シルクテンダー
牝馬、鹿毛、02/05/20生
父:スペシャルウィーク、母:シルヴァード、母の父:Halo
厩舎:国枝栄(美浦)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
05/09/12
協議の結果、誠に残念ながら、このまま引退させる事が決まり、9日に抹消の手続きが取られました。出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
05/09/09≪最新情報≫
9日に登録抹消の手続きが取られています。
05/09/05
レース後は調教師の指示で30日に茨城県の水野馬事センターへ放牧されると、以後ゆっくりさせており、前走騎乗の梶騎手は、道中は楽に走れたけど、いざ追い出しても伸びなかった、と話しています。調教師からは、あんなに楽に行ってて粘れないようでは厳しい。馬っぷりは良くなっているのだが、慢性的に息遣いが悪い感じで、呼吸器系が弱いのかもしれない。レース振りにも見どころがなく、この辺りで引退を考えた方がいいのではないか、と話しがあり、協議の結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まりました。今週には抹消の手続きが取られる予定で、出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
05/09/02≪最新情報≫
30日に茨城県の水野馬事センターへ放牧されています。
05/08/29
先週17着でした。外でポンとダッシュ良く飛び出し、スタート直後は2番手に付けていたものの、行きたい馬を先に行かせると、途中で4番手に落ち着き、そのまま好位の外を追走しました。そして勝負どころでも離されず、先行馬を直後でマークしたまま4コーナーを回りましたが、直線を向いていざ追われても伸び脚を欠いて早々と失速し、後続に次々交わされてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、調教師の指示で30日に茨城県の水野馬事センターへ一旦出される事になっています。
05/08/29≪レース結果≫
新潟3R 3歳未勝利(芝1,800m) 17着
05/08/27≪出走情報≫8月28日出走
新潟3R 3歳未勝利(牝)(芝1,800m)
18頭8枠16番 54kg 梶       発走11:00
前走後は短期で出されたものの、ここ目標に放牧先でも緩めず乗り込まれ、前走程度のデキにはあり、調教師は、先週末やった後に左前の歩様が少し気になったみたいで、ソエ気味なのかもしれないが、触っても痛みは無く大丈夫。追い切りの動きもまずまずだったし、力は出せる。特に変わり身は無いけど、芝ならもう少し走っていい筈、と話しています。
05/08/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21坂稍   54.5-40.3-27.3-14.1 馬也
24坂良   54.3-39.8-27.2-14.3 一杯遅れ
05/08/25≪出走情報≫
日曜日・新潟3R(芝1,800m・18頭)54s 梶
05/08/23≪出走情報≫
日曜日の新潟、芝1,800m(牝)
05/08/22
坂路コースでキャンターと、プール調教のメニューで調整され、17日、21日と時計を出しています。攻め馬の動きや息遣いもまずまずで、順調な仕上がりを見せており、今週日曜日の新潟、芝1,800mの牝馬限定戦に出走予定となっています。
05/08/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14坂稍   56.6-40.8-27.3-13.6 馬也
17坂良   56.4-41.8-28.4-14.6 馬也
05/08/15
水野馬事センターで調整を続けていましたが、予定通り先週戻す事が決まり、12日に美浦へ帰厩しています。そして到着後も変わり無く、翌日から坂路コースでキャンターの調整を開始すると、14日に時計を出し始めており、このまま新潟での復帰を目指して仕上げていきます。
05/08/12≪最新情報≫
12日に美浦へ帰厩しています。
05/08/10
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。引き続き状態面を維持しながら、馬体を緩めずしっかり乗り込むと、今週の帰厩を予定していましたが、調教師の指示で、もう1、2週間牧場で調教を積んでから、厩舎に戻す事になっています。
05/08/01
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。体調面など馬体に心配するところ無く休まず調教を付けられると、確認した調教師の指示で来週には美浦へ帰厩する予定で、今のところ新潟で出走を目指す事になっています。
05/07/25
予定通り19日に水野馬事センターへ放牧されると、変わり無くキャンターの調整を始めています。前走について加藤騎手は、力強さに欠ける分、最後まで踏ん張り切れなかったし、芝の方が合っている様だ、と話しており、調教師は、今後は8月10日辺りに戻して次の新潟3週目の芝千八の牝馬限定戦を予定している、と話しています。
05/07/22≪最新情報≫
19日に水野馬事センターへ放牧されています。
05/07/19≪先週のレース結果≫
新潟1R 3歳未勝利(D1,200m)
      シルクテンダー    9着
05/07/18
先週9着でした。外で一番速い飛び出しを見せましたが、内から上がってきた馬を先に行かせると、2、3番手の外に落ち着き、道中はそのまま終始前々で積極的にレースを進めました。そして先頭から一団となったまま4コーナーを回って追い出しに掛かりましたが、直線は粘りを欠いてあっという間に後続に捕まってしまい、後方に下がっています。レース後、特に不安は無い様ですが、調教師の指示で19日に茨城県の水野馬事センターへ一旦放牧の予定で、今後は次の新潟開催か札幌開催を目指す事になっています。
05/07/16≪7/17(日)の出走情報≫
新潟1R 3歳未勝利(牝)(D1,200m)
15頭8枠14番 51kg 加藤士津八  発走10:00
短期放牧明けとなるものの、帰厩後は順調に攻め馬を消化して態勢は整っており、調教師は、馬自体は良くなって動きも上向いてきているが、どうも前がゴツゴツしだしている。ただ走るのには影響無い程度で、力を出せるだろうし、メンバーも楽そうだから今週使ってみる。前走は先行して良く粘ってくれたので、今回も前々で競馬をさせてみたい、と話しています。
05/07/14≪今週の出走馬≫
日曜日・新潟1R (D1,200m・15頭) 51kg 加藤士津八
05/07/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂重   53.7-39.2-26.5-13.8 馬也
13坂良   53.7-39.1-26.7-13.9 馬也遅れ
05/07/13≪今週の出走予定馬 7/13現在≫
シルクコンプリートとシルクテンダーは今週使うかどうか検討を続けており、まだ結論は出ていません。
05/07/12≪今週の出走予定馬 7/12現在≫
シルクコンプリート、シルキーパンチ、シルクラスティ、シルクマイスター、シルクトリガー、シルクテンダー、シルクラズベリーも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/07/11
坂路とWコースでキャンターとプール調教のメニューで調整され、7日、10日と時計を出しています。調教師は、体は良くなっているし、動きもまずまず。次にやってみてから考えたい、と話しており、今週の動きや状態次第では今週の新潟に登録を行う可能性もあります。
05/07/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3坂良  55.8-41.4-28.1-14.5 馬也
7W稍  65.9-51.1-37.9-12.7 (3)強め併入
05/07/04
坂路コースでキャンターとプール調教のメニューで調整を続け、29日、3日と時計を出しています。徐々にピッチを上げて仕上げに入っており、調教師は、牧場で1週間ほど楽をさせたので、少し時間が掛かるかもしれないと思ったけど、追い切りの動きはまずまず。これなら新潟の1週目か、遅くとも2週目には使えるだろう、と話しています。
05/06/30≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29坂重   53.6-39.4-26.7-13.7 馬也遅れ
05/06/27
予定通り23日に美浦へ帰厩すると、到着後は変わり無く、すぐにプール調教を始め、翌日からは角馬場でキャンターも乗り出しています。調教師は、新潟の1、2週目を目標に進めていく、と話しています。
05/06/24≪最新情報≫
23日に美浦へ帰厩しています。
05/06/20
ミッドウェイファームでダクとキャンターの調整です。左前脚の状態は落ち着いて歩様に問題無い為、徐々に距離を延ばしながらペースを上げて乗り込むと、予定通り23日に美浦へ帰厩する事が決まっており、そのまま新潟開催を目指して進めていきます。
05/06/13
ミッドウェイファームで放牧休養中です。左前脚の球節は治療を施して良化を図ると、脚元は大分すっきりして落ち着いている為、今週から乗り運動を始めており、確認した調教師の指示で、ここ1、2週間の内に帰厩させて次走に備えていく事になっています。
05/06/06
予定通り31日にミッドウェイファームへ放牧されると、そのままパドック放牧で脚元の状態を確認しています。調教師は、前走は終いバッタリかと思ったが、渋太く粘っているし、徐々に内容も良くなってきている。もう少し長いところでゆったり進められる方がいいのかもしれない。ただ、今後は放牧先で左前脚の球節部分にショックウェーブ治療を施して良化を図ることにするので、復帰は新潟辺りになりそうだ、と話しています。
05/06/03≪最新情報≫
31日に茨城県のミッドウェイファームへ放牧されています。
05/05/30
先週5着でした。内からダッシュ良く飛び出して楽にハナを奪うと、他に競り掛けてくる馬もなく、逃げる競馬に持ち込みました。そして道中は終始1馬身程のリードを保ってマイペースでレースを引っ張り、そのまま逃げ込みを図りました。しかし直線で後続に捕まると、上位にはジリジリ引き離されてしまったものの、それでも最後まで渋太く走って掲示板は確保しています。レース後、左前脚の球節辺りが少しモヤモヤしている為、大事を取って31日に茨城県のミッドウェイファームへ放牧予定となり、治療して良くなるのを待ったら、新潟辺りを目標に進める事になっています。
05/05/30≪先週のレース結果≫
東 京3R 3歳未勝利(芝1,400m)
       シルクテンダー    5着
05/05/28≪5/29(日)の出走情報≫
東京3R 3歳未勝利(混)(芝1,400m)
18頭2枠4番 51kg 加藤士津八  発走10:45
前走後も鼻出血の兆候は見られず、短期で入れ替えて順調に乗られ、デキも前走使う前より上向きです。調教師は、追い切りはテンから飛ばしたので、終いバタバタになったけど、動きとしては悪くなかった。前走は芝を使って、見どころがあったし、今回は減量を起用してみるから、少しずつでもいい方に変わってきてくれれば、と話しています。
05/05/26≪今週の出走馬≫
日曜日・東京3R  (芝1,400m・18頭)  51s 加藤士津八
05/05/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22坂良  54.2-40.4-27.2-13.6 馬也
25坂良  52.5-39.2-26.8-13.6 強め遅れ
05/05/25≪今週の出走予定馬 5/25現在≫
日曜日の東京、芝1,400m
05/05/24≪今週の出走予定馬 5/24現在≫
東京競馬、土曜日の芝1,800m(牝)か日曜日の芝1,400m
05/05/23
坂路コースでキャンターとプール調教のメニューで調整を続け、18日、22日と時計を出しています。調教師は、相変わらずチャカチャカしているけど、馬は順調で問題無い、と話しており、検討の結果、今週日曜日の東京、芝1,400mに出走を予定しています。
05/05/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15坂稍   58.7-41.6-26.8-13.2 馬也
18坂良   51.6-38.1-26.0-13.2 強め先着
05/05/16
12日に美浦へ帰厩し、到着してすぐにプール調教を開始すると、翌日から坂路コースでキャンターの調整も始め、15日に時計を出しています。具体的な番組はまだ決まっていませんが、来週の東京を目標に仕上げる事になっています。
05/05/13≪最新情報≫
12日に美浦へ帰厩しています。
05/05/09
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。移動後は緩めずすぐに乗り出しており、前走について調教師は、直線ではもう手応えがなく、後ろでじっとしていた方がいいのかもしれない。ただダートよりは芝の方が良さそうだ、と話しています。今週末には美浦へ帰厩し、次の東京を目指す事になりました。
05/05/02
先週9着でした。五分のスタートから出脚良く上がっていくと、数頭横並びとなった好位4番手の一番外に付けていましたが、3コーナー過ぎには積極的に仕掛けて単独3番手に進出し、先行2頭の外に並び掛ける様に4コーナーを回りました。ところが直線で前を捕らえに掛かったところ、逆に突き放されると、最後は脚色に余裕が無くなり、後方に下がっています。レース後、特に変わりありませんが、調教師の指示で一旦入れ替える事になり、1日に茨城県の水野馬事センターへ放牧されています。ただ短期で戻して新潟最終週辺りを目指す事になっています。
05/05/02≪先週のレース結果≫
東京5R 3歳未勝利(芝1,400m)
      シルクテンダー    9着
05/04/29≪4/30(土)の出走情報≫
東京5R 3歳未勝利(牝)(芝1,400m)
18頭6枠11番 54kg 蛯名     発走12:20
2月の東京以来となりますが、鼻出血の影響も無くしっかり乗られ、ほぼ態勢は整っており、調教師は、新潟の予定でいたけど、厩務員に聞くと前回馬運車の中でガタガタしてたって言い、長距離輸送が心配だから東京にする。今週はあまり動かなかったが、先週は乗り役を乗せてやったし、その違いもあるだろう。状態はまずまずで、芝を試してみるので、変わり身を見せて欲しい、と話しています。
05/04/28≪今週の出走馬≫
土曜日・東京5R  (芝1,400m・18頭)   54s 蛯名
05/04/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27坂良  54.0-40.2-27.6-14.5 強め遅れ
05/04/27≪今週の出走予定馬 4/27現在≫
日曜日の新潟、芝1,600m
05/04/26≪今週の出走予定馬 4/26現在≫
新潟競馬、土曜日の芝1,800m(父)か、日曜日の芝1,600m
05/04/25
坂路コースでキャンターの調整で、20日に時計を出しています。追い切り後、調教師は、格上と併せて良く動いており、それだけ具合がいいのだろう。新潟1週目にある千八の(父)を考えていたが、あまり乗り役がいないので、千六の方へまわるかもしれない、と話しています。検討の結果、今週日曜日の新潟、芝1,600mに出走を予定しています。
05/04/21≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17坂稍   58.9-43.4-28.8-14.8 馬也
20坂良   51.2-38.0-25.7-13.1 一杯併入
05/04/18
坂路コースでキャンターの調整で、13日、17日と時計を出しています。調教師は、幅が出てきて馬の格好が良くなったし、雰囲気はすごくいいと思う、と話しており、来週土曜日の新潟、芝1,800mの父内国産馬限定戦で復帰予定となっています。
05/04/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂良   54.3-40.2-27.5-14.2 馬也
13坂重   53.6-39.4-26.4-13.4 馬也先着
05/04/11
予定通り7日に美浦へ帰厩すると、到着後も変わり無く、翌日から坂路コースでキャンターの調整を開始し、10日には時計も出し始めています。調教師は、鼻血は大丈夫だからビシビシやってみる。今のところ新潟で芝の番組を考えている、と話しています。
05/04/08≪最新情報≫
7日に美浦へ帰厩しています。
05/04/04
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。体調面に変わり無く引き続きしっかり調教を付けられると、調教師の指示で予定通り7日に美浦へ帰厩する事が決まっており、このまま福島での出走を目指すことになっています。
05/03/28
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。馬体を緩めること無く休まずきっちり乗り込みを進めると、確認した調教師の指示で、来週中には厩舎へ戻し、予定通り福島開催での出走を目指して仕上げていく事になっています。
05/03/21
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。体調面に不安無く休まず乗り込みを進めており、4月上旬には厩舎へ戻し、福島開催での復帰を目指す事になっています。
05/03/14
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。ここまで鼻出血の症状も無く順調に乗り込むと、先週は1度17〜18秒程度のラップを出して調教を付けられており、このまま調教師の指示を待って進めていく事になっています。
05/03/07
水野馬事センターでダクとキャンターの調整です。移動してすぐはパドック放牧で一息入れましたが、すぐに調教師の指示で乗り運動を始めており、今のところ鼻出血の兆候も無く、このまま4月からの福島を目標に進めていく事になっています。
05/02/28
前走で鼻出血を発症し、1ヵ月の出走停止を受けた為、一旦放牧して立て直す事になり、22日に茨城県の水野馬事センターへ放牧されています。調教師は、鼻出血は上がりの運動の後にチョロッと出ただけで、大したものではなかった。息が悪かったのはそういうのもあったのかもしれない。脚が悪い訳じゃないし、すぐに乗り出して貰い、次は福島辺りで芝でも使ってみようかと考えている、と話しています。
05/02/25≪最新情報≫
22日に茨城県の水野馬事センターへ放牧されています。
05/02/21
先週12着でした。内でまずまずのスタートを切ったものの、外側の馬の出脚が勝って後方からの競馬を強いられ、内ラチ沿いの後方2、3番手を追走すると、勝負どころでも差を詰められず、そのままほぼ同じ位置取りで4コーナーを回りました。そして上位の馬には直線で更に引き離され、敵いませんでしたが、バテて止まった馬を交わし、やや着順を上げています。なお、レース中に鼻出血を発症していた為、タイムオーバーは免れていますが、1ヵ月の出走停止を受けています。
05/02/21≪先週のレース結果≫
東京1R 3歳未勝利(D1,400m)
      シルクテンダー    12着
05/02/19≪2/20(日)の出走情報≫
東京1R 3歳未勝利(牝)(D1,400m)
16頭1枠2番 54kg 梶      発走10:05
ガラリ一変とはいかず、追い切りでは終いバテていますが、前走後はここ目標に乗り込まれ、デキ自体は悪くありません。調教師は、使う前と比べれば良くなっているけど、息がまだ本物じゃないので、使いながら少しずつ上向かせていくしかない。ただ初戦でも前の方に付けられたし、叩いた分、もうちょっと粘れると思う、と話しています。
05/02/17≪今週の出走馬≫
日曜日・東京1R (D1,400m・16頭) 54kg 梶
05/02/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13坂良  54.3-39.7-26.6-13.6 馬也
16坂重  52.4-39.7-27.8-14.9 一杯併入
05/02/15≪今週の出走予定馬 2/15現在≫
日曜日の東京、D1,400m(牝)
05/02/14
坂路コースでキャンターの調整で、9日、13日と時計を出しています。追い切り後、調教師は、動きもまずまずで、使う前よりは良くなっている、と話しており、今週日曜日の東京、ダート1,400mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
05/02/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9坂良   56.2-40.9-27.6-13.8 馬也遅れ
05/02/07
予定通り3日に美浦へ帰厩すると、到着後も変わりは見られず、翌日から坂路コースでキャンターの調整を開始しています。調教師は、馬も元気だし4週目目標にバリバリやっていく、と話しており、来週日曜日の東京、ダート1,400mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
05/02/04≪最新情報≫
3日に美浦へ帰厩しています。
05/01/31
レース後も変わりはありませんが、調教師の指示で短期で入れ替える事になり、25日に茨城県の水野馬事センターへ放牧されています。調教師は、前走は思ったより付いていけたし、初戦としては良かったんじゃないかと思う。砂を被って戸惑い、下がってしまったし、息もまだ出来ていなかったので、使って良くなってきてくれれば。スペシャルウィークだからいずれは長いところも使いたい、と話しています。3日に美浦へ帰厩し、最終週の東京を目指す事になっています。
05/01/28≪最新情報≫
短期放牧される事になり25日に茨城県の水野馬事センターへ放牧されています。
05/01/25≪先週のレース結果≫
中山6R 3歳新馬 (D1,200m)
      シルクテンダー    14着
05/01/24
先週14着でした。まずまずのスタートから序盤は先団後ろの7番手辺りを追走し、後方集団には3、4馬身差を付けていましたが、3コーナー手前で早くも遅れ始めると、ばらけた後方10番手位まで後退して4コーナーを回りました。そして直線を向いてからも伸びを欠いて巻き返す事は出来ず、そのまま一杯となって後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
05/01/22≪1/23(日)の出走情報≫
中山6R 3歳新馬(牝)(D1,200m)
16頭3枠6番 54kg 梶      発走12:50
動きはまだそれほど目立ちませんが、坂路中心にしっかり乗り込まれ、大体態勢は整ってきており、調教師は、動きも徐々に良くなってきたし、仕上がりはまずまず。ゲートからも出してみたが普通に出るし、時計も少しずつ詰めてきているので、ここで1回使ってみる。初戦からという感じではなく、使いつつ上向いてきてくれれば、と話しています。
05/01/20≪今週の出走馬≫
日曜日・中山6R(D1,200m・16頭)54kg 梶
05/01/20≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16坂重   58.4-42.9-28.4-14.3 馬也
19坂稍   52.9-38.6-25.8-13.3 一杯遅れ
05/01/18≪今週の出走予定馬 1/18現在≫
日曜日の中山、D1,200m(牝)
05/01/17
坂路コースでキャンターの調整で、13日、16日と時計を出しています。追い切り後、調教師は、53秒を切れなかったのはちょっと不満だが、動き自体は悪く無かったし、まずまず仕上がってきている、と話しており、予定通り今週日曜日の中山、ダート1,200mの牝馬限定戦でデビューを目指しています。
05/01/13≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂良  60.2-43.3-28.8-14.3 馬也
13坂良  53.3-38.8-26.3-13.7 馬也遅れ
05/01/10
坂路コースでキャンターの調整で、30日、3日、6日、10日と時計を出しています。調教師は、やればもっと動けそうだが、まだ控え気味にしている。ただ追った後も脚元は落ち着いているし、順調にいけば中山の内に使えそうだ、と話しており、来週日曜日の中山、ダート1,200mの牝馬限定戦を目標に進めています。
05/01/06≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6坂良   54.0-38.8-26.3-13.6 一杯併入
05/01/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30坂稍  58.2-42.2-28.2-13.9 馬也併入
3坂良  58.1-42.3-28.1-13.8 馬也
04/12/27
天栄ホースパークの坂路で15−15から終い13秒台のラップを出して調教を付けられると、調教師の指示で26日に美浦へ帰厩しています。移動前に牧場長は、両前脚のウラスジはエコーを撮っても不安は無かったが、どうしても触診では形的にいやらしいものの、調教での動きは良くまったく脚元を気にすることも無く歩様も落ち着いていた、と話しています。到着後は変わり無く角馬場で軽めの運動を始めており、このままデビューに向けて進めていきます。
04/12/24≪最新情報≫
26日に美浦へ帰厩する予定です。
04/12/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無く先週も坂路中心のメニューで休まず乗り込むと、コンスタントに20秒を切るペースで進めながら、1度15−15から終い2ハロン13秒台のラップを出して調教を付けられており、前向きに動いています。
04/12/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。引き続きミニトラックでじっくり乗り込みながら坂路に入れると、順調にペースを上げて17秒から18秒程度で進めており、先週は1度17秒から終い15秒台のラップを出して調教を付けられています。
04/12/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。変わり無くミニトラックで時間を掛けて歩様を解しながら、坂路に入れて乗り込むと、徐々にペースを上げて、先週は1度2ハロン15秒から16秒程度のラップを出して調教を付けられています。
04/11/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。引き続きミニトラックでじっくり乗り込んでから、坂路で20秒前後の調教を付けられており、牧場長は、両前脚のウラスジがもう一つすっきりしてこないが、エコーを撮っても抜けていないので、このまま坂路中心に乗りながら少しずつペースを上げていく事にする。調教を進める毎に気性や馬体面は大人っぽくなって成長しているから問題無いだろう、と話しています。
04/11/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。ミニトラックコースでじっくり時間を掛けてウォーミングアップを行ってから坂路に入れて乗り込んでおり、先週はコンスタントに20秒前後の調教を付けられています。
04/11/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続き坂路中心に20秒前後のペースで乗り込むと、1度16秒から17秒程度のラップを出して調教を付けられており、このまま歩様面の良化を促していく事になっています。
04/11/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。脚元に不安無く引き続き坂路中心に20秒を切る位のペースで乗り込んでおり、このままじっくり歩様の硬さを解すように進めていく事になっています。
04/11/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースをじっくり乗り込みながら、引き続き坂路で20秒を切る位のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、両前脚は落ち着いて坂路中心に進めているが、まだ歩様自体は硬く、ゴツゴツしたところが見受けられる。エコーを撮っても異常は無いけど、もう暫くこのままのペースで様子を見ていく事にする、と話しています。
04/10/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター800mの調整です。歩様に変わり無く、引き続きトラックコース中心にじっくり乗り込むと、週末には坂路で1度、20秒前後のラップを出して調教を付けられており、徐々に距離を延ばしながら進めていく事になっています。
04/10/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。パドック放牧から予定通り乗り運動を再開すると、まだトラックコース中心に軽めのメニューですが、歩様自体は安定しており、変わりありません。
04/10/11
天栄ホースパークで放牧休養中です。ササ針後はパドック放牧に切り替えて様子を見ていましたが、今週中には乗り運動を再開していく事になっており、このまま脚元や歩様を確認しながら、じっくり進めていきます。
04/10/04
天栄ホースパークの馬房で休養中です。パドック放牧を続けながら左前脚の骨瘤の状態を見ていましたが、1日にササ針を行い良化を図っています。牧場長は、軽くブリスターを塗りながら回復を待ったけど、歩様に硬さも見られる為、一旦針をして一息入れる事にした。右前脚はエコーを撮っても心配するところは無いが、まだ若干の腫れは残っているので、共に様子を見て進めていく事にする、と話しています。
04/09/27
天栄ホースパークで放牧休養中です。休まず坂路中心に20秒程度のペースで乗り込みを進めていましたが、左前脚の球節の内側付近に骨瘤の症状が出た為、パドック放牧に切り替えて様子を見ると、週末には軽くブリスターを塗って良化を図っています。今週中には軽めの乗り運動から調教を再開する事になっています。
04/09/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。脚元や歩様などに心配するところも見られず、引き続きトラックコースを長めからじっくり乗り込むと、先週も坂路でコンスタントに20秒前後のラップを出して調教を付けられています。
04/09/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。脚元に不安無くトラックコースを長めからじっくり乗り込むと、先週から坂路にも入れて調教を付けられており、週末には1度20秒を切る位のラップを出しています。
04/09/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。ウォーキングマシンを続けながら、右前脚の状態を見ていましたが、まだ腫れはあるものの、歩様に変わり無い為、週末から軽めの乗り運動を再開しています。
04/08/30
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。引き続きパドック放牧とマシンの運動を進めながら、右前脚の状態を見ており、牧場長は、大事を取ってエコーで確認したが、屈腱炎の心配は無いそうだ。まだ多少腫れは残っているが、大分楽をさせて全体的にすっきりしてきているので、獣医とも相談しながら、少しずつ運動を再開していく事にしたい、と話しています。
04/08/23
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。変わり無くパドック放牧とマシンの運動を行うと、右前脚の状態は段々すっきりしてきていますが、今月一杯は無理せずこのままのメニューを続けながら、脚元をしっかりさせていく事になっています。
04/08/16
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。引き続きパドック放牧とマシンの運動を行いながら、右前脚の状態を確認していますが、まだ若干脚元に腫れが残っている為、もう暫くこのまま様子を見ていく事になっています。
04/08/09
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。坂路も併用しながら、20秒を切るペースで乗り込みを進めていましたが、右前脚を多少気にする様になった為、週末から無理せずウォーキングマシンの運動に切り替えて様子を見ています。
04/08/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。トラックコースを5ハロン20秒前後のペースで乗り込むと、坂路では18秒程度のラップを出して調教を付けられており、牧場長は、坂路でなかなかいい動きを見せていたが、まだ幼い面が多く見られる。このまま全体的に成長を促していく事にするが、良いものを持っている分、期待しているし、運動量も他馬と比べて不足していない、と話しています。
04/07/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態面は徐々に上向きながら、坂路にも入れて休まず乗り込みを進めると、トラックコースを5ハロン18秒から終い15秒台のラップを出して調教を付けられており、運動後も歩様に変わり無く順調です。
04/07/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンターの調整です。移動後はパドック放牧で一息入れてから、軽めの乗り運動で脚元や歩様を確かめると、状態は大分すっきりしている為、このまま少しずつ調教量を増やしながら進めていく事になっています。
04/07/12
Wコースでキャンターの調整で、7日に併せて時計を出していますが、右前脚に疲れが溜まり、歩様が悪くなった為、9日に天栄ホースパークへ放牧されています。調教師は、ゲートは受かっているし、乗り込みもまずまずこなすなど、一通りの事はやったので、このまま厩舎で進めるより、一息入れてすっきりさせた方が良いだろう、と話しています。
04/07/09≪最新情報≫
右前脚に疲れが溜まり、歩様がなかなか戻らない為、9日に一旦天栄ホースパークへ放牧されています。
04/07/05
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習を続けると、2日にはゲート試験を受け合格しています。調教師は、先週初めに右前脚の歩様が悪くなったので心配したが、軽いスクミの様だ。体質的なものか分からないが、このまま厩舎で進めながら様子を見ていく事にしたい、と話しています。
04/07/02≪最新情報≫
2日にゲート試験を受け合格しています。
04/06/28
予定通り24日に美浦の国枝厩舎へ入厩すると、到着後も状態に変わり無く、翌日から角馬場で乗り運動を始めています。今週からはコースでキャンターの調整とゲート練習を進めていく事になっており、調教師は、まだ多少乗り込み不足の感じはあるけど、牝馬で不安も無いので、このままやっていくが、暫くはゲート中心のメニューを続けていき、まずは試験に合格させたい、と話しています。
04/06/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。特に心配するところ無く順調に乗り込みを進めると、週末に1度トラックコースを2周、20秒ペースから終い3ハロン13、12秒台のラップを出して調教を付けられています。なお、確認した調教師の指示で、早ければ今週末には美浦の国枝厩舎へ入厩する予定になっています。
04/06/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。順調にしっかり時計を出して乗ると、トラックコースを5ハロン16秒から14秒のペースで乗り込んでおり、坂路でも13秒台の調教を付けられています。
04/06/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。変わり無く休まず乗り込みを進めると、坂路を20秒前後で乗りながら、トラックコースで6ハロン17秒から18秒程度の調教を付けて馬体をしっかりさせていく事になっています。
04/05/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路を17〜18秒程度のペースで乗ると、トラックコースでも5ハロン16秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、まだ中身が伴ってこないものがあり、馬体の線は細く腰に幅や力がもっと付いて欲しいが、徐々に変わり身は窺えて良くなってきている、と話しています。
04/05/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター2,000mの調整です。トラックコースを長めにじっくり進めながら、徐々にペースを上げて乗り込むと、先週は坂路で20秒程度の調教をしっかり付けられており、状態に変わりありません。
04/05/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mと軽めのキャンターの調整です。馬体はふっくらして段々ペースを上げていく事になっていましたが、先週は雨で馬場が悪かった為、無理せず長めにじっくり乗り込みながら進めており、状態に変わりありません。
04/05/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。帯道の当たった箇所はすっきりして乗り運動を再開すると、どこにも不安は見られ無い為、今週からしっかりキャンターを進めていく事になっています。
04/05/03
天栄ホースパークで放牧休養中です。順調に乗り込みを進めていましたが、帯道があたり気にする為、大事を取ってパドック放牧に切り替えています。ただ、症状は軽く今週中には調教を再開する事になっています。
04/04/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。状態に変わり無く徐々にペースを上げて乗り込むと、坂路とトラックコースで20秒程度の調教を付けられています。牧場長は、まだ腰幅が無くトモの踏み込みにも力強さは見られないが、遅生まれの割にはしっかりして良くなってきている、と話しています。
04/04/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。予定通り乗り運動を再開すると、まだトラックコース中心に軽めのメニューですが、調教後も状態に変わり無く順調です。
04/04/12
天栄ホースパークで放牧休養中です。ササ針後はパドック放牧に切り替えて様子を見ていましたが、今週から軽めの乗り運動を始めていく事になっており、状態に変わりありません。
04/04/05
天栄ホースパークの馬房で休養中です。ササ針後は引き続き馬房でゆっくりさせながら、馬体の良化を促しており、状態に変わりありません。
04/03/29
天栄ホースパークの馬房で休養中です。順調に時計を出していましたが、馬体の良化を図る為、29日にササ針をおこない馬房で休ませています。牧場長は、坂路を2本ずつ乗り込んでいたことで疲れが溜まってしまったのだろう。馬体にはもう一回り幅が出て力強さも欲しいけど、段々しっかりしてきている、と話しています。
04/03/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。順調に坂路とトラックコースを併用し、20秒前後の調教を付けられると、先週は坂路で1度3ハロン15〜16秒程度のラップを出しています。
04/03/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く坂路で17〜18秒程度のペースで乗り込みを進めると、先週も1度トラックコースで3ハロン16秒前後のラップを出して調教を付けられています。
04/03/08
馬名が シルクテンダー に決まっています。 天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。トラックコースで時間を掛けて長めに乗り込みを進めると、先週は1度3ハロン15〜16秒程度の調教を付けられています。
04/03/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。変わり無く乗り込みを進めると、馬体は順調に成長してきており、坂路で1度17〜18秒程度のラップを出して調教を付けられています。
03/09/24≪クラブからのお知らせ≫
急遽、下記の1歳馬が育成を開始する為、9月25日に北海道を出発し、26日に天栄ホースパークへ移る事が決まっています。
03/01/31(会報)
気のきつい面があるものの、引き続きラインの綺麗な馬体で順調に成長してきており、歩様にもバネの利いた柔らさがある。