラスが上がってもそれなりにやれると思うし、久々でも気のいい馬なので問題は無いだろう、と話しています。
06/05/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30坂良  56.2-40.6-26.7-13.2 馬也
3坂良  51.9-38.5-25.6-12.5 馬也
06/05/04≪出走情報≫5月7日出走
新潟11R(大日岳特別・16頭)57s 生野
06/05/03
坂路コースでキャンターの調整で、27日と30日に時計を出すと、3日にも併せ
て追い切られています。調教助手は、先週併せてびっしりやっているので、今
週は単走でサッと追った。動きは悪くないので、態勢は整っている、と話して
おり、今週日曜日の新潟、大日岳特別に出走を予定しています。
06/05/02≪出走予定≫
日曜日の新潟、大日岳特別
06/04/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23坂良  56.1-41.3-27.6-13.8 馬也
27坂良  54.2-39.6-25.8-12.3 一杯先着
06/04/26
帰厩後は、坂路コースでキャンターの調整で、今週は27日に時計を出す予定となっています。調教師は、今のところ順調に来ているので、来週の新潟で大日岳特別を目標に進めている。ダートよりは芝の方が元々良かったし、左回りで条件も合うので、それなりに走ってくれると思う。追い切りの動きから、このクラスでもペースに慣れれば問題無いだろう、と話しています。
06/04/19
グリーンウッドトレーニングの本馬場でキャンター2,000mと坂路1本の調整を続けていましたが、状態の良さを確認した調教師の指示で先週土曜日に15−15が乗られると、今週月曜日には2ハロン26秒台の調教が付けられており、予定を大幅に早めて19日に栗東へ帰厩しています。牧場長は、もう少しこちらでゆっくりやるつもりでいたが、勝った時の状態を上手くキープ出来ており、急遽戻ることになった。速いところの本数は少ないので、あとは厩舎で仕上げていくと思うが、状態は変わらず良い、と話しています。なお、今後は新潟開催での出走に向けて進めていく事になっています。
06/04/12
グリーンウッドトレーニングの本馬場でキャンター2,000mと坂路1本の調整です。体調は変わり無く順調に乗り込んでおり、まだ調整程度の調教ですが、状態を見ながら少しずつ距離とペースを上げていくことになっています。牧場長は、レース後のクールダウンの意味で週1回15−15を乗っていたが、ここへきて少しずつ状態が上向きになっているので、今週から距離を乗る調教に切り替えた。暫くは普通キャンターで長めを乗ってから、再度ペースを上げていく事にする、と話しています。
06/04/05
グリーンウッドトレーニングの本馬場でキャンター2,000mと坂路1本の調整です。休み無く順調に乗り込むと、引き続き週1回は15−15の調教も付けられており、牧場長は、まだ本馬場中心のメニューで馬体の回復を促している段階だ。週1回は気合いを付ける意味で強めを乗っているが、基本的にはまだゆっくりしたペースでやっていると考えて欲しい、と話しています。
06/03/29
グリーンウッドトレーニングの本馬場でキャンター2,000mと坂路1本の調整です。休み無く順調に乗り込むと、先週末より徐々にペースを上げながら、今週は1度15−15のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、15−15まで進めたと言っても、まだレース後の馬体の回復を図っている段階で、すぐに態勢が整う状態では無い。このまま気合いを維持する意味で週1本速いところを乗って気配を上向かせていく事にする、と話しています。
06/03/22
グリーンウッドトレーニングの本馬場でキャンター2,000mの調整です。休まず乗り込んで状態に変わりありませんが、引き続き軽めのキャンターで調教を付けられています。牧場長は、特に悪いところは無いが、レース後のリフレッシュの意味で、もう暫く馬体を整えながら進めていき、徐々にペースを上げていくつもりだ、と話しています。
06/03/15
レース後も状態などに変わりありませでしたが、予定通り8日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されると、到着後も休み無く乗り込んでおり、今週は本馬場で軽めのキャンターの調教を付けられています。牧場長は、勝って放牧になっているので、状態は良さそうだが、少し楽をさせる意味で軽めのところを乗っている。調教師からは本馬場中心に乗ってくれと言われているので、もう暫く今の感じのまま進めていく事にする、と話しています。
06/03/08
先週優勝しました。スタートを上手く決めて、楽に中団に取り付いてレースを進めると、勝負処で気合いを入れながら追い上げに掛かり、先団直後の8番手辺りで4コーナーを回りました。そして外目に持ち出した直線ではいつも通り鋭い伸び脚を見せ、キッチリ前を捕らえると、最後は後続の追撃もクビ差振り切り、惜敗続きの競馬に終止符を打っています。レース後も状態などに変わりはありませんが、調教師の指示で8日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されています。調教師は、一旦グリーンウッドへ出し、入れ替えながら使っていく事にする。今回みたいな競馬が出来れば上のクラスでもやれると思うし、夏になればクラスも落ちるので、それまで1000万をちょこちょこ使っていきたい、と話しています。
06/03/06≪レース結果≫3月4日出走
阪神8R 500万下(D1,400m) 1着
          単 勝 8番  980円
          複 勝 8番  240円
          枠 連4−8  350円
          馬 連8−16 23,430円
          馬 単8−16 38,250円
          ワイド8−16 5,530円
             8−11  920円
          3連複8−11−16 45,930円
06/03/03≪出走情報≫3月4日出走
阪神8R 500万下(混)(D1,400m)
16頭4枠8番 57kg 幸       発走14:00
中間も変わり無く乗り込まれ、前走のデキを保っており、調教師は、ダートなら終いは必ず伸びてきて、芝より確実なので、番組も見て今週使う事にした。使った後もいい状態をキープし、追い切りでも終い重点に良く伸びている。どうしても出遅れてしまうけど、それであれだけ追い込んでくるのだし、もう少し前で競馬が出来れば十分勝ち負けになる筈。今回はまた幸騎手に乗って貰うし、改めて期待したい、と話しています。
06/03/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1坂重   55.7-40.5-26.2-12.7 一杯
06/03/02≪出走情報≫3月4日出走
阪神8R (D1,400m・16頭) 57s 幸
06/03/01
坂路コースでキャンターの調整で、1日に追い切られています。前走の反動も見られず順調で、生野騎手は、もう少し前で競馬が出来れば際どいと思うのに、やはりスタートはどうしても遅れてしまう。でも終いは確実に伸びてくるし、権利が取れて良かった、と話しており、検討の結果、今週土曜日の阪神、ダート1,400mに出走を予定しています。
06/03/01≪出走予定≫
土曜日の阪神、D1,400m
06/02/28≪出走予定≫
シルクヴェルリッツは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/02/20
先週3着でした。揃ったスタートから控えて後方2番手でレースを進めましたが、3コーナー過ぎから徐々に進出を開始すると、4コーナーで10番手まで押し上げ、末脚勝負に賭けました。そして直線に向いて大外を懸命に追われると、最後まで息の長い末脚を見せて順位を上げ、勝ち馬には届かなかったものの、2着馬とは差の無いところまで詰め寄っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
06/02/20≪レース結果≫2月26日出走
京都8R 500万下(D1,400m) 3着
          複 勝 1番  230円
          ワイド1−8 1,340円
             1−14 2,810円
          3連複1−8−14 34,520円
06/02/18≪出走情報≫2月26日出走
京都8R 500万下(混)(D1,400m)
16頭1枠1番 55kg 生野      発走13:40
中間も変わり無く乗り込まれ、絶好だった前走時のデキを維持しており、調教師は、間隔も詰まっているので追い切りは無理せず、終い重点にしておいたけど、動きもなかなか良く、好調をキープしている。東京はまた補欠で京都にまわったが、前走を見る限りダートでも十分やれる事が分かったし、今回距離が延びる事で追走に余裕が出て、流れに乗れれば、右回りでもチャンスは十分ある筈で期待している、と話しています。
06/02/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12坂稍   58.3-42.8-28.5-14.3 馬也
15坂良   54.3-39.6-26.1-12.8 一杯
06/02/16≪出走情報≫2月26日出走
京都8R (D1,400m・16頭) 55s 生野
06/02/15≪出走予定≫
日曜日の京都、D1,400m
06/02/14≪出走予定≫
日曜日の東京、D1,400mか、日曜日の京都、D1,400m
06/02/13
坂路コースでキャンターの調整で、12日に時計を出しています。変わらず順調に乗り込まれており、調教を付けている生野騎手は、東京目標にやっているが、前走でダートの目処も立ち、次は期待出来そう。幸騎手も距離はもう少しあった方がいいと言っていたし、スタートもいい方じゃないから、千四位がいいのかもしれない。あとは馬房が当たるかどうか、と話しています。なお、東京の馬房を申し込んだものの、また補欠で確保出来そうになく、今週日曜日の京都、ダート1,400mに出走予定となっています。
06/02/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5E稍   60.0-44.0-14.7 (3)馬也
06/02/06
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。5日にはEコースで15−15程度の時計も出しており、調教師は、東京が使えなかったのは痛かったが、ダートでもやれる事が分かったし、権利も取れて予定が立てやすく、また次に期待したい。右回りも何とかこなしてくれたが、やはり左回りの方がスムーズだし、4週目の東京、千四ダートを目標にしている。ただ馬房が取れるかどうか分からないので、取れなければ同じ日の京都、千四ダートにまわる、と話しています。今のところ来週日曜日の東京、ダート1,400mに出走を予定しています。
06/01/30
先週3着でした。出負け気味のスタートで後方からの競馬となり、序盤は後方5番手辺りを追走したものの、3コーナー過ぎから仕掛けて捲っていくと、8番手まで押し上げて4コーナーを回りました。そして直線を向いて大外を追われると、やや強引な競馬を見せたにもかかわらず、最後まで鋭い伸び脚で差を縮め、上位2頭に際どく迫っています。レース後、特に不安は無い様で、次走については19日の東京、ダート1,400mを予定していますが、また東京の馬房が取れない様なら同じ日の京都、ダート1,400mにまわる事になっています。
06/01/30≪レース結果≫1月28日出走
京都8R 500万下(D1,200m) 3着
          複 勝 8番  180円
          ワイド3−8 2,490円
             8−9  890円
          3連複3−8−9 18,960円
06/01/27≪出走情報≫1月28日出走
京都8R 500万下(D1,200m)
16頭4枠8番 56kg 幸       発走14:00
馬房の都合でここへまわったものの絶好のデキとなっており、調教師は、併せた相手もかなり動く馬だけど、それに余裕で付いていった位だし、動きに関しては文句のつけようがない。左回りの方がいいのは分かっているので、本当は東京で使いたかったが、来週に延ばしても使えるかどうか分からないし、追い切りばかりやって調子を落とすのも嫌だから、デキのいい内にダートを試してみる。ここでやれれば今後の幅も広がるので頑張って欲しい、と話しています。
06/01/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22坂良   57.7-42.4-28.1-14.1 馬也
25坂良   51.4-38.4-25.8-13.2 馬也先着
06/01/26≪出走情報≫1月28日出走
京都8R (D1,200m・16頭) 56s 幸
06/01/25≪出走予定≫
土曜日の東京、D1,400mか、土曜日の京都、D1,200m
06/01/24≪出走予定≫
土曜日の東京、D1,400m
06/01/23
坂路コースでキャンターの調整で、18日、22日と時計を出しています。先週の小倉は頭数も多く、今週土曜日の東京、ダート1,400mに目標を切り替えており、生野騎手は、小倉に入れても恐らく除外だろうから東京を目指す事になった。追い切りは併せ馬でやって、自分は相手の方に乗っていたけど、最後までしっかりした走りをしていたし、状態に関しても良さそう、と話しています。ただ東京の馬房を申し込んだところ現在補欠の扱いで、取れない可能性があり、その場合には今週土曜日の京都、ダート1,200mにまわるかもしれないそうです。
06/01/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18坂良   52.7-39.6-26.9-13.8 馬也併入
06/01/19≪出走情報≫
シルクヴェルリッツは検討の結果、来週の土曜日の東京、D1,400mを目指す事になりました。
06/01/18≪出走予定≫
シルクヴェルリッツは今週頭数的に入りそうなら小倉の芝1,200mの番組、無理そうなら来週土曜日の東京、D1,400mを目指す事になっています。
06/01/17≪出走予定≫
シルクヴェルリッツは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/01/16
坂路コースでキャンターの調整で、12日に時計を出しています。調教師は、前走で権利が取れず、思い通りに使えないのが痛いけど、中間も順調で、坂路で休まず乗り込んでいる。今のところ小倉で芝を使うか、東京でダートを試すか思案中。ダートはまだ使った事がないが、左回りの方がスムーズみたいだし、千四位なら無理無く追走出来るだろう。小倉の想定も見てどうするか決めたい、と話しています。検討の結果、今週頭数的に入りそうなら小倉の芝1,200mの番組、無理そうなら来週土曜日の東京、ダート1,400mを目指す事になっています。
06/01/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9坂良   61.1-45.6-30.8-15.8 馬也
12坂良   55.1-40.2-26.2-13.1 馬也
06/01/09
坂路コースでキャンターの調整で、9日に時計を出しています。暮れに出走した後も変わり無く、次走に向けてしっかり乗り込みを続けており、調教師は、まだ決めかねているけど、次は小倉の芝か、ダートでも左回りの東京なら、と話しています。
05/12/26
先週4着でした。まずまずのスタートからいつも通り控える作戦で、折り合い良く後方4番手辺りを追走し、そのままじっくりと脚を溜めて3コーナーまで進むと、徐々に追い上げ態勢に入って4コーナーを回りました。直線で内の馬込みを捌くと、メンバー中最速の上がりを繰り出して前に襲いかかりましたが、惜しくもあと一歩及びませんでした。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、小倉開催での出走を予定しています。
05/12/26≪レース結果≫12月25日出走
中京9R 500万下(芝1,200m) 4着
05/12/24≪出走情報≫12月25日出走
中京9R 500万下(芝1,200m)
16頭1枠2番 54kg 生野      発走14:10
夏の小倉以来となりますが、順調に攻め馬を消化して態勢は整っており、調教師は、今週はテンからびっしりやった事もあって終いが掛かったけど、走りにくい馬場だった事も考えれば、動きは悪くなかったし、いい感じに仕上がったと思う。久々でも気性的に走れる馬だし、相性のいい中京で期待したい、と話しています。生野騎手は、今週はテンから行って、実戦を想定した追い切りをしたが、変わり無く元気一杯。休み明けでも力を出せるタイプなので、あとは当日イレ込まなければ走ってくれると思う、と話しています。
05/12/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18坂重    -- - -- - -- - -- 馬也
21坂良   53.8-39.6-26.7-14.0 強め先着
05/12/22≪出走情報≫12月25日出走
中京9R (芝1,200m・16頭) 54s 生野
05/12/20≪出走予定≫
日曜日の中京、芝1,200m
05/12/19
坂路コースでキャンターの調整で、14日、18日と時計を出しています。変わり無く順調で、今週日曜日の中京、芝1,200mを目標にしっかり乗り込みを進めており、14日の追い切り後、生野騎手は、時計としては平凡だが、動きそのものは良かったし、いい仕上がりで復帰を迎えられそうだ、と話しています。
05/12/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11坂良   57.0-42.0-27.9-14.1 馬也
14坂良   55.3-40.3-26.1-13.1 馬也併入
05/12/12
坂路コースでキャンターの調整で、8日、11日と時計を出しています。調教師は、戻ってきて間はないが、体も出来ているみたいなので、仕上げに入っている。今の感じなら中京の最後に間に合うだろう。追い切りの動きも悪くないし、このままいけば丁度いい位の状態で使えると思う、と話しており、来週日曜日の中京、芝1,200mで復帰を目指しています。
05/12/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4坂良   57.0-42.2-28.4-14.3 馬也
8坂稍   54.8-41.1-27.5-14.1 馬也
05/12/05
調教師の指示で厩舎へ戻す事が決まり、2日に栗東へ帰厩しています。到着後は変わり無く、翌日から坂路コースでキャンターの調整を始めると、4日には時計も出し始めており、今のところ中京4週目の芝1,200mの番組を目標に仕上げる事になっています。
05/12/02≪最新情報≫
2日に栗東へ帰厩しています。
05/11/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。状態に変わり無くトラックコースを6ハロン20秒から終い4ハロン17−17で乗り込むと、坂路でも1度15秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、テンションも上がらず、馬体には張りが出てふっくらしてきているし、順調に速いところをこなす様になっているので、このまましっかり帰厩に備えて仕上げていく、と話しています。なお、確認した調教師の指示で、早ければ今週末には栗東へ帰厩する事になっています。
05/11/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを10ハロン20秒程度のペースで乗り込むと、先週は引き続き坂路で17−17の調教を2本付けられています。牧場長は、休まず乗って、馬体は徐々にふっくらして状態は良くなっているので、そろそろペースを上げて進めていく事にする、と話しています。
05/11/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長めから20秒程度のペースで乗り込むと、坂路では2度17秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、以前と比べてムキになって走るところが無くなったので、全身を使ったいいキャンターができている。体つきも徐々に良くなってきているし、このまましっかり状態を上向かせて進めていく事にする、と話しています。
05/11/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを長めにじっくり乗り込むと、坂路も併用して1度17−17のラップを出して調教を付けられており、牧場長は、体調面は良くなってなかなかいい気合い乗りだ。あとは背中にもう少し肉が付いてくれればまだ良くなってくるだろう、と話しています。
05/10/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長めに20秒前半ペースで乗り込むと、坂路では20秒を切る位のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、まだ強いところはやっていないけど、コンスタントに18秒前後のところを乗って脚元も大丈夫なので、このまま調教師からの指示があり次第、時計を出して帰厩に備えていく。馬体は極端に細くも無いが、もう少し張りが出てくれば、まだ良くなってくるけど、今のところ良い走りをしているし、あまりテンションを上げすぎない様にしっかり状態を上向かせていく事にする、と話しています。
05/10/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長く軽めに乗り込みながら、坂路で20秒程度のペースで調教を付けられており、牧場長は、坂路を2本行くとカリカリするところがあるので、できるだけ1本にして乗ると、あまりテンションも上がらず良い走りをしている。ただ、馬体の張りがもう一つなので、良くなってくるまでは、今のメニューを続けていく事にする、と話しています。
05/10/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを9ハロン20秒程度のペースで乗り込むと、坂路でも20秒を切る位のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、だいぶ状態面も上向いてきているし、このままピッチを上げていく事にするが、どうしてもテンションの上がりやすい馬なので気を付けて進めていく、と話しています。
05/10/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長めから20秒前半ペースで乗り込むと、先週は坂路も併用して20秒程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、徐々に精神的にも落ち着いているので、前の様にムキになって走るところは無くなり、首を使った良いキャンターが出来ている、と話しています。
05/10/03
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。状態に変わり無く徐々に運動量を増やしながら、トラックコース中心に9ハロン20秒程度のペースで調教を付けられており、牧場長は、特に悪いところは無いが、少しリラックスさせたかったので、到着後は暫く軽く乗りながら様子を見ていた。まだ若干カリッとするところはあるけど、全体の雰囲気は良く馬体もしっかりしているので、これからピッチを上げて進めていく事にする、と話しています。
05/09/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンター1,200mの調整です。引き続きペース自体は軽めですが、体調面など馬体に心配するところも無い為、来週辺りから徐々に時計を出して進めていく事になっています。
05/09/19
グリーンウッドトレーニングで軽めの調整を進めていましたが、調教師の指示で15日に天栄ホースパークへ移動しています。到着後は無理せずパドック放牧で様子を見ていましたが、今週から軽めの乗り運動を始めており、牧場長は、まだ軽めだけど、特に悪いところも無いので、このまま徐々にペースを上げて進めていく事にする、と話しています。
05/09/12
予定通り8日にグリーンウッドトレーニングへ放牧されると、翌日から軽めの乗り運動を進めながら、今週にはコースでキャンターの調整を始めています。調教師は、追い切りの動きはとてもいいが、もう一つ元気が無く暑い時期は苦手の様だ。だから左回りがいいのかは、まだはっきり言いにくいし、距離も意外と短いのかもしれない。もう少し涼しくなるまでは牧場で立て直す事にする。こんな馬では無いから、しっかり見極めて使っていく、と話しています。
05/09/09≪最新情報≫
8日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されています。
05/09/05
先週7着でした。出遅れる事なく、外で横一線のスタートを切り、序盤は後方に控えてレースを進めたものの、3コーナーを過ぎた辺りから仕掛けられると、余裕の手応えで捲り気味に進出していきました。そして中団の外辺りまで上がって直線を迎えましたが、いざ追い出しに掛かっても思ったほど伸びきれず、少し差を詰めた程度で上位には及びませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、調教師の指示で今後は一旦放牧して立て直しを図る事になり、8日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ移動予定です。
05/09/05≪レース結果≫
9月3日 小倉12R 500万下(芝1,200m)  7着
05/09/02≪出走情報≫9月3日出走
小倉12R 500万下(混)(芝1,200m)
18頭7枠13番 53kg 生野      発走16:50
前走は不本意な結果に終わったものの、久々を使われた反動無く良いデキを維持しており、生野騎手は、前走は出遅れてこの馬のペースでレースが出来なかったのが痛かった。ただ使った後もさほどテンションは上がらず、追い切りでも引き続きいい動きをしていたので、ゲートさえポンと出ていい位置に付けられれば、巻き返せると思う、と話しています。
05/09/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31坂重   53.9-39.9-26.1-12.7 馬也
05/09/01≪出走情報≫9月3日出走
土曜日・小倉12R (芝1,200m・18頭) 53s 生野
05/08/30≪出走予定≫
土曜日の小倉、芝1,200m
05/08/29
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、前走は久
々もあってゲートの出が悪く、流れに乗れなかったのが痛かった。ただこんな
馬ではない筈だし、改めて次に期待したいと思う。次は阪神だと2週目までな
いから、入れば中1でまた小倉へ使いに行きたい、と話しており、今週土曜日
の小倉、芝1,200mに出走を予定しています。
05/08/22
先週7着でした。スタートでアオると、そのあとの行き脚もつかず、後方からの競馬となり、前半は前と3馬身位離れた後方2番手を追走しましたが、3コーナー過ぎには馬群の後ろに取り付き、外を回って押し上げに掛かりました。しかし手応えが一息で差が詰まらず、依然馬群最後尾のまま4コーナーを回ると、直線を向いてからも良かった頃の伸び脚が無く、後方集団の外に並んだところでゴールしています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ中1週で、来週土曜日の小倉、芝1,200mを予定しています。
05/08/22≪レース結果≫
8月20日 小倉11R 九重特別 (芝1,200m) 7着
05/08/19≪出走情報≫8月20日出走
小倉11R 九重特別(混)(芝1,200m)
10頭5枠5番 54kg 生野      発走16:10
6月の中京以来、約2ヵ月半振りとなりますが、順調に攻め馬を消化して、いきなりでもやれるデキとなっており、生野騎手は、追い切りでは無理させなかったけど、抜群の動きをしていたし、いい仕上がりになったと思う。相変わらずテンションの高い馬だが、いつもの事なので気にしなくていいだろう。休み明けでも気のいい馬だし、ここなら十分通用する筈、と話しています。
05/08/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14坂良   55.9-41.6-27.6-13.8 馬也
17坂良   53.5-39.3-25.8-12.6 一杯
05/08/18≪出走情報≫
土曜日・小倉11R (九重特別・10頭) 54kg 生野
05/08/16≪出走情報≫
土曜日の小倉、九重特別
05/08/15
坂路コースでキャンターの調整で、10日、14日と時計を出しています。10日の追い切り後、生野騎手は、無理せず終い100m位から気合いを付けたけど、反応良く動いたし、なかなかいい仕上がりになっている。来週は輸送もあるし、もうサッとやる程度で十分だろう、と話しており、予定通り今週土曜日の小倉、九重特別で復帰する事になっています。
05/08/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂良   59.3-44.5-30.0-15.1 馬也
10坂良   53.4-38.3-24.8-12.3 一杯先着
05/08/10
坂路コースでキャンターの調整で、3日、7日と時計を出しています。調教師は、仕上げに掛かっているけど、追い切りも順調にこなしているので、予定通り使えると思う。相変わらずイレ込みはきついが、影響するほど酷くはないし、このまましっかりと乗り込んでレースに備えたい、と話しています。来週土曜日の小倉、九重特別に出走を予定しています。
05/08/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31坂良   55.4-40.8-26.9-13.5 馬也
3坂稍   54.2-39.9-26.2-13.0 馬也
05/08/01
坂路コースでキャンターの調整で、28日、31日と時計を出しています。調教師は、徐々に強めながら乗り込んでいるが、今のところ特に問題も無いし、このまま順調にいけば次の小倉2週目で丁度いい位だろう。休み明けでも気のいい馬だし、楽しみにしている、と話しており、予定通り20日の小倉、九重特別を目標にしています。
05/07/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24坂良   59.4-43.7-29.1-14.5 馬也
28坂良   59.4-43.6-28.9-15.1 馬也
05/07/25
予定通り20日に栗東へ帰厩すると、到着後も変わり無く、翌日から坂路コースでキャンターの調整を開始し、24日には15−15程度の時計も出し始めています。厩務員は、戻った次の日から坂路へ入れると、久々もあってかイレ込んでいたが、そんなに酷くはないし、すぐに慣れてくると思う。状態も悪くなく、小倉目標にこのまま進めていく、と話しており、今のところ8月20日の小倉、九重特別を目標にしています。
05/07/22≪最新情報≫
20日に栗東へ帰厩しています。
05/07/18
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。先週初めに暑さから多少疲れが溜まって、一旦ペースを緩めましたが、すぐに体調面は回復して元のメニューに戻しながら調教を付けられており、20日には調教師の指示で栗東へ帰厩する事が決まっています。
05/07/11
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。引き続き20秒前後のペースで乗り込みながら、1度17秒程度の調教を付けられると、特に心配するところも無い為、このまま調教師の指示を待って帰厩に備えていく事になっています。
05/07/04
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。体調面に変わり無くきっちり20秒を切る位のペースで乗り込みながら状態を整えると、このまま新潟開催に照準を合わせて調教を付けていく事になっています。
05/06/27
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。一旦一息入れてから乗り運動を始めると、特に心配するところも無く順調に調教メニューをこなしており、このまま馬体を緩めないように調教師からの指示を待って帰厩に備えていく事になっています。
05/06/20
予定通り16日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されると、移動後は一旦パドック放牧でゆっくり休ませてから乗り運動を始めています。調教師は、前走後は阪神で使う事を考えていたけど、イレ込みがきつかったし、走ることも分かったので軽くリフレッシュを兼ねて短期で出す事にした。終いはジリジリ確実に伸びて、新潟の長い直線も合っているだろうから、それに合わせて戻して使う事にする、と話しています。
05/06/17≪最新情報≫
16日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されています。
05/06/13
先週2着でした。ほぼ横一線のスタートから10番手辺りに落ち着き、終始中団の外目でレースを進めると、そのまま馬場のいい外目を通る馬群に加わって4コーナーを回りました。そして直線を向いていざ追い出されると、外目の馬群を捌いて鋭く伸び、ゴール前で先頭に強襲しましたが、内ラチぴったりに走った断然人気の馬に惜しくもクビ差届きませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、ちょっと馬のテンションが高くなっている為、近々一旦グリーンウッドトレーニングへ短期放牧に出し、新潟開催を目指す事になっています。
05/06/13≪先週のレース結果≫
中 京6R 3歳500万下(芝1,200m)
       シルクヴェルリッツ 2着
       複勝 12番 190円 ワイド2−12 330円
       枠連1−6 470円    7−12 4,270円
       馬連2−12 810円 3連複2−7−12 9,460円
       馬単2−12 1,080円
05/06/10≪6/11(土)の出走情報≫
中京6R 3歳500万下(芝1,200m)
17頭6枠12番 54kg 生野     発走13:00
久々を快勝した反動無く、使われて更に良化してきており、生野騎手は、前走使った後もイレ込みはましで、変わり無く乗り込んでいるし、休み明けをひと叩きした分、体も引き締まった感じで、上積みはありそう。昇級戦になるが、ペースに戸惑わなければ終いはしっかりしているし、末脚に期待したい。このクラスでも通用する力はあると思う、と話しています。
05/06/09≪今週の出走馬≫
土曜日・中京6R (芝1,200m・17頭) 54s 生野
05/06/09≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8坂良  54.1-40.3-26.3-12.3 一杯
05/06/07≪今週の出走予定馬 6/7現在≫
土曜日の中京、芝1,200m
05/06/06
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は、テンションは相変わらず高いけど、パニックまではいかず、レースに行って力を出してくれた。それにスタートも悪かったが、乗り役が落ち着いて乗ってくれたのも勝因だろう。今開催で3歳戦がなくなるので、最終週の千二をまた使ってみたい。現状では千二から千四位が良さそうだし使った上積みもありそうだ、と話しています。今週土曜日の中京、芝1,200mに出走を予定しています。
05/05/30
先週優勝しました。アオり気味のスタートとなってやや出遅れてしまいましたが、すぐに中団後ろの10番手辺りに取り付き、そのまま外目を追走しながら押し上げていくと、4コーナーで内の馬がヨレて外へ振られる格好となりながらも、5番手まで進出して直線を向きました。そして直線で大外を追い出されると、しっかり差し脚を伸ばして前との差を詰め、ゴール前で鮮やかに差し切っています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、来週土曜日の中京、芝1,200mを予定しています。
05/05/30≪先週のレース結果≫
中 京2R 3歳未勝利(芝1,200m)
       シルクヴェルリッツ  1着
       単勝 11番 680円 ワイド1−11 490円
       複勝 11番 230円    2−11 1,210円
       枠連1−6 290円 3連複1−2−11 3,010円
       馬連1−11 1,410円
       馬単11−1 3,160円
05/05/28≪5/29(日)の出走情報≫
中京2R 3歳未勝利(芝1,200m)
18頭6枠11番 53kg 生野     発走10:25
約6ヵ月半振りとなりますが、動きも上々で、力を出せるデキにあり、調教師は、先週使っても良かった位で、もう十分仕上がってきているので、今週は終い重点に済ませておいた。元々テンションが高く、その点の不安はあるけど、状態はいいし、今の未勝利なら能力も抜けていると思うので、いきなり何とかならないかと期待している、と話しています。
05/05/26≪今週の出走馬≫
日曜日・中京2R  (芝1,200m・18頭)  53s 生野
05/05/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22坂良  56.5-41.7-27.8-13.8 馬也
25坂良  54.6-40.0-25.5-12.0 馬也
05/05/24≪今週の出走予定馬 5/24現在≫
日曜日の中京、芝1,200m
05/05/23
坂路コースでキャンターの調整で、18日、22日と時計を出しています。今週日曜日の中京、芝1,200mを目標に、順調な仕上がりを見せており、調教師は、2週目に延ばしたが、2週目は千二の番組も2つあってメンバーも割れるだろうから、いいんじゃないかと思う、と話しています。
05/05/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18坂良   55.3-40.3-26.5-13.0 馬也
05/05/16
坂路コースでキャンターの調整で、11日に時計を出しています。検討の結果、もう1週待ち、来週日曜日の中京、芝1,200mを目指す事になりましたが、変わらず順調に乗り込まれており、調教師は、気性的に仕上がりも早いタイプみたいだし、久々でもやってくれそうだ、と話しています。
05/05/12≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8坂良  62.0-45.4-30.1-15.1 馬也
11坂良  52.9-38.3-25.3-12.4 一杯先着
05/05/09
坂路コースでキャンターの調整で、4日、8日と時計を出しています。21日の中京、芝1,200mを目標にしており、調教師は、思っていたより仕上がりも順調で、この調子でいけば中京初日の千二芝で復帰させたい。追い切りでも標準の時計が出ているし、使う頃にはいい状態になっていると思う、と話しています。
05/05/05≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1坂良   55.6- -- -26.6-12.8 馬也
4坂良   54.4-39.5-25.7-12.7 馬也
05/05/02
坂路コースでキャンターの調整で、28日、1日と時計を出しています。調教師は、乗り込んではいたみたいだけど、まだ体に余裕があるので、徐々に仕上げていこうと思っている。ただ思ったよりは悪くない動きをしている、と話しており、今のところ21日の中京、芝1,200mを目標に仕上げる事になっています。
05/04/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24坂良  58.4-43.2-28.8-14.2 馬也
28坂良  55.1-40.6-26.7-13.4 馬也
05/04/25
予定通り21日に栗東へ帰厩すると、到着後も状態に変わり無く、翌日から坂路コースでキャンターの調整を開始し、24日には時計も出し始めています。このまま徐々にピッチを上げて、復帰を目指しますが、まだ具体的な予定は立っていません。
05/04/22≪最新情報≫
21日に栗東へ帰厩しています。
05/04/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無く順調にピッチを上げて乗り込むと、先週はトラックコースを6ハロン17秒前後のペースから終い2ハロン15−15のラップを出して調教を付けられています。なお、21日には調教師の指示で栗東へ帰厩する事が決まっています。
05/04/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。徐々に毛艶は良くなって体調面も安定してくると、しっかりペースを上げながら、先週は坂路で1度15〜16秒程度の調教を付けられており、このままドンドン速いところを進めていく事になっています。
05/04/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続きコンスタントに坂路を20秒前後のペースで乗り込むと、先週は1度トラックコースで5ハロン16〜18秒程度の調教を付けられており、しっかり体調面を整えていく事になっています。
05/03/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く坂路中心に20秒を切る位で乗り込むと、1度終い2ハロン17秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、まだ本来の毛艶で無く体調面はもう一息ですが、特に悪いところも無いので、このまま進めながら状態を上向かせていく事にする。馬体重も減っていないから、このまま暖かくなるにつれて良化が窺えれば、どんどんペースを上げていけるだろう、と話しています。
05/03/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き坂路中心に18秒前後のラップを出して調教を付けられると、このまま体調を整えて上向かせていく事になっていますが、動き自体は悪くありません。
05/03/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。脚元に不安はありませんが、先週は坂路中心に20秒前半の調教を付けられており、牧場長は、体調面がどうしても以前と比べても悪く、その影響で毛艶の状態ももう一つパッとしてこない。もう暫くこのままのペースで乗り込みながら様子を見ていく事にする、と話しています。
05/03/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。脚元に不安無く馬場状態も良かった為、先週から徐々にペースを上げて乗り込むと、トラックコース中心に長めから20秒程度の調教をきっちり付けられており、このまま気配を上向かせながら体調面を整えていく事になっています。
05/02/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。ウォーキングマシンでの運動を続けながら脚元は徐々に良化すると、予定通り軽めの調教を再開しています。牧場長は、まだ毛艶はすっきりせず、体調面ももう一息かもしれないが、動き自体は悪く無いので、このまま脚元を確認しながら、暖かくなるのを待ってしっかり立て直していく事にする、と話しています。
05/02/21
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。引き続きパドック放牧とマシンを続けながら、脚元の状態を確認すると、歩様自体は大分落ち着いてきている為、今週中には乗り運動を再開する事になっており、このまま体調面を整えながら状態を上向かせていきます。
05/02/14
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。順調に時計を出して乗り込むようになっていましたが、前後の脚に疲れが見られた為、無理せずパドック放牧を行いながらマシンの運動で様子を見ています。牧場長は、毛艶の悪さを見ても体調面はもう一つだし、その事が影響して脚元に腫れが出てしまったのだろう、と話しており、もう暫くこのままのメニューを続けていく事になっています。
05/02/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。心配された左前脚の状態は落ち着いて、徐々にペースを上げて乗り込むと、週末には坂路で1度15−15程度のラップを出して調教を付けられており、このまま飼い葉を食わし込んで馬体をふっくらさせていく事になっています。
05/01/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路とトラックコースを併用して20秒程度の調教となっており、牧場長は、右前脚の繋くんの症状は良くなっているものの、今度は左前脚の球節の外側に多少熱を保って軽く腫れが見られた為、一旦ペースを緩めているが、歩様に乱れも無く、動きも前向きなので徐々にピッチを上げていく事にする。馬体は見た目以上に細くまだ20キロほど増やしたいところだけど、今回の放牧は良い休養になっていると思う、と話しています。
05/01/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。右前脚はすっきりして乗り運動を始めると、徐々に距離を延ばしながら乗り込んでおり、今週には坂路にも入れながら進めていく事になっています。
05/01/17
天栄ホースパークで放牧休養中です。引き続きパドック放牧で右前脚の繋くんの症状も落ち着いてきている為、今週から徐々に乗り運動を進めていく事になっており、完全に腫れが治まり次第、ペースを上げていきます。
05/01/10
天栄ホースパークで放牧休養中です。休まず乗り運動を進めていましたが、右前脚に繋くんの症状と腫れが少し見られる様になった為、無理せずパドック放牧に切り替えており、今後脚元がすっきりしてくれば、調教を再開する事になっています。
04/12/27
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。ウォーキングマシンから予定通り軽めの乗り運動を始めており、牧場長は、左のわき腹の皮膚病はもう心配無いし、左前脚の歩様もしっかりしているので、年明けから徐々にペースを上げて進めていく事にするが、元々線の細い馬なので、きっちり実も入れながら状態を上向かせていく事にする、と話しています。
04/12/20
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。引き続きパドック放牧とマシンを繰り返して、皮膚病は落ち着いてくると、今週には軽めの乗り運動を始める事になっており、暫くは歩様を見ながら進めていきます。
04/12/13
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。引き続きパドック放牧を行いながらマシンでの運動を進めていますが、わき腹部分の皮膚病も徐々に落ち着いてすっきりしてきた為、様子を見ながら乗り運動を始めていく事になっています。
04/12/06
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。到着後はパドック放牧を続けながら歩様を見ていましたが、特に違和感も無い為、マシンでの運動に切り替えています。ただ、わき腹の部分に皮膚病を発症している事で暫くはこのままのメニューで進めていく事になっています。
04/11/29
先週の京都を目指して24日に坂路コースで併せて時計を出していましたが、25日の運動後に左前を跛行した為、登録を見送っています。なお、レントゲン検査の結果、骨に異常は無く左肩の筋肉痛という診断が下されており、調教師は、追い切りではいい感じに動いていたので残念だが、再度放牧に出してしっかり立て直す事にする、と話しています。27日には天栄ホースパークへ移動し、到着後は歩様などを確認してパドック放牧を行っています。
04/11/26≪最新情報≫
一旦放牧して立て直す事になり、27日に天栄ホースパークへ放牧予定となっています。
04/11/25≪今週の出走馬≫
シルクヴェルリッツは左前を跛行した為、登録を見送っています。検査の結果、骨に異常は無く、左肩の筋肉痛という診断が下されています。
04/11/25≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24坂良 56.3-41.2-27.2-13.5 馬也併入
04/11/24≪今週の出走予定馬 11/24現在≫
日曜日の京都、D1,400m
04/11/22
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。生野騎手は、前走は掛かり癖のある馬なので、道中は折り合いに専念した分、あの様な競馬になってしまった。外に持ち出していれば、違った結果が出ていたと思うが、装鞍所からかなり煩いところを見せて気の若さを出していたため、慎重に乗ってしまった、と話しています。なお、今週日曜日の京都、ダート1,400mに出走を予定しています。
04/11/16≪先週のレース結果≫
京都3R 2歳未勝利(芝1,400m)
      シルクヴェルリッツ  11着
04/11/15
先週11着でした。五分のスタートを切って先団よりやや後ろの位置でレースを進めると、道中は終始馬群の中を追走しながら3コーナーを回りました。そして勝負どころで、グッと隊列が詰まって一塊りの状態となり、4コーナーから直線に向いたところでも、窮屈な状態が続いた為、そこから内に入れて追い出しを図りました。しかし、前が塞がってなかなか伸び切れないまま、脚を余してしまうと、漸く進路が出来て前の馬を交わしに掛かったところがゴールでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/11/12≪11/13(土)の出走情報≫
京都3R 2歳未勝利(混)(芝1,400m)
17頭5枠10番 52kg 生野     発走11:05
夏の新潟以来、約3ヵ月振りの出走となりますが、攻め馬の動きも上々で、力を出せる仕上がりとなっています。生野騎手は、ダートを予定していたが、芝でも入りそうだったのでまわる事になった。追い切りは併せたオープン馬と同じくらい走ったし、手応えもまだ楽で、動きは抜群に良かったと思う。それに休み明けになるけど気のいい馬で、苦にしない筈。出遅れても無理せず追走出来れば終いまでしっかり走ってくれるだろう、と話しています。
04/11/11≪今週の出走馬≫
土曜日・京都3R (芝1,400m・17頭)  52s 生野
04/11/11≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂良   53.8-39.4-25.9-12.8 馬也遅れ
04/11/09≪今週の出走予定馬 11/9現在≫
土曜日の京都、D1,400m
04/11/08
坂路コースでキャンターの調整で、4日に併せて時計を出しています。先週の出走を予定していましたが、検討の結果、もう1週待って今週の出走を目指す事になっており、調教を付けた生野騎手は、併せて追い切りをしたけど、馬也のままマイペースで楽に走っていたし状態は良さそう。ただ、ゲートはまだ相手に合わせる様な感じで出遅れ気味になってしまうけど、掛かるところがあるから追走には戸惑わないだろう、と話しています。今週土曜日の京都、ダート1,400mでの出走を予定しています。
04/11/04≪今週の出走馬≫
シルクヴェルリッツは検討の結果、もう1週待って、来週土曜日の京都D1,400mを目指す事になりました。
04/11/04≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31坂不   55.7-40.7-27.0-13.8 馬也
4坂良   54.8-40.4-26.4-13.0 馬也併入
04/11/02≪今週の出走予定馬 11/2現在≫
日曜日の京都、D1,400m
04/11/01
坂路コースでキャンターの調整で、27日に併せて時計を出すと、31日にも追い切られています。調教師は、先週の新馬で2着になった馬と併せてやったが、馬也のまま先着するなど動きは上々で、積極的に調教をこなしている。牧場できっちり乗り込んで、脚元に不安も見られないし、今週の攻め馬でほぼ仕上がってくるだろう、と話しています。今週日曜日の京都、ダート1,400mでの出走を予定しています。
04/10/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24坂良   57.8-42.7-28.7-14.3 馬也
27坂重   54.7-40.8-27.2-13.8 馬也先着
04/10/25
グリーンウッドトレーニングで順調にペースを上げて乗り込むと、調教師の指示で22日に栗東へ帰厩しています。24日には坂路コースで時計を出し始めており、このまま復帰に向けて進めていく事になっています。
04/10/22≪最新情報≫
22日に栗東へ帰厩しています。
04/10/18
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。引き続き、坂路で1度17秒前後のラップを出して調教を付けられると、脚元に不安も見られず順調で、このまま本数を増やしながら、ピッチを上げていく事になっています。
04/10/11
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。脚元に不安は見られず順調に乗り込みを進めると、先週も坂路で1度、17秒前後のラップを出して調教を付けられており、変わりありません。
04/10/04
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。状態に変わり無く、先週も坂路で1度17秒前後のラップを出して調教を付けられており、乗ったあとも脚元を気にすること無く順調で、このまま15−15が出来るところまで進めていく事になっています。
04/09/27
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。牧場スタッフは、ソエを気にすることも無くなって、徐々にペースを上げると、週に1度は坂路で17秒程度の時計を出して進めているし、トモにも筋肉が付いて馬体も順調に回復してきている、と話しています。
04/09/20
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。ソエの治療で脚元はすっきりして、徐々に運動量を増やしながら乗り込んでおり、週末には1度20秒を切るラップを出して調教を付けられています。
04/09/13
グリーンウッドトレーニングでダクと軽めのキャンターの調整です。ソエの治療後は順調で予定通り乗り運動を再開すると、調教後も脚元はすっきりしている為、このまま休まず乗り込みを進めていく事になっています。
04/09/06
グリーンウッドトレーニングの馬房で休養中です。ソエの治療後は引き続き馬房で休ませていますが、獣医の指示で予定より早く運動を再開する事になり、今週中には軽く動かして脚元の状態を確認して進めていきます。
04/08/30
グリーンウッドトレーニングの馬房で休養中です。変わり無く乗り込みを進めていましたが、両前脚にソエの症状が見られた為、26日に調教師の指示でボーンスクレーピングという治療を施して良化を図っています。牧場スタッフは、馬体はまだ完全に回復していないし、もう少し時間も掛かりそうなので、今回の治療はタイミングが良かったと思う。治療後は2、3週間馬房でゆっくり休ませる事になるので、全体的にもリラックスできるだろう、と話しています。
04/08/23
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。状態に変わり無く坂路も併用して乗り込むと、先週は20秒前半ペースで進めながら、気を落ち着かせており、イレ込むこと無く順調に調教を付けられています。
04/08/16
レース後も変わり無く、角馬場で乗り運動を進めていましたが、13日に滋 賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されています。調教師は、使っ て少し気が立ってきているので、リフレッシュを兼ねて一旦近くの牧場に 出して落ち着かせる事にする、と話しており、移動後はパドック放牧で一 息入れてから、運動を再開しています。
04/08/13≪最新情報≫
13日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧されています。
04/08/09
先週4着でした。五分のスタートから気合いを付けて上がっていくと、先に飛び出した内の馬に馬体を併せながら、前々で積極的に進めると、道中はそのまま折り合い良くレースを運びました。そして、直線に向いたところで、グッと馬群が一塊りとなって、追い出しに掛かると、一瞬先頭に立って抜け出す勢いも見られましたが、その後は横一線の追い比べとなり、渋太く最後まで粘っているものの、少し内にモタれた分、伸び脚を欠いてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/08/09≪先週のレース結果≫
新潟1R 2歳未勝利(芝1,600m)
      シルクヴェルリッツ  4着
04/08/07≪8/8(日)の出走情報≫
新潟1R 2歳未勝利(芝1,600m)
9頭7枠7番 54kg 田中勝春   発走10:00
中間も特に変わり無く、坂路で乗り込まれると、今週はなかなか速い時計が出ています。調教助手は、前走使った後、やや疲れていたのか、ちゃんと歩こうとしない時があったけど、今はもうシャキッとしていて調子は上向きだし、追い切りでも走る気になっている。負けたといってもそう差はなく、改めて期待したい、と話しています。
04/08/05≪今週の出走馬≫
日曜日・新潟1R  (芝1,600m・9頭)  54s 田中勝春
04/08/05≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1坂不  61.0-45.3-30.1-15.2 馬也
4坂良  52.6-39.0-26.4-13.8 一杯併入
04/08/03≪今週の出走予定馬 8/3現在≫
日曜日の新潟、芝1,600m
04/08/02
坂路コースでキャンターの調整で、28日と1日に時計を出しています。調教師は、先週の出走を考えていたが、攻め馬は単走でやった分、時計も遅すぎていい追い切りが出来なかったので登録を見送る事にした。ただ、メンコを着けてからは、イレ込みも緩くなったし、もう1週待っても大丈夫そうなので、今週の新潟で登録する事にする、と話しています。今週日曜日の新潟、芝1,600mでの出走を予定しています。
04/07/29≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28坂良   58.5-43.2-28.3-13.7 強め
04/07/28≪今週の出走予定馬 7/28現在≫
シルクヴェルリッツは28日の動きが一息だった為、今週の登録は見送り、来週日曜日の新潟、芝1,600mを目指す事になりました。
04/07/27≪今週の出走予定馬 7/27現在≫
新潟競馬か小倉競馬
04/07/26
レース後も順調で坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、前走はすべて渋った馬場が応えた様だ。あとテンションも高かったけど、そう気にする程で無かったし、内容自体も悪く無かったから、そのまま新潟4週目の千六を考えていたけど、段々気も立ってきているので、中1週で今週の小倉か新潟の千二を使ってみようと思っている、と話しています。今週土曜日の新潟か、日曜日の小倉の芝1,200mでの出走を予定しています。
04/07/20≪先週のレース結果≫
新潟5R 2歳新馬 (芝1,400m)
      シルクヴェルリッツ  4着
04/07/19
先週4着でした。外枠からまずまずのスタートを切ると気合いを付けて、そのまま外めの3番手の位置でレースを進めました。道中は終始前2頭を見る形で追走していき、4コーナーから直線に向いたところから一気に追い出しに掛かると、大外から一瞬前を捕らえる勢いも窺えましたが、最後はやや一杯となったものの、差の無い競馬を演じています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/07/16≪7/17(土)の出走情報≫
新潟5R 2歳新馬(芝1,400m)
11頭8枠11番 54kg 田中勝春   発走12:20
馬房が取れそうになく小倉へ回る事も検討しましたが、予定通りここへの出走が決まり、動きは軽快で力を出せる仕上がりです。調教助手は、追い切る毎に動きが上向きだし、以前は馬っ気がきつかったけど、気性の煩さも前向きに走ろうとする様ないい方に向いてきている。それに本来千六位はあった方が良さそうなので、千二の小倉よりも、新潟を使える事になって良かった、と話しています。
04/07/15≪今週の出走馬≫
土曜日・新潟5R (芝1,400m・12頭) 54kg 田中勝春
04/07/15≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9E良  (ゲート)13.8-14.3 馬也
14坂良  54.4-40.3-26.7-13.4 一杯先着
04/07/14≪今週の出走予定馬 7/14現在≫
土曜日の新潟、芝1,400mか、日曜日の小倉、芝1,200m
04/07/13≪今週の出走予定馬 7/13現在≫
土曜日の新潟、芝1,400m
04/07/12
坂路コースでキャンターの調整で、7日に併せて時計を出すと、9日にもゲートから馬也で追われています。調教師は、追い切るごとに状態は良くなって、順調な仕上がりを見せている。多少気は煩いものの、以前よりは大分落ち着きが出て問題無くこなす様になっているので、当初新潟2週目の芝1,600mを予定していたが、早めて今週から登録をする、と話しており、今週土曜日の新潟、芝1,400mでの出走を予定しています。
04/07/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4坂良   57.4-42.3-27.4-13.4 馬也先着
7坂良   52.6-38.5-25.6-13.0 一杯併入
04/07/05
坂路コースでキャンターの調整で、30日と4日に併せて時計を出しています。厩務員は、落ち着いて調教をこなしているが、何かの拍子ですぐカッとなったりするので、レースは短い所よりゆったり走れる方が良いと思う。今後調教師と相談して何処の番組を目標にするか決めていく事にしたい、と話しています。
04/07/01≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27坂重   63.1-45.5-28.8-14.5 馬也併入
30坂良   56.7-42.2-28.3-14.4 一杯併入
04/06/28
坂路コースでキャンターの調整で、24日にゲート試験を受け合格すると、27日には坂路コースで併せて時計を出しています。厩務員は、性格的に真面目で坂路で気分良く走っている。ゲートは合格したが、まだスピードに少し欠けているので、レース前にもう一度やって確かめる事になると思う。ゲート練習で脚元に多少疲れは出ているが、心配する程で無いので、このまま速い調教を付けながら、デビューに向けて進めていく事になるだろう、と話しています。
04/06/25≪最新情報≫
24日にゲート試験を受け、合格してます。
04/06/24≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20坂良   64.4-46.1-29.0-14.2 馬也
24E良   (ゲート)13.6-13.6-15.4 強め
04/06/21
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習です。厩務員は、ゲートはスムーズに入っているので、あとは出の練習を何度か繰り返していけば、時間も掛からずに試験を受けられるだろう、と話しています。
04/06/14
グリーンウッドトレーニングでしっかり時計を出して乗り込むと、調教師の指示で9日に栗東の音無厩舎へ入厩しています。到着後も状態に変わり無く、翌日から坂路コースでキャンターの調整を始め、週末にはゲート練習も進めており、調教師は、ゲートは自分から入って問題無いし、動きも悪く無い。あとは乗り込みながらトモに筋肉を付けていきたい、と話しています。
04/06/11≪最新情報≫
9日に栗東の音無厩舎へ入厩しています。
04/06/07
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。体調面に不安無く順調にペースを上げて乗り込むと、週末には20秒を切るラップを出して調教を付けられています。確認した調教師は、馬体もデキているので、近い内に馬房の都合を付けて入厩させたい、と話しています。
04/05/31
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。ゲート練習を続けながら乗り込みを進めていましたが、先週寝違えを起こした為、無理せず馬房で一息入れて様子を見たものの、すぐに乗り運動を再開しています。牧場長は、心配するもので無いので、このまま徐々に元のメニューに戻していく事にする、と話しています。
04/05/24
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。引き続きゲート練習をおこないながら、毎日休まず乗り込みを進めると、先週も1度15−15程度のラップを出して調教を付けられており、状態に変わりありません。
04/05/17
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。心配するところ無く順調に乗り込むと、先週は1度15秒台のラップを出して調教を付けられており、このまま徐々に距離を延ばしながら進めていく事になっています。
04/05/10
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。変わり無く順調にペースを上げて乗り込むと、調教中も物見すること無く前向きに進められており、このまま15−15程度もおこなっていく事になっています。
04/05/03
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。環境に慣らしながらじっくり乗り込みを進めると、大分落ち着いて調教をこなす様になってきている為、徐々にペースを上げていく事になっています。
04/04/26
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。状態に変わり無く徐々に運動量を増やしながら乗り込みを進めると、確認した調教師は、馬体は立派でゲート練習もしているが、まだ環境に慣れていないのか、少し煩い面を見せている。もう暫くはこのまま落ち着かせながら慎重に進めてもらう事にする、と話しています。
04/04/19
グリーンウッドトレーニングでダクとキャンターの調整です。予定通り15日に天栄ホースパークから移動すると、到着後も状態に変わり無く翌日から調教を再開しており、このまま調教師の確認を受けながら入厩に向けて進めていく事になっています。
04/04/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。順調に坂路も併用して20秒前後のペースで乗り込むと、先週は1度4ハロン15−15程度の調教を付けられています。なお、調教師の指示で15日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ移動し、入厩に備える事になっています。
04/04/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き状態に変わり無く、トラックコースを長めにじっくり乗り込みながら、坂路で1度4ハロン16秒前後のラップを出して調教を付けられており、このままのデキを維持して調教師の指示を待つ事になっています。
04/03/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く先週は坂路で1度4ハロン15〜16秒程度の調教を付けられており、牧場長は、とにかく順調な1頭で、素質的にも良いものを持っている。調教師も早めの入厩を希望されているので、指示があるまでこのままの状態を維持して備えていきたい、と話しています。
04/03/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無くトラックコースを長めから20秒前後ペースで乗り込むと、先週は坂路で1度4ハロン17から終い15秒台のラップを出して調教を付けられています。
04/03/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は坂路でコンスタントに18秒程度のペースで乗り込みを進めると、トラックコースでも1度2ハロン15−15を切る調教を付けられています。
04/03/08
馬名が シルクヴェルリッツ に決まっています。 天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコース中心に長めから20秒前半ペースで乗り込みを進めると、先週は1度3ハロン15〜16秒程度のラップを出して調教を付けられています。
04/03/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。心配するところ無く休まず乗り込みを進めると、坂路で17秒前後のラップを出して調教を付けられており順調です。
03/09/24≪クラブからのお知らせ≫
急遽、下記の1歳馬が育成を開始する為、9月25日に北海道を出発し、26日に天栄ホースパークへ移る事が決まっています。