シルキーパフューム(○父)
牝馬、栗毛、01/03/09生
父:マヤノトップガン、母:シルキーグランス、母の父:Kingmambo
厩舎:阿部新生(美浦)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
07/11/28
22日に抹消の手続きが取られています。出資会員の皆様には後日書面にてご報告致します。
07/11/23≪最新情報≫
21日に天栄ホースパークへ放牧されています。
22日に抹消の手続きが取られています。
07/11/22≪最新情報≫
22日に抹消の手続きが取られています。
07/11/21
先週13着でした。今回は積極的な競馬を見せて、先頭でレースを引っ張りましたが、3コーナーすぎには後続に詰め寄られ、先頭を譲る格好で4コーナーを回りました。そして直線では、早々に末脚を無くすと、そのまま後退して後方に敗れています。レース後、21日に天栄ホースパークへ放牧されており、丹内騎手は「前走が頭にあったので、今回は意識的に前に行く作戦でした。スタートも良く、周りも控えたので、ハナに立つ格好になりました。道中は折り合っていたし、向正面でも良い具合にペースを落とせたんだけど、直線はパッタリでしたね。力の差かな」と話すと、調教師から引退の打診があった為、協議を行った結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、22日に抹消の手続きが取られる予定となっています。尚、出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
07/11/21≪最新情報≫
21日に天栄ホースパークへ放牧されており、このまま引退させる方向で検討しています。
07/11/19≪レース結果≫11月17日出走
福島5R 500万下(芝2,000m・15頭)13着(13人気)
07/11/16≪出走情報≫11月17日出走
福島5R 500万下(牝) (芝2,000m)
15頭3枠4番 55kg 丹内      発走11:45
前走後も変わりなく調整を進めると、予定通り今週出走する事になり、調教師は「この中間も順調に乗り込んでいます。前走のように馬場が渋ると全然ダメですね。状態は変わらず良いですし、良馬場ならあんなことはないはずです」と話しています。
07/11/15≪出走情報≫11月17日出走
福島5R 500万下(芝2,000m・15頭)55kg 丹内
07/11/14
南Dコースでキャンターの調整で、14日に時計を出しています。調教師は「相手関係も考慮して、牝馬限定戦に丹内騎手で登録します」と話しており、今週土曜日の福島、芝2,000mの牝馬限定戦に出走します。
07/11/14≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14南D良    67.2- 52.5- 38.7- 12.6 強目単走
07/11/13≪出走予定≫
福島競馬(番組は未定)
07/11/07
南Dコースでキャンターの調整で、7日に時計を出しています。調教師は「前走の疲れもなく順調です。来週の福島を予定しています」と話しています。
07/11/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7南D良    71.2- 55.0- 40.5- 13.2 G前仕掛け単走
07/10/31
先週12着でした。道中は後方2番手でレースを進めると、勝負処でも押し上げられず、最後方で4コーナーを回りました。そして直線でも最後まで伸びを欠き、順位を上げられないままゴールしています。レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「この馬場がすべてだね。騎手には良いところを選んで走るように言っておいたけど、どこを通っても一緒だったみたいです。一生懸命走ってないようで、使った後も全然疲れてないね。次は福島の最終週あたりで使います」と話しています。
07/10/29≪レース結果≫10月27日出走
福島5R 500万下  (芝2,000m・12頭)12着(11人気)
07/10/26≪出走情報≫10月27日出走
福島5R 500万下(牝) (芝2,000m)
12頭8枠11番 55kg 丹内      発走11:50
先週の出走も検討されましたが、仕上がりなども考慮して今週に回っており、調教師は「前走を見ると、やはりダートよりは芝の方が良いでしょうね。展開が向けばもう少し走れると思います。あとは、良馬場でやりたいですね」と話しています。
07/10/25≪出走情報≫10月27日出走
福島5R 500万下  (芝2,000m・12頭)55kg 丹内
07/10/24
南Dコースでキャンターの調整で、24日に時計を出しています。調教師は「連闘後で輸送もありましたが、疲れもなく元気一杯です」と話しており、今週土曜日の福島、芝2,000mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
07/10/24≪出走予定≫
土曜日の福島・芝2,000m(牝)[55 丹内]
07/10/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24南D良 84.8- 68.4- 53.8- 39.8- 13.7 強目単走
07/10/23≪出走予定≫
福島競馬(番組は未定)
07/10/18≪出走情報≫
シルキーパフュームは、検討の結果、今週の登録は見送り、来週福島の出走予定となっています。
07/10/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18南D良    68.8- 53.7- 39.8- 12.9 馬也単走
07/10/17
南Wコースでキャンターの調整で、18日に時計を出しています。調教助手は「今週使う方向だったんですが、まだちょっと追い足りないので来週にします」と話しています。
07/10/16≪出走予定≫
福島競馬(番組は未定)
07/10/10
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「輸送の疲れもなく順調です。福島1週目を予定しています」と話しています。
07/10/03
先週12着でした。道中は後方2番手からの競馬になると、3コーナーすぎから気合を付け、9番手に並んで4コーナーを回りました。ところが直線では、末脚を無くして後退すると、最後は流れ込むようにゴールしています。レース後も順調で、3日に美浦へ帰厩しています。柴山騎手は「ゲートの出がモッサリしていたので、無理せず後ろから競馬をさせました。3コーナー辺りから急にペースが速くなった途端、ついて行けなくなってしまいました」と話し、調教師は「ペースに対応出来なかったみたいだね。ダート自体は問題ないんだけど、流れが向かなかったね。この後は福島で使っていきましょう」と話しています。
07/10/03≪最新情報≫
3日に美浦へ移動しています。
07/10/01≪レース結果≫9月30日出走
札幌6R 500万下 (D1,700m・13頭)12着(12人気)
07/09/28≪出走情報≫9月30日出走
札幌6R 500万下(牝) (D1,700m)
13頭 55kg 柴山          発走12:35
先週出走の疲れも見られない事から、連闘で今週の出走を決めており、調教師は「前走は狭いところに入っちゃったから仕方ないね。今回はダートを試してみましょう」と話し、厩務員は「レース後も元気一杯ですね。やはり滞在競馬が合うのかもしれません」と話しています。
07/09/27≪出走情報≫9月30日出走
札幌6R 500万下 (D1,700m・13頭)55kg 柴山
07/09/26
先週6着でした。道中は10番手でレースを進めると、3コーナーすぎもじっくり脚を溜め、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線では懸命に追われると、前残りの展開で上位に食い込む事は出来なかったものの、この馬なりに伸び脚を見せて順位を上げています。津村騎手は「切れる脚はないけど、ジリジリと伸びていました。もう少し早めに外に出していれば良かったかもしれません」と話すと、調教師は「使った後も元気なので連闘します」と話しており、連闘で今週日曜日の札幌、ダート1,700mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
07/09/26≪出走予定≫
札幌競馬・D1,700mの番組[騎手未定]
07/09/25≪レース結果≫9月23日出走
札幌10R グリーンチャンネルC (芝1,800m・12頭)6着(9人気)
07/09/21≪出走情報≫9月23日出走
札幌10R グリーンチャンネルC(牝)(芝1,800m)
12頭 55kg 津村          発走14:50
札幌競馬場に到着後も順調な事から、検討の結果今週の出走を決めており、厩務員は「輸送疲れなども特になさそうですよ。ただ、環境の変化でややカリカリしているので、レース当日は落ち着いてほしいですね」と話し、調教師は「20日に乗ったら、元気が良すぎるぐらいでしたよ」と話しています。
07/09/20≪出走情報≫9月23日出走
札幌10R グリーンチャンネルC (芝1,800m・12頭)55kg 津村
07/09/19
南Dコースでキャンターの調整で、13日に時計を出すと、19日に札幌競馬場へ移動しています。調教師は「向こうに着いてからも元気だね。今週使います」と話しており、日曜日の札幌・グリーンチャンネルカップへ出走を予定しています。
07/09/19≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
07/09/19≪最新情報≫
19日に札幌競馬場へ移動しています。
07/09/18≪出走予定≫
土曜日の札幌・恵庭岳特別か、日曜日の札幌・グリーンチャンネルC
07/09/13≪出走情報≫
シルキーパフュームは、検討の結果、今週の登録は見送り、来週以降の出走予定となっています。
07/09/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13南D稍    66.5- 51.9- 38.4- 12.8 G前仕掛単走
07/09/12
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「今週の出走も考えていましたが、来週なら牝馬限定戦もあるし、来週に回ります」と話しています。
07/09/12≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
07/09/05
南Dコースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教師は「順調です。中山開催では使えないので、来週札幌に移動することになると思います」と話しています。
07/09/05≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5南D稍    68.6- 53.4- 39.6- 13.0 馬也単走
07/08/29
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「インフルエンザの検査で陽性でしたが、馬は元気ですよ。調教も休んでいないので、検査結果次第ではすぐに使えると思います」と話しています。
07/08/24≪インフルエンザ感染馬のお知らせ≫
下記の馬についてインフルエンザの検査の結果、陽性反応が出た旨連絡がありましたので、お知らせ致します。
     馬名:シルキーパフューム
尚、本馬は特に目立った症状は見せておらず、調教も軽めですが休み無く乗っています。
07/08/22
坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「この中間は軽めに乗っています。次走はまだ未定ですが、仕上がりや想定を見ながら予定を立てていくことにします」と話しています。
07/08/15
坂路と南Wコースでキャンターの調整です。調教助手は「特に変わりなく、どこも悪いところはありません。またどこか様子を見て使っていきます」と話しています。
07/08/08
先週12着でした。道中は9番手辺りでレースを進めると、3コーナーすぎもまずまずの手応えで追走し、8番手で4コーナーを回りました。ところが直線を向くと、追ってからが案外で、最後は末脚を無くして後退しています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。吉田隼人騎手は「内側の馬場が悪くてノメッていました。直線は外に出したんですが、伸びなかったですね。雰囲気は良かったんですが・・」と話し、調教師は「この馬には馬場が合わなかったですね。また様子を見て使っていきます」と話しています。
07/08/06≪レース結果≫8月5日出走
新潟9R 萬代橋特別(芝2,200m・16頭)12着(12人気)
07/08/03≪出走情報≫8月5日出走
新潟9R 萬代橋特別(混) (芝2,200m)
16頭 55kg 吉田隼         発走14:35
休み明けの前走を使われた反動も見られず、予定通り今週出走する事になり、調教師は「久々に使った反動もなく、動きは前回よりも良くなっています。一叩きされた上積みはあるはずです」と話し、調教助手は「レース後も順調に来ています。前走は久々でも内容は悪くなかったですからね。このクラスなら十分通用しますよ」と話しています。
07/08/02≪出走情報≫8月5日出走
新潟9R 萬代橋特別(芝2,200m・16頭)55kg 吉田隼
07/08/01
南Dコースでキャンターの調整で、1日に時計を出しています。調教師は「頭数や相手関係を考慮して、特別に回ります」と話しており、今週日曜日の新潟、萬代橋特別に出走を予定しています。
07/08/01≪出走予定≫
日曜日の新潟・萬代橋特別[55 吉田隼]か、芝1,800m
07/08/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1南D稍 81.6- 65.4- 51.4- 38.3- 13.4 強目単走
07/07/31≪出走予定≫
日曜日の新潟・芝1,800mか、萬代橋特別
07/07/25
南Dコースでキャンターの調整で、25日に時計を出しています。厩務員は「レース後も順調です。来週の予定なので、今週はサッとやっておきました」と話し、調教師は「疲れもなく元気一杯です。来週新潟の芝1,800mを予定しています」と話しています。
07/07/25≪最新情報≫
次走は来週の新潟・芝1,800mか萬代橋特別へ向かう予定です。
07/07/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25南D良    68.0- 53.7- 40.1- 13.2 馬也単走
07/07/18
先週7着でした。道中は6番手の内々でレースを進めると、3コーナーすぎも流れに乗り、6番手キープで4コーナーを回りました。そして直線では、馬群の間から懸命に追われると、順位を上げる事は出来ませんでしたが、この馬なりに粘りを見せています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。石橋脩騎手は「良い感じでしたよ。素直で動きたい時に動けるし、真面目に走ってくれます」と話し、調教助手は「もうちょっとなんだけどね。最後は止まっちゃったけど、休み明けにしては上々でしょう。使った後も変わりないので、また様子を見て使っていきます」と話しています。また調教師は「良く頑張っていると思います。使った後も変わりないし、次はもっと良くなるでしょう」と話しています。
07/07/17≪レース結果≫7月14日出走
新潟12R 500万下(芝2,000m・15頭)7着(10人気)
07/07/13≪出走情報≫7月14日出走
新潟12R 500万下(混) (芝2,000m)
15頭2枠3番 55kg 石橋脩     発走16:25
昨年8月以来の競馬となりますが、帰厩後は新潟での復帰を目標に態勢を整えており、調教助手は「トモの肉が落ちていましたが、坂路で鍛えてだいぶ筋肉が付いてきました。帰厩した当初から体はシャキッとしていましたし、休み明けでも良い状態で使えると思います」と話し、厩務員は「長期休養明けですから、1回使ってからの変わり身に期待したいですね」と話しています。
07/07/12≪出走情報≫7月14日出走
新潟12R 500万下(芝2,000m・15頭)55kg 石橋脩
07/07/12≪最新情報≫
土曜日の新潟・芝2,000m[55 石橋脩]を予定しています。
07/07/11
南Wと南Dコースでキャンターの調整で、8日と11日に時計を出しています。調教師は「相手関係も考慮して平場の方を使います。乗り役は石橋脩騎手の予定です」と話しており、今週土曜日の新潟、芝2,000mに出走を予定しています。
07/07/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11南D不 81.0- 65.7- 51.9- 39.0- 13.6 G前仕掛け単走
07/07/10≪出走予定≫
土曜日の新潟・芝2,000mか、日曜日の新潟・尖閣湾特別
07/07/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8南W稍       57.8- 41.5- 13.8 馬なり単走
07/07/04
南Wコースでキャンターの調整で、4日に時計を出しています。調教師は「久々なので、まだ気合いが足りないですね。でも順調に来ているので、来週新潟の芝2,000mか尖閣湾特別を予定しています」と話しています。
07/07/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4南W稍    68.4- 52.1- 38.4- 14.1 一杯単走
07/06/27
南Wコースでキャンターの調整で、21日と27日に時計を出しています。調教助手は「まだトモに力が付いてない感じですが、乗り込んでいけば大丈夫でしょう。牧場でも結構乗っていたようなので、早めに使えると思います」と話しています。
07/06/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27南W良    67.6- 52.0- 38.0- 12.8 馬也単走
07/06/21≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21南W良       53.8- 39.1- 13.0 馬なり単走
07/06/20
予定通り15日に美浦へ帰厩すると、南Dコースでキャンターの調整です。調教師は「帰厩してからも順調ですね。爪も良くなりました。これから進めていきます」と話しています。
07/06/15≪最新情報≫
15日(金)に美浦へ帰厩しています。
07/06/14≪最新情報≫
15日に美浦へ帰厩する予定になりました。
07/06/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,600mの調整です。先週は本馬場で17秒程度の調教を付けられると、牧場長は「強めの調教が続いたので、メリハリを付ける意味で長め中心に乗りました。こちらで出来ることは全てやりましたし、あとは厩舎で仕上げに入って良いと思います」と話すと、確認した調教師は「だいぶ良くなったね。今週中に戻します」と話して、15日に美浦へ帰厩する予定になりました。
07/06/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。ツメの状態に十分注意しながら、先週も本馬場で終い4ハロン15−15の調教を付けられると、牧場長は「脚元の心配も無く順調に進めています。相変わらず鋭い動きを見せていますし、気持ちもだいぶ前向きになってきましたので、この調子でしっかり乗り込んでいきたいと思います」と話しています。
07/05/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。先週は本馬場で終い4ハロン15−15の調教を付けられると、牧場長は「ここへきて動きも鋭くなってきました。状態は上向いてきています。蟻洞の心配もありませんので、このままコンスタントに乗っていきたいと思います」と話しています。
07/05/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。ツメの状態に十分注意しながら、先週も本馬場で終い4ハロン17−17の調教を付けられると、牧場長は「蟻洞は心配無さそうです。体調も良いですし、このまま進めていけそうです」と話しています。
07/05/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。ツメの状態を十分注意しながら、先週は本馬場で終い4ハロン17−17の調教を付けられると、牧場長は「蟻洞の方も順調に回復していますし、歩様自体もしっかりしているので、このまま進めていきたいと思います」と話しています。
07/05/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。右前脚の蟻洞の回復を図りながら、先週は本馬場中心に20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「馬体に張りが出て体調も良さそうですし、動きもピリッとしてきましたので、状態は確実に上向いてきていると思います」と話しています。
07/05/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター3,000mの調整です。右前脚の蟻洞の回復を図りながら、先週は本馬場中心に22秒程度の調教を付けられています。牧場長は「蟻洞の状態も良好ですし、馬体が絞れてきたことで、動きも良くなってきましたので、このまま乗り込みを続けていきたいと思います」と話しています。
07/04/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。右前脚の蟻洞の回復を図りながら、先週は本馬場中心にキャンターの調教をつけられています。牧場長は「長めをじっくり乗っている効果で、馬体も徐々に締まってきましたし、ツメもだいぶ伸びてきて患部も順調に回復しているようです。今後も状態を良く見ながら進めていきますが、乗る距離ももう少し延ばしたいと思います」と話しています。
07/04/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。マシンの運動を行いながら、右前脚の蟻洞の回復を図ると、予定通り先週から調教を再開しています。牧場長は「一息入れて馬体は少し緩んでいますが、蟻洞の方は少しずつ良くなってきています。今後も無理のない範囲で乗り込みを続けていきたいと思います」と話しています。
07/04/11
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンの運動を行いながら、右前脚の蟻洞の回復を図ると、牧場長は「マシンの運動だけではどうしても馬体が緩んでしまいますし、蟻洞の方も特に悪くなっていないので、様子を見て調教を再開するつもりです」と話しています。
07/04/04
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンの運動を行いながら、右前脚の蟻洞の回復を図ると、牧場長は「ツメが伸びるまでまだ時間が掛かりますが、特に悪化している訳でも無いですし、今の運動を続けながら良化を待ちたいと思います」と話しています。
07/03/28
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンの運動を行いながら、右前脚の蟻洞の回復を図ると、牧場長は「治療はしっかり行っていますが、なかなか良化の気配が見られません。ここは無理をしないでツメが伸びてくるのを待つしかないと思います」と話しています。
07/03/21
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンの運動を行いながら、右前脚の蟻洞の回復を図ると、牧場長は「一息入れて治療に専念していますが、いづれにしても回復までに時間は掛かると思います。当分はこのまま経過を見ていくことになります」と話しています。
07/03/14
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。本馬場中心に軽めの調整を続けていましたが、右前脚の蟻洞の治療に専念する為、マシンの運動に切り替えて回復を促しています。牧場長は「一息入れて治療した方が回復が早いと判断しました。暫くはマシンの運動だけにして経過を見たいと思います」と話しています。
07/03/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「蟻洞の治療は継続して行っていますが、まだ効果が出てきません。当分はこのまま経過を見ることになりそうです」と話しています。
07/02/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「蟻洞の治療は続けていますが、正直言って大きく良化したという感じではありません。もう暫く軽めの調整で様子を見ていくことになります」と話しています。
07/02/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「装蹄師に蟻洞の状態を確認してもらいましたが、あまり良化は見られないようでした。装蹄師とも相談して別の治療法も検討しています」と話しています。
07/02/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「先週も軽めに抑えて蟻洞の治療に専念しています。近い内に美浦の装蹄師が来るので、状態を確認してもらう予定です」と話しています。
07/02/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「蟻洞の治療は続けていますが、効果があらわれるまでは、もう少し時間が掛かりそうです。ここは我慢するしかないですね」と話しています。
07/01/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「飲み薬も併用して蟻洞の治療を続けています。効果があらわれるまでには、もう少し様子を見る必要があるので、暫くは今のペースで良化を待ちたいと思います」と話しています。
07/01/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「引き続きペースを抑えて治療に専念しています。装蹄師とも相談してツメの薬を使っていますが、今後は獣医の勧めで飲み薬も併用して良化を促していきたいと思います」と話しています。
07/01/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「蟻洞の治療は続けていますが、完全に回復するまでは、このままのペースで我慢するしかないですね。ただ馬体は緩みもなく、体調面も心配無さそうなので、状態は悪くないと思います」と話しています。
07/01/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「蟻洞が完治するまで時間が掛かりそうですが、緩めない様に長めをしっかり乗っていきます。もう暫くはこのままのペースで治療に専念したいと思います」と話しています。
06/12/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「蟻洞の治療は継続して行っていますが、まだ経過を見ている段階なので、じっくり乗りながら良化を待ちたいと思います」と話しています。
06/12/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「右前の蟻洞の治療は続けていますが、完全に回復するまでは、少し時間が掛かりそうですね。今の段階では、あまり無理はしない方が良いと思います」と話しています。
06/12/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「先週も軽めに抑えて右前の蟻洞の治療に専念しています。装蹄師に見てもらいましたが、悪くなっていないようで安心しました。ただツメですし、すぐに良くなる訳ではないので、もう暫くこのままのペースで様子を見たいと思います」と話しています。
06/12/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週も本馬場中心に軽めの調整を行いながら、右前脚の回復を図ると、牧場長は「引き続き軽め中心に右前の蟻洞の治療に専念しています。状態に変化は見られませんが、近日中に装蹄を行うことになっているので、装蹄師と相談して今後の予定を立てたいと思います」と話しています。
06/11/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400mの調整です。先週から本馬場中心に軽めの調整に切り替えて、右前脚の回復を図ると、牧場長は「レントゲンでも右前の蟻洞の状態を確認しましたが、やはり良くなっていないようです。思ったよりも長引いていますが、調教は休まずこのままのペースで治療に専念したいと思います」と話しています。
06/11/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、先週は坂路で22秒程度の調教を付けられています。状態を確認した調教師は「治療はしているようですが、美浦の鉄屋さんの言う通り、良くなっているという感じではないですね」と話すと、牧場長は「動きが良くなってこないのは、やはり蟻洞の影響ですね。美浦の装蹄師にも見てもらいましたが、思った程良くなっていないようです。一旦ペースを落として治療を優先することにします」と話しています。
06/11/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、先週は坂路で17−17の調教を付けられています。牧場長は「ここへきて少し疲れが見られるので、今週は速いところはやらずに様子を見たいと思います」と話しています。
06/11/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、先週は坂路で17−17の調教を付けられています。牧場長は「ツメの方も心配なくなったので、徐々にペースを上げています。ただテンションが高く、調教でも掛かってしまうので、気性面を落ち着かせながら、進めていきたいと思います」と話しています。
06/11/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「今週はツメの治療もしたので、ペースを上げずに乗りました。問題が出ないようなら今週からペースを戻していくつもりです」と話しています。
06/10/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週は本馬場を20秒程度で乗り込むと、坂路では17−17から終いの1ハロンを15秒程度に伸ばす調教を付けられています。牧場長は「ツメは装蹄師と相談してしっかり治していますので、調教への影響は少なくなりました。ここへきてキビキビした良い動きを見せているので、このまま進めていけると思います」と話しています。
06/10/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。本馬場をじっくり乗り込むと、先週は坂路で20秒程度の調教を付けられています。牧場長は「右前脚の蟻洞は装蹄師と相談して治していくことになります。ただ調教には影響無い程度なので、今のところ順調に乗れていますし、今後も脚元の状態を見て進めていきます」と話しています。
06/10/11
3日に美浦へ帰厩しましたが、厩舎で右前脚の爪に蟻洞の症状が見られた為、7日に天栄ホースパークへ放牧されています。調教師は「前回放牧に出す時に少し症状があったのですが、見えないところで進行していたようです。大事を取って、放牧に出して立て直します」と話しています。到着後すぐにレントゲンで状態を確認すると、担当した獣医は「現在の削蹄ラインより、もう少し上に伸びる形で空洞が形成されています。装蹄師とも相談しながらそのあたりを修正して、治療していきたいと思います」と話しています。また牧場長は「蟻洞と言っても跛行は無いし、休ませる状態では無いので、治療と平行して調教も進めていく」と話しており、到着後も休み無く、今週は坂路で22秒程度の調教を付けられています。
06/10/04
天栄ホースパークで坂路中心に20秒程度の調教を付けられると、牧場長は「レース後の疲れを取ることを中心に、強いところは乗らなかったが、動き自体は良くなってきた」と話すと、状態を確認した調教師の指示で、3日に美浦へ帰厩しています。到着後は坂路コースでキャンターの調整で、調教師は「帰厩後も順調なので、福島開催を目標に進めていく」と話しています。
06/09/27
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。先週も坂路中心に22秒程度の調教を付けられると、牧場長は「まだ疲れが残っているようなので、もう暫くペースを上げずに乗って、疲れを取ることに専念したい」と話しています。
06/09/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週も坂路中心に22秒程度の調教を付けられると、牧場長は「背中から腰にかけて張りが見られるので、疲れを取るように工夫して乗っていく」と話すと、状態を確認した調教師は「状態を見ながらだが、今のところ福島を目標にしている」と話しています。
06/09/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。先週から坂路中心に22秒程度の調教を付けられると、牧場長は「レースの疲れが出てくる可能性もあるので、状態の変化には注意していく。調教はこのまま坂路中心になるだろう」と話しています。
06/09/06
予定通り31日に天栄ホースパークへ移動しており、到着後はパドック放牧で連戦の疲れを癒すと、今週から調教を始めています。すぐに状態を確認した調教師は「福島で使う予定だから、緩めず乗って欲しい」と話すと、牧場長は「特に悪いところは無いので、このまま進めていく」と話しています。
06/09/01≪最新情報≫
31日に天栄ホースパークへ放牧されています
06/08/30
先週6着でした。道中は10番手でレースを進めると、3コーナーすぎから押し上げに掛かり、9番手で4コーナーを回りました。そして直線では最内から追われると、前残りの展開で上位を窺う事は出来なかったものの、メンバー中最速の上がりを繰り出して差を詰めています。レース後も順調で、30日に美浦へ帰厩しています。調教師は「良く伸びていたけど、前が止まらなかった。使った後も変わり無いが、使い詰めなので、ここで一息入れて福島開催を目標にする」と話し、31日に天栄ホースパークへ移動する予定となっています。
06/08/28≪レース結果≫8月26日出走
小倉12R 500万下(芝1,800m) 6着
06/08/26≪出走情報≫8月26日出走
小倉12R 500万下(牝) (芝1,800m)
15頭3枠4番 55kg 池添      発走16:50
先週の出走も検討されましたが、レース間隔や頭数も考慮して今週に回っており、調教師は「追い切りの動きも良く、好調をキープしているようだ。滞在競馬で良馬場なら堅実に走ってくれるタイプなので、今回も展開次第では前走以上を期待できると思う。ここを使ったら、美浦に戻す予定でいる」と話しています。
06/08/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23小ダ良     69.7- 54.2- 40.1- 12.4 馬なり
06/08/24≪出走情報≫8月26日出走
小倉12R(芝1,800m・15頭)  55kg 池添
06/08/23
小倉ダートコースでキャンターの調整で、23日に時計を出しています。調教師は「追い切りの動きは良かったし、状態は変わらず良さそうだ」と話しており、今週土曜日の小倉、芝1,800mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
06/08/22≪出走予定≫
小倉競馬、土曜日の芝1,800m(牝)か、日曜日の若戸特別
06/08/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16小ダ良      68.0- 52.1- 38.4- 12.0 一杯
06/08/17≪出走情報≫
シルキーパフュームは検討の結果、今週の登録は見送り、予定通り来週の牝馬限定戦へ向かう事になりました。
06/08/16
小倉ダートコースでキャンターの調整で、16日に時計を出しています。調教師は「レース後も具合は良いので、今週の出走も考えていたが、来週の牝馬限定戦に向かう事にする。芝二千の特別もあるので、頭数も少なくなると思う」と話しています。
06/08/16≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/08/09
先週6着でした。道中は最後方でレースを進めると、3コーナーから押し上げに掛かり、8番手で4コーナーを回りました。そして直線では、外目に持ち出して懸命に追われると、この馬なりにまずまずの伸び脚を見せて、順位を上げています。調教師は「前が止まらない流れで、後ろから行く馬にはきつい展開だった。来週あたりもう一度使って、美浦に戻そうと思っている」と話しています。
06/08/07≪レース結果≫8月6日出走
小倉11R インディアT(芝2,000m) 6着
06/08/04≪出走情報≫8月6日出走
小倉11R インディアT(牝)(芝2,000m)
10頭 55kg 赤木          発走16:10
前走後は軽い外傷が見られたものの、幸い大事には至らず、状態そのものも良好な事から今週の出走を決めており、調教師は、前走の敗因は雨だったと思うが、今週は雨の心配はないようだし、滞在で体もフックラして良くなってきた。外傷も大した事はなかったし、今回は前走のようなことはないだろう、と話しています。
06/08/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2小ダ良  86.8-69.2-53.7-39.3-12.2 馬なり
06/08/03≪出走情報≫8月6日出走
小倉11R(インディアT・10頭)   55kg 赤木
06/08/02
小倉ダートコースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。調教師は、外傷は大した事はないので、今週使うつもりで調整している、と話しており、今週日曜日の小倉、インディアトロフィーに出走を予定しています。
06/08/02≪出走予定≫
小倉競馬、土曜日のタイランドカップか、日曜日のインディアトロフィー
06/08/01≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/07/26
先週13着でした。道中は9番手でレースを進めると、3コーナーすぎから押し上げに掛かりますが、行き脚が無く12番手に後退して4コーナーを回りました。そして直線を向いて、外から懸命に巻き返しを図りましたが、最後まで順位を上げる事無くゴールしています。調教師は、雨が降って馬場が悪かったから仕方ないだろう。トモに外傷を負ったけど、腫れも見られず大した事もないようなので、2?3日ぐらい馬場入りを休んで、良くなったら次走の予定を立てる、と話しています。
06/07/24≪レース結果≫7月23日出走
小倉11R 英彦山特別(芝2,000m) 13着
06/07/21≪出走情報≫7月23日出走
小倉11R 英彦山特別(混) (芝2,000m)
14頭 55kg 上村          発走16:10
先週の出走も検討していましたが、輸送疲れが見られた為、大事を取って今週にまわっており、調教師は、今週の追い切りの動きは良かったようだし、具合は良さそうだ。輸送の疲れも取れて飼い葉も食っているし、滞在競馬は合っているから、良い競馬を期待したい、と話しています。
06/07/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19小ダ不    67.8- 52.7- 38.8- 12.2 馬なり
06/07/20≪出走情報≫7月23日出走
小倉11R(英彦山特別・14頭) 55kg 上村
06/07/19
小倉ダートコースでキャンターの調整で、19日に時計を出しています。調教師は、赤木騎手に依頼しているが、乗り馬がもう1頭いるようなので、千八か二千のどちらかに振り分けてもらうことになる、と話しており、今週の小倉で、土曜日の芝1,800mか、日曜日の英彦山特別に出走を予定しています。
06/07/18≪出走予定≫
小倉競馬、土曜日の芝1,800mか、日曜日の英彦山特別
06/07/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7南W稍    39.1-12.9 強目
13小ダ良    69.7-55.0-40.5-12.9 馬なり
06/07/12
南Wコースで7日に時計を出すと、8日に小倉競馬場へ移動しており、到着後は小倉ダートコースでキャンターの調整です。調教師は、今週使う事も考えていたが、輸送疲れがあったみたいなので来週にまわる事にした、と話しています。
06/07/12≪出走予定≫
シルキーパフュームは検討の結果、今週の登録は見送り、来週の小倉を目指す予定となっています。
06/07/11≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/07/07≪最新情報≫
8日に小倉競馬場へ移動する予定になっています。
06/07/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2南W良  40.5-13.0 馬なり
06/07/05
南Wコースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。調教師は、変わり無く順調に調整できている。8日に小倉競馬場へ出発して、予定通り小倉に滞在して使っていくことにした、と話しています。
06/06/28
坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、レース後も特に疲れは見られず、順調に乗り込んでいる。滞在競馬の方が良いので、次は小倉の1週目を目標にして、そのまま小倉に滞在させる事になると思う、と話しています。
06/06/21
先週6着でした。五分のスタートから中団のインで1コーナーを通過し、10番手辺りで向正面に出ると、道中は終始インの経済コースを進みながら脚を溜め、10番手で4コーナーを回りました。そして直線に向いて、最内から追われ、渋太い伸び脚を繰り出すと、上位を伺うことは出来なかったものの、勝ち馬と差の無いところまで差を詰めています。調教師は、ゲートで潜り込むような格好になって出遅れ気味だったし、その影響で挟み込まれて下がってしまった。終い伸びてきただけに残念だ。使った後も変わり無いので、次は福島の最終週あたりを考えている、と話しています。
06/06/19≪レース結果≫6月17日出走
福島12R 500万下(芝1,800m) 6着
06/06/16≪出走情報≫6月17日出走
福島12R 500万下(牝)(芝1,800m)
16頭4枠8番 53kg 丹内      発走16:15
前走後は東京開催での出走も検討していましたが、除外の可能性が高かった為こちらに回っており、調教師は、前走は良馬場でも雨が降って少し馬場が緩んでいたし、パンパンの良馬場ならもっと伸びていた筈だ、と話し、厩務員は、引き続き良い状態をキープしているので、雨が降らないでほしい、と話しています。
06/06/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11W稍  54.1-40.0-12.8 (5)馬也
14W良  52.1-37.6-12.6 (7)馬也
06/06/15≪出走情報≫6月17日出走
福島12R (芝1,800m・16頭)  53kg 丹内
06/06/14
南Wコースでキャンターの調整で、11日と14日に時計を出しています。調教師は、今週の出走に向けて、変わり無く順調に乗り込んでいる。減量の方が良いと思うので、丹内騎手に依頼する予定だ、と話しており、今週土曜日の福島、芝1,800mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
06/06/13≪出走予定≫
土曜日の福島、芝1,800m(牝)
06/06/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4W稍  40.5-13.2 (8)馬也
7W稍 70.6-53.7-39.1-13.0 (8)強め
06/06/08≪出走情報≫
シルキーパフュームは検討の結果、今週の登録は見送り、来週土曜日の福島、芝1,800mの牝馬限定戦を目指すことになりました。
06/06/07
南Wコースでキャンターの調整で、4日と7日に時計を出しています。厩務員は、今週は終い重点にサッと追ったが、引き続き良い状態をキープしていると思う、と話し、調教師は、今週の出走を予定していたが入りそうもないので、来週土曜日の福島、芝1,800mの牝馬限定戦に向かう事になるだろう、と話しています。
06/06/06≪出走予定≫
土曜日の東京、芝1,800m
06/06/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31W良  68.2-53.1-38.1-12.6 (7)馬也
06/05/31
南Wコースでキャンターの調整で、25日と31日に時計を出しています。厩務員は、今週は水曜日にサッと追ったが、変わり無く順調にきている。入るかどうか分からないけど、今のところ来週土曜日の東京、芝1,800mを目標に進めている、と話しています。
06/05/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25W不  55.5-40.5-13.2 (6)馬也
06/05/24
坂路コースでキャンターの調整です。この中間は速い時計を出していないものの、順調に乗り込んでおり、調教師は、前走後も変わり無く、順調に進めている。次走は今のところ、再来週の東京、芝1,800mを予定している、と話しています。
06/05/17
先週7着でした。五分のスタートを切って、すぐに後ろから行く構えを見せ、最後方待機でレースを進めると、3コーナーすぎもじっくり脚を溜めながら、最後の末脚勝負に懸けました。後方2番手で直線に向き、馬群の間から懸命に追われましたが、坂を上がってから伸びを欠くと、最後まで順位を上げられず、後方に敗れています。レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、雨が降った影響もあって伸びなかったので、乗り役も無理をしなかったようだ、と話し、厩務員は、やはり雨が降ると良くない。レース後も状態は変わりないが、来週から2場開催になるので、すぐには使えないと思う、と話しています。
06/05/15≪レース結果≫5月13日出走
東京6R 500万下 (芝2,000m) 7着
06/05/12≪出走情報≫5月13日出走
東京6R 500万下(混)(芝2,000m)
8頭3枠3番 55kg 佐藤哲三    発走12:50
約2ヶ月振りとなりますが、中間は厩舎で調整されて態勢は整っており、厩務員は、先週はそんなに追っていないのに時計も良かったし、一息入れたおかげで仕上がりはいい。あまり馬場が悪くならないでほしいが、今の東京なら大丈夫だろう。今回は輸送もないので、前走のような結果にはならないと思う、と話しています。
06/05/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7W稍  54.0-40.8-12.9 (6)馬也
10W重  54.1-39.2-12.6 (6)強め
06/05/11≪出走情報≫5月13日出走
東京6R (芝2,000m・8頭) 55kg 佐藤哲三
06/05/10
南Wコースでキャンターの調整で、7日と10日に時計を出しています。調教師は、先週の動きも良かったので、予定を早めて今週の東京で使うことにし、今のところ佐藤哲三騎手に依頼している、と話しており、今週土曜日の東京、芝2,000mに出走を予定しています。
06/05/10≪出走予定≫
土曜日の東京、芝2,000m
06/05/09≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/05/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3W稍  67.3-51.5-37.6-12.3 (2)一杯
06/05/03
南Wコースでキャンターの調整で、3日に時計を出しています。調教師は、先週から本格的に乗り込んでいるが、特に問題無く順調に進んでいる。次走は今のところ、再来週の東京か新潟を予定している、と話しています。
06/04/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26W稍  67.4-51.7-38.1-12.6 (7)馬也
06/04/26
南Wコースでキャンターの調整で、20日と26日に時計を出しています。厩務員は、少し楽をさせて馬体も緩んでいるので、もっと乗り込んでから使うことになった。今のところ、東京の4週目か、次の開催の1週目を目標に考えている、と話しています。
06/04/26≪出走予定≫
シルキーパフュームは検討の結果、東京4週目か、次の東京開催を目標に進めていく事になりました。
06/04/25≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/04/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20W稍  55.9-39.8-13.2 (6)強め
06/04/19
坂路コースでキャンターの調整です。速い時計は出していないものの、引き続き入念に乗り込んでおり、厩務員は、20日にウッドコースで終いだけ軽く追う予定だが、ここまで変わりなく順調に乗れている。まだ具体的な番組は決まっていないけど、新潟開催で使うことになるだろう、と話しています。
06/04/12
坂路コースでキャンターの調整です。馬場状態も考慮して速いところは行っていないものの、来週以降の東京か新潟を目標にしっかり乗り込みを続けており、調教師は、元気もいいし、変わり無く順調。まだどことは決めてないが、頭数や相手関係も見て考えたい、と話しています。
06/04/05
坂路コースでキャンターの調整です。中間も調子落ちなどは見られず、順調に乗り込まれていますが、厩務員は、福島は相性が悪いので、東京か新潟で使いたい、と話しており、次走は少し先に延ばす事になっています。
06/03/29
坂路コースでキャンターの調整です。次の具体的な目標は決まっていませんが、調子落ちも見られず、しっかり乗り込みを続けており、調教師は、前走は案外だったけど、順調に乗れているし、デキは変わらず良さそう。福島の内にどこかで使えるだろう、と話しています。
06/03/22
先週13着でした。五分のスタートを切って、いつも通り後方集団で1コーナーを通過し、後方3番手辺りでレースを進めましたが、3コーナー手前から動き始めると、勝負処では鞭を入れながら7番手まで進出しました。外に振られ気味に直線を迎えると、そのまま大外を懸命に追われましたが、前も止まらない展開で押し上げられず、最後は脚が上がった格好で後方に敗れています。レース後は順調で、坂路コースでキャンターの調整です。騎乗した塚田騎手は、上がりの競馬で、3コーナーから急にペースが上がった時に付いていけなかった。直線も伸びそうな感じだったのに、どうしちゃったのという気持ち。もう少し荒れた馬場の方がいいのかもしれない、と話しています。厩務員は、気が乗らなかったのか、全然まともに走っていないので、使った後もダメージはない。雨が降っていたから、それで嫌になってしまったのか、と話しており、調教師は、スタートしてから抑えすぎたのかもしれない。もっと行っても良かった、と話しています。次走については今のところまだ決まっていません。
06/03/20≪レース結果≫3月18日出走
中京8R 500万下(芝1,800m) 13着
06/03/17≪出走情報≫3月18日出走
中京8R 500万下(牝)(芝1,800m)
16頭8枠15番 52kg 塚田      発走13:45
ここ目標に調整され、好調を持続しており、厩務員は、先週速いところをやっているので、今週はもうサッと済ませておいた。元々調子の波がないタイプで、前走時のデキをキープ出来ているから、あともう一踏ん張りに期待したい、と話しています。調教師は、小倉では差の無い競馬をしてきたし、引き続き状態もいいので、牝馬限定ならチャンスはある筈。心配なのは輸送だけだ、と話しています。
06/03/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15W良  69.4-53.7-39.0-13.1 (8)馬也
06/03/16≪出走情報≫3月18日出走
中京8R(芝1,800m・16頭)52kg 塚田
06/03/15
Wコースでキャンターの調整で、先週9日に時計を出すと、出走に向けて15日に追い切られています。予定通り先週速いところをやって、今週は終い重点に追われ、きっちり態勢は整っており、今週土曜日の中京、芝1,800mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
06/03/14≪出走予定≫
土曜日の中京、芝1,800m(牝)
06/03/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9W良  65.2-50.6-37.5-13.3 (4)馬也
06/03/08
Wコースでキャンターの調整で、先週2日に時計を出し、今週は9日に追われる事になっています。今週の中京にも特別登録があるものの登録だけで、予定通り来週の中京を目指しており、厩務員は、今週ある程度やっておいて、来週はサラッとでいいだろう。牝馬限定は頭数が多いかもしれないので、入りそうもなければ日曜日の2,000mにまわる、と話しています。来週土曜日の中京、芝1,800mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
06/03/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2W不   68.0-51.7-37.8-13.3 (7)強め
06/03/01
坂路とWコースでキャンターの調整で、23日に時計を出し、今週は2日に追われる事になっており、調教師は、小倉でも乗って手慣れているから塚田騎手に頼んである、と話しています。調教を付けた塚田騎手は、動きもいいし、この状態を維持していきたい。ただ1、2週目は時計が速くて、前も止まらないだろうから、馬場が荒れてくる3週目位の方がいいと思う、と話しており、検討の結果、18日の中京、芝1,800mの牝馬限定戦を目指す事になっています。
06/02/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23W良  69.9-54.6-39.7-13.1 (8)馬也
06/02/22
坂路コースでキャンターの調整です。来週の想定なども見て予定を考える事になっていますが、中京を目標に変わり無く乗り込みを続けており、調教師は、飼い葉も良く食べて元気一杯だし、いい状態を維持出来ている。使うのは中京の2週目辺りになるだろう、と話しています。
06/02/15
坂路コースでキャンターの調整です。遠征した疲れも見られず、コースに出てもう普段通りに乗られる様になっており、調教師は、特に変わりも無く順調。ただどうせすぐには入らないだろうし、中京辺りを目標にやっていく、と話しています。
06/02/08
先週5着でした。好スタートから馬なりで中団の外目に付けて1コーナーを通過し、折り合い良く10番手辺りで脚を溜めると、勝負処で仕掛けて先行集団の直後まで上がり、8番手で4コーナーを回りました。そして直線に入り追われてからも末脚良く、最後までしっかり伸びると、惜しくもあと一歩届きませんでしたが、勝ち馬とも差の無いところまで詰め寄り、健闘しています。レース後は変わり無く、8日に美浦へ戻っています。調教師は、バテずに良く伸びていたし、馬の間を気にする事なく割ってこられた。これなら次回からまた違う乗り方も出来るし、楽しみだ。無事に戻ってきたので、今週乗った様子を見て、今後の予定を考えたい、と話しています。
06/02/06≪レース結果≫2月4日出走
小倉10R 紫川特別 (芝2,000m) 5着
06/02/03≪出走情報≫2月4日出走
小倉10R 紫川特別(混)(芝2,000m)
16頭 枠 番 55kg 塚田      発走14:55
中間も変わり無く乗り込まれると、同じ土曜日の芝1,800mに登録したものの除外された為、再投票でここへまわっています。調教師は、前走はスタート直後の不利で後方からになってしまったけど、それでも最後は良く差を詰めている。引き続き具合はいいからスムーズならもっと走れる筈だし、あとは滞在している事で、もう少し体が回復してきてくれれば、と話しています。
06/02/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1小ダ稍  89.1-71.0-55.2-40.5-12.6 (4)馬也
06/02/02≪出走情報≫2月4日出走
小倉10R (紫川特別・16頭) 55s 塚田
06/02/01
小倉のダートコースでキャンターの調整で、1日に追い切られています。前走の反動も見られず、コースに出てしっかり乗り込まれており、調教師は、滞在して順調なので、想定を見て入りそうだったら今週から登録していく、と話し、今週の小倉で出走を目指しています。
06/02/01≪出走予定≫
シルキーパフュームは頭数的に入りそうなら小倉へ登録する方向です。
06/01/31≪出走予定≫
シルキーパフュームは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/01/25
先週10着でした。アオリ気味のスタートから後方集団で1コーナーを通過し、向正面で最後方まで下げると、3コーナー過ぎもじっくりと脚を溜める格好で進み、そのまま末脚勝負に懸けました。直線で大外を懸命に追われると、メンバー中2番目の上がりの脚を繰り出し、差を詰めてきていますが、前との差が大きく、上位に進出する事は出来ませんでした。レース後は順調で、小倉のダートコースでキャンターの調整です。調教師は、スタート直後に狭くなって後ろからになってしまった。終いはいい脚を使っていただけにもったいなかった。ただ使った後も変わりは無いみたいだし、このまま滞在して4週目辺りで使えればと考えている、と話しており、今のところ小倉最終週を目標にしています。
06/01/23≪レース結果≫1月21日出走
小 倉9R 500万下(芝2,000m) 10着
06/01/20≪出走情報≫1月21日出走
小倉9R 500万下(牝)(芝2,000m)
17頭5枠9番 52kg 塚田      発走14:20
除外もあって少し間隔が開きましたが、小倉目標にきっちり乗り込まれ、前走時のデキをキープしています。調教師は、向こうに着いてからも順調で、追い切りでも馬なりでまずまずの時計が出ているし、終いの反応も良かったみたいだ。滞在競馬の方がいい馬で、平坦コースも合っているので、あとは3キロ減を乗せてどこまでやれるかだ、と話しています。
06/01/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
13W良   53.3-37.7-12.3 (6)強め
18小ダ稍  87.6-69.6-54.3-39.7-12.1 (3)馬也
06/01/19≪出走情報≫1月21日出走
小倉9R (芝2,000m・17頭) 52s 塚田
06/01/18
13日にWコースで時計を出し、予定通り14日に小倉競馬場へ移動しています。輸送の影響も見られず、到着翌日から小倉のダートコースに出て乗り出すと、18日には追い切りもきっちりこなしており、検討の結果、今週土曜日の小倉、芝2,000mの牝馬限定戦に登録を予定しています。
06/01/17≪出走予定≫
小倉競馬(番組は未定)
06/01/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9W稍   55.5-39.7-13.4 (7)馬也
06/01/11
坂路とWコースでキャンターの調整で、3日、9日と時計を出しています。中間も変わり無く、小倉を目標に調整を続けており、調教師は、体調面も安定していて順調。金曜日に速いところをやって土曜日に小倉へ運ぶつもり。頭数も見て1週目のどこかに入れていく、と話しています。14日に小倉競馬場へ移動し、来週の小倉に登録予定です。
06/01/03≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3W良  53.3-38.4-12.8 (5)強め
05/12/26
予定通り先週の中京に登録したもののやはり除外されてしまいましたが、以後も変わり無く、Wコースでキャンターを乗られています。調教師は、年明けの中山に芝の番組があるので、もし入りそうなら考えるけど、今のところ小倉に滞在させる方向で考えている、と話しています。
05/12/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21W良   54.0-38.8-12.9 (4)馬也
05/12/22≪出走情報≫
シルキーパフュームは除外の為、年明け以降の出走予定となっています。
05/12/21
Wコースでキャンターの調整で、21日に追い切られています。今週の中京を目標に乗られ、使える態勢は整っているものの、かなりの頭数が予定しており、調教師は、変わらず順調に来ているので、一応登録はしてみるが、まず除外だろう、と話しています。
05/12/20≪出走予定≫
中京競馬(番組は未定)
05/12/14
坂路コースでキャンターの調整です。輸送の疲れも見られず、次走に向けて乗り込みを進めており、調教師は、一応中京最終週の芝2,500mを予定している。でも使うのは難しそう、と話しています。厩務員は、たぶん来週は入らないので、年明けになると思う。馬の状態は変わり無い、と話しています。
05/12/07
先週6着でした。横一線のスタートからすぐに後ろへ下げ、定位置の後方馬群に取り付くと、ペースが落ち着いても折り合いを欠く事無く追走し、11番手で2周目に入りました。そして3コーナー過ぎからジワジワ詰め寄って先行集団の直後まで進出し、直線で馬群の間を突くと、上位までは届かなかったものの、なかなか良い脚を使って前との差を縮めています。レース後は順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、ちょっと狭くなって抑えるところはあったけど、終いは馬群の中から伸びて良く走っているし、やはり平坦コースの方が合っている。体は減っていたが、見た目はそんなに細くなかった。中京を使えなければ、次は年明けの小倉でまた滞在させるかもしれない、と話しています。
05/12/05≪レース結果≫12月3日出走
中京12R 揖斐川特別 (芝2,500m) 6着
05/12/02≪出走情報≫12月3日出走
中京12R 揖斐川特別(混)(芝2,500m)
16頭4枠7番 55kg 川田      発走16:10
前走後はここ目標に乗り込まれ、力を出せる仕上がりとなっており、厩務員は、元々そんなに状態に変動があるタイプじゃなく、いいデキをキープしている。ただ本当に良かった頃と比べたら、もう一つという感じで、寒い時期はあまり良くないのかもしれない。輸送で減るだろうが、430kg台だったら大丈夫だと思うし、前走で乗り役に少し余裕があるかもと言われたので、少し絞れた位の方がいいだろう。あとは流れが向いてくれれば、と話しています。
05/12/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30W良  51.2-37.5-13.3 (7)一杯
05/12/01≪出走情報≫12月3日出走
土曜日・中京12R (揖斐川特別・16頭) 55s 川田
05/11/30
Wコースでキャンターの調整で、30日に追い切られています。中間も変わらず順調に乗り込まれると、半マイルから追われてまずまずの動きを見せており、この馬なりに良いデキを保っています。今週土曜日の中京、揖斐川特別に出走を予定しています。
05/11/30≪出走予定≫
土曜日の中京、揖斐川特別
05/11/29≪出走予定≫
中京競馬(番組は未定)
05/11/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20W稍   39.5-13.4 (6)馬也
23W良   55.6-39.6-12.5 (9)一杯
05/11/23
Wコースでキャンターの調整で、20日、23日と時計を出しています。厩務員は、中京開幕週を目標に先週末、今週とやってきているが、反応もなかなか良かったし、変わらずいい状態を維持出来ている。番組は2,500mの特別か、2,000mの若手のどちらかになるだろう、と話しています。来週の中京で出走予定で、番組は頭数や相手関係などを見てから決める事になっています。
05/11/17≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
16W良  53.8-38.4-12.6 (6)強め
05/11/16
Wコースでキャンターの調整で、16日に時計を出しています。厩務員は、半マイルからやってみたけど、変わり無く順調だ、と話しており、調教師は、今週から時計を出しているが、状態はいいし、このまま中京目標に仕上げていく、と話しています。
05/11/09
坂路コースでキャンターの調整です。使えるのはまだ先になる為、速いところは出していませんが、厩務員は、中京目標に変わり無く乗り込んでいる、と話しており、調教師は、飼い葉もきちんと食べて具合はいいので、この状態を維持していきたい、と話しています。
05/11/02
先週9着でした。最内で横一線のスタートを切りましたが、すぐスッと控えて後方2番手で1コーナーを通過すると、道中は先頭が大逃げを打ち、3番手以下を大きく引き離す展開となる中、終始馬群の後ろでじっくりレースを進めました。勝負どころでも隊列は変わらず、一団となった馬群最後尾で4コーナーを回ると、直線は大外を追われて、この馬なりに悪くない脚を使っていますが、前と同じ様な脚色となり、差を詰める事が出来ませんでした。レース後は順調で、坂路コースでキャンターの調整です。3走連続9着以下で1ヵ月の出走停止を受けていますが、このまま厩舎で立て直して次の出走を目指す事になっており、調教師は、前走はスローで前残りの競馬になってしまった。長いところはああなりやすい。使った後は変わり無く、それほど疲れもなさそうだから、このまま乗り込んで中京辺りを目指したい、と話しています。
05/10/31≪レース結果≫10月30日出走
東京5R 500万下(芝2,400m) 9着
05/10/29≪出走情報≫10月30日出走
東京5R 500万下(混)(芝2,400m)
12頭1枠1番 55kg 佐藤哲三    発走11:45
中間も変わらず順調に乗り込まれ、好調をキープしており、調教師は、追い切りもきちんとこなして元気一杯だし、引き続きいい状態を維持出来ている。前走は着順ほど負けておらず、差の無い競馬をしてくれたし、展開が向けばチャンスはあるだろう。乗り役もこの馬の事はよく分かってくれており、距離が延びるのも問題無い、と話しています。
05/10/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27W重   52.7-38.1-13.0 (6)一杯
05/10/27≪出走情報≫10月30日出走
日曜日・東京5R (芝2,400m・12頭) 55s 佐藤哲三
05/10/26
Wコースでキャンターの調整で、先週20日に時計を出すと、今週は27日に追い切られる事になっています。今週目標に順調に乗られると、飼い葉もきちんと食べるなど、ここ一連の好調をキープしており、今週日曜日の東京、芝2,400mに出走を予定しています。
05/10/25≪出走予定≫
日曜日の東京、芝2,400m
05/10/20≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20W稍   52.7-38.0-13.0 (8)強め
05/10/19
坂路コースでキャンターの調整で、今週は20日にWコースで追われる予定です。状態も変わり無く元気一杯で、次走について厩務員は、輸送のない東京の方が良さそう、と話しており、来週日曜日の東京、芝2,400mを目標に仕上げる事になりました。
05/10/12
先週9着でした。ポンと飛び出してスタート直後は前寄りの位置取りでしたが、控えて徐々に位置取りを下げ、3コーナーで後方3番手辺りに落ち着くと、そのまま後方の内々を追走して4コーナーを回りました。そして迎えた直線で馬群の真ん中を突いて追われると、渋太い伸び脚を見せてジリジリと詰め寄っており、交わすまでには至らなかったものの、前ともあまり差は無く、一塊りの格好でゴールしています。レース後は順調で、坂路コースでキャンターの調整です。騎乗した松岡騎手は、道中はフワフワしながら走っていたけど、直線ではハミを取って良く伸びてくれた、と話しています。調教師は、ペースが遅くて前残りの馬場だったから仕方ない。使った後も変わり無く、次は福島になるだろう、と話しています。ただ具体的な予定についてはまだ決まっていません。
05/10/11≪レース結果≫10月8日出走
東京7R 500万下(芝1,800m) 9着
05/10/07≪出走情報≫10月8日出走
やや間隔が開いたものの、順調に乗り込まれ、好走していた夏場のデキをキープしており、厩務員は、こっちへ戻ってきてからも問題無く乗れているし、小倉で滞在していた頃と同じ位の状態で走れると思う。小倉では牡馬に混じって、関西の骨っぽいメンバーといい勝負をしていたので、輸送さえ克服してくれればここでも遜色ないだろう、と話しています。
05/10/06≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5W重   52.6-38.0-12.9 (8)強め
05/10/06≪出走情報≫10月8日出走
東京7R(芝1,800m・15頭)54s 松岡
05/10/05
Wコースでキャンターの調整で、5日に追い切られています。頭数的にも入りそうな為、予定通り今週土曜日の東京、芝1,800mの牝馬限定戦への出走を目指しており、中間も変わり無く順調で、小倉で使われていた頃のデキを維持しています。
05/10/04≪出走予定≫
土曜日の東京、芝1,800m(牝)
05/09/29≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28W良   69.4-53.3-39.1-13.9 (5)馬也
05/09/28
Wコースでキャンターの調整で、28日に時計を出しています。厩務員は、今週は5ハロンからやったが、手応えはまだ楽だったし順調にきている。使えそうなら来週の牝馬に入れていく、と話しており、来週土曜日の東京、芝1,800mの牝馬限定戦を目標にしています。
05/09/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21W良  53.8-39.5-14.4 (6)強め
05/09/21
Wコースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。次走に向けて徐々に調教のピッチを上げてきており、厩務員は、半マイルからやっておいたけど、馬は変わり無く順調。まだはっきりと決めてはないが、東京1週目にある千八芝の牝馬限定戦を目標に考えている、と話しています。
05/09/14
坂路コースでキャンターの調整です。コースで乗り出してからも変わりは見られず、遠征の疲れも取れてきており、調教師は、馬は戻ってきてからも変わり無いが、もう少しじっくり乗り込んで、次は福島になるんじゃないかと思う、と話しています。
05/09/07
先週9着でした。最内で五分のスタートを切ったものの無理せず控え、前の集団とはかなり離れた後方5番手辺りで1コーナーを通過すると、道中は縦長にばらける展開となる中、そのまま後方でじっくりレースを進めました。勝負どころでは前との差が縮まったものの、依然後方を追走したまま4コーナーを回ると、直線は大外を追われてジリジリ伸びてはいますが、生憎の馬場も影響し、捕らえるまでの勢いはありませんでした。レース後も変わりは無く、6日に美浦へ戻ると、翌日は厩舎周りの乗り運動で輸送の疲れを取るようにしています。厩務員は、前走は雨と内枠を引いたのが敗因。まだ次はどうするか決めていないけど、使った後も変わり無いし、向こうで佐藤騎手にしごかれ、馬がだいぶ大人になった感じ。パドックでも我慢出来る様になった、と話しています。
05/09/05≪レース結果≫
9月4日 小倉12R 500万下(芝2,000m)  9着
05/09/03≪出走情報≫9月4日出走
小倉12R 500万下(芝2,000m)
16頭1枠1番 55kg 佐藤哲三    発走16:50
中間も変わりは見られず、滞在して順調に乗り込まれると、今週の動きも上々で、ここ一連の好調を維持しています。調教師は、佐藤騎手に頼んで終い重点に追い切って貰ったけど、反応良く伸びていたみたいだし、変わらず具合は良さそうだ。差す競馬も板について掲示板を外さない様になっているし、滞在もこれが最後になるので、頑張って更に上を目指して欲しい、と話しています。
05/09/01≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1小ダ良  70.3-54.1-39.6-11.6 (8)一杯
05/09/01≪出走情報≫9月4日出走
日曜日・小倉12R (芝2,000m・16頭) 55s 佐藤哲三
05/08/31
小倉のダートコースでキャンターの調整で、追い切りは1日に行う事になっています。変わらず順調に乗り込まれ、好調をキープしており、状態に関しては申し分ありません。検討の結果、今週日曜日の小倉、芝2,000mの方を使う予定です。
05/08/30≪出走予定≫
小倉競馬、土曜日の青島特別か、日曜日の芝2,000m
05/08/25≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24小ダ稍  71.3-55.3-40.7-12.2 (8)馬也
05/08/24
小倉のダートコースでキャンターの調整で、24日に時計を出しています。滞在して順調に乗り込まれ、引き続き良い状態をキープしており、今週の追い切りでも終い重点に追われて素軽い動きを見せています。来週の小倉で出走を予定しており、土曜日の青島特別か、日曜日の芝2,000mのどちらかを使う事になっています。
05/08/17
先週4着でした。五分のスタートから控えて5、6番手で1コーナーを通過すると、道中は馬群後ろの馬込みで一団となってレースを進めましたが、勝負どころではやや置かれ気味で、先頭との差が少し開きました。しかし直線を向いて馬群の間を突くと、勝馬に次ぐ終いの脚を使って追い上げ、差の無い競馬を見せています。レース後は順調で、小倉のダートコースでキャンターの調整です。調教師は、差す競馬も板に付き、惜しい内容だった。使った後も変わり無いみたいだから、最後まで残ってもう1回使って貰う。多分4週目になるだろう、と話しています。
05/08/15≪レース結果≫
8月14日 小倉11R 国東特別 (芝1,800m) 4着
05/08/13≪出走情報≫8月14日出走
小倉11R 国東特別(芝1,800m)
9頭3枠3番 55kg 佐藤哲三    発走16:10
中間も変わり無く、滞在して順調に乗られると、今週の追い切りでも上々の動きを見せており、調教師は、佐藤騎手に任せているけど、終いの反応も良く具合はいいみたいで、前走時の状態は維持出来ている。それに前走はフロックではなく、再度期待出来ると思うし、滞在競馬が合っているので、小倉にいる内にいい結果を出して欲しい、と話しています。
05/08/11≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11小ダ良  86.0-68.4-53.3-39.1-11.8 (6)強め
05/08/11≪出走情報≫
日曜日・小倉11R (国東特別・9頭) 55kg 佐藤哲三
05/08/11
小倉のダートコースでキャンターの調整で、4日に時計を出し、今週は11日に追い切ってレースに備える予定です。滞在して順調に乗り込まれ、良いデキをキープしており、予定通り今週の小倉で使う事になっています。番組は検討の結果、日曜日の国東特別にまわる予定です。
05/08/09≪出走情報≫
小倉競馬、土曜日の筑後川特別か、日曜日の国東特別
05/08/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4小ダ良  73.3-58.0-43.6-13.4 (8)馬也
05/08/04
小倉のダートコースでキャンターの調整です。速いところは出していませんが、キビキビした軽快な動きを見せており、調教師は、使った反動も無く、順調に調整出来ているみたいだから、来週使う事にしたい、と話しています。来週の小倉で出走を目指しており、番組は土曜日の筑後川特別か、日曜日の国東特別のどちらかを予定しています。
05/07/27
先週4着でした。内でほぼ横一線のスタートを切ったものの、控えて後ろへ下げると、最後方で1コーナーを通過し、前と3、4馬身離れた位置をポツンと追走しましたが、3コーナー過ぎには後方集団の後ろに取り付きました。しかし直線を向いたところでもまだ依然として殿で、上位には及ばなかったものの、大外へ持ち出して追い出されると、勝馬に並ぶ差し脚を繰り出して差を縮め、善戦しています。レース後は順調で、小倉のダートコースでキャンターの調整です。調教師は、前半ちょっとのんびり行きすぎた感じもするけど、なかなかいいレース振りだったし、次が楽しみだ。使った後も大丈夫そうだから、また入りそうなタイミングで次を考えたい、と話しています。
05/07/26≪先週のレース結果≫
小倉11R 英彦山特別(芝2,000m)
      シルキーパフューム  4着
05/07/22≪7/23(土)の出走情報≫
小倉11R 英彦山特別(混)(芝2,000m)
11頭2枠2番 55kg 佐藤哲三   発走16:10
前走後は早めに小倉へ移って出走に備える様にすると、中間の動き良く、状態面も安定しており、調教師は、追い切りでは終いまでしっかり反応して良く動いていた様だし、向こうへ行ってから飼い葉を食べる量も増えているみたいで、やはり滞在競馬が合っているのだろう。勝ち負けとは言わないが、少なくとも前走の様な事にはならない筈、と話しています。
05/07/21≪今週の出走馬≫
土曜日・小倉11R (英彦山特別・11頭) 55s 佐藤哲三
05/07/21≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20小ダ良  83.7-66.4-53.1-39.7-12.0 (8)一杯
05/07/20
小倉のダートコースでキャンターの調整で、先週14日にも時計を出すと、出走に向けて20日に追い切られています。先週、今週と追われる毎に動きも上向いて、なかなかいい時計が出ており、今のところ今週土曜日の小倉、英彦山特別に登録予定となっています。
05/07/19≪今週の出走予定馬 7/19現在≫
小倉競馬(番組は未定)
05/07/14≪今週の出走馬≫
シルキーパフュームは来週の小倉を目指す事になりました。
05/07/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14小ダ稍  88.2-70.8-56.5-42.4-13.0 (8)強め
05/07/13
予定通り7日に小倉競馬場へ移動すると、到着後も変わり無く、ダートコースでキャンターの調整を行っており、調教師は、向こうへ行ってからも順調にいっているみたいで、佐藤哲三騎手に頼んで調教も付けて貰っている、と話しています。なお、検討の結果、来週の小倉から登録していく事になりました。
05/07/13≪今週の出走予定馬 7/13現在≫
シルキーパフュームも今週の動きや頭数次第では小倉に登録する可能性があります。
05/07/08≪最新情報≫
7日に小倉競馬場へ移動しています。
05/07/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6W不  71.4-54.7-40.5-14.0 (8)馬也
05/07/06
坂路とWコースでキャンターの調整で、6日に時計を出しています。7日には小倉へ移動する事が決まっており、調教師は、変わり無く乗れている。まだどこを使うか決めていないが、行ってからの状態も見て入りそうなところで考えたい、と話しています。
05/06/29
先週13着でした。ほぼ横一線のスタートを切り、出脚もまずまずだったものの、馬群の真ん中で前がごちゃついて控える格好となり、9番手位で1コーナーを通過すると、道中はそのまま中団後ろの外目を追走しました。3コーナー過ぎには周りの馬と馬体を併せて押し上げに掛かりましたが、4コーナーでは手応えが怪しくなり、逆に集団後ろの後方4番手辺りに後退すると、そのまま終いの伸びを欠いて引き離されています。レース後は順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、前走はスタートして2回挟まれる不利があったし、輸送で体も減っていた。滞在競馬がいいだろうから、馬房の取れた小倉へ連れて行き、使っていこうと思う、と話しています。厩務員は、輸送するといつもイレ込むし、その上暑かったので、汗をダラダラ掻いてしまって、競馬を使う前に気が抜け、全然ハミを取らなかったみたいだ。ただまともに走っていないので、使った後はそれほど疲れもない。まだいつ小倉へ移動するかは未定だが、滞在競馬はプラスだろう、と話しています。
05/06/27≪先週のレース結果≫
福島7R 500万下(芝2,000m)
      シルキーパフューム  13着
05/06/24≪6/25(土)の出走情報≫
福島7R 500万下(牝)(芝2,000m)
16頭5枠9番 55kg 吉田豊    発走13:20
ガラリ一変という程ではないものの、久々を使われて確実に上向いてきており、調教師は、状態は変わらずいいし、休み明けを叩いた上積みもありそう。それに平坦コースも合っていると思うから、前走以上を期待している、と話しています。厩務員は、1度使った事で中身は出来てきていると思うので、あとは輸送で体が減らなければやれるだろう、と話しています。
05/06/23≪今週の出走馬≫
土曜日・福島7R  (芝2,000m・16頭)  55s 吉田豊
05/06/23≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22W稍   67.4-51.6-38.0-12.9 (6)強め
05/06/22
Wコースでキャンターの調整で、22日に追い切られています。変わり無く順調に乗り込まれ、追い切りも終い重点にきっちりとこなしており、予定通り今週土曜日の福島、芝2,000mの牝馬限定戦を使う事になっています。
05/06/21≪今週の出走予定馬 6/21現在≫
土曜日の福島、芝2,000m(牝)
05/06/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15W稍   53.0-38.7-12.6 (4)強め
05/06/15
Wコースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。厩務員は、今週はサラッと済ませておいたけど、動きもまずまずで、特に問題無く順調にきているから、予定通り来週使えるだろう、と話しており、来週土曜日の福島、芝2,000mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
05/06/09≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8W良  55.4-39.7-12.3 (7)強め
05/06/08
坂路とWコースでキャンターの調整で、8日に時計を出しています。もう右トモの外傷も治まって普段通り乗られており、調教師は、使った反動も無く順調だから、福島2週目の牝馬限定を目標にやっていく、と話しています。25日の福島、芝2,000mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
05/06/01
先週6着でした。スタートダッシュ良く飛び出して単独2番手に上がり、そのまま積極的に先行する競馬を見せると、序盤、前と3馬身位あった差も段々と縮まり、逃げ馬をぴったりマークする格好で4コーナーを回りました。そしていざ追い出しに掛かると、一旦先頭に立ってあわやと思わせたものの、久々で脚色が鈍り、交わされてしまいましたが、それでも最後までばったり止まらず走っています。レース後、右トモに外傷を負っていましたが、大したものではなく、厩舎周りの運動をやらせています。騎乗した松岡騎手は、勝てそうな手応えだったけど、やはり久々で気持ち重かったのだろう。次は変わってくると思う、と話しています。調教師は、惜しい競馬だった。次は良くなる筈。使ったあと右トモに傷腫れがあったが、もう引いてきているので、木曜か金曜には乗り出せると思う、と話しており、福島の1、2週目を目標に進めていく事になっています。
05/05/30≪先週のレース結果≫
東 京6R 500万下(芝2,000m)
       シルキーパフューム  6着
05/05/28≪5/29(日)の出走情報≫
東京6R 500万下(混)(芝2,000m)
15頭4枠7番 54kg 松岡     発走12:45
暮れの中京以来、約半年振りの出走で、まだ本来のデキにはありませんが、今週追われて8分位の仕上がりとなっています。厩務員は、乗り役を乗せて終い重点にやって貰ったが、この馬はそんな速い時計はいらないし、もう体も出来ているので、これ位でいいと思う。ただ気合いもまだ物足りず、やはり1度叩いてからだろう、と話しています。
05/05/26≪今週の出走馬≫
日曜日・東京6R  (芝2,000m・16頭)  54s 松岡
05/05/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26W良  69.1-53.3-39.3-12.4 (5)強め
05/05/25
坂路とWコースでキャンターの調整で、先週19日に時計を出し、今週は26日に追い切られる事になっています。休み明けで万全の仕上がりとはいきませんが、順調に乗り込まれてほぼ態勢は整ってきており、予定通り今週日曜日の東京、芝2,000mで復帰する事になっています。
05/05/25≪今週の出走予定馬 5/25現在≫
日曜日の東京、芝2,000m
05/05/24≪今週の出走予定馬 5/24現在≫
シルキーパフューム、シルクレンジャー、シルクサルートも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/05/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15W稍   53.3-38.9-12.8 (5)馬也
19W良   68.4-52.2-38.1-12.6 (5)馬也
05/05/18
坂路とWコースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。厩務員は、先週末にウッドでやり、今週は木曜か金曜にやるつもり。体はもう大体出来ているし、このまま順調にいけば来週使えるかもしれない、と話しており、来週日曜日の東京、芝2,000mを目標にしています。
05/05/11
調教師の指示で5日に美浦へ帰厩すると、到着後も変わり無く、翌日から坂路コースでキャンターの調整を始めています。調教師は、牧場でビッシリやっていてくれたおかげで馬は元気。これならそう時間も掛からず、次の東京開催の内には使えそうだ、と話しています。厩務員は、体はフックラしていいと思う。ただ筋肉が少し落ちているので、徐々に進めていきたい、と話しています。
05/05/06≪最新情報≫
5日に美浦へ帰厩しています。
05/05/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無くトラックコースを6ハロン16秒前後のペースで乗り込むと、坂路でも1度14秒から終い12秒台のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、どんどん馬体に張りが出て毛艶も良くなってくると、十分走れる状態にまで仕上がってきている。確認した調教師からも、都合を付けて早めに戻すことも言っていたし、このまま帰厩に向けて今のデキを維持していく、と話しています。
05/04/27
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。体調面は安定してテンションの高さも落ち着いてくると、坂路で1度15−15から終い13秒台のラップを出して調教を付けられており、指示以上に時計が出るなど、順調に状態は上向いてきています。
05/04/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く乗り込んで馬体に張りが出て毛艶も段々良くなると、今週も坂路で15−15を進めながら、トラックコースでも長めから終い15秒台のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、少しずつテンションが高くなっているが、馬体は良くなって順調に乗れているので、このままの状態を維持して調教師からの指示を待つことにする、と話しています。
05/04/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き坂路を15−15を切るペースで乗り込むと、トラックコースでも長めから20秒程度の調教をしっかり付けられており、順調に状態面は上向いてきています。
05/04/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無くコンスタントに坂路を20秒前後のペースで乗り込むと、1度15−15から終い13秒台のラップを出して調教を付けられています。確認した調教師は、馬体は460キロ台までふっくらし、放牧に出した時から比べても、毛艶は良くなってずっと良くなっている、と話しています。
05/03/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。右目の症状は良くなった為、徐々に運動量を増やしながらペースを上げて乗り込むと、先週末から坂路で17〜18秒程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、今回少し休養させた事で馬体はふっくらして馬の作り的には問題無いし、動きにも力強さが増すなど、毛艶も段々良くなってきている、と話しています。
05/03/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。右目の状態は調教に支障無い程度まで回復した為、今週から軽めの乗り運動を再開しており、徐々に元のペースに戻しながら進めていく事になっています。
05/03/16
天栄ホースパークの馬房で休養中です。熱は治まり脚元の腫れも徐々に落ち着いて、軽めの乗り運動を再開しましたが、馬房で右目をぶつけた様で角膜に少し傷を負った為、大事を取って休ませています。獣医は、目は開いているし、症状としても大した事は無いので、来週辺りから様子を見て乗り運動を進められるだろう、と話しています。
05/03/09
天栄ホースパークの馬房で休養中です。変わり無く坂路とトラックコースで調教を付けられていましたが、今週になって熱発し、両トモの球節付近にも腫れが見られる様になった為、無理せず馬房でゆっくり休ませながら様子を見ています。
05/03/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。引き続き坂路中心にきっちり乗り込みながら、1度15〜16秒程度のペースで調教を付けられています。牧場長は、調教師から、もう少し暖かくなってから帰厩を考えているとの事だが、当初の頃からと比べても、毛艶や馬体の張りは良くなってきているので、このままの状態を維持しながら、帰厩に備えていく事にする、と話しています。
05/02/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。坂路中心に20秒前後のペースから徐々に17〜18秒程度の調教を付けられるようになると、段々気合い乗りも良くなってきている為、このまま体調を整わせながら馬体に張りを出していく事になっています。
05/02/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続き坂路中心に20秒前後の調教ですが、これから帰厩に向けて徐々にペースを上げながら馬体面の良化を促していく事になっており、状態に変わりありません。
05/02/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。変わり無くトラックコースを長めにじっくり乗り込んでから、坂路で20秒前後の調教をコンスタントに付けられると、引き続き状態面を維持しながら進めており、徐々にペースを上げて馬体の回復を促していく事になっています。
05/01/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。坂路とトラックコースを併用しながら、20秒前半ペースで調教を付けられており、牧場長は、確認した調教師からは3月から4月辺りを目処に戻して使っていきたい、との指示を受けている。今のところ脚元に心配するところは無いし、しっかりキャンターを乗り込んでいつでも時計を出せる状態にはなってきている。ただ、もう少し毛艶が良くなってふっくらしてくればいいだろうけど、これから暖かくなるにつれて自然と馬体に張りが出て良くなってくる筈だ、と話しています。
05/01/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。ミニトラックでじっくり乗り込んでから、坂路で徐々にペースを上げて進めると、気合いの入った前向きな動きを見せており、このまま調教を積みながら状態を上向かせていく事になっています。
05/01/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mと軽めのキャンターの調整です。引き続き長く軽めに乗り込みながら坂路にも入れて進めており、牧場長は、歩様が悪い訳で無いのでこのまま休まず調教を続けていき、しっかり飼い葉を食わし込んで馬体をもう一回りもふっくらさせて張りを出したい、と話しています。
05/01/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mの調整です。放牧後は特に悪いところも無く長めにじっくり乗り込んでいますが、馬体は寂しく毛艶も一息の為、暫くはこのままのメニューを続けながら、しっかり立て直していく事になっています。
04/12/27
Wコースでキャンターの調整で、22日に追い切られると、予定通り中京に登録を行ったものの、除外されました。その為、一旦放牧して立て直しを図る事になり、24日に天栄ホースパークへ移動しています。牧場長は、特に悪いところは無い。ただ馬体が細いので、しっかり食わせてふっくらさせる様にしながら進めていきたい、と話しています。
04/12/24≪最新情報≫
24日に天栄ホースパークへ放牧されています。
04/12/23≪今週の出走馬≫
シルクロゼットとシルキーパフュームは除外の為、年明け以降の出走予定となっています。
04/12/23≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22W良   54.9-39.9-12.9 (5)強め
04/12/21≪今週の出走予定馬 12/21現在≫
土曜日の中京、芝2,500m
04/12/20
Wコースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。調教師は、変わらず順調にきていて、飼い葉もこの馬なりに食べている、と話しており、予定通り今週土曜日の中京、芝2,500mを使う事になっています。
04/12/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15W良   70.8-55.2-40.8-13.2 (7)強め
04/12/13
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。反動も見られずコースに出てしっかり乗られ、調教師は、前走は直線でごちゃついたけど、上手く捌いてくれたし、長いところも良さそうだ、と話しており、来週土曜日の中京、芝2,500mに出走を予定しています。
04/12/06
先週6着でした。内からダッシュ良く飛び出して楽にハナを奪い、そのまま逃げる位の勢いでしたが、無理せずやや控え、1周目の正面スタンド前で後続を先に行かせると、好位の内々でレースを進めました。勝負どころでは置かれ気味となり、先団との差が一旦開いたものの、直線で馬群の間を突いて追われると渋太く巻き返し、それほど差の無い競馬を見せています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、25日の中京、芝2,500mを予定しています。
04/12/06≪先週のレース結果≫
中京8R 500万下(芝2,500m)
      シルキーパフューム  6着
04/12/03≪12/4(土)の出走情報≫
中京8R 500万下(芝2,500m)
16頭2枠3番 51kg 松岡     発走13:50
中3週開けて馬体が回復し、追い切りもきっちりと消化しており、この馬なりに順調な仕上がりを見せています。調教師は、長いところを試してみる事にしたが、変わらずいい状態を維持出来ている。ただ今回も輸送があるし、また馬体減りしてしまわないかが心配。年明けの小倉で都合がつけば、滞在させて使っていこうかと考えている、と話しています。
04/12/02≪今週の出走馬≫
土曜日・中京8R(芝2,500m・16頭)51s 松岡
04/12/02≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1W良   67.6-52.9-39.3-12.8 (7)馬也
04/12/01≪今週の出走予定馬 12/1現在≫
中京競馬、土曜日の芝2,500mか、日曜日の芝1,800m
04/11/29
Wコースでキャンターの調整で、24日に時計を出しています。馬体の回復も考慮し、追い切りはサッと済ませていますが、調子落ち無く素軽い動きを見せており順調です。今週の中京で出走を予定しており、土曜日の芝2,500mか、日曜日の芝1,800mのどちらかに登録する方向です。
04/11/25≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24W良 69.4-53.6-39.7-13.6 (6)馬也
04/11/22
Wコースでキャンターの調整で、17日に時計を出しています。調教師は、馬は変わり無く順調だけど、次は番組的に中京になると思うしまた輸送があるので、もっと馬体の回復を図りたい、と話しています。具体的な予定はまだ立っていません。
04/11/18≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17W良   71.5-55.6-40.4-13.5 (5)馬也
04/11/15
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。次走については今のところまだ決まっておらず、調教師は、輸送で減ってしまったし暫く入らないだろうから、じっくり乗り込みながら馬体を戻し、次に備える事にしたい、と話しています。
04/11/08
先週9着でした。スタートはまずまずだったものの、周りの馬の出脚が勝って控える格好となり、馬群の後ろで1コーナーを通過すると、前とは1、2馬身離れた最後方に落ち着いてレースを進めました。そしてそのまま終始最後尾に付けたまま4コーナーを回ると、直線は馬場の内目を追われ、一瞬伸び掛かりましたが、最後は同じ様な脚色となって流れ込んでいます。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/11/08≪先週のレース結果≫
福島10R 檜原湖特別(芝2,000m)
       シルキーパフューム  9着
04/11/05≪11/6(土)の出走情報≫
福島10R 檜原湖特別(牝)(芝2,000m)
11頭6枠6番 53kg 村田     発走14:50
昇級してからの2戦は一息の結果ですが、調子落ちなど見られず順調で、厩務員は、変わり無くいい状態にあるし、最近は飼い葉もきちんと食べ、以前ほど使い減りしていないと思う。前回はちょっと負けすぎでまともならもっとやれていい筈、と話しています。調教師は、平坦コースの方がいいと思うし、牝馬限定ならもう少し走れるだろう、と話しています。
04/11/04≪今週の出走馬≫
土曜日・福島10R(檜原湖特別・11頭)53kg 村田
04/11/04≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3芝重   71.3-55.7-41.6-13.4 (8)馬也先着
04/11/03≪今週の出走予定馬 11/3現在≫
土曜日の福島、檜原湖特別
04/11/02≪今週の出走予定馬 11/2現在≫
東京競馬か福島競馬(番組は未定)
04/11/01
Wコースでキャンターの調整で、27日に時計を出しています。追い切り後、調教師は、動きもまずまずだし、これなら来週の東京か福島で使えるだろう、と話しており、検討の結果、今週土曜日の福島、檜原湖特別に出走予定となっています。
04/10/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
27W重   69.3-54.2-39.6-13.1 (6)強め
04/10/25
レース後も順調で、南Aコースでキャンターの調整です。調教師は、前走は速い流れを追い掛け、なし崩しに脚を使ってしまった感じ。それに外々を回らされて時計も速かった。小回りの福島の方がいいかもしれない、と話しており、次走については今のところ、来週か再来週の福島を予定しています。
04/10/18
先週14着でした。外からポンと飛び出して出脚良く上がっていくと、逃げ馬が大逃げをうち、かなり縦長の展開となる中、5番手以下一塊りとなった集団の前々に付けてレースを進めました。そしてそのまま終始中団の外々を追走すると、4コーナーで大外を回って追われましたが、直線は伸びを欠いて失速してしまい、後方に下がっています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/10/18≪先週のレース結果≫
東京6R 500万下(芝1,800m)
      シルキーパフューム  14着
04/10/15≪10/16(土)の出走情報≫
東京6R 500万下(芝1,800m)
15頭7枠12番 53kg 小野     発走12:50
福島開幕週の予定でしたが、木曜日の追い切りで併せて楽に先着し上々の動きを見せた為、急遽出走が決まり、調教師は、馬場が悪いのであまり無理しなかったけど、その割にまずまずの時計が出て、上がりも良かった。函館から帰ってきてからは順調にきているし、状態もいい具合に上向いてきたので今週使う。前走は昇級戦でもそれほど差の無い競馬で、慣れてくれば500万でも十分通用する筈、と話しています。
04/10/14≪今週の出走馬≫
土曜日・東京6R (芝1,800m・15頭) 53kg 小野
04/10/14≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14芝不   65.1-50.9-38.2-13.3 (3)強め先着
04/10/13≪今週の出走予定馬 10/13現在≫
シルクアルディとシルキーパフュームは検討の結果、来週の福島を目指す事になりました。
04/10/12≪今週の出走予定馬 10/12現在≫
シルクアルディ、シルキーパフューム、シルクトゥルーパー、シルクタイガーも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
04/10/11
Wコースでキャンターの調整で、6日に時計を出しています。併せてしっかり動き、時計もなかなか速く、調教師は、これなら東京の2週目で使えるかもしれない、と話しています。今週検討の結果、予定通り福島開幕週を目指す事になっています。
04/10/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6W不  64.2-49.6-36.6-13.2 (6)強め併入
04/10/04
Wコースでキャンターの調整で、29日に時計を出しています。調教師は、段々ピッチを上げているけど大丈夫そう。このまま福島目標にやっていく、と話しています。
04/09/30≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29W良   59.4-45.0-14.3 (2)馬也
04/09/27
23日に美浦へ帰厩すると、到着後は厩舎周りの引き運動をやらせています。大事を取って軽めの運動で様子を見ているものの、トモの状態は大丈夫そうで、福島を目標にこれから進めてみる事になっています。
04/09/24≪最新情報≫
23日に美浦へ帰厩しています。
04/09/20
函館の角馬場で軽めの調整です。調教師は、トモの怪我がまだモヤモヤしているみたいなので、無理に使う事はせず、このまま美浦へ戻そうと思う。戻ってきたら少し様子を見てどうするか決めたい、と話しており、22日に函館を出発する事になっています。
04/09/13
函館のWコースでキャンターの調整です。7日の調教で右トモの後ろに外傷を負いましたが、大したものでは無く、調教は休まず続けています。ただその為、先週はやる筈だった追い切りを自重しており、次走についてはまだ未定です。
04/09/06
レース後も順調で、函館のWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走は内に包まれてしまったし、昇級戦でも差の無い競馬だった。使った後も変わり無いので、また函館で調教して札幌へ使いに行く、と話しています。次走の具体的な予定はまだ立っていません。
04/08/30
先週9着でした。外でまずまずのスタートを切りましたが、無理せず控えて内の方へ進路を取ると、後方2番手で1コーナーを通過し、そのまま後方の内々でじっくりレースを進めました。3コーナー辺りから仕掛けて上がっていこうとしたもののなかなか差が詰まらず、依然後方4、5番手で4コーナーを回ると、直線は内の馬込みを突いて追われましたが、終いの伸びももう一つで及びませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/08/30≪先週のレース結果≫
札幌10R 500万下(芝1,800m)
       シルキーパフューム  9着
04/08/27≪8/28(土)の出走情報≫
札幌10R 500万下(牝)(芝1,800m)
14頭7枠12番 52kg 小野     発走16:05
前走後はここ目標に調整され、好調を維持しており、調教助手は、終い重点だが気合いの乗ったいい動きで、どれだけやれるか楽しみだ、と話しています。小野騎手は、前走は強い競馬だったし、クラスが上がってもやれる力はあると思う。ただゲートがもう一つで、モタれ癖もあったりと、まだまだ課題が多いので、通用するには少し慣れが必要だろう、と話しています。
04/08/26≪今週の出走馬≫
土曜日・札幌10R   (芝1,800m・14頭)   52s 小野
04/08/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25函W良 71.0-55.5-40.1-12.9 (8)強め
04/08/24≪今週の出走予定馬 8/24現在≫
土曜日の札幌、芝1,800m(牝)
04/08/23
函館のWコースでキャンターの調整で、18日に時計を出しています。調子落ち無く、追い切りでも余裕のある動きを見せており、予定通り今週土曜日の札幌、芝1,800mの牝馬限定戦への出走を目指しています。
04/08/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18函W良 66.3-52.7-39.8-13.8 (8)馬也
04/08/16
函館のWコースでキャンターの調整で、11日に時計を出しています。引き続き函館に滞在して順調に乗り込まれており、変わりありません。次走については検討の結果、来週土曜日の札幌、芝1,800mの牝馬限定戦を予定しています。
04/08/12≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11函W良  72.3-56.6-41.5-12.9 (8)馬也
04/08/09
レース後も順調で、函館のWコースでキャンターの調整です。次走についてはまだ未定ですが、調教師は、状態も問題無さそうだし、使う事が決まったら、函館で追い切ってから札幌へ連れて行く。函館の方がチップがあるのでいいだろう、と話しています。
04/08/03≪先週のレース結果≫
函 館4R 3歳未勝利(芝1,800m)
       シルキーパフューム  1着
       単勝 14番 1,350円 ワイド11−14 790円
       複勝 14番 220円    11−13 330円
       枠連7−8 330円 3連複11−13−14 1,920円
       馬連11−14 1,470円
       馬単14−11 5,110円
04/08/02
先週優勝しました。大外でアオり気味に飛び出し後手を踏むと、馬群最後尾の後方2番手で1コーナーを通過し、そのまま後方の外でじっくりレースを進めましたが、3コーナーに差し掛かる辺りから一気に捲っていき、4コーナーでは2番手の外に並びました。そして直線早々には先頭に躍り出てそのまま抜け出すと、断然の人気だった馬に詰め寄られはしたものの最後まで脚色は衰えず、危なげなく押し切っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/07/31≪8/1(日)の出走情報≫
函館4R 3歳未勝利(牝)(芝1,800m)
14頭8枠14番 54kg 小野     発走12:45
中間も変わらず順調で、追い切りでも素軽い動きを見せており、好調を維持しています。調教師は、気合いも乗って具合がいいみたいだし、もう環境にも慣れてきており、きっちり力を出せると思う。それに乗り役も1度乗ってこの馬の事を掴んでいるだろうし、前走内容から牝馬同士なら勝ち負けになっておかしくない。早く勝たせて楽をさせてやりたい、と話しています。
04/07/29≪今週の出走馬≫
日曜日・函館4R(芝1,800m・14頭)54kg 小野
04/07/29≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28函W良  67.0-52.6-39.0-12.6 (8)馬也
04/07/27≪今週の出走予定馬 7/27現在≫
日曜日の函館、芝1,800m(牝)
04/07/26
函館のWコースでキャンターの調整で、21日に時計を出しています。滞在しているので状態も変わり無く、デキをキープしており、追い切りでも素軽い動きを見せています。予定通り今週日曜日の函館、芝1,800mの牝馬限定戦を使う事になっています。
04/07/22≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21函W   70.4-54.6-40.5-13.9 (5)馬也
04/07/19
レース後も順調で、函館のWコースでキャンターの調整です。厩務員は、元々カリカリした気性で、環境の変化にも戸惑い、馬体が少し細くなっていたけど、ここにきてだいぶふっくらしてきた。それに前走では包まれて乗り役も謝っていたし、次は更にやれる筈、と話しています。来週日曜日の函館、芝1,800mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
04/07/13≪先週のレース結果≫
函館6R 3歳未勝利(芝2,000m)
      シルキーパフューム  4着
04/07/12
先週4着でした。まずまずのスタートからテンに控え、後方4、5番手で1コーナーを通過すると、道中は前から一団の競馬となる中、そのまま終始後方の内々を進みました。そして4コーナーで外へ持ち出し大外を回ると、勝馬には敵わなかったものの、直線は大外からなかなかいい脚を使って前に迫り、2、3着馬とは差の無い競馬を演じています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/07/09≪7/10(土)の出走情報≫
函館6R 3歳未勝利(混)(芝2,000m)
14頭3枠4番 54kg 小野     発走12:45
今週はサッと馬なりで追われましたが、なかなか軽快に動いており、輸送の影響無くやれそうです。調教助手は、まだちょっとこちらの環境に戸惑っている感じだが、着いた当初は細かった飼い葉食いも、もういつも位食べる様になり、これなら力を出せると思う。減っていた馬体が戻ってからレース振りが良くなっているし、距離延長も大丈夫な筈で、善戦を期待している、と話しています。
04/07/08≪今週の出走馬≫
土曜日・函館6R(芝2,000m・14頭)54kg 小野
04/07/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7函W良  67.8-52.8-38.6-13.2 (7)馬也
04/07/06≪今週の出走予定馬 7/6現在≫
土曜日の函館、芝2,000m
04/07/05
先週登録の方向で、30日にはWコースで追い切られましたが、その後、調教師から、函館で使う事にしたけど、輸送してすぐだとバテるかもしれないので、入れるのはもう1週待つ。暫くは函館に滞在させようと思う、と話しがあり、1日に函館競馬場へ移動しています。到着後も特に変わり無く、今週土曜日の函館、芝2,000mに出走を予定しています。
04/07/02≪最新情報≫
1日に函館競馬場へ移動しています。
04/07/01≪今週の出走馬≫
シルキーパフュームは検討の結果、来週の函館で出走を目指す事になり、1日に函館競馬場へ移動しています。
04/07/01≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30W良   67.1-52.3-38.4-12.6 (3)馬也
04/06/30≪今週の出走予定馬 6/30現在≫
福島競馬、阪神競馬か、函館競馬(番組は未定)
04/06/29≪今週の出走予定馬 6/29現在≫
シルクリザルト、シルキーパフューム、シルキーソウル、シルククロノグラフ、シルクアテンション、シルクマリオンも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
04/06/28
Wコースでキャンターの調整で、23日に時計を出しています。厩務員は、こちらでは飼い葉も食べて順調に乗れているけど、輸送して環境が変わると心配だし、もう少し様子を見て決めたい、と話しています。検討の結果、今週の三場開催のどこかで使う方向となっています。
04/06/24≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23W良   72.0-56.7-42.0-13.6 (6)馬也
04/06/21
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、もうちょっと馬場が良かったら結果も違っていただろうが、体は減っていなかったし、このままいって欲しい。また状態を見て次を考えたい、と話しています。次走については今のところまだ未定です。
04/06/14
先週5着でした。好スタートを切って楽に先行争いに加わり、序盤は3番手に付けていましたが、途中でやや控えると、3コーナーの手前辺りからは好位6、7番手の内を追走しました。そしてそのまま4コーナーを通過すると、直線入り口でスッと外へ持ち出していき、前を捕らえに掛かりましたが、ラチ沿いで粘る先行馬と同じ様な脚色となってしまい、最後まで差が詰まりませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/06/14≪先週のレース結果≫
東京1R 3歳未勝利(芝1,800m)
      シルキーパフューム  5着
04/06/11≪6/12(土)の出走情報≫
東京1R 3歳未勝利 若手騎手(芝1,800m)
18頭4枠8番 51kg 加藤士津八  発走10:00
久々を一叩きされた分、上向いてきており、調教師は、1勝馬と併せても遜色ない動きで具合はいい。予定していた牝馬の番組は入りそうになかったので千八へ回ったが、馬体減りは見られないし、叩いた上積みもあるそうだから楽しみだ、と話しています。調教助手は、前走はそんなにやっていなかったのに、いいとこあった。前走みたいに上手く流れに乗れれば終い伸びてくる筈、と話しています。
04/06/10≪今週の出走馬≫
土曜日・東京1R (芝1,800m・18頭) 51kg 加藤士津八
04/06/10≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10W重  68.9-53.9-39.3-12.5 (4)馬也併入
04/06/08≪今週の出走予定馬 6/8現在≫
日曜日の東京、芝1,600m(牝)
04/06/07
Wコースでキャンターの調整で、2日に時計を出しています。調教助手は、変わらず順調で、また小牧騎手に頼んでいる、と話しており、今週日曜日の東京、芝1,600mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
04/06/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2W良  72.8-55.9-41.3-13.8 (6)馬也
04/05/31
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。調教師は、あともうちょっとだったし、やはり血統馬で、いいとこある、と話しており、次走については今のところ来週の東京を予定しています。
04/05/24
先週4着でした。スタートダッシュも一息だったので無理せず控え、後方3、4番手に付けると、道中はそのままじっくり後方の内でレースを進めました。そして勝負どころでも仕掛けていかず、後方で一団となったまま4コーナーを回り、追い出されると、直線は内の方から馬群を割ってなかなか目立つ脚色で交わしていき、最後は2、3着馬の直後まで迫っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/05/24≪先週のレース結果≫
東京2R 3歳未勝利(芝1,400m)
      シルキーパフューム  4着
04/05/21≪5/22(土)の出走情報≫
東京2R 3歳未勝利(牝)(芝1,400m)
18頭4枠7番 54kg 小牧     発走10:30
立て直して状態自体は上向きですが、年明けの中山以来、約4ヵ月振りとなり、帰厩後の追い切りの本数も少なく、まだ本来のデキにはありません。調教師は、幾らか急仕上げになるけど、攻め馬の動きは悪くないので、今週から使っていく。一息入れて体もだいぶ戻り、まずまずの状態にあるが、やはり使いながらになるだろう、と話しています。
04/05/20≪今週の出走馬≫
土曜日・東京2R (芝1,400m・18頭) 54kg 小牧
04/05/20≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19D良  66.6-52.4-39.6-13.4 (3)強め
04/05/19≪今週の出走予定馬 5/19現在≫
シルキーパンチ、シルクビクター、シルキーパフュームは直前まで様子を見てから判断する事になっており、まだ結論は出ていません。
04/05/18≪今週の出走予定馬 5/18現在≫
シルキーパンチ、シルクステディ、シルクリザルト、シルクビクター、シルキーパフューム、シルクイノセント、シルキーアゲインも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
04/05/17
坂路とWコースでキャンターの調整です。計測にはならなかったものの、12日に長めから追われると、調教師は、動きはまずまずだが、あと1、2本欲しいと話しており、直前まで様子を見てから今週から登録を始めるかどうかを判断する事になっています。
04/05/10
坂路とWコースでキャンターの調整です。先週はまだ速いところは行っていませんが、変わり無く乗り込みを続けており順調です。今週から時計を出していく予定で、調教師は、次の東京の内には使える様にしたい、と話しています。
04/05/03
坂路とWコースでキャンターの調整です。調教師は、まだ乗り込みが足りないみたいだから、徐々に距離を延ばして乗る様にしている、と話していますが、早ければ今週辺りから時計になるところも始める事になっています。
04/04/26
天栄ホースパークで調整を続けて、22日に美浦の阿部厩舎へ帰厩すると、到着後も状態に変わり無く翌日から角馬場でキャンターの調整を始めており、今週にはコースに出して調教を進めていく事になっています。帰厩前に牧場長は、放牧された時は体調は悪く毛艶も冴えなかったけど、段々馬体はふっくらして、全体に張りが出てくると、とてもいい動きをする様になった、と話していました。
04/04/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mとキャンター2,400mの調整です。トラックコースでかなり長めに20秒前半から20秒を切る位のペースで乗り込みを進めると、坂路では1度4ハロン16秒前後のラップを出して調教を付けられており、変わり無く順調です。早ければ今週にも美浦へ入厩する事になっています。
04/04/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く坂路とトラックコースを併用し、17〜18秒程度のペースで乗り込みを進めると、段々毛艶は良くなっており、状態面も順調に上向いてきています。
04/04/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続きトラックコースでじっくり乗り込みながら、坂路ではコンスタントに20秒程度の調教を付けられる様になっており、このまま馬体を太らせて、しっかりさせていく事になっています。
04/03/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンターの調整です。引き続きトラックコースでじっくり乗り込みながら、馬体の立て直しを図っており、牧場長は、疝痛などで随分馬体がガレてしまい、トモの踏み込みも甘くなってしまったので、引き続き筋肉注射を施していきながら進めていくが、ササ針での良化も考えている、と話しています。
04/03/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mと軽めのキャンターの調整です。順調に運動量を増やしながら、ペースを上げて乗り込むと、先週は坂路で1度15秒台のラップを出して調教を付けられていますが、腰の踏ん張りがもう一つ甘い為、筋肉注射などの治療をおこない良化を図っていく事になっています。
04/03/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。体調面は落ち着いて順調に乗り込むと、先週は坂路での本数を増やしながら、引き続き20秒程度の調教を付けられています。牧場長は、調教師から状態が良ければ厩舎に戻して進めていきたい、との連絡をもらったが、疝痛などでまだ乗り込み不足のところもあるから、今月末で帰厩の目処が立つように仕上げていきたい事は言ってある、と話しています。
04/03/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,400mの調整です。坂路とトラックコースを併用して、じっくり乗り込みを進めると、先週は坂路で1度4ハロンを20秒程度のラップを出して調教を付けられており、変わりありません。
04/03/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,200mの調整です。両前脚のソエは固まってしっかりしてくると、徐々に運動量を増やして乗り込んでおり、牧場長は、疝痛などで乗り出しが遅れたが、順調に体調面も回復してきている。ただ、体力がかなり落ちて馬体がガレてしまったので、じっくり立て直していき状態を上向かせていきたい、と話しています。
04/02/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで1,800mの調整です。予定通りパドック放牧から軽めの乗り運動に切り替えると、体調面はすっかり立ち直っており、ソエの方も患部に薬品を塗って治療をおこなう事で歩様も良くなってきています。
04/02/16
天栄ホースパークで放牧休養中です。馬房でゆっくり休ませながら、徐々に飼い葉の量を増やして体調面の回復を促すと、週末からパドック放牧に切り替えて様子を見ています。ソエの治療も合わせておこなっており、早ければ今週中には軽めの運動を進めていく事になっています。
04/02/09
天栄ホースパークの馬房で休養中です。先週から軽めの乗り運動を始めましたが、両前脚のソエを気にしたり、疝痛の症状が見られた事で大事を取って馬房でゆっくり休ませています。牧場長は、腹痛はフンが溜まったのが原因で、獣医が2、3日掛けて出してはいるが、体力が随分落ちてしまった。少しずつ飼い葉は食べさせているが、暫くは無理させず、ソエと合わせてしっかり回復を待っていく事にする、と話しています。
04/02/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで3,000mの調整です。レース後は変わり無く坂路コースでキャンターを進めると、調教師は、3コーナーで見せ場はあったけど、直線では馬体が減った分、スタミナ切れとなってしまった。でも、このまましっかり立て直していけば、まだまだやれる筈だ、と話し、28日に一旦天栄へ放牧する事になっていましたが、蕁麻疹を発症した為、翌日の29日に移動しています。到着後は体調も落ち着いている為、パドック放牧で様子を見ており、牧場長は、今週から軽めの乗り運動を進めていきながら、馬体をふっくらさせ、しっかり回復を促していく事にしたい、と話しています。
04/01/30≪最新情報≫
29日に天栄ホースパークへ放牧されています。
04/01/26
先週13着でした。大外でまずまずのスタートを見せ、中団の中程辺りからレースを進めましたが、外々を回りながら徐々に差を詰めていくと、4コーナーで先行する4頭から少し離れた6番手位に上がりました。しかし直線では手応えに余裕が無くなって後続に吸収され、次々に交わされていくと、最後は一杯となって後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/01/26≪先週のレース結果≫
中山4R 3歳未勝利(D1,200m)
      シルキーパフューム  13着
04/01/24≪1/25(日)の出走情報≫
中山4R 3歳未勝利(D1,200m)
16頭8枠16番 51kg 松岡     発走11:30
前走の反動無く順調に乗られているものの、馬体の維持も考えて終い重点に追われており、調教師は、攻め馬の動きもまずまずだったから今週使う事にしたが、飼い葉の食いが細くなってきているので、今回使ったら一息入れる事にするかもしれない。前走では不利があって後ろからになったが、スタート自体はいいので、もっと前で競馬が出来れば結果も違ってくる筈、と話しています。
04/01/22≪今週の出走馬≫
日曜日・中山4R (D1,200m・16頭) 51kg 松岡
04/01/22≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21D良  69.7-54.3-40.6-13.3 (4)強め併入
04/01/21≪今週の出走予定馬 1/21現在≫
シルキーパフュームは今週の登録を検討していますが、明日まで状態を見てから判断する事になっています。
04/01/19
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。前走について調教師は、スタートは悪くなかったが、直後に寄られて後ろからの競馬になってしまい、馬体も減っていた。装鞍所でもイライラしていたし、慣れてくればもっとやれるようになる筈、と話しています。動きや状態を見てまた次を決める事になっていますが、今のところまだ未定です。
04/01/13≪先週のレース結果≫
中山1R 3歳未勝利(D1,200m)
      シルキーパフューム  9着
04/01/12
11日に出走し、9着でした。スタート自体はまずまずだったものの、出脚がつかず後ろへ置かれてしまうと、後方5番手でレースを進めました。道中はなかなか差を詰めていけず、ほぼ同じ位置取りを追走したまま4コーナーを回ると、大外を追われた直線ではバテた馬を交わし、少し着順を上げていますが、前に迫る様な伸びは無く、上位とはかなり離されています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/01/10≪1/11(日)の出走情報≫
中山1R 3歳未勝利(牝)(D1,200m)
16頭5枠10番 51kg 松岡     発走9:55
しっかり追われて時計を詰めてきており、調教師は、1度使って動きが上向いてきているし、今回ビシッとやれた事で上積みも期待出来ると思う。距離は千二と千八どちらがいいか考えてみたが、牝馬戦でもあるし千二を使ってみる事にする、と話しています。調教助手は、動き自体は悪くないのだが、使った後、ちょっと体が寂しくなってきているのが気になる、と話しています。
04/01/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4D良  69.1-53.8-39.8-13.4 (4)一杯遅れ
8D良  67.4-53.1-39.4-12.6 (5)一杯遅れ
04/01/08≪今週の出走馬≫
11日・中山1R (D1,200m・16頭) 51kg 松岡
04/01/06≪今週の出走予定馬 1/6現在≫
中山競馬(番組は未定)
04/01/05
レース後も順調で、南Dコースでキャンターの調整です。調教師は、前走では直線で内にモタれて追いづらそうだったが、調教でビッシリやっていなかったし、これで変わってきてくれると思う、と話しています。時計も31日、4日と出しており、今週の中山で出走を予定しています。
04/01/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
31D良  69.6-54.2-40.3-13.0 (5)一杯
03/12/24≪先週のレース結果≫
中山5R 2歳新馬 (芝1,600m)
      シルキーパフューム  7着
03/12/22
先週7着でした。若干出遅れたものの、外から果敢に押して上がっていくと、すぐに馬群に取り付いてレースを進めました。道中は前3頭が大きく突き放すなか、中団の外々を回って追走していき、3コーナーを過ぎた勝負どころから徐々に前との距離を縮めながら追われると、直線では大外をついてジリジリ伸び脚を見せて追い上げていますが、それ以上挽回する事は出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/12/19≪12/20(土)の出走情報≫
中山5R 2歳新馬(牝)(芝1,600m)
16頭7枠13番 54kg 北村宏司   発走11:35
デビュー戦となりますが、攻め馬が不足してまだ時計的にも目立たず、7分程度の仕上がりで、いきなりという感じにはありません。調教師は、正直もう一追い位は欲しいところだが、調教ではなかなか素軽い動きを見せているし、牝馬同士なので、そんなに恥ずかしい競馬はしないと思う。ここでいいところがあるようならこれから先が楽しみだ、と話しています。
03/12/18≪今週の出走馬≫
土曜日・中山5R(芝1,600m・16頭)54kg 北村宏司
03/12/18≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17D良  69.9-54.1-40.6-13.5 (6) 強め併入
03/12/16≪今週の出走予定馬 12/16現在≫
土曜日の中山、芝1,600m(牝)
03/12/15
坂路コースでキャンターの調整で、10日に併せて時計を出しています。調教師は、今週の出走を予定しているが、1週前の追い切りとしてはまずまず動いていた方だし、ここまで順調に仕上がってきているので問題無く使っていけるだろう、と話しています。今週土曜日の中山、芝1,600mの牝馬限定戦での出走を予定しています。
03/12/11≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂稍  39.0-25.2-12.2 馬也
10坂良  39.2-25.3-12.5 馬也併入
03/12/08
坂路コースでキャンターの調整で、3日に併せて時計を出すと、7日にも追い切られています。調教師は、ゲートにも受かって先週から速いところを始めているが、7日には単走で馬也のまま、終い12秒前半のラップを出して全体的にも悪くない動きを見せていた。このまま順調に仕上がってくれれば、年内には使っていけるだろう、と話しています。
03/12/04≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3坂良  40.7-26.3-13.1 馬也併入
03/12/01
坂路コースでキャンターの調整を進めると、26日にはゲート試験を受け無難にこなして合格しています。調教師は、ゲートからの出は特に速い訳ではなく、ごく普通だったが、これからしっかり時計を出していけば、中山の最終週辺りには出走の目処も立ってくるだろう、と話しています。
03/11/28≪最新情報≫
26日にゲート試験を受け、合格しています。
03/11/27≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26D不  (ゲート)13.0-14.5 馬也
03/11/24
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習です。調教助手は、坂路中心の調教を進めているが、牧場で乗り込んでいた様で順調にこなしている。飼い葉の食いも良く、今週中には様子を見てゲート試験も受けられそうだ、と話しています。
03/11/17
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習です。調教師は、ゲートは駐立させて、音を聞かせている段階だが、とても落ち着きがあって順調に進んでいるので、このままスムーズにこなしていけそうだ、と話しています。
03/11/10
坂路と南Aコースでキャンターの調整とゲート練習を始めています。調教師は、入厩してからは順調に調教メニューをこなしているし、ゲートはまだ通したり、停止する程度だけど、順を追って進めており問題無い、と話しています。
03/11/03
天栄ホースパークでトラックコースを長めから18秒前後ペースで乗り込むと、1日には調教師の指示で美浦の阿部厩舎へ入厩しています。到着後は状態に変わり無く今週からコースに出してキャンターを進めていく事になっており、入厩前に牧場長は、今まで弱い面があったけども、馬体は順調にしっかりしてくるなど十分上積みが感じられる、と話しています。
03/11/01≪最新情報≫
1日に美浦の阿部厩舎へ入厩しています。
03/10/27
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。坂路をコンスタントに20秒を切るペースで乗り込むと、1度15秒台のラップを出して調教を付けられており、調教師は、今週末に馬房の都合がつけば、入厩させて厩舎で仕上げを進めていきたい、と話しています。
03/10/20
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く坂路で15秒を切るラップを出して乗り込むと、トラックコースでは長めからじっくり進めながら、1,600mを19〜20秒ペースで調教を付けられています。
03/10/13
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。毎日休まず順調に乗り込んでおり、コンスタントに坂路を20秒を切るペースで乗ると、先週も1度15−15から終い13秒台のラップを出して調教を付けられています。
03/10/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き坂路で17秒前後の調教を付けると、トラックコースでも5ハロンを15〜14秒前半のラップを出して乗られています。牧場長は、馬体は小さく腰も甘かったけど、前向きに乗り込んで全体的にもしっかりしてきているので、今後の変わり身に期待したい、と話しています。
03/09/29
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。心配するところも無く、坂路で4ハロン15−15を切るペースで乗ると、トラックコースでも3ハロン15〜16秒程度のラップを出して調教を付けられています。
03/09/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。しっかり調教量を増やしながら、変わり無く乗り込んでおり、引き続き坂路を15−15で乗ると、先週はトラックコースでも5ハロン16秒ペースから15−15の調教を付けられています。
03/09/15
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くしっかり乗り込みを進めると、先週はトラックコースで2,000mを20秒前半ペースで乗るなど、坂路でも15−15から終い14秒台のラップを出して調教を付けられています。
03/09/08
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースで17秒前後のラップを出して乗ると、そのまま坂路で15−15の調教を付けられており順調です。
03/09/01
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。トラックコースで17秒ペースで乗ると、坂路で4ハロン15−15から13秒台のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、右トモの踏ん張りにも力強さが出てきたので、しっかり時計を出してこの状態のまま進めていく。ただ、もう少し馬体が大きくなって欲しいが、走りはとても前向きで全体的に良くなっている、と話しています。
03/08/25
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。脚元の外傷箇所は問題無く坂路を16秒前後で乗ると、1度15秒を切るラップも出して調教を付けられており順調です。
03/08/18
天栄ホースパークでウォーキングとダクで4,000mとキャンター1,800mの調整です。順調に乗り込んでいましたが、先週右後脚の球節辺りをぶつけ軽い外傷を負った為、大事を取って一息入れています。すぐに症状は落ち着いており、週末には坂路で20秒程度の調教を付けられていますが、脚元の状態に変わりありません。
03/08/11
天栄ホースパークでウォーキングとダクで4,000mとキャンター1,800mの調整です。脚元など状態に変わり無く坂路でしっかり時計を出して乗り込むと、4ハロンを16〜17秒ペースから15秒台のラップも出して調教を付けられています。
03/08/04
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。トラックコースで5ハロンを18秒ペースと15〜16秒程度で2度調教を付けられると、牧場長は、順調に馬体はふっくらして腰の状態も良くなっているし、右トモの踏ん張りにも力強さが出てきているので、今後の調教にも好感が持てて楽しみだ、と話しています。
03/07/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。坂路コース中心のメニューで乗り込みを進めると、動きにも積極さが出てきており、先週は4ハロンを1度15−15程度の調教を付けられています。
03/07/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。引き続き順調に乗り込むと、変わらずトラックコースで長めからじっくり進めるなど、坂路では4ハロンをコンスタントに20秒前後で乗りながら、1度16〜17秒程度のラップを出して調教を付けられています。
03/07/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。馬体に良化が窺えると、しっかりピッチを上げて乗り込みを進めており、先週はトラックコースで長めから20秒ペースで乗るなど、坂路でもコンスタントに4ハロンを20秒位で乗りながら、1度15〜16秒程度のラップを出して調教をつけられています。
03/07/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。まだ力強さには欠けていますが、休まず順調に乗り込みを進めると、徐々に馬体はふっくらしてきており、状態面はしっかり上向いてきています。
03/06/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無く坂路中心に20秒ペースで乗り込みを進めると、先週は1度4ハロンを17〜18秒程度のラップを出して調教をつけられています。牧場長は、まだ右トモの踏ん張りがもう一つだけども、歩様に大きな乱れも無いので、順調に時計を出して乗っている。運動量も豊富なのでこのまま馬体に幅を出しながら、しっかり上向かせていきたい、と話しています。
03/06/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。状態に変わりありませんが、先週は若干ペースを緩めて乗り込みを進めており、トラックコースで5ハロンから20秒前後で乗ると、坂路でも20秒程度のラップを出して調教をつけられています。
03/06/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。じっくり乗り込んで馬体の良化を促すと、先週もトラックコースで長めから20秒前半ペースで乗るなど、坂路でも3ハロンを15〜17秒程度のラップを出して調教をつけられています。
03/06/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続き休まず乗り込んでおり、先週は坂路で3度20秒前後のペースで乗ると、トラックコースでは半マイルをしっかり20秒程度のラップを出して調教をつけられています。
03/06/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。トラックコースで長めから20秒前半ペースで乗ると、4ハロンを18秒前後のラップを出して調教をつけられています。牧場長は、馬体にそれ程成長が窺えず、まだもう一つパッとしてこないが、4ハロン20秒の指示も、17〜18秒位の時計を出して乗っている。このままトラック中心に進めていって、様子を見て1度ササ針で馬体の良化を促すことも考えたい、と話しています。
03/05/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1.600mの調整です。引き続きトラックコースで長めからじっくり乗られると、5〜6ハロンを20秒前半のラップを出して調教をつけられています。
03/05/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,000mの調整です。ウォーキングマシンの運動から乗り始めると、まだ時計を出すところまで進めていませんが、軽めに長く乗り込んでこのまましっかりさせていく事になっています。
03/05/12
天栄ホースパークでササ針後は馬房で休養を続けていましたが、今週からパドック放牧をおこないながら、ウォーキングマシンの運動も始めており、様子を見て軽めの乗り運動を進めていく予定になっています。
03/05/05
天栄ホースパークでダク程度の軽めの乗り運動を進めていましたが、歩様がもう一つすっきりしてこない為、先週ササ針をして良化を図っています。今週一杯はこのまま馬房でゆっくりさせて様子を見ていく事になっています。
03/04/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。引き続き軽めの乗り運動で様子を見ており、牧場長は、休まず乗り込みながら、運動後には筋肉注射をして良化を図っているが、歩様が戻って良くなってくれば十分走るものは持っているだろう、と話しています。
03/04/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。若干ペースを上げて進めていましたが、まだ全体的に弱いところがあって、歩様にもスムーズさを欠く為、再度軽めのメニューに切り替えて様子を見ています。
03/04/14
馬名が シルキーパフューム に決まっています。
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。トラックコース中心にじっくり乗り込みを進めると、まだキャンターは軽めですが、乗り込み量は十分こなしており、このまま馬体をしっかりさせていく事になっています。
03/04/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続きトラックコース中心に時間を掛けて長めからじっくり乗り込んでおり、まだ強い調教はつけていないものの、少しずつ気配は上向いてきています。
03/03/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで3,000mと軽めのキャンター1,800mの調整です。徐々に調教量を増やして乗り込んでおり、牧場長は、ササ針で良化を図っているものの、まだ腰の状態が本当ではないので、このまま時間を掛けて乗りながら、しっかり体を作って全身の力を付けていきたい、と話しています。
03/03/31≪クラブからのお知らせ≫
4月26日(土)の天栄ホースパーク2歳馬展示会の展示馬リストは下記の通りです。
シルク1−27、1−29、1−31、1−33、1−34、1−36、
シルク1−38、1−39、1−40、1−42、1−43、1−44、
シルク1−45、1−47、1−49、1−50、1−52、1−53、
シルク1−54、1−56、1−57、1−61、1−62、1−67、
シルク1−70、1−72 以上、26頭
なお、当日の馬の状態次第では、展示を行わない募集馬もいますので予めご了承下さい。
03/03/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで3,000mと軽めのキャンターの調整です。予定通り乗り運動を始めており、調教後も特に状態面などに変わり無い為、このまま徐々にペースを上げて進めていく事になっています。
03/03/17
天栄でササ針後は馬房で休ませて様子を見ていましたが、パドック放牧を始めており、今週中には運動を再開する予定です。
03/03/10
天栄で長めにじっくり乗り込んで徐々にペースを上げていましたが、腰に疲れが出てきた為、先週ササ針をおこなって良化を図っています。今週一杯は馬房で休ませて様子を見る事になっています。
03/02/07≪最新情報≫
4日に天栄ホースパークへ移動しています。
03/01/31(会報)
旧富川分場で繋養中。馬体に幅がある分、上背がもうひと伸びしてきて欲しいが、歩様など動きに素軽いところが見られる。2月上旬に天栄へ移動予定。
155.0cm 183.0cm 19.5cm 未計測
02/12/31(会報−1歳馬の馴致情報)
旧富川分場で放牧中。天栄HPなどの育成場へ移動予定
02/11/30(会報−1歳馬の馴致情報)
旧富川分場で放牧中。天栄HPへ移動予定
02/10/31(会報−1歳馬の馴致情報)
朝日分場で馴致終了し富川分場で放牧中
02/09/30(会報−1歳馬の馴致情報)
10月1日から早田牧場で馴致開始