シルクアルボーレ
牡馬、鹿毛、02/02/21生
父:ブライアンズタイム、母:シルキーグランス、母の父:Kingmambo
厩舎:藤原英昭(栗東)→星野忍(美浦)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
11/02/24(2月23日付)
このまま引退させることとなり、17日付けで抹消の手続きが取られています。今後は、地方競馬(行き先は未定)で競走を続ける予定になっています。
11/02/17(2月16日付)
先週13着でした。今回も後方からの競馬になると、勝負処でも前との差を詰められず、後方2番手のまま4コーナーを回りました。そして直線でも思った程の伸び脚は無く、バテた馬を交わした程度でゴールしています。レース後、特に不安はありませんが、近走のレース内容を考慮して今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。17日に抹消の手続きが取られる予定となっています。
11/02/17≪最新情報≫
17日に抹消の手続きが取られました。
11/02/16≪最新情報≫
近走のレース内容を考慮して、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られる予定です。
11/02/15≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、近走のレース内容を考慮して、このまま引退させる方向で検討に入っています。
11/02/14≪レース結果≫2月12日出走
東京10R 銀 蹄 S(混)[D1,400m・16頭]13着[16人気]

柴山騎手「引っ掛かるイメージがあるので、あまり出しては行けないんですが、最近は引っ掛かる感じは無いので、中団位に付けて行っても良いかもしれません。それでも終いはジワジワ来てるんですが、今日の様な馬場だと前も止まらないですからね」

星野師「芝スタートとは違って、ここ2戦スタートは良いですね。ただ、そのまま行ってしまうと終い甘くなってしまうので、タメて行くのは良いと思うんですが、最近は以前より切れが無くなった気がします。調教でも、大人しくて乗り易くなっているんです」
11/02/11≪出走情報≫2月12日出走
東京10R 銀蹄S(混) (D1,400m)
16頭4枠8番 57kg 柴山      発走15:10
やや間隔の空いた前走を使われた反動なども見られない事から、中1週での出走を決めており、調教助手は「調教の動きは、いつも通りです。前走は後手を踏むことなく、良い位置で競馬できたんですが、直線で追い出すと内にモタれてしまった様です。しかも内はゴチャついていましたからね。スムーズならもっとやれると思います」と話しています。
11/02/10(2月9日付)
坂路コースでキャンターの調整で、9日に時計を出しています。調教師は「前走後も変わりなく順調に来ています。追い切りの動きも良いので、予定通り今週登録します」と話しており、今週土曜日の東京・銀蹄Sに出走を予定しています。
11/02/10≪出走情報≫2月12日出走
東京10R 銀 蹄 S(混)[D1,400m・16頭]57kg 柴山
11/02/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手9美坂稍    57.4- 42.7- 27.9- 13.7 馬なり余力
助 手9美坂稍    53.2- 38.7- 25.7- 12.9 馬なり余力
11/02/09≪出走予定≫
土曜日の東京・銀蹄S[57 柴山]
11/02/08≪出走予定≫
土曜日の東京・銀蹄S
11/02/03(2月2日付)
先週12着でした。道中は12番手でレースを進めると、勝負処でも脚を溜める様に追走し、まずまずの手応えで4コーナーを回りました。しかし、直線では懸命に追われましたが押し上げられず、そのまま流れ込むようにゴールしています。レース後も順調で、南Aコースでキャンターの調整です。調教師は「使った後も変わりないです。脚元も問題ないので、来週の銀蹄Sを使ってみましょう」と話しています。
11/01/31≪レース結果≫1月29日出走
東京10R 春 望 S(混)[D1,400m・16頭]12着[16人気]

星野師「良い感じだったんですけど、直線で前が壁になってしまいました。内を通っていたから、あそこから外に出せなかったですね。前が開いてからは、伸びているんですが、前も止まりませんからね。今日はスタートが良かったので、もったいなかったです」
11/01/28≪出走情報≫1月29日出走
東京10R 春 望 S(混) (D1,400m)
16頭4枠7番 53kg 柴山      発走15:10
前走後は京都2週目の登録も検討されましたが、距離適性なども考慮して、こちらに回っており、調教助手は「先週、先々週とポリトラックで時計を出しています。伸びのある走りをしていますし、体の使い方も良くなってきました。今週の坂路での追い切りでも、タメが効くようになりましたし、良い調教ができたと思います。元々スタートが良くないところに、芝スタートでは余計置かれてしまいます。今回はダートのスタートで、距離も1,400mに延びるのは良いと思います」と話しています。
11/01/27(1月26日付)
坂路コースでキャンターの調整で、26日に時計を出しています。調教師は「変わりなく順調に来ていますし、今週の動きも悪くないです。予定通り今週登録します」と話しており、今週土曜日の東京・春望Sに出走を予定しています。
11/01/27≪出走情報≫1月29日出走
東京10R 春 望 S(混)[D1,400m・16頭]53kg 柴山
11/01/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手26美坂良    60.5- 44.2- 28.6- 13.8 馬なり余力
助 手26美坂良    53.9- 38.3- 24.6- 12.4 強目に追う
11/01/26≪出走予定≫
土曜日の東京・春望S[53 柴山]
11/01/25≪出走予定≫
土曜日の東京・春望S
11/01/20(1月19日付)
南Pコースでキャンターの調整で、13日と20日に時計を出しています。調教師は「順調に来ています。この中間はやり方を変えて、ポリトラックコースで乗るようにしています。騎乗者の指示通りに走っていますし、動きは良いです。予定通り来週の東京・春望Sに向かいます。乗り役は柴山騎手の予定です」と話しています。
11/01/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手20南P良    69.0- 53.1- 38.8- 12.3 強目に追う
11/01/13(1月12日付)
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「変わりなく順調です。先週特別登録しましたが、京都のD1,200mでは忙しいので見送りました。D1,400mがベストだと思うので、東京1週目の春望Sを目標にします。その前に権利を取れるところがあれば登録します」と話しています。
11/01/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手13南P良    61.6- 48.6- 36.6- 13.4 一杯に追う
11/01/05≪出走予定≫
検討の結果、今週の登録は見送る方向です。
10/12/27(12月25日付)
角馬場でキャンターの調整です。調教師は「芝スタートではないコースで走らせてみたいので、年明けの京都も候補に入れています。1月10日の京都・山科Sに特別登録しておきましたが、D1,200mではちょっと忙しいので、そこで権利が取れるようなら取っておいて、東京1週目の春望Sを本線に考えています」と話しています。
10/12/23(12月22日付)
先週12着でした。行き脚が付かず、道中は最後方からの競馬になると、後方追走のまま4コーナーを回りました。そして直線では、ジリジリ差を詰める場面もありましたが、最後は流れ込む様にゴールしています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「競馬の後も変わりないです。状態は良い筈なんですけどね」と話しています。
10/12/20≪レース結果≫12月19日出走
中山10R 仲 冬 S(混) [D1,200m・16頭]12着[16人気]

幸騎手「スタートは出たんですけど、芝が合わないのか、すぐにフワッとなってしまいました。仕掛けて行くと、ガツンと行きそうだったので、無理しませんでした。終いは伸びているから、位置取りさえ良ければ、もっとやれると思うんですけどね」

星野師「スタートは前回より出たけど、芝で付いて行けないですね。芝の部分は跳びが大きくて、下を気にしたような走りをしていました」
10/12/17≪出走情報≫12月19日出走
中山10R 仲冬S(混) (D1,200m)
16頭 57kg 幸           発走14:45
中1週での競馬となりますが、中間も疲れは見られず順調に調整されており、調教助手は「前走は大きく出遅れたので、参考外です。ただ、1,200mではちょっと忙しいし、芝も下手なのでスタートでモタついてしまうかもしれません。上手く流れに乗れれば、もっとやれる筈なんですが」と話しています。
10/12/16(12月15日付)
坂路コースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。調教師は「調教ではあまり時計は出ないですね。でも、今は脚元も問題無いですし、状態は良いです。今週予定通り登録します」と話しており、今週日曜日の中山・仲冬Sに出走を予定しています。
10/12/16≪出走情報≫12月19日出走
中山10R 仲 冬 S(混) [D1,200m・16頭]57kg 幸
10/12/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15美坂稍    58.1- 42.9- 28.3- 14.0馬なり余力
助 手15美坂稍    54.5- 39.4- 25.8- 13.0馬なり余力
10/12/15≪出走予定≫
日曜日の中山・仲冬S[57 幸]
10/12/14≪出走予定≫
日曜日の中山・仲冬S
10/12/09(12月8日付)
先週9着でした。出負けして行き脚が付かず、道中は離れた最後方からの競馬になると、前との差を詰めながら4コーナーを回りました。そして直線では、上位を窺う事は出来なかったものの、まずまずの末脚で順位を上げています。レース後も順調で、厩舎周りで引き運動の調整です。調教助手は「競馬の後も変わりないです。上がりは脚を使ってるけど、スタートであれだけ遅れてしまってはね。乗り役は『馬は若いし、ハマればまだまだやれそうだね』と言っていました」と話し、調教師は「使った後も特に変わりないので、中山3週目の仲冬Sに登録していきます」と話しています。
10/12/06≪レース結果≫12月5日出走
中山10R アクアラインS(混)[D1,200m・16頭]9着[14人気]

田中勝騎手「スタートが遅くて、おまけに出てから挟まれてしまい、流れに乗れませんでした。もうちょっと付いて行ければ良かったんだけどね。終いジリジリ来てるだけにもったいなかったね。8歳だけど馬は若いですよ。元気だし、体も柔らかいので、まだまだやれると思います」

星野師「オンとオフしかないから、ゲート出たらジッとしているように言ってあったんですが、今日はゲートを出て行かなかった様です。終いは良い脚で来てるけど、あれだけ遅れてしまってはね。1,200mでは少し忙しいかもしれないけど、今日は出遅れが全てですね。乗り役も時計が掛かれば面白いと言ってました」
10/12/03≪出走情報≫12月5日出走
中山10R アクアラインS(混) (D1,200m)
16頭 54kg 田中勝         発走14:40
コンスタントに使われていますが、中間も変わりなく好調をキープしており、調教師は「ハンデの54kgも悪くないと思うので、予定通り登録しました。調教ではあまり時計が出ないタイプの様ですが、脚元は問題無いですし、毛艶も良く、具合は良いですよ」と話し、調教助手は「調教の感じは良くて、具合は良いです。D1,200mでは少し忙しいかもしれませんが、終いは脚を使えるので、3コーナーまでの位置取りがカギになるでしょう」と話しています。
10/12/02(12月1日付)
坂路コースでキャンターの調整で、28日に併せて時計を出すと、1日にも追い切られています。調教師は「柴山騎手が阪神に行くので、乗り役は田中勝春騎手になります」と話しており、今週日曜日の中山・アクアラインSに出走を予定しています。
10/12/02≪出走情報≫12月5日出走
中山10R アクアラインS(混)[D1,200m・16頭]54kg 田中勝
10/12/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手1美坂良    59.1- 43.5- 28.7- 14.2 馬なり余力
助 手1美坂良    55.4- 39.7- 25.4- 12.7 馬なり余力
10/11/30≪出走予定≫
日曜日の中山・アクアラインS
10/11/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手28美坂良    59.6- 42.9- 27.6- 13.3 馬なり余力
     ケンブリッジヒーロ(新馬)馬なりを0.1秒先行同入
10/11/25(11月24日付)
坂路コースでキャンターの調整で、25日に時計を出しています。調教助手は「引っ掛からないように気を付けたので、時計はそれほど速くないですが、終いまでしっかりしていましたし、動きは良いですよ」と話し、調教師は「中間も変わりないです。次走は、中山1週目のアクアラインSを予定しています」と話しています。
10/11/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手25美坂良    61.6- 45.5- 29.9- 14.5 馬なり余力
助 手25美坂良    56.1- 40.2- 25.7- 12.3 馬なり余力
10/11/18(11月17日付)
先週8着でした。今回も後方からの競馬になりましたが、3コーナー過ぎから徐々に押し上げて、9番手で4コーナーを回りました。そして直線で追われると、前残りの展開で上位は窺えなかったものの、最後まで渋太く粘り込んでいます。レース後も順調で、厩舎周りで引き運動の調整です。調教師は「競馬の後も変わりないです。次走は中山1週目のアクアラインSを予定しています」と話しています。
10/11/15≪レース結果≫11月14日出走
東京10R 銀 嶺 S(混)  [D1,400m・16頭]8着[16人気]

柴山騎手「コーナーでは経済コースを通れたし、終いも良く伸びて、前回よりも良い感じでした。やはり良馬場の方が良いですね」
星野師「終いは、もう少し切れると思ったんですが、前も止まらないですからね。スタートで、もう少し前に付けられると良いんだけど」
10/11/12≪出走情報≫11月14日出走
東京10R 銀嶺S(混) (D1,400m)
16頭 57kg 柴山          発走14:50
前走後も疲れは見られず、脚元の状態なども問題無い事から、予定通り今週の出走を決めており、調教助手は「前走は馬場が渋った上に、前残りの展開でしたから、結果的に位置取りが後ろ過ぎましたね。でも、乗り方が難しい馬なので、ああいう競馬しかできないでしょう。乗り役も2戦目で手の内に入れているだろうし、展開さえ向けば、前走の様なことはないと思います」と話しています。
10/11/11(11月10日付)
坂路コースでキャンターの調整で、10日に時計を出しています。調教助手は「いつもなら坂路2本行くんですが、今回は中一週になるので、Aコースを一回り乗ってから坂路1本にしました。状態は変わりないです」と話しており、今週日曜日の東京・銀嶺Sに出走を予定しています。
10/11/11≪出走情報≫11月14日出走
東京10R 銀 嶺 S(混)  [D1,400m・16頭]57kg 柴山
10/11/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手10美坂良    53.2- 39.1- 25.8- 12.8 馬なり余力
10/11/10≪出走予定≫
日曜日の東京・銀嶺S[57 柴山]
10/11/09≪出走予定≫
日曜日の東京・銀嶺S
10/11/04(11月3日付)
先週12着でした。道中は後方2番手からの競馬になると、3コーナー過ぎも前との差を詰められず、後方追走のまま4コーナーを回りました。そして直線でもしっかり追われましたが、バテた馬を交わした程度でゴールしています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「使った後も変わりないです。脚元も大丈夫です。来週の東京・銀嶺Sに登録します」と話しています。
10/11/01≪レース結果≫10月31日出走
東京12R 東京ゴールデンP(混)[D1,400m・16頭]12着[15人気]

柴山騎手「最後は伸びているんですが、今日は馬場も展開も向かなかったです。やはり道中は、ハミをジワーッと噛んでいました。もう少しハミ抜いて走れれば良いんですが」
星野師「この馬場ですから前が止まらないですね。かと言って、テンから行っちゃうと脚無くしてしまうだろうし、難しい馬ですね。でも、今日は上手く乗ってると思いますよ」
10/10/29≪出走情報≫10月31日出走
東京12R 東京ゴールデンプレミアム(混) (D1,400m)
16頭 57kg 柴山          発走16:20
前走後は連闘で登録して除外の権利を取ると、予定通り今週出走する事になり、柴山騎手は「オンとオフがハッキリしていますね。最初から行っちゃうと、終いアラアラになってしまうと思うので、テンはハミを掛けないで、ゆっくり行った方が良いでしょう」と話し、調教師は「癖のある馬なので、今週は柴山騎手に乗ってもらって感触を確かめてもらいました。前回はWコース中心にやっていたせいか、気持ちが入っていなかったようです。今回は坂路調教に戻しましたが、だいぶ気が入ってきた様で、引っ掛かって抑え切れないぐらいです。この馬は引っ掛かるぐらいじゃないとダメなんでしょうね。前走のような前残りの展開にならなければ、もっとやれるはずです」と話しています。
10/10/28(10月27日付)
坂路コースでキャンターの調整で、22日と27日に時計を出しています。調教助手は「ハミで支えてゆっくり行ってても、ちょっと放すとガツンとスイッチが入ってしまいます。ゆっくりか速いかのどちらかで、中間のペースで走らせるのが難しいですね」と話しており、今週日曜日の東京・東京ゴールデンプレミアムに出走を予定しています。
10/10/28≪出走情報≫10月31日出走
東京12R 東京ゴールデンP(混)[D1,400m・16頭]57kg 柴山
10/10/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
柴 山27美坂良    58.8- 43.7- 29.4- 14.7 馬なり余力
柴 山27美坂良    51.5- 38.3- 25.6- 13.2 末一杯追う
10/10/27≪出走予定≫
日曜日の東京・東京ゴールデンプレミアム[57 柴山]
10/10/26≪出走予定≫
日曜日の東京・東京ゴールデンプレミアム
10/10/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手22美坂稍    55.7- 40.3- 26.8- 13.5 馬なり余力
助 手22美坂稍    57.1- 40.0- 25.0- 12.5 末強目追う
10/10/21(10月20日付)
坂路コースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。調教助手は「順調です。今週は金曜に時計を出す予定です。先週やってから、だいぶカリカリしてきて、普段の調教でも結構引っ掛かるようになってきました。来週の東京ゴールデンプレミアムを予定しています」と話しています。
10/10/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15美坂稍    53.3- 38.6- 25.0- 12.5 馬なり余力
10/10/14(10月13日付)
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「順調です。先週除外になって上手く権利が取れたので、予定通り4週目の東京ゴールデンプレミアムに向かいます」と話しています。
10/10/07(10月6日付)
先週10着でした。今回も後方からの競馬になり、道中は14番手でレースを進めると、勝負処でも押し上げられず、後方のまま4コーナーを回りました。そして直線では、上位を窺う脚は無かったものの、外からジリジリ差を詰めています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「使った後も変わりないです。この条件は頭数が多いので、今週も権利を取るために登録していった方が良いでしょう。今週除外で、4週目の東京ゴールデンプレミアムに行くのが理想ですが、もし今週入ったとしても問題無い状態です」と話しており、今週日曜日の東京・テレビ静岡賞に登録して、除外となっています。
10/10/07≪出走情報≫
日曜日の東京・テレビ静岡賞に大野騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となり、東京4週目の東京・東京ゴールデンプレミアムへ向かう予定になりました。
10/10/05≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
10/10/04≪レース結果≫10月3日出走
中山12R 中山オータムP(混)[D1,200m・16頭]10着[10人気]

田辺騎手「ペースが速くて、脚が溜められなかったです。新潟の時は途中でガツンと引っ掛って、良い脚を使ったんですが、今日は引っ掛かるところが全然無かったです。落ち着きが出てきているので、もう少し距離が長い方が良いのかもしれません。状態は悪くないんですけどね」
10/10/01≪出走情報≫10月3日出走
中山12R 中山オータムプレミアム(混) (D1,200m)
16頭 57kg 田辺          発走16:25
前走後はトモの状態に留意しつつ調整されると、先週除外の権利を取って、ここに回っており、調教助手は「前だけで走る傾向があったんですが、調教で体を起こすように心掛けたので、だいぶトモの踏み込みが良くなり、バランスの良い走り方になりました。これでタメが効くようになり、御しやすくなると思います。前回は直線で良い脚を使ってくれましたし、乗り方一つで今回も楽しみです」と話しています。
10/09/30(9月29日付)
坂路と南Wコースでキャンターの調整で、26日と29日に時計を出しています。調教師は「前走後も順調です。変わりなく良い状態を維持しています」と話しており、今週日曜日の中山・中山オータムプレミアムに出走を予定しています。
10/09/30≪出走情報≫10月3日出走
中山12R 中山オータムP(混)[D1,200m・16頭]57kg 田辺
10/09/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
田 辺29南W稍 83.5- 67.8- 52.7- 38.8- 13.8 強目に追う
10/09/29≪出走予定≫
日曜日の中山・中山オータムプレミアム[57 田辺]
10/09/28≪出走予定≫
日曜日の中山・中山オータムプレミアム
10/09/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手26美坂稍    54.9- 39.8- 25.6- 12.3 馬なり余力
10/09/23(9月23日付)
南Wコースでキャンターの調整で、16日と22日に時計を出しています。追い切りに騎乗した田辺騎手は「追い切りでは、見せ鞭だけでしたが、動きは良かったですよ」と話すと、 調教師は「来週1本で入るという保証はないので、今週から入れていきましょう」と話しており、今週土曜日の阪神・大阪スポーツ杯に出走を予定していましたが、除外となっています。
10/09/23≪出走情報≫
土曜日の阪神10R・大阪スポーツ杯に川島騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週の中山・中山オータムプレミアムへ向かう予定となりました。
10/09/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
田 辺22南W良 83.4- 68.1- 53.2- 39.2- 13.3 G前仕掛け
10/09/22≪出走予定≫
土曜日の阪神・大阪スポーツ杯[騎手未定]
10/09/21≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
10/09/16(9月15日付)
南Wと坂路コースでキャンターの調整で、9日と12日に時計を出しています。調教師は「今週は長めからやりました。時計はもう一つですが、雨が降って馬場が悪かったですし、ウッドはあまり上手くないのかもしれません。調教で乗った田辺騎手は『動きは悪くない』と言っていました。来週の阪神・大阪スポーツ杯に登録します」と話しています。
10/09/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
田 辺16南W不 83.6- 68.3- 54.1- 40.4- 14.4 叩き一杯
10/09/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手12美坂良    63.3- 45.9- 29.9- 14.8 馬なり余力
10/09/09(9月8日付)
南Wコースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。調教助手は「今まではカーッとして前だけで走っている感じがあったんですが、最近は乗ってる途中でフワッと抜けてきて、だいぶトモが入るようになってきました。来週阪神の大阪スポーツ杯に特別登録しておいて、頭数を見てから検討したいと思います」と話しています。
10/09/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
田 辺9南W重 85.0- 68.7- 53.8- 40.1- 13.6 直強目追う
10/09/02(9月1日付)
坂路と南Aコースでキャンターの調整です。調教師は「順調です。調教でも田辺騎手に乗ってもらっていますが、『トモの入りが良くない』と言うんです。特に悪いところはないんですが、甘いんでしょうね。今までもそんな感じで使ってきたんでしょうから、これはしょうがないでしょう。脚元は大丈夫なので、これからは下でも時計を出していきます」と話しています。
10/09/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
田 辺2南W良 85.8- 68.9- 54.5- 40.7- 14.4 馬なり余力
10/08/26(8月25日付)
坂路と南Aコースでキャンターの調整です。調教助手は「順調です。脚元も変わりないです。次走は阪神3週目の大阪スポーツ杯か、中山4週目の中山オータムプレミアムを予定しています」と話しています。
10/08/19(8月19日付)
先週7着でした。出脚が付かず、道中は12番手からの競馬になると、そのまま脚を溜める格好で4コーナーを回りました。そして直線では、上位を窺う事は出来なかったものの、外から伸び脚を見せて、最後は中団まで押し上げています。レース後も順調で、厩舎周りで乗り運動の調整です。調教師は「競馬の後も変わりないです。右トモに少し疲れがあるので、乗りながら治療していきます。次走は少し間隔が空いてしまいますが、阪神3週目の大阪スポーツ杯か、中山4週目の中山オータムプレミアムを予定しています」と話しています。
10/08/16≪レース結果≫8月14日出走
新潟11R 越 後 S(混)[D1,200m・15頭]7着[11人気]
田辺騎手「トモのハマりが悪くてテンに行けなかったです。この馬場であの位置取りでは、あそこまでが精一杯でした。でも、凄い脚を使いますね、まだまだやれますよ。直線に坂があるコースの方がゆっくり行っても届くと思います。順調に使えていたら、このクラスにいる馬じゃないと思います」
星野師「切れますね。一頭だけ脚色が違いました。やはりこういう乗り方が良いですね。ただ、この馬場では前も止まりませんから、良馬場でやりたかったですね」
10/08/13≪出走情報≫8月14日出走
新潟11R 越後S(混) (D1,200m)
15頭3枠4番 55kg 田辺      発走15:45
ここを目標に定めて前走後は放牧に出て調整されると、先々週除外の権利を取って、予定通り今週出走する事になり、調教助手は「追い切りは後ろから追いかけて、楽な手応えで先着しました。先週、今週と併せてやっていますし、本数は十分足りていると思います。ここまで順調に来ていますし、状態は悪くないです。前回は引っ掛かってしまいましたが、折り合い一つで変わってくれると思いますよ」と話し、調教師は「前回は行きすぎてしまったので、今回は後ろから行って、終いを活かす競馬をしてもらいます」と話しています。
10/08/12(8月11日付)
坂路コースでキャンターの調整で、5日と11日に併せて時計を出しています。調教師は「今週も併せ馬で良い動きでした。息遣いがもう一つなんですが、前走時もそうだったので、以前からこんな感じなんだと思います。脚元も問題なく順調に仕上がりました」と話しており、今週土曜日の新潟・越後Sに出走を予定しています。
10/08/12≪出走情報≫8月14日出走
新潟11R 越 後 S(混)[D1,200m・15頭]55kg 田辺
10/08/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手11美坂良    52.2- 37.6- 24.5- 12.2 馬なり余力
          トーアクリスタル(二未勝)馬なりを0.2秒追走0.2秒先着
10/08/11≪出走予定≫
土曜日の新潟・越後S[55 田辺]
10/08/10≪出走予定≫
土曜日の新潟・越後S
10/08/05(8月4日付)
坂路コースでキャンターの調整で、8日に時計を出しています。調教師は「先週上手く権利が取れたので、予定通り来週の越後Sに向かいます。追い切りは全く追うことなく、引っ張ったままです。具合は良いですね。順調に仕上がっています。来週もう1本やればちょうど良いでしょう」と話しています。
10/08/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手5美坂良    53.2- 38.6- 24.9- 12.1 馬なり余力
          トーアクリスタル(二未勝)馬なりを0.2秒追走同入
10/07/29(7月28日付)
坂路コースでキャンターの調整で、24日と28日に時計を出しています。調教師は「時計は55秒だけど、引っ張ったまま馬なりですからね。先週末にも15−15ぐらいやっているので、これで十分でしょう。今週登録します。越後Sも頭数が多いようなので、権利を持っていた方が良いでしょう。だいたい態勢はできているので、今週入ったとしても、走れる状態にはあります」と話しており、今週土曜日の新潟・新潟日報賞に登録して除外となっています。
10/07/29≪出走情報≫
土曜日の新潟11R・新潟日報賞に小野寺騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となり、新潟1週目・越後Sへ向かう予定となりました。
10/07/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手28美坂良    55.2- 39.5- 25.6- 12.2 馬なり余力
10/07/27≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
10/07/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手24美坂良    64.7- 47.9- 31.6- 14.8 馬なり余力
10/07/22(7月21日付)
坂路コースでキャンターの調整で、18日に時計を出すと、21日にも追い切られています。調教助手は「今週デビュー予定の新馬に併せてやったので、手応えはまだ楽です。まだ中身の方は完全ではないですが、競馬までしっかり仕上げていきたいと思います」と話しています。
10/07/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手21美坂良    52.3- 38.1- 25.0- 12.3 末強目追う
          トーアクリスタル(新馬)馬なりを0.3秒先行同入
10/07/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手18美坂良    53.6- 39.3- 25.3- 12.3 馬なり余力
10/07/15(7月14日付)
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「順調です。帰厩当初は右前に皮膚炎ができていましたが、それも今ではスッキリ治っています。次の新潟1週目の越後Sを目標にしていますが、どれぐらいの頭数になるかチェックしながら、権利が必要な時は前もってどこかで除外の権利を取りたいと思っています」と話しています。
10/07/08(7月7日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「調教師と打ち合わせをして、近い内に帰厩になります。トモもそれ程気にならないし、馬体も緩めていませんので、まずまずの状態で送り出せそうです」と話すと、調教師は「越後Sを1本では入らないかもしれないので、どこかで除外の権利を取っておいた方が良いでしょう。今のところ新潟3週目の新潟日報賞に特別登録しておいて、頭数を見て考えたいと思っています」と話しており、8日に美浦へ帰厩する予定になりました。
10/07/08≪最新情報≫
8日に美浦へ帰厩しています。
10/07/07≪最新情報≫
8日に美浦へ帰厩する予定になりました。
10/07/01(6月30日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「コンスタントに乗れていますが、ここへきて少しトモが浮腫んでいる感じです。痛みは見られないので、心配する程ではありませんが、十分注意して進めていきたいと思います」と話しています。
10/06/24(6月23日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「順調に進めています。帰厩まで少し時間がありそうだし、牧場では強いところはそれほど必要無いタイプですから、長め中心に乗り込んで、馬体をしっかり維持していきたいと思います」と話しています。
10/06/17(6月16日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「脚元も落ち着いているし、特に悪いところも無いようです。このまま徐々に進めていきます」と話すと、調教師は「今のところ、8月14日の新潟・越後Sを目標にしています」と話しています。
10/06/10(6月9日付)
予定通り3日に天栄ホースパークへ移動すると、翌日から早速乗り込みを始めています。牧場長は「使った後なので、多少の疲れはありますが、右前の球節に関しては問題無さそうです。歩様も気にならないので、様子を見ながら進めていきます」と話しています。
10/06/03(6月2日付)
先週16着でした。道中は11番手でレースを進めると、勝負処で馬群の外を徐々に押し上げ、5番手で4コーナーを回りました。ところが直線を向くと、休み明けの影響か、早々に息切れしてしまい、シンガリでゴールしています。調教師は「右前球節に少し熱を持っていますが、問題無い程度です。一応、調教後は冷やすようにしています。それよりも、適当な番組が無いんです。あっても権利を取っておかなければ入らないでしょうし、放牧して番組が増えるまで待ちたいと思います」と話しており、3日に天栄ホースパークへ移動する予定です。
10/06/03≪最新情報≫
3日に天栄ホースパークへ放牧されています。
10/06/02≪最新情報≫
レース後特に不安はありませんが、一旦放牧に出す予定です。
10/05/31≪レース結果≫5月29日出走
東京10R 鎌 倉 S(混)[D1,400m・16頭]16着[12人気]
蛯名騎手「テンに行けないって聞いていたから、そのつもりで出していったら、引っ掛かってしまいました。外枠で前に壁がなかったから、余計でしたね」
星野師「以前に乗ったことのあるジョッキーの話では、全然付いていけないという事だったので、そのつもりでいたら、向正面で気分良く行ってしまいました。もっと内枠で包まれていれば違ったと思うんですが。調子が良いのは確かなんですけどね」
10/05/28≪出走情報≫5月29日出走
東京10R 鎌倉S(混) (D1,400m)
16頭7枠14番 57kg 蛯名      発走15:10
除外が続きましたが、その後はここを目標に定め、転厩初戦を迎える事になり、調教師は「今週は併せた相手を追い掛ける形で追い切りました。今まで目立った時計は出ませんでしたが、今週は動きましたね。息遣いもだいぶ良くなってきました。除外で延びて、却って良かったかもしれません。脚元も落ち着いていますし、良い状態です。楽しみですね」と話しています。
10/05/27(5月26日付)
坂路コースでキャンターの調整で、23日、25日、26日に時計を出しています。調教助手は「今週は併せてやりました。テンから速くなってしまい、終いは止まった感じがありましたが、それでも12秒台が出ています。併せた方が動きますね。実戦向きなのかもしれません。休み明けがどうかですが、実力を出せれば悪い競馬はしないでしょう」と話しており、今週土曜日の東京・鎌倉Sに出走を予定しています。
10/05/27≪出走情報≫5月29日出走
東京10R 鎌 倉 S(混)[D1,400m・16頭]57kg 蛯名
10/05/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手25美坂稍    63.1- 46.6- 30.1- 14.0馬なり余力
助 手26美坂良    58.2- 42.8- 27.7- 13.8馬なり余力
助 手26美坂良    50.7- 37.7- 25.3- 12.9一杯に追う
10/05/26≪出走予定≫
土曜日の東京・鎌倉S[57 蛯名]
10/05/25≪出走予定≫
土曜日の東京・鎌倉S
10/05/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手23美坂良    58.3- 41.9- 27.6- 13.6 馬なり余力
10/05/20(5月19日付)
坂路コースでキャンターの調整で、14日と19日に時計を出しています。調教師は「稽古は動かないですね。坂路は下手なのかもしれません。順調に来ていますし、心配することはないでしょう。脚元も大丈夫です。来週の東京・鎌倉Sを予定しています」と話しています。
10/05/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手19美坂良    60.4- 44.2- 29.0- 13.9 馬なり余力
三 浦19美坂良    55.3- 39.9- 25.8- 12.6 叩き一杯
10/05/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手14美坂稍    60.6- 44.7- 30.0- 14.7 馬なり余力
助 手14美坂稍    54.5- 39.8- 26.3- 13.4 馬なり余力
10/05/13(5月12日付)
坂路と南Aコースでキャンターの調整です。調教師は「変わりなく順調です。次の東京2週目の鎌倉Sを目指します。ジョッキーは蛯名騎手を予定しています。水曜、木曜と雨で馬場が悪かったので、今週は金曜に時計を出します」と話し、調教助手は「競馬に向けて仕上げてきたので、気持ちの方が硬くなっています。除外で延びると難しいですね。なんとか競馬まで上手く調整して行きたいと思います」と話しています。
10/05/06(5月5日付)
坂路コースでキャンターの調整で、2日と5日に時計を出しています。調教師は「1本目が予定より速くなってしまいましたが、2本目もそれなりに時計は出ていますし、問題は無いでしょう」と話し、調教助手は「競馬に行ってどうなのかはわかりませんが、調教では引っ張ってる内は凄く良い手応えなんだけど、途中でフワッとする時があります。ただ、そこで上が動くと、余計反抗するような感じでフワッとなってしまうので、今週の追い切りのように我慢してハミをガッチリかけておいた方が反応は良いと思います。先週はまだちょっと重かったので、1本余計にできたのは良かったと思います」と話して、今週土曜日の京都・高瀬川Sに出走を予定していましたが、除外となっています。
10/05/06≪出走予定≫
土曜日の京都9R・高瀬川Sに上野騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、5月29日の東京・鎌倉Sへ向かう予定となりました。
10/05/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手5美坂良    56.6- 41.5- 27.2- 13.1 馬なり余力
助 手5美坂良    53.6- 38.3- 25.2- 12.9 強目に追う
10/05/05≪出走予定≫
土曜日の京都・高瀬川S[56 幸]
10/05/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手2美坂良    55.9- 41.0- 26.7- 12.6 馬なり余力
10/05/04≪出走予定≫
土曜日の京都・高瀬川S
10/04/29(4月28日付)
坂路と南Pコースでキャンターの調整で、25日に時計を出すと、28日には併せて追い切られています。追い切りに騎乗した小林淳一騎手は「手綱を持ってる内はすごく格好良いんだけど、追い出したら気持ちに体が付いてこない感じでした。調教は動かないタイプなのかもしれません。それに、今まで坂路中心だったせいか、息の入りがもう一つでした。この一追いで変わってくれれば」と話すと、調教師は「調教はあまり動かないタイプなのかな。栗東での調教時計を見ても、あまり目立った時計は出ていないようですからね。競馬で走ってくれれば良いでしょう。今週除外なら、来週の京都・高瀬川Sに回ります」と話しており、今週日曜日の東京・立夏Sに出走を予定していましたが、除外となっています。
10/04/29≪出走情報≫
日曜日の東京10R・立夏Sに小林淳騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週の京都・高瀬川Sへ向かう予定になりました。
10/04/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
小林淳28南P良    65.2- 50.6- 37.1- 12.6 一杯に追う
          トーアウキウキ(三未勝)一杯の外0.4秒遅れ
10/04/28≪出走予定≫
日曜日の東京・立夏S[57 小林淳]
10/04/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手25美坂良    54.6- 40.4- 26.5- 13.0 馬なり余力
10/04/27≪出走予定≫
日曜日の東京・立夏S
10/04/22(4月21日付)
坂路コースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教助手は「もっと楽に動けるかと思いましたが、時計が出にくい馬場でしたからね。それに、久々でまだ中身も重いです。調教後、鞍を置いて470kgでした。良い頃が450kg?460kgですから、もう一絞りしたいですね。でも、時計は遅いですが、良い負荷は掛かってると思います。また週末にやってみます」と話しています。
10/04/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手21美坂稍    59.1- 43.5- 28.2- 14.0 馬なり余力
助 手21美坂稍    53.2- 38.8- 25.6- 13.3 叩き一杯
10/04/15(4月14日付)
坂路コースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。調教師は「先週やった後、右前球節が少し腫れました。入厩当時に撮ったレントゲン写真を再度診てもらったら、第4中手骨に骨瘤が出ていて、普通より太くなっているようです。今までは治まっていたけど、速いところをやると、チクチクしてくるようですね。以前からこういう状態で使ってきたんでしょうね。少し熱感はありますが、今のところ痛みはありません。ケアしながらやっていくしかないでしょう。予定通り東京2週目の立夏Sに向けて調整していきます。今週の追い切りは、ゴール手前100mではもう止めていたので、時計はそれほど速くないですが、引っ張ったまま楽に動いています。来週はもう少し速いところをやって、直前はサラッとで良いでしょう」と話しています。
10/04/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手15美坂稍    59.0- 42.9- 27.5- 13.1 馬なり余力
助 手15美坂稍    54.8- 39.8- 25.9- 12.9 馬なり余力
10/04/08(4月7日付)
2日に美浦・星野厩舎へ入厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、7日に時計を出しています。調教助手は「良い動きをしますね。持ったままです。バネが凄く良いです。真面目に走りますし、それでいて自分勝手に走るわけじゃなく、乗り手の指示通りに動いてくれます。さすがに準オープン馬ですね」と話し、調教師は「初めてなので54秒ぐらいの指示でしたが、予定通りです。立夏Sまではまだ時間があるので、脚元に注意しながら、慎重に進めていきます。入厩後、骨折箇所の右前球節をレントゲン検査しましたが、骨膜は出ていませんでした」と話しています。
10/04/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
助 手7美坂良    62.4- 45.8- 30.0- 14.7 馬なり余力
助 手7美坂良    54.0- 39.7- 25.8- 12.6 馬なり余力
10/04/01(3月31日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週も坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「まだ少し馬体は太めに映りますが、それでも手応えを残して坂路を上がってきましたので、これだけ動けば十分だと思います。入厩も近いようですし、このまま態勢を整えていきます」と話しています。尚、1日に美浦・星野厩舎へ転厩の手続きを取り、2日に入厩する予定になりました。
10/04/01≪最新情報≫
1日に美浦・星野厩舎へ転厩の手続きが取られています。2日に美浦・星野厩舎へ入厩する予定になりました。
10/03/25(3月24日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で15−15の調教を付けられており、牧場長は「良い感じに馬体も締まってきて、動きにもだいぶキレが戻ってきました。このクラスの馬なので15−15は楽に出せます。状態が上がってきたところです。男馬でも仕上がりが早いタイプですし、そろそろレースへ向けて厩舎へ戻したいところですね」と話しています。これを受けて、厩舎へ帰厩の打診を行っておりますが、現状では帰厩の目処が立っておりません。ダートの短距離に実績がある準オープン馬で、レース選択が限られてきてしまうため、場合によっては除外の権利を取りながら出走予定を組んで行く必要があることから、状態が良くなってきたところで帰厩させ、早めに出走態勢を整えていきたいと考えております。これらのことを総合的に判断して、関東へ転厩させることと致します。美浦・星野調教師に転厩の打診を行ったところ、24日に本馬を確認して頂き、その場で快諾の返事を頂きました。今のところ、来週中に入厩させる予定を組んで、東京2週目の立夏ステークスを目標に進めていくことを打ち合わせております。出資会員の皆様にはご理解とご了承を頂きますようお願い申し上げます。
10/03/18(3月17日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で17−17の調教を付けられており、牧場長は「まだ全体的に緩い感じですが、意識的に長めも乗っていますので、徐々に良くなってくるでしょう。動き自体も悪くないですし、この調子で進めていければと思います」と話しています。
10/03/11(3月10日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路と本馬場を併用しながら、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「先週から坂路にも入れ始めました。長い間休んでいましたから、状態としてはこれからですが、脚元は変わりありませんので、このまま様子を見て進めていきます」と話しています。
10/03/04(3月3日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「脚元の状態も変わりないので、キャンターの距離を徐々に延ばしています。引き続き様子を見ながらですが、この感じで一歩一歩進めていければと思います」と話しています。
10/02/25(2月24日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「引き続き脚元を確認しながらですが、休み無く乗れていて、まずまずの状態を維持しています。もう少し様子を見て変わり無いようなら、徐々に距離を延ばしていきたいと思います」と話しています。
10/02/18(2月17日付)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週は本馬場中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は「少しずつ進めている段階で、予定通り馬場にも入れ始めました。脚元は特に変わりありませんが、骨折明けですから、今後も状態を確認しながら慎重に進めていきたいと思います」と話しています。
10/02/11(2月10日付)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。マシンの運動を行いながら、右前脚の状態を確認すると、先週末から騎乗を再開しています。牧場長は「乗ってみた感じも悪くないし、今のところ歩様も大丈夫そうですね。2ヶ月以上休養していた割には、馬体もそれ程緩んでいる感じはありません。今週は馬場にも出して見るつもりです」と話しています。
10/02/04(2月3日付)
天栄ホースパークで調整中です。マシンの運動を行いながら、右前脚の良化を図ると、予定通り先週末に経過確認のレントゲン検査を行っています。担当した獣医は「まだ注意は必要ですが、順調に回復しています。これなら軽く乗る分には問題無いでしょう」と話すと、牧場長は「見た感じも悪くないですし、獣医から許可が出ましたので、今週から騎乗を再開したいと思います」と話しています。
10/01/28(1月27日付)
天栄ホースパークで調整中です。右前脚の状態を確認しながら、引き続きマシンの運動を行っており、牧場長は「与えた飼い葉は残さず食べているし、ひと息入れている割には、馬も比較的落ち着いているようです。週末には経過確認のレントゲン検査を行う予定です」と話しています。
10/01/21(1月20日付)
天栄ホースパークで調整中です。右前脚の状態を確認しながら、引き続きマシンの運動を行っており、牧場長は「状態は特に変わりませんが、脚元が固まっていない段階ですから、現時点ではこれ以上無理はできません。暫くは今の運動で経過を見ていくことになります」と話しています。
10/01/14(1月13日付)
天栄ホースパークで調整中です。引き続き馬房で安静にしながら、右前脚の状態を確認すると、先週からマシンの運動を始めており、牧場長は「獣医からも良化しているという診断でしたので、週末からマシンに入れています。見た目の歩様も大丈夫そうですし、このまま続けていきたいと思います」と話しています。
10/01/07(1月6日付)
天栄ホースパークで休養中です。右前脚球節部分に骨折を発症した為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「楽をさせていることもありますが、今のところ経過は順調です。患部の熱も治まっていますし、この状態なら少し動かした方が良いかもしれません」と話しています。
09/12/28(12月28日付)
天栄ホースパークで休養中です。右前脚球節部分に骨折を発症した為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「状態はまずまず安定していますが、まだ無理の出来る段階ではありません。ここはしっかり治療に専念したいと思います」と話しています。
09/12/24(12月23日付)
天栄ホースパークで休養中です。右前脚球節部分に骨折を発症した為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「特に状況に変わりありません。脚元の負担も考慮して、現在は飼い葉の量をセーブしています」と話しています。
09/12/17(12月16日付)
天栄ホースパークで休養中です。右前脚球節部分に骨折を発症した為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「休ませているので、見た目は悪くないんですが、現時点でこれ以上無理は出来ません。まだまだ走れる馬ですし、ここは我慢して回復を待つことにします」と話しています。
09/12/10(12月9日付)
天栄ホースパークで休養中です。右前脚球節部分に骨折を発症した為、引き続き馬房で安静にしており、牧場長は「熱感の方は治まってきましたが、今はしっかり休ませるしかありません。早期の復帰を目指す意味でも、ここは大事にやっていきたいと思います」と話しています。
09/12/03(12月2日付)
天栄ホースパークで休養中です。右前脚球節部分に骨折を発症した為、引き続き馬房で安静にしており、状態は特に変わりなく、暫くはこのまま経過を見ていくことになっています。
09/11/26(11月25日付)
20日に天栄ホースパークへ放牧となると、到着後は馬房で安静にしており、牧場長は「こちらでもレントゲンを撮って骨折部分を確認しました。厩舎から報告の通り、程度としては軽いものですが、まだ患部には熱感がありますし、1ヵ月位はこのままゆっくりさせる予定です」と話しています。
09/11/20≪最新情報≫
20日(金)に天栄ホースパークへ放牧されています。
09/11/19(11月18日付)
先週5着でした。道中は12番手でレースを進めると、勝負処で気合を付け、最後の末脚に懸けました。そして直線では、休み明けにも拘わらず、最後まで渋太く伸び脚を見せましたが、勝ち負けの争いに加わる事は出来ませんでした。レース後、右前脚に不安が見られた為、詳しい検査を行ったところ、右前脚球節部分の骨折が判明、全治3ヶ月以上の診断を受けています。調教師は「休み明けでもそれなりにやれると思っていたし、よく頑張っていると思います。レース後、右前を気にしていたのでレントゲンを撮りましたが、球節を骨折しているのが判明しました。程度としては比較的軽症で3ヶ月の診断です。放牧に出して様子を見ます」と話しています。
09/11/18≪出走予定≫
右前脚球節部分に不安を発症した為、今週の登録は見送り、詳しい検査を行う予定です。
09/11/17≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/11/16≪レース結果≫11月14日出走
東京12R 1600万下  [D1,300m・16頭]5着[5人気]
池添騎手「最後は良い感じで伸びてるんですけどね。休み明けにしては、仕上がっていましたが、まだ上積みはありそうです」
09/11/13≪出走情報≫11月14日出走
東京12R 1600万下 (D1,300m)
16頭7枠13番 57kg 池添      発走16:05
2週連続で除外となりましたが、その影響も見られず、約8ヶ月振りに復帰する事になり、調教師は「追い切りの時計はそれほどでもないけど、動きは悪くなかったし、良い仕上がりで復帰出来ると思います。久々でもそれなりに頑張ってくれると思うので、あとは展開次第だね」と話しています。
09/11/12(11月11日付)
坂路とPコースでキャンターの調整で、5日と11日に時計を出しています。調教師は「雨の影響で坂路の馬場がかなり悪かったので、今週はポリトラックで単走で追い切りをかけました」と話しており、今週土曜日の東京・D1,300mに出走を予定しています。
09/11/12≪出走情報≫11月14日出走
東京12R 1600万下 [D1,300m・16頭]57kg 池添
09/11/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11栗P良    64.4- 50.8- 38.7- 13.6 一杯単走
09/11/11≪出走予定≫
土曜日の東京・D1,300m[57 池添]
09/11/10≪出走予定≫
土曜日の東京・D1,300m
09/11/05(11月04日付)
坂路とPコースでキャンターの調整で、29日と1日に時計を出しています。調教師は「想定を見ても入るかどうかわからない状況だね。状態に関しては良い仕上がりで、いつでも使える態勢になっているんだけど、除外で追い切りばかりやってピークが過ぎてしまうのが心配。今週の追い切りは馬場が悪いので終い重点でやったけど、しっかり動いていたし、岩田を押さえているので使えれば良いところはあると思います。除外の場合は、来週東京に新設された平場のD1,300mに回ります」と話しており、今週日曜日の京都・渡月橋Sに出走を予定していましたが、除外となっています。
09/11/05≪出走情報≫
日曜日の京都10R・渡月橋Sに岩田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となり、来週の東京・D1,300mへ向かう予定になりました。
09/11/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5栗坂良    56.4- 40.7- 26.0- 12.4 強目単走
09/11/04≪出走予定≫
日曜日の京都・渡月橋S[57 岩田]
09/10/29(10月28日付)
坂路コースでキャンターの調整で、22日に時計を出しています。調教助手は「今週はおそらく除外になると思いますが、万が一5頭枠で入って大丈夫なように、追い切りは強めにやりました。動きも悪くなく、順調にここまで来ていると思います。しっかり牧場でも乗り込んできただけあって、体は出来ているので、良い状態で復帰出来ると思います」と話しており、今週日曜日の京都・西陣Sに登録しましたが、除外となっています。
09/10/29≪出走情報≫
日曜日の京都・西陣Sに船曳騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週の出走予定となりました。
09/10/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29栗坂良    54.6- 39.8- 25.8- 12.9 強目単走
09/10/28≪出走予定≫
日曜日の京都・西陣S[57 船曳]
09/10/27≪出走予定≫
日曜日の京都・西陣S
09/10/22(10月21日付)
坂路コースでキャンターの調整で、17日と20日に時計を出しています。調教師は「まだ仕上げ途上だし、今週登録して万が一入ってしまうといけないので、来週登録して除外なら再来週の京都という予定で行こうと思います。状態も悪くないので、今週と来週やれば使える態勢になると思うし、初戦から動けるように持っていきます」と話しています。
09/10/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22栗坂良    54.8- 39.9- 26.1- 13.0 馬也単走
09/10/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20栗坂良    62.1- 45.4- 30.1- 14.8 馬也単走
09/10/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17栗坂良    59.9- 43.9- 29.4- 14.8 馬也単走
09/10/15(10月14日付)
13日に栗東へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「結構しっかり乗ってきたから、体は出来ているので、来週から権利取りをして、4週目の西陣Sを使えるようにしたいと思います。そこを除外でも、次の週に渡月橋Sがあるし、どちらかで使えると思います」と話しています。
09/10/13≪最新情報≫
13日に栗東へ帰厩しています。
09/10/08(10月7日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「コンスタントに週1本15−15が乗れています。速いところを始めて間もありませんが、動きは良いですね。今の感じで乗り込めればと思います」と話しています。
09/10/01(9月30日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「先週も1本15−15を乗って、今週も同じ様に乗っています。体調も良いですし、脚元も変わりありません。このままコンスタントに進めていきます」と話しています。
09/09/24(9月23日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「このクラスの馬だと、サッと伸ばしただけで15−15くらいにはなってしまいますからね。脚元も変わりないですし、まだプレッシャーを与えてはいませんが、このままコンスタントに乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
09/09/17(9月16日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「今週は17−17を中心に乗り込んで、順調に調教を進めています。そろそろ速い調教へ移行できると思います」と話しています。
09/09/10(9月9日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク1,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「徐々にペースアップを図っている段階です。今週は18秒前後のところを中心に、1本は終いだけ17秒?16秒程度に伸ばしてみました。能力のある馬だから、すぐに動けるだろうし、速い調教を始めるタイミングを見ています」と話しています。
09/09/03(9月2日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「今週は20秒程度のところを続けています。脚元も変わりありませんし、速い調教へ備えて、しっかり乗り込みを続けていきます」と話しています。
09/08/27(8月26日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「坂路では22秒から20秒程度のところを中心に乗り込みを進めています。念のため右前脚球節部分は注意深く見ていますが、今のところ変わりなく落ち着いています」と話しています。
09/08/20(8月20日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「坂路中心に乗り込みを進めています。さすがに坂路に入れると、行きたがる面を見せますね。まだ乗り始めて間もないですし、暫くは抑え気味にいきたいと思います」と話しています。
09/08/13(8月12日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、キャンター1,800mと坂路1本の調教を付けられています。牧場長は「本馬場中心の乗り込んでいますが、先週から坂路にも入れ始めました。まだ坂路では軽いところですが、脚元も変わりありませんので、このまま進めていければと思います」と話しています。
09/08/06(8月5日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、ハッキング1,600mの調教を付けられています。牧場長は「軽め中心のメニューですが、脚元は落ち着いていて、このまま少しずつ進めてみたいと思います」と話しています。
09/07/30(7月29日付)
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,000m、ハッキング1,000mの調教を付けられています。牧場長は「脚元を見ながらの調教で、まだすぐに進めていける感じではありませんが、続けて乗れていますので、このまま固まってくれればと思います」と話しています。
09/07/23(7月22日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部でダクの調教を行うと、牧場長は「大事にやってきたので、だいぶスッキリしてきました。今後は、坂路中心に進めていった方が良いという判断で移動になります」と話すと、調教師の指示で、22日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。
09/07/22≪最新情報≫
22日に京都府・宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。
09/07/16(7月15日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動を50分と本馬場で乗り運動を30分、ダク1,200mの調教を行っています。牧場長は「引き続きダク中心のメニューで、まずは今のメニューをしっかりやっていきます」と話しています。
09/07/09(7月8日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動を50分と本馬場で乗り運動を30分、ダク800mの調教を行っています。牧場長は「調教師からの指示で、現時点は進めてもダクまでと言われています。今後も慎重に進めていくことになると思います」と話しています。
09/07/02(7月1日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動を50分と乗り運動を30分行っています。牧場長は「乗り出して間もないこともありますが、常歩中心に様子を見ています。もう暫くは今の感じで続けていくことになると思います。進めてもダクまででしょう」と話しています。
09/06/25(6月24日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動を50分と乗り運動を30分行っています。牧場長は「一時期に比べると脚元はだいぶスッキリしてきました。ただ、調教師からも『慎重に、慎重に』と言われています」と話しています。
09/06/18(6月17日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。午前と午後ウォーキングマシンの運動を90分行っています。牧場長は「だいぶ良い感じになってきたので、乗り出すことを前提に運動時間を延ばしています。乗り出すと言っても、常歩中心になると思いますが、一歩一歩進めていければと思います」と話しています。
09/06/11(6月10日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行っています。牧場長は「一時期に比べると右前の球節はだいぶ落ち着いてきました。調教師から大事にやって欲しいという指示を受けていますが、今の感じでしたら、一度見て貰って、次の段階も考えられると思います」と話しています。
09/06/04(6月3日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分のメニューです。牧場長は「脚元さえ落ち着けば乗り出せると思いますので、それまでにしっかり体力はキープしておきたいと思います」と話しています。
09/05/28(5月27日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動40分のメニューです。牧場長は「引き続き運動だけで様子を見ています。もう暫くこのまま様子を見ます」と話しています。
09/05/21(5月20日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動30分のメニューです。牧場長は「乗り出して、また右前の球節がしっくりしないですね。調教師も中途半端に乗るより、しっかり固めてしまって欲しいという指示なので、再度運動だけにして様子を見ます。もう少し時間が掛かるかもしれません」と話しています。
09/05/14(5月13日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動40分と本馬場中心にダク1,600m、キャンター1,200mの調教をつけられています。牧場長は「様子を見ながらですが、徐々に乗り出しています。脚元は落ち着いてきているので、乗り出してどうかですね」と話しています。
09/05/07(5月6日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。右前脚球節骨膜炎のため、パドック放牧を行うと、先週から調教を再開しています。牧場長は「ショックウェーブの効果で、だいぶ落ち着いてきましたので乗り出しました。様子見ながらですが、徐々に進めていければと思います」と話しています。
09/04/30(4月30日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。右前脚球節骨膜炎のため、パドック放牧を行っています。牧場長は「ショックウェーブを続けながら、患部の回復を図っています。まだ歩様も気にするので、もう少し様子を見る必要がありそうです」と話しています。
09/04/23(4月22日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で休養中です。キャンター中心に調教を進めていましたが、今週に入り右前脚の歩様が悪くなったため、舎飼に切り替えています。牧場長は「検査の結果、右前脚の球節部分に骨膜が出ているようで、少し痛みもあります。ショックウェーブ治療を併行しながら、しばらく様子を見ます」と話しています。
09/04/16(4月15日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と、本馬場でダク2,400m、キャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「順調です。馬体も戻ってきましたし、徐々に距離を延ばしながら、調教を進めています。このまま長め中心に乗っていきます」と話しています。
09/04/09(4月8日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と、本馬場でダク2,400m、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「体調は変わりありませんので、馬体を戻しながら、普通キャンターで乗っています。こちらで馬体を戻してあげれば、トレセンの調教で十分仕上がる馬ですから」と話しています。
09/04/02(4月1日付)
先週は除外となると、適鞍に間隔が空くため一旦放牧に出すことになり、28日に滋賀県・栗東ホース具楽部へ移動しています。到着後は休み無く調教をつけられており、牧場長は「いつものパターンになりますが、キャンター中心に長めを乗っていくことにします」と話しています。
09/03/30≪最新情報≫
28日に滋賀県・栗東ホース具楽部へ放牧されています。
09/03/27≪最新情報≫
次走まで間隔が空くため、一旦放牧に出す予定です。今後は、5月9日の京都・高瀬川Sを目標に帰厩させる予定です。
09/03/26(3月25日付)
先週4着でした。道中は後方に控えてレースを進めると、勝負処でも脚を溜めて、最後の末脚に懸けました。そして直線では、メンバー中最速の上がりを繰り出すと、馬群の間を割って猛然と追い上げましたが、勝ち負けの争いに加わる事は出来ませんでした。調教師は「使った後も変わりなく、念のために登録はしたけど、今のところダメージもなく、これなら連闘しても力は出せると思うので投票します。展開に注文はつくけど、終いは確実に来る馬だから何とかしてほしいね」と話しており、今週土曜日の阪神・陽春Sに出走を予定していましたが、除外となっています。
09/03/26≪出走情報≫
土曜日の阪神9R・陽春Sに武幸四郎騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
09/03/24≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/03/23≪レース結果≫3月21日出走
阪神9R なにわS   (D1,200m・16頭)4着(4人気)
藤岡佑騎手「良い感じで最後は来ていたけど、どうしても展開に注文のつく馬だからね。それでもしっかりした脚を使ってくれましたよ」
調教助手「内枠だから無理は出来ないし、もう少し前が引っ張ってくれると思ったけどね。確実に来るんだからその内何とかしたいね」
09/03/20≪出走情報≫3月21日出走
阪神9R なにわS(混) (D1,200m)
16頭1枠1番 57kg 藤岡佑     発走14:25
当初は来週の出走を予定していましたが、状態面も良好な事から、今週の復帰を決めており、調教助手は「帰厩して間もないですが、牧場でもしっかり乗り込めていたので、体は出来ています」と話し、藤岡佑介騎手は「追い切りに乗りましたが、自分からしっかり走っていたし、動きに関しては文句ないと思います。展開に注文のつく馬なので、少しでも前が引っ張って、終いの活きる競馬になってくれれば良いですね」と話しています。
09/03/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20栗坂稍    60.1- 44.8- 29.4- 14.1 馬也単走
09/03/19(3月18日付)
Bコースでキャンターの調整で、15日と18日に時計を出しています。調教助手は「休み明けでも走る馬なので、問題ないと思います」と話しており、今週土曜日の阪神・なにわSに出走を予定しています。
09/03/19≪出走情報≫3月21日出走
阪神9R なにわS   (D1,200m・16頭)57kg 藤岡佑
09/03/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18栗B良 81.8- 65.0- 49.7- 36.4- 11.6 強目単走
09/03/18≪出走予定≫
土曜日の阪神・なにわS〔57 藤岡佑〕
09/03/17≪出走予定≫
動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/03/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15栗B良       55.0- 39.8- 12.3 馬也単走
09/03/12(3月11日付)
6日に栗東へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整で、11日に併せて時計を出しています。調教師は「立ち直りも早かったので、厩舎に戻して調整しています。今週から追い切りも始めているし、状態も良さそうなので、阪神1週目の陽春Sから登録していこうと思っています」と話しています。
09/03/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11栗坂良    56.9- 41.4- 27.5- 14.0 馬也先行同入
09/03/06≪最新情報≫
6日(金)に栗東へ帰厩しています。
09/03/05(3月4日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場中心にダク2,400mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「引き続き普通キャンター中心のメニューですが、順調です。このまま続けていくことにします」と話しています。
09/02/26(2月25日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場中心にダク2,400mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「徐々に距離を延ばしていますが、もう少し馬体をフックラさせてあげたいですね。引き続き脚元などは問題無いので、このまま続けていきます」と話しています。
09/02/19(2月18日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場中心にダク2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「引き続き体調を整えながらの調整です。特に変わりないですが、もう少し楽をさせてあげてから、進めていきたいと思います」と話しています。
09/02/12(2月11日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分と本馬場中心にダク2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「以前と違って脚元の心配が無くなったのは良いですね。馬体を戻しつつ、進めていきます」と話しています。
09/02/05(2月4日付)
一旦放牧に出すことになり、29日に滋賀県・栗東ホース具楽部へ移動しています。到着後はマシンの運動で疲れを癒した後、今週から調教を再開しています。牧場長は「馬体面は問題無さそうです。いつもの通り長めのキャンター中心に調整していくつもりです」と話しています。
09/02/02≪最新情報≫
29日に滋賀県・栗東ホース具楽部へ放牧されています。
09/01/29(1月28日付)
先週4着でした。今回は最後方からレースを進めると、勝負処でも脚を溜め、最後の末脚に懸けました。そして直線では、メンバー中で唯一35秒台の末脚を繰り出したものの、前も止まらない展開で、勝ち負けの争いには加われませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す方向です。
09/01/26≪レース結果≫1月24日出走
京都11R 羅生門S  (D1,400m・16頭)4着(5人気)
岩田騎手「思っていたより流れが落ち着きすぎて、前が止まらなかったね。それでもあれだけ来ているんだからもったいないね」
藤原英師「あれだけ楽に行かれるとどうしようもないね。この馬なりには頑張ってくれたし、あとは展開次第だね」
09/01/23≪出走情報≫1月24日出走
京都11R 羅生門S(混) (D1,400m)
16頭7枠13番 56kg 岩田      発走15:45
前走後も状態面は良好な事から、検討の結果、中1週での出走を決めており、調教助手は「状態も良いし、テンションもさほど変わりないので、引き続き好調をキープ出来ていると思います。なかなかこの馬の展開にならないけど、それでも最後は確実に詰めてきているので、少しでも前が速くなってくれればと思っています」と話しています。
09/01/22(1月21日付)
坂路コースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教助手は「坂路で追い切りましたが、中1週だし馬なりでサッとやっておきました」と話しており、今週土曜日の京都・羅生門Sに出走を予定しています。
09/01/22≪出走情報≫1月24日出走
京都11R 羅生門S  (D1,400m・16頭)56kg 岩田
09/01/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21栗坂良    57.4- 41.1- 26.9- 13.3 強目単走
09/01/21≪出走予定≫
土曜日の京都・羅生門S〔56 岩田〕
09/01/20≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
09/01/15(1月14日付)
先週3着でした。無理せず後方に控え、道中は13番手でレースを進めると、勝負処でも脚を溜めるように進め、最後の末脚に懸けました。そして直線では、勝ち馬には届かなかったものの、外から伸び脚を見せて、上位入線を果たしています。レース後も順調で、軽めの運動の調整です。調教助手は「どうしても展開に左右される脚質だし、ハマらないと厳しいね。それでもあそこまで差してくるんだから、このクラスもクリアしてくれると思います。使った後も変わりないので、状態を見て来週京都の羅生門Sに登録しておきます」と話しています。
09/01/13≪レース結果≫1月11日出走
京都10R 大 和 S (D1,200m・16頭)3着(4人気)
     複 勝 14      200円
     ワイド 14-16    360円
         11-14   4,330円
     3連複 11-14-16 16,320円
     3連単 16-11-14 86,880円
調教助手「1,200mの方が少しでもペースが上がって、この馬の競馬が出来ると思ったけど、思ったよりペースが遅かったね。それでもあそこまで差してきているように本当によく頑張っていると思うよ。入れ込みもこの馬の範囲内のものだし、その内に何とかしてあげたいよね」
09/01/09≪出走情報≫1月11日出走
京都10R 大和S(混) (D1,200m)
16頭 57kg 松岡          発走15:10
前走後も状態面は良好な事から、検討の結果、今週の出走を決めており、調教師は「4週目がベストだけど、そこまで待って除外になると調整も難しいので、今週使うことにしました。追い切りはダートで終い重点でやりましたが、動きも良かったし変わりなくきています。状態も変わらず良いし、展開さえはまれば勝ち負け出来るレベルだと思うので、少しでも前が速くなってほしいね」と話しています。
09/01/08(1月7日付)
Bコースでキャンターの調整で、8日に時計を出しています。調教助手は「前走を見ると、軽い馬場で走らせてあげたいね。あの展開だから、この馬なりに良く頑張ったと思います。今なら1,200mでもこなせると思います」と話しており、今週日曜日の京都・大和Sに出走を予定しています。
09/01/08≪出走情報≫1月11日出走
京都10R 大 和 S (D1,200m・16頭)57kg 松岡
09/01/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8栗B良    72.7- 54.4- 38.9- 11.5 馬也単走
09/01/08≪最新情報≫
日曜日の京都・大和S〔57 松岡〕に出走予定です。
09/01/06≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
08/12/29(12月29日付)
先週4着でした。無理せず後方に控え、道中は13番手でレースを進めると、3コーナーから徐々に押し上げに掛かり、8番手で4コーナーを回りました。そして直線では外から懸命に追われ、メンバー中2番目の上がりを繰り出すと、勝ち負けの争いに加わる事は出来ませんでしたが、2着に差の無いところまで詰め寄っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
08/12/29≪レース結果≫12月27日出走
阪神10R サンタクロースステークス(D1,400m・16頭)4着(6人気)
調教助手「レース前にも池添騎手に終いを生かす競馬をするように指示しましたが、負けはしたけどこの馬の競馬は出来たんじゃないかな。前が有利の馬場だったし、見せ場は作ってくれたと思います」
08/12/26≪出走情報≫12月27日出走
阪神10R サンタクロースS(混) (D1,400m)
16頭5枠9番 57kg 池添      発走15:05
中間は放牧に出て調整されると、先々週は除外となった為、ここへ回っており、調教師は「状態に関しては文句ない仕上がりで使えると思います。あとはこの馬の展開になってくれれば十分勝ち負け出来ると思うので、なんとか上手く乗ってほしいね」と話しています。
08/12/25(12月24日付)
Bコースでキャンターの調整で、18日と24日に時計を出しています。調教師は「岩田騎手が乗れなくなったのは誤算だけど、一度乗っている池添騎手ならこの馬のこともわかっているので、問題ないでしょう」と話しており、今週土曜日の阪神・サンタクロースSに出走を予定しています。
08/12/25≪出走情報≫12月27日出走
阪神10R サンタクロースステークス(D1,400m・16頭)57kg 池添
08/12/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24栗B稍    76.2- 58.0- 41.0- 11.9 馬也単走
08/12/24≪出走予定≫
土曜日の阪神・サンタクロースS〔57 池添〕
08/12/23≪出走予定≫
土曜日の阪神・サンタクロースS
08/12/18(12月17日付)
坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「先週の除外は予定通りなので、来週阪神のサンタクロースSを岩田騎手で使います。それまで追い切りもこなせるし、良い状態で使えると思うよ」と話しています。
08/12/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18栗B良 78.6- 63.9- 49.8- 37.0- 11.3 強目秒単走
08/12/11(12月10日付)
Bコースでキャンターの調整で、11日に時計を出しています。調教助手は「権利持ちが多いのでおそらく除外だと思いますが、仮に入っても、今週の追い切りで良い動きをしていたし、力は出せると思います。一生懸命走る馬だから休み明けでも問題ないので楽しみだね。除外なら予定通り阪神4週目のサンタクロースSに回ります」と話しており、今週日曜日の阪神・御影Sに出走を予定していましたが、除外となっています。
08/12/11≪出走情報≫
シルクアルボーレは、日曜日の阪神12R・御影Sに岩田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/12/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11栗B良 86.8 -69.0 -52.7 -38.5 -11.5 馬也単走
08/12/10≪出走予定≫
日曜日の阪神・御影S〔57 岩田〕
08/12/09≪出走予定≫
日曜日の阪神・御影S
08/12/04(12月3日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で変わりなく調整を進めると、確認した調教師の指示で、3日に栗東へ帰厩しています。調教師は「来週から登録して除外の権利を取っていかないとね。阪神4週目に使えるように持っていきます」と話しています。
08/12/04≪最新情報≫
3日に栗東へ帰厩しています。
08/11/27(11月26日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,400mとキャンター4,000mの調教をつけられています。牧場長は「厩舎に戻してからは仕上がりの早いタイプですので、こちらでは普通キャンター中心に長めの調教を行うパターンで調整しています。馬体も戻って良い状態で乗り込んでいますし、気合い乗りも徐々に良くなってきましたね。とても良い調整過程だと思います」と話しています。
08/11/20(11月19日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,400mとキャンター4,000mの調教をつけられています。牧場長は「変わりなく順調です。いつも通り普通キャンター中心のメニューですが、良い調教ができていると思います」と話しています。
08/11/13(11月12日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,400mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「ペース的には普通キャンター中心ですが、いつもこの馬はこれくらいで調整していますので、順調だと思います。馬体も徐々に戻ってきましたし、今の感じで進めていきたいと思います」と話しています。
08/11/06(11月5日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「以前と違って脚元の心配が無いのが良いですね。このまま徐々に距離を延ばして乗っていきます」と話しています。
08/10/30(10月29日付)
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、本馬場でダク2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「今回は馬体が減っているようなので、少し楽をさせてから乗り出しました。いつもの通り長め中心で乗り込んでいくつもりです」と話しています。
08/10/24≪最新情報≫
23日(木)に滋賀県・栗東ホース具楽部へ放牧されています。
08/10/23(10月22日付)
先週3着でした。好スタートから6番手に控えてレースを進めると、勝負処で徐々に押し上げ、4番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われると、勝ち馬には及びませんでしたが、最後まで渋太く食い下がり、上位に粘り込んでいます。調教師は「勝ちに行った分、終いは伸び切れなかったけど、最後まで左手前でずっと走っていたところを見ると、苦しい面もあったのかもしれないね。一生懸命走る馬なので、疲れもどっと出るから、ここで一息入れて、12月の阪神のダート1,400mを使うように戻す予定です。岩田騎手にも依頼しているので、それまでしっかりケアしてもらいます」と話しており、近日中に滋賀県・栗東ホース具楽部へ移動する予定です。
08/10/20≪レース結果≫10月18日出走
東京10R 秋 嶺 S(D1,600m・16頭)3着(3人気)
     複 勝 15      210円
     ワイド 13-15    530円
         12-15   1,950円
     3連複 12-13-15  9,130円
     3連単 13-12-15 49,970円
内田騎手「勝った馬をマークして早めに動いたからね。もう少し構えて乗れば、2着はあったでしょうが、勝ちに行きましたからね。勝った馬は抜けていましたが、2着馬とは差は無いですから、あとは脚の使い処一つだと思います」
08/10/17≪出走情報≫10月18日出走
東京10R 秋嶺S(混) (D1,600m)
16頭8枠15番 57kg 内田      発走15:05
先週は除外となると、次開催の京都に向かう事も検討されましたが、追い切りの動きなども考慮して今週出走する事になり、調教師は「追い切りを見ると出来はかなり良いし、距離も1,600mなら守備範囲だと思います。前走でこのクラスでもやれることがわかったし、あとはこの馬に合う展開になってくれれば良いね」と話しています。
08/10/16(10月15日付)
Bコースでキャンターの調整で、15日に併せて時計を出しています。調教師は
「先週除外で権利も取れたし、次開催の京都に回る事も考えましたが、今週の
追い切りも良かったので使う事にしました」と話しており、今週土曜日の東京、
秋嶺Sに出走を予定しています。
08/10/16≪出走情報≫10月18日出走
東京10R 秋 嶺 S(D1,600m・16頭)57kg 内田
08/10/16≪最新情報≫
土曜日の東京・秋嶺S〔57 内田〕に出走予定です。
08/10/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15栗B重 79.7- 64.3- 50.8- 37.1- 11.7 一杯内追0.4秒先着
08/10/15≪出走予定≫
土曜日の東京・秋嶺S〔57 騎手未定〕
08/10/14≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
08/10/09(10月9日付)
CWコースでキャンターの調整で、9日に時計を出しています。調教師は「ハンデ戦だし権利持ちの馬もいて、今回は除外の可能性が高いので、追い切りも無理させていません」と話しており、今週日曜日の京都、太秦Sに出走を予定していましたが、除外となっています。
08/10/09≪出走情報≫
シルクアルボーレは、日曜日の京都10R、太秦Sに岩田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/10/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9CW良 82.8- 68.0- 53.8- 39.3- 13.2 馬也内追0.1秒遅れ
08/10/08≪出走予定≫
日曜日の京都・太秦S〔56 岩田〕
08/10/07≪出走予定≫
日曜日の京都・太秦S
08/10/01
先週3着でした。今回も控える競馬で、道中は12番手でレースを進めると、3コーナーから徐々に動き始め、9番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われると、勝ち負けの争いには加われなかったものの、外から伸び脚を見せて、上位に食い込んでいます。調教助手は「良い仕上がりだったのでそれなりにやれると思っていたけど、乗り役も上手く乗ってくれたね。このクラスでもやれることがわかったし、激走の疲れを取って次走に備えようと思います。前残りの展開でも確実に差してくれたし、このまま順調ならこのクラスの卒業も時間の問題だね」と話しています。
08/09/29≪レース結果≫9月28日出走
阪神11R 摩 耶 S (D1,400m・16頭)3着(8人気)
     複 勝 12      430円
     ワイド 02-12   1,200円
         12-15   1,980円
     3連複 02-12-15  5,560円
     3連単 02-15-12 20,720円
藤原英師「やはり能力が高いね。久々でも確実に伸びてくるのはさすがだよ」
岩田騎手「前半我慢してじっくり乗りましたが、終いはシッカリ伸びていました」
08/09/26≪出走情報≫9月28日出走
阪神11R 摩耶S(混) (D1,400m)
16頭 57kg 岩田          発走16:10
約3ヶ月半振りとなりますが、帰厩後はここを目標に態勢を整えており、調教師は「追い切りは岩田騎手に乗ってもらって、馬なりで上がってきました。時計は大した事はないけど、動きは悪くなかったので、休み明けでもまずまず仕上がったと思います」と話しています。
08/09/25≪出走情報≫9月28日出走
阪神11R 摩 耶 S (D1,400m・16頭)57kg 岩田
08/09/24
Bコースと坂路コースでキャンターの調整で、19日と24日に時計を出しています。調教師は「頭数が多いだけに除外の心配があるけど、ここは何とか抽選にクリアして使いたいね」と話しており、今週日曜日の阪神、摩耶Sに出走を予定しています。
08/09/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24栗坂良    54.7- 40.0- 26.6- 13.8 馬也単走
08/09/24≪出走予定≫
日曜日の阪神・摩耶S〔57 岩田〕
08/09/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19栗B良 83.3- 67.1- 52.2- 38.5- 11.6 馬也単走
08/09/17
坂路コースでキャンターの調整で、14日に時計を出しています。調教助手は「来週阪神の摩耶Sに登録して、除外になったらそれ以降のレースに登録します。権利取りで芝などに登録して入ってしまって、反動が出るような事になったら、ここまでじっくり待った意味がなくなってしまうからね。今のところここまで良い感じで来ているので、来週入っても初戦から動けると思います」と話しています。
08/09/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14栗坂良    57.6- 40.4- 26.4- 13.3 馬也単走
08/09/10
坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「今のところ坂路でしっかり乗り込めているし、ここまで順調に来ているよ。3週目の予定なので徐々に仕上げにも入っていますが、良い感じでここまで来ています。あとは頭数も多いと思うので、権利をどこかで取っておいた方が良さそうだし、様子を見て登録する事になると思います」と話しています。
08/09/03
30日に栗東へ帰厩すると、坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「先週帰厩し、阪神3週目の摩耶Sに向けて進めています。まだ時間もあるし、体を作ってから仕上げに入っていこうと思うので、普段の運動からしっかりやっていきます」と話しています。
08/09/02≪最新情報≫
30日に栗東へ帰厩しています。
08/08/27
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。海岸沿いの砂浜と本馬場を併用して、ダクで2,000m、キャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「帰厩の予定も聞こえてきたので、本馬場にも入れています。こちらで速いところを乗るかはわかりませんが、このまま態勢を整えていきたいと思います」と話しています。
08/08/20
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。海岸沿いの砂浜で常歩4,000mとダクで2,000m、キャンター1,600mの調教をつけられています。確認した調教師は「引き続き砂浜中心ですので、ペースはゆっくりですが、運動量は相当あります。男馬にしてはやり始めれば早いタイプのようなので、もう暫くこのまま乗り込んでいきます」と話しています。
08/08/13
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。海岸沿いの砂浜で常歩4,000mとダクで2,000m、キャンター1,600mの調教をつけられています。確認した調教師は「秋競馬の番組を見て、阪神3週目の摩耶ステークスが適鞍だと思うので、今のところそれに合わせて帰厩させようと思っています」と話しています。
08/08/06
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。海岸沿いの砂浜で常歩4,000mとダクで2,000m、キャンター1,000mの調教をつけられています。牧場長は「馬体も良くなってきましたし、脚元も今のところ不安はありません。もう少し涼しくなってから、ペースアップを考えたいと思います」と話しています。
08/07/30
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。海岸沿いの砂浜で常歩4,000mとダクで2,000m、キャンター1,000mの調教をつけられています。牧場長は「ペースはまだ軽めですが、運動量は非常に多いと思います。馬体もしっかりしてきた印象ですので、この夏休みを良い方向へ向かせたいと思います」と話しています。
08/07/23
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。海岸沿いの砂浜で常歩4,000mとダクで2,000mの調教をつけられています。牧場長は「特にどこが悪いという訳ではありませんので、徐々に進めていきます。馬体も徐々に戻っていますし、状態は悪くありません」と話しています。
08/07/16
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。海岸沿いの砂浜で常歩4,000mを行った後、午後からはパドック放牧を行っています。牧場長は「馬体を戻す意味でも乗り運動中心のメニューですが、砂浜なので運動量はソコソコありますよ。暫くはツメを伸ばす意味でも、このような感じで乗り込んでいきます」と話しています。
08/07/09
宮崎県・宮崎ステーブルで調整中です。到着後はパドック放牧で輸送の疲れを癒した後、今週から乗り出しています。牧場長は「脚元も大丈夫ですし、徐々に乗り出しています。暫くは海岸で長めを乗りながら、馬体を戻してあげたいと思います。男馬にしては仕上げ易そうなタイプなので、長め中心に乗り込むが良いでしょう」と話しています。
08/07/03≪最新情報≫
2日に宮崎県・宮崎ステーブルへ放牧されています。
08/07/02
調教師は「なかなか適鞍がないので、北海道に連れて行くことも考えましたが、暑い時期に使うよりは秋に備えた方が良いと思うので、宮崎に放牧に出して、今の内にツメを上手く削蹄してもらおうと思います」と話し、2日に宮崎県の宮崎ステーブルへ移動しています。
08/06/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26栗坂良    54.9- 40.0- 26.0- 13.1 一杯先行0.8秒遅れ
08/06/25
坂路コースでキャンターの調整で、26日に時計を出しています。調教助手は「まだ番組は検討中ですが、いつでも使えるようにはしています。1,700mでもこなせるけど、やはりもう少し短い方がこの馬の脚を活かせると思います。権利を取っておかないとなかなか使えないのが難しいですね」と話しています。
08/06/18
先週7着でした。無理せず後方に控え、道中は14番手でレースを進めると、勝負処でも脚を溜め、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線では、最内から懸命に追われると、上位には食い込めなかったものの、休み明けながらメンバー中最速の上がりを繰り出して、順位を上げています。調教師は「1,700mで折り合いに専念したのであの競馬になったけど、行ってしまうと終いの脚が使えないので、内容に関しては良くやったと思います。距離もこなしてくれたし、次は上積みも見込めると思うので、期待したいですね。ただ、なかなか使えない現状なので、権利を取っていかないといけないね。このまま厩舎で様子を見ながら登録していきます」と話しています。
08/06/16≪レース結果≫6月14日出走
中京11R 白川郷S (D1,700m・16頭)7着(11人気)
上村騎手「初めての距離だったのでじっくり行って終いに懸けました。前残りの展開だったので仕方ないと思いますが、距離は大丈夫でしたよ」
08/06/13≪出走情報≫6月14日出走
中京11R 白川郷S(混) (D1,700m)
16頭1枠2番 57kg 上村      発走15:45
先週は除外となると、当初は阪神に向かう予定でしたが、検討の結果、今週出走する事になり、調教師は「体も仕上がっているし、状態に関しては文句ありません。あとは上手く溜めて行けば、距離も保つと思うので、何とか結果を出してほしいですね。落ち着きがあるので、輸送も問題ないと思うよ」と話しています。
08/06/12≪出走情報≫6月14日出走
中京11R 白川郷S (D1,700m・16頭)57kg 上村
08/06/11
Bコースでキャンターの調整で、11日に時計を出しています。調教師は「来週からメンバーも揃うし、使える時に使っていこうと思います」と話しており、今週土曜日の中京、白川郷ステークスに出走を予定しています。
08/06/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11栗B稍 82.0- 65.6- 51.3- 38.1- 12.0 馬也単走
08/06/11≪出走予定≫
土曜日の中京・白川郷S〔57 上村〕
08/06/10≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
08/06/05≪出走情報≫
シルクアルボーレは、土曜日の東京・鎌倉Sに藤田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/06/04
CWとBコースでキャンターの調整で、1日に併せて時計を出すと、4日にも追い切られています。調教師は「今週の追い切りの動きが、結構良い動きをしていた様に状態もグンとアップしているよ。頭数的に入るかどうかわからないけど、藤田騎手を押さえたし期待出来ると思うよ。除外なら阪神の安芸ステークスになると思います。今回は入ってほしいね」と話して、今週土曜日の東京、鎌倉ステークスに出走を予定していましたが、除外となっています。
08/06/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4栗B重 84.4- 67.3- 51.6- 37.8- 11.6 馬也単走
08/06/04≪出走予定≫
土曜日の東京・鎌倉S〔56 藤田〕
08/06/03≪出走予定≫
土曜日の東京・鎌倉S
08/06/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1CW稍       54.1- 38.6- 12.5 馬也内先行同入
08/05/28
坂路コースでキャンターの調整で、22日と28日に併せて時計を出しています。調教助手は「来週東京の鎌倉Sを使う予定だけど、権利1つでは確実ではないので、除外の場合は阪神になると思います。追い切りはダービーを使う馬と併せましたが、馬なりで軽くやった程度だし、徐々に仕上がってきているので、使う頃には良くなっていると思うよ」と話しています。
08/05/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28栗坂良    53.3- 38.7- 25.4- 13.0 馬也先行0.2秒遅れ
08/05/22≪出走情報≫
シルクアルボーレは、日曜日の東京10R・麦秋Sに柴田未騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/05/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22栗坂良    54.4- 39.5- 26.4- 13.7 一杯先行1.0秒遅れ
08/05/21
坂路コースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。調教師は「権利を取っておかないとなかなか使えないので、今週から登録していきます」と話しており、今週日曜日の東京、麦秋ステークスに登録して、除外となっています。
08/05/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21栗坂稍    61.6- 45.1- 30.1- 15.2 馬也単走
08/05/21≪出走予定≫
日曜日の東京・麦秋S〔57 騎手未定〕
08/05/20≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
08/05/14
滋賀県の栗東ホース具楽部でキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、14日に栗東へ帰厩しています。調教師は「検疫が取れたので帰厩させました。今のところ阪神で使う予定でいるので、それに合わせて仕上げていきます。ただ、除外の心配があるので、上手く使えれば良いですね」と話しています。
08/05/14≪最新情報≫
14日に栗東へ帰厩しています。
08/05/07
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、常歩とダクで2,400mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「普通キャンター中心にかなりの乗り込み量だと思います。まだ具体的な予定は決まっていませんが、調教師も定期的に見に来ていますし、馬は良くなったねと言っています」と話しています。
08/04/30
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、常歩とダクで2,400mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「体調も上がってきましたし、積極的に乗っています。距離もだいぶ延ばしてきましたが、今のところ問題無いですね。そろそろ帰厩を意識して進めていきます」と話しています。
08/04/23
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動60分行った後、常歩とダクで2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「18秒前後のところを中心に、引き続き順調に乗り込んでいます。状態は良い意味で平行線ですが、ここへきて毛艶も良くなってきたようです」と話しています。
08/04/16
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、ウォーキングとダクで2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「先週は18秒程度のところも入れながら、徐々に進めています。まずは、いつでも速い調教ができる段階までもっていきたいと思います」と話しています。
08/04/09
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、ウォーキングとダクで2,400mとキャンター4,000mの調教をつけられています。牧場長は「順調です。特に変わりなく良い意味で平行線ですね。だいぶ距離も乗れていますので、このまま乗り込めれば、もう少しペースを上げていきたいと思います」と話しています。
08/04/02
滋賀県・栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、ウォーキングとダクで2,400mとキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「積極的に乗り込んでいます。ペース的には普通キャンターが中心ですが、この馬はいつもこのパターンですからね。このまま進めていきます」と話しています。
08/03/26
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、常足とダクで2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「随分暖かくなってきたこともありますが、毛艶が良くなってきましたね。体調も良くなっていると思います」と話しています。
08/03/19
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、常足とダクで2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「普通キャンター中心ですが、長めに乗り込んで中身のある調教だと思います。今後の予定は決まっていませんが、今回はとても良い休養になっていると思います」と話しています。
08/03/12
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、常足とダクで2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「順調ですね。だいぶ暖かくなってきましたし、徐々に進めていきます。いつもの通り長めを重点に乗りながら、状態を上向かせていくことになると思います」と話しています。
08/03/05
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、常足とダクで2,400mとキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「馬体もフックラしてきたし、良くなりました。今回は脚元の心配が無いので、とても楽ですね。このまま乗り込んでいきます」と話しています。
08/02/27
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、常足とダクで2,400mとキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「変わりなく順調ですね。今のところ脚元も落ち着いていますし、このまま進めていけると思います」と話しています。
08/02/20
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、常足とダクで2,400mとハッキング2,000mの調教をつけられています。牧場長は「徐々にですが進めています。特に不安は点はありませんので、このままコンスタントに乗っていけると思います。しっかり距離を乗っていきたいと思います」と話しています。
08/02/13
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、常足とダクで2,400mのつけられています。牧場長は「脚元の心配が無い状態でこちらに戻ってきたのはいつ以来ですかね。今回のようにしっかり時間を取って再調整できるようになると、馬は良くなりますよ」と話しています。
08/02/06
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動30分と乗り運動の調教をつけられており、牧場長は「今週から乗り出しました。今回はしっかり馬体を戻してから進めていくつもりですので、今週は運動中心のメニューになります」と話しています。
08/01/30
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。到着後はマシンの運動で連戦の疲れを癒しており、牧場長は「少し疲れが残っているようなので、大事を取って楽をさせています。ここへきて使っても脚元に不安が出なくなったのは良いですね。今後は馬の状態次第でメニューを考えていきますが、いつものように長目を中心に乗り込んでいくことになると思います」と話しています。
08/01/25≪最新情報≫
23日(水)に滋賀県・栗東ホース具楽部へ放牧されています。
08/01/23
先週優勝しました。道中は無理せず後方2番手でレースを進めると、3コーナーすぎも折り合い良く脚を溜め、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線で外から懸命に追われると、1頭だけケタ違いの末脚で豪快に追い込み、鮮やかな勝利を飾っています。調教師は「不利があったけど、上手く乗り役が交わしてくれて、すぐ立て直せたのが良かったね。溜めて終いにかければあれぐらいやれる馬だと信じていたので、結果を出せて良かったと思います。心配していた脚元も今のところ変わりないけど、時期的な影響で体に反動が見られるので、22日に針をして23日に放牧に出しました。準オープンも除外でなかなか使えないことだし、しっかり体をケアして立て直したいと考えています」と話し、23日に滋賀県の栗東ホース具楽部へ移動しています。
08/01/23≪最新情報≫
23日に滋賀県の栗東ホース具楽部に放牧されています。
08/01/22≪最新情報≫
レース後反動が見られる為、一旦放牧に出す方向で検討しています。
08/01/21≪レース結果≫1月19日出走
京都12R 1000万下(D1,400m・16頭)優勝(2人気)
     単 勝 08      490円
     複 勝 08      180円
     枠 連 4-6   1,580円
     馬 連 08-12   3,590円
     馬 単 08-12   6,250円
     ワイド 08-12   1,130円
         08-14    330円
     3連複 08-12-14  2,950円
     3連単 08-12-14 21,190円
08/01/18≪出走情報≫1月19日出走
京都12R 1000万下(混) (D1,400m)
16頭4枠8番 57kg 岩田      発走16:20
年末と先週は除外となりましたが、中間も変わりなく乗り込みを進めており、調教師は「正直なところ、体はもう少し絞れてほしいけど、今週の追い切りは久々に良い動きをしてくれたと思います。これで走らなければ、この時期が合わないのかもしれないね。結果次第では一旦立て直す事も考えていますが、このクラスでは力が一枚上なので、何とか結果を出してほしいね」と話しています。
08/01/17≪出走情報≫1月19日出走
京都12R 1000万下(D1,400m・16頭)57kg 岩田
08/01/16
Bコースでキャンターの調整で、16日に時計を出しています。調教師は「先週の追い切りは、良い時と比べるとまだ本来の動きではない感じでしたが、今週は良かったです。もう少し暖かくなって体が絞れてくれば動けると思うので、450kg台ぐらいで競馬が出来れば良いね」と話しており、今週土曜日の京都、ダート1,400mに出走を予定しています。
08/01/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16栗B重    66.0- 50.4- 36.5- 11.0 強目単走
08/01/16≪出走予定≫
土曜日の京都・D1,400m[騎手未定]か、日曜日の中山・初春賞[57 騎手未定]
08/01/15≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
08/01/10≪出走情報≫
シルクアルボーレは、土曜日の京都12R・D1,200mに福永騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
08/01/09
CWと坂路コースでキャンターの調整で、4日と9日に併せて時計を出しています。調教師は「権利も取れていることだし、1,200mの方が安定感もあるので、今週に回る事にしました。権利を持っていても除外の可能性はありますが、福永騎手で登録する予定です」と話し、調教助手は「今週も頭数が多く除外の心配があるので、体調維持が課題ですね」と話しており、今週土曜日の京都、ダート1,200mに出走を予定しています。
08/01/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9栗坂良    53.8- 39.2- 26.0- 13.5 一杯先行0.2秒遅れ
08/01/09≪出走予定≫
土曜日の京都・D1,200m[57 福永]
08/01/08≪出走予定≫
土曜日の京都・D1,200m
08/01/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4CW良 81.8- 65.4- 51.9- 39.2- 13.4 一杯内先行0.2秒遅
07/12/25≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で年明け1週目に登録する可能性があります。
07/12/24
Bコースでキャンターの調整です。調教師は「先週の追い切りは動きも悪くなかったけど、良い頃と比べるとまだ本来の出来ではない感じだったので、除外で丁度良かったと思います」と話しており、動きや状態次第で年明け1週目の出走を検討しています。
07/12/20≪出走情報≫
シルクアルボーレは、土曜日の阪神12R・D1,200mにC・ルメール騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、年明け以降の出走予定となっています。
07/12/20≪出走予定≫
土曜日の阪神・D1,200m[57 ルメール]に出馬投票する予定です。
07/12/19
Bコースでキャンターの調整で、19日に併せて時計を出しています。調教師は「頭数も多いことだし、権利取りの意味もあって今週から登録していきます」と話しており、今週土曜日の阪神、ダート1,200mに出馬投票すると、目論み通り除外となっています。
07/12/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19栗B良 84.9- 67.9- 52.9- 39.3- 12.3 馬也内先行同入
07/12/12
先週7着でした。道中は9番手でレースを進めると、そのまま脚を溜める格好で4コーナーを回りました。そして直線で外から懸命に追われると、最後まで渋太く差を詰めていますが、上位を窺う事は出来ませんでした。レース後も順調で、軽めの運動の調整です。調教師は「2走目のポカという部分があったのかもしれないけど、もうひとつ敗因がわからないね。テンションも前走より高かったし、現状では1,200mぐらいの方が息も違ってくるのかな。骨膜を気にしていたのかと心配したけど、レース後も状態面は変わりないので、状態を見ながら年明けに使う方向で調整していきます」と話しています。
07/12/10≪レース結果≫12月8日出走
阪神12R 1000万下(D1,400m・16頭)7着(5人気)
07/12/07≪出走情報≫12月8日出走
阪神12R 1000万下(混) (D1,400m)
16頭5枠10番 57kg 福永      発走16:20
権利取りの意味もあって登録した先週は除外となると、今週の出走を決めており、調教助手は「テンションの高い馬なので、当日までいかに落ち着かせることが出来るかですが、休み明けの前走でも上手く落ち着いていたので、今回もそう願っています」と話し、福永騎手は「現状では1,200mより1,400mの方が合っていると思います。追い切りでも落ち着いて走っていたし、テンションも上がっていないので、今回は良い結果が出せるようにしたいと思います」と話しています。
07/12/06≪出走情報≫12月8日出走
阪神12R 1000万下(D1,400m・16頭)57kg 福永
07/12/05
Bコースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教助手は「中1週だから追い切りは流す程度でやったけど、使った上積みも見込めるので、今回は期待出来そうだね」と話しており、今週土曜日の阪神、ダート1,400mに出走を予定しています。
07/12/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5栗B良 84.4- 68.0- 52.9- 39.0- 12.3 馬也単走
07/12/05≪出走予定≫
土曜日の阪神・D1,400m[57 福永]
07/12/04≪出走予定≫
土曜日の阪神・D1,400m
07/11/29≪出走情報≫
シルクアルボーレは、土曜日の阪神12R・D1,400mに福永騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
07/11/29≪出走予定≫
土曜日の阪神・D1,400m[57 福永]
07/11/28
先週3着でした。道中は後方3番手でレースを進めると、勝負処でも後方で脚を溜め、最後の末脚に懸けました。そして直線では、メンバー中最速の上がりを繰り出して差を詰めると、勝ち負けの争いには加われなかったものの、休み明けながら力のあるところを見せて、上位入線を果たしています。調教師は「入れ込みもそれほど酷くはなかったし、調教から福永騎手を乗せていた甲斐があったね。このクラスは、権利を取っていかないと思い通りに使えないので、今週から登録していきます」と話しており、今週土曜日の阪神、ダート1,400mに登録する予定となっています。
07/11/26≪レース結果≫11月23日出走
京都10R 円山特別 (D1,200m・16頭)3着(4人気)
     複 勝   08       440円
     ワイド   02-08     910円
           06-08    13,140円
     3連複   02-06-08  61,310円
     3連単   02-06-08  285,110円
07/11/22≪出走情報≫11月23日出走
京都10R 円山特別(混) (D1,200m)
16頭4枠8番 57kg 福永      発走15:05
2週連続で除外となると、ここに目標を切り替え、約8ヶ月振りに復帰する事になり、福永騎手は「もう体も仕上がっているし、追い切りは単走で無理はさせていません。ここまでずっと追い切りに乗ってきましたが、やるごとに動きもしっかりしてきたし、力を出せる状態だと思うので、あとは競馬までいかに落ち着いていられるかですね。前日にゲートを通す予定ですが、3日間ずっと乗る事になるので、それでテンションが高くならなければ良いのですが」と話しています。
07/11/21
Bコースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。先週は目論見通り除外となると、今週に目標を切り替えて調整されており、今週金曜日の京都、円山特別に出走します。詳しくは出走情報でご確認ください。
07/11/21≪出走情報≫11月23日出走
京都10R 円山特別 (D1,200m・16頭)57kg 福永
07/11/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21栗B良 85.7- 68.6- 52.8- 39.1- 12.4 馬也単走
07/11/21≪出走予定≫
金曜日の京都・円山特別[57 福永]
07/11/20≪出走予定≫
金曜日の京都・円山特別
07/11/15≪出走情報≫
土曜日の福島11R・秋保特別に上村騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週の出走予定となっています。
07/11/14
坂路コースでキャンターの調整で、14日に時計を出しています。調教師は「追い切りごとに良くなっていますが、さすがに休み明けになりますし、使ってからの勝負になると思います。この条件は頭数が多いですから、除外狙いの意味もあって今週登録します。除外がもらえれば、来週は福永騎手を押さえてあります」と話しています。また調教に騎乗した福永騎手は「前に乗った時の追い切りと比べても動きが素軽くなって良くなっていましたよ。今週は何とか入らないで欲しいね(笑)」と話しており、土曜日の福島・秋保特別に出馬投票すると、目論み通り除外となっています。
07/11/14≪出走予定≫
土曜日の福島・秋保特別[57 上村]
07/11/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14栗坂良    53.9- 39.0- 25.7- 13.2 一杯単走
07/11/13≪出走予定≫
土曜日の福島・秋保特別
07/11/08≪出走情報≫
土曜日の京都8R・D1,200mに千田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
07/11/07
CWと坂路コースでキャンターの調整で、3日と7日に時計を出しています。調教助手は「今週は頭数も多そうなので、除外も考慮に入れて進めています」と話しており、今週土曜日の京都、ダート1,200mに出走を予定しています。
07/11/07≪出走予定≫
土曜日の京都・D1,200m[騎手未定]
07/11/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7栗坂稍    54.4- 39.4- 25.7- 12.9 強目単走
07/11/06≪出走予定≫
土曜日の京都・D1,200m
07/11/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3CW良 83.1- 66.8- 51.8- 38.4- 12.5 一杯単走
07/11/01≪出走情報≫
検討の結果、今週の登録は見送り、来週の京都・D1,200mへ向かう予定となりました。
07/10/31
CWと坂路コースでキャンターの調整で、28日と31日に時計を出しています。調教師は「このクラスは頭数もかなり多いので、想定を見て今週から登録するかどうか決めます」と話しており、動きや状態次第で今週の出走を検討しています。
07/10/31≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31栗坂稍    54.1- 40.0- 26.9- 14.1 一杯単走
07/10/31≪出走予定≫
土曜日の京都・D1,400m[騎手未定]
07/10/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28CW稍 89.0- 72.4- 57.0- 41.8- 13.0 馬也単走
07/10/24
坂路コースでキャンターの調整で、24日に時計を出しています。調教師は「牧場ではまだ速いところをやっていなかったので、徐々にペースを上げている段階です。無理に仕上げるよりは、じっくり進める方が負担も掛からないし、状態を見ながら進めていきます。今の感じなら京都2週目あたりで復帰出来ると思うので、しっかり乗り込んでいきます」と話しています。
07/10/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24栗坂良    54.1- 39.8- 26.7- 13.9 馬也単走
07/10/17
滋賀県の栗東ホース具楽部でキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、12日に栗東へ帰厩しています。到着後はCWコースでキャンターの調整で、調教助手は「まだ帰厩して間もないので、今は馬場でしっかり乗り込んでいます。力を持っている馬だし、無理せずやっていけば長く使えると思うので、しっかり鍛えていきます」と話しています。
07/10/10
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター4,000mの調教をつけられています。牧場長は「順調に乗れています。幾分乗り込み不足な面はありますが、このまま乗り込んでいければ、良くなってくると思います」と話しています。
07/10/03
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター4,000mの調教をつけられています。牧場長は「だいぶ気合いが乗ってきましたんね。いつものようにこちらでは距離を乗って、厩舎で仕上げていくパターンです。近い内に戻るかもしれません」と話しています。
07/09/26
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「順調ですね。脚元は気にせず乗り込んでいます。ペース的には20秒程度ですが、時間を掛けた良い調教が出来ています」と話しています。
07/09/19
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「脚元もすっかり落ち着いて、順調に進めています。いつものパターンですが、こちらでは距離を乗り込んで、厩舎で仕上げていくことになると思います」と話しています。
07/09/12
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター2,400mの調教をつけられています。確認した調教師は「まだ乗り込みが足りませんが、このまま乗り込んでいけば、10月中には目処が立つかもしれません」と話しています。
07/09/05
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター1,200mの調教をつけられています。牧場長は「休んでいたので、時間を掛けて慎重にやっていますが、今のところ脚元など問題はありません。このまま進めていけると思います」と話しています。
07/08/29
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター600mの調教をつけられています。牧場長は「予定通り軽めですがキャンターを乗り始めました。脚元も落ち着いていますし、このまま進めていきたいと思います」と話しています。
07/08/22
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンで60分の運動を行った後、本馬場でダク1,200mの調教をつけられています。牧場長は「脚元は問題ありません。週末には軽いキャンターまで乗り出せると思います」と話しています。
07/08/15
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行った後、本馬場で乗り運動を行うと、先週末よりダクを開始しています。牧場長は「休んでいたので、慌てて進めない方が良いでしょう。キャンターは週末あたりから始めようと思います」と話しています。
07/08/08
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。ウォーキングマシンの運動を60分行った後、本馬場で乗り運動を行っています。牧場長は「脚元は痛みも無いし、かなり落ち着いた感じです。これで問題無いようならば、このまま進めていこうと思います」と話しています。
07/08/01
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。引き続きマシンで60分程度の運動を行うと、今週より乗り運動を開始しています。牧場長は「脚元は落ち着いてきましたし、乗り出してからも変わりありません。このまま進めてみたいと思います」と話しています。
07/07/25
滋賀県の栗東ホース具楽部で療養中です。引き続きマシンで60分程度の運動を行っており、牧場長は「削蹄を少し変えたので、注意して見ていますが、歩様が楽になった感じがして、この馬には良かったと思います。脚元は落ち着いているので、そろそろ乗り出そうと思っています」と話しています。
07/07/18
滋賀県の栗東ホース具楽部で療養中です。引き続きマシンで60分程度の運動を続けると、今週は予定通り削蹄を行っており、確認した調教師は「装蹄師とも相談して、ほんの僅かですがツメの形を整えました。これで脚元の負担が楽になってくることを期待します。今のところ痛みの落ち着いているようだけど、もう少し様子を見たいですね」と話しています。
07/07/11
滋賀県の栗東ホース具楽部で療養中です。マシンで60分程度の運動を続けており、確認した調教師は「脚元のことを考えるとツメの形を少し調整した方が良いかもしれません。トレセンの装蹄師を連れていき、私も立ち会って、削蹄させるつもりです」と話すと、牧場長は「脚元は落ち着いていますね。痛みもないようですが、暫くはマシンの運動だけになると思います」と話しています。
07/07/04
滋賀県の栗東ホース具楽部で療養中です。予定通り先週からマシンの運動を始めており、牧場長は「今のところ歩様は大丈夫ですね。乗り運動まではすんなり行くと思います。こちらでは歩様に見せないのですがね・・」と話しています。
07/06/27
滋賀県の栗東ホース具楽部で療養中です。引き続きパドック放牧で状態を確認すると、牧場長は「しっかり休ませたので、だいぶ良くなりましたよ。歩様を見てもほとんど気にならない感じです。今週からマシンを始めて、その後の状態次第で乗り運動を始めていきたいと思います」と話しています。
07/06/20
滋賀県の栗東ホース具楽部で療養中です。引き続きパドック放牧で経過を見ると、牧場長は「まだチクチク痛い感じなので、冷却治療を行いながら、もう暫くこのまま様子を見ます」と話しています。
07/06/15≪最新情報≫
9日(土)に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧されています。
07/06/13
左前脚の不安のため9日に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧となると、到着後はパドック放牧で経過を見ています。牧場長は「腫れと熱感がある状態で、すぐに乗り出せる感じではないですね。来週一杯はこのまま様子をみることになります」と話しています。
07/06/11≪最新情報≫
9日に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧されています。
07/06/08≪最新情報≫
今週末に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧される予定です。
07/06/06
厩舎の馬房で休養中です。調教師は「北海道に連れて行くつもりでしたが、ツメのバランスも良くないみたいなので、近場に置いて装蹄師にもコンスタントに見てもらうことにしました。近日中に栗東ホース具楽部に移動させる予定です」と話しています。
07/05/30
舎の馬房で休養中です。調教師は「左前がまた腫れ気味になってきたのでレントゲンを撮ってみましたが、このまま進めていけば、最悪骨折する可能性もあると獣医が言っているので、一旦休ませようと思います。靱帯に負担が掛かっているかもしれないので無理できないし、今週一杯は様子を見て、再検査をしてから北海道に放牧に出す予定です。順調に回復すれば北海道で使えるからね。厩舎としても期待している馬だし、ここは我慢して進めていこうと思っています」と話しています。
07/05/25≪最新情報≫
19日(土)に栗東へ帰厩しています。
07/05/23
滋賀県の栗東ホース具楽部でキャンターの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、19日に栗東へ帰厩しています。調教師は「帰厩後も順調に乗り込んでいます。今のところ阪神1週目の出石特別を目標に進めているので、初戦から動けるように調教していきます」と話しています。
07/05/23≪最新情報≫
19日に栗東へ帰厩しています。
07/05/16
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、本馬場でキャンター4,000mの調教をつけられています。牧場長は「変わりなく順調ですね。脚元も問題無さそうですし、このまま進めていきます」と話しています。
07/05/09
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、本馬場でキャンター3,600mの調教をつけられています。牧場長は「徐々に進めていますが、深管の痛みは見せません。まだ速いところはやっていませんが、今のところ順調に進めています」と話しています。
07/05/02
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、本馬場でキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「毎日レーザーを当てていますし、こちらでは深管の痛みというのは見せませんね。順調に乗れていますので、このまま進めていきます」と話しています。
07/04/25
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、本馬場でキャンター3,000mの調教をつけられています。牧場長は「こちらで乗っているぶんには悪くなりません。歩様も問題ありませんし、少しずつ距離を延ばしていきたいと思います」と話しています。
07/04/18
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、本馬場でキャンター2,400mの調教をつけられています。牧場長は「歩様は悪くありませんので徐々に進めています。これで変わりなければもう少し進めます」と話しています。
07/04/11
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動を行った後、本馬場でキャンター2,000mの調教をつけられています。牧場長は「まだ手探りですが、乗り出しても変わりないなので、このまま続けていきます」と話しています。
07/04/04
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。マシンの運動で深管の状態を確認すると、今週から調教を再開しています。本馬場中心にキャンターの調整を行うと、牧場長は「スッキリしているとは言えませんが、歩様が悪くないので乗り出していきます。今後も状態を見ながらですね」と話しています。
07/03/28
滋賀県の栗東ホース具楽部で調整中です。前走後、深管が気になったため放牧に出されると、到着後はマシンの運動で状態を確認した上で、今週から乗り出しています。牧場長は「確かにチクチク気にしているようですが、元々そういうところのあった馬ですので、それほど心配はないと思います。歩様は悪くないので、徐々に進めていくことにします」と話しています。
07/03/23≪最新情報≫
21日に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧されています。
07/03/21
先週6着でした。8番手でレースを進めると、道中は常に外々を回る展開となりましたが、7番手で4コーナーを回りました。ところが直線では、大外から懸命に追われましたが、斤量も影響したのか、思った程の伸び脚は繰り出せず、上位を窺う事は出来ませんでした。調教師は「時計も速く、あの馬場ではこの馬には辛かったみたいですね。もう少し時計の掛かる馬場の方が終いもしっかりしてくるだろうし、力負けではないと思います。使った後はさすがに反動が出たみたいで、少し深管を気にしているので、短期で放牧に出して立て直します」と話し、21日に滋賀県の栗東ホースクラブへ放牧されています。
07/03/19≪レース結果≫3月17日出走
阪神9R 伊丹特別 (D1,200m・16頭) 6着
07/03/16≪出走情報≫3月17日出走
阪神9R 伊丹特別(混) (D1,200m)
16頭8枠16番 57kg 池添      発走14:35
先週は除外となると、予定通りこちらに目標を切り替えて態勢を整えており、池添騎手は「以前北海道で乗った時に比べても、すごく体もしっかりして成長が見られます。追い切りも持ったままで自分からグッとハミを取っていたし、動きもしっかりしていたので、良い状態で競馬に使えると思います」と話し、調教師は「レース後の反動もなく好調をキープしていますね。トップハンデだけど力でねじ伏せてくれると思うので、勝ち負けを期待しています」と話しています。
07/03/15≪出走情報≫3月17日出走
阪神9R 伊丹特別 (D1,200m・16頭) 57kg 池添
07/03/14
坂路とBコースでキャンターの調整で、8日と14日に時計を出しています。調教師は「輸送で入れ込むといけないし、予定通り阪神で使うことにしました」と話しており、今週土曜日の阪神、伊丹特別に出走を予定しています。
07/03/14≪出走予定≫
土曜日の阪神・伊丹特別[57 池添]
07/03/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14栗B良    71秒4- 54秒3- 39秒2- 11秒6 馬なり
07/03/13≪出走予定≫
土曜日の阪神・伊丹特別か、日曜日の中山・御宿特別
07/03/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8栗坂良    55.1- 39.5- 25.3- 12.7 一杯
07/03/08≪出走情報≫
シルクアルボーレは、日曜日の中山12R・D1,200mに松岡騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
07/03/07
坂路コースでキャンターの調整で、3日と7日に時計を出しています。調教助手は「1,200mを使いたかったので今週まで待ちましたが、頭数も多いことだし、除外なら来週阪神の伊丹特別に回る予定です」と話しており、今週日曜日の中山、ダート1,200mに出走を予定しています。
07/03/07≪出走予定≫
日曜日の中山・D1,200m[57 後藤]
07/03/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7栗坂良    63.3- 44.9- 27.8- 13.8 馬なり
07/03/06≪出走予定≫
日曜日の中山・D1,200m
07/03/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3坂路良    53.5- 39.5- 26.4- 13.5 馬なり
07/02/28
坂路コースでキャンターの調整で、28日に時計を出しています。調教師は「千二の方が競馬をしやすいでしょうし、今週は使わず来週の中山に向かいます。もし除外になったら阪神4週目の伊丹特別になると思います」と話しています。
07/02/28≪出走予定≫
シルクアルボーレは検討の結果、今週の登録は見送り、来週日曜日の中山・D1,200mに向かう予定となっています。
07/02/28≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28栗坂稍    62.1- 45.4- 29.7- 14.8 馬なり
07/02/27≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
07/02/21
先週2着でした。道中は8番手に控えてレースを進めると、3コーナーすぎから徐々に押し上げに掛かり、手応え良く4コーナーを回りました。5番手で直線を向き、大外から懸命に追われると、メンバー中最速の上がりを繰り出して、先に抜け出した勝ち馬に猛然と迫りましたが、惜しくもクビ差及びませんでした。調教師は「勝ち馬が展開面でかなり有利だったので負けたけど、すぐに目処が立つ内容だったし、力をつけてきていると思います。次走は状態を見て考えますが、頭数も多いので除外狙いで早めに登録していくかもしれません」と話しています。
07/02/19≪レース結果≫2月18日出走
京都12R 1000万下 (D1,200m・16頭) 2着
     複 勝 10      170円
     枠 連 1-5    520円
     馬 連 1-10    520円
     馬 単 1-10    890円
     ワイド 1-10    240円
         10-11   1,800円
     3連複 1-10-11  4,930円
     3連単 1-10-11 17,480円
07/02/16≪出走情報≫2月18日出走
京都12R 1000万下(混) (D1,200m)
16頭 57kg 上村          発走16:10
休み明けの前走を使われた後も変わりなく、状態面も良好な事から今週の出走を決めており、厩務員は「レース後も変わりなく乗り込んでいたので、今回は上積みが見込めるし、前走よりやれると思います。ただ、前走のパドックで最初は大人しかったけど、人が集まって来たらかなり入れ込んだので、もう少し気持ちがどっしりしてくれると良いですね」と話し、調教師は「前走同様、上手く溜めて行けば終いはしっかり伸びてくる馬だし、状態も上向いている今回は期待できると思います」と話しています。
07/02/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15栗坂重    55.0- 39.6- 25.5- 12.5 一杯
07/02/15≪出走情報≫2月18日出走
京都12R 1000万下 (D1,200m・16頭) 57kg 上村
07/02/14
坂路コースでキャンターの調整で、今週は15日に時計を出す予定となっています。調教師は「相手関係なども考慮して、日曜日の番組に回りますが、1,200mの方が折り合いも付くと思います」と話しており、今週日曜日の京都、ダート1,200mに出走を予定しています。
07/02/14≪出走予定≫
土曜日の京都・大和特別[騎手未定]
07/02/13≪出走予定≫
土曜日の京都、大和特別か、日曜日の京都、D1,200m
07/02/07
先週6着でした。道中は11番手辺りでレースを進めると、3コーナーすぎもじっくり脚を溜めるように進み、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線では、大外に持ち出して懸命に追われると、メンバー中最速の上がりを繰り出して差を詰め、順位を上げています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教助手は「昇級戦で休み明けだったので強気にはなれなかったんですが、上手く乗ってくれたこともあって、折り合って走れたのが良かったですね。ゴチャつく面もあったみたいだけど、スンナリ行ければいずれチャンスがあるでしょう。状態次第になりますが、このまま使っていこうと思っています」と話しています。
07/02/05≪レース結果≫2月3日出走
京都12R 1000万下(D1,400m・16頭) 6着
07/02/02≪出走情報≫2月3日出走
京都12R 1000万下(混) (D1,400m)
16頭1枠2番 57kg 長谷川     発走15:45
権利取りの意味もあって登録した先週は除外となると、予定通り今週の復帰を決めており、調教師は「追い切りは前に馬を置いて後ろから行かせましたが、さすがに差せなかったけど、この馬としては良く動いた方だと思います。休み明けだけどそれなりにやれるでしょうし、前に馬を置いて折り合えば終いは伸びてくると思うので、上手く乗ってくれればこのクラスでも楽しみですね」と話しています。
07/02/01≪出走情報≫2月3日出走
京都12R 1000万下 (D1,400m・16頭) 57kg 長谷川
07/01/31
坂路とCWコースでキャンターの調整で、28日に時計を出すと、31日には併せて追い切られています。調教師は「先週の段階では少し重たい感じがあったので、除外が良い方に出たと思います」と話しており、今週土曜日の京都、ダート1,400mに出走を予定しています。
07/01/31≪出走予定≫
土曜日の京都、D1,400m[騎手未定]
07/01/31≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31CW良 81.3- 65.1- 51.6- 38.0- 12.8 一杯遅れ
07/01/30≪出走予定≫
土曜日の京都、D1,400m
07/01/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28栗坂良  54.8- 40.9- 27.4- 14.5 馬なり
07/01/25≪出走情報≫
シルクアルボーレは、日曜日の京都12R1000万下D1,200mに千田騎手で出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
07/01/24
坂路とCWコースでキャンターの調整で、21日に時計を出すと、24日には併せて追い切られています。調教師は「来週のダート千四を予定していたんだけど、頭数が多く権利を持っていないとなかなか入らないので、今週から登録していくことにしました」と話しており、今週日曜日の京都、ダート1,200mに出走を予定しています。
07/01/24≪出走予定≫
日曜日の京都、D1,200m[57 上村]
07/01/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24CW稍  83.2- 67.5- 52.9- 39.5- 12.6 一杯先着
07/01/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21坂路良     65.9- 48.3- 30.4- 14.5 馬なり
07/01/17
DWとCWコースでキャンターの調整で、14日に時計を出すと、17日には併せて追い切られています。調教助手は「今週からビッシリやり出しているので、もう少し数をこなしてから予定を立てていこうと思います。今のところ状態も安定しているし、入れ込みが課題の馬なので、落ち着かせながら進めていきます」と話しています。
07/01/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17CW不 83.0- 67.9- 53.7- 40.0- 13.6 一杯
07/01/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14DW良       60.9- 43.7- 14.5 馬なり
07/01/10
栗東ホースクラブでキャンター3,000mの調教を付けられると、確認した調教師の指示で、12月27日に栗東へ帰厩しています。到着後は坂路とCWコースでキャンターの調整で、調教助手は「今のところ順調に乗り込めているので、今週から時計を出し始めていきます。順調に行けば次開催で使っていけると思いますが、追い切りの動きを見ながら進めていきます」と話しています。
07/01/04≪最新情報≫
12月27日に栗東へ帰厩しています。
06/12/25
栗東ホースクラブで調整中です。変わりなく順調に乗り込みを続けると、先週は本馬場でキャンター3,000mの調教を付けられています。牧場長は「特に変わりなく順調に乗っています。まだ具体的な予定は聞いていませんが、今後は18秒くらいにペースを上げていきます」と話しています。
06/12/20
栗東ホースクラブで調整中です。変わりなく順調に乗り込みを続けると、先週は本馬場でキャンター3,000mの調教を付けられています。牧場長は「すっかり回復して、今では普通に乗っています。このまましっかり乗り込んで態勢を作っていきたいと思います」と話しています。
06/12/13
栗東ホースクラブで調整中です。調教を再開した後は順調にペースを戻しており、先週は予定通りキャンター2,400mの調教まで進めています。牧場長は「休ませた影響は無さそうですね。今後は徐々に距離を延ばして乗っていきます」と話しています。
06/12/06
栗東ホースクラブで調整中です。疲れの症状が見られた為、大事を取って一息入れましたが、すぐに回復を見せると、予定通り先週から調教を再開しています。牧場長は「疲れと言っても大したことはなかったですね。実際休ませたのは3日ですし、今週は普通キャンターまで進めていきます」と話しています。
06/11/29
栗東ホースクラブで調整中です。本馬場中心にキャンターの調教を進めていましたが、先週末に疲れが原因で脚元に浮腫みが見られた為、大事を取って一息入れています。牧場長は「北海道からの輸送があって、休み無く調教してきた疲れが出たようです。ただ症状は大した事無く、一息入れれば大丈夫ですので、今週中には調教再開できると思います」と話しています。
06/11/22
栗東ホースクラブで調整中です。先週は本馬場中心にキャンターで3,000mの調教をつけられると、牧場長は「順調に調教を進めています。変わりなければもう少し距離を延ばして、ペースも上げていきたいと思います。特に不安はありません」と話しています。
06/11/15
栗東ホースクラブで調整中です。予定通り乗り込みを始めると、先週は本馬場中心にキャンターで2,400mの調教をつけられています。牧場長は「北海道でもじっくり乗っていたようなので、それを引き継ぐ形で進めています。こちらで速いところを乗るかは調教師の判断になると思いますが、状態もまずまずなので、このまま進めていきます」と話しています。
06/11/08
坂東牧場で時間を掛けた調整を行うと、調教師の指示で8日に滋賀県の栗東ホースクラブへ移動しています。到着後も変わりなく、牧場長は「長距離輸送も無事クリアしています。輸送の疲れを癒してあげてから、乗り込みを始めたいと思います」と話しています。
06/11/01
坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンと乗り運動に60分かけた後、角馬場でダクとハッキングのフラットワークで40分の調教をつけられています。牧場長は「速いところは乗らずに、長目をじっくり乗るように指示が出ているので、引き続きフラットワーク中心の調教を行っています。乗り味の良い馬で、厩舎の期待が高いのがよくわかります」と話しています。
06/10/25
坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンと乗り運動に60分かけた後、角馬場で、ダクとハッキングのフラットワークの調教をつけられています。牧場長は「両前脚の骨瘤は小さくなり、脚元の方はもう心配いらないと思います。現在はパットを入れた蹄鉄を履かせていますが、今週はもう少し楽な蹄鉄に履き替える予定です」と話すと、調教師は「来月辺りに戻そうと思っていますが、直接戻すのか、本州でワンクッション置くのかは未定です」と話しています。
06/10/18
坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンと乗り運動に60分かけた後、角馬場でフラットワーク30分の調教をつけられています。牧場長は「ショックウェーブの効果で、脚元は9割方固まってきています。こちらに戻って来た頃は、馬体が寂しく見えましたが、ここへきて徐々に回復してきたようです」と話しています。
06/10/11
坂東牧場で調整中です。マシンと乗り運動でじっくり体を解した後、角馬場でフラットワーク30分の調教をつけられています。状態を確認した調教師は「現時点ではあまり強くは乗らず、時間を掛けて乗っていくように指示を出しました」と話すと、牧場長は「調教後の運動も合わせると正味2時間くらいかけているように、長目をじっくり乗るようにしています」と話しています。
06/10/04
坂東牧場で調整中です。マシンと乗り運動で体を解した後、フラットワーク中心の調教をつけられています。状態を確認した調教師は「右前脚の深管とトウ骨が気になるので、ショックウェーブで治療するように指示を出した」と話すと、牧場長は「調教師の指示通りすぐに治療を行い、今は症状が安定している。運動後もアイシングで丁寧にケアを行っている」と話しています。
06/09/27
坂東牧場で調整中です。マシンで50分の運動を行った後は、フラットワーク中心の調教をつけられています。牧場長は「元々あった右前の深管が気になるし、レース後の疲れもあるようだから、今週は軽めの調整を行っている。今後は調教師が確認した上で、指示を仰ぎたい」と話しています。
06/09/20
先週優勝しました。まずまずのスタートから、5番手でレースを進めると、3コーナーすぎから押し上げに掛かり、3番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、外から懸命に追われると、メンバー中最速の上がりを繰り出して前を捕らえ、断然1番人気に応えて勝利を飾っています。レース後は一旦放牧に出す事になり、20日に北海道の坂東牧場へ移動しています。調教師は「今回は力の差を見せつける競馬が出来た。馬場が硬くて脚元に負担もあったと思うので、一息入れる事にした。1000万でも距離が延びれば十分通用するだろうから、無理させずしっかり脚元をケアしていく」と話しています。
06/09/19≪レース結果≫9月18日出走
札幌7R 500万下(D1,000m) 優勝
    単 勝 02      170円
    複 勝 02      110円
    枠 連 2−4   1,330円
    馬 連 02−04   1,160円
    ワイド 02−04    480円
        02−10    770円
    馬 単 02−04   1,640円
    3連複 02−04−10 7,360円
06/09/15≪出走情報≫9月18日出走
札幌7R 500万下(混) (D1,000m)
10頭 57kg 藤田          発走13:20
前走後は放牧に出され、ソエの回復を促すと、帰厩後も順調に乗り込んで今週復帰する事になり、調教助手は「函館の時は勝馬が強かったし、今のメンバーはそれより弱くなってきたと思うから、展開次第では十分期待出来ると思う。時間を
掛けて長目をじっくり乗っているし、今回は厩舎としても勝ちを意識している」と話しています。
06/09/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13札ダ良     63.6- 51.7- 39.4- 13.0 ゲート強目
06/09/14≪出走情報≫9月18日出走
札幌7R 500万下(D1,000m・10頭) 57kg 藤田
06/09/13
札幌ダートコースでキャンターの調整で、7日と13日に時計を出しています。調教助手は「少しでも行き脚が付くように、2週続けてゲートから追い切った」と話しており、来週月曜日の札幌、ダート1,000mに出走を予定しています。
06/09/12≪出走予定≫
月曜日の札幌、D1,000m
06/09/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7札ダ重     70秒2-55秒8-41秒1-12秒1 ゲートから
06/09/06
予定通り31日に札幌競馬場へ帰厩すると、札幌ダートコースでキャンターの調整で、今週は7日に時計を出す予定となっています。調教助手は「ソエも深管も安定しているが、馬場が堅いので気を付けている。距離は忙しいと思うが、今のところ来週のダート1,000mを使うつもりだ。2走前の勝馬が1000万を勝ち、前走の勝馬が1000万で3着だったから、相手が強かっただけで、やはりこの馬も能力は高いと思う」と話しています。
06/09/01≪最新情報≫
31日に札幌競馬場へ帰厩しています
06/08/30
坂東牧場の角馬場でをウォーミングアップした後、ダートコースでキャンター2,000mの調教をつけられると、確認した調教師の指示で31日に札幌競馬場へ帰厩する予定になりました。牧場長は「右前脚の負担を軽くする装蹄を工夫してもらっているし、ショックウェーブを2回やった事で痛みはかなり和らいでいる」と話しています。
06/08/23
坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンに40分入れた後、ダク1,000mとキャンター1,500mの調教をつけられています。牧場長は「予定通り先週末から軽めキャンターを始め、今週は20秒程度に進める予定だ。脚元の衝撃を緩和させる蹄鉄を履かせている様に、まだ弱い面があるが、2回札幌の復帰へ向け慎重に進めて行く」と話しています。
06/08/16
9日に北海道の坂東牧場へ到着した後は、脚元の状態を確認しながら、ウォーキングマシンの運動を行うと、今週は1度ショックウェーブ治療も施されています。牧場長は「右前脚の骨瘤とソエの痛みは、ほぼ無くなっていると思う。週末から軽めのキャンターを始め、来週中には普通キャンターへ進める予定だ」と話しています。
06/08/09
先週2着でした。中団からレースを進めると、道中は終始押っ付け通しの厳しい展開ながらも、4番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、外から懸命に追われると、最後まで渋太い伸び脚を繰り出して差を詰め、2着に押し上げています。騎乗した藤田騎手は「今回は相手が強かった。もう少し二の脚がついて前へ行ければ、結果も違ってくると思う」と話すと、調教助手は「レース後、札幌に移動してきたら右前にソエが出てしまった。牧場でショックウェーブをやってもらい、状態次第で2回札幌を目標にしたいと思う」と話し、9日に北海道日高町の板東牧場へ放牧されています。
06/08/07≪レース結果≫8月5日出走
函館7R 500万下(D1,000m)  2着
     複 勝、08      130円
     枠 連、5−6    320円
     馬 連、05−08    430円
     ワイド、05−08    220円
         08−12    780円
     馬 単、05−08    850円
     三連複、05−08−12 2,710円
06/08/04≪出走情報≫8月5日出走
函館7R 500万下   (D1,000m)
12頭6枠8番 57kg 藤田      発走14:15
前走後も変わりなく乗り込まれ、まずまずの状態をキープすると、調教師は、ここは勝ちに行っているので、すんなり勝ってゆっくりさせたいと思っている。深管が少し気になるが、それほど問題無いと思うし、競馬に行って馬が気にしなければ勝ち負けだろう、と話しています。
06/08/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2函W良        56.1-40.8-12.9 仕掛け
06/08/03≪出走情報≫8月5日出走
函館7R(D1,000m・12頭)    57kg 藤田
06/08/02
函館ウッドコースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。調教師は、追い切った後、以前から持っている深管を気にしているけど、動きを見る限り問題ないと思う、と話しており、今週土曜日の函館、ダート1,000mに出走を予定しています。
06/08/02≪出走予定≫
土曜日の函館、D1,000m
06/08/01≪出走予定≫
函館競馬、D1,000mの番組
06/07/26
先週2着でした。道中は後方3番手でレースを進めると、3コーナーすぎでもじっくり脚を溜め、最後の末脚勝負に懸けました。そして迎えた直線では、大外に持ち出して懸命に追われると、メンバー中で唯一35秒台の末脚を繰り出して豪快に追い込み、2着に食い込んでいます。調教師は、このまま滞在させて来週のダート1,000mを使う方向で進めている。状態も良くなったし、体もあれぐらいが丁度良いだろう。叩いた上積みで次走は勝ち負け出来ると思うし、藤田騎手に依頼しているので期待している、と話しています。
06/07/24≪レース結果≫7月23日出走
函館6R 500万下(D1,000m) 2着
       複勝  04      300円
       枠連  4−5    940円
       馬連  04−06   1,180円
       ワイド 04−06    580円
           04−07   1,320円
       馬単  06−04   2,000円
       三連複 04−06−07 2,260円
06/07/21≪出走情報≫7月23日出走
函館6R 500万下(混) (D1,000m)
12頭 57kg 池添          発走13:40
前走後に胃けいれんを起こした事から様子を見ましたが、幸い大事には至らず、函館に移動してからは体調も上向いており、調教師は、今週の追い切りは馬なりだったが、乗り込みはしっかり出来ているし、使いつつ良くしていこうと思う。まだ体質の弱い面もあるので長い距離は使えないが、このクラスでは力上位なので力で押し切ってほしい、と話しています。
06/07/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16函W良    75.8- 59.6- 44.3- 13.4 馬なり
19函ダ良    59.4- 42.9- 12.4 強目
06/07/20≪出走情報≫7月23日出走
函館6R(D1,000m・12頭)  57kg 池添
06/07/19
函館ウッドコースでキャンターの調整で、16日と19日に時計を出しています。調教師は、滞在させてから状態も戻り、体調も上向いている、と話しており、今週日曜日の函館、ダート1,000mに出走を予定しています。
06/07/19≪出走予定≫
日曜日の函館、D1,000m
06/07/18≪出走予定≫
日曜日の函館、D1,000mか、美利河特別
06/07/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13函館W稍   69.5-53.3-39.1-13.3 馬なり
06/07/12
函館競馬場で乗り運動の調整です。調教師は、滞在させてからは状態も良くなり、普通に乗り込めている。この調子なら来週の追い切りの動き次第で、芝千二かダート千を使う予定でいる。こっちは気候も良く、輸送も無いので、入れ込みも解消されると思うから、変わり身を期待したい、と話しています。
06/07/05
予定通り4日に栗東を出発して、5日に函館競馬場へ到着しています。調教師は、無事到着したので様子を見て乗り出していくが、まだ予定などは立てずに進めていく。環境もこっちの方が合っているだろうし、滞在もプラスになってくれると思う。そんなに入れ込むタイプではないので前走みたいなことはないと思うが、癖になるといけないので落ち着かせながら仕上げていく、と話しています。
06/06/28
厩舎周りで乗り運動の調整です。調教師は、今のところ状態も落ち着いているので、様子を見て進めている。この時期は暑さも負担になると思うので、来週の4日か5日に函館に連れて行く予定でいる。向こうに行ってもすぐ使わないだろうし、状態を見ながら進めていきたい、と話しています。
06/06/21
先週10着でした。出脚良く先団を伺いますが、無理せず控えて8番手でレースを進めると、3コーナーすぎには馬群の外目を抑えきれない手応えで押し上げ、6番手で4コーナーを回りました。ところが直線に向くと、休み明けの影響もあったのか、早々に末脚を無くして後退してしまい、最後は馬群に飲み込まれた格好で後方に敗れています。調教師は、かなり入れ込みがきつく、レースでもそれが響いたのか手応えが無かったらしい。レース後に胃けいれんを起こしたので点滴を打って回復させたが、今週は飼い食いも落ちているので、ゆっくり休ませて体を戻してから予定を立てていきたい、と話しています。
06/06/19≪レース結果≫6月18日出走
京都12R 500万下(D1,400m) 10着
06/06/17≪出走情報≫6月18日出走
京都12R 500万下  (D1,400m)
16頭6枠12番 57kg 上村      発走16:20
昨年10月以来約8ヶ月振りとなり、中間は2度の除外がありましたが、その影響も無く乗り込んで態勢を整えており、厩務員は、追い切りもこなして状態はとても良いので、久々でも力を出せる仕上がりだ。500万に落ちて条件も良いはずだから、あっさり勝ってもおかしくないと思うので期待したい、と話しています。
06/06/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14坂良  53.5-38.3-24.9-12.6 一杯
06/06/15≪出走情報≫6月18日出走
京都12R (D1,400m・16頭)  57kg 上村
06/06/14
坂路コースでキャンターの調整で、14日に時計を出しています。厩務員は、除外もあってここまで出走が延びたが、追い切りもしっかりこなして仕上がりは良い、と話しており、今週日曜日の京都、ダート1,400mに出走を予定しています。
06/06/14≪出走予定≫
日曜日の京都、D1,400m
06/06/13≪出走予定≫
福島競馬か京都競馬(番組は未定)
06/06/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂良  50.8-37.6-25.1-12.6 一杯
06/06/08≪出走情報≫
シルクアルボーレは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
06/06/07
坂路コースでキャンターの調整で、1日と7日に時計を出しています。調教師は、時計が出やすい馬場だったとは言え、追い切りの動きは良かったし、状態は良さそうだ、と話しており、今週土曜日の東京、ダート1,300mに出走を予定しています。
06/06/07≪出走予定≫
土曜日の東京、D1,300m
06/06/06≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/06/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28坂良  57.0-41.1-26.7-13.4 馬也先着
1坂良  54.8-40.5-25.8-12.5 馬也
06/05/31
坂路コースでキャンターの調整で、28日に併せて時計を出しています。調教師は、今週は登録せず、来週土曜日の東京ダート1,300mか、降級して京都を使うか、状態も見ながら決めたい。今のところ順調に乗り込めているが、いずれにしても一叩きしてから勝負に持っていきたいと思う、と話しています。
06/05/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21坂重  58.0-42.0-27.2-12.9 馬也先着
24坂稍  53.7-39.7-26.7-13.6 一杯
06/05/25≪出走情報≫
シルクアルボーレは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
06/05/24
坂路コースでキャンターの調整で、21日に併せて時計を出すと、24日にも追い切られています。調教師は、除外の可能性も高いので今週は余力残しで追ったが、なかなか良い動きをしていた、と話しており、今週日曜日の東京、鎌倉特別に出走を予定しています。
06/05/23≪出走予定≫
日曜日の東京、鎌倉特別
06/05/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14坂重  60.2-43.5-28.3-13.7 馬也
17坂稍  55.0-40.5-26.9-13.2 馬也
06/05/17
坂路コースでキャンターの調整で、14日と17日に時計を出しています。調教師は、追い切りもいい感じで走っていたので、来週日曜日の東京、鎌倉特別を目標に考えている。ただ、ここは叩き台だと思っているので、仕上げは無理せずやって、クラスが下がってからの京都開催に期待したい、と話しています。
06/05/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂良  56.4-41.3-27.6-14.1 馬也
06/05/10
坂路コースでキャンターの調整で、10日に時計を出しています。調教助手は、しっかり乗り込めているので、このまま攻め馬を続けながら仕上げに入っていく。まだ予定は立てていないが、このまま順調にいけばすぐに目処も立つと思う。力のある馬だし、このまま順調にいってもらいたい、と話しています。
06/05/03
坂路とCWコースでキャンターの調整です。調教師は、今のところ脚元の心配も無く、順調に乗り込めている。体がかなり立派になっているので、絞りながら仕上げていこうと思う。鼻出血を持っている馬なので、無理せず進めていきたい、と話しています。
06/04/26
栗東ホース具楽部でキャンター4,000mの調整を続けながら、徐々にピッチを上げて態勢を整えると、予定通り26日に栗東へ帰厩しています。牧場長は、骨瘤も心配無くなり、かなり良い状態で厩舎に戻す事ができた。先週は少しペースを上げたけど、ここまで長めをじっくり乗り込んで、いい休養になったと思う、と話しています。なお、到着後はすぐに乗り運動を始めており、このまま復帰戦に向けて進めていく事になっています。
06/04/19
栗東ホース具楽部でキャンター4,000mの調整です。休み無く順調に調教を続けながら帰厩に向けて態勢を整えると、確認した調教師の指示で来週の26日に帰厩する予定になっています。牧場長は、骨瘤も心配無くなり、非常に良い状態で乗れている。帰厩に向けて先週末から少しずつピッチを上げているし、良い状態で戻れそうだ、と話しています。
06/04/12
栗東ホース具楽部でキャンター4,000mの調整です。脚元の状態も落ち着いて、変わり無く順調に乗り込みを続けられると、牧場長は、ここへきてだいぶ毛艶も良くなり、体調もドンドン良くなっている。このまま順調にいけば来週辺り帰厩になると思う、と話しています。
06/04/05
栗東ホース具楽部でキャンター4,000mの調整です。骨瘤の状態も落ち着いて、殆ど心配は見られなくなると、徐々にペースを上げながら帰厩に備える事になっており、牧場長は、脚元に熱も無く順調に固まってきている。ただ、ここでこれ以上、速いところを進めるかは、調教師の判断になるが、距離的には十分乗っているし、運動量も豊富な方なので、このまましっかり帰厩できる態勢を整えていく事にする、と話しています。
06/03/29
栗東ホース具楽部でキャンター4000mの調整です。両前脚の骨瘤で一旦ペースを落とす格好になりましたが、予定通り先週末に乗り出すと、今週は普通キャンターのペースまで進められています。牧場長は、骨瘤は殆ど治まっているので、調教を進めていくには支障無くなった。水曜日に調教師が確認しているが、帰厩の予定も立っているようなので、このまま乗り込みを続けて備えていきたい、と話しています。
06/03/22
栗東ホース具楽部でウォーキングマシンの調整です。引き続きマシンの運動を続けて両前の骨瘤の状態を確認すると、今週になってだいぶ落ち着いてきた為、今週末からダク程度の乗り運動を始める事になっています。牧場長は、骨瘤は治まりながら熱感も取れてきているが、暫くは軽めの調教で様子を見ていく事にする、と話しています。
06/03/15
予定通り9日に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧されると、今週はウォーキングマシンの運動だけに止めて、脚元の状態を確認しています。牧場長は、両前の内側に骨瘤が出た影響で一息入れることになったので、今週は治療に専念し、今後症状が落ち着き次第、乗り運動を始める事にしたい、と話しています。
06/03/10≪最新情報≫
9日に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧されています。
06/03/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂稍  60.3-43.6-28.3-13.9 馬也
06/03/08
帰厩翌日から坂路コースでキャンターの調整を開始すると、7日に15−15程度の時計も出していますが、調教師の指示で9日に滋賀県の栗東ホース具楽部へ放牧される事になりました。調教師は、こちらで乗ってみると脚元に熱が出たりとまだ弱いところがあり、無理させたくないので、獣医とも相談して近場で様子を見る事にする。熱が引いて落ち着けば、普通にやっていけると思うし、良くなるのを待ちたい、と話しています。
06/03/01
天栄ホースパークで調整を続けていましたが、調教師の指示で厩舎へ戻す事が決まり、1日に栗東へ帰厩しています。出発前、牧場長は、トモの状態も良くなって歩様は安定している。毛艶も良くて元気一杯だし、これから暖かくなれば、自然と歩様も解れて良くなってくる筈、と話しています。
06/02/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。特に心配するところも無くなり、先週はトラックコースを長めに乗り込みながら、坂路で17秒ペースから15秒程度のラップを出して調教を付けられると、トモの状態や歩様に乱れは無い為、このまま本数を増やして進めていく事になっています。
06/02/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。歩様に不安無く休まずミニトラックから坂路に入れて乗り込むと、先週は2度17−17程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、坂路中心になっているが、ここまでトモの状態は落ち着いているので問題無い。ただ、今週は馬場も良さそうだから、トラックコースで長めに少し強めてやっていきたい、と話しています。
06/02/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。長めにじっくり乗り込んで、脚元や歩様は落ち着いてくると、徐々にペースを上げながら、今週は坂路で20秒を切る位のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、馬場状態が悪く坂路中心になったが、歩様の乱れも無く順調に良くなってきている、と話しています。
06/01/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。体調面などに変わり無く休まず運動をおこなうと、引き続きミニトラック中心の軽めのメニューとなっており、牧場長は、無理せずハッキング程度で様子を見ているが、まだ左飛節に硬いところがある。一時跛行したり熱を保っていたけど、今ではだいぶ落ち着いているので、このまま今のペースを続けて問題無い様なら、次の段階へ進めていくことにし、今後暖かくなるのを待ってからしっかり立て直していきたい、と話しています。
06/01/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。引き続きミニトラック中心のメニューですが、徐々に運動量を増やしながら乗り込んでおり、牧場長は、歩様自体は悪くないが、まだ左トモが完全に解れていない感じなので、無理せずもう少しこのまま進めていく事にする、と話しています。
06/01/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで4,000mの調整です。パドック放牧を続けながら徐々に歩様は良化すると、予定通りウォーキングマシンに入れて経過を見ており、今週からはミニトラック中心に乗り運動を始めています。牧場長は、まだ軽い調教メニューだが、今のところ歩様は落ち着いて、脚元も固まりつつあるので、このまま様子を見て進めていく事にする、と話しています。
06/01/09
天栄ホースパークで放牧休養中です。引き続きパドック放牧で筋肉注射などの治療を施しながら歩様の良化を促すと、様子を見てウォーキングマシンの運動を始めていく事になっています。獣医は、暫く楽をさせた分、跛行することは無くなったし、元々歩様が酷く乱れていた訳でないから、このまま少しずつ進めていきたい、と話しています。
05/12/26
天栄ホースパークで放牧休養中です。ミニトラック中心にじっくり乗り込んでいましたが、歩様が悪くなった為、先週一杯は馬房で休ませると、今週からパドック放牧に切り替えています。牧場長は、前肢は大丈夫だが、乗ってまた左後脚を気にしているので、無理せずこのまま半月ぐらいは楽をさせて良化を促していく事にする。調教師も大事にしているし、しっかり立て直していい状態で戻したい、と話しています。
05/12/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。引き続きミニトラック中心にじっくり乗り込みながら馬体の立て直しを促していますが、このまま寒い時期は無理せず、ゆっくり疲労回復に努めていく事になっています。
05/12/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで4,000mの調整です。ゆっくり休ませながら、馬体の回復を促すと、今週から軽めの乗り運動を始めています。牧場長は、まだミニトラック中心にダク程度のメニューだが、今のところ歩様は落ち着いているので、このまま様子を見て少しずつ進めていく事にする、と話しています。
05/12/05
天栄ホースパークの馬房で休養中です。引き続き馬房で休ませながら馬体の回復を促しており、牧場長は、まだ暫くこのまま脚元にショックウェーブを当てるなどして治療を続けていく事にする。今後しっかり疲れが取れて歩様がすっきりしてくれば、様子を見て少しずつ進めていけるだろう、と話しています。
05/11/28
天栄ホースパークの馬房で休養中です。移動後はパドック放牧で歩様の状態を確認していましたが、調教師の指示で、1ヶ月は馬房でゆっくりさせながら、回復を待つ事になっています。牧場長は、右前脚はそれほど心配するものでないが、ちょこちょこした歩様で全体的に疲れが溜まっている様だ。このまま様子を見ながらショックウェーブ治療を施して良化を促していく事にする、と話しています。
05/11/21
16日の調教後、調教助手は、ここまでとてもいい感じに乗り込んでいたが、右前脚に骨瘤が出て気にしたので少し様子を見ている。次は勝ち負けまで期待していただけに残念だけど、まだまだ体が弱い様なのでしっかり牧場で立て直してから戻す事にしたい、と話し、19日に天栄ホースパークへ放牧されています。到着後はパドック放牧で様子を見ていますが、今週中には検査をおこなって、脚元の状態を確認する事になっています。
05/11/18≪最新情報≫
骨膜が出てきて歩様が良くない為、一旦放牧して立て直す事になり、19日に天栄ホースパークへ移動する予定です。
05/11/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13坂稍  61.0-44.3-30.1-14.9 馬也
05/11/14
坂路コースでキャンターの調整で、10日、13日と時計を出しています。来週の京都を目標に仕上げに掛かっており、調教師は、帰厩後も状態が良く、順調に乗れているから、このまま行けば4週目の千二か千四のダートを使えるだろう。脚元も早めに楽させた甲斐あってスッキリしているし大丈夫、と話しています。
05/11/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4坂良   60.2-44.3-30.0-16.1 馬也
10坂良   55.5-41.1-26.7-13.1 馬也
05/11/07
調教師の指示で1日に栗東へ帰厩すると、到着後も変わり無く、翌日から角馬場で調整を開始し、4日には坂路コースで15−15の時計を出しています。調教助手は、帰厩したばかりで様子を見ながら乗っているけど、体も緩んでいないみたいだし、そう時間は掛からないと思う。次はいい状態で勝ちに行きたい、と話しており、今のところ京都4週目辺りを目標に仕上げる事になっています。
05/11/04≪最新情報≫
1日に栗東へ帰厩しています。
05/10/31
栗東ホースクラブでダクとキャンターの調整です。暫く楽をさせた効果で脚元はすっきりすると、先週から徐々に運動量を増やしながら調教を付けられています。厩舎担当者は、いい状態に回復してきているので、このまま乗り込んで11月中に入ったら戻すことにしたい。場所的に少し気になるところだったので、大事を取って早めに放牧に出したが、そのお陰で順調に良化してきている、と話しています。なお、確認した調教師の指示で、急遽1日に栗東へ帰厩する事が決まっています。
05/10/24
栗東ホースクラブの馬房で休養中です。引き続き馬房でゆっくりさせて、脚元の状態を確認すると、今週から少しずつ引き運動をおこないながら、右前脚の歩様を確かめる事になっており、このままもう少し経過を見てから今後の調教予定を立てていきます。
05/10/17
厩舎の馬房で休ませて脚元の経過を見ていましたが、一旦放牧して捻挫の回復を待つ事になり、13日に滋賀県の栗東ホースクラブへ放牧されています。調教師は、症状としては軽いものだが、場所が靭帯の近くなので無理はさせたくないし、1000万でも十分通用するだろうから、いい状態でまた使っていく事にしたい、と話しています。
05/10/14≪最新情報≫
一旦放牧して捻挫の回復を待つ事になり、13日に滋賀県の栗東ホースクラブへ放牧されています。
05/10/11≪レース結果≫10月8日出走
京都12R 1000万下 (D1,200m) 4着
05/10/10
先週4着でした。大外でまずまずのスタートを切りましたが、他の馬の出脚が勝ってテンに置かれ、最後方に落ち着くと、道中は前と2、3馬身離れた位置取りで、内ラチ沿いを追走しました。そして殿のまま内ピッタリに回って直線を迎え、追い出しに掛かると、上位3頭には届かなかったものの、内の馬込みを捌きながら勝馬に次ぐ鋭い伸び脚を見せて差を詰めています。レース中に右前脚を捻った様で、レース後、軽い捻挫の症状が見られる為、少し馬房で休ませて経過を見る事になっています。
05/10/07≪出走情報≫10月8日出走
3月の阪神以来、約7ヵ月振りの出走で、8分程度の仕上がりとなっており、調教助手は、先週に比べると追い切った後の筋肉痛もマシで、徐々に中身が出来てきているんじゃないかと思う。動きに関してはまだ勝った頃に比べたら一息なので、ここを使っての上積みに期待したい。3連勝を狙うつもりでやってきたが、さすがにそこまで強気にはなれない、と話しています。
05/10/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5坂重   54.7-39.3-25.3-12.7 一杯
05/10/06≪出走情報≫10月8日出走
京都12R(D1,200m・12頭)55s 上村
05/10/05≪出走予定≫
土曜日の京都、D1,200m
05/10/04≪出走予定≫
シルクアルボーレは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/10/03
出走を目指して28日に坂路コースで追い切られましたが、追い切り後に筋肉痛となった為、予定していた先週の登録は見送っており、調教師は、追い切った反動で筋肉痛となり、それでも走れなくはないだろうが、無理させたくないのでやめておいた。また様子を見て考えたい、と話しています。調教助手は、体はしっかりしてきているけど、まだ中身が出来てないのだろう。本来なら坂路でいい時計が出る筈なのに、何でかと思っていた、と話しています。もう症状は落ち着いて普通に調教をこなしており、検討の結果、今週土曜日の京都、ダート1,200mに出走を予定しています。
05/09/29≪出走情報≫
シルクアルボーレは28日の追い切り後、筋肉痛となった為、今週の登録は見送り、来週以降に出走を延ばしています。
05/09/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25坂良   57.0-40.0-26.0-13.0 馬也
28坂稍   54.9-39.7-26.6-13.9 一杯遅れ
05/09/28≪出走予定≫
土曜日の阪神、箕面特別
05/09/26
坂路コースでキャンターの調整で、22日、25日と時計を出しています。22日の追い切り後、調教師は、順調に仕上がってきているので、阪神の最後で使ってみる。今回の動きはまだもう一つだったが、このひと追いで変わってくるだろう。馬体はだいぶパンとしてきているので、あとは内面の方がしっかりとしてくれば、と話しています。今週土曜日の阪神、箕面特別に出走予定です。
05/09/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19坂良  58.3-42.7-28.1-14.3 馬也
22坂良  53.2-39.4-27.1-14.4 一杯遅れ
05/09/19
坂路コースでキャンターの調整で、19日に時計を出しています。順調にピッチを上げながら仕上げを進めており、調教を付けた上村騎手は、以前乗っていた時より歩様も良く、成長していい感じになっている。これなら上のクラスでも期待出来そう。前回勝った時の2着馬が先週いい勝ち方をしていたけど、あれよりも走るから復帰が楽しみだ、と話しています。今のところ、来週土曜日の阪神、箕面特別を目標にしています。
05/09/12
調教師の指示で7日に栗東へ帰厩すると、到着後も特に変わり無く、翌日から角馬場でキャンターの調整を開始しています。調教助手は、まだ戻ってきたばかりなので何とも言えないが、牧場ではしっかり乗り込んでいたみたいだから、阪神の最後か京都辺りを目標にやっていこうと思う、と話しています。
05/09/09≪最新情報≫
7日に栗東へ帰厩しています。
05/09/05
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。引き続き調教師の指示通り、週2回坂路で17−17の調教を付けながら、デキを維持する様にしており、このまま帰厩に備えていく事になっています。
05/08/29
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。状態に変わり休まず乗り込んでおり、牧場長は、調教師の指示で15−15を控え、今はダートコースを長めに乗ってから、坂路で17−17位のところをきっちり進めてデキを維持する様にしている。調教師からは、阪神か京都で復帰予定と聞いているので、このまま連絡を待って帰厩に備えていく事にする、と話しています。
05/08/22
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。引き続き坂路を週2回15−15程度と18秒前後の調教を付けながら、今のデキを維持しており、調教師は、当初8月を予定していたが、馬房の都合もあって、9月中に戻し復帰は阪神か京都になりそうだ、と話しています。
05/08/15
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。体調面に変わり無く引き続き坂路を週2回15−15と18秒程度のペースで調教を付けられると、このままの状態を維持しながら、帰厩に備えていく事になっています。
05/08/10
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。変わり無く坂路を週2回15−15と18秒前後のペースで調教を付けられると、走りに力強さが出てしっかりしてきており、このまま調教師からの指示を待って帰厩に備えていく事になっています。
05/08/01
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。変わり無く順調に乗り込みながら、コンスタントに坂路を1本15−15程度のペースで調教を付けられています。牧場長は、調教師から8月には戻して秋に備えることを言われているので、いつ連絡があってもいいように今のデキを維持して帰厩に備えていく、と話しています。
05/07/25
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。変わり無く坂路を1度15〜16秒程度のペースで調教を付けられると、このまましっかり状態面を整えながら帰厩に備えていく事になっています。
05/07/18
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。休まず乗り込んで馬体はしっかりしてくると、先週も坂路を併用しながら、1度16〜18秒程度のペースで調教を付けられており、このまま帰厩に向けて状態面を整えていく事になっています。
05/07/11
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。状態に変わり無く坂路も併用しながら18秒前後のラップを出して調教を付けられており、確認した調教師は、脚元に不安無く順調に乗り込んでいるが、7月一杯はこのまま牧場でしっかり進めて貰い、8月になってから厩舎に戻して秋に備えてやっていく事にする、と話しています。
05/07/04
イクタトレーニングファームでダク2,000mとキャンター3,000mの調整です。引き続きダートコースを18秒程度で乗り込むと、牧場長は、乗る毎にしっかりしてきているので、これから坂路にも入れていく事にする。調教師からは、7月中旬から8月上旬には戻して秋に備えていきたい、との事なので、このまま帰厩に備えて状態を整えていく事にする、と話しています。
05/06/27
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。体調を崩すことなく休まず乗り込むと、徐々にウッドチップからダートコース中心のメニューに切り替えながら徐々に仕上げを進めていく事になっており、先週も1度18秒前後のラップを出して調教を付けられています。
05/06/20
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。引き続きウッドチップとダートコースを併用しながら、週1回ダートで18秒前後のラップを出して調教を付けられると、乗ったあとも脚元などに不安は見られませんが、このまま全体的にしっかり体を作っていく事になっています。
05/06/13
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。歩様に不安無くウッドチップとダートコースを併用して徐々にペースを上げて乗り込むと、週末には1度20秒程度のラップを出して調教を付けられており、引き続き馬体面の強化を促しながら進めていく事になっています。
05/06/06
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。引き続きウッドチップでの調教となっていますが、歩様などもすっきりしてここまで順調に乗り込んでいる為、来週辺りからダートコースにも入れながら徐々にペースを上げて進めていく事になっています。
05/05/30
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。徐々に運動量を増やしながら馬体面の成長と体力向上を図っており、牧場スタッフは、脚元に不安無く今はウッドチップで乗り込んでいる。ここでは殆どがダートコースで仕上げているので、今後ダートで乗れる様になれば目処も立ってくるだろうし、今の感じならそう時間も掛からずに良くなってくると思う。ただ、まだ成長途上でもあり、無理はできないからもう少し様子を見ながら進めていく事にする、と話しています。
05/05/23
イクタトレーニングファームでダクの調整です。引き続きウォーキングマシンの運動で体を解してから乗り運動をおこなうと、徐々に歩様など体の作りもしっかりしてきている為、様子を見ながら距離を延ばして進めていく事になっています。
05/05/16
イクタトレーニングファームでダクの調整です。体調面に変わり無く先週もウォーキングマシンでの運動をおこないながら、じっくり乗り込んでおり、まだ暫くは馬体面の成長を促すように進めていく事になっています。
05/05/09
イクタトレーニングファームでダクの調整です。引き続きウォーキングマシンを続けながら乗り運動を再開しており、牧場長は、まだ軽めのメニューだが、特に歩様が悪くなることも無いので、このまま進めていく事にする。ただ、まだ体が成長途上のところがあって無理はできないけど、今後パンとすれば先々走る馬なので、今はじっくりやっていく事にする、と話しています。
05/05/02
イクタトレーニングファームでウォーキングマシンの調整です。パドック放牧を続けながら脚元の状態を確認すると、先週からマシンに入れて軽く動かしており、ここまで不安無く進めています。調教師は、思っていたよりなかなかしっかりせず、まだ本格的に乗り込むには時間が掛かりそうだ。なんとか6月初めのユニコーンステークスに間に合わせたかったけど、現状では難しいだろう。いい素質を持っている分、無理させる訳にはいかないから、今後は状態を見て乗り始めていく事にする、と話しています。
05/04/25
イクタトレーニングファームで放牧休養中です。引き続きパドック放牧で脚元の成長を促しながら、乗り運動に備える事になっており、近々調教師の確認を受けてから調教を再開する予定です。
05/04/18
イクタトレーニングファームで放牧休養中です。馬房でゆっくりさせながら成長を促すと、先週からパドック放牧に切り替えていますが、もう少し無理せずこのまま脚元の状態を見ていく事になっています。
05/04/11
イクタトレーニングファームの馬房で休養中です。体調自体に不安ありませんが、引き続き馬房で休ませながら、脚元など骨の成長を促しており、今後様子を見ながら歩様の確認もおこなっていく事になっています。
05/04/04
イクタトレーニングファームの馬房で休養中です。引き続き右前脚は馬房でゆっくり休ませて状態を見ていますが、このまま暫くは成長を促しながら回復を待っていく事になっています。
05/03/28
イクタトレーニングファームの馬房で休養中です。引き続き馬房でゆっくり休ませており、牧場長は、当初右前脚の深管との事だったが、その箇所は気にせず、ソエの辺りがまだ成長途上だった分、そこの痛みが酷かった様だ。今後は暫く馬房で様子を見ていくか調教師とも相談していく事にするが、まだ馬自体が弱く能力だけで走っている感じだ、と話しています。
05/03/21
イクタトレーニングファームの馬房で休養中です。移動後は馬房でゆっくり休ませて、右前脚の回復を待つ事になっており、今後は検査を行いながら経過を確認していく事になっています。
05/03/14
レース後、右前脚を跛行した為、厩舎の馬房で休ませて様子を見ていましたが、12日に愛知県のイクタトレーニングファームへ放牧されています。調教師は、昇級でも通用するとは思ったけど、考えていたより走ってくれた。使った後、反動で右前をかばったのでレントゲンを撮ってみたが、骨には異常無かった。ただ急性の炎症の様で、骨膜があり、それが衝撃で痛くなったのだろう。これからの回復具合にもよるが、ユニコーン辺りを目標に立て直したいと思っている、と話しています。
05/03/07
先週優勝しました。外でまずまずのスタートを切って6、7番手に付け、前半はそのまま中団の中程を追走しましたが、3コーナーを過ぎて徐々に押し上げていくと、4コーナーを回るところで先行3頭の直後辺りまで進出しました。そして直線では前走同様、鋭い差し脚を見せて外から追い込み、逃げ込みを図った断然人気の馬をゴール前できっちり捕らえると、クビ差差し切っています。レース後は右前脚の歩様が良くない為、今週一杯は馬房でゆっくりさせて様子を見る事になっていますが、検査で確認したところ、特に異常は見つかっていません。
05/03/07≪先週のレース結果≫
阪神7R 3歳500万下(D1,200m)
      シルクアルボーレ   1着
      単勝 10番 870円 ワイド3−10 310円
      複勝 10番 190円    10−13 730円
      枠連3−7 810円 3連複3−10−13 1,240円
      馬連3−10 740円
      馬単10−3 2,400円
05/03/05≪3/6(日)の出走情報≫
阪神7R 3歳500万下(混)(D1,200m)
13頭7枠10番 56kg 上村     発走13:30
素軽い動きを見せるなど、久々を叩かれた分、良化傾向にあり、調教師は、獣医に診て貰っているけど、変わり無いので、中1で使う事にした。調子自体は良く、反動の少ない短い距離なら保ってくれるのだろう。能力がある事は前走ではっきりしたし、体質が強くなるまでは辛抱してやっていく。前走みたいに上手く乗ってくれれば上でも通用すると思うし、渋れば更にいいだろう、と話しています。
05/03/03≪今週の出走馬≫
日曜日・阪神7R (D1,200m・13頭) 56s  上村
05/03/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1坂良  62.1-45.7-30.4-14.7 馬也
2坂良  63.3-47.2-30.9-14.6 馬也
3坂良  52.7-38.5-25.6-12.5 馬也
05/03/02≪今週の出走予定馬 3/2現在≫
日曜日の阪神、D1,200m
05/02/28
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は、前走は状態面の事もあり、正直不安はあったが、上手く条件も合っていい走りをしてくれた。それに使った後、坂路で乗り出したが、普段と変わり無いのでホッとしている。急に良くなる訳では無いだろうけど、また状態も見ながら次を考えていきたい、と話しています。検討の結果、今週日曜日の阪神、ダート1,200mに出走を予定しています。
05/02/21
先週優勝しました。外から出脚良く上がっていき、序盤は4、5頭で一塊りとなった2番手争いに加わっていたものの、やや控えて先団直後の5番手に落ち着くと、6番手以下の中団には少し差を付ける格好でレースを進めました。そして前4頭をぴったりマークしたまま4コーナーを回り、直線でその外へ持ち出して追われると、力強い伸び脚を見せて差を詰め、最後は粘る人気の逃げ馬をきっちりと差し切り、半馬身抜け出しています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
05/02/21≪先週のレース結果≫
京都2R 3歳未勝利(D1,200m)
      シルクアルボーレ   1着
      単勝 13番 1,600円 ワイド12−13 1,200円
      複勝 13番 520円    3−13 10,010円
      枠連7−7 3,030円 3連複3−12−13 51,150円
      馬連12−13 2,850円
      馬単13−12 7,770円
05/02/18≪2/19(土)の出走情報≫
京都2R 3歳未勝利(D1,200m)
15頭7枠13番 56kg 上村     発走10:40
17日の追い切りで上々の動きを見せ、だいぶ態勢が整ってきた為、急遽ここへの出走を決めており、調教師は、木曜に坂路でやったら動きがグッと上向き、かなり仕上がってきたので、使う事にした。診て貰っている獣医からもまだ体質的に弱いと言われているが、追い切った後は大丈夫。あとは使った後も反動が出たりせず、このまま順調に使っていけるかどうかだ、と話しています。
05/02/17≪今週の出走馬≫
土曜日・京都2R (D1,200m・15頭) 56kg 上村
05/02/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13坂良  63.1-45.9-30.7-15.3 馬也
17坂重  54.8-39.7-25.8-12.3 一杯
05/02/14
坂路コースでキャンターの調整で、8日、9日、13日と時計を出しています。調教師は、まだ体質的に弱いので、あまり無理せず進めているけど、今のところ順調にきている。素質はいいものを持っていると思うし、何とかいい状態に仕上げて復帰させたい、と話しています。
05/02/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4B良   85.5-69.8-54.9-40.7-13.2 (7)馬也遅れ
8坂良   61.1-45.5-30.1-15.5 馬也
9坂稍   53.3-38.9-25.9-13.3 一杯遅れ
05/02/07
Bコースでキャンターの調整で、4日に併せて時計を出しています。調教師は、2ヵ月近く休ませたので、疲れは取れている様だが、まだこれから速いところを出してみないと何とも言えない。ただ能力のある馬なので期待はしているし、このまま進めて順調なら阪神か中京で使っていけると思う、と話しています。
05/01/31
イクタトレーニングファームで調整を続けていましたが、馬房の都合もついた為、予定より早く戻す事になり、25日に栗東へ帰厩しています。到着後も特に変わりは見られず、翌日からCWコースでキャンターの調整を開始しており、このまま復帰に向けて仕上げを進めていきます。
05/01/28≪最新情報≫
25日に栗東へ帰厩しています。
05/01/24
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。体調などに変わり無く予定通りペースを上げて乗り込まれると、確認した調教師からは、馬体面は順調に回復しているので、2月上旬頃を目処に厩舎へ戻して仕上げていく事にする、と話しています。
05/01/17
イクタトレーニングファームでダクの調整です。引き続き軽く長めに乗り込みながら、馬体の立て直しを促していますが、来週辺りから徐々にペースを上げて様子を見ていく事になっています。
05/01/10
イクタトレーニングファームでダクの調整です。パドック放牧と引き運動を続けながら体調を整わせると、予定通り先週から軽めの調教を再開しており、徐々に距離を延ばしながら立て直していく事になっています。
04/12/27
イクタトレーニングファームで引き運動の調整です。引き続きパドック放牧を行いながら、軽く引き運動で様子を見ており、牧場長は、年明けから少しずつ乗っていこうと思うが、暫くは飼い葉を工夫して体調面を整わせて進めていく事にする、と話しています。
04/12/20
イクタトレーニングファームで放牧休養中です。引き続きパドック放牧を行いながら、しっかり立て直しを図っており、もう暫くは獣医の指示で、このままゆっくりさせてから少しずつ運動を進めていく事になっています。
04/12/13
レース後は、特に変わりありませんが、一旦放牧に出す事になり、9日に愛知県のイクタトレーニングファームへ移動しています。調教師は、前走は佐藤騎手も上手く乗ってくれたが、直線ではもう一つ伸びきれなかった。見えない疲れもあるだろうから、ここで一息入れてしっかり立て直す事にする、と話しています。なお、到着後はパドック放牧でゆっくりさせていますが、今週辺りから少しずつ乗り出していく予定です。
04/12/11≪最新情報≫
一旦放牧して立て直す事になり、9日に愛知県のイクタトレーニングファームへ移動しています。
04/12/06
先週7着でした。まずまずのスタートを切るとそのあとの出脚は五分で、先頭から一塊りとなった7、8番手のやや外めで1コーナーを回っていくと、道中はそのまま中団の馬込みを追走しました。そして、3コーナーを過ぎた勝負どころで、内からグッと前との差を詰めて押し上げながら、直線に向いて追い込みを図ると、ばったり止まる事なく走っていますが、終いの脚色が劣って置かれる格好となり、ジリジリ引き離されていきました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/12/06≪先週のレース結果≫
中京5R 2歳未勝利(芝1,800m)
      シルクアルボーレ   7着
04/12/04≪12/5(日)の出走情報≫
中京5R 2歳未勝利(芝1,800m)
16頭5枠9番 55kg 佐藤哲三   発走11:55
変わらず順調で、叩かれつつ調子を上げてきており、調教師は、追い切りは相手を先に行かせたが、4コーナーでは馬なりで抜き去り、最後まで楽な走りだった。あれだけの動きをするのだから、上手く乗ってくれれば今度はいいんじゃないかと思う、と話しています。佐藤騎手は、リズム良くいけば力まずに走るし、道中無理せず追走出来れば終いもいい脚を使ってくれそう、と話しています。
04/12/02≪今週の出走馬≫
日曜日・中京5R(芝1,800m・16頭)55s 佐藤哲三
04/12/02≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28CW良   58.8-43.0-14.4 (8)馬也併入
2CW良   84.3-67.6-52.9-38.9-12.7 (6)馬也先着
04/11/30≪今週の出走予定馬 11/30現在≫
日曜日の中京、芝1,800m
04/11/29
CWコースでキャンターの調整で、28日に併せて時計を出しています。調教師は、予定通り今週の中京で使う事にするが、先週はじっくり乗り込んで時計自体も速いところはやっていない。今週追い切れば丁度良いし、次はもう少し控える競馬をすれば、終いは必ず伸びてくるので、乗り方さえしっかりしてくれれば、徐々に良くなっている分、変わってくるだろう、と話しています。今週日曜日の中京、芝1,800mに出走を予定しています。
04/11/22
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、前走は道中脚を溜めて進めていって欲しかったが、少し前で競馬をしてしまった。まだまだこれから良くなってくる見込みはあるし、来年のクラシック路線も視野に入れたい馬なので、それまでしっかり競馬を覚えさせていく、と話しており、来週からの中京を目指す事になっています。
04/11/16≪先週のレース結果≫
京都3R 2歳未勝利(芝1,800m)
      シルクアルボーレ   7着
04/11/15
先週7着でした。五分のスタートから先行争いに加わっていき、逃げ馬直後の3番手の外で終始抑えると、道中はそのまま好位に取り付いてレースを進めました。そして、4コーナーから直線に向いたところで追い出しを図り、前2頭に並び掛けて一旦抜け出す勢いも窺えましたが、残り200mのところで手応えが鈍りバッタリ止まってしまうと、最後は後続に吸収されてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/11/13≪11/14(日)の出走情報≫
京都3R 2歳未勝利(混)(芝1,800m)
18頭4枠7番 55kg 岩田     発走11:00
ガラリ一変とはいかないものの、叩かれた分、良化傾向にあり、調教助手は、疲れもすぐに取れて具合がいいので中1週で使う。1度叩いて順調に上向き、追い切りの動きも前走使う前よりも良く、上積みは期待出来そう。相手は揃っているみたいだが、これからまだまだ良くなっていくタイプだと思うし、レースを覚えていって欲しい、と話しています。
04/11/11≪今週の出走馬≫
日曜日・京都3R (芝1,800m・18頭)  55s 岩田
04/11/11≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂良   58.3-44.2-30.6-16.2 馬也
11CW良   71.5-55.5-41.1-12.8 (8)馬也
04/11/09≪今週の出走予定馬 11/9現在≫
日曜日の京都、芝1,800m
04/11/08
レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教助手は、使った反動は無く馬も元気一杯なので、中1週で今週使う事にしている。前走は終いで前が塞がらなかったら、まだ伸びる素振りもあったし、様子を窺っているうちにレースが終わった感じなので、これから良さが出てくる筈、と話しています。今週日曜日の京都、芝1,800mでの出走を予定しています。
04/11/01
先週8着でした。まずまずのスタートから控え、中団よりやや後ろでレースを進めると、終始馬群の中を追走しながら、そのままの位置取りで4コーナーを回りました。そして直線を向いたところでは、最内を突いて追い出しを図る様にも見えましたが、バテた馬を交わすのに中へ突っ込んで追われると、出走中2番目に速い上がりの時計を出して、前との差を詰めていますが、先に抜け出した上位馬には、それ以上挽回する事は出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/11/01≪先週のレース結果≫
京都5R 2歳新馬(芝1,600m)
      シルクアルボーレ   8着
04/10/30≪10/31(日)の出走情報≫
京都5R 2歳新馬(混)(芝1,600m)
16頭4枠8番 55kg 岩田     発走12:10
デビュー戦となりますが、まだ良化途上でいきなりというデキにはなく、時計も平凡で目立ちません。調教助手は、追い切りでは併せて先行し、どれだけやれるかと思ったけど、まだもう一つ動けず、今回に関しては勝ち負けは厳しいだろう。ただ体は段々としっかりしてきているし、使って良くなっていくタイプじゃないかと思う、と話しています。
04/10/28≪今週の出走馬≫
日曜日・京都5R  (芝1,600m・16頭)  55s 岩田
04/10/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22CW稍   51.9-39.8-12.9 (7)強め併入
28坂稍   55.4-41.1-27.9-14.9 一杯遅れ
04/10/26≪今週の出走予定馬 10/26現在≫
日曜日の京都、芝1,600m
04/10/25
坂路とCWコースでキャンターの調整で、22日にCWコースで併せて時計を出しています。調教助手は、先週は金曜日に攻め馬を行ったが、追う毎に良くなってきているので、このまま使いながら強化を図っていく事にする、と話しており、今週日曜日の京都、芝1,600mでの出走を予定しています。
04/10/18
坂路とCWコースでキャンターの調整で、14日に坂路コースで併せて時計を出しています。調教助手は、まだ体質的に弱いところはあるが、休まずしっかり乗り込んで、先週は坂路を強めに追って、まずまず動いてしたので、予定を早めて来週の京都、芝1,600mに目標を切り替えて仕上げていく事にする、と話しています。
04/10/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂重   61.2-43.7-28.4-14.7 馬也遅れ
14坂良   55.9-40.5-26.3-13.5 一杯
04/10/11
坂路とCWコースでキャンターの調整で、7日にゲート試験に合格すると、11日にはCWコースで併せて15−15程度の時計を出しています。調教師は、練習代わりに受けたゲートは、まずまず無難にこなして合格してくれた。ただ、まだ体はデキていないので、暫くはじっくり進めていこうと思うし、先々走ってくる馬だから大事にやっていきたい、と話しています。
04/10/08≪最新情報≫
7日にゲート試験を受け合格しています。
04/10/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3CW良  69.6-55.9-42.0-14.4 (6)馬也併入
7E良  (ゲート)13.7-13.3-14.4-15.5 馬也
     ゲート試験合格
04/10/04
坂路とCWコースでキャンターの調整で、3日にCWで併せて時計を出しています。調教助手は、戻って来たばかりなので、坂路と馬場でじっくり乗り込みながら進めているが、週末には軽く併せて時計を出して状態を確認している。ただ、まだ若く口が煩いし、結構気だけで走るところがあるので、このまま休まず乗り込んで体を作りながら、ゲート練習を始めていく事にする。体は小柄だが根性はありそうだし、今のところ歩様も問題無い、と話しています。
04/09/27
栗東ホース倶楽部でダクとキャンターの調整で、順調にペースを上げて乗り込むと、24日には確認した調教師の指示で栗東へ帰厩しています。到着後も状態に変わり無く今週からコースに入れて調教を再開していく事になっています。
04/09/24≪最新情報≫
24日に栗東へ帰厩しています。
04/09/20
栗東ホース倶楽部でダクとキャンターの調整です。移動後は状態に変わり無く徐々に運動量を増やして乗り込みを進めており、このまま調教師の確認を受けながら、ペースを上げていく事になっています。
04/09/13
イクタトレーニングファームで調整を続けていましたが、11日に滋賀県の栗東ホースクラブへ移動しています。調教師は、獣医の許可もあり、調教ペースを上げて乗り込んでいける様になったので、トレセン近くの牧場に移して状態を確認しながら進めていく事にする、と話しています。
04/09/10≪最新情報≫
10日に滋賀県の栗東ホースクラブへ移動しています。
04/09/06
イクタトレーニングファームでダクと軽めのキャンターの調整です。引き運動を続けながら、脚元の状態を見ていましたが、回復経過を確認した獣医の指示で軽めの乗り運動を始めています。乗り始めてからも、今のところ歩様は落ち着いており、このまま徐々に調教量を増やしながら進めていく事になっています。
04/08/30
イクタトレーニングファームで引き運動の調整です。変わり無くパドック放牧と軽い運動を続けながら、しっかり脚元の回復を促しており、今週中には再度経過を確認して運動再開の目処を立てていく事になっています。
04/08/23
イクタトレーニングファームで引き運動の調整です。引き続きパドック放牧を行いながら軽く動かして様子を見ており、近い内にもう一度回復経過を確認してから、獣医の指示で乗り運動を始めていく事になっています。
04/08/16
イクタトレーニングファームで引き運動の調整です。引き続き軽めの運動を行いながら、脚元の状態を確認しており、今後獣医の指示で徐々にペースを上げて進めていく事になっています。
04/08/09
イクタトレーニングファームで引き運動の調整です。引き続き脚元の状態を見ながら軽く進めており、牧場長は、急に動かすと骨膜が出て痛がってしまうので、もう暫くじっくり進めていく事にする、と話しています。
04/08/02
イクタトレーニングファームで引き運動の調整です。7月一杯馬房でゆっくり休ませていましたが、先週のレントゲン検査の結果、骨折箇所付近に骨膜が出る事も無く順調に回復してきている事が分かりました。今週からは獣医の許可で軽く引き運動を始めており、暫くはこのまま歩様などを確認しながら進めていく事になっています。
04/07/26
イクタトレーニングファームの馬房で休養中です。体調面に変わり無く、飼い葉をしっかり食べながら、脚元の回復を待っており、今週末には再度検査を行い経過を確認する予定になっています。
04/07/19
イクタトレーニングファームの馬房で休養中です。引き続き馬房でゆっくりさせながら、左後脚の回復を待っており、月末には再度検査を行い経過を確認する予定になっています。
04/07/12
イクタトレーニングファームの馬房で休養中です。移動後は馬房でゆっくりさせながら、左後脚の骨折箇所の状態を見ており、このまま回復するのを待って進めていく事になっています。
04/07/05
坂路コースでキャンターの調整を進めていましたが、左後脚に腫れが見られた為、大事を取って30日にレントゲンを撮ったところ、検査の結果、左後脚の飛節付近にごくわずかですが、骨折が確認されました。獣医からは、全治3ヶ月の診断が下されており、1日に愛知県のイクタトレーニングファームへ放牧されています。なお、症状的には非常に軽いもので順調なら約1ヶ月程で運動を始めていけるそうです。
04/07/02≪最新情報≫
左後脚に腫れが見られた為、30日にレントゲン検査を行ったところ、検査の結果、左後脚の飛節付近にごくわずかですが、骨折が確認されました。獣医からは、全治3ヶ月の診断が下され、1日に愛知県のイクタトレーニングファームへ放牧されています。
04/06/28
予定通り23日に栗東の藤原英昭厩舎へ入厩すると、到着後も状態に変わり無く、翌日から角馬場でダクとキャンターの調整を始めています。調教助手は、なかなかバネのある走りをしていて、気性も大人しく扱い易そうだし、とてもいい雰囲気を持っている、と話しています。
04/06/25≪最新情報≫
23日に栗東の藤原英昭厩舎へ入厩しています。
04/06/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。右後脚の皮膚は問題無く、順調にピッチを上げて乗り込みを進めると、坂路とトラックコースを18秒前後で乗りながら、5ハロン15秒から終い3ハロン12秒台のラップを出して調教を付けられています。なお、調教師の指示で、23日に栗東の藤原英昭厩舎へ入厩する事が決まっています。
04/06/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。右後脚の皮膚病の症状は落ち着いて、徐々にペースを上げて乗り込みを進めると、坂路とトラックコースで16秒から17秒程度のラップを出して調教を付けられており、運動後も状態に変わりありません。
04/06/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンターの調整です。順調に時計を出して乗り込んでいましたが、右後脚に皮膚病の症状が見られる様になった為、大事を取って休ませたものの、週末には問題無く徐々に元のメニューに戻しながら調教を再開しています。
04/05/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路を15から14秒のペースで乗ると、トラックコースでも5ハロン17から15−15のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、馬体重に変わりは無いが、スピードやバネは凄いものを持っている。確認した調教師からも早めの入厩を考えたい、との事だったので、このままの状態を維持しながら進めていく事にする、と話しています。
04/05/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。トラックコースを長めにじっくり進めると、コンスタントに坂路で20秒程度のペースで乗り込んでおり、1度13秒前後のラップを出して調教を付けられています。
04/05/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。順調に15−15を切って乗っていますが、先週は雨で馬場が悪かった為、大事を取ってペースを緩めており、坂路とトラックコースで20秒前後の調教を付けられています。
04/05/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路を20秒平均ペースで乗り込むと、トラックコースでは4ハロンを15から終い13秒台のラップを出して調教を付けられており、変わり無く順調です。
04/05/03
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無く順調にピッチを上げ、坂路を20秒前後のペースで乗り込むと、先週はトラックコースで1度、5ハロン17から終い3ハロン15−15を切るラップを出して調教を付けられています。
04/04/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。トラックコースを長めに20秒前半ペースで乗り込むと、坂路では1度2ハロン16〜17秒程度の調教を付けられています。牧場長は、右後脚の皮膚病はすっきりして徐々にピッチを上げると乗ったあとも心配は無い。走りを見てもスピードはありそうだし、これからどんどん変わってくるものを感じさせるので、焦らずしっかり上向かせていきたい、と話しています。
04/04/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。順調に坂路とトラックコースを併用して20秒前後のペースで乗り込みを進めると、先週は1度3ハロン17〜18秒程度のラップを出して調教を付けられています。
04/04/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。脚元に不安も無くなった為、徐々にペースを上げて乗り込むと、先週は坂路にも入れて20秒程度の調教を付けられており、このまま成長を促しながら進めていく事になっています。
04/04/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンターの調整です。右後脚にバンテージを巻いて乗り込みを進めていますが、症状はすっかり落ち着いて患部の腫れや痛みも無い為、このまま段々ペースを上げていく事になっています。
04/03/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンターの調整です。予定通り乗り運動を再開すると、週末には1度25秒程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、右後脚の皮膚が若干弱い印象を受けるが心配は無いだろうし、馬体の成長を考えれば今回は良い休養になった、と話しています。
04/03/22
天栄ホースパークで放牧休養中です。引き続きパドック放牧をおこないながら、右後脚の皮膚の状態を見ていますが、徐々に症状も完治してきている為、今週中には軽めの乗り運動を再開していく予定になっています。
04/03/15
天栄ホースパークで放牧休養中です。順調に時計を出して乗り込みを進めていましたが、右後脚に皮膚病の症状が見られた為、パドック放牧に切り替えており、しっかり完治するのを待ってから運動を再開していく事になっています。
04/03/08
馬名が シルクアルボーレ に決まっています。 天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。トラックコースで長めに20秒前半ペースでじっくり乗ると、坂路にも入れて乗り込みを進めており、先週は1度2ハロン15−15程度の調教を付けられています。
04/03/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。成長を促しながらトラックコースでじっくり乗り込みを進めると、坂路で1度18秒前後のラップを出して調教を付けられています。
03/10/03
育成を開始する為、下記の1歳馬が4日に北海道を出発し、5日に天栄ホースパークへ移る事が決まっています。
        シルク2−09(父アジュディケーティング:母ピアグレイス)
        シルク2−16(父ブライアンズタイム:母シルキーグランス)
        シルク2−25(父エルコンドルパサー:母ルビータイガー)
03/02/21≪最新情報≫
シルク2−2、2−14、2−16、2−17、2−19、2−21、2−22、2−23、2−24、2−26、2−27は18日に北海道門別のヤナガワ牧場へ移動しています。