シルクオリンピア
牝馬、栗毛、01/03/02生
父:アフリート、母:マローラ、母の父:Caerleon
厩舎:国枝栄(美浦)、生産:オリエント牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
04/10/11
レース後は札幌の馬房で休ませていましたが、鼻出血を発症し再発の可能性もある為、協議の結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、8日に抹消の手続きが取られました。出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
04/10/08≪最新情報≫
協議の結果、以下の馬については誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まりました。
8日付:シルクビクター、シルクオリンピア、シルキーシャウト、シルクグラフィック
04/10/04
先週12着でした。五分のスタートから先行争いに加わっていき、逃げ馬直後の3番手の内で折り合うと、道中はそのまま楽に前々でレースを進めましたが、4コーナーを回る辺りで急に手応えが鈍り、後続に吸収されてしまいました。そして直線はバッタリ止まって交わされる一方となり、最後は1頭遅れた殿でゴールしています。レース後、鼻出血を発症している事が判明した為、1ヵ月の出走停止を受けており、今後の事については今週話し合う予定です。
04/10/04≪先週のレース結果≫
札幌4R 3歳未勝利(D1,000m)
      シルクオリンピア   12着
04/10/01≪10/2(土)の出走情報≫
札幌4R 3歳未勝利(D1,000m)
12頭5枠6番 52kg 加藤士津八  発走11:25
連闘となる為、今週は軽めの調整で済ませていますが、疲れや反動は見られず、前走のデキを保っており、調教師は、前走は脚抜きのいい馬場で一気に行けた事が、良かったのだろう。それに馬も一息入れて良くなっていた。使った後も大丈夫で連闘させるから、またすんなり先手を取る事が出来れば楽しみだ、と話しています。ブリンカー着用で出走します。
04/09/30≪今週の出走馬≫
土曜日・札幌4R  (D1,000m・12頭)  52kg 加藤士津八
04/09/29≪今週の出走予定馬 9/29現在≫
札幌競馬、D1,000mの番組
04/09/28≪今週の出走予定馬 9/28現在≫
シルクリスペクト、シルクコンコルド、シルクオリンピア、シルクエディフィス、シルクブラウニー、シルクマニフェストも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
04/09/27
先週2着でした。内からスタートダッシュ良く飛び出すと、そのまますんなり先手を取ってハナに立ち、逃げる競馬に持ち込みました。そして道中は競り掛けられる事もなく、終始後続に2馬身程のリードを保って4コーナーを回ると、直線はそのまま内ラチを追われて逃げ込みを図り、あわやと思わせましたが、惜しくもゴール寸前で断然人気の馬に捕まってしまいました。レース後、特に不安は無い様で、検討の結果、連闘で今週の札幌へ登録する事になっています。
04/09/27≪先週のレース結果≫
札幌3R 3歳未勝利(D1,000m)
      シルクオリンピア   2着
      複勝 2番 760円 ワイド2−5 1,670円
      枠連2−5 5,140円    2−8 8,200円
      馬連2−5 11,940円 3連複2−5−8 17,780円
      馬単5−2 19,570円
04/09/24≪9/25(土)の出走情報≫
札幌3R 3歳未勝利(D1,000m)
12頭2枠2番 51kg 加藤士津八  発走10:55
当初予定した日曜日の番組は頭数が多く、こちらへまわっていますが、追い切りでは格上の馬と併せて上々の動きを見せるなど、力を出せる状態です。加藤騎手は、一息入ったけど牧場でもしっかり乗り込んでいたみたいで、いい動きをしている。決め手に欠ける馬で、どうしても末が甘くなってしまうが、もう少し時計が掛かる展開になればそんなに差は無いと思う、と話しています。ブリンカー着用で出走します。
04/09/23≪今週の出走馬≫
土曜日・札幌3R(D1,000m・12頭)51kg 加藤士津八
04/09/23≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23札ダ重 84.4-67.1-50.6-37.5-12.7 (7)馬也遅れ
04/09/22≪今週の出走予定馬 9/22現在≫
日曜日の札幌、芝1,200m(牝)
04/09/21≪今週の出走予定馬 9/21現在≫
シルクコンコルド、シルクレッドホット、シルクオリンピア、シルキーシャウト、シルククロノグラフ、シルクアテンションも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
04/09/20
札幌のダートコースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。併せて終い重点に追われましたが、楽な手応えで相手をアオるなど、順調な仕上がりを見せており、検討の結果、今週日曜日の札幌、芝1,200mの牝馬限定戦に出走予定となっています。
04/09/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15札ダ稍 70.8-54.7-40.6-12.6 (6)馬也併入
04/09/13
11日に札幌競馬場へ移動すると、到着後も変わり無く、ダートコースでキャンターの調整を始めています。このまま今週から時計を出していき、来週以降の出走を目標に仕上げる事になっています。
04/09/06
ファンタストクラブでダクとキャンターの調整です。移動後は特に心配するところ無く乗り込みを進めると、徐々にペースを上げながら調教を付けられており、このまま札幌開催の後半を目指す事になっています。
04/08/30
先週7着でした。大外から五分に飛び出して上がっていき、単独3番手に落ち着くと、道中は前で競り合う2頭をマークしながら、後続にはかなり差を付けてレースを進めました。しかし勝負どころで前に詰め寄れず、逆に4コーナーで引き離されてしまうと、直線は手応えに余裕が無くなって一杯となり、後続に交わされました。レース後、特に不安は無い様ですが、31日に一旦ファンタストクラブへ放牧され、次の札幌開催の後半を目指す事になっています。
04/08/30≪先週のレース結果≫
札幌4R 3歳未勝利(D1,000m)
      シルクオリンピア   7着
04/08/28≪8/29(日)の出走情報≫
札幌4R 3歳未勝利(牝)(D1,000m)
12頭8枠12番 54kg 横山典弘   発走12:45
短期放牧明けで少し間隔が開いたものの、なかなか速い時計が出るなど、順調な仕上がりを見せており、調教助手は、放牧した効果で体つきは良くなっているし、追い切りでこれだけ動けば力を出せると思う。アテに出来ないところはあるが、揉まれずに自分のペースでレースを進められればもっとやれていい筈で、何とか目処を立てて欲しい、と話しています。ブリンカー着用で出走します。
04/08/26≪今週の出走馬≫
日曜日・札幌4R   (D1,000m・12頭)   54s 横山典弘
04/08/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22札ダ重 61.1-44.3-12.8 (8)馬也
25札ダ良 65.9-51.3-38.2-12.9 (2)馬也併入
04/08/25≪今週の出走予定馬 8/25現在≫
シルクオリンピアとシルクセレクトは引き続き登録するかどうかを検討しており、まだ結論は出ていません。
04/08/24≪今週の出走予定馬 8/24現在≫
シルクアルディ、シルクコンコルド、シルクオリンピア、シルクポジティブ、シルクアテンション、シルクセレクトも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
04/08/23
馬房の都合がつき13日に札幌競馬場へ入厩すると、ダートコースでキャンターの調整を開始し、15日、19日、22日と時計を出しています。調教師は、馬体が良くなって動きもまずまず、と話しており、直前まで様子を見て良さそうなら、今週から登録を始めるかもしれないそうです。
04/08/20≪最新情報≫
13日に札幌競馬場へ入厩しています。
04/08/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15札ダ良 52.1-38.7-12.6 (2)馬也併入
19札ダ良 55.8-40.2-12.7 (8)馬也
04/08/16
ファンタストクラブでダクとキャンターの調整です。体調面などに心配するところ無く毎日休まず乗り込むと、先週も17秒から18秒程度のラップを出して調教を付けられており、このまま馬体回復に努めながら進めていく事になっています。
04/08/09
ファンタストクラブでダクとキャンターの調整です。引き続き17秒程度のラップを出しながら、しっかり飼い葉を食わし込んで、馬体をふっくらさせる事になっており、状態に変わりありません。
04/08/02
ファンタストクラブでダクとキャンターの調整です。馬体に不安なところも無い為、飼い葉をしっかり食わし込みながら徐々にペースを上げて乗り込みを進めると、先週は1度17秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、とにかく馬体を太らせる事を考えているが、状態としては悪くは無いので、このまま速いところも進めながら、2回札幌を目標に仕上げていく事にしたい、と話しています。
04/07/26
ファンタストクラブでダクの調整です。状態自体に変わりありませんが、引き続きじっくり乗り込みながら、馬体の回復を図っており、今のところ2回札幌開催での復帰を目指して進めていく事になっています。
04/07/19
予定通り13日に北海道門別町のファンタストクラブへ放牧に出されると、到着後は一息入れてから、ダク程度の軽めの乗り運動を進めています。牧場長は、馬体はかなりガレた状態で牧場に来たので、調教師の指示通り、ふっくらさせて立て直していく事にする、と話しています。
04/07/16≪最新情報≫
13日に北海道門別町のファンタストクラブへ放牧されています。
04/07/13≪先週のレース結果≫
函館4R 3歳未勝利(芝1,200m)
      シルクオリンピア   13着
04/07/12
先週13着でした。五分のスタートから前3頭でハナを競り合う格好となったものの、途中からは2番手の外に落ち着いて、前々で積極的に先行する競馬を見せました。しかし4コーナーで早くも手応えに余裕が無くなって前の争いから脱落し、後続に吸収されると、直線はそのまま一杯となって次々に交わされてしまい、後方に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、3走連続9着以下の為、1ヵ月の出走制限を受けており、13日に北海道のファンタストクラブへ一旦放牧され、立て直す事になっています。
04/07/10≪7/11(日)の出走情報≫
函館4R 3歳未勝利(芝1,200m)
15頭5枠9番 54kg ホワイト   発走11:25
良化度合いはもう一つですが、乗り込みは順調で、調教助手は、相変わらず食いは細いけど前走程度のデキにはある。前走では砂を被ると頭を上げ、全然レースにならなかったと乗り役が言っていたので、芝でどれぐらい変わり身があるかだろう、と話しています。調教師は、今回は芝に替えてブリンカーも試してみるから、いい方に向いて欲しい、と話しています。ブリンカー着用で出走します。
04/07/08≪今週の出走馬≫
日曜日・函館4R(芝1,200m・15頭)54kg ホワイト
04/07/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7函W良  68.6-52.4-38.6-12.5 (6)強め
04/07/07≪今週の出走予定馬 7/7現在≫
日曜日の函館、芝1,200m
04/07/06≪今週の出走予定馬 7/6現在≫
シルクアンフィニ、シルクオリンピア、シルキーガイア、シルクマニフェストも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
04/07/05
レース後も順調で、函館のWコースでキャンターの調整です。調教師は、前走はもっと行けるかと思ったが、東京の千四と函館の千じゃ、同じ様にはいかなかった。ただ砂を被ったというけど、ケツまで下がるのはひどく、今度は芝を使ってみたい。ブリンカーを試す事も考えている、と話しており、検討の結果、今週日曜日の函館、芝1,200mを予定しています。
04/06/28
先週12着でした。最内から五分に飛び出して前の争いに加わっていくと、序盤は先団3頭のすぐ後ろ辺りでレースを進めていましたが、途中で砂を被るとズルズル後退し、後方2、3番手まで下がって直線を迎えました。そして直線を向いてからも巻き返す脚は無くそのまま伸びを欠き、最後は殿に敗れています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
04/06/28≪先週のレース結果≫
函館1R 3歳未勝利(D1,000m)
      シルクオリンピア   12着
04/06/26≪6/27(日)の出走情報≫
函館1R 3歳未勝利(牝)(D1,000m)
12頭1枠1番 51kg 加藤士津八   発走9:50
まだ函館の環境に慣れないせいか、調子が上がってきませんが、デキ自体はまずまずです。調教師は、美浦にいた頃は具合が良かったのに、環境が変わったせいなのか、飼い葉食いが落ちてイレ込み気味だし、乗った後はスクんだりする。状態がもう一つの分、半信半疑だけど、初戦でなかなか見どころがあったし、まともに力を出せれば、差の無い競馬になっておかしくない、と話しています。
04/06/24≪今週の出走馬≫
日曜日・函館1R(D1,000m・12頭)51s 加藤士津八
04/06/24≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20函W良  57.8-42.0-13.4 (5)馬也
23函W稍  67.8-53.4-39.5-13.0 (7)馬也併入
04/06/22≪今週の出走予定馬 6/22現在≫
日曜日の函館、D1,000m(牝)
04/06/21
函館のWコースでキャンターの調整で、17日、20日と時計を出しています。調教師は、環境が変わった為か、少しイレ込んで食いも落ちているけど、普段と同じように乗れているし、予定通り使えると思う、と話しており、今週日曜日の函館、ダート1,000mの牝馬限定戦を予定しています。
04/06/17≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17函W良  71.4-57.7-42.3-13.7 (7)馬也併入
04/06/14
ジョイナスファームで調整されていましたが、調教師の指示で9日に一旦美浦へ帰厩すると、12日には函館競馬場へ移動しています。到着後も特に変わりは見られず、このまま調整が順調なら、来週日曜日の函館、ダート1,000mの牝馬限定戦で出走を目指す事になっています。
04/06/11≪最新情報≫
12日に函館競馬場へ移動する予定です。
04/06/07
予定通り1日に茨城県のジョイナスファームへ放牧されると、調教師の指示で到着後は緩めず、すぐに乗り出しています。前走で騎乗した加藤士津八騎手は、初戦で砂を被り、頭を上げていたけど、慣れてくれば大丈夫だと思うし、いいものは持っていると思う、と話しており、調教師は、追い不足と東京コースを考えれば上々だろう。体がないから滞在の方が合っていると思うし、馬房の都合をつけて函館へ連れて行きたい、と話しています。
04/06/04≪最新情報≫
1日に千葉県のジョイナスファームへ放牧されています。
04/05/31
先週11着でした。大外からスタートダッシュ良く上がっていき、先行争いに加わると、前でやり合う2頭からは3、4馬身離れた単独3番手の位置取りで、積極的にレースを進めました。そしてそのまま好位をキープして4コーナーを回ったものの、やはり急仕上げ気味で息が保たなかったのか、直線早々には手応えが怪しくなって失速し、後方に下がってしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、調教師の指示で1日に茨城県のジョイナスファームへ移動する事になっており、一息入れたら今後は函館を目指す予定です。
04/05/31≪先週のレース結果≫
東京1R 3歳未勝利(D1,400m)
      シルクオリンピア   11着
04/05/29≪5/30(日)の出走情報≫
東京1R 3歳未勝利(混)(D1,400m)
15頭8枠15番 51kg 加藤士津八   発走9:50
まだ帰厩して日も浅く、万全の仕上がりとはいきませんが、調教では水準の動きを見せており、今週は格上の馬と併せて互角に動いています。調教師は、気性がキンキンしている割には、ビューっといくところがないけど、先週65秒位で動いているし、そこそこやれるデキにはある。さすがに急仕上げで、叩いてからだと思うが、早めに使い出して上向かせていきたい、と話しています。
04/05/27≪今週の出走馬≫
日曜日・東京1R (D1,400m、16頭) 51s 加藤士津八
04/05/27≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26坂良  44.1-28.8-14.4 馬也
      26坂良  37.3-25.0-12.7 馬也併入
04/05/26≪今週の出走予定馬 5/26現在≫
土曜日の東京、D1,300m
04/05/25≪今週の出走予定馬 5/25現在≫
東京競馬(番組は未定)
04/05/24
Wコースでキャンターの調整で、19日に時計を出しています。調教師は、自分から行こうとせず、押っつけ押っつけだったけど、最初にしてはなかなか速い時計が出たし、動きとしてもまずまず、と話しており、検討の結果、今週土曜日の東京、ダート1,300mに出走予定となりました。
04/05/20≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
19W良  65.5-51.5-38.5-12.8 (3)強め併入
04/05/17
ジョイナスファームで状態は上向きしっかり時計を出して調教を付けられる様になると、確認した調教師の指示で15日に美浦の国枝厩舎に帰厩しています。到着後は変わり無くすぐに角馬場でキャンターの調整を始めており、今週からしっかり時計を出していく事になっています。
04/05/10
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。毎日休まず乗り込みを進めると、引き続き17〜18秒程度の調教を付けながら、脚元の状態を確認しており、運動後も歩様に変わりありません。
04/05/03
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。調教師の指示もあり、休まず徐々に運動量を増やしながらペースを上げて乗り込むと、先週は1度18秒程度のラップを出して調教を付けられています。
04/04/26
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。脚元の様子を見ながら、休み無く乗り込みを進めており、状態を確認した調教師は、止めるときに若干歩様が悪くなる時があるものの、このまま少しずつペースを上げて乗ってもらうように指示を出している、と話しています。
04/04/19
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。引き続き20秒を切るペースで乗り込むと、脚元に不安無く歩様も落ち着いている為、このまましっかり進めて調教師の指示を受ける事になっています。
04/04/12
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。心配するところも無く、徐々にペースを上げて乗り込みを進めると、先週は1度20秒を切るラップを出して調教を付けられており、状態面も順調に上向いてきています。
04/04/05
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。調教師の指示通り徐々に運動量を増やしながらペースを上げると、調教後も歩様に変わり無い為、このまましっかり乗り込んで状態を上向かせていく事になっています。
04/03/29
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。状態に変わり無くダク程度の軽めの乗り運動をじっくり進めながら、脚元をしっかりさせると歩様に問題は見られない為、確認した調教師の指示で、徐々にピッチを上げて調教を付けていく事になっています。
04/03/22
ジョイナスファームでダクの調整です。引き続きダク程度の軽めの乗り運動をじっくり進めながら、脚元をしっかりさせていますが、歩様は大分安定してきている為、徐々に運動量を増やしていく事になっています。
04/03/15
ジョイナスファームでダクの調整です。体調面で心配するところは無いものの、引き続き歩様を確かめながら軽めにじっくり乗り込みを進めており、このまま脚元をしっかりさせていく事になっています。
04/03/08
ジョイナスファームでダクの調整です。引き続き軽めのメニューで乗り込みながら状態を上向かせていますが、まだ偶に歩様が安定しない時がある為、もう暫くはこのままじっくり進めていく事になっています。
04/03/01
ジョイナスファームでダクの調整です。引き続き毎日時間を掛けてじっくり乗りながら状態を上向かせると、乗ったあとも脚元などに不安は見られない為、少しずつ運動量を増やして進めていく事になっています。
04/02/23
ジョイナスファームでパドック放牧をおこなっていましたが、先週からダク程度の軽めの乗り運動を始めています。牧場長は、軽く動かす分には歩様は大丈夫だからこのまま進めていくが、1ヶ月近くも休ませていたので、暫くはじっくり乗りながら体を解す感じで筋肉を柔らかくしていき、状態を上向かせていきたい、と話しています。
04/02/16
ジョイナスファームで放牧休養中です。パドック放牧を続けながら、段々状態面は上向いてきている為、今週から軽めの乗り運動を進めていく事になっています。
04/02/09
ジョイナスファームで放牧休養中です。引き続きパドック放牧で様子を見ていますが、歩様は大分しっかりしてきた為、様子を見ながら来週辺りから軽めの乗り運動を進めていく事になっています。
04/02/02
ジョイナスファームで放牧休養中です。歩様が悪かった為、馬房で暫く楽をさせていましたが、週末に予定通り歩様の確認をおこなうと、肩の出は良くなっています。牧場長は、1、2週間このまま様子を見ていき、歩様に問題無ければ、軽く乗り運動を再開していく事にしたい、と話しています。
04/01/26
ジョイナスファームの馬房で休養中です。引き続き馬房でゆっくり休ませながら、歩様の回復を待っており、今週一杯はこのまま様子を見ていく予定ですが、近々1度外に出して歩様の確認をおこなう事になっています。
04/01/19
ジョイナスファームの馬房で休養中です。引き続きパドック放牧をおこないながら歩様の回復を待つと、先週念の為にレントゲンを撮って確認したところ、骨に異常は無いことが分かりました。調教師は、骨に問題無いとのことで少し動かしてみたが、歩様は相変わらずぎこちなかったので、思い切って暫く楽をさせて良化を促していく事にする、と話しています。
04/01/12
ジョイナスファームで放牧休養中です。順調に帰厩に向けて乗り込みを進めていましたが、今度は右前脚の歩様がぎこちなくなってきた為、大事を取ってパドック放牧に切り替えて様子を見ています。
04/01/05
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。変わり無く少しずつペースを上げて進めると、先週は20秒程度の調教を付けられており、状態を確認した調教師は、順調に休まず乗り込みを進め、段々気配も上向いて良くなっているので、もう少しこのまま様子を見てから厩舎に戻して仕上げていきたい、と話しています。
03/12/22
ジョイナスファームでダクとキャンターの調整です。まだ20秒前半位のメニューですが、徐々に調教量を増やしながらペースを上げて乗り込んでおり、状態に変わりありません。
03/12/15
ジョイナスファームでダクと軽めのキャンターの調整です。調教師の指示で先週より乗り運動を再開すると、調教後も脚元など状態に変わり無い為、このまま少しずつペースを上げて進めていく事になっています。
03/12/08
ジョイナスファームで放牧休養中です。予定通りパドック放牧を始めると、確認した調教師は、思ったより長引いてしまったが、脚元は落ち着いてしっかりしてきているので、このまま様子を見て乗り運動を進めていって欲しい、と話しています。
03/12/01
ジョイナスファームの馬房で休養中です。引き続き馬房で休ませて脚元の状態を見ていますが、少しずつ腫れも治まってきている為、今週中にはパドックに出して放牧を進めていく予定になっています。
03/11/24
ジョイナスファームの馬房で休養中です。無理せず馬房で休ませており、調教師は、動かして様子を見ようと考えたが、なかなか脚元の腫れが落ち着いてこないので、もう少しこのまま様子を見ていく事にする、と話しています。
03/11/17
ジョイナスファームの馬房で休養中です。引き続き馬房で休ませて脚元の回復を待っていますが、なかなか腫れは引いてこず、確認した調教師は、まだこの状態が続くのならば、思い切って1度動かした方が良いのかもしれない、と話しています。
03/11/10
ジョイナスファームの馬房で休養中です。引き続き馬房でゆっくりさせながら、左前脚の様子を見ていますが、まだ球節部分に多少熱を保っている為、もう少しこのまま脚元の回復を待つ事になっています。
03/11/03
坂路コースでキャンターの調整で、30日に時計を出しています。今週の出走を検討していましたが、先週の追い切り後に左前脚の球節に熱を保って、なかなか症状も落ち着かなかった為、一旦放牧して立て直す事となり、2日にジョイナスファームへ移動しています。今週一杯は馬房でゆっくり休ませて様子を見る事になっています。
03/10/30≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26坂稍  42.6-28.0-14.1 馬也
26坂稍  42.3-28.7-14.6 馬也
30坂良  37.2-25.0-12.9 強め
03/10/27
南Wコースでキャンターの調整で、22日に併せて時計を出すと、26日には坂路で2本追い切られています。調教師は、まだ動き自体は物足りず、馬を恐がったりしているが、馬体などに心配するところは見られないので、このまま時計を詰めてしっかり状態を上向かせてから使っていきたい、と話しています。
03/10/23≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22W重  56.2-41.0-13.2 (6)馬也併入
03/10/20
ジョイナスファームで順調に調整を続けると、17日に調教師の指示で美浦へ帰厩しています。到着後も状態に変わり無く、今週から少しずつ時計を出しながら、仕上げを進めていく事になっています。
03/10/17≪最新情報≫
17日に美浦へ帰厩しています。
03/10/13
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。体調面も安定してしっかり乗り込みを進めると、先週も1度16秒程度の調教を付けられており、変わりありません。
03/10/06
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。変わり無く順調にピッチを上げて乗り込みを進めており、先週は1度16秒前後のラップを出して調教を付けられると、このまま帰厩に向けてしっかり仕上げていく事になっています。
03/09/29
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。引き続き状態を上向かせながら、乗り込みを進めており、先週もきっちり16〜17秒程度の調教を付けられています。
03/09/22
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。順調にペースを上げて乗り込んでおり、先週は1度17秒前後のラップを出して調教を付けられています。調教師は、中途半端な状態では戻したくないので、もっとしっかり体調を整えてから帰厩を考えたい、と話しています。
03/09/15
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。引き続き変わり無く20秒を切る位のラップを出して乗り込まれると、運動後も体調面などは安定している為、このまま段々ペースを上げて進めていく事になっています。
03/09/08
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。変わり無く20秒を切るペースで乗り込むと、調教後も状態に変わりありませんが、あと1週間位はこのまま進めてから、しっかりピッチを上げていく事になっています。
03/09/01
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。順調にペースを上げると、先週は20秒程度の調教を付けられており、調教師も状態を確認に訪れています。調教師は、目つきが良くなって気合いも乗ってきている様なので、このまましっかりピッチを上げて進めて欲しい、と指示しています。牧場長は、調教後も脚元や体調面は変わり無いし、1度入厩してある程度進めていた馬なので、時間もかからず仕上がってくるだろう、と話しています。
03/08/25
ジョイナスファームでダク3,000mと軽めのキャンター1,400mの調整です。予定通り徐々にペースを上げて乗り込むと、脚元や体調面に変わり無い為、このまま距離を延ばしながら、しっかり乗り込みを進めていく事となっています。
03/08/18
ジョイナスファームでダク3,000mの調整です。予定通り、軽めの乗り運動を始めると、調教後も脚元の状態に変わり無く、今週中には軽めのキャンターも進めていく事になっています。牧場長は、疲れは順調に取れてくると、体調面も安定して蕁麻疹の症状や脚元の腫れも見られない。飼い葉の食いも良いので、このまましっかり立て直していきたい、と話しています。
03/08/11
ジョイナスファームで放牧休養中です。引き続き無理せず、パドック放牧で様子を見ていますが、状態も落ち着いてきている為、近い内に軽めの乗り運動を始めていく事になっています。
03/08/04
ジョイナスファームで放牧休養中です。移動後はパドックに出して放牧をおこなうと、疲れも徐々に取れて体調面も安定してきており、もう暫くはこのままゆっくりさせてしっかり回復を待ってから進めていく事になっています。
03/07/28
厩舎で調整を進めていましたが、25日に千葉県のジョイナスファームへ放牧されています。調教師は、ゲートセンスは良いものを持っているし、今週には速いところも進めていきたかったが、疲れが溜まったのか、内臓面が弱った事で蕁麻疹が出たり飛節が腫れたりしてきたので、一旦放牧に出して立て直す事にする、と話しています。
03/07/25≪最新情報≫
疲れで内臓面が弱ってきた事により、蕁麻疹が出たり飛節が腫れたりしている為、25日に千葉県のジョイナスファームへ放牧されています。
03/07/21
坂路と南Aコースでキャンターの調整とゲート練習を続けると、無難にゲートをこなしていた為、18日に練習代わりに試験を受けたところ、問題無く合格しています。調教師は、馬体は一回りもふっくらして立派に成長してきたし、気性も以前はカーッとする様な気の荒さがあったけども、解消されて良くなっている、と話しています。
03/07/18≪最新情報≫
18日にゲート試験を受け合格しています。
03/07/14
ジョイナスファームで乗り込みを進めていましたが、調教師の指示で急遽12日に美浦の国枝厩舎へ入厩しています。到着後も状態に変わり無く、翌日からコースに出て軽めの乗り運動を始めると、今週からゲート練習も進めていく事になっています。
03/07/11≪最新情報≫
12日に調教師の指示で、美浦の国枝厩舎へ入厩する予定となっています。
03/07/07
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター3,000mの調整です。引き続き、調教師の指示もあって、一旦ペースを緩めると、20秒前半位のラップを出して乗り込みを進めており、状態面などに変わりありません。今後調教師の指示があり次第、徐々にピッチを上げていく事になっています。
03/06/30
ジョイナスファームでダク2,400mとキャンター2,000mの調整です。変わり無く休まず乗り込みを進めており、牧場長は、引き続きペースを緩めて状態面などを維持しながら乗ると、気性面も随分落ち着いて飼い葉をしっかり食べているので、このまま様子を見ながら、徐々にまたピッチを上げて進めていきたい、と話しています。
03/06/23
ジョイナスファームでダク2,400mとキャンター2,000mの調整です。引き続き、状態面などを維持する為、若干調教ペースを緩めながら、じっくり乗り込みを進めており、変わりありません。
03/06/16
ジョイナスファームでダク2,400mとキャンター2,000mの調整です。先週から予定通り、若干調教ペースを緩めながら乗り込みを進めて、体調面などを維持しており、飼い葉も変わらず良く食べるなど、状態に変わりありません。
03/06/09
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。予定通り、15−15を切るラップを出して調教をつけられると、ゲート練習はスタートを切るところまで順調に進んでいます。今週からは若干ペースを緩めて体調面などを維持していく事になっています。
03/06/02
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,800mの調整です。変わり無く順調に乗り込みを進めると、先週は15−15程度の調教をつけられています。牧場長は、馬体に心配も無いので、今週は1度15秒を切るところも進めていくが、ある程度時計を出したら、一旦ペースを緩めて体調面などを維持していこうと思う。ゲートも今のところ無難にこなしているし、気性面も最初の頃から比べると大分大人になってきている、と話しています。
03/05/26
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。体調面に変わり無く順調に乗り込んでいますが、引き続き気性面を落ち着かせながら、じっくり進めており、先週も17秒前後のラップを出して調教をつけられています。
03/05/19
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。変わり無く休まず乗り込まれると、順調に17秒前後のラップを出して調教をつけられており、このまましっかり進めていく事になっています。
03/05/12
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。引き続き17〜18秒程度のラップを出して調教をつけられており、状態に変わりありません。
03/05/05
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。変わり無くコンスタントに20秒ペースから18秒前後のラップを出して乗られると、月末に確認した調教師は、気性面で若干テンションは高めだが成長力はあるし、馬体にも幅が出てきたのでこれからの調教も楽しみだ、と話しています。
03/04/28
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。特に心配するところも見られず、順調に乗り込みを進めると、コンスタントに20秒ペースから17〜18秒程度のラップも出して調教をつけられています。
03/04/21
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。体調に変わり無く順調にペースを上げて乗り込むと、先週も引き続き16〜18秒程度のラップを出して調教をつけられています。
03/04/14
馬名が シルクオリンピア に決まっています。
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。状態に変わり無く休まず乗り込みを続けると、先週は20秒平均ペースでじっくり乗りながら、一度17〜18秒程度のラップを出して調教をつけられています。
03/04/07
ジョイナスファームでダク1,400mとキャンター2,800mの調整です。引き続き20秒前半ペースでじっくり乗り込むと、20秒を切るラップも出して調教をつけられています。飼い葉の食いも良く、ゲート練習は駐立自体は問題無いものの、まだ多少扉が開くとびっくりする仕草を見せています。
03/03/31
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,000mの調整です。状態に変わり無く20秒前半ペースでじっくり乗り込むと、引き続き20秒前後のラップを出して調教をつけられています。牧場長は、最初の頃は気の小さい面を見せていたが、乗り込む毎に落ち着いて順調にこなしている、と話しています。
03/03/24
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター2,000mの調整です。順調に調教量を増やしながら乗り込みを進めると、先週は長めから20秒平均ペースでしっかり調教をつけられています。
03/03/17
ジョイナスファームでダク2,000mとキャンター1,400mの調整です。状態に変わり無く徐々にペースを上げて乗り込んでおり、先週は20秒程度のラップを出して調教をつけられています。
03/03/10
ジョイナスファームでダク2,000mと軽めのキャンター1,400mの調整です。状態に変わり無く25秒程度のラップを出して乗り込んでいますが、徐々にペースを上げて進めていく予定です。
03/01/31(会報)
日高育成公社でダク1,200mの調整を続け状態に変わり無く素直に調教をこなすと、馬体にも幅が出て良化窺える。28日には千葉県のジョイナスFへ移動。
154.0cm 177.0cm 19.0cm 420kg
03/01/31≪最新情報≫
1月28日に千葉県のジョイナスファームへ移動しています。
02/12/31(会報−1歳馬の馴致情報)
12月12日に新冠の日高育成公社へ移動しダク1200mの調整
02/12/26≪クラブからのお知らせ≫
11月25日の早田牧場破産以来シルクホースクラブでは、まず1歳所属馬の育成牧場への移動を最優先に破産管財人と交渉を続けてきました。12月12日に2頭が日高育成公社に移動したのを皮切りに、19日に2頭がフロンティアスタッドに移動(うち1頭は21日に天栄ホースパークへ移動)、25日に12頭が天栄ホースパーク、2頭がフロンティアスタッド、1頭がグラッドホースパークへそれぞれ移動しました。残る所属馬につきましても引き続き管財人と交渉を行っておりますが、移動は年明けになってしまいますのでご了承下さい。今後の移動予定などは1月にお送りします会報でお知らせ致します。

 12月に各育成牧場へ移動した馬は以下の通りです。

天栄ホースパーク
シルク1−1、1−2、1−3、1−27、1−29、1−41、1−50、1−17、1−18、1−19、1−20、1−25、1−26

フロンティアスタッド
シルク1−7、1−24、1−73

グラッドホースパーク
シルク1−69

日高共同育成公社
シルク1−11、1−12

 また、旧早田牧場に繋養されている当歳馬も、預託牧場が決まり次第随時移動する予定となっておりますので、よろしくお願い致します。
02/11/30(会報−1歳馬の馴致情報)
旧朝日分場で馴致終了し新冠育成公社へ移動予定
02/11/30(会報)
下旬に朝日分場へ移動すると問題無く馴致を始めています。大人っぽい体型に成長してきており、牧場スタッフも「スプリンタータイプで動きの非常に良い馬」と、好感触を得ていました。
02/09/30(会報)
ひと夏を越して体高も伸び、馬体もふっくらしてくる。毛色も手伝って放牧地の中で一番最初に目に付く馬です。肩やトモにもしっかり筋肉が付いてきており、頗る順調に成長しています。
02/07/31(会報)
引き続き毛艶の良い丸味のある馬体に成長しています。放牧地では全身バネの利いた柔らかい動きをしているが、胸前や腰からトモに掛けてもしっかり筋肉が付いてきて、性格も前向き。
02/05/31(会報)
馬体や状態面などに問題無く順調に成長し、毛艶の綺麗な牝馬らしい体型に成長しています。また確認した調教師は「大分成長が見られるのでこれからの変わり身が楽しみだ」とコメント。
02/03/31(会報)
しっかり筋肉が付き均整の取れた馬体に成長し、トモにも力強さが出る。これから暖かくなればまだまだ変わる要素が窺える。
体高:147.0 胸囲:164.0 管囲:19.0
02/01/31(会報)
以前までは気性的に落ち着きが無く煩かったが徐々に解消されてくる。馬体はしっかりしていて歩様には柔軟性も感じられる。