シルクピュアハート(○父)
牝馬、栗毛、00/03/28生
父:マヤノトップガン、母:シルキーグランス、母の父:Kingmambo
厩舎:梅内忍(栗東)、生産:早田牧場
このページの情報は、シルクホースクラブのテレホンサービスや会報等より転載しています。
07/02/21
15日に抹消の手続きが取られています。出資会員の皆様には後日書面にてご報告致します。
07/02/16≪最新情報≫
15日(木)に抹消の手続きが取られています。
07/02/15≪最新情報≫
本日15日に抹消の手続きが取られています。
07/02/14
先週9着でした。道中は後方4番手辺りでレースを進めると、3コーナーすぎから押し上げに掛かり、9番手で4コーナーを回りました。そして直線に向いて、外から懸命に追われると、最後までバテていないものの、順位を上げる事は出来ませんでした。調教師は「年齢のせいもあって、以前のように行く気がなくなったみたいです。ここまで良く頑張ってくれたし、体もしっかりしているので、良いお母さんになると思います」と話し、引退の打診があった為、協議を行った結果、誠に残念ながらこのまま引退させる事が決まり、15日に抹消の手続きが取られる予定となっています。尚、出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。
07/02/14≪最新情報≫
このまま抹消する方向で検討しています。
07/02/13≪レース結果≫2月11日出走
小倉7R 500万下(芝2,000m・17頭)  9着
07/02/09≪出走情報≫2月11日出走
小倉7R 500万下(牝) (芝2,000m)
17頭 55kg 野元          発走13:10
休み明けの前走を使われた後も変わりなく、相手関係なども考慮して中1週で今週出走する事になり、調教師は「1度使われたことで、今回は行きっぷりも変わってくると思いますし、変わり身に期待したいですね。年齢的にもここまで良く頑張っているし、何とか良い結果を出してほしいと思います」と話しています。
07/02/08≪出走情報≫2月11日出走
小倉7R 500万下(芝2,000m・17頭) 55kg 野元
07/02/07
CWコースでキャンターの調整で、7日に時計を出しています。調教師は「想定を見る限り入りそうなので、今週使う予定です」と話しており、今週日曜日の小倉、芝2,000mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
07/02/07≪出走予定≫
小倉競馬(番組は未定)[55 野元]
07/02/07≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7CW良 85.0- 68.4- 54.3- 40.6- 13.1 馬なり
07/02/06≪出走予定≫
小倉競馬(番組は未定)
07/01/31
先週4着でした。いつも通り後方に控え、道中は12番手でレースを進めると、3コーナーにはインから押し上げ、8番手で4コーナーを回りました。そして直線では懸命に追われると、勝ち馬に詰め寄る事は出来なかったものの、最後まで渋太い伸び脚を見せて、上位に食い込んでいます。レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は「あそこまで来たら3着はほしかったですね。まだ息が出来ていなかったみたいだし、本来の行き脚がなかった割にあれだけやれるんだから、年齢を考えたら良く頑張っていますよ。入るかどうか分かりませんが、来週の小倉に登録していこうと思います」と話しています。
07/01/29≪レース結果≫1月27日出走
小倉8R 500万下(芝1,800m・16頭) 4着
07/01/26≪出走情報≫1月27日出走
小倉8R 500万下(牝) (芝1,800m)
16頭2枠3番 55kg 野元      発走13:45
前走後は放牧に出て調整され、小倉開催を目標に帰厩すると、予定通り今週出走する事になり、野元騎手は「追い切りの動きそのものは悪くはないんですが、良い時に比べると息遣いがもう一つに思えます。年齢的な部分もあると思うので、競馬に行ってしっかり力を出してくれれば良いでしょう。先週の馬場は前が止まらなかったので、少しでもペースが速くなってほしいですね」と話しています。
07/01/25≪出走情報≫1月27日出走
小倉8R 500万下(芝1,800m・16頭) 55kg 野元
07/01/24
CWとDWコースでキャンターの調整で、20日と24日に時計を出しています。野元騎手は「追い切りに乗りましたが、動きそのものは悪くないと思います」と話しており、具体的な番組は未定ですが、今週の小倉で出走を予定しています。
07/01/24≪出走予定≫
小倉競馬(番組は未定)[55 野元]
07/01/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24DW稍  87.5- 69.0- 53.8- 39.9- 12.3 一杯
07/01/23≪出走予定≫
小倉競馬(番組は未定)
07/01/22≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
20DW稍     71.3- 56.2- 42.1- 12.7 馬なり
07/01/19≪最新情報≫
17日(水)に栗東へ帰厩しています。
07/01/17
小松温泉牧場で15−15の調教を付けられると、確認した調教師の指示で17日に栗東へ帰厩しています。調教師は「来週使うつもりで帰厩させました。間隔が空いて確実に使えるから、牧場でもしっかり乗り込んでもらっていたので、良い状態でレースに向かえると思います」と話しています。
07/01/12≪最新情報≫
今のところ、来週中の帰厩を予定しています。
07/01/10
小松温泉牧場で調整中です。年末年始も休み無く調教を続けており、本馬場と坂路を併用してコンスタントに15−15の調整をつけられています。牧場長は「年末に左トモに外傷を負って、3日ほど楽させました。ただ心配する状態ではありませんので、予定通り小倉開催に向けて戻れると思います」と話しています。
06/12/25
小松温泉牧場で調整中です。本馬場と坂路を併用してキャンターの調整を続けており、先週は坂路で15−15の調教が付けらています。牧場長は「順調にペースを上げています。このまま週1本は強めを乗って、いつでも戻れる態勢にしておきます。馬体もこちらに来てから20kg位戻しましたが、飼い食いが若干細いので、まだ足らないですね。エサや調整を工夫して、緩めずにフックラさせていく感じでやっていきます」と話しています。
06/12/20
小松温泉牧場で調整中です。本馬場と坂路を併用してキャンターの調整を続けると、今週は坂路で16−16の調教が付けらています。牧場長は「調教師からも緩めずいつでも戻せるように乗っておくようにと言われていまので、すぐに15−15も乗っていきます。前回の放牧に比べると、若干食いが細いようなので、その点だけは注意しています」と話しています。
06/12/13
前走後は一旦放牧に出すことになり、8日に石川県の小松温泉牧場へ移動となると、到着後はマシンの運動で連戦の疲れを癒した後、今週からキャンターの調整を始めています。牧場長は「特に馬体に問題は無いようですので、乗り始めてさらに状態を確認したいと思います。相変わらず元気一杯ですし、この馬のパターンは掴んでいますので、良い状態で戻してやりたいですね」と話しています。
06/12/11≪最新情報≫
8日に石川県の小松温泉牧場へ放牧されています。
06/12/06
先週11着でした。道中は10番手でレースを進めると、3コーナーすぎから徐々に押し上げに掛かり、最後の末脚勝負に懸けました。ところが直線では、外から懸命に追われましたが、思った程の伸び脚は無く、順位を上げられませんでした。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教助手は「溜めて行ったんだけど、終い伸び切れなかったと言うことは、距離が長かったのかも知れませんね。馬体も戻って状態は良かったし、千八か二千であれば変わってくると思います。確実に使えるように、一旦放牧に出して来年の小倉を目標に調整します」と話しており、近日中に石川県の小松温泉牧場へ移動する予定となっています。
06/12/04≪レース結果≫12月2日出走
中京9R 500万下 (芝2,500m・16頭)   11着
06/12/01≪出走情報≫12月2日出走
中京9R 500万下 (芝2,500m)
16頭3枠6番 55kg 野元      発走14:25
前走後はこの開催を目標に乗り込みを進め、中間も変わりなく調整されており、調教師は「間隔を空けた事もあって、減っていた体も戻っているし、順調にここまで来ています。追い切りも時計の掛かる時間帯にしては、まずまずの時計が出て、動きもしっかりしていました。じっくり構えて終いに懸ける競馬をしてもらうつもりなので、この馬の脚が生きる展開になってくれれば良いですね」と話しています。
06/11/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW重 82.6- 67.6- 53.3- 39.5- 12.7 一杯
06/11/30≪出走情報≫12月2日出走
中京9R 500万下 (芝2,500m・16頭)   55kg 野元
06/11/29
CWコースでキャンターの調整で、29日に時計を出しています。調教師は「特別はどちらも除外が確実みたいなので、出走できそうな長距離戦を使う事にします」と話しており、今週土曜日の中京、芝2,500mに出走を予定しています。
06/11/29≪出走予定≫
土曜日の中京、尾頭橋特別か、高山特別[55 野元]
06/11/28≪出走予定≫
シルクピュアハートは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/11/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22CW重 86.0- 68.8- 53.4- 38.9- 12.5 強目併入
06/11/22
CWコースでキャンターの調整で、22日に併せて時計を出しています。調教助手は「中京を目標に、徐々に速い処をやって仕上げに入っています。減っていた体もほぼ戻っていると思いますし、今度は輸送も短くなるので問題ないでしょう。使った後は状態も良くなっているし、あとは展開次第だと思います」と話しています。
06/11/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15CW稍 84.2- 67.4- 53.7- 38.7- 12.6 一杯遅れ
06/11/15
CWコースでキャンターの調整で、15日に併せて時計を出しています。調教師は「中京開催までまだ日があるので、追い切りは馬なりでやっていますが、変わりなく順調に来ています。減っていた体も戻ってきているし、このまましっかりやっていこうと思います」と話しています。
06/11/08
先週6着でした。いつも通り後方でレースを進めると、3コーナーすぎから押し上げに掛かり、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線に向いて、大外から懸命に追われると、上位に食い込む事は出来なかったものの、渋太い伸び脚を繰り出して、順位を上げています。レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は「輸送で体は減ってしまいましたが、気にする程ではなかったし、力は出し切れたと思います。ペースが落ち着いてこの馬の流れにならなかったけど、それでも終いはしっかり伸びてくれたし、次に期待したいですね。間隔を空けないと使えないので、このあとは中京開催を目標に進めていきます」と話しています。
06/11/06≪レース結果≫11月5日出走
福島3R 500万下(芝1,800m・13頭) 6着
06/11/03≪出走情報≫11月5日出走
福島3R 500万下 (芝1,800m)
13頭 55kg 野元          発走10:50
前走後は放牧に出て連戦の疲労回復を促すと、帰厩後も順調に乗り込んで、予定通り今週復帰する事になり、調教師は「何とかもう一つ勝たせたいと思っているので、展開的に少しでもチャンスがありそうなメンバーの番組を選びました。追い切りは終いサッと気合いを付けるように指示しましたが、良い感じで走っていたし、良い状態で使えると思います」と話しています。
06/11/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1CW良 82.6- 66.9- 53.5- 40.1- 13.0 一杯
06/11/02≪出走情報≫11月5日出走
福島3R 500万下(芝1,800m・13頭) 55kg 野元
06/11/01
CWコースでキャンターの調整で、1日に時計を出しています。調教師は「展開に左右されやすいところがあるし、少しでもペースが速くなった方が良いと思うので、ぎりぎりまで相手関係を見定めて番組を決めます」と話しており、今週日曜日の福島で出走を予定しています。
06/11/01≪出走予定≫
福島競馬(番組は未定)[55 野元]
06/10/31≪出走予定≫
福島競馬(番組は未定)
06/10/26≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22栗坂良    59.7- 42.4- 27.2- 13.4 馬なり
25CW重 82.1- 66.9- 52.6- 38.9- 12.3 馬なり
06/10/25
坂路とCWコースでキャンターの調整で、22日と25日に時計を出しています。調教助手は「順調に乗り込んで、良い感じで追い切りもこなせているので、予定通り来週の福島で使います。休み明けと言っても、牧場でしっかり乗り込んでいたので、良い状態で使えると思います。今のところ日曜日の檜原湖特別を予定していますが、想定を見てから番組を決めます」と話しています。
06/10/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18CW良       59.7- 44.3- 13.8 馬なり
06/10/18
予定通り14日に栗東へ帰厩すると、CWコースでキャンターの調整で、18日に時計を出しています。調教師は「帰厩後も順調なので、今週から時計を出し始めています。今のところ福島3週目あたりを目標に考えていますが、体調も良さそうだし、頑張ってもらいたいですね」と話しています。
06/10/13≪最新情報≫
14日に栗東へ帰厩しています。
06/10/11
小松温泉牧場で調整中です。本馬場でキャンター2,400mを乗られると、今週は坂路で17−17の調教がつけられています。牧場長は「特に変わりなく順調です。夏場に結構使い込みましたので、こちらでは疲労回復を目的に調教を進めましたが、まずまず良い状態になったと思います」と話すと、確認した調教師は「うまく調整してくれたようですので、あとは厩舎で仕上げます」と話し、14日に栗東へ帰厩する予定になっています。
06/10/04
小松温泉牧場で調整中です。今週も坂路と本馬場を併用して普通キャンターでの2,400mの調教がつけられると、牧場長は「馬体も戻ってきたし、特に問題無くきている。帰厩の予定がわかるまでは、今のペースで続けていくつもりだ」と話しています。
06/09/27
小松温泉牧場で調整中です。軽めの調整で馬体の確認を行うと、今週より坂路と本馬場を併用して普通キャンターの調教がつけられています。牧場長は「まだペースを上げずに馬体を戻す事を重点に乗っている。今週の計測では来た時に比べると20kg位増えていたので、良い休養になっているのだろう」と話しています。
06/09/20
小松温泉牧場で調整中です。軽めの調整で馬体の確認を行うと、今週より坂路と本馬場を併用して普通キャンターの調教がつけられています。牧場長は「具体的な予定は聞いていないが、調教師からは緩めず乗っておくように指示が出ている」と話しています。
06/09/13
前走後は、予定通り8日に石川県の小松温泉牧場へ放牧されており、到着後は連戦の疲れを癒す意味で、軽めの調整を行っています。今後は状態を見ながら調教を進めることになっており、牧場長は「今のところ特に問題も無さそうなので、調教師の指示通りいつでも戻せる状態にしておく」と話しています。
06/09/08≪最新情報≫
8日に石川県の小松温泉牧場へ放牧されています。
06/09/06
先週9着でした。いつも通り後方の競馬となり、道中は11番手でレースを進めると、3コーナーすぎから気合を付けて進出を開始し、先団直後の6番手で4コーナーを回りました。ところが直線を向いて、馬群の間から追われましたが、思った程の伸び脚は無く、中団で流れ込んでいます。調教師は「連闘で巻き返しに期待したが、直線で前が塞がる不利もあって着に来れなかった。さすがに疲れもあるようだし、中京開催になると芝の番組はなかなか入らないと思うので、近場に出していつでも使えるように乗ってもらう事にする」と話し、8日に石川県の小松温泉牧場へ移動する予定となっています。
06/09/04≪レース結果≫9月3日出走
小倉12R 500万下(D1,700m) 9着
06/09/01≪出走情報≫9月3日出走
小倉12R 500万下 (芝2,000m)
18頭 55kg 野元          発走16:50
レース後の反動も見られず、状態面も好調をキープしている事から、連闘での出走を決めており、調教師は「前走は展開も合わず、この馬の競馬が出来なかった。滞在の効果で全く疲れも無く、しっかり乗り込めているから、あとは差しが生きる流れになれば、本来の力を発揮出来るし、変わってくると思う」と話しています。
06/08/31≪出走情報≫9月3日出走
小倉12R(芝2,000m・18頭)  55kg野元
06/08/30
先週8着でした。いつも通り後方からの競馬となり、道中は後方2番手でレースを進めると、3コーナーすぎもじっくり脚を溜め、最後の末脚勝負に懸けました。そして直線では、まずまずの末脚を繰り出したものの、前残りの展開も影響して差を詰められず、上位を窺う事は出来ませんでした。調教師は「状態は良いので、入りそうなら連闘させようと思う」と話しており、今週の小倉で、土曜日の青島特別か、日曜日の芝2,000mに出走を予定しています。
06/08/29≪出走予定≫
小倉競馬、土曜日の青島特別か、日曜日の芝2,000m
06/08/28≪レース結果≫8月26日出走
小倉12R 500万下(芝1,800m) 8着
06/08/25≪出走情報≫8月26日出走
小倉12R 500万下(牝) (芝1,800m)
15頭6枠11番 55kg 野元      発走16:50
中1週の競馬が続きますが、1戦ごとにレース内容も充実し、体調面も変わらず順調で、調教助手は「使いつつ体もふっくらとして、状態はとても良く、滞在の効果が出ている。小倉コースもそろそろ差し有利の傾向になってくると思うが、先週のレースを見ていると前残りの競馬も多いので、少し気になるところだ」と話しています。
06/08/24≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23小ダ良  85.4- 67.8- 52.9- 38.3- 11.6 強目
06/08/24≪出走情報≫8月26日出走
小倉12R(芝1,800m・15頭)  55kg 野元
06/08/23
小倉ダートコースでキャンターの調整で、23日に時計を出しています。調教助手は「今のところ牝馬限定戦を予定しているが、想定次第で特別にまわることも考えている」と話しており、今週の小倉で、土曜日の芝1,800mの牝馬限定戦か、日曜日の若戸特別に出走を予定しています。
06/08/23≪出走予定≫
土曜日の小倉、芝1,800m(牝)
06/08/22≪出走予定≫
小倉競馬、土曜日の芝1,800m(牝)か、日曜日の若戸特別
06/08/16
先週3着でした。道中は折り合い良く後方2番手でレースを進めると、3コーナーすぎから前との差を詰めに掛かり、6番手で4コーナーを回りました。そして迎えた直線では、馬群の間から懸命に追われると、メンバー中最速の上がりを繰り出して差を詰め、勝ち馬とは差の無いところまで詰め寄っています。野元騎手は「内の馬場が悪く、流れが向いたのは確かだけど、他の馬も外に来るので上手く捌けるかが鍵になったと思う。滞在させている効果もあって体もふっくらしているし、状態に関しても全く問題無いので、来週使う事になるだろう」と話しています。
06/08/16≪レース結果≫8月13日出走
小倉12R 500万下(芝1,700m)  3着
      複 勝 02       160円
      ワイド 02−05     310円
          02−03    1,580円
      三連複 02−03−05  5,220円
      三連単 05−03−02 33,030円
06/08/11≪出走情報≫8月13日出走
小倉12R 500万下   (芝1,700m)
13頭 55kg 野元          発走16:50
当初は土曜日の番組を予定していましたが、検討の結果こちらにまわっており、調教助手は「状態も上向いているので、今回あたりは良いところがあるかも知れない。小倉の馬場も内が悪くなってきたから、この馬の脚を上手く使える形になると思う。前走の様に無理せず追走して終いにかければ、充分勝ち負けまで持ってこれると思うので、頑張ってもらいたい」と話しています。
06/08/10≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9 小ダ良     68.2−53.2−39.2−11.7 一杯先着
06/08/10≪出走情報≫8月13日出走
小倉12R(芝1,700m・13頭)  55kg 野元
06/08/09
小倉ダートコースでキャンターの調整で、9日に併せて時計を出しています。調教助手は「徐々に状態も良くなり、使っても体はふっくらしている」と話しており、今週土曜日の小倉、筑後川特別に出走を予定しています。
06/08/08≪出走予定≫
土曜日の小倉、筑後川特別
06/08/02
先週5着でした。いつも通り後方からの競馬で、道中も折り合い良く脚を溜めると、11番手で4コーナーを回りました。そして直線では、大外からメンバー中2番目の上がりを繰り出すと、久しぶりに上位入線を果たしています。騎乗した野元騎手は、休み明けは思い通りの競馬が出来なかったけど、今回は終いにかける競馬が出来たし、前残りの競馬にしては良く頑張ったと思う。滞在の効果か体もふっくらして状態はとても良いし、小倉も後半になれば差し有利の競馬になると思うので、今の状態を維持していきたい、と話しています。
06/07/31≪レース結果≫7月29日出走
小倉8R 500万下(芝2,000m)   5着
06/07/28≪出走情報≫7月29日出走
小倉8R 500万下   (芝2,000m)
15頭3枠5番 55kg 野元      発走14:25
休み明けの前走を使われた後は、そのまま小倉に滞在して調整されており、調教師は、前走は控える競馬をしてもらうつもりだったが、スタートが良かったために掛かり気味に行ってしまった。休み明けも影響したと思うし、レース後は状態も上向いているので、叩いた今回は変わってくれると思う、と話しています。
06/07/27≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26小ダ重     86.9-69.4-54.0-39.2-11.6 強目
06/07/27≪出走情報≫7月29日出走
小倉8R(芝2,000m・15頭)    55kg 野元
06/07/26
小倉ダートコースでキャンターの調整で、26日に時計を出しています。調教師は、滞在させて乗り込んでいるが、上積みも見られ状態は良くなっている、と話しており、今週土曜日の小倉、芝2,000mに出走を予定しています。
06/07/26≪出走予定≫
小倉競馬、土曜日の芝2,000mか、日曜日の都井岬特別
06/07/25≪出走予定≫
シルクピュアハートは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/07/19
先週14着でした。道中は10番手でレースを進めると、3コーナーすぎから前との差を詰めに掛かり、9番手で4コーナーを回りました。ところが直線を向くと、休み明けの影響もあったのか、早々に末脚を無くし、シンガリに下がってゴールしています。騎乗した野元騎手は、控えて後方からの指示が出ていたけど、スタートが良く馬が行く気になってしまい、最後は久々の分で息切れしてしまった。体は太めもあるだろうが、戻った分もあるみたいなので、次は変わってくると思う、と話し、調教師は、このまま滞在させて4週目のインディアトロフィーを予定しているが、来週も登録して想定次第では使うことも考えている、と話しています。
06/07/18≪レース結果≫7月15日出走
小倉11R 対馬特別 (芝1,700m) 14着
06/07/14≪出走情報≫7月15日出走
小倉11R 対馬特別(牝)  (芝1,700m)
14頭5枠8番 55kg 野元      発走16:10
4月以来約3ヶ月半振りとなりますが、帰厩後はここを目標に順調に乗り込んでおり、調教師は、多少余裕残しの仕上がりだが、久々でも走る馬だから、これぐらいで丁度良いだろう。追い切りの動きも悪くなかったし、小倉で結果の出ている馬なので、今のクラスならすぐに目処が立つと思う、と話しています。
06/07/13≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9CW良    59.9-43.6-14.2 馬なり
12芝良     78.9-63.5-50.0-36.6-12.0 一杯
06/07/13≪出走情報≫7月15日出走
小倉11R(対馬特別・14頭)  55kg 野元
06/07/12
芝コースでキャンターの調整で、12日に時計を出しています。調教師は、雨で馬場が悪いので、負担も考慮して芝で追い切ったが、良い感じに仕上がったと思う、と話しており、今週土曜日の小倉、対馬特別に出走を予定しています。
06/07/11≪出走予定≫
土曜日の小倉、対馬特別
06/07/05
芝コースでキャンターの調整で、5日に時計を出しています。調教師は、今週は馬場が悪かったので本馬場で追ったが、まずまず動いていたし、順調に仕上がってきている。確実に使えるので予定通り来週小倉の対馬特別に向かうが、休み明けでも勝っている様に久々でも力は出せると思う。とりあえず権利を取って2走目で結果を出したい、と話しています。
06/06/28
予定通り24日に栗東へ帰厩すると、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、早速15−15をやったが動きは悪くないし、このまま進めていこうと思う。今のところ小倉1週目の対馬特別を考えているが、初戦から動ける様に持っていきたいし、今週末もいくらかやって、来週びっしり追えば良い感じに仕上がるだろう、と話しています。
06/06/23≪最新情報≫
24日に栗東へ帰厩する予定になっています。
06/06/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長めに乗り込みながら、9から10ハロンを20秒程度のペースで進めると、坂路では17−17と15−15のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、脚元の状態は変わり無く順調で、馬体もふっくらしていい状態だ。15−15をやった感じでは息遣いが今一つだけど、気合乗りが良いのですぐに仕上がると思う、と話しており、状態を確認した調教師の指示で24日に栗東へ帰厩する予定になっています。
06/06/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。体調面の強化を図りながら、トラックコースをじっくり20秒程度のペースで乗り込むと、坂路では17−17と15−15の調教を1本ずつ付けられています。牧場長は、テンションは相変わらず高いが、欠かさずケアを続けているので、背中や腰に疲れは無い。ここへきて馬体もふっくらしてきたし、気のいいタイプなので仕上がりは早いと思う、と話しています。
06/06/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。馬体を確認しながら、トラックコースを長めに20秒程度のペースで乗り込むと、終い4ハロン17秒前後で進めるなど、坂路でも17−17のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、浮腫み気味だった四肢もすっかり落ち着いて状態は上向いてきているけど、相変わらずテンションが高く、力んで走るところがあるので、背中から腰に掛けて疲れが溜まりやすい。今後マイクロやマッサージなどでケアして帰厩の目処を立てていく事にする、と話しています。
06/05/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無くトラックコースを長めに20秒程度のペースで乗り込みながら、終い4ハロン17秒前後で進めると、今週は坂路でも17から18秒程度のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、一時馬体が減ったけど、体調面が安定してくるにつれて徐々に戻っているので心配無いだろうし、フラット中心にいい感じに乗れていて順調だ。このまま徐々にピッチを上げてコンスタントに時計を出していけば帰厩の目処も立ってくるだろう、と話しています。
06/05/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続きトラックコースを長めに乗り込みながら、9から10ハロンを20秒程度のペースで調教を付けられています。牧場長は、四肢の浮腫みは良くなって、馬体の方も大分ふっくらしてきたので、様子を見て少しずつピッチを上げていく事にする、と話しています。
06/05/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。体調面を整えながら、トラックコースを長めに乗り込むと、コンスタントに9から10ハロンを20秒程度のペースで調教を付けられています。牧場長は、四肢の浮腫みは少しずつ解消しているし、調教師からも暖かくなってくれば、動きは良くなって状態も上向いてくるだろう、とのことだったので、もう少しこのままのメニューを続けて回復を促していく事にする、と話しています。
06/05/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続きトラックコース中心に長めに乗り込むと、コンスタントに9から10ハロンを20秒程度のペースで調教を付けられており、牧場長は、まだ完全に疲れが抜けていないようで、四肢に少し浮腫みが見られる。もう暫くこのままペースを上げずに状態が良くなるのを待つ事にしたい、と話しています。
06/05/03
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。状態に変わり無くトラックコース中心に9から10ハロンを22秒程度のペースで乗り込むと、今週は坂路でも20秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、だいぶ馬体はふっくらしつつあるけど、もう少し腹回りに肉がついてから、ピッチを上げていく事にする。脚元は問題無いし、気性の勝っている馬だから、やり出せばすぐに仕上がってくる筈だ、と話しています。
06/04/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くミニトラックから本馬場に出して乗り込むと、徐々に距離を延ばしながら調教を付けられており、牧場長は、まだペース的には軽いところだけど、歩様に不安も無いのでこのまま進めていく。馬体は大分ふっくらして良くなっているが、相変わらずテンションの高い馬なので、なるべく落ち着かせながら体重を維持していきたい、と話しています。
06/04/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。ウォーキングマシンで馬体の回復を促すと、今週からミニトラック中心に軽めの乗り運動を始めています。牧場長は、楽をさせて馬体はまずまずふっくらしてきたし、脚元や歩様にも不安は見られないので、このまま様子を見て進めていく事にする、と話しています。
06/04/12
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。移動後はパドック放牧で一息入れてからマシンの運動で様子を見ており、牧場長は、脚元など心配するところは無いが、若干馬体がガレ気味なので、このまま1週間から10日ぐらいゆっくりさせて回復を促すことにしたい、と話しています。
06/04/07≪最新情報≫
5日に天栄ホースパークへ放牧されています。
06/04/05
先週14着でした。好スタートでポンと飛び出しましたが、無理せず後方待機で1コーナーを通過し、後方2番手で向正面を進むと、3コーナーで開いたインに潜り込み、徐々に追い上げ態勢に入りました。しかし直線に向いて追われても、期待した程の末脚は無く、半ばで一杯となると、最後まで順位を上げる事無くゴールしています。3走連続9着以下で1ヵ月の出走停止となった為、調教師の指示で4日に天栄ホースパークへ放牧されています。調教師は、体も戻ってこないせいか動きに精彩を欠き、このまま使っても変わってこないと思うので、一旦放牧に出して立て直して貰う。本当ならもっとやれる馬だし、暖かくなれば良くなってくるんじゃないかと思う、と話しています。
06/04/03≪レース結果≫4月1日出走
福島10R 飯盛山特別(芝1,800m) 14着
06/03/31≪出走情報≫4月1日出走
福島10R 飯盛山特別(混)(芝1,800m)
16頭8枠16番 55kg 塚田      発走14:55
良化度合いはもう一つですが、変わり無く乗り込まれており、調教助手は、頭数も多くて入るかどうか分からないので、調整は馬なり。なかなか体が戻ってこず、その辺りが影響しないか心配だが、状態自体は悪くないし、力は出せると思う。ただ上手くやる気を引き出してくれないと、前走みたいに回ってくるだけになってしまうから、気合いを付けて乗って貰いたい、と話しています。
06/03/30≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW不  86.5-71.0-56.4-41.7-12.6 (7)馬也
06/03/30≪出走情報≫4月1日出走
福島10R (飯盛山特別・16頭) 55s 塚田
06/03/29
CWコースでキャンターの調整で、29日に追い切られています。先週は除外確実な状況だった為、登録を見送ると、以後今週の福島に目標を切り替えて乗り込まれていますが、今週も芝の番組はどれも頭数が多く、使えるかどうか微妙な状況です。
06/03/28≪出走予定≫
福島競馬(番組は未定)
06/03/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22CW稍   -- - -- - -- - -- 馬也
06/03/23≪出走予定≫
シルクピュアハートは除外確実な状況だった為、今週の登録は見送っています。
06/03/22
CWコースでキャンターの調整で、22日に追い切られています。中間も変わり無く、今週使う事になってもいいよう、きっちり乗り込まれており、調教師は、恐らく今週は入らないと思うけど、ギリギリまで見て、登録するかどうか決める。今週駄目なら福島で使う方向でやっていく、と話しています。
06/03/22≪出走予定≫
シルクピュアハートは頭数的に入りそうなら中京に登録する方向です。
06/03/15
先週16着でした。好スタートを切りましたが、すぐ後ろに下げて1コーナーを通過し、最後方からレースを進めると、3コーナーを過ぎてもじっくり後方で脚を溜め、殿を追走したまま末脚勝負に賭けました。しかし直線を向いていざ追われても思った程の伸び脚が無く、終始前と同じ様な脚色となり、最後まで順位を上げられずにゴールしています。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、全く競馬をしていないみたいで、疲れは無い。大人しい馬だけに、気合いをつけていかないと、こんな競馬になってしまう。体は増えてなかったけど、飼い葉食いもキープしてガレてはいないし、状態面も悪く無く、もう少し見せ場を作って欲しかった。中1では厳しいかもしれないが、来週の中京かその次の福島を目標にやっていきたい、と話しています。
06/03/13≪レース結果≫3月11日出走
中京10R 美濃特別 (芝1,800m) 16着
06/03/10≪出走情報≫3月11日出走
中京10R 美濃特別(混)(芝1,800m)
16頭7枠14番 55kg 池添      発走14:55
中間は順調さを欠いてしまったものの、早くからここに目標を切り替え、態勢は整っており、調教師は、追い切りはいつも通りで動きも良かったし、久々だった前走よりはやれるデキにある。今回は特別戦になるけど、この距離で結果が出ているし、勝ち負けとはいかなくても、それなりに期待出来るんじゃないかと思う。間隔が開いた分、体も戻ってきているし、あとはこの馬向きの展開になってくれれば、と話しています。
06/03/09≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8CW重  84.3-68.4-54.6-40.9-12.9 (8)一杯
06/03/09≪出走情報≫3月11日出走
中京10R(美濃特別・16頭)55kg 池添
06/03/08
CWコースでキャンターの調整で、8日に追い切られています。中間も変わり無く乗り込まれ、順調な仕上がりを見せており、予定通り今週の中京で使う事になっています。番組は検討した結果、土曜日の美濃特別の方へ登録予定で、乗り役は池添騎手に騎乗を依頼しています。
06/03/08≪出走予定≫
土曜日の中京、美濃特別
06/03/07≪出走予定≫
土曜日の中京、美濃特別か芝2,000m
06/03/02≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1CW不   86.9-70.5-56.0-40.6-12.5 (9)一杯
06/03/01
CWコースでキャンターの調整で、1日に時計を出しています。調教師は、予定通り中京2週目目標なので、今週はしっかり追って、来週は輸送も考えてサッとやる程度にする。今週の動きも良かったし、今度は変わってくれるだろう。今のところ平場なら塚田騎手で、特別なら福永騎手を考えている。体も戻ってきているし状態はいい、と話しています。来週の中京で出走を予定しています。
06/02/23≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
22CW不   -- - -- - -- - -- 強め
06/02/22
CWコースでキャンターの調整で、時計は計測出来ませんでしたが、22日に追われています。調教師は、今週は霧で、100m位までしか見えず、道中の動きは確認出来なかったけど、手応えは良かったみたいだし、いい感じに乗れている。来週は適鞍が一鞍しかないので、中京2週目の千八芝か二千芝の予定。乗り役は塚田騎手に頼んでいるが、うちの厩舎の他の馬にも乗ってなかなかいい結果を出しているし、いい競馬をして貰いたい、と話しています。
06/02/16≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15CW良   74.2-59.7-45.0-14.8 (9)馬也
06/02/15
坂路とCWコースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。フレグモーネの影響も見られず、段々とペースアップを図っており、調教師は、今週から15−15を始めたが順調で、このまま徐々に仕上げていく。間隔が開いて減っていた馬体も戻ってくるだろうし、今のところ中京2週目の千八芝、二千芝辺りを考えている。使いつつ良くなる馬で、次は上積みもあって変わってきてくれる筈、と話しています。
06/02/08
2日に左前脚にフレグモーネを発症しましたが、初期段階の軽い症状だった為、治療するとすぐに治まり、先週末には角馬場で軽めの調整を再開しています。そして今週からはCWコースでキャンターを乗り出しており、調教師は、再開してからは変わり無くやれているので、中京目標に立て直していく。体も減っていたので丁度いい休養になったと思うし、間隔が開いて目標も立てやすい。今の感じなら1週目から使っていけるだろう、と話しています。
06/02/02≪出走情報≫
シルクピュアハートは2日の朝、左前に軽いフレグモーネを発症した為、今週の登録は見送っています。
06/02/01
DWコースでキャンターの調整を続け、頭数次第では今週から小倉に登録する方向でしたが、2日の朝、フレグモーネの症状が見られた為、登録は見送る事が決まっています。調教師は、前走後も順調に乗り込み、1日までは何ともなかったのに、2日の朝に確認したら左前が軽いフレグモーネになっていた。幸い初期段階で発見でき、すぐに獣医に治療して貰って軽度で済んだけど、もう来週は考えず、中京まで待つ事にする。それ位だと間隔も開いて確実に使えるし、体も戻っていると思うので、その予定で進めていく、と話しています。
06/02/01≪出走予定≫
シルクピュアハートは頭数的に入りそうなら小倉へ登録する方向です。
06/01/31≪出走予定≫
シルクピュアハートは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/01/25
先週13着でした。まずまずのスタートを切って、後方集団の一角で1コーナーを通過し、終始インの経済コースでレースを進めると、4コーナーの手前から徐々に追上げ態勢に入りました。そして迎えた直線は上手く馬群を捌いて追い上げに掛かりましたが、早々に手応えを無くすと、そのまま伸びを欠いて後退してしまい、後方に敗れています。レース後は順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教師は、見た目には気にならなかったのだけど、考えていたよりもかなり馬体が減り、それが響いたみたいだ。元々イレ込む馬ではないし、輸送だけで20キロも減るものか疑問。ただ使った後は疲れも見られず元気一杯なので、これから体を戻して立て直し、4週目辺りで使えればまた小倉へ連れて行きたい、と話しています。
06/01/23≪レース結果≫1月21日出走
小 倉9R 500万下(芝2,000m) 13着
06/01/20≪出走情報≫1月21日出走
小倉9R 500万下(牝)(芝2,000m)
17頭2枠3番 55kg 藤岡      発走14:20
久々でまだ本調子にはありませんが、8分位の仕上がりを見せており、調教師は、先週の動きは少し重かったけど、今週はなかなかいい感じに走っていたし、これならまずまずの仕上がりだと思う。気のいい馬だから休み明けでもやれておかしくないが、今回はまだおっとりしているので、ひと叩きは必要だろう。でも何とかここで権利を取って、最終週辺りで勝ち負け出来るようにもっていければ、と話しています。
06/01/19≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18CW重   82.6-66.8-52.4-39.2-12.6 (8)一杯
06/01/19≪出走情報≫1月21日出走
小倉9R (芝2,000m・17頭) 55s 藤岡
06/01/18
CWコースでキャンターの調整で、先週12日にも時計を出すと、出走に向けて18日に追い切られています。まだ本調子とはいきませんが、今週のひと追いで大体態勢が整ってきた為、今週から入れていく事になりました。土曜日の小倉、芝2,000mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
06/01/18≪出走予定≫
土曜日の小倉、芝2,000m(牝)
06/01/17≪出走予定≫
シルクピュアハートは動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
06/01/12≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9B重   57.9-42.1-12.6 (8)馬也
12CW良   83.6-68.7-54.4-40.0-12.9 (9)一杯
06/01/11
予定通り5日に栗東へ帰厩すると、到着後も変わりは無く、翌日から坂路とDWコースでキャンターの調整を開始し、9日にはBコースで時計を出し始めています。調教師は、牧場で見た時よりも体がスッキリして、まずまずいい状態で戻ってきてくれたから、これからやる追い切りの動き次第では、小倉1週目から入れていこうと思う。状態が良ければしっかり走ってくれると思うし、小倉できっちり勝ちに行きたい、と話しています。
06/01/06≪最新情報≫
5日に栗東へ帰厩しています。
05/12/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,800mの調整です。変わり無くトラックコースをじっくり乗り込みながら、坂路で1度17−17の調教を付けられており、牧場長は、雪で思うように進められないが、両前脚の骨瘤はだいぶ落ち着いて休まず乗っている。調教師からも年明けには戻す事を聞いているから、それまでに1本速いところをやって帰厩に備えていく事にする、と話しています。今のところ1月5日に栗東へ帰厩する予定になっています。
05/12/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。体調面に変わり無くトラックコースから坂路中心に乗り込むと、コンスタントに20秒程度のペースで調教を付けられています。牧場長は、両前脚の骨瘤はまだ若干熱を保っているが、特に悪くもなっていないので大丈夫だろう。来週辺りから坂路1本から2本に増やしながら進めていく事にする、と話しています。
05/12/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。ミニトラックから坂路を併用してじっくり乗り込むと、今週は1度20秒程度のラップを出して調教を付けられており、牧場長は、両前脚の骨瘤は大きくなっていないので特に心配するものでは無い。引き続き流水と湿布で冷却を続けながら坂路中心に少しずつペースを戻していく事にする、と話しています。
05/12/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの調整です。変わり無く先週も坂路で17秒前後のペースで調教を付けられていましたが、先週末に両前脚の管の内側に骨瘤が出た為、軽めのメニューに切り替えています。牧場長は、骨瘤自体はまだ小さく、熱や痛みも殆どない状態なので、このまま少し楽をさせれば症状も落ち着いてくるだろう。それまでは流水と湿布による冷却で治療を続けていく事にする、と話しています。
05/11/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを6ハロン20秒から終い4ハロン17−17で乗り込むと、坂路でも17秒前後のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、中京を目標に速いところをこなし、先月から馬体は10キロ減ってだいぶ引き締まってきていたが、調教師から来年の小倉に切り替えると連絡があったので、一旦少し緩めてから再度仕上げに掛かる事にする、と話しています。
05/11/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。心配するところ無く順調に乗り込むと、今週はトラックコースで終い4ハロン15−15のラップを出して調教を付けられており、このままのデキを維持しながら調教師の指示を待つ事になっています。
05/11/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを2周20秒程度のペースで乗り込むと、坂路では先週末から今週に掛けて1本ずつ17−17と15−15の調教を付けられています。牧場長は、ここまで順調に乗って馬体も徐々に絞れていい状態になっているので、このまま帰厩に備えていく事にする、と話しています。
05/11/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。トラックコースから坂路に入れて乗り込むと、今週は1度15−15のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、ここまで順調に乗って状態は悪く無いが、まだ少し太めなので、このまま長め長めに進めながらしっかり息を作っていく事にする、と話しています。
05/11/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わり無くトラックコースを2周じっくり乗り込むと、先週から今週に掛けて坂路で2度17−17のラップを出して調教を付けられています。牧場長は、針治療のあとはトモの状態も良くなって徐々にペースを上げて進めているが、まだ馬体がコロコロしている分、しっかり乗って絞っていく事にする。あとは、かかること無く乗りやすい馬だが、偶にまだ力んで走るところがあって筋肉を硬くしているので、調教後にはしっかりケアをおこなって解していき、今の状態なら十分中京には間に合うから、このまま調子を落とさないように帰厩に備えていく事にする、と話しています。
05/10/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。引き続きトラックコースを長めに乗り込むと、坂路ではコンスタントに20秒前後のペースで調教を付けられています。牧場長は、確認した調教師からも、このまま中京を目標にどんどん進めて欲しい、との事なので、ペースを上げていく。あとは力んで走るところがあるので、筋肉が硬くならない様にケアしながら帰厩に備えていく事にする、と話しています。
05/10/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,200mの調整です。徐々に距離を延ばしながら乗り込むと、今週には坂路も併用して1度20秒程度の調教を付けられており、牧場長は、歩様に問題無く坂路にも入れたけど、気合い乗りが良く引っ掛かってしまう。もう少しリラックスして走れる様になれば、まだ動きも良くなってくるだろう、と話しています。
05/10/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで4,000mの調整です。ウォーキングマシンから乗り運動を再開すると、ここまで左後脚の歩様は落ち着いている為、調教師の指示通り、このまま中京開催を目標に仕上げを進めていく事になっています。
05/10/05
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。ササ針後はパドック放牧に切り替えて体調面を整えると、先週末からマシンの運動を始めており、牧場長は、針の効果で左トモの歩様は良くなっているので、このまま様子を見て進めていく事にする。ただ、調教師から、中京で使いたいので、11月上旬を目処に戻せる様に仕上げて欲しいとの指示を受けているので、予定よりピッチを上げて乗り出していく、と話しています。
05/09/28
天栄ホースパークで放牧休養中です。ササ針後は馬房でゆっくり休ませていましたが、今週からパドック放牧に切り替えて様子を見ており、もう暫くこのまま左後脚の歩様を確かめて進めていく事になっています。
05/09/21
19日の出走が確定していましたが、16日の朝の調教で左トモを跛行した為、出走を取り消すと、調教師の指示でそのまま天栄ホースパークへ放牧されています。調教師は、疲れが原因の様で骨などに異常は無いので、針で良化を図る事にする、と話し、19日には左腰部分にササ針を施して馬房でゆっくり休ませています。
05/09/16≪出走情報≫9月19日出走
シルクピュアハートは19日の阪神7Rに出走が確定していましたが、16日朝の調教で左トモを跛行した為、出走を取り消しています。疲れが原因の様で骨などに異常は無く、近日中に天栄ホースパークへ放牧され、立て直しを図る事になっています。
05/09/15≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
14B良   83.6-66.0-51.2-38.2-12.7 (6)馬也
05/09/15≪出走情報≫9月19日出走
19日・阪神7R(芝1,600m・17頭) 53s 生野
05/09/14
Bコースでキャンターの調整で、14日に追い切られています。中間少し反動が見られ、好調時に比べるとやや調子が落ちてきている感じですが、それでも追い切りではまずまず動いており、予定通り19日の阪神、芝1,600mの牝馬限定戦を使う事になっています。
05/09/13≪出走予定≫
19日の阪神、芝1,600m(牝)
05/09/08≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7芝不   83.9-65.8-51.4-38.2-12.9 (4)馬也
05/09/07
DWコースでキャンターの調整で、7日には芝コースで時計を出しています。19日の阪神、芝1,600mの牝馬限定戦を目標に仕上げを進めていますが、調教師は、使い詰めできていただけに、トモの疲れも取れないみたいで、この中間は筋肉注射をしながら調整している。いいところまで来ていたし、1つ勝たせて放牧に出したかったけど、なかなか上手くいかない、と話しています。
05/08/31
DWコースでキャンターの調整です。じっくり調教を積む様にしており、調教師は、使い詰めできていたので、もう小倉は使わず、次は阪神2週目にある千六芝の牝馬限定戦を考えている。追い切りの動きなんかは良かったけど、中1週の競馬が続いて、目に見えない疲れがあったのだろう。この中間は変わり無く乗れているし、次はいい状態で使える様にもっていきたい、と話しています。19日の阪神、芝1,600mの牝馬限定戦を目標にしています。
05/08/24
先週5着でした。外で横一線のスタートを切ったものの、いつもの様にすぐに控えると、7番手で1コーナーを通過し、道中は縦長にばらけていく中、そのまま後方の一角でレースを進めました。3コーナー辺りから押し上げに掛かると、4コーナーで外目に持ち出して追われましたが、前残りの展開となって直線はここ最近の斬れる脚が使えず、前との差が詰まりませんでした。レース後は順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教師は、自信を持って使いに行った分、内容に納得出来ないけど、展開が合わなかったのと、強行軍で多少疲れもあったのかもしれない。レース後は変わり無いが、今週一杯は軽めに乗って、少し様子を見てから次を考えたい、と話しています。
05/08/22≪レース結果≫
8月20日 小倉8R 500万下(芝2,000m) 5着
05/08/19≪出走情報≫8月20日出走
小倉8R 500万下(牝)(芝2,000m)
10頭7枠8番 53kg 生野      発走14:25
急遽出走が決まりましたが、依然好調をキープしており、調教師は、使い詰めだったから来週辺りと考えていたけど、今週の牝馬限定があまりにも少なかったので、勝ちに行こうと思う。追い切りはサッとやった程度だが、疲れも見られず、具合は変わらず良さそうで、これなら力を出せる筈。乗り役も2度目で、今度は自信を持って乗ってくれると思うから、ここで決めて貰いたい、と話しています。
05/08/18≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17坂良   57.8-41.0-26.6-13.5 馬也
05/08/18≪出走情報≫
土曜日・小倉8R (芝2,000m・10頭) 53kg 生野
05/08/17
坂路コースでキャンターの調整で、17日に追い切られています。当初来週辺りの出走を考えていましたが、検討の結果、急遽中1週で使っていく事が決まり、今週土曜日の小倉、芝2,000mの牝馬限定戦に登録を予定しています。追い切りは軽めに済ませていますが、動きは素軽く、好調を保っています。
05/08/11
先週2着でした。五分のスタートから後方4番手に控えて1コーナーを通過し、道中はそのままじっくり後方でレースを進めましたが、勝負どころで仕掛けて外へ持ち出していくと、9番手辺りに進出して4コーナーを回りました。そして直線は外から2頭併せ馬の格好でグイグイ差し脚を伸ばすと、前にいた馬を全て捕らえましたが、最後は追い比べにクビ差競り負けてしまいました。レース後は順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教助手は、乗り役が替わっても癖のない馬だし、ためて乗れば確実に伸びてくれる。あそこまで来たら勝って欲しかったが、乗り役も最後まで良く追ってくれて、勝てずに悔しがっていたし、次は是非決めて貰いたい。使った後も変わり無いので小倉の内にもう一度使いに行こうと思うが、まだどことは決めていない、と話しています。
05/08/08≪レース結果≫
8月6日 小倉8R 500万下(芝1,800m)2着
            複 勝 4番 420円
            枠 連1−2 570円
            馬 連2−4 3,040円
            馬 単2−4 5,420円
            ワイド2−4 1,040円
               4−13 5,140円
            3連複2−4−13 36,270円
05/08/05≪出走情報≫8月6日出走
小倉8R 500万下(混)(芝1,800m)
16頭2枠4番 53kg 生野    発走14:25
中間も変わらず順調で、追い切りでも反応良く動くなど、好調をキープしており、調教師は、中1だし、追い切りは坂路で終い重点にやり、競馬と同じ様にじっくりためて、終いに賭ける乗り方をしておいた。少しでもペースの速くなりそうな千七の方を使おうかと考えていたが、相手関係も見て、当初予定の千八にまわった。乗り役も減量で、最近乗れていると思うし、期待している、と話しています。
05/08/04≪調教タイム≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
3坂稍   60.7-39.9-25.6-12.6 馬也
05/08/04≪出走情報≫
土曜日・小倉8R (芝1,800m・16頭) 53s 生野
05/08/04
坂路コースでキャンターの調整で、3日に追い切られています。予定通り今週の小倉を目標にしっかり乗り込まれ、状態も維持出来ており順調です。番組は当初土曜日の芝1,800mを予定していましたが、日曜日の芝1,700mの方へまわる事になっています。
05/08/03≪今週の出走予定馬 8/3現在≫
日曜日の小倉、芝1,700m
05/08/02≪今週の出走予定馬 8/2現在≫
小倉競馬、土曜日の芝1,800mか、日曜日の日田特別
05/07/27
先週2着でした。最内で五分のスタートを切ったものの、すぐに控えて後ろへ下げ、殿で1コーナーを通過すると、道中は前と3、4馬身離れた最後尾に2頭並び、その外側を追走しました。勝負どころで漸く押し上げに掛かって馬群の後ろに取り付き、4コーナーで大外を回して追われると、直線は一番外から目立つ脚色でグングン差を縮め、勝馬にあと1馬身まで迫ったところでゴールしています。レース後は順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教師は、自分のペースで走れば終い伸びてくるし、これで距離の融通も利く事が分かって、次が楽しみだ。来週平場の千八があるので、そこを考えているけど、来週は高井騎手が北海道へ行って乗れないから、誰か他の乗り役に声を掛けておく、と話しています。来週土曜日の小倉、芝1,800mに出走を予定しています。
05/07/26≪先週のレース結果≫
小倉8R 500万下(芝1,800m)
      シルクピュアハート  2着
      複勝 1番 330円 ワイド1−8 750円
      枠連1−6 1,460円    1−10 980円
      馬連1−8 2,580円 3連複1−8−10 3,800円
      馬単8−1 3,930円
05/07/23≪7/24(日)の出走情報≫
小倉8R 500万下(芝1,800m)
12頭1枠1番 52kg 高井     発走14:25
中間も変わり無く前走のデキを維持しており、調教師は、追い切りは除外される事も考慮し馬なりにしておいたが、引き続きいい動きをしていたし、状態は良さそう。前走は悪い馬場に脚をとられていたらしく、馬場が良ければもっとやれていた筈だし、千八でもためて自分のペースで走れれば大丈夫だろう。行ききってバテていた以前は参考外で、期待している、と話しています。
05/07/21≪今週の出走馬≫
日曜日・小倉8R (芝1,800m・12頭) 52s 高井
05/07/21≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17坂良   64.2-45.5-28.8-13.5 馬也
20DW良   81.8-65.1-51.8-39.0-13.0 (8)馬也
05/07/20
坂路とDWコースでキャンターの調整で、17日にも時計を出すと、出走に向け20日に追い切られています。当初次走は中2、3週位で考えていましたが、使われた反動無く順調にきている為、今週から入れていく事になり、今のところ日曜日の小倉、芝1,800mに登録を予定しています。
05/07/20≪今週の出走予定馬 7/20現在≫
小倉競馬(番組は未定)
05/07/19≪今週の出走予定馬 7/19現在≫
シルクピュアハート、シルクロゼット、シルクアワード、シルクヒーロー、シルクライダー、シルクマイティー、シルクパスワードも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/07/13
先週5着でした。五分のスタートを切りましたが、すぐに控えて馬群最後尾まで下げ、そのまま後方でじっくりレースを進めると、勝負どころでも仕掛けを我慢し、殿を追走したまま4コーナーで大外に持ち出していきました。そして直線を向いて満を持して追い出しに掛かると、上位までは届かなかったものの、勝馬と同じ上がりの脚を使って追い込み、差を詰めています。レース後は順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教師は、急遽乗り替わりで心配したが、減量もあったし、上手く乗ってくれた。馬場が悪く、ノメッて走りづらかった割には、終いもしっかり伸びていたし、良だったらもっと際どかったんじゃないかと思う。権利が取れなかったので、少し間を開けないといけないが、小倉の3、4週目辺りに使えればと思っている、と話しています。
05/07/12≪先週のレース結果≫
阪神12R 500万下(芝1,400m)
      シルクピュアハート  5着
05/07/08≪7/9(土)の出走情報≫
阪神12R 500万下(混)(芝1,400m)
14頭5枠8番 55kg 渡辺     発走16:20
中間も変わらず順調で、久々を叩かれつつデキは上向いてきており、調教師は、追い切りは馬場が悪かったせいで、かなり時計が掛かったけど、動き自体は悪くなかったし、いい状態で使えそう。今回距離が延びるのもいい方に出るだろうし、スムーズに流れに乗れる展開ならチャンスはある筈。それに坂路で動く馬だから、阪神も合っていると思う、と話しています。
05/07/07≪今週の出走馬≫
土曜日・阪神12R (芝1,400m・14頭) 55s 渡辺
05/07/07≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6坂重  55.4-40.0-26.5-13.7 一杯
05/07/06
坂路コースでキャンターの調整で、6日に追い切られています。今週は馬場が悪かった為、追い切りの時計は平凡だったものの、調子落ち無く順調な仕上がりを見せ、予定通り今週土曜日の阪神、芝1,400mを使う事になっています。
05/07/05≪今週の出走予定馬 7/5現在≫
土曜日の阪神、芝1,400m
05/06/30≪今週の出走馬≫
シルクピュアハートは除外確実な状況だった為、今週の登録は見送り、来週土曜日の阪神、芝1,400mを予定しています。
05/06/30≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29坂稍   54.1-38.8-25.4-12.7 馬也
05/06/29
坂路とDWコースでキャンターの調整で、29日に時計を出しています。検討の結果、今週の登録は見送る方向となっており、調教師は、想定を見ても除外確実だから来週に延ばす事にする。今週は軽めに追い切ったが、いい動きをしていたし状態も良く、3走目の次は走ってくれると思う、と話しています。来週土曜日の阪神、芝1,400mに出走を予定しています。
05/06/29≪今週の出走予定馬 6/29現在≫
シルクピュアハート、シルクフォートレス、シルクスティールも頭数的に入りそうなら今週登録する可能性があります。
05/06/28≪今週の出走予定馬 6/28現在≫
シルクピュアハート、シルクラスティ、シルクマイスター、シルクフォートレス、シルクライダー、シルクレアル、シルクスティール、シルクモナーク、シルクシルエット、シルキーオメガ、シルクドラグーンも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/06/22
先週9着でした。スタートはまずまずだったものの、周りの馬の出脚が勝ってテンに置かれ、後方3番手に落ち着くと、そのまま後方からレースを進めましたが、3コーナー過ぎには馬込みを突いて仕掛けていき、10番手辺りまで押し上げて直線を向きました。そして外目へ持ち出して追われてからも、バテずに走っていますが、前残りの展開となって差が縮まらず、そのまま流れ込んでいます。レース後は順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教師は、2走目のポカなのか行きっぷりも一息で、流れに乗れなかったみたいだ。それでも終いはジワジワの伸びていたし、次は変わってきてくれるだろ。距離ももう少しあった方がいいかもしれないので、次走は来週阪神の千六芝の特別か、再来週の千四芝辺りを考えている、と話しています。
05/06/20≪先週のレース結果≫
阪 神9R 500万下(芝1,200m)
       シルクピュアハート 9着
05/06/17≪6/18(土)の出走情報≫
阪神9R 500万下(牝)(芝1,200m)
16頭3枠6番 55kg 渡辺     発走14:35
久々を使われた反動無く、叩かれて上向いてきており、調教師は、頭数的に厳しいかと思ったが、何とか千二に入って良かった。また福永騎手にお願いしていたけど先約があり、今回は渡辺騎手に頼んだ。ただ癖のある馬ではないし、乗り替わりは大丈夫だろう。状態も良く、スタートさえスムーズなら、好位で走れる脚を持っているので、チャンスもあるんじゃないかと期待している。脚元も変わり無く、2走目のポカがなければ楽しみだ、と話しています。
05/06/16≪今週の出走馬≫
土曜日・阪神9R(芝1,200m・16頭)55kg 渡辺
05/06/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15DW良   82.3-65.2-51.3-38.5-12.5 (7)強め
05/06/15
DWコースでキャンターの調整で、15日に追い切られています。予定通り今週の阪神で出走を目指しているものの、平場の牝馬限定戦は頭数が多い為、特別登録しておいた日曜日の戎橋特別へまわる事も検討していますが、何とか土曜日の芝1,200mを使えそうな状況です。状態は変わり無く良いデキをキープしています。
05/06/15≪今週の出走予定馬 6/15現在≫
阪神競馬、土曜日の芝1,200m(牝)か、日曜日の戎橋特別
05/06/14≪今週の出走予定馬 6/14現在≫
土曜日の阪神、芝1,200m(牝)
05/06/09≪今週の出走馬≫
シルクピュアハートは除外確実な状況だった為、今週の登録は見送り、来週の阪神を目指す事になりました。
05/06/09≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
8坂良  53.5-38.2-24.6-12.2 強め
05/06/08
坂路コースでキャンターの調整で、8日に追い切られています。今週の中京を目標に動きも良く、順調な仕上がりを見せていますが、調教師は、想定を見たけど除外確実な状況なので、1週延ばして来週の阪神にまわる事になると思う、と話しており、来週土曜日の阪神、芝1,200mの牝馬限定戦に目標を切り替えています。
05/06/07≪今週の出走予定馬 6/7現在≫
土曜日の中京、芝1,200m
05/06/02≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1坂良   52.4-37.9-24.6-12.1 一杯
05/06/01
坂路コースでキャンターの調整で、1日に時計を出しています。調教師は、今週はやはり頭数が多いみたいだし、予定通り最終週の千二芝が目標。今週の追い切りでも終いはいい時計が出て、使った上積みがあると思う。これだけ乗り込んでも脚元に変わり無いし、次は期待出来るだろう、と話しています。来週土曜日の中京、芝1,200mに出走を予定しています。
05/05/25
先週5着でした。内で横一線のスタートを切ったものの、すぐ控えると、後方5番手辺りに落ち着き、ややばらけ気味となった後方の内々を追走しました。そして勝負どころで少し詰め寄り、前からほぼ一団となって4コーナーを回ると、直線では前がややごちゃつきながらも、最後は馬込みを捌いて良く差を詰めています。レース後は順調で、DWコースでキャンターの調整です。調教師は、久々の分、厳しいレースになると思っていたけど、やはり500万では能力が上。それにスタートで前をカットされなければ、もっと際どい競馬が出来たと思う。使った後も脚元は変わり無いし、4週目にまた千二芝があるので、そこを使いたい、と話しており、今のところ6月11日の中京、芝1,200mを目標にしています。
05/05/23≪先週のレース結果≫
中京8R 500万下(芝1,200m)
      シルクピュアハート  5着
05/05/20≪5/21(土)の出走情報≫
中京8R 500万下(混)(芝1,200m)
18頭1枠2番 55kg 福永     発走14:00
約8ヵ月半振りとなるもののほぼ態勢は整っており、調教師は、戻ってきてから順調に乗り込めて、いい感じに仕上がったと思う。ただ今回は長期休養明けで、脚元の事とか不安材料が多く、強気にはなれない。強調出来るのは丁度いい乗り役が空いていて、乗って貰えること位だが、無事に走ってきて何回か使えばこのクラスで十分通用する筈だし、次走に繋がる競馬をして欲しい、と話しています。
05/05/19≪今週の出走馬≫
土曜日・中京8R (芝1,200m・18頭) 55s 福永
05/05/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15坂良   59.6-42.9-28.3-14.3 馬也
18DW良   37.3-12.6 (8)一杯
05/05/18
坂路とDWコースでキャンターの調整で、15日にも時計を出すと、出走に向け18日に追い切られています。順調に攻め馬を消化して仕上がり自体はなかなか良く、検討の結果、今週土曜日の中京、芝1,200mで復帰予定となっています。
05/05/18≪今週の出走予定馬 5/18現在≫
土曜日の中京、芝1,200m
05/05/17≪今週の出走予定馬 5/17現在≫
シルクピュアハート、シルクエレメント、シルクリザルト、シルクブラウニー、シルクリバティーン、シルクホームランも動きや状態次第で今週登録する可能性があります。
05/05/12≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
7坂重  61.8-45.4-30.3-15.1 馬也
11坂良  56.1-38.9-25.0-12.2 一杯
05/05/11
坂路とDWコースでキャンターの調整で、7日、11日と時計を出しています。調教師は、順調に仕上がってきているが、500万で確実に使えるので、いい状態でレースを迎えられる様にしたい。今のところ脚元も変わりないし、休み明けでも500万なら力を出せるんじゃないかと思う、と話しています。来週か再来週の中京で、芝1,200mの番組を予定しており、来週の動きや状態を見てから検討する事になっています。
05/05/05≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
1DW良   61.2-43.9-13.7 (9)馬也
4DW良   71.4-55.5-41.2-13.3 (8)馬也
05/05/04
DWコースでキャンターの調整で、1日、4日と時計を出しています。調教師は、順調に追い切りもこなし、いい感じできている。今のところ脚元も大丈夫で、このままいって欲しい。まだはっきりと予定は決めていないけど、中京の千二芝辺りを使って、小倉へ連れて行ければと考えている、と話しています。
05/04/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24坂良  59.8-42.8-28.3-13.8 馬也
27坂良  54.5-38.8-25.2-12.6 馬也
05/04/27
坂路コースでキャンターの調整で、24日、27日と時計を出しています。調教師は、徐々に強めて仕上げに入っている。まだ体も太くてもっと絞らないといけないし、どこで復帰させるかは決めていないけど、このまま順調ならそんなに時間は掛からないだろう、と話しています。
05/04/21≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
17坂良   61.4-43.2-28.4-14.2 馬也
20坂良   57.9-41.9-27.9-14.2 馬也
05/04/20
坂路コースでキャンターの調整で、17日、20日と時計を出しています。調教師は、脚元の事もあるので坂路で乗る様にしている。15−15位をやり出したところだが、今のところ変わり無いので、このまま徐々に体を絞りながら仕上げていきたい、と話しています。
05/04/13
天栄ホースパークの坂路できっちり15−15の調教を付けられると、調教師の指示で13日に栗東へ帰厩しています。到着後はすぐに動かして様子を見ていますが、特に心配するところも無い為、このままコースに出しながらキャンターの調整を始めていく事になっています。
05/04/06
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無く順調に坂路中心に乗り込むと、1度15−15から終い12秒台のラップを出して調教を付けられています。調教師は、直接馬を見たいけど、なかなか都合が付かないので、場長と電話で状態を確認して進めて貰っているが、具合はだいぶ良くなっている様なので、近い内に戻すことにする、と話しています。
05/03/30
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。順調に坂路を20秒前後のペースで乗り込むと、変わらず週2本15−15を切るラップを出して調教を付けられています。牧場長は、馬体や体調面はしっかりし、今では脚元に不安も無く歩様に柔らかみが出て、とても良い状態に仕上がってきている。調教師も近い内に確認に訪れるとの事だし、それまできっちり乗って帰厩の指示を待ちたい、と話しています。
05/03/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無くコンスタントに坂路を20秒前後のペースで乗り込むと、引き続き週2回15−15程度のラップを出して調教を付けられています。調教師は、4月からの福島開催が始まり次第、馬を確認して問題無ければ、帰厩の予定を立てていく事にする、と話しています。
05/03/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き坂路を20秒前後のペースで乗り込むと、先週から今週に掛けて2度15−15を切る位のラップを出すなど、トラックコースでも5ハロン18〜19秒程度の調教を付けられており、脚元に熱を保つ事も無く落ち着いています。
05/03/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。脚元を確認しながら、坂路を20秒前後のペースで乗り込むと、1度15−15のラップを出しながら、トラックコースでも6ハロン20秒程度の調教を付けられており、単走でもなかなか気合いの入った良い動きを見せています。
05/03/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。状態に変わり無く坂路中心に18秒前後の調教を付けられると、牧場長は、ペース的にはまだ遅いが、十分時計を出せる状態にはなっている。ただ、馬体が立派すぎるだけに、偶に球節付近に熱を保つ事があるが、動き自体は悪く無いので、来週辺りからピッチを上げて進めていく事にする、と話しています。
05/02/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。脚元や体調面に変わり無く、気合いの入った動きをする様になっていますが、まだ無理せず坂路では少し抑え気味に調教を付けられており、来週辺りから時計を出して進めていく事になっています。
05/02/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。両前脚に不安無く、徐々に坂路でのペースを上げながら乗り込みを進めると、コンスタントに17〜18秒程度の調教を付けられる様になっており、このまま週1本速いところを乗って状態を上向かせていく事になっています。
05/02/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。ミニトラックで長めにじっくり乗り込みながら、右前脚の状態を見ていましたが、球節部分に熱を保つことも無くなった為、今週から坂路にも入れて進めており、1度20秒を切る位のラップを出して調教を付けられています。
05/02/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mと軽めのキャンターの調整です。引き続きミニトラックから本馬場へ軽く長めに乗り込みながら、脚元の状態を確認して進めており、牧場長は、どうしても右前脚の蟻洞が影響してか、球節部分に軽く熱を保つことがあるけど、歩様自体は今のところ落ち着いているし、左前脚の挫跖も心配無い。元々馬体は立派だが、ここにきて毛艶の良さと張りが目立つ様になるなど、いま体調面はとても良いのだろう、と話しています。
05/01/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで6,000mの調整です。馬房で休ませて左前脚の状態を見ていましたが、挫跖の症状は思ったより悪くなく歩様も問題無い為、パドック放牧に切り替えると、今週から乗り運動を再開しており、調教後も脚元は落ち着いています。
05/01/19
天栄ホースパークの馬房で休養中です。坂路も併用しながら休まず乗り込みを進めていましたが、左前脚に挫跖の症状が見られた為、大事を取って馬房で休ませています。牧場長は、右前脚の蟻洞が良くなって順調に乗り始めたところだったので残念だ。このまま少し爪の状態を確認しながら、歩様を見ていき再度立て直す事にする、と話しています。
05/01/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで7,000mの調整です。ウォーキングマシンを続けながら脚元の状態を確かめると、予定通り年明けから乗り運動を始めています。牧場長は、まだ軽めのメニューで様子を見ている段階だが、とても気合い乗りの良い動きをしているので、徐々に運動量を増やして進めていく事にする、と話しています。
04/12/27
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。獣医は、まだはっきりと決めてはないが、蹄鉄を打ってからも歩様は悪くないし、年明けから乗り出していけそう。楽はさせているけど馬体に太め感も無く、やり出せばスムーズに調教を進めていけると思う、と話しています。
04/12/22
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。運動時間を40、50分まで延ばすなど、変わり無く順調で、このまま年明けから始める予定の乗り運動に備える事になっています。
04/12/15
天栄ホースパークでウォーキングマシンの調整です。マシンをやり始めてからも変わりは無く、時間も25分位にまで延ばしており、このまま進めていきます。
04/12/08
天栄ホースパークでパドック放牧を続けていましたが、年明けからの乗り運動に備え、ウォーキングマシンの調整を開始しています。まだ15分程度の運動ですが、爪の悪化は無く、様子を見ながら少しずつ時間を延ばしていきます。
04/12/01
天栄ホースパークで放牧休養中です。年内一杯はゆっくりさせる予定ですが、近々調教師の指示で装蹄師が訪れ、蹄鉄を打つ事になっています。
04/11/24
天栄ホースパークで放牧休養中です。調教師が確認に訪れ、調教師は、爪は順調に伸びてきて歩様も問題無さそうだが、蹄骨が下がり気味なので、その辺に気をつけて様子を見て欲しい、と話しています。
04/11/17
天栄ホースパークで放牧休養中です。引き続きパドック放牧だけで爪が伸びるのを待つ様にしており、特に変わりはありません。
04/11/10
天栄ホースパークで放牧休養中です。引き続きゆっくりさせて爪が伸びるのを待つ様にしており、年内一杯はこのままパドック放牧を続けていく予定です。
04/11/03
天栄ホースパークで放牧休養中です。獣医は、あと3ヵ月ぐらい経てば爪も伸びて良くなるだろう。今のところ1月になったら様子を見て乗り出し、春には何とか目処が立つ様にしたいと考えている、と話しています。
04/10/27
天栄ホースパークで放牧休養中です。まだ具体的な目処は立っていないものの、特に変わりは見られず、毎日パドックへ出してゆっくりさせています。
04/10/20
天栄ホースパークで放牧休養中です。引き続き毎日ゆっくりさせて爪が伸びてくるのを待つ様にしており、体調面も安定し変わりはありません。
04/10/13
天栄ホースパークで放牧休養中です。毎日パドックに出してゆっくりさせながら爪が伸びるのを辛抱強く待つ様にしており、特に変わりはありません。
04/10/06
天栄ホースパークで放牧休養中です。パドックに出してゆっくりさせており、牧場長は、蟻洞の部分を削っているので、爪が伸びるのを待たないといけない。ただ時間は掛かるけど、完治すれば全く問題無い、と話しています。
04/09/29
天栄ホースパークで放牧休養中です。爪以外の部分に問題は見られず、このまま辛抱強く爪が伸びてくるのを待ちます。
04/09/22
天栄ホースパークの馬房で休ませていましたが、獣医の指示でパドック放牧へ切り替えています。まだ当面はこのままゆっくりさせながら、爪が伸びてくるのを待ちます。
04/09/15
予定通り9日に天栄ホースパークへ放牧されましたが、到着後に歩様が悪かった為、馬体をチェックしたところ、右前脚の爪に蟻洞の症状がある事が分かりました。その為、以後は馬房で休ませており、獣医は、爪が割れていたし、蟻洞の部分を削ったので、爪の形も悪くなった。暫くは馬房でゆっくりさせ、様子を見ていく事になる、と話しています。
04/09/10≪最新情報≫
9日に天栄ホースパークへ放牧されています。
04/09/08
先週12着でした。横一線のスタートから6、7番手で1コーナーを通過すると、道中は逃げ馬が飛ばし、かなり縦長にばらける展開となる中、そのまま中団に付けてレースを進めましたが、3コーナーを過ぎても前との差を詰めていけず、4コーナーでは後方集団に吸収されてしまいました。そして直線も終いの伸びを欠いて巻き返す事は出来ず、そのまま後方に敗れています。レース後も特に変わりは見られませんが、3走連続9着以下で1ヵ月の出走制限を受けており、調教師の指示で9日に天栄ホースパークへ放牧される事になっています。調教師は、悪いところは無いけど、動きも変わってこず、もう一つピリッとしないので、再度立て直して貰う、と話しています。
04/09/06≪先週のレース結果≫
小倉8R 500万下(芝2,000m)
      シルクピュアハート  12着
04/09/04≪9/5(日)の出走情報≫
小倉8R 500万下(牝)(芝2,000m)
13頭7枠10番 53kg 高野容輔   発走14:00
千二の番組は除外確実だった為、こちらへまわっていますが、前走の疲れも見られず、調子落ちはありません。調教師は、使い込んできているのにどうも気合いが乗ってこず、もう一つ走る気がないみたいだ。今週連闘で使ってみても内容が一息なら、一旦放牧に出して再度鍛え直して貰おうと考えている。そろそろ時計も掛かるだろうし、変わり身を見せて欲しい、と話しています。
04/09/02≪今週の出走馬≫
日曜日・小倉8R (芝2,000m・13頭) 53kg 高野
04/09/01
先週9着でした。スタートで出遅れて行き脚もつかず最後方に下がると、前とは3、4馬身離された殿を2頭で併走する格好となり、その内側に付けてレースを進めましたが、勝負どころでも差は縮まらず、殿追走のまま4コーナーを回りました。直線でジリジリ差を詰めてはいるものの、交わす程の勢いは無く、集団の後ろに詰め寄ったところがゴールでした。レース後は順調で、小倉のダートコースでキャンターの調整です。疲れや反動は見られない為、連闘で今週の小倉に入れていく方向で、番組は芝1,200mを考えているものの、入りそうもなければ他へまわる事になっています。
04/09/01≪今週の出走予定馬 9/1現在≫
シルクピュアハートは連闘で使う方向で検討しています。
04/08/30≪先週のレース結果≫
小倉12R 九重特別(芝1,200m)
       シルクピュアハート  9着
04/08/28≪8/29(日)の出走情報≫
小倉12R 九重特別(混)(芝1,200m)
11頭1枠1番 55kg 野元     発走16:20
使い詰めとなるものの、疲れや調子落ちは見られず順調で、追い切りもきっちりこなしています。調教師は、頭数が少なそうだったので特別の方にした。滞在して状態を保っているし、追い切りの感じからも、もっとやれて良さそうなのだが、レースにいくと自分から走ろうとしないみたいで、もう少し気合いが乗ってきて欲しい。具合は悪くなく、気持ちの問題、と話しています。
04/08/26≪今週の出走馬≫
日曜日・小倉12R   (芝1,200m・11頭)   55s 野元
04/08/26≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26小ダ良 72.9-56.7-41.1-12.2 (6)強め
04/08/25
小倉のダートコースでキャンターの調整で、26日に追い切る事になっています。滞在して順調に乗り込まれ、予定通り今週の小倉で出走を目指しており、番組は検討の結果、日曜日の九重特別へまわる事になりました。
04/08/25≪今週の出走予定馬 8/25現在≫
土曜日の小倉、芝1,200m(牝)
04/08/24≪今週の出走予定馬 8/24現在≫
小倉競馬、土曜日の芝1,200m(牝)か、日曜日の九重特別
04/08/18
先週9着でした。まずまずのスタートから8番手辺りに付け、馬群がばらけて縦長の展開となる中、そのまま中団の外目でレースを進めると、勝負どころでは仕掛けて差を詰めに掛かりました。そして好位5、6番手まで押し上げて直線を向き、追い出されてからも踏ん張って付いていき、2着以下とは一塊りとなってゴールしていますが、前を交わす勢いはありませんでした。レース後は順調で、小倉のダートコースでキャンターの調整です。調教助手は、どうもまだ気が乗っていないのか、自分から走っていない感じ。まだ展開も不向きだけど、もう少し差を詰めてくれなきゃ。ただ使った後は反動も無く順調なので、中1週で入れていけると思う、と話しており、来週の小倉で芝1,200mの番組を予定しています。
04/08/16≪先週のレース結果≫
小倉9R 500万下(芝1,200m)
      シルクピュアハート  9着
04/08/13≪8/14(土)の出走情報≫
小倉9R 500万下(混)(芝1,200m)
16頭5枠10番 55kg 野元     発走14:35
中間も変わらず順調で、叩かれつつ調子が上向いてきており、調教師は、具合は変わらずいいのだが、やっぱり気が悪いというか、気難しい面があり、自分の型の競馬にならないと、走る気にならないみたいだ。今回はもう少し前で積極的に競馬をさせようと思っている、と話しています。野元騎手は、段々とこの馬向きの馬場になってきており、この次位が面白そう、と話しています。
04/08/12≪今週の出走馬≫
土曜日・小倉9R(芝1,200m・16頭)55kg 野元
04/08/12≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11小ダ良  70.1-53.8-39.2-12.1 (7)一杯
04/08/11
小倉のダートコースでキャンターの調整で、11日に追い切られています。前走の疲れも見られず滞在して順調に乗られ、予定通り今週の出走を目指しており、番組は検討の結果、土曜日の芝1,200mへまわる事になっています。
04/08/10≪今週の出走予定馬 8/10現在≫
小倉競馬、土曜日の芝1,200mか日曜日の伊万里特別
04/08/04
先週7着でした。五分に飛び出したものの、周りの馬の出脚が勝り、7、8番手に付けると、そのまま中団の馬込みを進みましたが、勝負どころではスッと動いていけず、やや置かれてしまいました。そして4コーナーの出口ではやや離され気味の後方5番手でしたが、直線で外を追われると、ジリジリと伸びて前との差を詰め、3着以下とはそれほど差の無い競馬を見せています。レース後は順調で、小倉のダートコースでキャンターの調整です。調教助手は、体重が増えても太くはなく、雰囲気も悪くはなかったけど、まだもう一つハマってこない。ただ使った後も変わりは無いので、中1週で入れていけると思う、と話しており、来週の小倉を目標にしています。
04/08/03≪先週のレース結果≫
小 倉12R 有田特別 (芝1,200m)
        シルクピュアハート  7着
04/07/30≪7/31(土)の出走情報≫
小倉12R 有田特別(混)(芝1,200m)
14頭5枠8番 55kg 野元     発走16:20
久々を使われた反動無く、滞在して順調に乗り込まれており、調教助手は、ガラリ一変とはいかなくても、前走時の追い切りよりも動けていたし、調子は確実に上向いてきていると思う。ただ久々だったにしても、前走の内容が物足りないというか、放牧前とレース振りがあまり変わっていない感じだったので、まだ強気にはなれない、と話しています。
04/07/29≪今週の出走馬≫
土曜日・小倉12R(有田特別・14頭)55kg 野元
04/07/29≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
28小ダ良  72.8-55.9-40.4-12.0 (8)強め先着
04/07/28
小倉のダートコースでキャンターの調整で、28日に追い切られています。ガラッと良くなったという程ではありませんが、久々を1度使われた分、上向いてきており、予定通り今週の小倉で出走を目指しています。番組は検討の結果、土曜日の有田特別を予定しています。
04/07/27≪今週の出走予定馬 7/27現在≫
小倉競馬、芝1,200mの番組
04/07/21
先週13着でした。横一線の飛び出しを見せたものの、そのあとの出脚が一息でテンに置かれると、後方4番手からの競馬となりましたが、道中はばらけずに一塊りの展開で、前から一団となったまま直線を向きました。しかし久々の上、速い時計の決着となった為か、直線は伸びを欠いて一杯となってしまい、そのまま後方で流れ込んでいます。レース後は順調で、そのまま小倉に滞在しており、ダートコースでキャンターの調整です。調教師は、期待していたのだが、やはり久々が応えて時計も速く、この馬のペースでいけなかった。使った後は変わり無いし、次は変わってくると思う、と話しており、このまま順調なら中1週で来週の小倉を目指す事になっています。
04/07/20≪先週のレース結果≫
小倉9R 500万下(芝1,200m)
      シルクピュアハート  13着
04/07/16≪7/17(土)の出走情報≫
小倉9R 500万下(牝)(芝1,200m)
15頭3枠5番 55kg 熊沢     発走14:35
昨秋の京都以来、約7ヵ月半振りの出走となりますが、ここ目標に調教を積んで順調な仕上がりを見せており、調教師は、少し飼い葉食いが細くなっているみたいだけど、気にする程では無く、輸送後も順調に乗れているから、力は出せると思う。牧場でもしっかり乗り込んで貰っていたし、鉄砲駆けの実績もあるので、久々でも十分チャンスはある筈、と話しています。
04/07/15≪今週の出走馬≫
土曜日・小倉9R (芝1,200m・15頭) 55kg 熊沢
04/07/15≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15小ダ良 87.5-69.1-54.1-40.6-12.4 (7)一杯先着
04/07/14
出走に備える為、11日に小倉競馬場へ移動すると、到着後も特に変わり無く、ダートコースでキャンターの調整を開始し、追い切りは15日に行う事になっています。久々となるもののしっかり乗り込まれ、順調な仕上がりを見せており、今週土曜日の小倉、芝1,200mの牝馬限定戦で復帰を予定しています。
04/07/13≪今週の出走予定馬 7/13現在≫
土曜日の小倉、芝1,200m(牝)
04/07/09≪最新情報≫
11日に小倉競馬場へ移動する予定です。
04/07/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4B良   44.2-13.9 (8)馬也
7坂良   54.1-39.1-25.3-12.4 一杯
04/07/07
4日にもBコースで追われると、7日に坂路コースで時計を出しています。調教師は、久々だから確実にレースを使え、予定も立てやすく、追い切りで時計も出て、順調に仕上がってきている。クラスが下がって牝馬同士なら十分チャンスはあると思う、と話しており、来週日曜日の小倉、芝1,200mの牝馬限定戦に出走を予定しています。
04/07/01≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30B良   73.8-57.2-43.2-13.5 (9)馬也
04/06/30
予定通り26日に栗東へ帰厩すると、到着後も順調で翌日からBコースでキャンターの調整を開始し、30日には時計も出し始めています。調教師は、牧場でしっかり乗っていたので、今週からはもう仕上げに掛かっている。見た目にはあまり成長している様には見えないけど、馬体はしっかりしているし、いい具合で戻ってきた。それに動きも悪くなく、これなら小倉の最初から使っていけるだろう、と話しており、7月17日の小倉、芝1,200mの牝馬限定戦で復帰予定となっています。
04/06/25≪最新情報≫
26日に栗東へ帰厩する予定です。
04/06/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き順調に乗り込みを続けており、変わりありません。馬房の都合がついた為、調教師の指示で26日に栗東へ帰厩する事が決まっています。
04/06/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く順調に乗り込まれていますが、打ち合わせたところ、調教師は、申し訳ないけど、まだ未勝利の馬を抱えていて馬房の都合がつかないので、もう少しこのまま乗り込んでおいて欲しい、と話しています。
04/06/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。牧場長は、馬体もふっくらとして状態良く、声が掛かればいつでも帰厩OKの態勢にある、と話しており、近々調教師と打ち合わせる予定です。
04/06/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。調子を崩す事も無く、引き続き良い状態をキープしながら乗り込んでおり、変わりは見られません。
04/05/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わらず順調に調教を付けられており、牧場長は、馬体もふっくらとして良い状態。指示があるまでこのまま乗り込んでデキをキープしていく、と話しています。
04/05/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。今週も6ハロンから15−15の調教をこなすなど、良い状態を維持しながら乗り込みを続けており、変わり無く順調です。
04/05/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く乗り込みを続けており、牧場長は、6ハロンから15−15位の調教もきっちりこなしているし順調。帰厩が決まるまでこのまま良いデキを維持していきたい、と話しています。
04/05/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。ふっくらとした良い状態を保つ様にしながら休まず調教を積んでおり順調です。このまま乗り込んで厩舎からの指示を待ちます。
04/04/28
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。引き続き坂路で速いところも乗られながら馬に力を付ける様にしており、変わりありません。状態面も良くこのまま攻め馬を積んで、いつ戻ってもいい様に態勢を整えていきます。
04/04/21
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。調教師は、週に2本坂路で15−15を乗る様にしているが、馬体はふっくらしたまま、なかなかいい状態を保っており、このまま乗り込んでいく、と話しています。
04/04/14
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。帰厩に向けて段々とピッチを上げて乗り込む様にしており、状態面も良く順調です。
04/04/07
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。牧場長は、問題無く順調に乗れている。6月頃には十分目処が立つだろう、と話しています。
04/03/31
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,400mの調整です。変わり無く調教を積みながら力を付ける様にしており順調です。予定通り来週辺りからは段々とピッチを上げていきます。
04/03/24
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。6月辺りを目標に乗り込みを続けており、4月に入ったらまた段々ペースアップしていく事になっています。
04/03/17
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。坂路とトラックコースを併用しながら順調に乗り込みを続けており、元気があって変わりは見られません。
04/03/10
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わらず順調で、今週は坂路で15−15近いところも1度乗られていますが、それ以外はじっくり20秒前後のラップで調教を積んでいます。
04/03/03
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。調教師の指示もあり、少しペースを落として調教を付ける様になっており、5、6月頃を目標に乗り込んでいきます。
04/02/23
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。調教師は、まだすぐは1000万で通用しないだろうし、ここまできたら春競馬が終わってクラスが下がってから使い出していきたい。それまで成長を図りながらしっかり力を付ける様にしておいて欲しい、と話しています。
04/02/16
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わらず順調に乗り込まれると、坂路では15−15の調教を付けられる様になっており、このまま進めていきます。
04/02/09
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。まだ速いところをやっていない割に体が増えてきませんが、それ以外は気になる事もなく、しっかり乗り込まれており順調です。
04/02/02
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。馬体の良化を図りながら引き続き毎日坂路2本ずつ乗り込む様にしており、変わりはありません。
04/01/26
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。牧場長は、状態にも悪いところは無く、毎日坂路2本を乗り込む様にしており順調だが、強いて言えばもう少し馬体がふっくらとしてきて欲しい、と話しています。
04/01/19
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。まだ本格的な仕上げには掛かっていないものの、段々とペースアップしていくと、坂路では18秒位のラップで調教を付けられる様になっており順調です。
04/01/12
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター2,000mの調整です。変わらず順調に乗り込みを進めており、牧場長は、体のデキも悪くないし、このまま帰厩に向けやっていく、と話しています。
04/01/05
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンター1,600mの調整です。暮れにキャンターを乗り出すと、坂路で20秒前半位のラップで調教を付けられる様になっており、このまま進めていきます。
03/12/22
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mの調整です。距離を延ばして軽めに乗りながら良化を促す様にしており、変わりはありません。
03/12/15
天栄ホースパークで軽めの調整を始めています。暫くダクのメニューを続けて良化を促していく予定ですが、馬体自体に問題は見られない為、結構時間を掛けて乗り込む様にしています。
03/12/08
レース後も馬体に変わりは見られませんでしたが、調教師の指示で立て直す事になり、5日に天栄ホースパークへ放牧されています。調教師は、馬場が悪くなるとノメって集中出来ないみたいで、前走は力を出し切れなかった。反動で少し疲れもある感じだから一旦放牧するが、状態が戻ったらしっかり乗り込んで、いつでも戻せる様にしておいて貰う。1000万でもいずれは走ってくると思うし、次は馬場のいい時に使いたい、と話しています。
03/12/05≪最新情報≫
5日に天栄ホースパークへ放牧されています。
03/12/01
先週13着でした。外でまずまずのスタートを切ると、序盤は中団中程辺りに付けていましたが、終始外々を回る形になったのも影響したのか、置かれ気味となって位置取りを下げました。それでも前からほぼ一団となった後方4、5番手で直線を向き、直線もバテずに走ると、それ程差の無い競馬を見せていますが、同じ様な脚色となって交わす事は出来ませんでした。レース後、特に不安は無い様ですが、調教師の指示で今後は一旦放牧して立て直す事になり、今週中に天栄ホースパークへ移動予定となりました。
03/12/01≪先週のレース結果≫
京都9R 鞍馬特別 (芝1,200m)
      シルクピュアハート  13着
03/11/29≪11/30(日)の出走情報≫
京都9R 鞍馬特別(混)H(芝1,200m)
18頭8枠17番 51kg 野元     発走14:25
福島遠征のダメージはもう見られず順調で、調教助手は、追い切りは馬場が悪くノメって走りにくそうだったが、時計は出ていたし、状態も前走と変わり無い位いいと思う。今回は輸送も短くなり力は出せる筈で、ハンデ差を生かし少しでも上位を目指して欲しい、と話しています。厩務員は、前走は付いていけない様なレース振りだったが、本来はそんな馬ではない筈。疲れが取れて体も戻ってきており、改めてここでどれだけやれるか見てみたい、と話しています。
03/11/27≪今週の出走馬≫
日曜日・京都9R  (鞍馬特別・18頭)   51kg 野元
03/11/27≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26坂稍  54.7-40.0-26.4-13.2 馬也
03/11/25≪今週の出走予定馬 11/25現在≫
日曜日の京都、鞍馬特別
03/11/24
CWコースでキャンターの調整です。調教助手は、食いももう戻ったし、状態としては引き続きいいと思うので、京都最後のハンデ戦を使ってみる事にしたい、と話しています。今週日曜日の京都、鞍馬特別に出走を予定しています。
03/11/17
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、大きな変わりは見られないが、やや食いが落ちて、輸送が続いた疲れもあるだろうから、状態が戻るまではじっくりやっていく。2つ勝っているし焦る事はないので、次は調子がいいと思える時に使うつもりだ、と話しています。
03/11/10
先週13着でした。内からスタート良く飛び出して2番手に上がり、前でやり合う位の出脚を見せたものの、無理せずやや控えると、道中は内の4,5番手を追走しましたが、4コーナーに差し掛かる辺りで手応えが怪しくなりました。それでもそれ程位置取りを落とさず直線を迎えましたが、直線は一杯となって後続に交わされ、後方に下がっています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/11/10≪先週のレース結果≫
福島11R 河北新報杯(芝1,200m)
       シルクピュアハート  13着
03/11/08≪11/9(日)の出走情報≫
福島11R 河北新報杯 H (芝1,200m)
16頭2枠3番 51kg 野元     発走15:15
久々を叩かれた反動無く順調で、京都にも登録がありましたが、軽い斤量で出られるここへの出走を決めており、調教助手は、今週は坂路で追い切ったが、馬場も悪くノメって動きは一息といった感じで、坂路もあまり上手くないのかもしれない。それでも前走時の追い切りより自分でハミを取ってしっかり走ろうとしていたし、状態はいいと思う。叩いた上積みもありそうだし、ハンデ差を生かして頑張って欲しい、と話しています。
03/11/06≪今週の出走馬≫
日曜日・福島11R(河北新報杯・16頭)51s 野元
03/11/06≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5坂良  55.0-41.1-27.2-13.3 強め
03/11/05≪今週の出走予定馬 11/5現在≫
日曜日の福島、河北新報杯
03/11/04≪今週の出走予定馬 11/4現在≫
土曜日の京都、醍醐特別か、日曜日の福島、河北新報杯
03/11/03
レース後も順調で、坂路コースでキャンターの調整です。厩務員は、前走はまだ太いと思っていたのに良く頑張ってくれたし、正直驚いた。使って体は丁度いい位になってきているので、久々太めであれだけやれた事を考えたら、次も楽しみだ、と話しています。今週日曜日の福島、河北新報杯に出走を予定しています。
03/10/27
先週優勝しました。内からスタートダッシュ良く上がっていき3番手に付けると、好位の内々でレースを進め、道中は速いペースになったものの、手応えが鈍る事なくそのまま4コーナーを回りました。そして直線追い出され前2頭の間を割って差し脚を伸ばすと、ゴール前できっちり差し切り、半馬身差を付けてゴールしています。レース後、特に不安は無い様で、今のところ中1週で来週日曜日の福島、河北新報杯への出走を予定しています。
03/10/27≪先週のレース結果≫
福島8R 500万下(芝1,200m)
      シルクピュアハート  1着
      単勝 3番 4,380円 ワイド3−10 12,630円
      複勝 3番 1,810円    3−15 18,080円
      枠連2−5 6,090円 3連複3−10−15 364,150円
      馬連3−10 48,310円
      馬単3−10 150,990円
03/10/24≪10/25(土)の出走情報≫
福島8R 500万下(牝)(芝1,200m)
16頭2枠3番 51kg 長谷川    発走13:45
追い切りで長谷川騎手に感触を確かめて貰い、出走が決まりましたが、仕上がりとしては8分位で、調教助手は、追い切りではまずまずの動きをしているから、それなりには走ってくれると思うが、正直言ってまだ追い足りないし気合い乗りも一息で、急仕上げという感じだ。それにまだ気の若い面もあるので、これから使いながら上向かせ、目処が立つ様にもっていきたい、と話しています。
03/10/23≪今週の出走馬≫
土曜日・福島8R(芝1,200m・16頭)51kg 長谷川
03/10/23≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23CW重  84.0-67.0-53.1-39.5-13.3 (5)一杯
03/10/21≪今週の出走予定馬 10/21現在≫
土曜日の福島、芝1,200m(牝)
03/10/20
CWコースでキャンターの調整で、15日に時計を出しています。今週土曜日の福島、芝1,200mの牝馬限定戦を目標に仕上げに掛かっており、状態も変わらず順調です。ただ調教助手は、まだちょっと追い足りない感じだ、と話しており、23日に予定している追い切りの動き次第では1週スライドさせて来週に延ばすかもしれないそうです。
03/10/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
10坂良  53.5-39.8-26.2-13.1 馬也
15CW重  82.4-67.3-53.8-40.6-13.3 (8) 一杯
03/10/13
坂路コースでキャンターの調整で、10日に時計を出しています。調教助手は、気性的には相変わらずおっとりしているが、牧場でしっかりと乗り込んでいたみたいで、キャンターの走りはなかなか力強い、と話しており、仕上がりが順調に進めば、来週土曜日の福島、芝1,200mの牝馬限定戦で復帰を目指す事になりました。
03/10/08≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
6CW良  74.9-56.9-42.9-14.2 (8)馬也
03/10/06
イクタトレーニングファームで調整を続けていましたが、調教師の指示で3日に栗東へ帰厩しています。そして到着後も問題は見られず、CWコースで乗り出しており、このまま復帰に向け乗り込みを進めていきます。
03/09/29
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。引き続き18秒前後のラップで乗り込みながら良化を図る様にしており、このまま調教師からの指示を待ちます。
03/09/22
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。変わらず20秒前後のペースで調教を積みながら成長を促す様にしており、変わりはありません。
03/09/15
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。引き続き20秒を切る位のラップで連日乗り込まれ、状態をキープしており、変わりありません。
03/09/08
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。状態には問題無いものの、調教師の指示によりやや控えると、18秒位のペースで乗られる様になっています。このまま調整を続け、また指示が出るのを待ちます。
03/09/01
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。状態面に変わり無く順調ですが、調教師の指示で速いところをやるのはやや控える様になっており、調教師は、まだ先に入れて使わないといけない未勝利の馬が残っているので、馬房の開きが出来たら戻せるよう、ある程度のところまで乗っておいて貰う。まだ性格的にも幼いところが残っているし、もう少し牧場に置いておくのも馬の為になると思う、と話しています。
03/08/25
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。まだ具体的な予定は立っていないものの、坂路で速いところもやり出すなど、予定通りピッチを上げて乗られる様になっています。
03/08/18
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。体調も安定して変わりは見られず、予定通り今週からは坂路で速めのところもやり出していく事になっています。
03/08/11
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。引き続きじっくりと乗り込みながら状態をキープする様にしていますが、帰厩に向け来週辺りからピッチを上げていく事になっています。
03/08/04
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。状態などに変わり無く、引き続き20秒を切る位のラップで連日乗り込みを行っています。
03/07/28
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。目標はまだ少し先の為、18秒位のペースで乗り込みを続けて状態をキープする様にしており、変わりはありません。
03/07/21
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。変わらず順調に乗り込んでいるものの、調教師は、8月後半から9月前半位に戻すつもりなので、それに合わせて進める様にして欲しい、と話しており、速いところはもう少し先になってからやり出す予定です。
03/07/14
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。状態に変わり無くしっかり乗り込みを進めると、順調に気配は上向いてきており、先週は20秒を切る位の調教を付けられています。
03/07/07
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。引き続き徐々にペースを上げていくと、丁度20秒位のラップで乗られる様になっており、変わり無く順調です。
03/06/30
イクタトレーニングファームでダクとキャンターの調整です。使ってきた疲れも抜けて状態に問題無い為、調教師とも話し合って少しずつの乗り込みを進めていく事になり、週末には25秒位のキャンターを乗られる様になっています。
03/06/23
イクタトレーニングファームでダクの調整です。牧場長は、きたばかりなので軽いところを乗る様にしているが、特に悪いところもないから、調教師とも話し合って徐々に進めていこうと思う、と話しています。
03/06/16
予定通り11日に愛知県のイクタトレーニングファームへ放牧されています。馬体や状態面に特に問題無い為、移動後はすぐに乗り出しており、調教師の指示でこのまま休ませずに立て直しを図っていく予定です。
03/06/13≪最新情報≫
11日にイクタトレーニングファームへ放牧されています。
03/06/09
先週14着でした。内で五分のスタートを切って気合いを付けられましたが、他の馬の出脚の方が良く後方からの競馬となり、道中は馬込みの後方4、5番手を追走しました。そして位置取りが変わらぬまま4コーナーを回ると、直線を向いて追い出されてからもバテずに走ってはいるものの、前を交わす程の勢いは無く、そのまま前から一塊りとなってゴールへ流れ込んでいます。レース後、特に不安は無い様ですが、今後は一旦放牧に出す事が決まっており、11日に愛知県のイクタトレーニングファームへ移動予定です。
03/06/09≪先週のレース結果≫
中京6R 3歳500万下(芝1,200m)
      シルクピュアハート  14着
03/06/07≪6/8(日)の出走情報≫
中京6R 3歳500万下 混合(芝1,200m)
18頭2枠3番 54kg 内田     発走12:45
中間も調子落ち無く順調ですが、調教助手は、煩い面が出てきて本気で走ろうとしない。状態は良いのだが本格化は秋以降という感じなので、夏場はリフレッシュさせた方が馬の為にもいいだろう、と話しています。調教師は、今週の追い切りでは尾を振って気の悪い面を見せたし、どうも目一杯に走ってくれず残念だ。気性的な成長も見込んで使ったら放牧しようと思う、と話しています。
03/06/05≪今週の出走馬≫
日曜日・中京6R(芝1,200m・18頭)54kg 内田浩一
03/06/05≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
4B良  84.8-67.7-53.4-40.2-12.3 (9)一杯
03/06/03≪今週の出走予定馬 6/3現在≫
日曜日の中京、芝1,200m
03/06/02
レース後も順調で、Bコースでキャンターの調整です。調教師は、飼い葉も食べる様になって馬がしっかりし、加減ぜずに攻め馬を付けても馬体は増える位で、いい状態にもってこれていると思うのだが、競馬に行ってなかなかいいところがない。次の結果次第では一旦放牧してリフレッシュさせようと思う、と話しています。今週日曜日の中京、芝1,200mに出走を予定しています。
03/05/26
先週10着でした。外で五分のスタートを切ったものの他の馬の出脚が速く、道中は押っつけながら中団の馬込みを追走する展開となり、4コーナーでは鞭も入れて気合いを付けられ、10番手位で直線を向きました。直線を向いて追われてからもバテる事なく走っていますが、前と同じ様な脚色となって最後まで差は縮まらず、そのままゴールに流れ込んでいます。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/05/26≪先週のレース結果≫
中京7R 3歳500万下(芝1,200m)
      シルクピュアハート  10着
03/05/23≪5/24(土)の出走情報≫
中京7R 3歳500万下 混合(芝1,200m)
18頭7枠14番 54kg 内田     発走13:25
中間も調子落ち無く順調で、ここを目標にきっちり乗り込まれ、厩務員は、ここのところずっと状態が良く飼い葉食いも良すぎる位で、ちょっと太めが残るかもしれない。1度500万を使ってペース慣れもしてくるだろうし、ここでも通用しておかしくない馬だと思うが、まだ遊び遊び走っている感じで、気持ちが走る方に向いてきて欲しい、と話しています。
03/05/22≪今週の出走馬≫
土曜日・中京7R (芝1,200m・18頭) 54kg 内田
03/05/22≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
21B稍  83.1-67.4-52.0-38.3-11.5 (8)一杯
03/05/20≪今週の出走予定馬 5/20現在≫
土曜日の中京、芝1,200m
03/05/19
Bコースでキャンターの調整です。調教師は、道中まだ遊びながら走っており、気の若い面が解消してくればこのクラスでも通用すると思う。使った反動は全く見られず、引き続き状態はとてもいい、と話しています。今週土曜日の中京芝1,200mに出走を予定しています。
03/05/12
レース後も順調で、Bコースでキャンターの調整です。調教師は、前走はちょっといいところがなかったが、体型からも短いところが向くだろうし、次もまた同じところを使ってみる。もう少しゲートが上手くなってくれるといいが、体も戻ってきて状態はキープしている、と話しています。次走については来週土曜日の中京、芝1,200mを予定しています。
03/05/05
先週10着でした。まずまずのスタートから前半はごった返した中団の外でレースを進めると、勝負どころの3コーナーを過ぎた辺りから、徐々に追い出しながら前との差を詰めていきました。しかし、直線手前で中を突いて上がろうとしたところ、前の方で不利があった馬が後退した際に進路が狭まり、直線では外へと弾き出される影響を受けた為、その分最後の伸び脚を欠いてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/05/05≪先週のレース結果≫
京都7R 3歳500万下(芝1,200m)
      シルクピュアハート  10着
03/05/02≪5/3(土)の出走情報≫
京都7R 3歳500万下(芝1,200m)
16頭7枠13番 54kg 和田     発走13:25
除外の影響無く順調に乗り込まれ、好調を維持しており、調教助手は、先週ビッシリやっているので今週は馬なりにしておいたが、体もふっくらしていて、ここにきて状態が本当に良くなっている。今回は昇級戦になるが相手なりに走れるタイプだと思うし、輸送が短くなるのもプラスだから、力を出し切ればここでも結構やれそうで楽しみだ、と話しています。
03/05/01≪今週の出走馬≫
土曜日・京都7R(芝1,200m・16頭)54kg 和田
03/05/01≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
30B不 89.2-71.3-56.4-42.4-12.6 (7)強め
03/04/30≪今週の出走予定馬 4/30現在≫
土曜日の京都、芝1,200m
03/04/28
23日にCWコースで追い切られると、調教助手は、時計も優秀で動きが良かったし、今では体も戻ってふっくらしている。それに勝ち上がったコースだし、相手次第では期待出来ると思う、と話していましたが、登録した先週の福島は除外されてしまいました。引き続き今週土曜日の京都、芝1,200mに出走を予定しています。
03/04/24≪今週の出走馬≫
シルキーステージ、シルクギャラクシー、シルクピュアハートは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
03/04/24≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
23CW稍 81.6-65.6-51.8-38.8-12.1 (8)一杯
03/04/22≪今週の出走予定馬 4/22現在≫
日曜日の福島、水芭蕉特別
03/04/21
Bコースでキャンターの調整です。調教助手は、戻ってきてからはきちんと食べて体は戻ったし、変わらず調子はいい。追い切りは使う前に1本やれば十分だと思う、と話しています。今週日曜日の福島、水芭蕉特別に出走を予定しています。
03/04/14
レース後も順調で、Bコースでキャンターの調整です。調教師は、まだ子供っぽさが抜けず、本気で走っていないが、それでも前走は最後までしっかりした脚を使って頑張ってくれた。状態も見てからになるが、順調なら福島最終週の特別を使いにいこうと思う、と話しており、来週日曜日の福島、水芭蕉特別を目標に調整を進めています。
03/04/07
先週優勝しました。スタート良く飛び出すと、気合いを入れて3〜4番手の外を終始押っつけながら、そのまま外目を追走してレースを進めると、4コーナーを回った辺りから一気に追い出しに掛かりました。直線では多少幼さも見られましたが、追って反応良く伸びるなど、最後は内の馬との叩き合いに競り勝っています。レース後、特に不安は無い様で、次走については今のところ、福島4週目の水芭蕉特別に出走を予定しています。
03/04/07≪先週のレース結果≫
福島5R 3歳未勝利(芝1,200m)
      シルクピュアハート  1着
      単勝 6番 450円 ワイド6−16 430円
      複勝 6番 160円    1−6 430円
      枠連3−8 970円 3連複1−6−16 1,160円
      馬連6−16 1,190円
      馬単6−16 2,490円
03/04/04≪4/5(土)の出走情報≫
福島5R 3歳未勝利(芝1,200m)
      16頭3枠6番 54kg 内田
      発走11:45
今週の追い切りはサッと済ませているものの、先週追ってもう体は出来ており、調子も上向きで順調です。調教助手は、体がふっくらし飼い葉も食べており、状態に関しては文句無い。それに追い切りでも動いている方だと思うし、走る気を出しさえすれば変わり身があっておかしくない筈。あとはズブい面があるので、レースに行って上手く流れに乗って欲しい、と話しています。
03/04/03≪今週の出走馬≫
土曜日・福島5R  (芝1,200m・16頭)  54kg 内田
03/04/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
2B良  73.3-57.2-43.3-13.2 (8)馬也
03/04/02≪今週の出走予定馬 4/2現在≫
土曜日の福島、芝1,200m
03/04/01≪今週の出走予定馬 4/1現在≫
福島競馬、芝1,200mの番組
03/03/31
26日にBコースで追い切られると、調教助手は、飼い葉もきちんと食べて順調だし、前走使う前に比べ動きも良かった、と話していたものの、予定していた先週の中京は除外されました。引き続き今週の福島で、芝1,200mの番組に出走を予定しています。
03/03/27≪今週の出走馬≫
シルクデスペラード、シルクモーメント、シルクギャラクシー、シルクエミネント、シルクピュアハートは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
03/03/27≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
26B不 82.7-65.3-50.3-36.8-12.0 (6)一杯
03/03/26≪今週の出走予定馬 3/26現在≫
中京競馬、芝1,200mの番組
03/03/25≪今週の出走予定馬 3/25現在≫
シルクコンプリート、シルクチャンピオン、シルクピュアハートは動きや状態次第では今週登録する可能性があります。
03/03/24
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教助手は、使った後も馬体減りはないので、普通に乗り出している。前走では最後で止まってしまったが、いい感じで追走し直線も伸びる素振りはあったので、次に期待したい、と話しています。なお、次走については今週の中京で、芝1,200mの番組に登録する事が決まっています。
03/03/17
先週10着でした。大外から五分のスタートを切って上がっていくと5番手に付け、道中はそのまま好位の外目を追走しました。そして勝負どころで仕掛けられると前に詰め寄って3番手に上がり、先行2頭をマークする形で4コーナーを回りましたが、直線では手応えが鈍って前の争いから脱落し、ぱったり止まってはいないものの、後続に交わされて後方に終わっています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/03/17≪先週のレース結果≫
阪神4R 3歳未勝利(芝1,600m)
      シルクピュアハート  10着
03/03/15≪3/16(日)の出走情報≫
阪神4R 3歳未勝利 混合(芝1,600m)
      16頭8枠16番 51kg 高野
      発走11:25
当初中京を予定していましたが、輸送での馬体減りなどを考慮してこちらへ回る事が決まり、本調子とまではいかないもののまずまずのデキです。調教助手は、追い切りの動きは物足りない気もするが、相手なりに走る馬で、これで併せたりすると動きすぎてしまう懸念があるから単走にしておいた。中間少し楽をさせて、今回に関しては半信半疑な面はあるが、流れに乗ってスムーズな競馬が出来れば、いいところに来れるだけの力は持っている、と話しています。
03/03/13≪今週の出走馬≫
日曜日・阪神4R (芝1,600m・16頭) 51kg 高野
03/03/13≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
12CW重  86.5-69.0-54.7-41.4-13.2 (8)一杯
03/03/12≪今週の出走予定馬 3/12現在≫
日曜日の阪神、芝1,600m
03/03/11≪今週の出走予定馬 3/11現在≫
日曜日の中京、芝1,200m
03/03/10
5日にBコースで追い切られると、調教助手は、中間少し楽をさせた分、太めが残り追ってからの反応が一息だった、と話していましたが、予定した先週の中京は除外されています。なお、引き続き今週も中京で出走を目指していましたが、今週日曜日の阪神、芝1,600mに目標を切り替えています。
03/03/06≪今週の出走馬≫
出走を予定していたシルキーティアラ、シルキーステージ、シルクデスペラード、シルクアンジェリカ、シルクファビュラス、シルクピュアハートは除外の為、来週以降の出走予定となっています。
03/03/06≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
5B不  85.8-68.0-53.9-40.4-12.0 (9)一杯遅れ
03/03/04≪今週の出走予定馬 3/4現在≫
日曜日の中京、芝1,200m
03/03/03
CWコースでキャンターの調整です。今週日曜日の中京、芝1,200mへの出走を目指して乗り込みを進めており、調教師は、飼い葉もこの馬なりには食べているし、状態さえ戻れば条件も合うので楽しみだ、と話しています。
03/02/24
Bコースでキャンターの調整です。調教師は、中京目標なので、今は馬体回復に専念しながら乗り込んでいる。元々食いが細いだけだから、さほど心配する事も無いし、体が戻って良くなってくればその内何とかなると思う、と話しています。今のところ来週日曜日の中京、芝1,200mに出走を予定しています。
03/02/17
12日の名古屋で出走し、5着でした。なかなかスタート良く飛び出したものの、内側の馬の出脚も良かった為、競り合いを避けると好位に付けてレースを進めました。そして3コーナーでは3番手に上がり、前2頭を捕らえに掛かりましたが、なかなか前との差が詰まらず、直線では逆に失速し追い上げてきた後続に差されてしまいました。騎乗した熊沢騎手は、スタートは良かったし道中もいい感じで追走出来たが、追い出してからがサッパリだった。状態が本物では無かったのかもしれない、と話しています。レース後は順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は、見た目には悪くなかったが、馬体減りしていた分、最後で踏ん張れず、不慣れな馬場も応えたのだと思う。今後は少し間隔を開け、中京の芝を目標に立て直していく、と話しています。
03/02/17≪先週のレース結果≫
名古屋9R オレンジ賞(D1,400m)
       シルクピュアハート  5着
03/02/14≪最新情報≫
12日の名古屋、オレンジ賞に出走し5着でした。
03/02/13≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
9B重  61.2-44.4-14.3 (7)馬也
03/02/12≪2/12(水)の出走情報≫
名古屋9R オレンジ賞 (D1,400m)
       12頭7枠9番 53kg 熊沢
       発走14:50
間隔が詰まっている為、追い切りは9日に半マイルからサッと流す程度にとどめているものの、中間は変わり無く順調で、前走時のデキはキープしています。調教助手は、前走はまともだったらもっと差の無い競馬になっていた筈。直線の短い地方の小回りなら、前々で競馬が出来るのも有利だし、巻き返しを期待したい、と話しています。
03/02/10
レース後も順調で、Bコースでキャンターの調整です。12日の名古屋、オレンジ賞への出走に向け、9日には軽めに追い切りもこなしており、調教師は、飼い葉食いはそれほど良くないが、細くは見えないし、元気がいいので使う事にする。ここでひとつ勝っておくと後が楽だから、相手関係が楽になる交流戦で、何とか結果を出して欲しい、と話しています。
03/02/03
先週6着でした。内から押して上がっていき3コーナーの手前で3番手に付けると、そのままラチ沿いを追走し、逃げ馬をマークする様に4コーナーを回りました。ところが直線で最内を突こうとすると進路が無く、外へ持ち出そうとしましたが、今度は上がってきた後続に横を塞がれる形となって後手に回ってしまい、前が開いてからはジリジリ伸び脚を見せて差を詰めたものの、不利が響いて及びませんでした。レース後、特に不安は無い様で、次走については12日に名古屋で行われる交流競走、オレンジ賞に登録すると選ばれた為、今後の動きや状態などに問題無ければ来週の名古屋で出走を目指す事になりました。
03/02/03≪先週のレース結果≫
京都1R 3歳未勝利(D1,200m)
      シルクピュアハート  6着
03/01/31(会報)
6日の京都でデビュー。行き脚がもう一つで中団からの競馬になると、道中もやや折り合いを欠く感じの追走。勝負処でも差を詰められず、中団のまま4角を回りましたが、直線は馬群を割って良く伸びて5着。調教師は「周りを気にして遊びながら走っていたが終いだけであれだけやれるのだから、レース慣れしてくれば楽しみだ」とコメント。反動も無く中1週で18日に出走する事に。調教師は「熊沢騎手にレースでビッシリと追って貰えばしっかりしてくると思う。具合もいいし、もっと良くなる雰囲気があるので楽しみだ」とコメント。良い行き脚で先行し3番手の内に付けると、勝負処で先行2頭に詰め寄り内に並んで4角を回りました。直線で単独2番手に上がりましたが、ゴール前で後続に交わされ4着。調教師は「まだ本気で走ろうとしていないがいい方に変わってきているし、もう少しダッシュがつく様になればもっと良くなると思う」と話して、2月1日の京都で出走予定です。
03/01/31≪2/1(土)の出走情報≫
京都1R 3歳未勝利 牝馬(D1,200m)
      11頭2枠2番 54kg 熊沢
      発走10:05
中1週となりますが、追い切りでは軽快な動きを見せて楽に先着しており、調教師は、この馬なりに飼い葉も食べて状態が安定しているから使う事にした。初ダートになるが、前走で勝ちに行く積極的な競馬をした事が生かされると思う。それに追い切りの動きも良く、好調をキープしているし、徐々に気持ちも走る方に向いてきているので楽しみだ、と話しています。
03/01/30≪今週の出走馬≫
土曜日・京都1R(D1,200m・11頭) 54kg 熊沢
03/01/30≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29CW重 86.1 68.5 54.3 40.4 13.6 (7)馬也先着
03/01/29≪今週の出走予定馬 1/29現在≫
土曜日の京都、D1,200mの牝馬限定戦
03/01/27
レース後も順調で、Bコースでキャンターの調整です。調教師は、まだ本気で走ろうとはしていないが、いい方には変わってきているし、もう少しダッシュがつく様になれば、もっと良くなると思う。また中1週か中2週で使っていく、と話しています。今週の動きや状態を見て予定を立てる事になっています。
03/01/20
先週4着でした。五分のスタートからなかなか良い行き脚を見せて先行し、3番手の内でレースを進めると、勝負どころで先行2頭に詰め寄り、2番手の内に並んで4コーナーを回りました。そして直線で並んでいた馬を競り負かして単独2番手に上がると、逃げた勝馬に迫る勢いは無かったもののそのまま内で粘っていましたが、ゴール前では追い込んできた後続2頭に外から交わされてしまいました。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/01/20≪先週のレース結果≫
京都5R 3歳新馬 (芝1,400m)
      シルクピュアハート  4着
03/01/17≪1/18(土)の出走情報≫
京都5R 3歳新馬 混合(芝1,400m)
      16頭1枠2番 54kg 熊沢
      発走11:55
前走の反動は見られず順調で1度使われた上積みも窺われ、今週の追い切りでは不良馬場の中を軽快に動いて併せた馬を千切っており、良い状態です。調教師は、まだ若くて遊びながら走っているが、熊沢騎手にレースでビッシリと追って貰う様にすれば、競馬を覚えてしっかりしてくると思う。具合もいいし、これからもっと良くなってくる雰囲気があるので楽しみだ、と話しています。
03/01/16≪今週の出走馬≫
土曜日・京都5R(芝1,400m・16頭)54kg 熊沢
03/01/16≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
15DW不  86.6-69.2-55.5-42.1-13.5 (9)強め先着
03/01/14≪今週の出走予定馬 1/14現在≫
土曜日の京都、芝1,400m
03/01/13
レース後も順調で、CWコースでキャンターの調整です。調教師は、まだ周りを気にして遊びながら走っていたが、終いだけであれだけやれるのだから、レース慣れしてくれば楽しみだ、と話しており、今週土曜日の京都、芝1,400mに出走を予定しています。
03/01/07≪先週のレース結果≫
京都6R 3歳新馬 (芝1,200m)
      シルクピュアハート  5着
03/01/06
6日に出走し5着でした。スタート自体はまずまずだったものの、行き脚がもう一つで中団からの競馬になると、道中もやや折り合いを欠く感じの追走となって勝負どころでもなかなか差を詰められず、中団の位置取りのまま4コーナーを回りました。しかし直線追い出されてからは馬群を割ってなかなか良い伸び脚を見せ、前に迫っています。レース後、特に不安は無い様ですが、次走は未定です。
03/01/05≪1/6(月)の出走情報≫
京都6R 3歳新馬 混合(芝1,200m)
      16頭2枠4番 54kg 熊沢
      発走12:55
12月25日にBコースで時計を出し、調教助手は、芝に比べるとダートコースでは反応が鈍かったが、追う毎に良くなっているので楽しみだ、と話していました。3日の追い切りでは併せて先着し、調教師は、時計のかかる馬場だったが動きが良く、追ってからも良く伸びた。馬体を併せた時に少し動きにくそうだったが、素直な馬なのでレースでは心配無いだろう、と話しています。
03/01/03≪今週の出走馬≫
6日・京都6R(芝1,200m・16頭)54kg 熊沢
03/01/03≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
25B稍  84.4-66.8-52.5-39.1-12.4 (9)一杯先着
28E稍  (ゲート)14.4-14.7 馬也
3CW良  88.3-69.0-54.0-39.9-12.8 (6)一杯先着
02/12/26≪年明けの出走予定馬 12/26現在≫
6日の京都、芝1,200m
02/12/25(会報)
正月競馬でのデビューに向けて順調に追い切りをこなすと、途中は物見をしたりしてハミを取らず走りもふわふわしたところがあったものの、終いは追って反応の良い動きも見せる。18日には芝コースで時計を出し、調教師は「普段は相変わらず大人しいが、追う毎に気配は上向いてきているし、しっかりハミを取って伸びていた。道中もまじめに走る様になり、デビューがとても楽しみだ」とコメント。6日の京都での出走を予定。
02/12/23
Bコースでキャンターの調整で、18日に芝コースで併せて時計を出しています。調教師は、普段は相変わらず大人しいが、追う毎に気配は上向いてきているし、追い切りでも追い出すと反応良くハミを取って伸びていた。道中も集中して、まじめに走る様になっているので、デビューがとても楽しみだ、と話しています。1月5日の阪神、芝1,600mか6日の芝1,200mでの出走を予定しています。
02/12/19≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
18芝不 81.3-62.9-49.8-37.0-11.9 (3)一杯先着
02/12/16
Bコースでキャンターの調整で、11日に併せて時計を出しています。調教助手は、物見をしたりしてハミを取らず、途中ふわふわしたところが見られるが、終いは追って反応良く動いているから心配は無いだろう。まだはっきりした番組は決まっていないが、この間の芝での追い切りの動きは良かったので、もう少し様子を見てから予定を立てていきたい、と話しています。
02/12/12≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
11B良  85.8-68.1-53.8-40.4-13.2 (9)一杯先着
02/12/09
DWコースでキャンターの調整で、4日に芝コースで併せて時計を出しています。調教師は、馬場が悪くてびっしり追わなかったが、気配は順調に上向いて結構動けていたので、このまま正月のデビューを目指して仕上げていきたい、と話しています。
02/12/05≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
29B良  73.1-56.0-42.0-12.9 (7)強め先着
4芝良  80.8-63.0-49.7-37.4-12.3 (2)馬也併入
02/12/02
Bコースでキャンターの調整で、29日に併せて時計を出しています。調教助手は、併せる相手の都合で先週は金曜日の追い切りだったが、走り自体はしっかりしていて、順調に乗り込まれている、と話しています。
02/11/30(会報)
予定通り1日に栗東へ入厩すると、到着後も状態に変わり無く、コースに出てキャンターの調整とゲート練習開始。気性的におっとりし過ぎている感じだが、調教を進める毎に動きはピリッとしてくる。21日にはゲート試験にも合格し、24日から時計を出し始めると、調教師は「ゲートの出は速く、スピードもあるので、このまま馬体を絞りながら、強めに乗り込んで、正月デビューを目指して仕上げを進めていきたい」とコメント。
02/11/28≪調教時計情報≫※左より:日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅
24B良  41.2-13.4 (8)馬也
02/11/25
坂路コースでキャンターの調整とゲート練習を続け、21日に試験を受け合格すると、24日にはBコースで時計を出しています。調教師は、ゲートの出は速く、スピードもありそうなので、このまましっかり馬体を絞りながら、週2回強めに乗り込んで、正月デビューを目指して仕上げを進めていきたい、と話しています。
02/11/18
坂路とDWコースでキャンターの調整とゲート練習です。調教助手は、ゲートは順調に進んで、入りや駐立も問題無く出も速いので、様子を見て近い内に試験は受けられるだろう。ただ、多少脚元に疲れが出てきているが、走りにスピードも増して動きはピリッとしてきている、と話しています。
02/11/11
Bコースでキャンターの調整を始めています。ゲートは音を聞かせる程度で、調教助手は、気性は素直でゲートはスムーズに進めていけそうだが、少しおっとりし過ぎている感じなので、これからの調教での変わり身に期待したい、と話しています。
02/11/04
天栄で乗り込みを続け、予定通り1日に栗東の梅内厩舎へ入厩しています。到着後も状態に変わり無く、翌日から角馬場で乗り運動を始めており、今週からコースでの乗り込みと様子を見てゲート練習も進めていく予定です。
02/10/31(会報)
天栄で坂路を4F15−15を切るペースで乗りながら、終い14秒台のラップを出して調教をつけられる。若干まだ太めの馬体ですが、順調に動き自体は上向いてきており、調教師の指示で、11月1日に栗東へ入厩予定。
14.9 14.5 13.9 13.0 (天栄HPでマークした10月の1ヶ月間で一番速かったタイム(馬なりからやや強め))
馬体重:472kg
02/10/28
天栄でダク3,000mとキャンター2,800mの調整です。坂路で4ハロンをきっちり15−15で乗り、終い14秒台のラップも出すなど、今週中には調教師の指示で栗東へ入厩する予定となっています。
02/10/21
天栄でダク3,400mとキャンター2,600mの調整です。トラックコースで長めからじっくり乗り込みながら、坂路ではコンスタントに20秒程度のペースで乗られるなど、15−15を切る位のラップも出して調教をつけられています。
02/10/14
天栄でダク3,400mとキャンター2,600mの調整です。先週は坂路中心に速いところをおこない、4ハロンを一度15−15で乗られています。牧場長は、若干太めだが順調に乗り込んで、動き自体は悪くない、と話しています。
02/10/07
天栄でダク3,400mとキャンター2,400mの調整です。トラックコースで5ハロン17〜18秒程度で乗るなど、坂路でも4ハロン15−15を切る調教をこなし、しっかり乗り込みを進めています。
02/09/30(会報)
天栄で坂路を週2回4F15−15程度で乗られる。トラックコースでは休まず長めからじっくり乗り込みを進め、牧場長は「だいぶ積極的に動ける様になって、馬もいい感じに変わってピリッとしてきた」とコメント。
15.3 15.2 14.8 14.3 (天栄HPでマークした9月の1ヶ月間で一番速かったタイム(馬なりからやや強め))
馬体重:483kg
02/09/30
天栄でダク3,400mとキャンター2,400mの調整です。引き続きトラックコースで長めから20秒程度のペースで乗るなど、坂路でも週2回、4ハロン15−15程度の調教をつけられています。牧場長は、だいぶ積極的に動ける様になって、馬もいい感じに変わりピリッとしてきた、と話しています。
02/09/23
天栄でダク3,000mとキャンター2,600mの調整です。状態に変わり無く、トラックコースで長めから20秒前半ペースでじっくり乗るなど、坂路では4ハロンを2度、16〜17秒程度のラップを出して調教をつけられています。
02/09/16
天栄でダク3,400mとキャンター2,400mの調整です。先週はしっかりペースを戻して乗られており、4ハロンを2度15−15を切る位の調教をつけられています。
02/09/09
天栄でダク3,000mとキャンター2,600mの調整です。先週は馬場状況が悪かった為、無理せず坂路で20秒を切る位のペースで調教をつけられており、状態に変わりありません。
02/09/02
天栄でダク3,000mとキャンター2,600mの調整です。坂路で4ハロン15−15を切るペースで調教をつけられており、牧場長は、馬体面に変わり身は感じられないが、随分走りに素軽さが出て自分からハミを取るなど、前向きに調教を取り組んでしっかり気配は上向いてきている、と話しています。
02/08/31(会報)
天栄で坂路を4F15−15を切るペースで乗られる。牧場長は「馬体にまだ変わり身が感じられないものの、随分走りに素軽さが出て自分からハミを取るなど、前向きに調教をこなして気配は上向いている」とコメント。
14.6 14.2 14.1 13.9 (天栄HPでマークした8月の1ヶ月間で一番速かったタイム(馬なりからやや強め))
馬体重:484kg
02/08/26
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。随分走りに前向きさが出て、坂路では積極的に調教をこなす様になるなど、順調に状態面は上向いてきています。
02/08/19
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路コースで4ハロン15−15程度のペースで調教を付けられており、牧場長は、馬体はもう一絞り欲しいが、乗り込み自体は自分からハミを取るなど十分走る気が出てきている、と話しています。
02/08/12
天栄で62秒5(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)で、ダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路コースで引き続き気合いを付けながら、4ハロン15−15程度の乗り込みを進めており、順調に気配は上向いて前向きさが出てきています。
02/08/05
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。引き続き坂路コースで4ハロン15−15程度の調教を付けらけれており、牧場長は、気合いを入れて乗り込んで、若干余裕のある馬体もきっちり絞れてくれば、まだまだ変わって良くなってくるだろう、と話しています。
02/07/31(会報)
天栄で坂路を4F15−15で乗られる。牧場長は「運動後も脚元に不安無く乗り込みを進めるが、まだ馬体に変わり身が見られず、もう少し頸や腹袋がすっきりして欲しい。ただ走りには前向きさがある」とコメント。
15.1 14.6 14.1 14.1 (天栄HPでマークした7月の1ヶ月間で一番速かったタイム(馬なりからやや強め))
馬体重:471kg
02/07/29
天栄ホースパークでダク3,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路コースで4ハロン15−15程度の調教を付けられており、牧場長は、調教後も脚元に不安は無く順調に乗り込みを進めているものの、相変わらず体型に変化が見られず、もう少し頸や腹袋がすっきりしてきて欲しい。ただ、動きを見る限り特に悪いところも無く前向きさが窺える、と話しています。
02/07/22
天栄で63秒4(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)で、ダク3,000mとキャンター2,800mの調整です。引き続き坂路コースでしっかり乗り込みを進めており、4ハロンを一度15〜16秒程度のペースで乗られるなど、調教後も脚元に変わりありません。
02/07/15
天栄で57秒9(同上)で、ダク3,000mとキャンター2,800mの調整です。状態に変わり無く乗り込みを続け、坂路コースでは終い2ハロン14秒台のラップも出して調教を付けられています。
02/07/08
天栄で62秒7(同上)で、ダク3,300mとキャンター2,800m調整です。順調にペースを上げて乗り、坂路コースでは一度4ハロン15−15程度の調教を付けられています。
02/07/01
天栄で62秒8(同上)で、ダク3,600mとキャンター2,800mの調整です。順調に坂路コースで4ハロンを16秒前後のペースで乗るなど、牧場長は、左前脚の骨瘤はしっかり固まって全く気にならないので、気合いを付けて乗り込んで状態面も徐々に上向いてきている。ただ、相変わらずゴロッとした体型で上背が物足りない、と話しています。
02/06/30(会報)
天栄で脚元もしっかり固まって問題無い為、徐々にペースを上げ、月末頃には坂路で4F16秒前後の調教もこなす。牧場長は「坂路で気合いを付けて乗り、状態面は徐々に上向いて良くなってきている」とコメント。
16.3 16.1 16.0 14.4 (天栄HPでマークした6月の1ヶ月間で一番速かったタイム(馬なりからやや強め))
馬体重:467kg
02/06/24
天栄で62秒9(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)で、ダク3,600mとキャンター2,800mの調整です。徐々にペースを上げて乗り込みを進めており、先週は一度坂路で16秒前後の調教を付けられています。
02/06/17
天栄で81秒2(同上)で、ダク4,000mとキャンター3,000mの調整です。坂路からトラックコースへの乗り込みを進め、先週は20秒前後の調教もこなすなど、脚元に変わりありません。
02/06/10
ダク3,600mと軽めのキャンター2,800mの調整です。まだペースを上げず軽めのメニューですが、予定通り坂路での調教を再開しており、運動後も脚元に不安はありません。
02/06/03
脚元は落ち着いて順調に乗り込みを続けていましたが、先週左前脚にまた骨瘤が出てきた為、軽くブリスターを塗って軽めの調整に切り替え様子を見ています。ただ、症状的には大したものでなく徐々に落ち着いている為、今週中には坂路コースで調教を再開していく予定です。
02/05/31(会報)
天栄で左前脚の骨瘤は落ち着いてきた為、徐々にペースを上げて乗り込みを進めるものの月末頃に症状が再発。大事を取り軽くブリスターを塗って軽めの調整に切り替えており、もう少しはこのまま様子を見ていく。
19.4 18.6 17.7 16.6 (天栄HPでマークした5月の1ヶ月間で一番速かったタイム(馬なりからやや強め))
馬体重:468kg
02/05/27
72秒3(天栄ホースパークで、キャンター1,000m以上の調教をおこなった馬の先週一番速かった800mのタイム)
02/05/20
76秒3(同上)
02/05/13
順調に状態面は上向いてきており、20秒前後のキャンターの調整を進めています。
02/05/06
放牧を続けていましたが順調に歩様も良くなり、コースに出てダクの調整を再開しています。
02/04/30(会報)
天栄で順調に乗り込みを続けていましたが、左前脚にごく小さな骨瘤が出た為、無理せず馬房で休ませるものの心配無くすぐに放牧を開始。このまま少しゆっくりさせ再度歩様を確かめてから運動を始めていく予定。
20.2 17.3 16.2 15.8 (天栄HPでマークした4月の1ヶ月間で一番速かったタイム(馬なりからやや強め))
馬体重:462kg
02/04/29
引き続き放牧休養中です。もう少しこのまま様子を見て再度歩様を確かめてから運動を始めていく予定です。
02/04/22
順調に乗り込みを進めていましたが、左前脚にごく小さな骨瘤が出た為、馬房で休ませています。ただ症状的には大したもので無く、様子を見て運動を再開する予定となっています。
02/03/31(会報)
ダク2,400mとキャンター2,400mの調整で3Fを16秒程度のラップで乗られる。まだ上背が無くコロンとした体型だが頸の太いとても丈夫な馬体に成長する。
体高:155.0 胸囲:181.5 管囲:20.0 馬体重:451kg
02/02/28(会報)
9日に天栄へ移動し、到着後も状態に変わり無く乗り運動を開始。坂路で20秒前半のペースで調教をつけられるが、馬体面でもう少し伸びが出てくればまだ変わってくる要素ある。
馬体重:446kg
02/01/31(会報)
上野育成牧場でダク3,000mとキャンター2,000mの調整中。馬体に幅が出て調教も気合いの入ったキビキビした動き見せる。2月から坂路で乗り込む予定。
体高:155.0 胸囲:182.0 管囲:20.0 馬体重:446kg
01/12/24(会報)
上野育成牧場で馴致も終了し、屋内コースでダク3,000mの調整中。飼い葉の食いも良く順調に調教をこなしており、牧場スタッフは「とても背中が柔らかく乗り味がいい」と話す。
馬体重:438kg
01/11/30(会報)
11月13日に上野育成牧場入厩。馴致中でウォーキングマシンの調整もおこなっており、全体的に均整の取れた馬体に成長してトモの辺りもしっかりする。
体高:152.0 胸囲:176.0 管囲:20.0 馬体重:412kg
01/10/31(会報)
えりも分場で背丈の方は順調に伸びてきていますが体型的にまだ幼さが残る。気性面もまだやんちゃなところを見せつつ気の荒さも覗かしています。これからドンドン変わる見込みあり。
01/08/31(会報)
相変わらず背丈はありませんが全体的にしっかり幅が出てきて丈夫そう。動き自体に少し硬いところが見られ、馬体や気性的にも父親よりも母親の血を多く引き継いでるような感じです。
01/06/30(会報)
他の馬と比べるとまだ上背など馬体は小さく映りますが、徐々に腰回りは牝馬らしくふっくらしてきて順調な成長振りが窺えます。歩様にも力強さが感じられこれからの変わり身に期待。
01/04/30(会報)
まだ小柄な馬体をしていますが、両親から引き継いだ幅のあるガッシリした体型をしており、体には張りがあって元気一杯に放牧地を駆け回っています。人懐こくて甘えん坊な一面もあり。
01/03/31(会報)
体高:143.0 胸囲:159.0 管囲:18.5
01/02/28(会報)
体高無いが幅があり少し父に似た雰囲気を感じさせます。普段は大人しいが検査や治療の時は手が付けられない程きかない。